更新日:

セブンカード・プラスの活用術!nanacoポイントがザクザク貯まって家計の応援にもぴったり!

セブンカード・プラスの活用術!nanacoポイントがザクザク貯まって家計の応援にもぴったり!

クレジットカードを日常的に使いながら、カードで貯めたポイントを有効活用したい!と思うことはありませんか?そんな方には、コンビニやスーパーで無理なく貯めることができて、充実したポイント制度があるセブンカード・プラスがおすすめです。

セブンカードやセブンカード・プラスは、全国2万店舗ものセブン-イレブンやイトーヨーカドーなどセブン&アイグループ各店のほか、JCB、VISA加盟店を利用することで、nanacoポイントをたくさん貯めることができます。そのポイントをさまざまなお店で使うことができる便利なクレジットカードです。

セブンカード・プラスとセブンカードは、セブン&アイグループでお得なカード

クレジットカードは「ポイントをたくさん貯められること」がお得なわけではありません。「貯めたポイントを活用できること」が大切です。

セブン-イレブンやイトーヨーカドーなどで、高還元のセブンカードやセブンカード・プラスなら、日常的に多くnanacoポイントを獲得することができます。

さらに、貯めたポイントは電子マネーnanacoに交換して、セブン&アイグループ各店をはじめ、nanacoマークのあるお店、全国約41万店(2019年2月時点)での支払いに利用できるため、日常的にとても使いやすいカードです。

セブン&アイ・ホールディングスのグループ会社であるセブン・カードサービスが発行しており、特にセブン-イレブンやイトーヨーカドーなどのお店で使う方に特典が多いカードとなっています。

カード決済はもちろん、貯まったnanacoポイントを電子マネーnanacoに交換して使ってもポイントが貯まります。だから、ポイントだけでも家計の応援になります。

まずは、セブンカードとセブンカード・プラスについて紹介します。

セブンカードは新規募集停止中!セブンカード・プラスがおすすめ

セブン&アイホールディングスから「セブンカード」と「セブンカード・プラス」が発行されています。セブンカードは、2014年8月31日をもって新規募集を終了しています。現在では、セブンカード・プラスのみ申込みを受け付けています。

セブンカードは、アイワイカードとしてスタートしました。アイワイカードはポイント優遇の対象がイトーヨーカドーやエスパのみでした。その後サービスが引き継がれて誕生したのが、セブンカードです。

現在のセブンカードは、nanacoポイントのサービスが追加されたセブンカード・プラスに統合する方針です。そのため、新規入会はセブンカード・プラス一択となっています。現状ではこのカード以外、選ぶことができません。

セブンカード・プラスがお得な理由!nanacoポイントがザクザク貯まる

ここでは、セブンカード・プラスの基本情報をお伝えします。

セブンカード・プラスは、セブン-イレブンやイトーヨーカドーでポイント付与率が高いため、よく活用する方には大変おすすめです。セブン-イレブンやイトーヨーカドーなど対象店舗でのクレジット払いでポイント還元率1.5%(※)、8のつく日にはイトーヨーカドーでほとんど全品5%割引などの、さまざまな優待が受けられます。

以下の表は、セブンカード・プラスの年会費、ポイント還元率、ポイント有効期限、ポイント交換、ポイント交換先などの主要な機能です。

(※)2019年7月1日より、対象店舗(セブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、セブンミール)のポイント還元は200円(税抜)2nanacoポイントとなる予定です。その他、対象店舗(ヨークベニマル、デニーズ、そごう・西武、アカチャンホンポ、ロフト、omni7)のポイント付与は200円(税抜)につき、1nanacoポイントとなる予定です。セブンネットショッピングのポイント付与は200円(税抜)1nanacoポイントとなり、9月1日から開始予定です。(2019年4月8日時点)


