更新日:

JCBカード10種類を徹底解説!年会費やポイント還元率、カードの特長を口コミを交えて紹介

JCBカード10種類を徹底解説!年会費やポイント還元率、カードの特長を口コミを交えて紹介

JCBは世界で唯一メイド・イン・ジャパンの国際ブランド。国内ではVISA・Mastercardに劣らない、高い知名度を誇ります。

国際ブランドであると同時にカード発行会社でもあり、自社のプロパーカード(JCB ORIGINAL SERIES)を発行しています。

JCBは、国産ブランドならではの「おもてなし」に満ちた特典や優待が豊富。プロパーカードにはさまざまな種類があり、上級カードへランクアップしていけるのも魅力です。

この記事では、JCBの概要、プロパーカードの特長・活用方法を徹底解説!実際に使っている人の口コミもご紹介します。

あなたに合うJCBカードを見つけるため、ぜひ参考にしてみてください。

【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー
監修者のプロフィール
菊地 崇仁
株式会社ポイ探 代表取締役 菊地 崇仁

北海道札幌市出身。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。約70枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。 一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

JCBの概要について

JCBは自社で発行するプロパーカードだけでも、ランク設定ごとに10種類発行。もちろん提携カードも、銀行系、流通系、交通系などさまざまなジャンルのカードを発行しています。

歴史も長く、国内の加盟店だけでも推定で1,000万店を越えていて、国内でクレジットカードの利用できるお店なら、ほぼどこでもJCBは利用できるといえます。

この数年で海外の会員数・加盟点数もどんどん拡大しており、世界で通用する日本ブランドであると同時にクレジットカード7大ブランドの1つとして知られています。

VISA・Mastercard…有名国際ブランドとJCBはどこが違うの?

VISAMastercardは「クレジットカード発行会社」ではないので、自社カードが存在しません。例えば日本におけるVISAの発行会社とは、VISAよりライセンス供与された、三井住友カードなどのことを指します。

それに対してJCBは国際ブランドであると同時に、カード発行会社です。自社のプロパーカード(JCB ORIGINAL SERIES)を発行していますし、提携カードはJCBのブランド提供を受けて発行しています。

また、日本産の国際ブランドということもあり、国内での優待や割引のキャンペーンも生活の身近なところに設定しており、かゆいところに手が届いたメリットが多いのも特長です。

JCBはQUICPayのサービス提供企業でもある

1961年の設立以来成長を続けたJCBは、2005年にFeliCaの非接触式ICカードを採用した電子マネーQUICPay」のサービスを開始しました。

QUICPayは電子マネーの1つで、コンビニなど利用できる場所も数多くあり、マークを見かけたことのある方も多いのではないでしょうか。

後払い方式であり、事前にチャージしたりオートチャージ設定をしたりする必要がありません。急いでいるときにサッと会計できるスピーディーさが便利です。

JCBカードのプロパーカードでは、別途QUICPayカードを発行し、JCBカードをQUICPayに紐づけることができます。クレジット機能と電子マネー機能を使い分けながら利用でき、請求はJCBカードで合算されます。

さらにJCBゴールドならクレジット・QUICPay一体型を選ぶことも可能です。

JCB・プロパーカード10種類をご紹介!各カードの特長とは

ここでは基本情報とあわせて、各JCBプロパーカードの特長を解説。どのような違いがあるかに注目してみてください。

一般からプレミアムまでランク分け!JCBプロパーカード

JCBプロパーカードはスタンダード、ゴールド、プレミアムのランク別に10種のカードが存在しています。

最も標準的なJCB一般カードをはじめ、高校生を除く学生や新社会人でも入手しやすいJCB CARD W / JCB CARD W plus L。

20代限定の若年層向けカードJCB CARD EXTAGE。さらに、2018年9月に新たに加わったリボ払い専用のJCB CARD Rを入れた5種がスタンダードカードに属しています。

ゴールドカードはJCBゴールド、 JCB GOLD EXTAGE、JCBゴールド ザ・プレミアの3種。

最後にプレミアムカードは、審査の条件をクリアできれば招待メールなしでも入手できるJCBプラチナ。そして、最高峰の利用可能額とプレミアムな付帯サービスを誇るJCBザ・クラスの2種です。

各ランク別のカードの特長を簡単に表にまとめると、以下のようになります。

クラス カード名称 特長
スタンダードカード JCB CARD W 18歳~39歳以下限定
JCB CARD W plus L 18歳~39歳以下の女性向け
JCB CARD EXTAGE ・若年層向け
・カード入会月から3か月間、通常ポイントの3倍で還元率1.5%
JCB一般カード ・最もスタンダードなカード
・パートナー店舗でポイント還元率アップ
JCBカード R ・2018年9月デビュー 
・リボ払い専用JCB ORIGINAL SERIESカード
ゴールドカード JCB GOLD EXTAGE 若年層向けゴールドカード
JCBゴールド 空港ラウンジ、トラベルサービス、健康・介護・育児などに関する無料電話相談、充実した保険など特典充実
JCBゴールド ザ・プレミア ゴールドと同じ年会費で、特典や優待はプラチナ級
プレミアムカード JCBプラチナ インビテーション(招待)なしでも作れる

JCB ザ・クラス JCB最上位カード

では、各カードについて詳しく見ていきましょう。

JCBカードのデビューに最適!JCB CARD W

JCB CARD W
おすすめポイント
  • WEB入会限定カード
  • 年会費永年無料!
  • ポイント還元率は常に2倍以上
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.1 〜 2%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 1週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCBデビューに最適。若い世代を応援する特典や優遇が多いクレジットカードです。

入会条件は、高校生以外のご本人または配偶者に安定継続収入のある18歳以上39歳以下の人なら申込みが可能です。さらに、本人だけでなく家族カードも対象期間内(申込者が40歳になるまで)は、同じ条件が適用されます。

なお40歳を過ぎても別のカードに切り替えられることはなく、そのままJCB CARD Wを利用し続けることが可能です。

他にも、このカードだけの特長を以下に整理します。

Oki Dokiポイントは常に2倍。入会キャンペーン利用なら入会後3ヶ月は4倍!

