更新日:

学生におすすめクレジットカードを比較!海外保険は付帯する?限度額はどうなる?2019年最新版

学生におすすめクレジットカードを比較!海外保険は付帯する?限度額はどうなる?2019年最新版

初めてのアルバイトや一人暮らし…学生になると自分で管理するお金も増えてきます。それに伴いクレジットカードを作ってみたいと考える人も多いのではないでしょうか。

本記事では、学生におすすめのクレジットカードをはじめ、クレジットカードの基礎知識、作り方から役立つ情報までご紹介していきます。

迷ったらここから!学生におすすめの人気クレジットカード3選

  • 年会費:無料
  • 次年目以降:無料
  • 還元率:1 〜 5%
  1. 学生におすすめのNo.1クレジットカード!
  2. セブンイレブンやAmazon.co.jpで2%還元
  3. スタバでは5.5%高還元!
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー
  • 年会費:無料
  • 次年目以降:1,250円
  • 還元率:0.6%~10.5%
  1. 25歳以下しかも持てないクレジットカード
  2. 自動的にゴールドカードにアップグレード!
  3. 銀行系なのでステータスも抜群!
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社
  • 年会費:無料
  • 次年目以降:無料
  • 還元率:1.0%~4.0%
  1. 取扱高No.1の最も有名なクレジットカード
  2. 楽天市場で常時3%還元!
  3. 最大2,000万円の海外旅行保険付き
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

学生の方でクレジットカードの作成を検討している人には上記のクレジットカードがオールラウンドに利用できておすすめです。

どのクレジットカードも年会費無料で持つことができるうえに、ポイント還元率が高いことで知られているクレジットカードです。

学生向け!クレジットカードの基礎知識

学生の方の場合、クレジットカードを作るのが初めてという方も少なくないでしょう。そもそもクレジットカードがどういうものなのかを知っておかないと、自分にあったクレジットカードを見つけるのは難しいです。

ここからは学生の方向けにクレジットカードの基礎知識をご紹介していきます。

初心者必見のクレジットカード作り方まとめ!初めてのカード選びに使える5つのコツを紹介
クレジットカードの作り方を知りたい人必見!クレジットカード発行の際のコツや初心者におすすめのクレジットカードまで、クレジットカードを作る前に知っておきたい情報が盛りだくさんです。

学生向けクレジットカードってなに?

学生向けのクレジットカードには以下の2種類があります。

学生向けクレジットカード2種

  1. 学生専用のクレジットカード
  2. 学生専用ではないが、学生が持つのに向いているクレジットカード

1つめの学生専用クレジットカードは、その名の通り「学生」のみ持つことができます。

「学生」とは、18歳以上の大学生、短大生、専門学校生、大学院生などを指し、高校生は除かれます。

高専生については、4、5年生であれば申し込みができることもあります。

年齢の上限や、どこまでを「学生」とするかは各クレジットカード発行会社の定めによりますが、以下のような場合は学生とみなされないことが多いようです。

2つめのクレジットカードは18歳以上であれば学生以外も申し込むことができますが、一部のカードでは年齢の上限が設けられていることもあります。

どちらのカードも学生のための特典やサービスが充実していることが特長で、代表的なものとしては、社会人向けカードよりポイントが優遇されるもの、学生の間は年会費が無料になるもの、海外旅行のための補償が手厚いものなどがあります。

例えば、三井住友VISAクラシックカード在学中は年会費が無料で、また、エポスカードは年会費が無料なだけでなく、海外旅行保険が充実しているので、おすすめのクレジットカードといえるでしょう。

学生でクレジットカードは持つべき?

学生のうちは大きな買物をすることも少ないし、お財布の中の現金で十分事足りるのでは?そう思う人もいるかもしれません。

確かに、日常のお買い物は現金払いでも特に問題ないですよね。

では何故、学生でもクレジットカードが必要なのでしょうか。以下にその理由を解説していきます。

学生でも海外旅行に行くならクレジットカードは必須

自分探しに、お友達との卒業旅行に。高校を卒業して自由な時間が持てるようになると、旅行に行く機会が多くなります。

初めて海外旅行に行くという方もいるのではないでしょうか。

そこで必ず持っていてほしいのがクレジットカードです。

海外旅行の際にクレジットカードが必要な理由としては、主に以下のようなものがあります。

海外では…

  • ホテルに宿泊する際、クレジットカードの提示を求められる
  • クレジットカードがないとレンタカーを貸してもらえない
  • 医療費が高額なため、クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険が便利
  • 現金は盗難にあっても補償がないが、クレジットカードは不正利用の際の補償がある