画像
年会費 初年度無料、前年度クレジットショッピング支払い合計額5万円以上の利用で翌年度無料
※5万円未満の場合、本会員税込500円、家族会員(1名ごとに)税込200円
カードタイプ JCB/VISA、nanaco一体型/nanaco紐付型
nanaco利用
ポイント還元率
・セブン-イレブン/イトーヨーカドー/ヨークマート/デニーズ/BARNEYS NEWYORK/八ヶ岳高原ロッジでの利用:1.5%
・西武・そごう/Ario/セブンネットショッピング/ビックカメラでの利用:1%
・その他JCB/VISA加盟店での利用、電子マネーnanacoへのクレジットチャージ、オートチャージ:0.5%
ボーナスポイント セブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークマートでボーナス対象品を購入すると、通常のポイントに加えてボーナスポイントがもらえる
ポイント有効期限 最大2年
ポイント交換比率 ・電子マネーnanacoに、500ポイントの場合→500円(電子マネー)
・ANAマイルに、3,000ポイントの場合→1,500マイル
ポイント交換先 電子マネーnanaco、ANAのマイル、ANA SKYコインなど
デザイン 一般デザイン/ディズニー・デザイン(JCBのみ)
(※)2019年7月1日より、対象店舗(セブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、セブンミール)のポイント還元は200円(税抜)2nanacoポイントとなる予定です。その他、対象店舗(ヨークベニマル、デニーズ、そごう・西武、アカチャンホンポ、ロフト、omni7)のポイント付与は200円(税抜)につき、1nanacoポイントとなる予定です。セブンネットショッピングのポイント付与は200円(税抜)1nanacoポイントとなり、9月1日から開始予定です。(2019年4月8日時点)


セブンカード・プラスの年会費は初年度無料です。翌年度以降は毎年500円(税込)となりますが、前年度クレジットショッピング支払い合計金額5万円以上の利用で無料になるためカードを使用する方は実質無料になるでしょう。

セブンカード・プラスは、イトーヨーカドーなど系列店でのポイント付与率が他社よりも高く、ポイントが貯めやすく、nanacoポイントもいろいろなシーンで活用できるため、家計の応援にぴったりです。

セブンカード・プラスを選ぶ際には、nanaco一体型/nanaco紐付型、ディズニー・デザイン(JCBのみ)、国際ブランド(JCBVISA)などから指定することができます。続いて、どのセブンカード・プラスを選べば良いか紹介していきます。

セブンカード・プラスには、一体型とカード・モバイル型(紐付型)の2種類のカードタイプがある

セブンカード・プラスの2種類のカードタイプを説明している画像

セブンカード・プラスにはnanacoカードが付帯しており、カードのタイプは2種類から選ぶことができます。

一つは、クレジットカードとnanacoカードの機能が合体している一体型のタイプです。1枚のカードでクレジットカード払いと電子マネー支払いができる多機能型となり、カードに搭載のnanacoカードにnanacoポイントが貯まります。

もう一つは、nanacoカード・モバイルと結びつけるnanaco紐付型です。これは、セブンカード・プラスとnanacoカード・モバイルを別々に持てるタイプになります。

以下の表から、nanaco一体型とnanaco紐付型カードのメリットやデメリットを比較してみましょう。

nanaco一体型カード nanaco紐付型カード
nanacoカード新規発行が無料 ×
※nanacoカードをお持ちでない場合
すでにあるnanacoカードと紐付けができる ×
nanacoモバイルとの紐付けができる ×
QUICPayが使える ×
※紐付けているnanacoカードで利用可能

nanaco一体型は、1枚のカードでポイントを貯められたり、カード決済ができるため、2枚持ちたくない方にとって持ち運びに便利です。また、新規でnanacoに入会すると300円(税込)がかかりますが、nanaco一体型なら実質無料でnanacoカードを作ることができます

しかし、nanacoモバイルとの紐付けや、既にnanacoカードを持っている方は、一緒にまとめてポイントを使うことができません。QUICPay(nanaco)にも非対応となります。

nanaco紐付型は、すでにnanacoカードやをnanacoモバイルを利用していたり、nanacoを単体でも持ちたい方におすすめです。お持ちでない方は、新たに発行する必要があります。

またnanacoモバイルと紐付けすることが可能です。nanacoモバイルやQUICPay(nanaco)の決済にも対応しているため、あらゆる支払い方法を検討する方は、紐付型の方が選択肢が多いカードになります。

<ディズニー・デザインの登場>

2018年7月25日より、セブンカード・プラスの一般カードデザインに加えて、ディズニー・デザインが登場しました。オリジナルのミッキーの絵が描かれていて、ディズニーマニアにはとても嬉しいデザインです。

ディズニー・デザインの入会対象者は、新規のみとなります。ディズニー・デザインは、JCBブランドからのみの発行となっていて、VISAブランドから選ぶことはできません。もし既に入会して変更を希望の方は、一度退会する必要があります。

すでに電子マネーnanacoをお持ちの方は、ディズニー・デザインでnanaco紐付き型も申込むことができます。

セブンカード・プラスはJCBとVISAの2種類。どっちがお得?