JCB CARD Wでは、Oki Dokiポイントが常に通常のJCBカードの2倍、1,000円で2ポイント付与されます。さらに期間限定の新規入会キャンペーンを利用すれば、倍の1,000円で4ポイント、還元率にして2.0%になります。

また、パートナーポイントプログラム(※)に登録しているポイント優待店にてJCB CARD W払いにすると、さらにポイントが加算されます。この特典はJCB CARD Wを所有して利用し続ける限りずっと続きます。

(※)WEB明細サービス「MyJチェック」に登録後、専用サイトを経由したショッピング利用分が対象


海外でのショッピングガード保険が上限100万円

年会費無料のカードの中では破格の保障額となります。補償額上限以外はJCBプロパーカードと条件は同じ、利用付帯です。

補償の対象 補償期間内にJCBカードで支払いした物品が購入日(配送等による場合には物品の到着日)から90日以内に偶然の事故によって損害を受けた場合
補償額上限 海外100万円限度
自己負担額(免責) 10,000円

JCB CARD Wについて、マネ会編集部に寄せられた口コミを一部ご紹介します。

(女性/30代/学生/年収:200万円未満)

日本のスターバックスでよくコーヒーを飲みますので、そこでポイントが貯まること、またコンビニのセブンイレブンは非常によく使いますので、小さな買い物でもつもり積もったら結構ポイントが貯まったりしていて、とてもお得感を感じます。

(女性/20代/会社員/年収:200〜400万円未満)

インターネットショッピングをするときはokidokiサイトを経由して買い物をするようにしています。これだけで、普段の買い物にさらにポイントが加算されるので、お得なポイント制度だなぁと思います。また旅行によく行くので、旅行にもポイント加算がありあるところも魅力的です。

やはり、ポイント還元率の高さにひかれて入会した方が多いようです。ネットショッピングでは、Oki Dokiモールを活用することもポイントですね。

JCBポイント優待サイト Oki Doki ランドを活用しよう!
JCBが運営するポイント優待サイト「Oki Doki ランド」ポイントアップキャンペーンを活用する事で、効率よくポイントを貯める事ができますが、実際にはどのようなサービスになっているのか知らない方も多いはずです。そこで、今回は、JCBのポイント優待サイト「Oki Doki ランド」についてご紹介します。

Wに女性向け特典をプラスしたJCB CARD W plus L

JCB CARD W plusL
おすすめポイント
  • 年会費無料
  • 月額290円で女性疾病保険が利用可能
  • 女性向けの優待が充実
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.1 〜 2%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 1週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCB CARD plus Lは、JCBCARD Wの特典にプラスして、女性向けの優待や保険が準備されている女性向けのカードです。

JCB CARD W plus Lの優待・保険

JCB CARD W plus L限定女性疾病保険
月額290円から、乳がんや子宮がん、子宮筋腫、妊娠の合併症など、女性特有の病気で入院した場合は、通常の倍額の入院保険金をお支払い。また、手術保険金も上乗せしてお支払いします。

お守リンダ(トッピング保険)
女性特有のがんに備えた保険に月額30円。また、ひったくりやストーカーに備えた保険に月額100円から入会することができるなど、小額の掛け金で女性に嬉しい「安心」に備えた保険が利用できる、それが「お守リンダ」です。

LINDA リーグ(優待店)
JCBが運営するサイト、キレイのプロ「LINDAリーグ」に参加する様々な企業から、提供される特典やプレゼントが当たるキャンペーンを毎月開催中。
ロクシタン、ネイルクイック、資生堂 dプログラム、ABISTE、JCBトラベルなどのコスメ・アクセサリー・トラベル特典。映画鑑賞券や試写会のプレゼントに応募できる「シネマLINDA」も同サイトから利用できます。

LINDA MAIL(メルマガ)
定期的に配信される「LINDA MAIL」では、得な情報はもちろん、メルマガ会員限定のプレゼントや、その場で結果が分かる抽選ゲームなどがあります。

なお、JCB CARD W/W Plus Lともに解約時の手数料等は発生しません。

学生・新社会人の方がJCBカードを選ぶなら!JCB CARD EXTAGE

JCB CARD EXTAGE
おすすめポイント
  • 29歳以下限定の年会費無料カード!
  • 29歳以降でも最高5年間年会費無料!
  • 海外の利用ではポイントが2倍に
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.1 〜 2%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 1週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

学生や新社会人のクレジットカードデビューに最適。EXTAGEだけのポイント優待サービスのコスパが高いのが特長です。

入会条件は、高校生以外のご本人または配偶者に安定継続収入のある18歳以上29歳以下の人なら申込みが可能です。EXTAGEの特長を整理します。

EXTAGE所有期間は年会費がずっと無料

発行から5年後の更新時期を迎えると、JCB CARD EXTAGEはJCB一般カードに自動移行されます。年会費は1,250円(税別)です。ちなみに29歳で申し込みをされた場合も5年後の更新時期まではEXTAGEカードのまま利用できます。なお、途中解約をした場合は、解約手数料2,000円(税別)が発生します。

独自のポイント優待サービスが5年間続

入会後3ヵ月以内はOki Dokiポイント3倍の1.5%還元、4か月目以降からは1.5倍となります。翌年以降はJCB一般カードと同じ基本レート(0.5%)に戻るのですが、年間で20万円以上のお買い物実績があれば、翌年も1.5倍のまま利用できます。

Oki Dokiポイントボーナス

さらには海外で利用するとOki Dokiポイントは2倍還元。この特典はカードを所有している限りずっと続きます。

ベーシックで万人向け!JCB一般カード

JCB一般カード
おすすめポイント
  • オンライン入会で初年度年会費無料!
  • 国内・海外旅行保険は最大3000万円!
  • 海外の利用ではポイントが2倍に!
年会費 無料
次年度以降 1,250円
ポイント還元率 0.5%~2.5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 1週間
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