このように、海外ではクレジットカードは「便利なツール」というより、もはや必需品なんです。

もっと詳しく知りたい方は、下記の記事もあわせてご覧ください。

海外旅行におすすめのクレジットカードや知らないと損する海外旅行保険の注意点まで解説!
海外旅行にはクレジットカードが必須。現地通貨に両替がしたい時、海外旅行中に病気になった時。クレジットカードが隠れた力を発揮します。海外旅行でのクレジットカードの使い方は?海外旅行傷害保険の自動付帯、利用付帯とは?学生向けのクレジットカードは?よくある疑問を徹底解説。海外旅行のためのクレジットカード選びに悩んでいる方のために、おすすめクレジットカードも紹介します。

ネットショッピングの支払いはクレジットカードが便利

最近は、インターネット上のショッピングサイトで洋服や本を通販する機会も増えてきましたよね。

ネットショッピングでの支払い方法は、主に3種類あります。

ネットショッピングでの支払い方法3種

  1. 銀行振込
  2. 代金引換
  3. クレジットカード払い

銀行振込は振込手数料がかかることが多く、インターネットバンキングを使わない場合は、わざわざ振込に行かなくてはならないので手間もかかります。

代金引換は、商品が手元に到着した時に配達業者に代金を支払う方法ですが、別途代引手数料がかかる場合があります。

クレジットカード払いなら手間もかからず、手数料も抑えることができます。

さらに、ショッピングサイトと提携しているクレジットカードで支払えば、ポイントが優遇されて実質割引になることも。

ネットショッピングを利用するなら、クレジットカードはもはや欠かせない存在と言っていいでしょう。

学生でもクレジットカードの審査に通ることはできる?

学生は基本的に収入がありません。たとえアルバイトをしていても、社会人に比べて収入は少なめで、安定しているともいえません。

にも関わらず、学生でもクレジットカードは作れます

さらにそれだけでなく、各社さまざまな特典を用意して、学生の申し込みを促しています。


これってちょっと不思議な感じがしませんか?

なぜクレジットカード会社が学生を優遇しているのかと言うと、それはクレジットカード会社が学生を将来の優良顧客として捉えているから。

クレジットカードは、一度作ると解約されにくいという傾向があります。確かに特に問題がなければ、せっかく作ったクレジットカードをわざわざ解約しようとは考えませんよね。

そこで、クレジットカード会社としては、学生のうちに最初の1枚として自社のクレジットカードを選んでもらい、社会人になってからも引き続き愛用してもらおうと考えているんです。

学生向けクレジットカードは利用限度額が低め

とはいえやはり支払い能力に限界がある学生ですから、基本的に利用限度額は低めに設定されています。

社会人向けのクレジットカードの限度額100万円以上というものも珍しくありませんが、対して学生向けクレジットカードは10~30万円が相場となっています。

このように、利用限度額を下げることで支払いが滞った時のリスクを最小限に抑えているので、学生にもクレジットカードを持ってもらうことができるんですね。

学生のクレジットカード選びは比較して決めよう!

ひとことでクレジットカードといっても、その種類は数えきれないほどあります。

カードで支払った金額に応じて貯まるポイント還元率や、クレジットカードの知名度、ステータスなど、特長はカードによってさまざまです。

では、クレジットカードは一体どのように選べばいいのでしょうか。ここでは、学生のためのクレジットカードの選び方を紹介していきます。

学生なら年会費無料のクレジットカードを選ぶ

クレジットカードの年会費は無料のものから何万円もするものまであり、年会費が高額なカードほど特典や保険の優遇があることが一般的です。

しかし学生が買物に使う程度なら、むしろステータスカードの豪華な特典などは不要。

また、年会費の高いカードは審査が厳しいことが多く、学生では審査に通らない可能性もあります。

年会費無料カードでももちろん決済機能は変わりませんし、十分便利に使うことができます。

学生のうちは年会費無料のクレジットカードを選びましょう。

クレジットカードを何のために作るのか?目的で比較する

あなたは何のためにクレジットカードを作るのでしょうか。スーパーでのお買い物、ネットショッピング、海外旅行…目的は人それぞれですよね。

クレジットカードは個々のカードによって特長や優待内容などが異なるため、その中から自分の目的に合っているものを選ぶ必要があります。

たとえばよく行くスーパーがあるなら、そのお店と提携しているクレジットカードを作ってポイント優遇、割引などを受ければ生活費の節約になります。

また、海外旅行のためにクレジットカードを作るなら、旅行のサポートや海外旅行傷害保険の補償が手厚いカードを選ぶといいでしょう。

みんなが持っているから、何となくクレジットカードを作ってみようかな?と考えている人も、一度ライフスタイルを見直してみることで、自分に合ったクレジットカードが見つかるはずです。

