更新日:

アメックスの種類別おすすめカードから審査基準、気になる特典まで徹底解説!

アメックスの種類別おすすめカードから審査基準、気になる特典まで徹底解説!

アメリカン・エキスプレス(以下アメックス)は、世界で初めてプラチナ・カードやセンチュリオン・カード(ブラックカード)のプレミアムカードを誕生させたクレジットカード会社です。

ステータス性の高さだけではなく、サービス内容や特典が充実しているのがアメックスの魅力です。特に旅行好きにとっては、トラベル&エンターテイメント面でのサービスや特典が豊富なのも嬉しいでしょう。

アメックスのクレジットカードには、国際ブランドのアメックスが発行している「プロパーカード」とANAなどの他社と提携し、アメックスが発行している「アメックス発行の提携カード」と、提携会社が発行している「提携カード」があります。

本記事ではアメックス発行のクレジットカードの特典から審査基準までを紹介していきます。

アメックスとは?

アメリカン・エキスプレス(以下アメックス)は、プレミアムカードのパイオニアとしてステータスカードを次々に誕生させてきたクレジットカード会社です。

7大国際ブランドの一つであるアメックスは、世界シェア第4位で、北米を中心に利用可能な店舗が世界中にあります。

アメックスの歴史は古く、ニューヨーク州バッファローで運送会社として1850年に創立しました。1882年には、世界で初めてマネーオーダー(国際送金為替、国際郵便小切手)を開始しています。

1891年には、世界で初めてトラベラーズ・チェックを発行するなど、キャッシュレス時代の先駆者的な会社でもありました。1917年には横浜に事務所を開設して日本に進出します。

1958年にアメリカン・エキスプレス・カードを作り、クレジットカード事業に参入しました。

アメリカン・エキスプレス・カードには、現在アメリカン・エキスプレス・カード(以下、アメックスグリーン)、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(以下、アメックスゴールド)、プラチナ・カード、センチュリオン・カードがあります。

日本で最初にアメックスのクレジットカードが発行されたのは、アメックスゴールドでした。

一般カードではなく、ゴールドカードからスタートしたことで、全てのアメックスカードが、日本ではステータス性の高いカードといわれるようになったのです。

アメックスのクレジットカードには3種類あります。

アメックス発行のプロパーカード、航空会社などと提携してアメックスが発行する提携カード信販会社などの提携会社が発行する「セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」などの提携カードです。

セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードのシリーズもおすすめではありますが、ここではアメックス発行のプロパーカードと提携カードを中心に解説します。

アメリカン・エキスプレス®・カード
おすすめポイント
  • 国内200以上のレストランの優待特典や多様なエンターテイメントの優待特典あり!
  • 最高5,000万円の旅行傷害保険の保証も充実!
  • 貯めたポイントを一度アイテムと交換するとポイント有効期限が無期限に!
年会費 12,000円
次年度以降 12,000円
ポイント還元率 0.333%~0.4%
マイレージ還元率 0.5%~1.0%
ETC年会費 無料
発行期間 約2~3週間
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

アメリカン ・エキスプレス・カードからセンチュリオンカードまでの年会費などの基本情報

プロパーカードは、アメックスグリーンアメックスゴールドアメックスプラチナ、センチュリオン・カードの4種類です。

プラチナカードやセンチュリオンカードにはプレミアムカードのパイオニアとして、サービス内容や特典は、他では体験できないものが多くあります。

ゴールド色やプラチナ色の券面の色や年会費の高さで、ステータス性を持たせることだけではなく、どのような体験ができるのか、他会社のゴールドやプラチナとは違うサービス内容で勝負しているクレジットカードです。

総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.1 調査結果:15件
年会費: 12,000円
次年度以降: 12,000円
ポイント還元率: 0.333%~0.4%
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
公式サイトを見る
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4 調査結果:16件
年会費: 29,000円
次年度以降: 29,000円
ポイント還元率: 0.333%~0.4%
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
公式サイトを見る
アメックスの優待特典を徹底解説!アメックスのハイクオリティな優待特典の全貌に迫る!
アメックスは、T&E(トラベル&エンターテイメント)に強みのあるクレジットカードとして誕生当初からその点に力を入れています。トップクラスのサービスで世界中を魅了するアメックスの豊富な優待や特典の数々をどうぞご覧ください。
プロパーカード4種類
カード名(プロパーカード) 年会費(税抜) メンバーシップ・リワード(税抜)
アメリカン・エキスプレス・カード 12,000円 年間参加費3,000円
アメリカン ・エキスプレス・ゴールド・カード 29,000円 年間参加費3,000円
プラチナ・カード 130,000円 無料
センチュリオン・カード 350,000円 非公開

アメックスは、T&E(トラベル&エンターテイメント)に強みのあるクレジットカードとして誕生当初からその点に力を入れています。カードによってサービス内容が違います。

カードのランクが上がれば上がるほど、そのサービス内容には一度は体験してみたいと思うようなものが含まれています。

アメックスのクレジットカードの審査基準について

アメックスの審査は独特だといわれています。どのように独特なのでしょうか。申込基準と審査基準について解説します。

アメックスの申込基準

満20歳以上で、定職があり安定収入がある人が対象です。固定電話がなくてもカードを申込むことができます。

パート、アルバイトの人は申込めませんが、世帯主に安定収入があれば申込める可能性はあります。

デルタスカイマイル・アメリカン・エキスプレス・カード(以下、デルタアメックス)に申込むにはデルタ航空のスカイマイル会員番号が必要です。

アメックスの審査基準

日本のカード会社であれば審査基準から1項目でも外れると審査に通らないのですが、アメックスの本社はアメリカなので、日本の会社とは違う独自の審査基準を持っています。

他社での返済状況があまりに悪いのであればカード作成は難しくはなってきますが、何よりも重要視されているのは年収や資産などの「属性」の部分です。

アメックスの年会費は決して安いとは言えません。そこで、なによりも属性を重視する傾向にあるのです。

多少年収が低くとも持家などの財産があれば、それだけで審査にプラスに働くこともアメックスであれば珍しい話ではありません。

基準として「年収300万円以上で定期的な収入のある方は審査に通る」とも言われています。

アメックスのポイント制度を解説!メンバーシップ・リワード®って何?

アメックスのポイント制度を「メンバーシップ・リワード」といいます。

買い物などでクレジットカードを利用すると、100円で1ポイントが貯まります。ポイント還元率は1%ですが、ポイントが3倍になる方法があります。

アメックスには「メンバーシップ・リワード・プラス」という独自のポイントプログラムがあり、登録することでポイントをお得に貯められます。

アメックスグリーン、アメックスゴールド、アメックスビジネスグリーン、アメックスビジネスゴールド保有者は、提携しているオンラインショップで購入することで、ポイントが3倍になります。

プラチナカード、センチュリオンカードの保有者は、海外でのカード利用(外貨決済)でポイントが3倍貯まります。

アメリカン・エキスプレス・カードとアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、登録するには年間参加費3,000円(税抜)が必要になります。プラチナカードは無料で登録できます。

ポイントの有効期限が無期限、提携会社のポイントをお得なレートで交換できるプログラムです。

メンバーシップリワード

100円で1ポイント、貯まったポイントはマイルに交換、提携店舗で利用できます。また、500以上ある豊富なアイテムへの交換もでき、提携先のホテルでも利用可能です。

メンバーシップ・リワード・プラス

登録制で年間参加費は3,000円(税抜)のプログラムです。
ポイントの有効期限が無期限、「ボーナスポイントプログラム」への申込みができるようになります。

提携各社へのポイント移⾏や、⽀払いにポイントを利⽤する時のレートアップなどが可能です。ポイントをお得に活用できるプログラムです。

航空会社との換算レートは、登録すれば1ポイントを1マイルにて移行できます。

光熱費やコンビニエンスストアでの支払をカード払いにすることでもポイントが貯まります。

ポイントは「100円で1ポイント」が基本ですが、NHKの受信料などポイント対象外や、「200円で1ポイント」もあるので確認しましょう。

100円1ポイントの対象外

NHK受信料・電子マネー(楽天Edy,モバイルsuica,SMART ICOCA)・UNICEF

200円につき1ポイントの対象(※)

電力会社
北海道、東北、東京電力エナジーパートナー、中部、関西、中国、九州、沖縄、北陸、四国

ガス会社
北海道、京葉、東京、東邦、広島、西部、長野都市ガス、大阪

水道局
札幌市水道局、東京都水道局、武蔵野市水道局、横浜市水道局、長崎市上下水道局、大阪市水道局

税金
国税、国民年金保険料

(※)スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードは、200円=3ポイントです

ボーナスポイント対象(※)

期間限定ボーナスポイントなど、ボーナスポイントを上手く利用して、ポイントを一気に貯めることもできます。

ボーナスポイント・パートナーズの提携店でカード払いすると、
・100円=2ポイント
・100円=3ポイント
・100円=5ポイント
・100円=10ポイント

4種類のボーナスポイントがあります。メンバーシップ・リワード公式サイトからポイント数を確認しましょう。

(※)デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード(ゴールドを含む)、スターウッド プリファード ゲストアメリカン・エキスプレス・カード、ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードなど特典の対象外です

アメックスのポイントの使い道

アメックスのポイントの使いみちをイメージした画像

アメックスカードで貯めたポイントの使い道を紹介します。

ポイントの使い道

  1. マイルや提携会社のポイントに移行
  2. ポイントを請求額から値引き
  3. アイテムや体験に交換

マイルや提携会社のポイントに移行

マイルに交換する際に、他会社発行のクレジットカードではあまり見かけないのが、提携している航空会社の多さです。

通常は3大加盟航空会社のどれか一つで、そこに加盟している航空会社のみのマイル交換になりますが、アメックスが提携している航空会社は、加盟会社の枠を超えています。

例えば、スターアライアンス加盟のANAがあり、スカイチーム加盟のデルタ航空があり、ワンワールド加盟のフィンエアーがあるなど、アライアンスに関係なく、航空会社のマイルに交換できます。