セブンカード・プラスは、JCBとVISAの2大国際ブランドから選ぶことができます。ブランドによって特徴やメリットが異なります。どちらが理想のクレジットカードライフとなるか検討してみてください。

VISAは世界で半数のシェアを誇るように、日本国内のみならず世界中で利用できる便利なカードです。一方、JCBは国内の店舗で使いやすいカードになります。JCBやVISA両方で、電子マネーnanacoへチャージすることができます。

下の表では、JCBVISAの比較表です。利用できるお店、チャージポイント、入会ポイントが大きく異なります。

項目 JCB
VISA
利用できるお店
電子マネーnanacoへのチャージ
モバイルSuicaへのチャージポイント付与 ×
ディズニーデザイン ×

続いて、JCBとVISAの違いやメリット・デメリットを詳しく紹介します。

日本でのみ使う予定なら、セブンカード・プラスJCBがお得

主に日本国内で決済をするならJCBでも十分でしょう。そのほかハワイ、グアム、台湾でも利用することができます。

ディズニー・デザインを選ぶことができるのがJCBだけであることもメリットです。

海外に行く機会が多いなら、セブンカード・プラスVISAがお得

海外で使用する機会が多い場合、VISAを選ぶことをおすすめします。VISAは、シェア率世界No.1、クレジットカードが使えるほとんどのお店で使えます。

VISAだけの特典は、スマホとSuicaがひとつになった「モバイルSuica」へのクレジットカードでのチャージによって、ポイントを貯められることです。モバイルSuicaを使用する方にはおすすめです。

セブンカード・プラスの申込み資格について

セブンカード・プラスの申込み資格は、以下の通りです。

セブンカード・プラスの申し込み資格

  • 原則として18歳以上で、本人もしくは配偶者が継続して安定収入がある方
  • ・18歳以上で学生の方(高校生はのぞく)(※)
(※)未成年または学生の方は、申込みの際「親権者同意書」が必要


セブン-イレブン、イトーヨーカドーなどの店舗利用者にオススメ!セブンカード・プラスのメリット

続いて、セブンカード・プラスのメリットを紹介します。一体型と紐付け型のクレジットカード、さらにJCBやVISAなど4タイプから選べますが、ポイント付与やポイント対象のお店など基本的な機能はいずれも同じとなります。

何と言っても、セブンカード・プラスの特長はセブン-イレブンやイトーヨーカドーで、ポイントをザクザク貯められることです。上手にクレジットカードを活用して、より多くのポイントを稼ぎ、日々の家計の応援に役立てましょう。ぜひ、有益なクレジットカードライフに役立ててください。

セブンカード・プラスは、全国のセブン-イレブンやイトーヨーカドーで還元率が1.5%と高い

nanacoポイントの貯め方と使い方を説明している画像

セブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、デニーズなどのセブン&アイグループの対象店で買い物をすれば、200円ごとに3nanacoポイントが貯まります。nanacoポイントの還元率は1.5%(※)!

さらに西武・そごう、Arioなどのお店では、200円ごとに2nanacoポイントが獲得できます。JCB・VISA加盟店だと、200円ごとに1nanacoポイントとなります。生活費を払うとあっという間に貯まるので、暮らしの中で高還元の恩恵を受けることができます。

対象のお店と、ポイント還元率は以下の通りです。

ポイント還元率 対象店舗
ポイント1.5%
通常の3倍
・セブン-イレブン
・イトーヨーカドー
・ヨークマート
・デニーズ
・BARNEYSNEWYORK
・八ヶ岳高原ロッジ
ポイント1.0% ・西武・そごう
・Ario
・セブンネットショッピング
・ビックカメラ
ポイント0.5% ・その他JCB/VISA加盟店のサービス・買い物
・電子マネーnanacoへのクレジットチャージ・オートチャージ
(※)2019年7月1日より、対象店舗(セブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、セブンミール)のポイント還元は200円(税抜)2nanacoポイントとなる予定です。その他、対象店舗(ヨークベニマル、デニーズ、そごう・西武、アカチャンホンポ、ロフト、omni7)のポイント付与は200円(税抜)につき、1nanacoポイントとなる予定です。セブンネットショッピングのポイント付与は200円(税抜)1nanacoポイントとなり、9月1日から開始予定です。(2019年4月8日時点)


nanacoポイントの貯め方

以上のように、日々の生活の支出だけで多くのnanacoポイントが貯められます。その他にも、セブンカード・プラスからnanacoへチャージしたり、一定の金額以上の利用での「累計ポイントサービス」の特典などによって、ポイントをどんどん貯めることができます。

