更新日:

ビューカードはどれが得する?各カードの還元率、年会費を比較して解説します

ビューカードはどれが得する?各カードの還元率、年会費を比較して解説します

JR東日本やJRの駅ビルなどをよく利用する方におすすめのビューカード。使い方によってはポイントが3倍貯まったり、ポイントをSuicaにチャージできたり、旅行でもポイントが貯まるお得なカードです。

ビューカード発行の14種類と提携会社発行の10種類の特長を紹介いたします。

ビューカードとは?

ビューカードとはJR東日本グループの株式会社ビューカード(以下ビューカード)が発行している、ICカードのSuicaとクレジットカードが1枚になった便利なカードです。

ビューカードには、提携している店舗などが異なる14種類のカードがあります。ライフスタイルに合った一枚を選べるのが魅力ですね。

VISA、JCB、Mastercardに対応しているものもあるので、使いやすいでしょう。

また、Suicaは入金(チャージ)して改札口をタッチするだけで使える交通系ICカードです。オートチャージや電子マネーに対応しているので、キャッシュレスで支払いができますね。

申込方法は3種類あります。

ビューカードの申込方法

  • オンライン入会申込
  • 郵送申込
  • 店頭申込

オンライン入会は、公式サイトから作成したいカードを選択して入会申込をクリックして必要事項を入力します。引落口座の設定もできるので、書類を郵送する手間がかからず、一番おすすめな方法です。

ただし、一部のカードはオンライン申し込みができません。

大人の休日倶楽部ジパングカード郵送のみです。スポーツクラブ「ジェクサー」会員限定のジェクサービュー・スイカカードは、店頭申込みになります。

ビューカードのポイント還元率は?

ビューカードのポイント還元率は、どのカードをどこで利用して、何に交換するかで変わります。

カード名 ポイント還元率 備考
「ビュー・スイカ」カード 0.5%~1.84% ・通常の支払いで、ポイントをSuicaに交換:0.5%
・JRE POINT加盟店:1%
・定期券購入、オートチャージ:1.5%
・VIEW対象商品・サービスで貯めたポイントを、ルミネ商品券(30,000円分)に交換した場合:1.84%
ビックカメラSuicaカード 0.5%~11.5% ・通常の支払いで、ポイントをSuicaに交換:0.5%
・JRE POINT加盟店:1%
・定期券購入、オートチャージ:1.5%
・VIEW対象商品・サービスで貯めたポイントを、ルミネ商品券(30,000円分)に交換した場合:1.84%
・ビックカメラでオートチャージしたSuicaで支払った場合:最大11.5%
ルミネカード 0.5%~1.84%
・通常の支払いで、ポイントをSuicaに交換:0.5%
・JRE POINT加盟店:1%
・定期券購入、オートチャージ:1.5%
・VIEW対象商品・サービスで貯めたポイントを、ルミネ商品券(30,000円分)に交換した場合:1.84%
JRE CARD 0.5%~3.5% ・通常の支払いで、ポイントをSuicaに交換:0.5%
・JRE POINT加盟店:1%
・定期券購入、オートチャージ:1.5%
・VIEW対象商品・サービスで貯めたポイントを、ルミネ商品券(30,000円分)に交換した場合:1.84%
・JRE CARD優待店でカードを利用した場合:3.5%

JRE POINT加盟店以外の買い物、食事、公共料金などの支払は1,000円(税込)で5ポイントが貯まります。1ポイントにつき1円としてSuicaにチャージされますので、ポイント還元率は0.5%です。

JRE POINT加盟店でカード払いすると、100円(税抜)で1ポイントが貯まります。ENEOSなどの特約店では1,000円(税込)で10ポイントが貯まります。通常のポイントの2倍になり、ポイント還元率は1%です。

ビューカードできっぷや定期券、VIEW対象商品の購入、Suicaへのオートチャージ、Suicaへのチャージをした場合、1,000円(税込)につき15ポイントが貯まり、通常の3倍のポイントが付与されます。ポイント還元率は1.5%です。

ポイント還元率が1.84%に関しては、VIEW対象商品やサービスでポイントを貯め、24,400ポイントをルミネ商品券30,000円分に交換した場合の還元率です。

ビックカメラSuicaは、ビックカメラでSuicaで支払う場合、Suicaへのオートチャージとの合計で11.5%の還元率になります。

JRE CARDは、アトレなどのJRE CARD優待店でJRE CARDで支払った場合にポイント還元率が3.5%になります。

ビューカード発行のクレジットカード基本情報比較!

ビューカード発行のビューカード一覧
カード名 年会費(税込) 家族カード
(税込)
国際ブランド 定期券
「ビュー・スイカ」カード 524円 524円 VISA,
JCB,
Mastercard
「ビュー・スイカ」リボカード 無料 無料 VISA,
JCB,
Mastercard
ビューゴールドプラスカード 11,000円 1枚無料
2枚目から3,300円
JCB
大人の休日倶楽部ジパングカード 4,364円 夫婦で入会する場合、
夫婦会員2名で7,458円
VISA,
JCB,
Mastercard
×
大人の休日倶楽部ミドルカード 2,624円
初年度年会費無料
なし VISA,
JCB,
Mastercard
×
JALカードSuica 2,200円 1,100円 JCB ×
JALカードSuica CLUB-Aカード 11,000円 3,850円 JCB ×
JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード 17,600円 8,800円 VISA,
JCB,
Mastercard
×
ルミネカード 1,048円
初年度年会費無料
なし VISA,
JCB,
Mastercard
ビックカメラSuicaカード 524円
初年度年会費無料
なし VISA,
JCB
×
JRE CARD
(Suica・定期券なし)
524円
初年度年会費無料
なし VISA ×
JRE CARD
(Suica付き)
524円
初年度年会費無料
なし VISA,
JCB,
Mastercard
×
JRE CARD
(Suica定期券付き)
524円
初年度年会費無料
なし VISA
ジェクサービュー・スイカカード 無料
(ジェクサー会員限定)
なし VISA,
JCB,
Mastercard
×