提携会社のポイントは、楽天スーパーポイントとTSUTAYAのT-ポイントに、ホテルグループは、ヒルトンか、マリオット、リッツカールトンなどのスターウッドグループに移行できます。

ANAマイルに移行する場合

メンバーシップ・リワードに未登録:2,000ポイントで1,000マイル
メンバーシップ・リワードに登録済:1,000ポイントで1,000マイル

提携航空会社のマイルに移行する場合

メンバーシップ・リワードに未登録:2,000ポイントで1,000マイル
メンバーシップ・リワードに登録済:1,250ポイントで1,000マイル

マイルに交換できる提携航空会社

・ANA
・デルタ航空
・チャイナエアライン
・ヴァージン アトランティック航空
・タイ国際航空
・キャセイパシフィック航空
・シンガポール航空
・ブリティッシュ・エアウェイズ
・スカンジナビア航空
・アリタリア-イタリア航空
・フィンランド航空
・エティハド航空
・エミレーツ航空
・カタール航空
・エールフランス/KLM航空

提携ホテルのポイントに移行する場合

メンバーシップ・リワードに未登録:2,000ポイントで1,250Hオナーズポイント
メンバーシップ・リワードに登録済:1,000ポイントで1,250Hオナーズポイント

「楽天スーパーポイント」または「Tポイント」に移行する場合

メンバーシップ・リワードに未登録:3,000ポイントで1,000マイル
メンバーシップ・リワードに登録済:3,000ポイントで1,500マイル

請求額から値引き

貯まったポイントは請求額から値引きできます。

アイテムや体験に交換

百貨店共通商品券や百貨店ギフトカードと交換可能です。換算レートは3,000ポイントで1,000円分の商品券相当です。

商品と交換することも可能です。化粧品や人気商品などポイント数に応じて、約500点以上のアイテムからお気に入りを見つける楽しさもあります。

会員限定のイベントもポイントを使って参加可能です。世界の青木功プロと夢のラウンドプレーなど魅力的なイベントが開催されます。

アメックスポイントのお得な交換方法から交換できるマイルや商品、ポイント還元率まで解説!
アメックスのポイント制度をメンバーシップ・リワードといいます。アメックス発行のプロパーカードとアメックス発行の一部の提携カードでアメックスポイントが貯まります。ポイントプログラムの詳細と、ポイントを何に交換するのがお得なのかを紹介します。

アメックスのクレジットカードならではのメリット

アメックスのプロパーカードのサービス内容や特典は、他会社発行の同ランクのクレジットカードよりは充実しているものが多く、特にプラチナカードやセンチュリオンカードでは魅力的なサービスが満載です。

プレミアムカードのパイオニアであるアメックスが作り出す、プレミアムな世界を体験できるサービスなどがあります。

アメックスの提携カードには、アメックス発行の提携カードと提携会社が発行する提携カードの2種類があり、アメックス発行の提携カードの方が年会費が高く、サービス内容や特典にも差があります。

1.航空会社やホテルチェーンとの提携カードでお得!

アメックス発行の提携カードには、ANA、デルタ航空、スカイ・トラベラー(対象の航空会社27社)の航空会社のカードと、ホテルチェーンのスターウッドのカードがあります。

提携している航空会社や、スターウッド系列のホテルを頻繁に利用する人にはお得なクレジットカードです。

ANAカードは一般、ゴールド、プレミアムがあり、デルタ航空カードは一般とゴールドカードがあります。飛行機に乗らなくてもマイルが貯まります。

スターウッド・ホテル&リゾートはマリオットインターナショナルの傘下で、リッツカールトンなどを含む10のブランドを保有している世界規模の大手ホテルチェーンです。

スターウッドとの提携カードを保有するだけで、マリオットリワードのエリート会員「ゴールドエリート」になれて、ゴールドエリートのための特別なサービス受けられます。

また、カードを次年度も継続すると、継続ボーナスとして、スターウッドのホテルで1泊1室の無料宿泊券をもらえます。

どのカードもお得なサービスがあり、何枚も保有したくなるラインナップです。

2.空港でアメックス専用ラウンジが利用可能

プラチナカードとセンチュリオンカード会員限定で、アメックスが運営するゴージャスな空港ラウンジ「センチュリオンラウンジ」を利用できます。

センチュリオンラウンジは、アメリカの8空港と香港にある、ラグジュアリーなラウンジです。

航空会社の空港ラウンジでも、プライオリティ・パス保有で入れるラウンジもありますが、センチュリオンラウンジは、プラチナとセンチュリオンカードホルダー限定です。

ラウンジを体験したい人はクレジットカードを作成するしかありません。

3.ステータスの高さとデザイン性の高いクレジットカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、アメックスが1980年に日本で初めて発行したアメックスのクレジットカードです。

日本では、アメックスグリーンよりもゴールドカードのほうが先に登場したこともあり、ゴールドカードやプラチナカードのほうが人気です。

2018年10月から、日本でもプラチナカードでメタル製のカードが発行されました。プラスチック製のカードに比べると洗練されたデザインです。変形しにくいため、持ち歩いても安心です。

本会員にはメタル製のカードが送られますが、家族カードや追加カードはプラスチック製のカードになります。

アメックスのステータスは本当に高い?ヨーロッパなど海外での利用にはおすすめ?
世界的に見てもステータス最高峰といわれるアメックス(American Express)のクレジットカード。アメリカの高級ホテルなどでは身分証明書の代わりとしても通用するほど信頼されているカードです。ステータスの高さはピカイチですが、実際どのようなときに使うと便利なカードなのでしょうか。・持っていると自慢できるカードのひとつではあるけれど、審査はどれくらい大変なのか?・カードのメリットを享受できるのはどんなときなのか?そんなアメックスの気になる情報をまとめてみました。

4.ポイントを貯めてマイルに交換!

ポイントをマイルに交換したい人や、商品と交換したい人、他社のポイントに交換したい人もいます。マイルを貯めたい人には、マイルがダイレクトに貯まる航空会社との提携カードがおすすめです。

国内航空券に必要なマイルは、近場だと1区間(片道)5,000マイルです。例えば、羽田から小松空港までの1区間は5,000マイルあれば特典航空券に交換できます。

ゴールデンウィーク、年末年始など特典航空券の設定がない期間もありますが、それ以外の時期は早めに予約をすれば比較的席を取りやすいでしょう。

飛行機代が浮くと、現地で老舗の懐石料理を味わったり、高級旅館に宿泊するなど、旅先での楽しみが増えます。

ポイントを短期間でたくさん貯めるのに、手っ取り早いのは、入会キャンペーンの時期にカード申込むことです。ポイントを通常よりも多くもらえますので、ポイントを早くマイルに交換できます。

5.クレジットカードに付帯する保険が充実

アメックスは、トラベル&エンターテイメントに強いクレジットカードです。トラベルに欠かせないのは、飛行機、ホテル、現地での移動、それと海外旅行傷害保険でしょう。

アメックスの付帯保険は充実しています。プロパーカードと提携カードを比較してみましょう。

アメックスグリーンは一般カードですが、海外旅行傷害保険は、傷害死亡・後遺障害保険金が最高5,000万円補償されます。

海外旅行先での日本語サポート「グローバル・ホットライン」でレストランの予約や緊急時に24時間、世界中のほとんどの国から無料で電話でサポートしてもらえます。

プロテクション・サービスも充実しています。オンライン・プロテクション、リターン・プロテクション、ショッピング・プロテクションが補償されます。

デルタ航空との提携カードでアメックスグリーンと年会費が同額のデルタ・アメックスですと、アメックスグリーンと同様の補償が受けられます。

プロパーカードのアメックスグリーンでも、提携カードのデルタアメックスでも、海外旅行では手厚いサポートを受けられます。

6.アメックスなら国内だけでなく海外でも使える電子マネーに対応

キャッシュレス社会に向けて、電子マネーが普及しつつあります。アメックス発行のクレジットカードには、国際規格のコンタクトレス決済(NFC Type A/B )機能が搭載されているカードがあります。

アメックス発行のクレジットカードで、カード券面に、コンタクトレス決済のマーク(NFC Type A/B 対応)が付いていると、American Expressコンタクトレスとして電子マネー決済を利用できます。

コンタクトレス決済とは、支払時に専用のカードリーダーにカードやモバイル端末を近づけるだけで支払いができる決済方法のことです。NFC Type A/Bは国際規格なので、国内外のマークのある加盟店で対応しています。

手持ちのアメックスカードにICチップと、コンタクトレスマークがあれば電子マネーを利用できます。加盟店にもアメックスのコンタクトレスマークがあるかを確認しましょう。

アメックスコンタクトレスのマークがあることを確認したら、店頭でクレジットと伝えて、カードリーダーにカードを近づければ支払いは完了します。

コンタクトレス決済のメリットは、クレジットカードの不正利用を防げることです。

カード番号、暗証番号、サインなどを店側に見られることがなく、ピッとタッチするだけで支払いができるので、安心で便利です。

アメックスのデメリット

アメックス発行のクレジットカードの支払方法が独特ですので、事前に確認してから利用しましょう。

また、国際ブランドの世界シェア4位とはいえ、使える店舗は限られています。

クレジットカードの支払方法が独特

アメックスカードの支払方法ですが、2回払いは選べません。また、他社発行クレジットカードのように、買物後に分割払い、リボ払いを選ぶことができません。

支払方法は、一括払い、分割払い、ボーナス一括払い、ペイフレックス(あとリボ、自動リボ)払いがありますが、事前登録制だったり、入会後すぐに登録できなかったりと独特なルールがあります。

まず、ボーナス一括払い、分割払いは事前登録制です。今月はたくさん買ったからと事後登録で分割払いにはできません。また、入会後3ヵ月以内は登録できません。

事前登録をしていなくて、カード利用額を変更したい場合は、ペイプレックスのあとリボか自動リボをウェブサイト限定で選択できます。

あとリボとは、一括払いで支払った利用額の中で、リボ払いにしたい分を選んで、それだけをリボ払いに変更できるサービスです。自動リボはカード入会時に設定した利用金額を超えると、自動的にリボ払いになるサービスです。