学生のうちから将来を見据えてクレジットカードを選ぶ

在学中のことだけではなく、将来のことを考えてクレジットカード選ぶという方法もあります。

クレジットカードの中には、学生のうちに作っておけば卒業後にゴールドカードにランクアップできるものがあります。

三井住友VISAデビュープラスカードはゴールドカードにランクアップする代表的なクレジットカードです。26歳以降の更新時にプライムゴールドへランクアップされます。

将来ゴールドカードを持ちたいと考えているなら、こういったものを選んでクレジットカードを育ててみてもいいかもしれません。

三井住友VISAデビュープラスカード
おすすめポイント
  • 若者の特権です!18歳から25歳の方はいつでもポイント2倍♪!
  • いつものお買い物をポイントUPモールを経由すれば更におトク!
  • スピードも重要!最短3営業日での発行が可能!
年会費 無料
次年度以降 1,250円
ポイント還元率 0.6%~10.5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 500円
発行期間 3営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

VISA、Mastercard、JCB...国際ブランドってなに?

クレジットカードを選ぶうえで国際ブランドについても知っておく必要があります。

国際ブランドってなに?という方でもVISAMastercardJCBという言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。

簡単にいうとクレジットカードを選ぶ際には国際ブランドも一緒に選ぶ必要があり、どの国際ブランドを選ぶかによって使えるお店や優待特典が変わってきます。

とはいっても日本国内で使う分にはどの国際ブランドを選んでも大きな差はありません。初めてクレジットカードを選ぶ場合であれば、シェアの大きいVISAかMastercardを選んでおけば問題ないでしょう。

7大国際ブランド

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • AmericanExpress
  • ダイナース
  • 銀聯
  • Discover
国際ブランドとは?VISA、Mastercard、JCBなどクレジットカードの7大国際ブランドを解説!
VISA、Mastercard、JCBが選べるけど何が違うの?どうやって選べばいいの?初めてクレジットカードを作る方の中には、このように国際ブランド選びに迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?クレカ払いができれば良いか、ということで適当に国際ブランドを選択する方もいると思います。ですが、国際ブランドの選択がクレジットカードの使い方に大きく影響することもあります。ここでは国際ブランドとは何か、国際ブランドにはどんな種類があり、それぞれどんな特徴があるのかを解説します。後半ではVISA、MasterCard、JCBを始めとした国際ブランドがどんな人に向いているのか、もご紹介しますので、これからクレジットカードを作る方は、国際ブランドをしっかり理解して自分にピッタリのクレジットカードを作りましょう。

学生におすすめの人気クレジットカード!還元率や海外旅行保険で比較

ここからは学生におすすめのクレジットカードを、還元率や海外旅行保険の充実度などおすすめポイントごとにご紹介していきます。

普段の生活を少しでもお得にしたい人や、留学や旅行など海外での利用をメインに考えている人など、それぞれにおすすめのクレジットカードは異なってくるので本章をよく読んで自分にピッタリのクレジットカードを選んでみてください。

学生におすすめ高還元クレジットカード①三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード
おすすめポイント
  • 若者の特権です!18歳から25歳の方はいつでもポイント2倍♪!
  • いつものお買い物をポイントUPモールを経由すれば更におトク!
  • スピードも重要!最短3営業日での発行が可能!
年会費 無料
次年度以降 1,250円
ポイント還元率 0.6%~10.5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 500円
発行期間 3営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