ポイントを貯めるための「クレジットカードチャージ」方法は下記から詳しく見ることができます。

ポイント2重取りを超えた!もの凄いnanacoの利用方法
電子マネーでは、ポイントの2重取りができることを知っている方は多いかもしれませんが、nanacoでは2重取りのさらに上を行くお得な方法があるのです。 この記事では主にnanacoのチャージ方法について解説していますが、最後まで読めば良い事があるかもしれませんよ。

nanacoポイントの使い方

nanacoポイントは、1nanacoポイントを1円として使うことができます。全国のセブン&アイグループのお店を含めて、約410,000店(2019年2月末時点)のnanaco加盟店でポイントを利用することができます。

家計をしっかりと応援!コンビニ、スーパー、百貨店、ガソリンスタンドなどでポイントを気軽に使える

セブンカード・プラスは貯まりやすいのはもちろん、1ポイントから使える利用しやすさが最大の魅力です。貯めたnanacoポイントを電子マネーnanacoに交換して、さまざまなお店で使うことができます。

以下の表は、nanacoポイントを電子マネーnanacoに交換して使える、代表的なお店の一覧です。

項目 店舗名
百貨店・コンビニ・スーパー ・セブン-イレブン
・イトーヨーカドー
・西武・そごう
・ヨークマート
・ヨークベニマル
・ザ・プライス
・デリシア
・ユーパレット
グルメ・飲食 ・デニーズ
・ファミール
・芝のらーめん屋さん
・コメダ珈琲店
生活・暮らし ・アカチャンホンポ
・セブン美のガーデン
・ビックカメラ
ドラッグストア・コスメ ・ツルハグループ
・サンドラッグ
・スギ薬局
ガソリンスタンド ・エッソ
・モービル
・ゼネラル
エンターテイメント・趣味 ・快活クラブ
・タイトー
・ラウンドワン

QUICPayを利用できる

さらにQUICPayを利用することができます。QUICPayは、支払い時にカードやスマホをかざすだけで、料金を支払うことができる利便性の高い電子マネーです。

チャージや暗証番号を入れる必要はなく、使うごとにnanacoポイントを貯めることができます。スーパー、コンビニ、百貨店、ガソリンスタンドをはじめ、公共料金や税金も支払うことが可能です。

「8」のつく日がお得!月3回の5%割引の優待特典!

セブンカードでお得に買い物ができる日を説明した画像

イトーヨーカドーの8のつく日は、ハッピーデーです。毎月3回、8日、18日、28日はカード払い、もしくは現金払いで、ほとんど全品5%割引になります。イトーヨーカドーは食料品、衣料品、日用雑貨など多くのアイテムを取り扱うので、日常的に利用される方には大きなメリットがあります。このメリットを使わない手はありません。

さらに、カード決済で1.5%(※)のポイントがついています。例えば、8のつく日に10,000円分のお買い物をすると、5%割引後の支払いに対して500円割引となります。加えて、割引後からポイント付与が行われ、142円分のポイントがつきます。642円相当(還元率6.42%)となり、これはかなりお得です!

野菜、惣菜、お弁当、肉、魚など、スーパーに並んでいる商品はほとんどが対象です。

(※)2019年7月1日より、対象店舗(セブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、セブンミール)のポイント還元は200円(税抜)2nanacoポイントとなる予定です。その他、対象店舗(ヨークベニマル、デニーズ、そごう・西武、アカチャンホンポ、ロフト、omni7)のポイント付与は200円(税抜)につき、1nanacoポイントとなる予定です。セブンネットショッピングのポイント付与は200円(税抜)1nanacoポイントとなり、9月1日から開始予定です。(2019年4月8日時点)


イトーヨーカドーとアリオで駐車場無料優待

さらにイトーヨーカドーやアリオの一部店舗で、駐車場での優待サービスがあります。セブンカード・プラスの利用者はお買い物をしなくても1時間まで無料、1円以上のお買い上げで2時間まで無料など、条件に応じて駐車場料金が無料になります。

以下はイトーヨーカドー藤沢店を利用した時の駐車場料金となります。車でお越しの方は、毎回お得です。

お買い上げ金額 セブンカード・プラス会員 一般の方
お買い物をしない 1時間まで無料 利用時間に応じて有料
1円以上 2時間まで無料 1時間まで無料
2,000円以上 3時間まで無料 2時間まで無料
3,000円以上 - 3時間まで無料

セブンカード・プラスは、累積ボーナスポイントがもらえる!