日本が誇る、国際ブランドJCBのフラッグシップカード。入会条件は、高校生を除く18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある方となっています。上手に使うことで、利用可能額やポイント還元がどんどん向上していく育成型カードのベーシックタイプです。

JCB CARD EXTAGEからJCBカードデビューした方にとっては、一般カードが2枚目のカードになる方もいると思います。

利用金額によって年会費がずっと無料になる

オンライン入会なら年会費が初年度は無料。年50万円以上のショッピング利用があれば翌年度の年会費が無料となります。1年の集計期間は毎年12月16日から翌年12月15日まで。

合計利用金額は本会員だけでなく、家族カードの利用分も集計されます。クレジットカードは長く利用し続けるものですので、有利な条件で使い続けてくためにも、この仕組みは覚えておきましょう。

JCB一般カードについての口コミ・体験談を、一部ご紹介します。

(男性/20代/会社員/年収:200〜400万円未満)

アマゾンやセブンイレブンなどのポイントが貯まるためお得感を感じています。毎週のようにコンビニやネットショッピングを利用するためポイントの恩恵を受けることができます。

また年会費はかかってしまいますが、年間50万円以上利用することで無料になるサービスもお得感に感じています。他のクレジットカード会社では同じようなサービスは提供していないので、できる限り50万円以上の利用をするようにしています。

(女性/30代/会社員/年収:200〜400万円未満)

JCB一般カードの活用術はやはりアマゾンでの買い物時に使用すると言うことです。ポイントが三倍です。また同様にセブンイレブンでの買い物もポイントが3倍です。なのでポイントを貯めやすいカードであると言うことです。

ポイントはedyに変えることが出来たり、マイルに変更することが出来ます。なので私は良く海外に旅行に行くのでポイントをマイルに変更して使うようにしています。

口コミを見ると、Amazonやセブンイレブンなど、ポイントが貯まりやすいショップでの買い物に使う方が多いようです。JCBカードを使って、どんどんポイントを貯めていることがわかりますね。

ポイントが常に4倍!リボ専用JCB CARD R

JCB-CARD-R
おすすめポイント
  • 年会費はずっと無料
  • 海外旅行にも最適な付帯保険
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.1 〜 2.5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 7営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能

2018年9月に新たにJCBプロパーカードに加わった、リボ払い専用カードです。年会費が永年無料、ポイントは常に4倍、入会資格は高校生をのぞく、18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある方だけとなっています。

お買い物とポイント還元に特化したカードに思われるかもしれませんが、Oki DokiランドとJCB ORIGINAL SERIESパートナー経由のポイントアップが使えて、海外旅行保険は最大2,000万円までなど、他のスタンダードカードとほぼ同じ保障や優待を利用できます。

注意点は以下のとおりです。

JCB CARD R申し込みの注意点

  • カードランクはスタンダードカードですが、JCBスターメンバーズのボーナスポイント対象外のカードとなります。

  • このカードでは、お買い物時に1回払いを指定した場合でも、自動的にショッピングリボ払いとなります。ただし、JCB提供の有料付帯サービスの年間サービス料、電子マネーチャージ、モバイルSuica、JRAダイレクト、スポーツくじ(toto・BIG)、エステティックサロン、外国語学校、OAスクール、結婚相談所、家庭教師派遣などの一部加盟店でのご利用分は、ショッピング1回払いとなる場合があります。

  • ショッピング2回払い・ボーナス1回払い・ショッピング分割払い・ショッピングスキップ払い・国内キャッシング1回払いは選択できません。

リボ払いのお支払い情報は公式サイトにてご確認ください。

保険・ラウンジなど特典充実!JCBゴールド

JCBゴールド
おすすめポイント
  • 空港ラウンジサービスやグルメ優待サービスなど、充実したサービス付き!
  • 最高1億円の旅行保険が付帯!
  • ポイント互換性の高いOkiDokiポイントが貯まる!
年会費 無料
次年度以降 10,000円
ポイント還元率 0.5%~2.5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 1週間
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

スタンダードカードで利用実績を積み重ね、お得意様になると、定期的にJCBゴールドカードへの招待メールが届きます。

ポイント特典、付帯保険、空港ラウンジ、お店での優待など、さまざまな機能がアップする上級カードです。

Oki Dokiポイントの有効期限が最大5年間に延長

JCBゴールドに昇格すると、Oki Dokiポイントの有効期限がポイント獲得月より2年間から、3年間に延長。スタンダードカードよりポイントがたまりやすくなるので、高額なポイント商品との交換やサービスの利用が狙えます。

また、スタンダードカードでは対象外であったJCBスターメンバーズの最高ランク、ロイヤルα PLUSが解禁となります。ロイヤルα PLUSのランクに到達すると、ゴールドは、お買い物金額で付与されるポイントに対して60%加算されます。

国内の主要空港・ハワイ・ホノルル国際空港の空港ラウンジ利用可能

飛行機の搭乗前、または到着した空港で利用できる空港ラウンジ、ゴールドカード会員は無料で利用することができます。同伴の方も、空港ラウンジが定める同伴者料金にて利用可能です。

空港ラウンジ

国内29空港(新千歳・函館・青森・秋田・仙台・新潟・小松・富山・成田・羽田・中部国際・関西国際・伊丹・神戸・岡山・広島・米子・山口宇部・高松・松山・徳島・北九州・福岡・大分・長崎・熊本・鹿児島・那覇) および ホノルル国際空港のラウンジが対象となります。
 
JCBトラベルデスクで海外パッケージツアーにお申込みのうえ、本項で取り上げているゴールドカードで支払えば手荷物無料宅配券(往復分)サービスが利用できます。

ではここで、実際にJCBゴールドを利用している方の口コミ・体験談を一部ご紹介します。

(男性/30代/会社員/年収:600〜800万円未満)