CMでお馴染みの三井住友VISAカード。実は若者向けからステータス性の高いものまで多くの種類が用意されています。

なかでもデビュープラスカードは25歳までの若年層向けで、その名のとおりクレジットカードデビューにぴったりのカード。

年間100万円までのショッピング補償、ポイントは常に通常カードの2倍、入会後3ヶ月間はなんと5倍と嬉しい特典が盛りだくさんです。

さらに、26歳以降の最初のカード更新時には、自動的に三井住友VISAプライムゴールドカードに切り替わります。

将来的にゴールドカードが欲しいという人には見逃せませんね。

また、セキュリティ対策にも力を入れており、カードの不正利用検知システムで不審な取引がないかを24時間体制でチェック。

さらにスキミング犯罪を防止するICカードを導入するなど、安心してクレジットカードを持てるようにさまざまな工夫がされています。

三井住友VISAカードは知名度抜群でサービスのバランスが良く、1枚目のクレジットカードにぴったり。

VisaMastercardを両方申し込むことができ、海外旅行傷害保険付帯のクラシックカード、海外・国内旅行傷害保険が充実している女性向けのアミティエカードなどもおすすめです。

学生におすすめ高還元クレジットカード②JCB CARD W

JCB CARD W
おすすめポイント
  • WEB入会限定カード
  • 年会費永年無料!
  • ポイント還元率は常に2倍以上
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 1 〜 5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 1週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
今なら最大14,000円分プレゼント&スマホ決済で20%キャッシュバックキャンペーン中!
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCB CARD Wの申し込み年齢は39歳まで。大学院生でも安心して申し込むことができますね。

基本のポイント還元率は1%と優秀ですが、JCBオリジナルシリーズパートナー加盟店での利用の場合、さらにポイントが優待されます。

セブン・イレブンやアマゾンは2%、スターバックスならなんと5.5%という高還元率。
どこも学生がよく行くお店ばかりですよね。

海外旅行傷害保険も最高額2,000万円のものが付帯していて、旅行用のカードとしても文句なし。

女性の方なら、女性疾病保険の優待がついているJCB CARD W plus L、入会後1年まではポイントが優遇される29歳以下限定のJCB CARD EXTAGEもおすすめです。

学生におすすめ高還元クレジットカード③オリコカード THE POINT

オリコカード THE POINT
おすすめポイント
  • 年会費が永年無料で、ポイント還元率は常に1%以上
  • 入会後6ヶ月間は、ポイント還元率が2倍の2%!
  • 貯まったポイントはamazonやiTunes、LINEのギフトに即交換可能!!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 1.0%~2.0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 最短8営業日
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能

オリコカードはポイントが貯めやすいのが特長。基本のポイント還元率は1%、さらに入会後半年はポイント還元率が2倍になるので、どんどんポイントが貯まります。

ネットショッピングの際は、オリコモールを経由すればポイント還元率がさらにアップ。参加ショップは約600店で、最大でポイント還元率15%のお店もあります。

一休じゃらんOZmallなどの予約サイトも対象となっているので、ネットショッピングだけでなく、お出かけ好きな人にもおすすめです。

学生におすすめ海外旅行保険付帯クレジットカード④エポスカード

エポスカード
おすすめポイント
  • 全国10,000店舗の優待つき!
  • 入会金・年会費永年無料
  • 海外旅行傷害保険は最高500万円
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.5%~5.0%
マイレージ還元率
ETC年会費 無料
発行期間 店頭申込で最短30分発行・オンライン入会で1週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 非対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社エポスカード

エポスカードはマルイが発行しているクレジットカード。年4回の「マルコとマルオの7日間」期間中はマルイでの買物が10%オフになります。

マルイでショッピングをする人には、エポスカードは必須ですね。

さらにカラオケ店やファミレス、居酒屋などを中心に全国に10,000以上の優待施設があり、割引が受けられるのは学生には嬉しいところ。

最高補償額500万円の海外旅行傷害保険も自動付帯、最短即日発行も可能と全体的に使い勝手がよく、おすすめ度高めのクレジットカードです。

学生におすすめ高還元クレジットカード⑤楽天カード

楽天カード
おすすめポイント
  • 年会費永年無料の業界大人気クレカ!
  • ポイントは電子マネー「楽天Edy」にも交換可能!
  • 楽天Payの決済を楽天カードにすると最大で還元率1.5%にアップ!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 1.0%~4.0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 540円
発行期間 7営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
入会&利用で最大5,000ポイントプレゼント!
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

クレジット取扱高ナンバーワンの地位を築いている楽天カード。会員数も1,500万人を突破しており、今やもっともメジャーなカードのひとつと言っていいのではないでしょうか。