ボーナス一括払い、分割払い、ペイフレックスが利用できるのは、カード入会から3ヵ月以降です。

アメックスが使える店舗が限られている

アメックスカードを保有してみると、利用できる店舗が少ないことに驚きます。アメリカでは困ることはありませんが、ヨーロッパなどではまだまだ使える店舗は少ないので、VISAとの2枚持ちで海外に行くことになります。

日本のある店舗でアメックスカードで支払うと伝えたら、アメックスは手数料が高いので、請求額に手数料分を上乗せするといわれたことがありました。

アメックスはアメリカで利用するには困らないカードですが、他の国ではVISAカードなども持って行くことをおすすめします。

VISAはクレカを発行してないって知ってた?知らないと恥ずかしいVISAの仕組みを解説
誰もが知っているVisaカード。Visaカードは国際ブランドとして世界中に流通していますが、その仕組みは意外に知られていません。日本国内だけでなく海外でも便利に使えるVisaカードは、日常のお買物のほか、海外旅行用にも人気。またランクの高いVisaゴールドカードやVisaプラチナカードにはそのステータスを実感できる豪華な特典も。この記事を読めばあなたに合ったVisaカードがきっと見つかります。

アメックス発行のプロパーカード

アメックスには、アメックスが発行しているプロパーカードと、他社との提携カードがあります。

まずは、アメックス発行のプロパーカードを紹介します。

プロパーカードは、一般のアメックスグリーン、ゴールドカード、プラチナカード、センチュリオンカードの4種類です。

アメックスの一般カードのアメックスグリーンでも、他会社が発行する一般カードよりはサービスや特典が充実しているので、アメックスグリーンからスタートするのもよいかもしれません。

アメックス発行のプロパーカード4種類の特長を紹介します。

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックスグリーン)

カード券面
年会費(税抜) 12,000円
家族カード(税抜) 6,000円
ETCカード(税抜)
年会費無料(発行手数料850円)
ポイントプログラム(税抜) ・メンバーシップ・リワード®
(メンバーシップリワードプラス登録:年間参加費3000円)
・100円で1ポイント貯まる
トラベル ・空港ラウンジ(国内28空港、海外2空港)
・プライオリティ・パス
・手荷物無料宅配サービス
・エアポート送迎サービス
・空港パーキング優待
・旅のオンライン予約サイト「エクスペディア」優待価格
・アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン
・H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク
etc...
エンターテイメント ・コットンクラブ
・新国立劇場
etc...
海外旅行傷害保険(利用付帯) 傷害死亡・後遺障害保険金:最高5,000万円
プロテクション ・オンライン・プロテクション
・リターン・プロテクション
・ショッピング・プロテクション
公式サイトへ 【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

アメックスが、1958年に初めてアメリカとカナダでクレジットカードを発行したのが、「アメリカン・エキスプレス・カード」(以下アメックスグリーン)でした。

日本では1980年に「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」がアメックスグリーンよりも先に発行されたため、日本ではゴールドカードよりは存在感があまりないカードになったようです。

ですが、アメックスグリーンは他会社が発行している一般カードとは違い、充実したサービス内容と特典が受けられるカードです。

保有者からは、他会社が発行するゴールドカードと変わらないサービスだといわれているくらい実力派の一般カードです。

アメックスグリーンの特長とは?

空港ラウンジは、国内28の主要空港ラウンジと海外2空港のラウンジが同伴者1名まで無料で利用できます。国内の空港ラウンジが使えるのは、他会社が発行するゴールドカードと同様のサービスです。

その他、海外の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パス・メンバーシップ(スタンダード会員)に年会費無料で登録できます。ただし、ラウンジを利用する際には1回につき32米ドルがかかります。

プライオリティ・パスは、他会社が発行するプラチナカードに無料で付帯されているサービスです。わざわざプライオリティ・パスが付帯されている別のカードを作成しなくても海外の空港ラウンジを有料で利用できます。

手荷物無料宅配サービスは、海外旅行に行く際、出発、帰国時に自宅と空港間(羽田空港、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港)に、スーツケース1個を無料で配送してもらえるサービスです。

金曜日の夜便で出発する場合は、会社に出社する時にスーツケースを会社まで運ばなくてもよいので、便利なサービスです。

海外旅行傷害保険は、旅行代などをカード払いした場合に、カード本会員には傷害死亡・後遺障害保険金が最高5,000万円が補償されます。

家族特約付きで、本会員の配偶者や親族は家族カードを持っていなくても最高1000万円が補償されます。

アメックスグリーンには航空機延滞保障は付きません。

プロテクション・サービスには、オンライン・プロテクション、リターン・プロテクション、ショッピング・プロテクションがあります。

オンライン・プロテクションは、ネット上での買い物時にカードを不正利用された場合、不正利用分は負担しなくても大丈夫です。

リターン・プロテクションは、カード払いで購入して、商品が未使用で損傷がなく、購入店が返品を受け付けなかった場合に、購入日から90日以内であれば商品をアメックスに返品することで購入金額を払い戻すサービスです。

ショッピング・プロテクションは、国内、海外でカード払いで商品を購入して、盗難、破損した場合に、購入日から90日間、年間最高500万円まで条件付きで補償されます。

アメックスグリーンの特長

  • 国内・海外の空港ラウンジが利用可能
  • 手荷物無料宅配サービスが便利
  • 海外旅行傷害保険が充実!
  • プロテクションサービスも充実!

ポイントをお得に交換するには?

貯めたポイントをANAマイルに移行する場合、メンバーシップ・リワードに登録しているとお得なレートになります。

ANAマイルに移行するためには「メンバーシップ・リワード ANAコース」への登録も必要になります。年間参加費は5,000円(税抜)です。尚、プラチナカードとビジネス・プラチナカードの保有者は無料で登録できます。

アメックスグリーン保有者が、ANAマイルに移行したい場合、アメックスグリーンの年会費が12,000円(税抜)、メンバーシップ・リワードの年間参加費は3,000円(税抜)、メンバーシップ・リワード ANAコースの年間参加費5,000円(税抜)です。

年間の合計金額は、20,000円(税抜)かかります。

アメックスグリーンの申込・審査基準とは?

審査にはアメックス独自の基準を設けています。アメックスグリーンはアメックスプロパーカードの中で年会費が12,000円(税抜)と一番安い一般カードです。

申込条件には、満20歳以上で定職があり安定した収入のある人が対象になります。審査基準は公表されていませんが、年収が300万円以上で勤続年数も長いほうが審査に通りやすいといわれています。

アメリカン・エキスプレス®・カード
おすすめポイント
  • 国内200以上のレストランの優待特典や多様なエンターテイメントの優待特典あり!
  • 最高5,000万円の旅行傷害保険の保証も充実!
  • 貯めたポイントを一度アイテムと交換するとポイント有効期限が無期限に!
年会費 12,000円
次年度以降 12,000円
ポイント還元率 0.333%~0.4%
マイレージ還元率 0.5%~1.0%
ETC年会費 無料
発行期間 約2~3週間
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)

カード券面
年会費(税抜) 29,000円
家族カード(税抜) ・1枚目無料
・2枚目以降12,000円
ETCカード(税抜) 年会費無料(発行手数料850円)

ポイントプログラム(税抜) ・メンバーシップ・リワード
(メンバーシップリワードプラス登録:年間参加費3000円)
・100円で1ポイント貯まる
トラベル ・空港ラウンジ(国内28空港、海外2空港)
・プライオリティ・パス
・手荷物無料宅配サービス
・エアポート送迎サービス
・空港パーキング優待
・プリファード・ゴルフ
・アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン
・H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク
・「一休.com」会員限定特典付プラン、割引クーポンあり
・「エクスペディア」海外のホテル予約が8%割引、ツアー代金優待
・「アップルワールド.com」通常価格より5%割引
etc...
エンターテイメント ・コットンクラブ
・新国立劇場
・ゴールド・ダイニング by 招待日和
・American Express Invites レストラン優待
・ゴールド・ワインクラブ
・京都観光ラウンジ
etc...
付帯保険 ・海外旅行傷害保険:最高1億円(利用付帯の場合)
・航空便遅延費用補償(海外旅行)
プロテクション ・オンライン・プロテクション
・リターン・プロテクション
・ショッピング・プロテクション
・キャンセル・プロテクション
公式サイトへ 【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

1980年に日本で初めて発行されたアメックスカードは、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(以下アメックスゴールド)です。ステータス性の高いカードとして人気があります。

アメックスゴールドの金ぴかの券面は、これぞゴールドカードという存在感があります。

1993年にプラチナカードが発行されましたが、インビテーション制で知る人ぞ知るカードだったこともあり、最近までアメックスゴールドのほうがプラチナカードよりもステータスが上だと勘違いしていた人もいたと聞きます。

それだけアメックスゴールドは日本に浸透していたのです。

アメックスが富裕層向けにゴールドカードを発行する際、富裕層の趣向にあったサービスや特典をつけました。トラベル&エンターテイメントもまさに富裕層に向けてのサービスです。

アメックスグリーンが他会社が発行しているゴールドカードと同じようなサービスを受けられるので、ゴールドカードは他会社のプラチナカードレベルのサービスが期待できます。サービス、特典内容を見ていきましょう。

アメックスゴールドの特長とは?