JCBゴールドカードに入会した目的は、家族での東南アジア旅行がきっかけでした。このため、海外旅行傷害保険に加入できましたし、海外航空機遅延保険にも加入できましたから補償の面では安心感を持つことができました。また、空港では専用ラウンジサービスを利用することができたため出発前のひとときをリラックスして過ごすことができました。

(男性/20代/会社員/年収:200〜400万円未満)

JCBグルメサイトの対象の店舗から割引サービスを受けることができるのでお得感を感じています。他のクレジットカードではこのようなサービスは少なく、対象店舗も多いことから利用するメリットがあります。数万するようなお店だけではなく、5000円以内のお店も多数取り扱っているので印象が良いです。

また、ゴルフコンペや有名ゴルフ場などの予約もスムーズにできるのでお得感を感じています。国内の人気ゴルフ場になるので、ゴルフをする人にとってはお得です。

JCBゴールドの利用者の方は、カードに付帯されている多種多様な特典を評価しているようです。旅行・グルメなど、ライフスタイルに合わせてうまく活用したいところですね。

JCBゴールドには、この他にもたくさんの特典があります。もっと知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

JCBゴールドカードは保険と6つの優待が魅力的!ポイント制度や気になる審査も解説
ステータス性と実益を兼ね備えたゴールドカードが欲しいなら、JCBゴールドカードは要注目!保険・空港ラウンジなど旅行はもちろん、グルメやスポーツでも使える優れた機能があるクレジットカードです。JCBゴールドカードに秘められた数多くの魅力に迫ります。

ゴールド保有者の中から一部の方をご招待!JCBゴールド・ザ・プレミア

カード名 JCBゴールド ザ・プレミア
券面画像
年会費(税別) ・10,000円+サービス年会費5,000円
旅行障害保険 海外:最高1億円
国内:最高5,000万円
ポイント還元率 ・0.6%~0.85%
※スターメンバーズのランクで変わる
招待条件 JCBゴールドで2年連続で100万円以上利用している方を招待
→ゴールドの特典と一部プレミアの優待を利用可能
備考 ・年間100万円(税込)以上の利用でサービス年会費無料

JCBゴールドで2年連続で100万円以上を利用した方だけが招待される、特別なゴールドカードがこちら。主な機能はJCBゴールドと同じですが、以下の特典がプラスされます。

  1. 世界1,200カ所以上の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パス
  2. 厳選されたホテル・旅館に宿泊するJCBプレミアムステイプラン
  3. JCB京都Loungeの利用権
  4. 食事の利用代金・コース料金が30%割引となるダイニング30

ゴールド・ザ・プレミアになると年会費が5,000円プラスとなりますが、年間100万円以上利用すれば、追加分の年会費は無料となります。

20代限定のゴールドカード!JCB GOLD EXTAGE

JCB GOLD EXTAGE
おすすめポイント
  • 初年度年会費無料
  • 最高5,000万円の旅行保険が付帯!
  • ポイント互換性の高いOkiDokiポイントが貯まる!
年会費 無料
次年度以降 3,000円
ポイント還元率 0.1 〜 2%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 通常1週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 非対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

20代でゴールドカードを持ってみたい、でも審査に通過できるか不安……そんな方におすすめなのが、JCB GOLD EXTAGE。JCBゴールドの20代限定バージョンです。

JCBゴールドに比べ、年会費が1/3程度と安いです。海外旅行傷害保険が最高5,000万円と本家ゴールドの半額ですが、年会費を考えればそれでもお得でしょう。


カード審査も20代を想定しているため、比較的審査にパスしやすいと考えられます。ただし学生の方は入会対象外です。

招待状なしで申し込み可能!JCBプラチナ

JCBプラチナ
おすすめポイント
  • 24時間・365日対応のコンシェルジュサービスが充実!
  • 最高1億円の旅行保険が付帯(自動付帯)!
  • ポイント互換性の高いOkiDokiポイントが貯まる!
年会費 25,000円
次年度以降 25,000円
ポイント還元率 0.1 〜 1%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 1週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

2017年10月から発行開始したJCBプラチナは、インビテーションなしで申し込めるプラチナカードです。JCBゴールドや、JCBゴールド・ザ・プレミアをさらに上回る豪華特典が満載!

プラチナ会員が利用できるプレミアムな特典の数々!

プラチナ会員から、通常のルートではできない予約や手配に応えてくれる、コンシュルジュデスクを利用することが出来ます。旅行障害保険の上限も海外・国内の両方とも1億円までの保障となります。

その他の優待や特典は以下のとおりです。

特典名称 概要
プラチナ・
コンシェルジュデスク
・通常では取れないチケット、レストランやホテルの予約などコンシュルジュが24時間365日対応
・JCBプレミアムステイプランのホテルや旅館の予約
グルメ・ベネフィット 
・有名レストランで指定するコースメニューを2名以上で利用した場合、1名分のコース料金が無料となる特典
プライオリティ・パス ・別途申し込みは必要
・世界130の国と地域、約500の都市で1,200ヵ所以上の空港VIPラウンジを無料で利用できるパス
・年会費、1回ごとの利用料等はJCB
ダイニング30 ・対象店舗の飲食代の合計またはコース料金が30%割引
JCB LOUNGE京都 利用可能
旅行傷害保険 海外: 最高1億円 
国内: 最高1億円 
国内・海外の航空機遅延補償: 乗継遅延費用2万円 寄託手荷物紛失費用保険:4万円

プライオリティ・パスのお申し込みができるカードは、JCBゴールド・ザ・プレミア、JCBプラチナ、JCBザ・クラス、JCBプラチナ法人カードのみです。

申し込み詳細は会員専用WEBサービス、MyJCB(マイジェーシービー)をご参照ください。

JCBプラチナについて、マネ会編集部に寄せられている口コミ・体験談の一部をご紹介します。

(女性/20代/会社員/年収:600〜800万円未満)