ポイント還元率は通常でも1%で、楽天市場で買物をするなら3%以上

ポイントアップのキャンペーンも多く、ポイントが貯まりやすいのが特長です。


貯まった楽天スーパーポイントは楽天市場で現金代わりに使えるほか、楽天Edyにチャージすればコンビニなどでも使え、無駄なく利用することができます。

海外旅行傷害保険も利用付帯ですが最高2,000万円の補償がついていますし、楽天カードは便利さ、ポイントの貯めやすさにおいては文句なしのクレジットカードです。

また楽天ペイとの連携で1.5%の高還元を受けられるため、キャッシュレスとの紐付けでもお得に利用できるクレジットカードです。

(30代/男性/会社員/年収:600〜800万円未満)

学生時代に初めて持つカードとして作ったのですが、誰でも気軽に作れるところとポイントがかなり貯まりやすいという口コミを見て楽天カードを選びました。

確かに、楽天カードはポイントの還元率が他のカードよりもかなり高く、使えば使うほど還元率が上がっていくため、とてもお得でした。あまり利用額が多くない学生時代でも年間で数千ポイント貯まるためとても助かりました。

専門家からのコメント

岩田 昭男
消費生活ジャーナリスト
岩田 昭男さん

楽天カードは楽天ペイを利用するときの決済カードにしたい1枚です。

楽天ペイのアプリ利用で0.5%のポイントが貯まるうえ、楽天カードを決済カードに紐付けると、さらに1%のポイントがついて合計1.5%のポイント還元率になります。

もちろん楽天カードは審査も簡単で、発行までの時間も短いので、すぐに使えます。入会ポイントもたくさんもらえるので大変お得です。

また、裏技としては、ぐるなびを使って、毎月飲み会を主催する幹事になる方法もあります。幹事は「人数×100ポイント」をもらえる仕組みになっているので、まとまったポイントがゲットできます。

楽天カードは学生OK! 多数のメリットから申込方法、使い方まで徹底解説!
楽天カードは学生でも作成可能でポイント特典盛りだくさんのクレジットカードです。このページでは、学生がクレジットカードを持つメリットから申込方法、審査落ちの理由、楽天カードの使い方、学生専用「楽天カードアカデミー」まで網羅的に解説しています。

学生におすすめ海外旅行保険付帯クレジットカード⑥セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
おすすめポイント
  • 最高3,000万円の旅行傷害保険!
  • 手荷物無料宅配等の海外でのサポートも充実!
  • 有効期限のない永久不滅ポイントに対応!
年会費 無料
次年度以降 3,000円
ポイント還元率 0.7%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 最短3日
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社クレディセゾン

国際ブランドの中でもステータスが高いといわれているアメックス。

しかし、アメックスのクレジットカードを持ちたいと思っても、プロパーカードの申し込み条件は「20歳以上で安定した収入があること」。

残念ながら学生が入手することはできません。

そこでおすすめなのが、アメックスとクレディセゾンの提携カードであるセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード。

このカードはアメックスブランドでありながら、若年向けで学生にも申し込みができます。

26歳になるまで年会費無料という点も学生におすすめできるポイントです。

若年向けとはいっても、その内容はさすがのアメックス。最大3,000万円まで補償される海外旅行傷害保険が自動付帯

また、年会費無料カードの中では珍しく国内旅行傷害保険も利用付帯となっています。

年間100万円までのショッピング補償もあり、各種補償の厚さは文句なし。

その他にも空港から自宅までの手荷物無料宅配サービス、海外用携帯電話無料レンタルサービスなど、贅沢すぎる待遇が受けられます。

さらにポイントに有効期限がないことも特長。海外での利用分はポイントが2倍になるのも嬉しいポイントです。

また、オンライン申し込みなら、最短即日発行が可能。いたれりつくせりのクレジットカードとなっています。

セゾンカードなら年会費無料でアメックス会員に!永久不滅ポイントだけじゃない魅力を紹介
セゾンカードといえば、永久不滅ポイントが有名ですが、魅力はそれだけではありません。年会費無料で国際ブランドのアメリカン・エクスプレスが付いたカードを手にすることができるうえ、優待や割引を利用して最大50%オフになるなど、会員が有利になる要素が盛りだくさんなのです!