他会社が発行するプラチナカードのようなサービスや特典が付くのがアメックスゴールドの魅力の一つでもあります。

アメックスゴールドを保有すると、ゴールド会員専用ウェブサイトの「ゴールド・ダイニング by 招待日和」にアクセスができるようになります。

「招待日和」とは、医師や運営会社に承認された人のみが、登録、利用できる会員制サイトです。年会費は30,000円(税抜)ですが、アメックスゴールド保有者は無料で利用することができます。

アメックスゴールドの「ゴールド・ダイニング by 招待日和」は、国内外の約200以上の提携レストランで、2名以上で予約した場合、同行者1人分のコース料理代金が無料となる優待サービスです。

アメックスゴールドは航空便遅延補償が付くので旅行中も安心です。

海外旅行中で困ることの一つに、飛行機遅延で乗継便に間に合わなくて翌日の便で帰国することになったり、乗る予定の便が欠航してしまい空港で路頭に迷ったりということがあります。

そんな場合、遅延により生じたホテル代や食事代を補償してもらえます。また、手荷物の到着遅延や紛失で負担した化粧品代や衣類代などの購入費用も補償されます。

家族カードの年会費は12,000円(税抜)で、1枚まで無料で作成できます。本会員と同様のサービスや特典が受けられます。

また、家族カードでのカード払いにおけるポイントは、家族カードと合算されるため、家族でカード利用するとお得にポイントが貯められます。

アメックスゴールドの特長

  • コース料理で1名無料になる
  • 航空機遅延補償付きで安心
  • 手荷物の到着遅延や紛失による負担額を補償
  • 家族カード1枚無料でサービスや特典が受けられる

その他のサービスは?付帯保険はどうなのか?

その他にも、プライオリティ・パスがスタンダード会員の年会費(99米ドル)を無料で登録でき、年2回まで利用料(32米ドル)が無料で空港ラウンジを使えます。家族カード会員も年会費無料で登録できます。

国内28の空港ラウンジと海外は2空港のラウンジも利用可能です。

航空便遅延補償の他にも付帯保険は充実しています。旅行保険は、海外旅行傷害保険のみですが、旅行代金をアメックスゴールド払いにした場合、傷害死亡・後遺障害保険金は最高1億円が補償されます。

また、家族特約付きで、配偶者や親族は家族カードを持っていなくても最高1,000万円まで補償されます。家族カードを持っている場合は国内・海外とも最高5,000万円までも補償があります。

オーバーシーズ・アシストは、海外からレストラン予約や緊急時の支援まで、24時間無料で世界中のほとんどの国から電話で対応してくれるサービスです。

また、キャンセル・プロテクションは、急な出張、ケガや病気での入院などで、カードで購入したコンサートチケットや旅行代金のキャンセル費用を年間最高10万円まで補償されます。

出張が突然入るような仕事をしていると、3ヵ月後のコンサートチケットを購入するのをためらいますが、キャンセル・プロテクションがあれば、コンサートに行くのを諦めずに、安心してチケットを購入できます。

グルメや音楽好きにも!

「American Express Invites」は、世界中から厳選した400以上のレストランにて、優待特典付きで利用できるアメックスだけのサービスです。飲食代金の20%割引やボトルワインのサービスなどの特典があります。

「ゴールドワインクラブ」は、アメックスのゴールドカード以上のカードを保有者のみが利用できるサービスです。希少価値の高いワイン、季節のおすすめワインなどをゴールドワインデスクから購入できます。

エノテカ・オンラインのソムリエやバイヤーに予算内のワインを選んでもらえるなど、電話で相談できます。知人宅で開催の食事会で手土産にワインを持って行くときなどに助かる便利なサービスです。

さまざまなアーティストのコンサートを開催しているCOTTON CLUBで、毎週金曜日に「COTTON CLUB HAPPY AMEX FRIDAY」があり、アメックスカードを提示すると、ウエルカムドリンクが付きます。

また、アメリカン・エキスプレス スポンサード公演が年4回あり、この公演限定で、特別な席をポイントと交換できます。

アメックスゴールドの申込・審査条件とは?

満20歳以上で定職がある人が申込基準となります。

アメックスの審査基準は公表されていませんが、勤続年数が長いほうが安定した収入があるとみなされるため、勤続年数と年収は審査にかかわってくる項目になります。

アメックスグリーンから切替えを希望する場合、勤続年数や年収のほかに、アメックスグリーンでのヒストリー(利用や返済履歴)が重要視されるでしょう。

アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード
おすすめポイント
  • 世界が認めるゴールドカードとしてのブランド力!
  • 最高1億円まで補償される海外旅行保険!
  • 旅行予約サイトでの特典が多数!
年会費 29,000円
次年度以降 29,000円
ポイント還元率 0.333%~0.4%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 2週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

プラチナ・カード

カード券面
年会費(税抜) 130,000円
家族カード(税抜) 無料(4枚まで)
ETCカード(税抜) 年会費無料(発行手数料850円)
ポイントプログラム(税抜) ・メンバーシップ・リワード
(メンバーシップリワードプラス登録:無料)
・100円で1ポイント貯まる
・100円で3ポイント(対象加盟店と海外で利用時)
コンシェルジュ プラチナ・コンシェルジェ・デスク
トラベル ・フリー・ステイ・ギフト
・ファイン・ホテル・アンド・リゾート
・ホテル・メンバーシップ
etc...
空港ラウンジ ・センチュリオン・ラウンジ
・インターナショナル・アメリカン・エキスプレス・ラウンジ
・プライオリティ・パス
・デルタ・スカイクラブ
・エスケープ・ラウンジUS
・エアスペース
・プラザ・プレミアム・エアポート・ラウンジ
エンターテイメント ・コットンクラブ
・新国立劇場
・2 for 1ダイニング by 招待日和
・ゴールド・ワインクラブ
・京都観光ラウンジ
・Fine Dining 50
etc...
付帯保険 ・国内旅行傷害保険:最高1億円
・海外旅行傷害保険:最高1億円
・個人賠償責任保険:最高1億円

1993年、プラチナ・カードが日本で発行されました。完全インビテーション制で、発行当初は、インビテーションが来た人しか存在を知らない、知る人ぞ知るクレジットカードでした。

2018年、日本で誕生して25周年となり、その節目に新「プラチナ・カード」が発表されました。

多様なニーズに合わせ多くの人たちに利便性の高いクレジットカードとして利用してもらえるように、年会費はそのままでサービスのクオリティを上げるなど、サービスや特典を刷新しました。

また、アメックスゴールドからのインビテーション制だった入会制度にこだわらず、条件をクリアすればカードを作成できるようになりました。

アメックスのプラチナ・カードの特長とは?

2018年10月から、メタル製のカード「メタルカード」が導入されました。プラスチック製よりも丈夫で、表面にカード番号などの刻印がなくなり、洗練されたデザインになりました。

メタルカードは本会員のメインカードとして発行、追加カードや家族カードはプラスチック製のカードになります。メインカードと追加カードを2枚持つという人もいるそうです。

家族カードは4枚まで無料で、グリーン色やゴールド色を選ぶこともできます。子ども用の家族カードはグリーン色にするなど、家族の年齢などに合わせてカードの色を選べます。

アメックスプラチナの特典について徹底解説!うまく使えば年会費以上の特典を受けることができる
最高クラスの特典を受けられるのが、アメックスプラチナです。しかし実際にどんな特典があるのかチェックしてから、カードを持つかどうか決めたいという方は多いでしょう。この記事ではアメックスプラチナのラグジュアリーな特典14個について解説。すでに持っている方はもちろん、インビテーションが来て迷っている方もぜひ参考にしてください。

アメックスのプラチナで旅行がゴージャスに!

プラチナカード保有者に人気のある、旅行のためのサービスに、「ファイン・ホテル・アンド・リゾート」と「アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション」があります。

ファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)とは、アメックスがカード会員のために厳選したラグジュアリーなホテルやリゾートです。加盟ホテルに宿泊すると、優待特典などを受けられるサービスです。

例えば、チェックイン時に空室があれば部屋をアップグレード滞在中の朝食を2名分サービス客室内のWi-Fi無料などのサービスなどがあります。

アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクションは、アメックスが提携している空港ラウンジを使えるサービスです。

プラチナ・カード会員が入れる空港ラウンジ

・センチュリオン・ラウンジ
・インターナショナル・アメリカン・エキスプレス・ラウンジ
・プライオリティ・パス
・デルタ・スカイクラブ
・エスケープ・ラウンジUS
・エアスペース
・プラザ・プレミアム・エアポート・ラウンジ

センチュリオン・ラウンジはアメックスが独自運営しているハイクオリティのラウンジで、プラチナ会員かセンチュリオン会員のみしか利用できません。

世界に9ヵ所、アメリカに8ヵ所と香港に1ヵ所あります。航空会社のビジネスクラスやファーストクラス向けのラウンジのようなサービスを受けられると話題になっているラウンジです。

プラチナカードホルダーが世界中を旅してもラウンジでゆったりとできるように、センチュリオン・ラウンジ以外に、デルタ・スカイチームのラウンジも利用できます。

それ以外の場所では、プライオリティ・パスが使えるので、プラチナカードを保有すれば、世界中の空港ラウンジを利用できます。

レストランでプラチナ体験!

プラチナカード会員には、レストランのサービスとして、「Fine Dining 50」、「2 for 1 ダイニング by 招待日和」があります。

Fine Dining 50は、国内で予約の取れない人気レストランの中からアメックスがセレクトしたレストランで、カード会員のためにレストランを貸切りにして、特別メニューを味わうディナーイベントです。

2 for 1 ダイニング by 招待日和は、アメックスが厳選した国内外のレストランで、コース料理を2名以上で予約すると、1名分無料になるサービスです。

プラチナ・コンシェルジェ・デスク

プラチナ・コンシェルジェ・デスクは、24時間365日、会員のさまざまなリクエストをサポートしているコンシェルジュサービスです。

旅行やレストランの予約や手配など、プライベートの秘書ができたようにサポートしてくれます。

人気レストランの予約開始日に、予約の電話をコンシェルジュに依頼するなど、会議中で予約の電話ができないなどの不安がなくなります。

プラチナ・カードの特長

  • メタルカードで存在感がある
  • ホテル特典と独自の空港ラウンジで快適な旅行を!
  • レストランでプラチナ体験!
  • プラチナ・コンシェルジェ・デスクが秀逸

プラチナ・カードの申込・審査基準とは?