ビューカードが発行するクレジットカードは14種類です。

大人の休日倶楽部は、ミドルカードとジパングカードの2種類あり、年齢によって入会できるカードが異なります。

大人の休日倶楽部ミドルカードは、男性満50歳以上64歳、女性は満50歳以上59歳までの方が入会できます。

ジパングカードは、男性満65歳以上、女性は満60歳以上の入会条件があります。会員には個人会員と夫婦会員の2種類があり、夫婦で申込んだ方がそれぞれが個人会員になるよりも年会費がお得です。

ジェクサービュー・スイカカードはスポーツクラブ「ジェクサー」の会員限定のカードです。

ビューカードのメリット

ビューカード5つのメリットのイラスト

ビューカードのメリットは、Suicaへのオートチャージ、駅ビルでの買い物でポイントが貯まり、そのポイントをSuicaにチャージできるなど、たくさんあります。

特典やサービスはカードによって違いますが、おすすめポイントを紹介します。

ビューカードのおすすめポイント

  • ポイントが貯まる
  • Suicaにオートチャージで便利
  • JR東日本グループのサービスがお得
  • 国内・海外旅行傷害保険で安心
  • カード補償がしっかり

ポイントが貯まる

ビューカードにはJRE POINT(以下ポイント)というポイントサービスがあります。クレジットカード利用金額に応じてポイントが貯まります。

JR東日本の定期券、みどりの窓口、券売機、びゅうプラザで乗車券、特急券、新幹線、JR東日本国内ツアー代、Suicaチャージ(オートチャージ含)をビューカード払いにすると、1,000円(税込)で15ポイントでポイントが3倍貯まります。

JRE POINT加盟店では、JRE POINT番号が印字されているビューカードを提示すれば100円(税抜)で1ポイント貯まります。ただし、このポイントは、JRE POINTの緑のマークのある店舗でのみ対応しています。

JRE CARD保有者は、アトレやアトレヴィなどのJRE CARD優待店で100円(税抜)で3ポイントがその場で貯まり、請求時に利用金額1,000円(税込)につき5ポイントが貯まります。合計すると、ポイント還元率は3.5%になります。

貯まったポイントは、Suicaへのチャージやルミネ商品券に交換することで、還元率が下がらなくなります。

ビューカードは、JR東日本で通勤している方や、駅ビルで買い物する方にはポイントが貯まりやすいお得なカードです。

さらに、利用代金明細書の郵送をやめて、スマートフォンやパソコン上での明細確認に変更すると、毎月50ポイントがもらえ、年間600ポイント貯まります。

600ポイントをSuicaにチャージすると600円。年会費524円(税込)が実質無料になります。

Suicaにオートチャージで便利

改札口でICカードの残高が足りずに、通れなかった経験があると思いますが、最近はそのような方をほとんど見かけなくなりました。

ICカードにオートチャージされる機能の付いたクレジットカードを使えば、残高不足で改札を通れないことがなくなるからです。

改札を通る時、残高を心配しなくてよくなるので、ICカードにオートチャージできるクレジットカードを保有していると便利です。

ビューカード発行のビューカードでは、JRE CARD(Suica・定期券なし)以外は、Suicaにオートチャージできる機能付きクレジットカードです。

JRE CARD(Suica・定期券なし)カードのように、Suicaとビューカードを別に保有している方も、リンク設定でオートチャージが可能です。

リンクできるSuicaは記名式の、「Suica定期券」、「My Suica」、「Suica付き学生証」、「ゆうちょICキャッシュカードSuica」です。

ビューカードとSuicaで、駅にあるATM「VIEW ALTTE」でリンク設定すれば、オートチャージできるようになります。

JR東日本グループのサービスがお得

JR東日本グループのJR東日本ホテルズやJRホテルグループのホテルでは宿泊費割引チェックアウトを12時まで無料で延長するサービスがあります。ジェイアールバス関東では、東京から名古屋までの夜行バスを当日限定で10%割引する特典もあります。

GALA湯沢スキー場では、リフト券(1日・2日券)が10%割引で利用できます。スポーツクラブ「ジェクサー」では入会金と利用開始月・翌月会費無料のサービスもあります。

ビューカードを利用すればJR東日本グループの施設をお得に利用できます。提携会社発行のビューカードは対象外となるので、事前にHPで確認にしましょう。

国内・海外旅行傷害保険で安心

国内旅行に関しては利用付帯で、最大1,000万円の保障です。切符や旅行商品をビューカードで支払うと、改札を入ってから出るまでが保証期間になります。

海外旅行では、最大保障が500万円、傷害治療費用は50万円が限度なので、保障額は少なめです。ただし、自動付帯でカードをつかわなくても保証されるところはメリットでしょう。

カード補償がしっかり

紛失した場合は、クレジットカードの補償だけでなく、定期券部分、Suicaへのチャージ残高までカバーされます。

紛失してもすぐに窓口に連絡すれば安心です。不正利用にも対応してくれます。

Q
お使いのビューカードでお得だったと感じたことやおすすめの使い方などはありますか?