JCBプラチナクレジットカードを所有している方だけが利用できる会員専用のデスクを24時間利用することができるような仕様となっています。これが本当に便利に感じています。

年会費無料のクレジットカードにも同じような優待サービスが付帯しているものがありましたが、混みあって使うことができませんでした。私は旅の手配は効率よく短期間で行いたいと考えているタイプの人間なので、このように待たされることには慣れていませんでした。

その点、JCBプラチナクレジットカードはそのようなことが一度もないので、非常に優遇されている気がします。年会費がプラチナ故にちょっと高いですが、ストレスフリーで利用できるので問題ありません。

(男性/40代/会社員/年収:1,000万円以上)

海外に行く頻度が高い人、ディズニーランドが好きな人、京都へよく行く人、接待を良くする人、などの目的がある人にとっては価値があると思います。他のプラチナカードより年会費が安いほうなので持っていて損は無いと思います。

個人的にその上のザクラスを取得するためには必要な道であるため、まったくそんはなく、むしろお得な一枚であると思います。

口コミを見ると、プラチナカードならではの特典を活用していることがわかります。またやはり、最高峰であるJCB ザ・クラスを目指して保有する方もいるようですね。

JCBカードの最高ランク!JCB ザ・クラス

カード名 JCB ザ・クラス
券面画像
年会費(税別) 50,000円
家族カード 8名まで無料
旅行損害保険 海外:最高1憶円
国内:最高1憶円
備考 ・ゴールドカード以上で利用実績に応じてインビテーションが届く
※JCB GOLD EXTAGEは除外
・利用枠はメンバー個別に設定

ザ・クラスはJCBの最高峰に君臨するカード。限られた方だけが招待によって入会できるブラックカードです。

JCB ザ・クラスを手に入れるためには、まずはゴールドカード以上のカードに入会またはステップアップする必要があります。

JCBザ・クラスのインビテーションは、JCBゴールドカード、JCBゴールド・ザ・プレミアとJCBプラチナカードを保有する会員で、一定以上の利用実績がある方に送付されます。

これ以外の情報は、ほとんど公表されていません。招待について謎のあるこのカードに興味をひかれる方も多いようです。

選ばれたザ・クラス会員だけの特典

ザ・クラスなら、グルメ、旅行、レジャーや大切な人のお祝いや記念日などの凝った演出まで、コンシュルジュデスクに相談すればかなえてくれる。今までとは違った光景・体験がそこにあるはずです。

特典名称 概要
ザ・クラス・
コンシェルジュデスク
・通常では取れないチケット、取れないレストランやホテルの予約などコンシュルジュが24時間365日対応
メンバーズセレクション ・年1回各コースに応じたギフトを受け取れる 
特選ギフトコース: 
JCB選りすぐりの品々をプレゼント
テーマパーク&トラベルコース: 
東京ディズニーやUSJの特別チケット 
グルメ&ステイコース:
ホテル宿泊、レストランコース料理
ゴルファー保険 ・損害賠償責任補償 最高1億円
・傷害死亡・後遺障害補償 最高100万円
・傷害入院補償 1,500円/日
・傷害通院補償 1,000円/日
・ゴルフ用品損害補償 最高5万円
・ホールインワン・アルバトロス費用
最高10万円(国内のみ)

JCBカードの6つのメリット

国内ブランドとしては老舗といえるほど歴史と知名度があり、ニーズに合わせたカード選びができるのが特長です。

「お買い物はネット通販が多い」、「一人暮らしなのでコンビニに利用頻度が高い」、「車を使うことが多いのでガソリンスタンドをよく利用する…」など。

JCBならあなたの普段の生活スタイルや、好きなことに合わせて、豊富なプロパーカードや提携カードの中から見つけることができます。

1.JCBカードで貯まるのは、還元も交換も得なOki Dokiポイント

JCBカード支払いで買い物をすると「Oki Dokiポイント」が利用金額1,000円ごとに1ポイントたまります。たまったポイントはよく使うお店・サービスのポイントに移行できたり、景品やギフトカードと交換したり、キャッシュバックを受けたりすることができます。

また、JCBが運営するポイント優待サイト「Oki Dokiランド」を経由してお買い物をすれば、期間限定で最大20倍のポイントを獲得することもできます。

さらなるポイントアップに便利なのが、プロパーカード会員だけが特典を受けられる、全国にあるパートナー店舗「JCB ORIGINALSERIESパートナー」。

こちらでJCBカードを利用すると、OkiDokiポイントが最大で5倍たまります。スターバックスで5倍・セブンイレブンで3倍など、有名店も含まれるので見逃せません。

JCBスターメンバーズについて

JCBのポイントプログラムには、「JCBスターメンバーズ」というランク制度もあります。1年間の利用金額に応じたメンバーズランクに応じて翌年のポイント優待率を10%から最大70%までアップさせることが可能です。

コツとしては、家族カードなどを利用すると利用額をまとめられるのでランクが上がりやすくなります。

年間利用額 JCBスターメンバーズランク ポイント優待率
30万円以上、50万円未満 スターePLUS 10%UP
50万円以上、100万円未満 スターβPLUS 20%UP
100万円以上 スターαPLUS 50%UP

JCBのポイントプログラムについては、以下の記事に詳細な解説があります。もっと詳しく知りたい方はご参照ください。

JCBカードのポイント還元率まとめ!賢いポイントの貯め方とは?
クレジットカード選びの重要な要素を占めるポイント還元率。利用金額に応じて貯まるポイントには、キャッシュバックや景品交換などのお得な使い道が用意されており、それを一番の目的として、クレジットカードを利用されている方も多いはずです。そこで今回は、日本国内で人気の国際ブランド、JCB発行のクレジットカードのポイント還元率について詳しく解説します。