プラチナカードは、インビテーション制のクレジットカードです。アメックスゴールドを作成してから、年間利用額が100万円~300万円くらいあればプラチナ・カードのインビテーションがくるといわれています。

ですので、年間100万円~300万円が使える安定した収入があることと、アメックスゴールドでのクレジットヒストリーが審査基準となります。

インビテーション制となっていますが、条件さえクリアすれば申込みで作成できる可能性も高いといわれています。

申込基準は、20歳以上で定職のある人です。作成したい人、アメックスゴールドから切替えを希望する人は、電話で確認してみましょう。

センチュリオン・カード

カード券面
年会費(税抜) 350,000円
カード素材 チタン製かプラスチック製か選択可
ポイントプログラム メンバーシップ・リワード
コンシェルジュ センチュリオン・パーソナル・コンシェルジェ(24時間年中無休)
トラベル ・センチュリオン・ラウンジ利用
・デルタ・スカイラウンジ利用
・プライオリティ・パス無料発行
・利用条件付きで空港まで無料送迎
・国際線手荷物宅配無料
・JAL,ANA国内線アップグレード
・センチュリオン・ファイン・ホテル・アンド・リゾート
・フリーステイギフト
etc...
その他の特典 ・ホテルグループの上級会員資格(ヒルトンオナーズダイヤモンド会員、シャングリラ・ゴールデン・サークルのダイヤモンド会員など)
・営業時間外での貸切ショッピング
・一見さんお断りの料亭やレストラン予約可
etc...

プラチナカードのワンランク上でアメックスカードの最高峰であるセンチュリオンカードは2000年頃に誕生しました。券面の色がブラックだったため、ブラックカードと呼ばれるようになったのです。

インビテーション制で、プラチナカード保有者で年間利用額が高額で、それを数年間続けていれば、インビテーションが来るといわれています。

ですが、例外もあるでしょうし、時代によっても入会条件は変化していきますので、どのような人が入会できるのかという情報は非公開となっています。

センチュリオンの特長とは?

アメックスが独自で運営している空港ラウンジ「センチュリオン・ラウンジ」は、アメリカに8ヵ所と香港に1ヵ所にあります。プラチナカードホルダーも利用できますが、ラウンジ内にはセンチュリオン会員限定エリアもあります。

センチュリオン・ラウンジ

・ダラス
・ヒューストン
・ラスベガス
・ニューヨーク(ラガーディア空港)
・フィラデルフィア
・マイアミ
・シアトル
・サンフランシスコ
・香港

ラウンジ内での食事は空港ごとに有名シェフとのコラボメニューが食べられます。ダイニングの他、シャワールーム、ファミリールーム、スパなどもあり、航空会社の上級会員向けのラウンジのようなサービスが受けられるのも魅力です。

ホテルグループの上級会員が自動付帯

・シャングリ・ラ・ゴールデン・サークルのダイヤモンド会員
・ヒルトンオナーズのダイヤモンド会員
・インターコンチネンタル ホテル&リゾーツ プラチナエリート会員
・スターウッド・プリファードゲスト ゴールドエリート会員
・Radisson Rewards Gold エリート会員

通常ホテルの上級会員になるには、年間に何十泊以上の宿泊をするなどの条件があり、ハードルは高めです。

各ホテルチェーンの条件を満たさなくてもセンチュリオンを保有するだけで、この5つのホテルグループの上級会員になれます。

上級会員のサービス、特典を受けられるようになるので、お得なスタンダードルームで部屋を予約していたとしても、予約状況に応じて部屋をアップグレードしてもらえるなど、ゴージャスな気分を満喫できます。

貸切りでショッピング!

アメックスと提携しているブティックで、コンシェルジュ経由でブティックに連絡を入れれば、営業時間外にお店を貸切ってショッピングができます。急なパーティへの参加などで、すぐにドレスを新調したい時など、便利なサービスです。

センチュリオンのコンシェルジェ

アメックスではコンシェルジュを、コンシェルジェと呼びます。コンシェルジェは、プラチナとセンチュリオンカードホルダーで利用できます。

センチュリオンのコンシェルジェは、「センチュリオン・パーソナル・コンシェルジェ」で、パーソナルという言葉通り、センチュリオン保有者に担当者が付きます。

まるで執事を雇ったかのように、きめ細かくリクエストに応えてもらえます。例えば、コンシェルジェ経由で一見さんお断りの料亭やレストランなどの予約をしてもらえて、一見さんでも肩身の狭い思いをしなくて済みます。

センチュリオンの特長

  • センチュリオン会員のための空港ラウンジがある
  • ホテルグループの上級会員が自動付帯
  • 貸切りでショッピング
  • センチュリオン・パーソナル・コンシェルジェが付く

センチュリオンの審査基準とは?

センチュリオンはインビテーション制のクレジットカードですので、運よくプラチナカードを作成できたら、プラチナカードでのクレジットヒストリーを数年積むことが審査を通る近道です。

アメックスカードの場合、どのランクのクレジットカードでも、高額決済をするには、事前承認が必要になります。利用状況や資産状況に応じて高額決済が可能になります。

高額決済が可能な資産状況であることを何回か示していけば、センチュリオンへの審査を通る近道になるでしょう。

アメックス発行のビジネスカードもある!

アメックス発行のビジネスカードは、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードとアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード、ビジネス・プラチナ・カードと3種類あります。個人事業主か法人代表者が申込めるクレジットカードです。

プロパーカードのビジネスカード一覧
カード名 年会費(税抜) メンバーシップ・リワード(税抜)
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
12,000円 年間参加費3,000円
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
31,000円 年間参加費3,000円
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード
130,000円 年間参加費無料

アメックのビジネスカードは、ゴールドがおすすめ

アメックス発行のビジネスをサポートしてくれるクレジットカードです。ビジネスカードならではのサービスは、利用明細書とは別に届く「ジーサーチ」の年会費が無料です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード(以下ビジネスゴールド)の特長を紹介します。

ビジネスゴールドの特長とは?

ビジネスグリーンよりワンランク上のゴールドカード「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード(以下ビジネスゴールド)」は、ビジネスシーンで使える特典が充実しています。年会費は31,000円(税抜)です。

帝国ホテル東京の本館5階にビジネスゴールド会員用のビジネスラウンジ「ミーティングスクエア」があり、取引先との商談などに利用できます。

登録制で月会費20,000円(税抜)です。同伴者は1名まで無料で、利用料は発生しません。

「ビジネス・ダイニング by ぐるなび」は、会食や接待にぴったりのレストランをコンシェルジュ経由で予約してもらえるサービスです。出張先の店を選ぶ際にも頼れるサービスです。

会社での経費などの支払いを、ビジネスカードにまとめることで、経理処理が楽になります。ビジネス・セービング、ビジネス・コンサルティング・サービス、ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」の年会費が無料です。

ジーサーチは、
与信調査に必要な企業情報や、内部統制に活用できる新聞・雑誌記事情報などを調べられるサービスです。

海外、国内出張時にも便利なサービスがある

自宅から空港(羽田空港、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港)、空港から自宅まで、カード会員1名のスーツケース1個を無料で配送してもらえます。

会社からそのまま出張にいくときなどは便利です。出発時には、事前に荷物を準備できないと、手荷物宅配サービスは利用できないので、空港までスーツケースを持っていく場合でも、空港で無料ポーターサービスがあります。

成田国際空港と関西国際空港だけのサービスですが、空港の駅改札口やバス停からチェックインカウンターまで、到着ロビーから駅改札口やバス停まで、荷物を運んでもらえるので、荷物が多くても安心です。

空港ラウンジは、国内の28空港と、海外の2空港で利用できます。同伴者1名まで無料で入れます東京駅、新宿駅、博多駅では、駅構内にある宅配カウンターで手荷物を預けると、宿泊ホテルへその日の内に無料で配送してもらえます。

ホテルに立ち寄って荷物を置かなくても、到着してすぐに商談に行けます。

アメックスのビジネスゴールドの特長

  • 「帝国ホテル 東京」にあるビジネスラウンジ利用可能
  • コンシェルジュが会食や接待の店を予約代行
  • ビジネスに欠かせないサービスが充実

アメックスのビジネスゴールドの申込・審査基準とは?

個人事業主、法人格の法人代表者であることが申込条件です。

オンライン入会では、年収などを記入する欄があります。個人事業主として安定した収入があること、法人は、会社としての利益が安定していることなどが審査基準だといわれています。

アメックスが発行するおすすめの提携カード5選

アメックスが発行する提携カードは10種類あります。年会費やポイントプログラムを一覧にしました。この中からおすすめの5種類のクレジットカードを紹介します。

アメックス発行の全提携カードの一覧
カード名 年会費(税抜) ポイント・プログラム
ANAアメリカン・エキスプレス・カード

7,000円 ・メンバーシップ・リワード
・「ポイント移行コース」参加費6,000円(税抜)
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 10,000円 ・メンバーシップ・リワード
・「メンバーシップ・リワード ANAコース」年間参加費5,000円(税抜)
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード 12,000円 スカイマイル
ペルソナSTACIAアメリカン・
エキスプレス・カード
14,000円 「STACIA」ポイント・プログラム
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 26,000円 スカイマイル
ザ・ペニンシュラ東京との提携によるアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

29,000円 メンバーシップ・リワード
ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 31,000円 ・メンバーシップ・リワード
・「メンバーシップ・リワード ANAコース」年間参加費5,000円(税抜)
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード 31,000円 Marriott Bonvoyポイント
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード 35,000円 メンバーシップ・リワード
ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード 150,000円 メンバーシップ・リワード

アメックスが発行する提携カードには、ANA、デルタ航空、スターウッドホテル&リゾートなどがあります。

おすすめクレジットカードの一つ、ANAアメリカン・エキスプレス・カードを紹介します。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード(ANAアメックス)

カード券面
年会費(税抜) 7,000円
家族カード(税抜) 2,500円
ETCカード(税抜) 年会費無料(発行手数料850円)
ポイントプログラム(税抜) ・ANAアメリカン・エキスプレス提携カード メンバーシップ・リワード
・「ポイント移行コース」参加費6,000円
・ポイント無期限
トラベル ・空港ラウンジ(国内28空港、海外2空港)(※)
・手荷物無料宅配サービス
・空港パーキング
エンターテイメント チケット・アクセス
付帯保険 海外旅行傷害保険(最高3,000万円)
プロテクション ・オンライン・プロテクション
・ショッピング・プロテクション(年間最高200万円まで補償)
(※)アメックスの提携空港ラウンジが利用できます。ANAラウンジは利用できません

ANAと提携したアメックスカードは3種類あります。「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」、「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」、「ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」です。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード(以下ANAアメックス)は年会費が7,000円(税抜)です。

年会費は安いクレジットカードですが、ポイントをマイルに移行する際、ポイント移行コースに登録するのに年会費6,000円(税抜)が必要になりますので、実際は13,000円(税抜)が年間でかかることになります。

ANAアメックスの特長とは?