学生におすすめ海外保険付帯クレジットカード⑦学生専用ライフカード

学生専用ライフカード
おすすめポイント
  • 海外ショッピング利用キャッシュバック
  • 学生のための安心プログラム
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 1 〜 2%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 -
発行期間 3営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 非対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 非対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能

学生専用ライフカードの特長は、なんと言ってもキャッシュバック制度があること。これは海外旅行先での利用額の5%が銀行口座に振り込まれるというもので、事前の登録が必要ですが、他にはない非常にお得なサービスです。

さらに海外旅行傷害保険が自動付帯で、最高2,000万円の補償が受けられます。まさに海外旅行のためのクレジットカードですね。

また、入会初年度はポイント還元率が1.5倍、毎年誕生月は3倍など、お得なポイント制度にも注目です。

ただし、キャッシュバックも海外旅行傷害保険も、学生の間だけの特典になっています。

学生におすすめポイント自動キャッシュバッククレジットカード⑧三菱UFJニコスのVIASOカード

三菱UFJニコス VIASOカード
おすすめポイント
  • 年会費永年無料!
  • ETC、携帯電話、インターネットはポイント2倍!
  • 海外旅行保険やショッピング保険など付帯されているので安心!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.5%~10.0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 最短翌営業日
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 三菱UFJニコス株式会社

VIASOカードは、クレジットカードのポイント交換手続きが面倒な人にぴったりのカード。

貯まったポイントは1ポイントを1円として、年に一度クレジットカード料金の引き落とし口座に振り込まれます。


通常のポイント還元率は0.5%ですが、携帯電話料金やインターネットプロバイダーの料金を支払った場合はポイント2倍。

さらにVIASO eショップを通じて提携ネットショップでお買い物をするとポイント還元率は最大で10%になります。

提携ショップの中には、楽天市場amazonYAHOO!ショッピングなどもありますよ。

海外旅行傷害保険も利用付帯で最高2,000万円の補償が受けられます。

また、VIASOカードは以下のようなかわいいデザインのクレジットカードが用意されているので、デザインにこだわりたい学生にもおすすめです。

年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 0.5%~1.0%
【PR】Sponsored by 三菱UFJニコス株式会社
公式サイトを見る
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 0.5%~10%
【PR】Sponsored by 三菱UFJニコス株式会社
公式サイトを見る
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 5 調査結果:1件
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 0.5 〜 1%
【PR】Sponsored by 三菱UFJニコス株式会社
公式サイトを見る
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 0.5%~10%
【PR】Sponsored by 三菱UFJニコス株式会社
公式サイトを見る
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 0.5%~10%
【PR】Sponsored by 三菱UFJニコス株式会社
公式サイトを見る

学生におすすめマイルが貯まるクレジットカード⑨JALカードnavi(学生専用)

JALカード navi(学生専用)
おすすめポイント
  • 期間中は年会費が無料!
  • 学生ならではの特典が充実!
  • カード付帯保険で旅行も安心
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 1.0%~2.0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 約2~3週間
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 非対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能

JALカードnavi(学生専用)は、その名の通りJALが発行しているクレジットカード。

100円利用ごとに1マイルが貯まるほか、入会後JALの航空機に初搭乗で1,000マイル、翌年以降も毎年初搭乗で1,000マイル、搭乗ごとのマイルは10%増量と、旅行好きには嬉しい特典が盛りだくさん。

さらに最大6割引のマイル数で航空券と交換ができる減額マイルキャンペーンを行っているうえ、在学期間中はマイルの有効期限がありません。

JALカードnaviは、マイルの貯めやすさ、使いやすさに特化したカードと言えます。

また卒業後にJALカードnaviをJALカードに切り替えて継続利用すると、卒業祝いとして2,000マイルが貰えるサービスも。

学生生活が残り少ない人にもメリットのあるカードとなっています。

ただ、利用限度額が10万円までと少なめなところは注意が必要。

旅先でのお買い物は、別のクレジットカードと複数枚持ちしてカバーするか、カード会社に一時増額の申請をした方がいいでしょう。

学生のためのクレジットカードの作り方

作りたいクレジットカードが決まったら、次はクレジットカードの申込みです。

ただ、いざクレジットカードを作ろうと決意しても、初めてのことだから何を用意したらいいのかわからない…。

そんな学生のために、クレジットカードの申し込み方、作り方についてご紹介していきます。

学生のためのクレジットカード申し込み方法

クレジットカードの申し込みってなんだか面倒くさそう…そんな印象はありませんか?