2.多彩な支払い方法で無理なくお買い物が楽しめる

基本となる1回払いから、後から希望金額だけの支払いに切り替えられる「支払い名人」など、利用者の状況に合わせて無理のない支払いを選べるのがJCBカードの特長です。

利用代金は、毎月15日に締め切り、翌月10日(土・日・祝日の場合は翌営業日)に指定の銀行口座より引き落とし。支払い金額は、MyJCBの「カードご利用状況」内の「カードご利用代金明細照会」で確認ができます。

支払い方法 内容
ショッピング1回払い 締切日(毎月15日)の翌月10日に支払い
JCBショッピング2回払い 締切日(毎月15日)の翌月10日と翌々月10日の2回に分けての支払い
JCBボーナス1回払い 買い物の金額を、夏または冬のボーナス月に一括での支払い
支払い名人 ・毎月の支払い金額(元金)を自分でコントロール
・お店で「1回払い」と指定したものが自動的にショッピングリボ払いになる支払い方法
JCBショッピングリボ払い 利用金額や件数にかかわらず、 毎月一定の元金に手数料を加えての支払い
JCBショッピング分割払い 利用金額と手数料の合計を、希望の回数に分けての支払い
JCBショッピングスキップ払い ・ショッピング1回払いの支払い月を、あとから指定の支払い月(最長6ヵ月先まで)に変更できる
・利用金額と手数料の合計を指定月に一括で支払う方法

3.JCBカードを利用するほどランクもアップ

プロパーカードである、JCB ORIGINAL SERIESを選ぶ楽しみの一つが、育成型のカードであること。利用者の使用頻度や利用金額が増えるにしたがって、クレジットカードのステータスが上昇し、付帯サービスも充実していきます。

カードのランクアップとあわせて、ステータスの高いクレジットカードでしか味わえないスペシャルな体験ができるようになる…将来の楽しみが増えていく仕組みなのです。下記のイラストでモデルケースを見てみましょう。

JCBカードがRankUpするイメージ画像

スタートは、新社会人デビューのタイミングでJCB一般カードやJCB CARD EXTAGEなどのエントリーカードに新規入会。大学入学のタイミングで持つならJCB CARD WかW Plus Lがおすすめです。

20代のうちに1段階ランクアップしてJCBゴールド・JCB GOLD EXTAGEを持っていれば、利用状況次第でワンランク上のゴールドカードJCBゴールド ザ・プレミアへの招待メールが届きます。

20代を過ぎても、ライフイベントなどでJCBカードを活用して利用実績を着実に積み上げれば、JCBゴールドカードへのランクアップは難しくはありません。30代を超えてから申し込むなら、JCBプラチナもおすすめ。

さらに、JCBゴールド ザ・プレミアやJCBプラチナの利用状況によっては、JCBブランドの最高峰クレジットカード、JCBザ・クラスへのステップアップがみえてきます。

また、カードのランクだけでなく、ポイントシステムも育ちます(※)。たとえば、スタンダードなら10%から50%にアップ。プレミアムカードであれば、最大70%までアップします。

カードランク スタンダードカード ゴールドカード JCBゴールド・ザ・プレミア/プレミアムカード
スターe PLUS 10% 10% 20%
スターβ PLUS 20% 20% 30%
スターα PLUS 50% 50% 60%
ロイヤルα PLUS - 60% 70%
(※)JCB GOLD EXTAGE、JCB CARD EXTAGE、JCBCARD W、JCB CARD W plus L、JCBCARD Rは対象外

3. 暮らしの中のお買い物で、無理なくポイントアップ

普段のお買い物スタイルに合わせて皆さん上手にポイントアップをしているようです。寄せられた口コミとあわせて例をみてみましょう。

(20代/女性/会社員)

Amazonでもポイントがたまるので、欲しいものがAmazonにあれば、わざわざ店に行かずに、ポイント重視でネットからAmazonで注文するようにしています。後はコンビニに行くなら必ずセブンイレブンにして、ポイントを倍もらえるように意識するようになりました。

ネット通販ではAmazon以外にも楽天市場、量販店系のビックカメラ.comなどリアル店舗を利用したことがあるお店のネット通販がきっとあります。

ガソリンの給油でもポイントがたまる

(30代/男性/会社員)

昭和シェル石油でガソリンの給油をしていたことが大きな決め手です。JCBカードを利用してこれらのお店で買物をしたり給油をすると通常利用よりも多めのポイントが獲得でき、ポイント還元率が1%以上となるのでお得に買物ができると感じたからです。他にもワタミなどでもポイントが多めに獲得できるのが気に入っています。

昭和シェル石油以外にも、キャンペーンへの参加登録でENEOS、エッソ、モービル、ゼネラルのSSでの給油時にOki Dokiポイントが2倍になります。これで日本全国のメジャーなガソリンスタンドでポイント還元することができます。

他にもポイント優待サイト「Oki Dokiランド」経由でOki Dokiポイントが2倍から期間限定で最大20倍まで貯めることができます。ぜひチェックしてみてください。

4. JCBカードにはディズニー特典もある

JCBカードを選んだ理由としてクチコミ等でも多くの声があがるのが、JCBはディズニー関連の特典や優待が手厚いということ。それもそのはず、JCBは1988年より東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーになっています。

そのため、JCB会員になれば、ディズニーの特典が利用できるのです。ここでは、ディズニーファンにはたまらない特典や優待について説明します。

1.JCBマジカルへの参加権

毎年定期的に開催される、JCB会員だけの東京ディズニーランド貸し切りイベントやパークの入園とディズニー公式ホテルの宿泊がセットになったツアープランへの無料招待など、豪華プレゼントに抽選で応募できます。

キャンペーン本編の抽選にはずれた方にも、Wチャンス賞としてJCBマジカル・オリジナルグッズも当たります。

2.入園保証パークチケットへのポイント交換

JCBカードのお買い物でたまるOki Dokiポイントで入場を希望するパークの入場チケットと交換出来ます。1,500ポイント単位で1枚、最大3枚まで交換可能です。重要なのは、パークが混雑している日でも入場できる入園保証付きのチケットが手に入るということ。