ANAアメックスは、入会特典として最大40,000ポイントをもらえます。40,000ポイントは40,000マイルに交換できますので、ハワイへの往復特典航空券に交換できます。

「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(以下ANAゴールド)」と「ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード(ANAプレミアム)」でも入会&カード利用でボーナスポイントがもらえます。

ANAゴールドは、入会&カード利用で最大60,000ポイントもらえます。パリの往復特典航空券に交換できるマイルを獲得できます。ANAプレミアムは、入会キャンペーンを利用すれば、最大80,000ポイントもらえます。

80,000ポイントあれば、ハワイに2名分の特典航空券をもらえます。

ANAカードのメリットは、ボーナスポイントだけではありません。

ANAグループでANA航空券、旅行商品、機内販売などでカード払いするとポイントが通常の1.5倍貯まります。カード利用で、100円につき1ポイントと、 200円につき1ポイントのボーナスポイントが加算されます。

ANAカードマイルプラス提携店でカードで支払うと、100円で1ポイントと、100円につき1マイルをもらえます。提携店によっては、100円で1マイルにならない店舗もありますので事前に調べましょう。

ANAグループ便にマイル積算対象運賃で搭乗すると、通常のフライトマイルだけでなく、区間基本マイレージ数に座席クラスの10%のボーナスマイルがもらえます。ANA便名でも、国際線の提携航空会社によるコードシェア便は対象外です。

カードをご継続した時のボーナスマイルを1,000マイルもらえます。

ANAゴールドですと、ANAグループ便にマイル積算対象運賃で搭乗すると、通常のフライトマイルと、区間基本マイレージ数に座席クラスの25%のボーナスマイルがもらえます。一部の便では対象外になります。

ANAプレミアムですと、ANAグループ便にマイル積算対象運賃で搭乗すると、通常のフライトマイルに加えて、区間基本マイレージ数に座席クラスの50%のボーナスマイルがもらえます。一部の便では対象外になります。

空港内にあるANA FESTAでカードを呈示すると、1,000円(税込)以上の買物で10%割引となります。1店舗で1回の精算に限ります。また、国内線・国際線の機内販売も10%割引になります。

ANAアメックスをおすすめカードに選んだ理由は、ボーナスポイントを獲得する条件がANAゴールド、ANAプレミアムと比べると設定が低いことと、年会費も安いので入会しやすいカードという点です。

ANAアメックスの特長

  • 入会キャンペーンを利用すれば、最大40,000ポイントもらえる!
  • ANAグループでカードを利用するとポイント1.5倍!
  • ボーナスポイントがもらえる!
  • 空港内でお得にショッピング

ANAアメックスの申込・審査基準とは?

アメックス発行の提携カードは、アメックスの審査基準が適応になります。

ANAアメックスは、満20歳以上で、定職のある人が申込条件です。ANAマイレージクラブカードを持っていなくても、カードを作成できます。

定職があること、勤続年数、年収、資産額などが審査基準になります。ANAアメックスは、年会費が7,000円(税抜)ですので、アメックスのプロパーカードよりは審査が厳しくないといわれています。

ANAアメリカン・エキスプレス®・カード
おすすめポイント
  • カード入会時・継続時に1,000マイルのボーナスマイルがもらえる!
  • ANAカードマイルプラスの利用でマイルが1.5倍貯まる!
  • 入会後1ヵ月以内にカードを3回利用するだけで1,000ボーナスポイントもらえる!
年会費 7,000円
次年度以降 7,000円
ポイント還元率 0.33%~0.6%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 2週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

スターウッドプリファードゲストアメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)

カード券面
年会費(税抜) 31.000円
家族カード(税抜) 15,500円
ETCカード(税抜) 年会費無料(発行手数料850円)
ポイントプログラム(税抜) Marriott Bonvoy
トラベル ・空港ラウンジ(国内28空港、海外2空港)
・手荷物無料宅配サービス
・エアポート送迎サービス
・無料ポーターサービス
エンターテイメント ゴールドワインクラブ
付帯保険 ・海外旅行傷害保険:最高1億円(利用付帯の場合)
・航空便遅延費用補償(海外旅行)
プロテクション ・オンライン・プロテクション
・リターン・プロテクション
・ショッピング・プロテクション(年間最高500万円まで補償)
・キャンセル・プロテクション

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(以下、SPGアメックス)は、スターウッドホテル&リゾート(現マリオットインターナショナル傘下)と提携しているアメックス発行のクレジットカードです。

SPG(※)は、スターウッドプリファードゲストの略で、スターウッドホテル&リゾートのホテルプログラムのことです。2016年からマリオットインターナショナルの傘下となり、世界規模のホテルチェーンとなりました。

このSPGアメックスを保有するだけで、Marriott Bonvoyの上級会員である「ゴールドエリート」になれて、Marriott Bonvoyポイントが貯まります。

SPGアメックスの魅力を総まとめ!気になる無料宿泊券や特典内容、ポイントの仕組みを徹底解説
SPGアメックスは9つのホテルブランド、世界129ヵ国にまたがるサービスを受けられるクレジットカードです。マイルやポイントも貯めやすく、旅行先でVIPな待遇を受けられるマリオットボンヴォイのゴールドエリートまで付いてくる豪華さです。このページでは、SPGアメックスの魅力的な特典から、マイルやポイントの仕組み、審査難易度まで解説しています。SPGアメックスを検討中の人はぜひご覧になってみてください。
(※)SPG(スターウッドプリファードゲスト)、リッツ・カールトン・リワード、マリオット・リワードが統合され、新しいポイントプログラム「Marriott Bonvoy」が誕生しました。

SPGアメックスの特長とは?

航空会社やホテルなどに会員登録すると、利用頻度によって会員ランクがアップする制度があります。各社の会員制度の名称はさまざまですが、一般会員以上の会員になることを、ステータス会員と呼んでいます。

ホテルのステータス会員になるには、年間宿泊回数が重要になります。資金と時間に余裕がなければステータス会員には簡単にはなれません。

SPGアメックスがあれば、ホテル利用する費用をかけなくても、年会費31,000円(税抜)を支払うだけで、ステータス会員「ゴールドエリート」になれます。

ゴールドエリート会員になるには、Marriott Bonvoyロイヤルティプログラム参加ホテル(以下、Marriott Bonvoy参加ホテル)に1年に25泊以上宿泊しないとなれないステータス資格です。

Marriott Bonvoy参加ホテルで「ゴールドエリート」会員としての特典を受けられます。

Marriott Bonvoyのゴールドエリート会員の特典

・Marriott Bonvoyロイヤルティプログラム参加ホテル利用ポイント獲得数が25%アップ(1米ドル=12.5ポイント)
・チェックアウト時間の延長(~14:00)
・チェックイン時の空室状況により部屋のアップグレード
・客室内でのインターネットアクセス「プレミアムWi-Fi」が無料
etc...

世界中にあるMarriott Bonvoy参加ホテル


・ザ・リッツカールトン
・セント・レジス
・エディション
・ザ・ラグジュアリー・コレクション
・ブルガリ・ホテルズ&リゾーツ
・Wホテルズ
・JWマリオット
・マリオット・グループ
・シェラトン・グループ
・ル・メリディアン
・ウエスティン
・オートグラフコレクションホテルズ
・デザインホテルズ
・ルネッサンスホテルズ
・トリビュート・ポートフォリオ
・エレメント
etc...

カードを継続するたびに、無料宿泊特典がプレゼントされます。

世界各地にあるMarriott Bonvoy参加ホテルで、一泊一室(2名様まで)の宿泊料が無料になります。祝日やイベント開催期間中でも、空室があれば宿泊できます。

また、国内のMarriott Bonvoy参加ホテルの直営レストランやバーでの飲食代をSPGアメックスカードで支払うと15%割引されるサービスもあります。

ポイントは、月に1度、Marriott Bonvoy会員口座に自動的に貯まります。

日常の買い物をカードで支払うと、100円につき3ポイントが貯まりますが、ポイントの加算対象外の店舗では貯まりませんので事前に確認しましょう。

Marriott Bonvoy参加ホテルでは、対象となるお支払い代金1米ドルにつき12.5ポイント貯まります。

カードに入会して、3ヵ月以内に10万円以上のカード利用で30,000ポイントのボーナスポイントがもらえます。

SPGアメックスの特長

  • Marriott Bonvoyの上級会員資格 「ゴールドエリート」になれる
  • カード継続時に無料宿泊特典をプレゼント
  • 国内のMarriott Bonvoy参加ホテルの直営レストランでの割引
  • 入会ボーナスポイントがもらえる!

SPGアメックスの申込・審査基準とは?