専門家からのコメント

岩田 昭男
消費生活ジャーナリスト
岩田 昭男

新宿のラッシュアワーで、毎日、立ち止まることなく改札を通過できるのは、ビュースイカカードのおかげだと感謝しています。

残高が一定金額を下回ると、改札にタッチするだけで、3,000円がオートチャージされるのが何ともうれしい。

チャージのたびに1.5%のポイントがつくのもいいけど、それがなかったとしても、私はこのカードを使っていたでしょう。

利便性という点ではピカイチです。

ビューカードのデメリット

ビューカードは家族カードの年会費が有料で、家族カード自体を作成できないカードもあります。また、国際ブランドが決まっていて選べないカードもあります。

私鉄やメトロを利用する方にはICカードPASMOがあるので、ビューカードのメリットをいかしきれないというデメリットもあります。

家族カードなし、あるいは有料

「ビュー・スイカ」は本会員の年会費が524円(税込)で作成しやすいカードですが、家族カードの年会費も524円(税込)かかります。

JRE CARDも年会費524円(税込)ですが、家族カードはありません。ルミネカード、ビックカメラSuicaカード、大人の休日倶楽部ミドルカードも家族カードはなしです。

「ビュー・スイカ」のゴールドカードであるビューゴールドプラスカードは本会員が11,000円(税込)で家族カードは1名無料、2枚目からは1枚3,300円(税込)です。

同じゴールドカードで年会費が高いJALカードSuica CLUB-Aゴールドカードは本会員17,600円(税込)、家族カード8,800円(税込)になります。

国際ブランドが選べないカードが多い

ビューゴールドプラスカードや、JALカードSuicaには国際ブランドはJCBしかなく、JRE CARDのSuica付き以外のカードはVISAしか選べません。

国際ブランドをどれにしようかと考える手間がなくなると思いますが、ビューカードを海外で使うとなると国際ブランド選びは重要です。

ビックカメラSuicaはVISAかJCB、それ以外のカードは、VISA、JCB、Mastercardの3種類から選べます。クレジットカード初心者は、VISAを選べばほとんどの国で使えるのでVISAを選ぶことをおすすめします。

JR東日本をあまり利用しない方にはお得感が少ない

都内の場合、JR以外の私鉄やメトロを通勤などで利用している方は、ICカードPASMOを使います。

SuicaでもPASMOエリアをカバーできますが、定期券購入の場合は、一ヵ所でもJRが含まれていないと購入できず、ポイント対象にもなりません。

ビューカード保有をメリットと感じる方はJR東日本で通勤している方やアトレなどの駅ビルでよく買い物する方と限定的です。

ただ、PASMOにはモバイル版がないので定期券を利用しない方は、PASMOエリアでも使えるSuica付きビューカードでもよいかもしれません。

ビューカード発行のおすすめクレジットカード7選

ビューカード発行のビューカードは全部で14種類ありますが、この中からおすすめのカードを紹介します。

それぞれのカードでサービス内容は違いますので、目的、ライフスタイルに合うカードを見つけてください。

①定番の「ビュー・スイカ」カード

「ビュー・スイカ」カード
「ビュー・スイカ」カードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 普段の電車利用が便利!オートチャージ機能
  • Suica定期券機能付き!しかも、定期券購入でポイントが通常の3倍貯まる!
  • 国内・海外旅行傷害保険付き!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
524円(税込) 524円(税込) 0.5 〜 1.5%
電子マネー
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

\ 期間限定!ご入会&ご利用で最大5,000円分のポイントプレゼントキャンペーン実施中! /

公式サイトはこちら

\ 期間限定!ご入会&ご利用で最大5,000円分のポイントプレゼントキャンペーン実施中! /

公式サイトはこちら
【PR】Sponsored by 株式会社ビューカード

2003年に誕生し、定番と言われるビューカードは「ビュー・スイカ」カードです。

「ビュー・スイカ」カードは、Suica付きクレジットカードで、定期券、オートチャージ、JRE POINTカード、クレジットカードが全部1枚に入っています。

JR東日本の定期券をビューカードで購入した場合、ポイントが3倍貯まります。 

Suica対応の自動販売機、コンビニ、タクシーなどでビュー・スイカを機械にピッとタッチすれば支払いできます。これはクレジットカードに入っているSuica機能で支払っています。

ビューカードはSuicaへのオートチャージもできるので、残高を気にすることなく使えます。

グランデュオなどJRE POINT加盟店で買い物する時、ビューカードで支払えば請求時に1,000円(税込)につき5ポイント貯まります。これまでのビューサンクスポイントと同ポイントです。

さらに、ビューカードを提示すると、100円(税抜)で1ポイントが貯まります。

②ポイント還元率3.5%のJRE CARD誕生!