セブンカード・プラスのボーナスポイントを説明した画像

セブン&アイグループの店舗では利用すればするほど、どんどんポイントが貯まる「累計ボーナスポイント」制度があります。当年4月から翌年3月末までの対象店(イトーヨーカドー、ヨークマート)でのカード利用(クレジット払い・カード提示による現金払い)の累計ポイント対象金額(税抜)に応じて、累計ボーナスnanacoポイントが加算されます。

100万円達成すると3,000ポイントを獲得でき、150万では10,000ポイントがもらえます。

年間を通して100万や150万の達成は難しくはありません。なぜなら日用品など普段のお買い物としての支出だけでなく、税金や公共料金サービスの支払いもできるからです。さまざまな支払いでまとめてポイントを貯めることで、大きなリターンが見込めます。

年間クレジットショッピング支払い合計額が5万円以上の利用でセブンカード・プラスの年会費が本会員だけでなく、家族も無料に!

カードを検討するにあたっての必要コストも紹介します。クレジットカードに必要なのは、年会費や家族カードの費用ですが、セブンカード・プラスの年会費は初年度は無料、翌年度以降は500円(税込)が基本的なプランとなります。

他社と比較するとカード年会費は割安ですが、年間でクレジットショッピング5万円以上を利用することで無料になります。年間で5万円を利用することは、そう難しくはないので、実質的には無料となります。

また家族カードのショッピング利用分も対象です。

セブンカード・プラスはApple Payでも支払い可能!その他の豊富な優待サービス

セブンカード・プラスは、その他にもさまざまな優待があります。続いて優待サービス7つを紹介します。

Apple Payで支払い可能

Apple PayとはiPhoneやApple Watchなどをかざすだけで、買い物したり、電車やバスでの乗車支払いができ、クレジットカードの利用がスムーズになるサービスです。財布を出すことなく、すばやく支払いをすますことができます。セブンカード・プラスと連携するだけで、無料でこのサービスを利用できます。

Apple Pay上でnanacoを使うことはできませんが、Apple Pay上ではセブンカード・プラスをQUICPayとして認識できます。そのため、ローソンやファミリーマートでのコンビニでもApple Pay決済が可能です。

海外ショッピングガード保険で、100万円までカバー

海外での盗難補償が付帯したショッピングガード保険もあります。海外で購入された品物が、盗難や破損などの被害にあった場合、海外ショッピング保険が適用されます。保険の申請が購入日より90日以内だと100万円まで補償対応となります。自己負担額は、1件につき1万円です。

旅行代理店のパッケージツアー最大5%オフ

さらにセブン旅デスクから申し込むと、ANAセールス、JALパック、日本旅行、JTB、近畿日本ツーリスト、クラブツーリズムなど、大手旅行代理店のパッケージツアー代金が最大5%割引となる優待サービスもあります。

カラオケ館割引(室料が30%)

カラオケチェーン店のカラオケ館で室料が30%割引となります。入店時に提示し、セブンカード・プラスで支払いすることが条件です。パーティーコース、フリータイム、飲み放題は割引対象外となります。

ICチップ搭載でセキュリティ強化

セブンカード・プラスが発行するクレジットカードには磁気カードよりもセキュリティ効果の高いICチップ搭載が開始されました。従来のクレジットカードにはなかったもので、セキュリティがとても優れています。

ICカードでは、今までの磁気ストライプ型のクレジットカードとは異なり、高機能ICチップが埋め込まれています。その情報量は、磁気ストライプよりも膨大です。

従来の磁気ストライプはスキミングの機械により、1秒もかからずにカード情報の全てが抜き取られてしまいます。しかしIC付きのカードになると、簡単にスキミングもされず、偽造、改ざんが難しいため、セキュリティ対策として非常に優れています。