SPGアメックス作成時に、Marriott Bonvoy会員番号が必須になります。入会する前に、Marriott Bonvoy会員に登録をしましょう。

審査基準は、年収と勤続年数といわれています。審査に問題がない場合は、オンライン入会で審査期間から約6日でカードが届くようです。

スターウッド・プリファード・ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード
おすすめポイント
  • 継続利用する限りSPGゴールド会員資格
  • カードを継続いただく度に毎年無料宿泊特典進呈
  • 入会後3か月以内10万円利用で30,000Marriott Bonvoyポイント進呈
年会費 31,000円
次年度以降 31,000円
ポイント還元率 1 〜 6%
マイレージ還元率 公式サイト参照
ETC年会費 無料
発行期間 2週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード(アメックストラベラー)

カード券面
年会費(税抜) 10,000円
家族カード(税抜) 5,000円
ETCカード(税抜) 年会費無料(発行手数料850円)
ポイントプログラム(税抜) アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード‐メンバーシップ・リワード
トラベル ・空港ラウンジ(国内28空港、海外2空港)
・手荷物無料宅配サービス
・空港パーキング
・旅のオンライン予約サイト「エクスペディア」
エンターテイメント チケット・アクセス
付帯保険 ・海外旅行傷害保険(最高3,000万円)
・航空便遅延費用補償(海外旅行)
プロテクション ・オンライン・プロテクション
・ショッピング・プロテクション(年間最高200万円まで補償)

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード(以下、アメックストラベラー)は、空の旅に特化したアメックス発行のクレジットカードです。一般カードとプレミアカードの2種類があります。

アメックストラベラーは、対象航空会社が27社あります。対象航空会社の航空券を購入するとポイントが3倍貯まります。

貯めたポイントは、提携航空会社15社のマイルに移行できます。

プレミアカードは、対象航空会社の航空券を購入するとポイントが5倍貯まります。

おすすめは一般カードのアメックストラベラーです。プレミアカードと年会費が3倍以上違います。頻繁に航空券を購入している人でないと、年会費分のお得感はないかもしれません。

空の旅に頻繁に出かける人にはおすすめのクレジットカードです。

アメックストラベラーの特長とは?

カードに入会するだけで、3,000ポイントがもらえます。また、毎年カードを継続することで、1,000ポイントがプレゼントされます。

貯まったポイントは、提携航空会社15社のマイルに移行できます。移行レートは、1,000ポイントで1,000マイルです。ANAのマイルに移行する場合のみ参加登録費の年会費5,000円(税抜)が必要です。

提携航空会社15社

・アリタリア-イタリア航空 
・ヴァージン アトランティック航空 
・ANA
・エティハド航空
・エミレーツ航空
・エールフランス/KLM航空
・カタール航空
・キャセイパシフィック航空
・シンガポール航空
・スカンジナビア航空
・タイ国際航空
・チャイナエアライン
・デルタ航空
・フィンランド航空
・ブリティッシュ・エアウェイズ

対象となる航空会社27社のエアーチケットを対象航空会社のウェブサイトから円建てで航空代を購入、また、対象旅行代理店2社の対象商品を円建てでウェブサイトや店頭でカードで支払うと、100円につき3ポイントで通常の3倍のポイントがもらえます。

海外に行くときに、毎回違う航空会社のチケットを買っている人は、効率よくマイルを貯められます。

対象航空会社27社

・アシアナ航空
・アリタリア-イタリア航空
・エア タヒチ ヌイ
・ANA
・エールフランス航空
・エティハド航空
・エバー航空
・エミレーツ航空
・オーストリア航空
・ガルーダ・インドネシア航空
・カンタス航空
・キャセイパシフィック航空
・KLMオランダ航空
・シンガポール航空
・スイス インターナショナル エアラインズ
・スカンジナビア航空
・スターフライヤー
・タイ国際航空
・大韓航空
・チャイナエアライン
・デルタ航空
・日本航空
・バニラエア
・フィリピン航空
・フィンランド航空
・ブリティッシュ・エアウェイズ
・ルフトハンザ ドイツ航空

対象旅行代理店2社

・日本旅行(ウェブサイト、日本旅行の全店舗)
・アップルワールド(アメックスカード会員専用ウェブサイト)

日本旅行で、対象航空会社27社の航空券、パッケージツアー、前払いで手配したホテルなどの宿泊代金、JR・バスのチケットの購入でポイントが3倍になります。

アップルワールドでは、前払いで手配したホテルなどの宿泊代金はポイントが3倍です。

カード入会から1年以内に、対象航空会社の航空券か、対象旅行代理店の対象商品を初めて購入した時、ファーストトラベルとして、条件付きで5,000ボーナスポイントがプレゼントされます。

アメックストラベラーの特長

  • 入会、継続時にボーナスポイントがもらえる!
  • 貯めたポイントを提携航空会社15社のマイルに移行できる
  • マイル対象航空会社が27社!対象航空会社の航空券購入で、ポイント3倍!
  • 対象旅行代理店が2店舗!指定旅行商品購入で、ポイント3倍!
  • ファーストトラベルでボーナスポイントがもらえる!

アメックストラベラーの申込・審査基準とは?

アメックストラベラーは、アメックス発行の別のクレジットカードを保有している人には発行できません。申込条件は、満20歳以上で定職がある人に加えて、アメックス発行の別カードを保有していないことです。

アメックスグリーンよりもアメックストラベラーのほうが、年収が少なくても定職があれば審査に通る可能性が高いといわれています。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
おすすめポイント
  • 入会で3,000ポイントプレゼント!
  • 有効期限を気にせずにポイントが貯められる!
  • 空港ラウンジの使用や安心の補償内容で旅をサポート
年会費 10,000円
次年度以降 10,000円
ポイント還元率 0.4%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 1週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

デルタマイルスカイマイル・アメリカン・エキスプレス・カード(デルタアメックス)

デルタ航空と提携しているアメックス発行のクレジットカードは、デルタアメックスと「デルタスカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」の2種類です。

デルタ航空のスカイマイルが効率的に貯まるだけでなく、カードに入会するだけでデルタ航空のステータス会員になれます。

特にお得なのがデルタアメックスです。

カード券面
年会費(税抜) 12,000円
家族カード(税抜) 1枚目無料
2枚目6,000円
ETCカード(税抜) 年会費無料(発行手数料850円)
ポイントプログラム(税抜) スカイマイル
トラベル ・優先チェックイン
・国内外の空港ラウンジ 
・手荷物無料宅配サービス
・無料ポーターサービス
・空港パーキング
エンターテイメント チケット・アクセス
付帯保険 海外旅行傷害保険(最高5,000万円)
プロテクション ・オンライン・プロテクション
・ショッピング・プロテクション(年間最高500万円まで補償)
・リターン・プロテクション

デルタ航空のステータス会員をメダリオン会員といいます。フライトマイルとは別のメダリオン会員資格取得必要マイル(MQM)を1年間に25,000以上貯めると、メダリオン会員になれます。

メダリオン会員には、シルバーメダリオン、ゴールドメダリオン、プラチナメダリオン、ダイヤモンドメダリオンの4ステータスがあります。シルバーメダリオンは、25,000MQM以上貯めれば資格を得られます。

デルタアメックスに入会すると、MQMを貯めなくても、1年間シルバー会員の資格をもらえます。

デルタアメックスを保有するだけで、シルバー会員と同様のサービスを受けられます。

シルバーメダリオンの特長

・優先チェックイン
・デルタ・コンフォートプラスへ無料でアップグレード

デルタアメックスの特長とは?

デルタのHPやデルタ航空予約センターで航空券をカードで購入すると、マイルが通常の2倍貯まります。利用金額は100円につき1マイルと、1マイルのボーナスマイルが加算されます。

カード入会時やカード継続時にマイルがもらえます。

入会から6ヶ月以内にデルタ航空の航空券を購入して搭乗した場合、初回のフライトに通常のフライトマイルとは別に、ボーナスマイルをもらえます。キャンペーンに準じたマイルがプレゼントされます。

さらに、海外でカード払いで買い物した場合、獲得マイルが通常の1.3倍もらえます。

デルタ航空をよく利用する人にはおすすめのカードです。

デルタアメックスの特長

  • デルタ航空カードご利用マイル2倍
  • 入会時や継続時にプレゼントマイルがある
  • デルタ航空ファーストフライトやカード利用でボーナスマイルがもらえる
  • デルタ航空特典航空券に交換可能
  • 国内旅行券に交換可能

デルタアメックスの申込・審査基準とは?

スカイマイルの会員番号がないと申込みができませんので、まず、スカイマイルへ登録してから、デルタアメックスを申込みましょう。

年収、勤続年数、持ち家があるかないかなどが審査基準になるといわれています。即日審査結果がでる場合もあるようですが、申込からカードが手元に届くまでは約10日間かかるようです。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス®・カード
おすすめポイント
  • カード利用100円につき1マイル貯まる!
  • 入会ボーナスで5,000マイル、継続ボーナスで2,000マイルもらえる!
  • 貯めたマイルは世界最大規模のデルタ航空の特典航空券に交換できる!
年会費 12,000円
次年度以降 12,000円
ポイント還元率 1 〜 2%
マイレージ還元率 1%~2%
ETC年会費 無料
発行期間 2週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

ペルソナSTACIAアメリカン・エキスプレス・カード(ペルソナアメックス)

年会費(税抜) 14,000円
家族カード(税抜) 7,000円
ETCカード(税抜) 年会費無料(発行手数料850円)
ポイントプログラム(税抜) 「STACIA」ポイント・プログラム
トラベル ・海外旅行先での日本語サポート(グローバル・ホットライン)
・トラベル・サービス・オフィス
エンターテイメント&ショッピング ・手荷物お預かり
・お買上げ品一括お渡し
・お子さま一時預かり「キッズルーム」
・ラウンジサービス
・有料展覧会
・電話決済サービス「電話de注文」
・チケット・アクセス
付帯保険 国内・海外旅行傷害保険(最高5,000万円)
プロテクション ・ショッピング・プロテクション(年間最高500万円まで補償)
・リターン・プロテクション
・オンライン・プロテクション

「ペルソナSTACIAアメリカン・エキスプレス・カード」(以下ペルソナアメックス)は、阪急百貨店・阪神百貨店と提携カードでアメックスが発行するクレジットカードです。

阪急百貨店や阪神百貨店をよく利用する人にはおすすめのカードです。

ペルソナアメックスの特長とは?

ペルソナアメックスは、阪急百貨店や阪神百貨店で購入した金額の10%がSポイントとして貯まるようになっています。Sポイントは関西圏において利用できる阪急阪神グループのポイントシステムです。

阪急阪神グループの対象の施設や店舗で、0.5~3%相当のポイントも貯まります。

貯まったSポイントは買い物の際の割引に利用でき、阪急阪神グループのクーポンや景品アイテムに交換することもできます。

ペルソナアメックスの特長

  • 阪急百貨店・阪神百貨店での利用で10%ポイント還元
  • 阪急阪神グループの対象施設や店舗で最大3%ポイント還元

ペルソナアメックスの申込・審査基準とは?