JRE CARD
JRE CARD(Suica・定期券なし)
VISA MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 駅ビル・JRE MALLで貯まる! 3.5%還元!
  • チャージや定期の購入で貯まる! 1.5%還元!
  • 初年度年会費は無料!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 524円(税込) 1.5 〜 3.5%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

\ 最大JRE POINT5,000ポイントプレゼント!オンライン入会キャンペーン実施中! /

公式サイトはこちら

\ 最大JRE POINT5,000ポイントプレゼント!オンライン入会キャンペーン実施中! /

公式サイトはこちら
【PR】Sponsored by 株式会社ビューカード

2018年にビューカードのポイントがビューサンクスポイントからJRE POINT(以下ポイント)に変更になりました。

従来のポイント還元率はそのままで、JRE POINT加盟店で購入時にカードを提示するだけでもポイントが貯まるので、ポイントが貯まりやすくなりました。

また、ポイント名が変更になり新しいカードJRE CARDが誕生しました。アトレなどの駅ビル利用でポイント還元率3.5%と還元率の高いカードです。

このカードができたことで、アトレとの提携カードはなくなり、JRE CARDに統一されました。

JRE CARDはライフスタイルに合わせて、Suica・定期券なしカード、Suica付きカード、Suica定期券付きカードの3種類のカードがあります。

Suica・定期券なしは、Suicaとクレジットカードを別々に持ちたい方向けです。Suica付きは、国際ブランドをVISA、Mastercard、JCBから選べます。

他の2枚は国際ブランドVISAのみの付帯ですので、それ以外を希望する方はコレを。

Suica定期券付きは、定番のビュー・スイカと同タイプで、JR東日本を通勤で利用している方向きです。

JRE CARDのおすすめポイントを紹介します。

JREカードのおすすめポイント

  • JRE CARD優待店でポイント還元率3.5%
  • 初年度年会費無料
  • 店頭で即日発行OK

アトレ、アトレヴィ、イーサイトなどのJRE CARD優待店での買い物でJRE CARDで支払うと、100円(税抜)で3ポイントがその場で貯まります。さらに、クレジットカード利用月の翌月中旬に利用金額1,000円(税込)で5ポイントが貯まります。

JRE CARD優待店でのポイント還元率が3%なので、クレジット利用金額のポイント還元率0.5%と合わせて、合計3.5%の還元率になります。

初年度は年会費524円(税込)が無料になります。2年目からは年会費がかかります。「ビュー・スイカ」カードの初年度年会費は524円(税込)かかるので、JRE CARDは初年度年会費分お得です。

また、アトレ、アトレヴィの買い物でJRE CARDでのクレジット払いの年間(4月1日~3月31日)利用額が合計5万円(税込)以上でボーナス500ポイントプレゼントとなるので、実質年会費無料になります。

JRE CARDは、アトレなどの駅ビルで即日発行できるので、最速でクレジットカードを作りたい方にはおすすめです。クレジットカードの申込条件は、日本国内在住で、電話連絡のとれる高校生を除く18歳以上。

一部の店舗でしか即日発行はできないので、事前に店舗に確認しましょう。

③ポイント還元率11.5%のビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード
ビックカメラSuicaカードの詳細
VISA MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 前年1回のクレジット利用で年会費無料
  • ビックカメラでのお買い物が基本10%ビックポイントサービス!
  • ビックカメラ・コジマ・ソフマップ以外のお買い物でも、実質1%相当のポイント還元!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 524円(税込) 1 〜 11.5%
電子マネー
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

\ ビックカメラSuicaカードご入会で最大8000円相当ポイントプレゼント /

公式サイトはこちら

\ ビックカメラSuicaカードご入会で最大8000円相当ポイントプレゼント /

公式サイトはこちら
【PR】Sponsored by 株式会社ビューカード

ビックカメラSuicaカードは、ビックカメラでよく買い物する方におすすめのカードです。

ビックカメラ、コジマ、ソフマップでは現金払いとクレジット払いでビックポイント還元率が変わります。現金払いは10%のポイントがつき、クレジット払いでは8%です。

ビックカメラの買い物時、ビックカメラSuicaカードの電子マネーSuicaで支払うと、現金払い扱いとなり、10%のビックポイントが貯まります。

さらに、Suicaにクレジットチャージすることで、1.5%のJRE POINTが貯まりますので、合計11.5%になります。

ビックカメラで買い物すると、ビックポイントだけでなく、JRE POINTも貯まるのでお得です。

初年度年会費が無料で、年間1回でもクレジットカード機能を利用すると、次年度の年会費524円(税込)も無料になるので、ビックカメラで頻繁に買い物をする方は、毎年、年会費無料になります。

ビックカメラSuicaカードは、ビックカメラ、コジマ、ソフマップ以外の普段の買い物でも、ビックポイントとJRE POINTが両方貯まります。

例えば、1,000円(税込)の利用で、ビックポイント5ポイント、JRE POINTが5ポイント貯まり、1%ポイント還元になります。

ビックカメラで貯めたポイントをSuicaにチャージできます。例えば、1,500ビックポイントですと、1,000円分のSuicaにチャージができます。

また、JRE POINTをビックポイントに交換することもできます。1,000ポイントで1,000ビックポイントです。

Q
ビックカメラSuicaでお得に感じたことやおすすめの使い方などありますか?