2018年3月より東京ディズニーリゾートの年間パスポート全種の制度が変わりました。価格が安くなったかわりに使用不可日が設定され、年間パスポートを持っていても入れない日が出現しました。

どうしても、年間パスポート使用不可日のイベントやパレードを見たくなった時、事前にOki Dokiポイントと交換でチケットを入手しておけば確実に入園できます。

また、ギフトとしてディズニーリゾートのチケットを贈るときも入園保証なら喜ばれます。これはJCBカードを持っている方のみに与えられた特典。ディズニーファンであれば、これだけで入会する理由になりますよね。

口コミでも下記のような声が寄せられています。

(20代/会社員/女性)

ネットからディズニーランドホテルのキャラクタールームのホテル予約をするためにJCB一般カードを使っています。また、ディズニーホテルのミラコスタの宿泊予約にも使っています。

わざわざ店舗に行かなくても、ネットで手早く簡単に予約がとれるから、行く手間も時間もはぶけるのですごく楽だしそれでいて、特別な部屋の予約がとれるので得した気分になれます。

JCB独自の会員優待や制度を活用すれば、今まで以上にディズニーの魅力を手軽に味わうことができます。

5. ハワイはJCB天国!

海外の主要都市や人気リゾート地の中で、特に日本人に人気が高いのがハワイ。ハワイはJCBカード会員でよかったと実感できる海外エリアの一つです。利用できる常時サービスと期間限定のサービスの一部を表にまとめました。

名称 内容 備考
ワイキキ・トロリー
乗車賃無料
JCBカード提示で、ハワイのワイキキ・トロリー(ピンクライン) の乗車賃が無料 ・ご本人様と同乗のご家族大人1名様、子供2名様(11歳以下)まで対象。(2019/03まで)
JCBプラザ ラウンジ・ホノルル  現地でのレストラン予約から、緊急時のサポートまで、日本語で年中無休にてサポート ・共通サービス
・ラウンジサービス
JCBハワイガイド 旅行中にはオフラインで使える専用アプリ ・JCB優待情報を掲載。画面を提示するだけで優待が利用可能 
・ワイキキ・トロリーの運行状況をリアルタイムにチェック可能 オフライン環境でハワイ全島のマップがチェック可能

ハワイ滞在のリピーターの方にも好評なのが、JCBプラザ ラウンジ・ホノルルの使い勝手のよさ。休憩スペースとしてだけでなく、個人旅行で行った際のホテル予約、無料Wi-Fiの利用や当日中の手荷物預かりが利用できます。

施設を上手に活用して、手ぶらでハワイ観光やお買い物を楽しんだり、カードの紛失などアクシデントが起きたときに相談できる場所があるのは心強いですね。共通サービスとラウンジサービスで利用できることをまとめます。

共通サービス

  1. JCB加盟店情報・観光情報のご案内。
  2. ホテル・レストラン・オプショナルツアー・各種チケットの予約サービス。
  3. カードの紛失・盗難にあった際は緊急サービス対応でカードの即日発行も可能。
  4. 施設内のWi-Fiを無料で利用できる。

ラウンジサービス

  1. インターネット、プリントアウト無料サービス
  2. 日本語新聞、雑誌の閲覧
  3. 現地ガイドブック、情報誌の閲覧
  4. 館内でのフリードリンクサービス
  5. マッサージ機
  6. レンタル傘サービス
  7. 貴重品や金券以外のお荷物預かりサービス(当日中)

初めてハワイを訪れる人もリピーターの人にも、JCBの手厚いサポートが現地で過ごす時間の快適度や便利さを高めてくれますので、ぜひ利用してみてください。

(30代/主婦/女性)

海外での使いやすさは他のカード会社よりは、ダントツ一番いいと思います。カスタマーセンターの対応も非常に良いので、電話しやすいと思います。

海外での買い物は常にJCBカードを使っており、主にJCBカードばかりを使っていて、海外でもカスタマーセンターに聞きやすいので非常に便利に使えています。

6. もちろん海外旅行のサポートも充実!世界中にあるJCBプラザやラウンジを利用できる

もちろん、海外旅行のサポートはハワイだけではありません。ディスカバーカードとの提携で、北米本土地域ではディスカバーカード加盟店ならJCBカードは基本的に利用できます。

さらに、世界60箇所で展開しているJCBプラザ、その中の主要都市9箇所にはJCBプラザラウンジを運営しています。下の表に記載されている都市やリゾート地で、滞在中のサポートや緊急時のヘルプとなるサービスを提供しています。

名称 内容 備考
JCBプラザ ラウンジ 世界の主要都市9ヵ所にて
サービス提供中
・サービス提供地:
ロサンゼルス、ホノルル、グアム、ソウル、台北、香港、シンガポール、バンコク 
・共通サービス ・ラウンジサービス など
JCBプラザ 世界60ヵ所 ・共通サービス
ディスカバーカード取扱店
でもJCBカード使用可能
JCBマークがなくても、
ディスカバーカード取扱店にてJCBカードが使えるお店が拡大中
-

カードの紛失や携行品の盗難など、海外で困ったことが起きたときには、JCBプラザコールセンター(海外)へ連絡しましょう。JTBグローバルアシスタンスとの提携により下記のサービスを24時間・年中無休で受け付けてくれます。

日本語と英語によるサポート

  • パスポートとトラベラーズチェックの盗難・紛失時の手続き案内
  • 事故・トラブル時の警察、医療機関などへの手続き案内
  • 緊急時のアテンドの手配
  • 現地医師・病院の案内などのサービス

また、JCBプラザやラウンジのない国でも、コールセンターなら日本語と英語によるサポートが受けられます。必要な情報やサポートを日本語で受けられるので、海外旅行に慣れてない人にとってはとても心強いですね。