関西圏でお得に使えるカードですので、関西圏に住む人用だといえます。審査基準は、年収、勤続年数、持ち家があるかどうかなどがあります。

プロパーカードのアメックスグリーンよりは年会費は高いですが、比較的作成しやすいカードだといわれています。

他社発行の提携アメックスカードのおすすめ3選

信販会社のクレディセゾン、みずほ銀行、三菱UFJニコスなどが発行するアメックスの提携カードがあります。

ポイントプログラムは、発行会社独自のプログラムが貯まり、アメックスのメンバーシップ・リワードには貯まりませんので注意しましょう。

他社発行のアメックスカードで不動の人気を誇るのは、クレディセゾンが発行するセゾンアメックスでしょう。

その他、三菱UFJニコスが発行するアメックスカードは種類が多く、JALアメリカン・エキスプレス・カード、MUFG・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードなど17種類あります。

みずほ銀行とアメックスの提携のアメックスプラチナは、みずほ銀行の顧客向けのインビテーション制のクレジットカードです。2018年に誕生した新しいカードで、カード情報は非公開です。

他社が発行するアメックスのプラチナカードは、MUFGのカードプラチナアメリカン・エキスプレス・カードの年会費が20,000円(税抜)とお手頃価格で保有できるのも魅力です。カード券面で勝負したい人におすすめです。

サービス内容や特典はアメックスのプロパーカードとは違いますが、他社発行のプラチナカードでは、コンシェルジュとプライオリティ・パスが付くので、プラチナ体験したい人にはおすすめです。

おすすめの他社発行のアメックスプラチナカードを3枚紹介します。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(セゾンプラチナアメックス)

年会費(税抜) 20,000円
海外旅行傷害保険
最高1億円(自動付帯)
サービス ・プライオリティ・パス
・SAISON MILE CLUB年会費無料

セゾンアメックスは人気のあるクレジットカードで、アメックスのクレジットカードを語るときには欠かせない存在です。セゾンアメックスカードは、クレディセゾンが発行するアメックスカードです。

アメックスのプロパーカードとセゾンアメックスカードは発行元が違うので、サービス内容や特典が違います。プラチナアメックスであっても、セゾンプラチナアメックスはセゾン独自のサービスと特典になります。

セゾンアメックスカードは、全部で5種類あります。セゾンパール、セゾンブルー、セゾンゴールド、プラチナビジネスとインビテーション制のセゾンプラチナです。

セゾンアメックスの最高峰カードであるセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(以下セゾンプラチナアメックス)について紹介します。

セゾンプラチナアメックスは年会費20,000円(税抜)で、プラチナカードならではのサービスや特典が満載です。

特筆すべきはプライオリティ・パス(プレステージ会員年会費429米ドル)が無料で利用できることと、JALマイルをお得に貯めるプログラム「SAISON MILE CLUB」の年会費4,000円(税抜)が無料になることです。

さらに、プラチナコンシェルジュサービスもあります。

セゾンプラチナアメックスの審査基準?

セゾンプラチナアメックスはインビテーション制のカードです。まずセゾンゴールドアメックスを作成して半年間の支払いや利用状況を見てからインビテーションするかどうかを審査するといわれています。

セゾンゴールドアメックスでのクレジットヒストリーで審査に通るかどうか判断されます。

セゾンアメックス5種を徹底比較!年会費無料のパールから最上級プラチナカードの特長まで解説!
セゾンアメックスは、クレディセゾン発行でアメックスと提携しているクレジットカードです。 セゾンアメックスの年会費は、初年度無料のものが多いので、気軽にカードを作成できます。セゾンアメックスは、アメックスカード限定の特典とセゾンカードの特典の両方を受けられるのが魅力の一つです。 セゾンアメックスの5種類のカードを徹底比較。
セゾンアメックスゴールドは初年度年会費無料!気になる審査や特典も紹介!
セゾンアメックスゴールドはアメックスが発行しているゴールドカードとはサービスや特典は違いますが、空港ラウンジなどの旅行関連、エンターテイメントなどの特典やサービスが多く、アメックスのメリットとセゾンカードのメリットが1枚に凝縮されているクレジットカードです。海外旅行傷害保険も充実しているので、海外旅行によく行く人にはメリットの多いクレジットカードです。

JALアメリカン・エキスプレス・カード・プラチナ(JALアメックスプラチナ)

年会費(税抜) 31,000円
海外旅行傷害保険 最高5,000万円(自動付帯のみの場合)
サービス ・プライオリティ・パス
・プラチナ・コンシェルジュ・サービス
・アメリカン・エキスプレス・コネクト

ANAのクレジットカードは、アメックス発行ですが、JALのアメリカン・エキスプレス・カード(以下JALアメックス)は三菱UFJニコスが発行しています。

JALアメックスは、普通カードとCLUB-Aゴールド、プラチナの3種類のアメックスカードがあります。最高峰カードがプラチナカードです。

プラチナカードのサービスと特典に加え、JALのボーナスマイルがもらえます。入会後初めての搭乗で5,000マイル、毎年初フライト時に2,000マイル、搭乗ごとのフライトマイルは区間マイルにプラス25%がもらえます。

JALのマイルを貯めたい人にはおすすめです。

JALアメックスプラチナの申込・審査基準とは?

JALアメックスプラチナは、三菱UFJニコスが審査を行っています。ですので、アメックスの審査基準とは異なり、安定した収入があること以上に、これまでのクレジットヒストリーも重要視されます。

満20歳以上で安定した収入がある人、日本に生活基盤のある人が申込条件です。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(MUFGプラチナアメックス)

カード券面
年会費(税抜) 20,000円
海外旅行傷害保険 最高5,000万円(自動付帯の場合のみ)
サービス ・プライオリティ・パス
・プラチナ・コンシェルジュ・デスク
・アメリカン・エキスプレス・コネクト

三菱UFJニコスが発行するMUFGのアメックスカードの最高峰がMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(以下MUFGプラチナアメックス)です。年会費20,000円(税抜)で申込みでカードを作成できるプラチナカードです。

券面はブラック色で、大人の雰囲気漂うクレジットカードです。

プラチナカードならではのサービスや特典があり、お得に持てるクレジットカードです。

MUFGプラチナアメックスの申込・審査基準とは?

申請できるプラチナカードです。20歳以上で安定した収入がある人が申込条件です。

三菱UFJニコスの審査基準になります。

プラチナカードですが、クレジットヒストリーがクリーンで、安定収入があれば、比較的審査に通りやすいといわれているクレジットカードです。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
おすすめポイント
  • プライオリティパス、24時間365日専任のスタッフ対応、MUFGカードのステータスカードの最高峰!
  • 初年度1.5倍、海外2倍のポイントプログラム!
  • プライオリティパスでより充実した空港ラウンジを体験
年会費 20,000円
次年度以降 20,000円
ポイント還元率 0.5%~1%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 最短3日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 三菱UFJニコス株式会社

アメックスの限度額と支払方法

アメックスの支払方法は他社発行のクレジットカードと比べると独特だといわれています。

アメックスの限度額と支払方法

アメックスでは利用限度額は個別設定で、一律の限度額が設定されていないので、高額商品をカードで支払いたい場合に、事前入金というシステムがあります。

入会3ヵ月以降の本会員のみ事前入金が可能です。事前登録制になります。

また、ビジネスカード使用の場合、広告費などの高額な支払いをする時にも、事前承認するとカードで支払えるようになります。

支払方法については、事前登録することで、ボーナス一括払い、分割払いができます。電話か申込書にて申請が必要です。入会3ヵ月以降の本会員であれば利用できます。

尚、アメックスビジネスグリーン、アメックスビジネスゴールでは、ボーナス一括払い、分割払いはできません。

アメックスの入会キャンペーンについて

アメックスカードの入会キャンペーンについて解説します。

アメックスでは期間によって様々な入会キャンペーンがあります。

入会後3ヶ月以内のカードの利用で最大30,000ポイント獲得可能!

現在、アメックスカードに入会し、3ヶ月以内にカードを一定額以上利用するとポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。

アメックスグリーンですと、最大17,500ポイント、ゴールドですと最大30,000ポイント獲得できます。

アメックスグリーンですと、ボーナスとして入会から3か月以内に1万円のカード利用で500ポイント、25万円の利用で2,000ポイント、50万円の利用で10,000ポイントもらえます。また通常ポイントとして50万円の利用で5,000ポイントがもらえ、合計17,500ポイント獲得可能です。

アメックスゴールドですと、ボーナスとして入会から3か月以内に1万円のカード利用で1,000ポイント、25万円の利用で4,000ポイント、50万円の利用で20,000ポイントもらえます。また通常ポイントとして50万円の利用で5,000ポイントがもらえ、合計30,000ポイント獲得可能です。

アメックスが発行するクレジットカードまとめ

アメックスは世界でも有名なステータスカードです。もちろんそのステータスに見合った特典もそろっています。

アメックスが発行するプロパーカードにするか、提携会社のアメックス発行のクレジットカードにするかは、サービス内容やライフスタイルに合わせて選択しましょう。

入会キャンペーンは電話申込みとWEB申込みでは特典内容が異なりますので、確認してから申込みましょう。

アメックスは旅行とエンターテイメントに関するサービスが充実していますので、旅先でお得に楽しみたい人にはおすすめのクレジットカードです。

(※)「アメリカン ・エキスプレス®・カード」、「プラチナ・カード」、「メンバーシップ・リワード」はアメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.(日本)の登録商標です


執筆者のプロフィール
yukiko
YUKIKO

マスコミ業界25年。メディアで富裕層向けに携わることが多い。直近では富裕層向け雑誌の編集&執筆。クレジットカード、グルメ、海外旅行関連、たまに美容など執筆。

YUKIKOの記事一覧へ

関連記事