さらにICチップ搭載のカードは、本人確認のサインを必要とせず、暗証番号4桁だけで決済をすることができます。

セブンカード・プラスは紛失・盗難補償付き

セブンカード・プラスでは、クレジットカードを盗難されてしまった時やカードを紛失してしまった時にも届けた日から60日前までさかのぼってそれ以降に不正使用されたクレジット利用金額は、(株)セブン・カードサービスが負担します。ただし、会員の方に故意、または過失がある場合では適応されません。

クレジットカードが悪用されるのが怖いという方にとても安心できるサービスです。

セブンカード・プラスのデメリット

これまでセブンカード・プラスの基本知識、魅力やメリットを案内してきました。次は、セブンカード・プラスのデメリットや使いにくいところを詳しく解説します。

セブンカード・プラス一体型は、解約するときにポイントも失効する

デメリットの一つとしては、セブンカード・プラス一体型は解約が不便であることです。退会する時にnanacoポイントが失効してしまいます。解約する前には、ポイント残高をきちんと確認するようにしましょう。

セブン-イレブン・イトーヨーカドー以外のお店では、ポイント還元率が低い

セブン-イレブン・イトーヨーカドーなどのセブン&アイグループ以外の店舗では、ポイント還元率0.5%と低くなっています。これは一般的なクレジットカードと同じです。そのためポイント優遇対象外だけでの使用だとポイントがたまりにくいというデメリットがあります。

ただ公共料金などでもさまざまな支払いができるため、支払いをセブンカード・プラス一本にまとまれば、イトーヨーカドー、ヨークマートでのカード利用で累計ボーナスポイントを獲得することができるため、大きなデメリットではないと言えます。

年会費無料!招待制のセブンカード・プラス(ゴールド)

セブンカード・プラスでは、さらに上のランクの「セブンカード・プラス(ゴールド)」というクレジットカードを発行しています。セブンカード・プラスの利用金額が一定額以上の方が対象となり、年会費が永久無料なります。

セブンカード・プラス(ゴールド)に招待される条件とメリット

セブンカード・プラス(ゴールド)は、条件は非公開となっていますが、一定額利用以上の利用があると招待制で入会が可能です。

セブンカード・プラス(ゴールド)が欲しいなら、とにかく日々たくさんカードを利用する必要があります。

ハイクオリティの優待サービスが付帯されるというよりも、クレジットの愛用者に対してワンランク上のステータスを提供するような位置付けです。

ゴールドカードでは、以下の特典が追加されます。

ゴールドカードで追加される特典

  • 年会費永久無料
  • 付帯ショッピングガード保険(国内)の付帯

付帯のショッピングガード保険は国内でも対応です。国内で購入された品物が、盗難や破損などの被害にあった場合、年間100万円までその損害賠償するサービスです。購入日より90日間有効です。(自己負担1事故5千円)

セブンカード・プラス解約時の注意点

セブンカード・プラスの解約には、インターネット、電話、書類での郵送の3つの方法があります。

セブンカード・プラスの一体型カードは退会時に、ポイント失効してしまう

解約するときに、ポイントは失効してしまいます。そのためセブンカード・プラスの一体型のカードは、解約するときにはnanacoポイントがなくなるため注意してください。紐付型はカードとの紐付けが切れるだけで、nanacoカードは引き続き利用することができます。

セブンカード・プラスまとめ

セブンカード・プラスは、セブン&アイグループの対象店で使うと、ポイントがザクザク貯まります。さらに1ポイントから使える利用しやすさと利用できるお店が豊富なので、日常生活で無理なく家計の助けになる便利なカードです。セブン-イレブンやイトーヨーカドー、ヨークマートなどセブン&アイグループの対象店を日常的に利用する方には特におすすめです。

監修者のプロフィール
岩田 昭男
消費生活ジャーナリスト 岩田 昭男

月刊誌記者などを経て独立。流通、情報通信、金融分野を中心に活動するが、メインはクレジットカード&デビットカード、電子マネーなど。とくにSuicaは2001年のサービス・スタート以来の愛好者で、通勤から買い物まで活用している。年に4回ほどクレジット&電子マネーのムックを出版しており、最新情報にも詳しい。2020年東京オリンピックを目指して始まったキャッシュレス促進の利用者側に立ったオピニオンリーダーだ。

関連記事