専門家からのコメント

岩田 昭男
消費生活ジャーナリスト
岩田 昭男

パソコン用品を購入することが多いので、ビックカメラSuicaは重宝しています。買い物が高額になるので、ポイントの貯まりが早いのがいい。

それをJRの交通費に充当できるので、無駄がない。それにPaypay祭では、恩恵を受けました。

ああいうコード決済の高還元キャンペーンとビックカメラとの相性が抜群によいので、今後も期待したいです。

④買い物好きにはコレ!ルミネカード

ルミネカード
ルミネカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • ルミネ・ニュウマンでのお買い物がいつでも5%OFFさらに、年に数回10%OFFキャンペーンも!
  • ルミネのネット通販「アイルミネ」も、いつでも5%OFF!
  • 国内・海外旅行傷害保険付き!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 1,048円(税込) 0.5 〜 3.5%
電子マネー
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

ルミネカードは、ルミネ、NEWoMan、ネット通販のアイルミネでの買い物がいつでも5%割引になるお得なクレジットカードです。

ファッションアイテム、本、DVD、コスメ、レストラン、カフェも割引対象になります。年に数回10%割引キャンペーンもあります。

ルミネやNEWoManでよく買い物をする方はバーゲン時にはバーゲン価格からさらに割引になるお得なカードです。

貯まったポイントはルミネ商品券に交換できます。ルミネ商品券に交換する場合、1ポイントあたり最大1.2円になります。Suicaへのチャージを選択すると、1ポイントで1円ですので、ポイントをルミネ商品券に変える方がお得になります。

また、1月1日~12月31日までの年間利用額に応じてルミネ商品券がもらえます。20万円~50万円未満だと、ルミネ商品券1,000円分プレゼント。

年間100万円以上購入した方には、5,000円分のルミネ商品券プレゼントとプレミアム体験キャンペーンに申込みできます。

ルミネカードはSuica定期券、オートチャージ機能を利用できます。年会費は初年度無料で、2年目からは1,048円(税込)。

⑤旅行特典が充実!大人の休日倶楽部ミドルカード

大人の休日倶楽部ミドルカード
大人の休日倶楽部ミドルカード
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 初年度は年会費無料!
  • JR東日本線・JR北海道線のきっぷが何回でも5%割引!
  • 年1回の家族旅行で、2年目以降の年会費2,624円(税込)以上の割引がうけられます!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 2,624円(税込) 1 〜 1.5%
電子マネー
Suica(スイカ)
PASMO(パスモ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ビューカード

大人の休日倶楽部ミドルカードは男性満50歳以上から64歳、女性は満50歳以上59歳までの方向けのクレジットカードです。

年会費は初年度無料ですが、2年目以降は大人の休日倶楽部ミドルの年会費とカード年会費で合わせて2,624円(税込)がかかります。

大人の休日倶楽部の会員になると、会員限定切符を購入できます。大人の休日倶楽部パス(東日本・北海道)を使うとJR東日本全線とJR北海道全線が5日間乗り降り自由。

このパス購入者限定の宿泊プランもあるので、お得に旅行を楽しめます。

ミドルカードは、新幹線を含むJR東日本線、JR北海道線で201km以上の片道、往復切符を購入すると毎回5%割引になります。

水戸や仙台など東京から往復で201㎞以上の場所によく行く方にはお得です。家族で旅行をするときは、びゅう国内旅行のパッケージツアーで申込めば同行者全員5%割引になります。

そのほか大人の休日倶楽部では、講座やイベントを多数開催しています。

シネマ歌舞伎を楽しむ講座などの文化系や、パソコン講座などがあります。会員同志の交流の場にもなり懇親会など楽しいイベントがあるのも魅力です。

紛失時の補償や、国内・海外旅行傷害保険、Suicaへのオートチャージ機能も付いているので、50歳以上で旅好きな方にはおすすめのカードです。

⑥空も陸もカバーできるJALカードSuica

JALカードSuica
JALカードSuica
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • マイルとJRE POINTを効率的に貯められる
  • 国内・海外旅行傷害保険付き
  • 普段の電車利用が便利!オートチャージ機能で、もう改札では止められません
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 2,200円(税込) 0.5 〜 1%
電子マネー
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

JALカードSuica は、JALカードにSuica機能が付いたビューカードです。

JALカードSuicaはJALカードの基本的なサービスとビューカードのサービス両方を受けられるカードです。

JALのフライトやショッピングでマイルが貯まり、SuicaへのチャージではJRE POINTが貯まります。貯まったマイルはSuicaへチャージ、JRE POINTをマイルに交換することもできます。

通常は、1,500ポイントをマイルに交換すると500マイルになります。

JALカードショッピングマイル・プレミアムに入会(年会費3,300円税込)すると、1,500ポイントを1,000マイルに交換できます。

マイルの付与は通常は200円で1マイルですが、ショッピングマイル・プレミアム会員は、100円で1マイル貯まります。マイルからSuicaチャージに交換すると、10,000マイルで10,000円相当をチャージできます。
 
JALカードSuicaの年会費は2,200円(税込)で、カード付帯保険の旅行傷害保険が最高1,000万円付帯します。

また、オートチャージ機能も付いているので電車に乗るときも便利です。

さらにICサービス機能付きJALカードを選べば、JALタッチ&ゴーサービスを利用できるので、空港でチェックインしなくても保安検査場に直行できて便利です。

Q
JALカードSuicaの上記以外の保有メリットはありますか?