しかし、最近はWebでの申し込みが主流で、発行までの期間も短め。思いのほか簡単にクレジットカードを手にすることができるようになりました。

申し込みの際必要になるのは、主に以下のようなものがあります。

申し込みの際に必要な持ち物

  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)
  • 銀行口座(ゆうちょもOK)
  • 銀行印

このほか、学生であることを証明するために学生証が必要になることあります。

また、クレジットカードの申し込みの際によくある質問として、職業は「学生」と「アルバイト」のどちらを選べばいいのか、というものがあります。

確かに学生でアルバイトもしているなら、より収入のある「アルバイト」を選んだほうがいいのでは?と考えてしまいますよね。

しかし、ここは迷わず「学生」を選んでください。

「アルバイト」を選ぶと、学生専用クレジットカードを申し込むことができません。

その他のカードでも、社会人なのに収入が少ないと判断され、審査に不利になることもあります。

未成年がクレジットカードを申し込むには親権者の同意が必要

学生かどうかに関わらず、未成年者がクレジットカードを申し込む際には、親権者の同意が必要になります。

同意の方法はカード会社の定めによりますが、一般的に以下の2パターンになります。

親権者による同意の方法

  • 申し込みの際に同意書を添付する
  • 申し込み後、親権者あてに電話連絡が来る

いずれにしても、親権者に内緒でクレジットカードを作ることはできません。

もしどうしてもクレジットカードを作ることに反対されてしまうようなら、デビットカードという選択肢もあります。

デビットカードは銀行口座の残高を上限としてカードで支払いをすることができ、決済をすると即座に口座から利用額が引き落とされるという仕組みのカードです。

デビットカードであれば、ものによっては親権者の同意が不要ですので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

クレジットカードの作り方についてさらに詳しく知りたい方は、下記の記事もあわせてご覧ください。

初心者必見のクレジットカード作り方まとめ!初めてのカード選びに使える5つのコツを紹介
クレジットカードの作り方を知りたい人必見!クレジットカード発行の際のコツや初心者におすすめのクレジットカードまで、クレジットカードを作る前に知っておきたい情報が盛りだくさんです。

学生がクレジットカードを持つ際注意すべきこと

さまざまな場面で便利に活躍してくれるクレジットカードですが、使い方に注意しないと思わぬトラブルに発展してしまうことも。

ここではクレジットカードの使い方で特に気をつけてほしい点をご紹介します。

学生がクレジットカードを持ったら、使いすぎ・延滞に注意して!

クレジットカードで支払ったお金は、後日まとめて銀行口座から引き落とされます。便利な一方で、お財布の現金が減らないことからつい使いすぎてしまうことも。
 
これを防ぐためには、定期的に自分の家計を見直して、クレジットカードの支払いに回せる金額を把握し、それ以上の浪費をしないことが大事です。

この時うっかり忘れがちなのが、ネットコンテンツの利用費や習い事の月謝など、毎月なんとなく支払っているもの。

自分が思っているよりも出費は多いかもしれません。

毎月ギリギリでやりくりをしていて、「携帯の料金を払い忘れた」「家の電気が止まった」なんて笑い話にしている人は要注意です。

信用力で成り立っているクレジットカードを延滞すると、他のクレジットカードを作れなくなったり、住宅ローンの審査に通りにくくなったりと、その後の人生にも影響が出かねません。

一度失った信用を取り戻すのは大変です。社会人になってから困らないよう、クレジットカードの管理には十分気をつけていきましょうね。

学生にリボ払いやキャッシングは不要!クレジットカードは原則1回払いで

クレジットカードの支払い方法は1回払いや分割払いなどさまざまなものがありますが、中でも気をつけてほしいのが「リボ払い」

支払いを先延ばしにできるのでついつい使ってしまう人もいると思いますが、要はお金を借りているのと同じことです。

また、簡単に現金が手に入る「キャッシング」にも要注意。気軽な気持ちで使うと返済しきれなくなってしまうことも…。

リボ払いは学生にはおすすめできない

リボ払いにはいくつか種類がありますが、代表的なのは使った金額に関わらず毎月一定額を支払う方法です。

例えば月々の支払いが5,000円のリボ払いなら、ある月のクレジットカードの利用額が合計10万円でも、金利手数料などを含めて毎月5,000円だけを支払えばいいということになります。