専門家からのコメント

岩田 昭男
消費生活ジャーナリスト
岩田 昭男

博多の叔父夫婦がこのカードをもっていますので、その話を。とくに毎年最初に搭乗するとボーナスポイントをどっさり貰えると喜んでいます。

東京との往復が多いので、貯めたマイルをSuicaに変えて、東京出張の時には電車をフルに活用すると自慢していました。地方の方にも使い勝手のよいカードのようです。

⑦旅行で極上気分を味わえるJALカードSuica CLUB-Aゴールドカード

JALカードSuica CLUB-Aカードゴールド
JALカードSuica CLUB-Aカードゴールド
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 様々な場面でマイルが貯まる!
  • 充実の国内・海外旅行保険付き!
  • Suica搭載で一枚で便利!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
20,900円(税込) 20,900円(税込) 1%
電子マネー
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

2018年に誕生したJALカードSuica CLUB-Aゴールドカード(以下CLUB-Aゴールド)は、空の旅でも陸の旅でもポイントを貯められるカードです。

ポイントを貯められるだけでなく、ゴールドカード会員ならではの快適なサービスを受けられます。

ビューゴールドプラスカードのサービスと、JALカードSuica CLUB-Aよりワンランク上のサービスが受けられます。

まず、CLUB-Aゴールドならではのサービスを紹介します。

入会搭乗ボーナスは5,000マイルもらえ、毎年初回搭乗ボーナスは2,000マイル、搭乗ごとにもらえるボーナスはフライトマイルにプラス25%です。これはCLUB-Aと同じマイル数です。

CLUB-Aゴールドは、JALカードショッピングマイル・プレミアムの年会費3,300円(税込)が無料で、手続き不要で自動入会できます。

通常は200円で1マイル貯まりますが、ショッピングマイル・プレミアムに入会すると100円で1マイルが貯まります。毎日使用するクレジットカードの利用分でも、ショッピングマイルが2倍と、マイルが効率的に貯まります。

JALカード提携の特約店でクレジットカードを利用すると普通カードでも2倍のマイルが貯まりますが、ゴールドカード会員は、最大4倍で200円で4マイルが貯まります。

旅行傷害保険はCLUB-Aカードと同様で海外旅行傷害保険は最高5,000万円。CLUB-Aゴールドだけの付帯保険は、ショッピングプロテクションです。

国内・海外で、ゴールドカードで購入した物品が偶然の事故などで破損、または盗難の場合に年間最大300万円まで条件付きで補償されます。(商品購入費を含めて90日間)

さらに、ビューカードのサービスとして、JRE POINT加盟店でカードを提示すると100円(税抜)につき1ポイント貯まり、マイルにも交換できます。JRE POINTの1,500ポイントが1,000マイルに手数料無料で交換できます。

ポイントは、Suicaにチャージもできます。

オートチャージ機能も付いていますので、チャージ残高を気にすることなく、電車を利用できます。

また、空港でJALタッチ&ゴーサービスを利用できます。手荷物のみの場合は、カウンターでチェックインしなくても保安検査場に直行できて便利です。

JAL発行のCLUB-Aゴールドは国際ブランドが選べますが、ビューカード発行だとJCBのみです。国際ブランドを選びたい方は、JAL発行のゴールドカードにしましょう。

空だけでなく陸でもよく旅行する方で、ICカード機能やビューカードのワンランク上のサービスも受けたい方にはビューカード発行のCLUB-Aゴールドがおすすめです。

Q
ビューカードでおすすめしたいカードを1枚教えてください。

専門家からのコメント

岩田 昭男
消費生活ジャーナリスト
岩田 昭男

いま一番注目しているのがJREカードです。このカードはもっと注目されてもいいと思っています。

駅ビルで3.5%のポイントがたまる高還元カードです。

百貨店のカードでは、書籍やレストランではポイント除外になったり、還元率が下がったりしますが、駅ビル対象のこのカードは、高還元率でポイントがつきますからお得です。

JRE CARD
JRE CARD(Suica・定期券なし)
VISA MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 駅ビル・JRE MALLで貯まる! 3.5%還元!
  • チャージや定期の購入で貯まる! 1.5%還元!
  • 初年度年会費は無料!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 524円(税込) 1.5 〜 3.5%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

\ 最大JRE POINT5,000ポイントプレゼント!オンライン入会キャンペーン実施中! /

公式サイトはこちら

\ 最大JRE POINT5,000ポイントプレゼント!オンライン入会キャンペーン実施中! /

公式サイトはこちら
【PR】Sponsored by 株式会社ビューカード

提携会社発行のおすすめビューカード5選

ビューカードには、ビューカード発行のクレジットカードと提携会社発行のカードと2種類あります。

JR東日本と提携している会社には、イオン、横浜銀行、ANAなど全6社で、一般カードやゴールドカードなど合わせて10カードです。

提携会社のビューカードは提携先のサービスも受けられるお得なカードです。各カードを紹介します。

①月に2回イオンで5%割引になるイオンSuicaカード

イオンSuicaカード
イオンSuicaカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • たまったときめきポイントをSuicaにチャージできる
  • イオングループの対象店舗なら、ときめきポイントがいつでも2倍!
  • 毎月20・30日の「お客さま感謝デー」は お買い物代金が5%OFF
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%~1.0%
電子マネー
Suica(スイカ)
ID(アイディ)
WAON(ワオン)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社イオン銀行

全国のイオンで買い物がお得になるイオンカードに、Suica機能がプラスされたビューカードです。年会費は無料。

月2回の「お客様感謝デー」では5%割引になるのが魅力。イオンでよく買い物する方でJR東日本利用者におすすめです。

イオンのクレジットカードを利用すると、金額に応じて「ときめきポイント」が貯まります。このポイントをSuicaにチャージもできます。ビューカードのサービスとして海外旅行傷害保険が自動付帯されます。

②空でも陸でもお得。ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカード
ANA VISA Suicaカードの詳細
VISA MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 入会時・毎年のカード継続時にボーナスマイルをプレゼント
  • 国内旅行海外旅行ショッピング保険など充実!
  • Suicaが付いて電車に乗るのがラクラク!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 2,200円(税込) 0.5%
電子マネー
ID(アイディ)
PiTaPa(ピタパ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

ANAと三井住友銀行発行の「ANA VISA Suicaカード」は、ANAマイル、Suica機能、クレジットカード機能が付いたビューカードです。空と陸の両方でお得なサービスとマイルが貯まります。

入会時とカード継続時に、1,000マイルをもらえます。搭乗の際は通常フライトマイルにプラスして、ボーナスマイルも貯まります。

クレジット機能を利用すると、ワールドプレゼントのポイントが貯まります。このワールドポイントをマイルやSuicaに移行できます。

ANAマイレージクラブのマイルは、10マイルコース、5マイルコース、ボーナスポイント・プレミアムポイントの3タイプ。
 
10マイルコースは1ポイントで10マイル、5マイルコースは1ポイントで5マイル、ボーナスポイント・プレミアムポイントは1ポイント3マイルです。

10マイルコースは移行手数料が年間6,600円(税込)かかりますが、他は手数料無料です。ボーナスポイント・プレミアムポイントは応募手続きが必要になります。

また、お子様のカード利用でもマイルが貯まります。13歳以上のANAカード会員を対象に「ANA VISAプリペイドカード<チャージ限定型>」を利用すれば、一ヵ月の利用金額1,000円(税込)で5マイルが貯まります。

国内・海外旅行傷害保険が自動付帯です。利用航空会社の制限なく、クレジットカードを利用しなくても、保険適用になります。また、設定すれば、便利なSuicaのオートチャージサービスも利用できます。

ANAやJR東日本をよく利用する方にはマイルが貯まりやすいカードです。

③永久不滅ポイントが貯まる。みずほマイレージクラブカードセゾンSuica

年会費 無料
家族カード なし
国際ブランド VISA
定期券 〇 
モバイルSuica可
ETCカード ×
ポイント 永久不滅ポイント
国内海外旅行傷害保険

みずほ銀行とクレディセゾン発行の「みずほマイレージクラブカードセゾンSuica」は、みずほ銀行のICキャッシュカード機能とクレジットカード機能、Suica機能が付いたビューカードで、年会費は無料です。

ビューマークのある多機能券売機を利用して、みずほマイレージクラブカードセゾンSuicaカード決済でSuicaにチャージできます。設定すれば、オートチャージサービスが利用できます。

クレジットカード利用で貯まるクレディセゾンが提供する「永久不滅ポイント」をSuicaにチャージすることもできます。永久不滅ポイント200ポイントでSuicaへのチャージ1,000円分になります。

みずほ銀行に口座があり、JR東日本をよく利用する方には、利用金額に応じてポイントも貯まる、お得なカードです。

④ATM手数料が無料になるスーパーICカードSuica「三菱UFJ-VISA」

カード名 スーパーICカードSuica
「三菱UFJ-VISA」一般カード
 スーパーICカードSuica
「三菱UFJ-VISA」ゴールドカード
年会費(税込) 無料 11,000円
家族カード 代理人カード
(ICキャッシュカード)
代理人カード
(ICキャッシュカード)
海外旅行傷害保険 最高500万円(利用付帯)
最高5,000万円
国際ブランド VISA VISA
空港ラウンジ ×
ETCカード 無料
定期券 × ×

三菱UFJ銀行発行のスーパーICカードSuica「三菱UFJ-VISA」は、三菱UFJのスーパーICカードにクレジットカード機能、Suica機能が付いたビューカードです。

一般カードとゴールドカードがあり、一般カードは年会費無料、ゴールドカードは年会費11,000円(税込)です。

ゴールドカードは利用金額累計100万円以上で翌年の年会費無料になります。日常の支払いをゴールドカードにすることで、ワンランク上のサービスを年会費無料で受けられます。

一般カードとゴールドカードでは、スーパー普通預金(メインバンクプラス)を利用し、「三菱UFJダイレクト」の契約か初回登録とクレジットカードの引き落としが1円でもあると、ATM利用手数料が何回でも無料で、提携先コンビニATMの利用手数料は2回まで無料です。
 
三菱UFJポイントは200ポイントで1,000円キャッシュバック。1ポイントを5円に換算し、クレジットカード決済口座に入金されます。

ゴールド会員限定サービスは、海外・国内旅行傷害保険が最高5,000万円補償されます。ショッピングセイバーは国内外でのゴールドカードで購入した商品が破損などした場合、条件はありますが最高300万円を補償されます。