一見、月々の負担が少なく済んで便利なように見えますが、この金利手数料がくせもの。

金利手数料は、その月の残高に応じた金額を支払う必要があります。

たとえば残高が10万円、金利手数料が年利15%の場合、10万円×15%=1万5,000円が一年分の金利手数料。これを12で割った1,250円がその月の金利手数料となります。

本人は5,000円を支払っているつもりが、実際に借りたお金を返せているのは5,000円から1,250円を引いた3,750円分のみということになります。

全額返済し終わるまでにかかる金利手数料は1万5,782円。一括払いよりもかなり損をしていることがわかります。

さらに、リボ払いの本当に厄介なところは、翌月以降もクレジットカード利用料をリボ払いにする癖がついてしまうこと。

先ほどの例だと既に9万6,250円の借り入れがある状態なのですが、毎月の支払いが少ないためについそのことを忘れてしまい、またリボ払いでショッピングをしてしまう…。

これを繰り返すとリボ残高は増え続け、月々の支払いも高額になり返済しきれなくなることも。

このようにリボ払いは管理が難しいため、なるべく使わないようにしましょう。

キャッシングは借金と考えて

現金を借り入れるキャッシングは、いわば借金。もちろん金利がかかります。

学生には不要と考えられ、どのクレジットカード会社も学生向けクレジットカードのキャッシング枠は0~10万円程度と、かなり低めに設定しています。

もしキャッシングをしなければならないような状況であれば、生活を見直す、ご両親に相談するなど、クレジットカードに頼る以外の方法を検討したほうがいいかもしれません。

学生に限らず、クレジットカードの現金化は絶対にやめましょう

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードで買った品物を現金化業者に引き渡し、代わりに現金を受け取るというもの。

一見、すぐに現金が手に入って便利なように思えますが、詐欺のような手口を使う業者もあり、関わりを持つのはリスクがあります。

たとえ現金を受け取れたとしても、手数料などさまざまな名目で金額は相当減額されてしまいます。

さらに、自分自身のクレジットカードで買物をするわけですから、支払いは翌月以降、全額自分に降り掛かってきます

そもそも、クレジットカード会社の規約で現金化は禁止されています。

もし発覚した場合、カード契約はもちろん解除。

今後クレジットカードを作る際にも影響が出かねません。

クレジットカードの現金化には、絶対に手を出さないようにしましょう。

学生のうちにクレジットカードを作っておこう!

以上のように、クレジットカードには学生のためのサービスや特典がたくさん用意されています。

学生のうちに作っておくことで、さまざまなメリットが受けられる
ということがわかっていただけたでしょうか。

使いすぎや延滞に気をつければ、クレジットカードは非常に便利でお得なもの。

あなたに合ったクレジットカードを上手に使って、楽しい学生生活を過ごしてくださいね。

監修者のプロフィール
岩田 昭男
消費生活ジャーナリスト 岩田 昭男

月刊誌記者などを経て独立。流通、情報通信、金融分野を中心に活動するが、メインはクレジットカード&デビットカード、電子マネーなど。とくにSuicaは2001年のサービス・スタート以来の愛好者で、通勤から買い物まで活用している。年に4回ほどクレジット&電子マネーのムックを出版しており、最新情報にも詳しい。2020年東京オリンピックを目指して始まったキャッシュレス促進の利用者側に立ったオピニオンリーダー。

岩田 昭男の監修記事一覧へ
監修者のプロフィール
風呂内 亜矢
ファイナンシャルプランナー 風呂内 亜矢

大手電機メーカー系SIerに勤めていた26歳のとき、貯蓄80万円しかもたずマンションを衝動買いしたものの、物件価格以外にも費用がかかることを知り、あわててお金の勉強と資産形成を始める。現在は夫婦で4つの物件を保有し、賃料収入を得ている。 不動産会社を経て、2013年ファイナンシャルプランナーとして独立。努力で実現する家計改善ではなく、仕組みやシステムで家計を良くする「ほったらかし」を得意とする。現在はテレビ、ラジオ、雑誌、新聞などで「お金に関する情報」を精力的に発信している。

風呂内 亜矢の監修記事一覧へ
執筆者のプロフィール
machi
MACHI

法律事務所、金融機関などを経て編集者に転身。マネ会ではライターとしてクレジットカードの記事を担当しています。愛用クレカは楽天カード。

MACHIの記事一覧へ

関連記事