また、ゴールドカード会員は空港ラウンジも利用できます。

⑤トヨタ車購入でポイントが貯まる TOYOTA TS CUBIC VIEW CARD

カード名 TOYOTA TS CUBIC VIEW CARD
レギュラー会員
TOYOTA TS CUBIC VIEW CARD
セレクト会員
TOYOTA TS CUBIC VIEW CARD
ゴールド会員
年会費(税込) 1,925円
初年度年会費無料
3,300円
初年度年会費:2,750円
11,000円
家族カード
国際ブランド VISA,JCB,Mastercar VISA,JCB,Mastercar VISA,JCB,Mastercar
サービス ・ドライバーズサポート24
・レンタカー優待
・トラベルセンター
・自動付帯保険
・ドライバーズサポート24
・レンタカー優待
・トラベルセンター
・ゴールドガソリン割引
・自動付帯保険
・空港ラウンジ
・ゴールドトラベルデスク

トヨタファイナンスが発行する「TOYOTA TS CUBIC VIEW CARD(トヨタ ティーエス キュービック ビューカード)」は、は、Suica機能なしのビューカードです。カーライフに役立つ「TS CUBIC CARD」にVIEW CARDがプラスされたカードです。

TS CUBIC CARDのお得なサービスはそのままで、Suicaへのチャージでポイントが貯まります。TS CUBIC CARDは、トヨタの店舗で新車購入、給油、ETCなどの支払いで、1,000円で10ポイントが貯まります。

カーライフを楽しむために安心で便利なサービスが付いています。
 
TOYOTA TS CUBIC VIEW CARDはレギュラー会員、セレクト会員、ゴールド会員の3タイプあります。3タイプ全てのカードにSuica機能が入っていませんが、手持ちのSuicaにリンク設定するとオートチャージができるようになります。

クルマとJR東日本をよく利用する方におすすめのカードです。

提携会社発行のビューカード基本情報比較!

提携会社発行のビューカード一覧
カード名 年会費(税込) 家族カード
(税込)
国際ブランド Suica機能
イオンSuicaカード 無料 なし VISA,JCB,Mastercard
横浜バンクカードSuica 無料 なし VISA
横浜バンクカードSuica
ゴールドカード
11,000円 なし VISA
ANA VISA Suicaカード 2,200円 なし VISA
みずほマイレージクラブカードセゾンSuica 無料 なし VISA
スーパーICカードSuica
「三菱UFJ-VISA」
無料(有効期限5年) なし VISA
スーパーICカードSuica
「三菱UFJ-VISA」
ゴールドカード
11,000円(有効期限5年) なし VISA
TOYOTA TS CUBIC VIEW CARD 
レギュラー
初年度年会費無料
2年目以降1,925円
初年度年会費無料
2年目以降1名990円
VISA,JCB,Mastercard ×
TOYOTA TS CUBIC VIEW CARD 
セレクト
2,750円
2年目以降3,300円
初年度
1名1,100円
2年目以降1名1,650円
VISA,JCB,Mastercard ×
TOYOTA TS CUBIC VIEW CARD 
ゴールド
11,000円 1名無料
2名から1,100円
VISA,JCB,Mastercard ×

提携会社発行のビューカードは全10種類。ビューカード発行クレジットカードとはサービス面など異なります。

年会費が無料のものが多く、JR東日本をよく利用して、イオンで頻繁に買い物する方、横浜銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行に預金がある方などにはお得なカードです。

Suica機能が付いていないTOYOTA TS CUBIC VIEW CARDでは、手持ちのSuicaをJR東日本の駅にあるATMコーナー「VIEW ALTTE」で設定すればオートチャージサービス・ポイント移行サービス機能が使えるようになります。

おすすめのビューカードまとめ

ビューカードにはビューカード発行のカードと、提携会社発行のカードと2種類あります。

JR東日本で通勤している方には定期券機能の付いたカードがおすすめですので、ビューカード発行のカードを選ぶのがよいでしょう。

提携会社発行のカードは、提携先のサービスをよく利用している方にとっては魅力的だと思います。年会費の高いゴールドカードも年会費以上のプレミアムなサービスを受けられます。

ビューカードはJR東日本を利用している方にはメリット盛り沢山でお得なカードです。

ポイントを貯めて、Suicaにチャージするのもよいですが、ビューカードのポイント交換でしか手に入らないSuicaのペンギングッズや鉄道グッズがあります。

Suicaのペンギングッズが好きな方、鉄道好きはビューカードを持つことをおすすめします。

マスコミ業界25年。メディアで富裕層向けに携わることが多い。直近では富裕層向け雑誌の編集&執筆。クレジットカード、グルメ、海外旅行関連、たまに美容など執筆。

YUKIKOの執筆記事・プロフィール一覧へ

月刊誌記者などを経て独立。流通、情報通信、金融分野を中心に活動するが、メインはクレジットカード&デビットカード、電子マネーなど。とくにSuicaは2001年のサービス・スタート以来の愛好者で、通勤から買い物まで活用している。年に4回ほどクレジット&電子マネーのムックを出版しており、最新情報にも詳しい。2020年東京オリンピックを目指して始まったキャッシュレス促進の利用者側に立ったオピニオンリーダー。

岩田 昭男の監修記事・プロフィール一覧へ

関連記事