必要な手配は海外へ出発する前にしておきたい、確認しておきたいときは、JCBプラザコールセンター(日本)へ電話してみてください。

JCBカードで注意が必要な6つのデメリット

ここまでメリットや得な活用術を多く紹介してきましたが、ここではJCBカードのデメリットや注意すべきところにも言及します。皆さんの納得のいくクレジットカードライフに役立てば幸いです。

海外ではVISAに比べるとまだまだ加盟店は少ない状況

JCBが公式に発表している全世界の加盟店数は、おおよそ3,300万店。Visaやmastercardの全世界で4,400万店に比べると、まだまだ少ないといえます。

JCBだけだと使えるお店が少ないかもしれないと思ったときは、VISAやMastercardのサブカードも持っていくと良いでしょう。

一般カードだと基本還元率が0.5%と高くはない

Oki Dokiポイントの基本レートは1,000円で1ポイント。1ポイントあたり5円程度のレートでJCBギフトカードと交換することができるので、JCB一般カードのポイント還元率は0.5%となります。

ポイント還元率1.0%以上のクレジットカードも多く出回る昨今では、決して高い還元率だとは言えません。仮に年間100万円以上利用してJCB STAR MEMBERSの優遇が適用されても0.75%程度。

特長の段で説明した工夫や仕組みを理解していないと、還元率が低いままで損をしてしまいます。マイルやポイントを上手に貯めるには情報収集は必要です。

JCBスターメンバーズ対象外のカード、ポイント付与されない支払いに注意

若年層向けの優遇カード(JCB GOLD EXTAGE、JCB CARD EXTAGE、JCB CARD W、JCB CARD W plus L)と、リボ払い専用のJCB CARD RはJCBスターメンバーズ対象外となります。

プロパーカード以外にも、JAL・JCBカード、ディズニー★JCBカードなどOki Dokiポイントプログラムの対象とならない提携カードは、キャンペーンチャンスアップのみ利用できます。

さらに、以下はポイントの付与・集計の対象にはなりませんので注意が必要です。

ポイントの付与・集計の対象にならない利用シーン

年会費
ショッピングリボ払い
分割払い・スキップ払い手数料
キャッシングサービスご利用分
電子マネーチャージご利用分

プロパーカードはQUICPay以外の電子マネーに弱い

プロパーカードだと電子マネーへのオートチャージは正直弱いといえます。WAON、PASMOにはチャージそのものができません。

Apple PayではQUICPayとして利用でき、nanaco(手動チャージ)、楽天Edy(手動チャージ)、交通系ICカードはモバイルSuica、SMART ICOCAの利用は可能ですが、Oki Dokiポイントは付きません。

電子マネーへのチャージで使用するという条件で選ぶ場合は、使いたい電子マネーに強いJCB提携カードから選ぶようにしましょう。

更新前に退会すると費用が発生するカードがある

若い世代向けのプロパーカード、JCB EXTAGE/JCBゴールドEXTAGEは、入会から5年未満で退会すると2,000円(税別)のキャンセル料が発生します。JCB一般カード、JCBゴールドカードに更新後も利用実績が積みあがっていれば年会費無料になりますし、退会する際のキャンセル料もかかりません。

引き落とし口座の登録に2~3週間かかる

カード申し込みから引き落とし口座の設定までに2~3週間かかり、申し込み日によっては、最初のお支払日(毎月15日)に間に合わない場合があります。

登録手続きが完了しない場合、お振り込みまたは振り込み票でのコンビニエンス・ストアでのお支払いが案内されます。その際の手数料は自己負担となりますので注意しましょう。

JCBカードを使いこなすために!利用方法について知っておこう

各カードに共通する、JCBカードの使い方を知っておきましょう。支払い・問い合わせ先など、JCB会員ならおさえておきたいポイントです。

JCBカードの締め日は毎月15日

JCBカードの支払いサイクルは、毎月15日締めの、翌月10日払いです。10日が土日・祝日の場合は、翌営業日となります。

例えば2019年5月16日~2019年6月15日までの利用分は、2019年7月15日に支払うことになります。

支払日に確実に支払って、良好なクレヒスを積み重ねていきましょう。

会員専用サイト「My JCB」にログインしてできること

JCBカードの会員は、MyJCBという会員専用サイトを利用できます。会員専用サイトにログインすれば、電話をかけなくても以下の照会・手続きが可能です。

  • 利用明細・利用可能残高の照会
  • 支払い方法の変更(分割払い・リボ払い・ボーナス一括払い)
  • 利用可能枠の増額
  • 登録している会員情報の照会・変更
  • キャッシング振り込みサービス
  • Oki Dokiポイント残高の確認・ポイント利用の申込み
  • キャンペーン情報の入手・参加

JCBカードの問い合わせ先

問い合わせ先は、カード裏面に記載されています。特にJCBゴールド、JCBゴールド・ザ・プレミア、JCBプラチナ、JCBザ・クラスには専用の連絡先が用意されていますので、そちらへ連絡しましょう。

その他の問い合わせ先をいくつかご紹介します。

  • 支払い金額・利用残高の照会:0120-592-196(24時間・年中無休)
  • 暗証番号の確認・変更:0120-899-020(24時間・年中無休)
  • カードの紛失・盗難:0120-794-082(24時間・年中無休)
  • 会員情報の変更:0120-800-962(9:00~17:00、日・祝・年末年始を除く)
  • 利用可能枠の一時的な増額:0120-592-309(9:00~17:00、年中無休)
  • 保険について:0570-064-995(9:00~17:00、日・祝・年末年始を除く)

JCBカードのまとめ

普段使いも、海外旅行やレジャー利用など非日常を味わう時も、会員優待でワンランク上の体験やサービスが受けられるJCBブランド。提供しているサービスや優待などに、国産ブランドならではの「おもてなし」の精神が息づいているのも魅力です。

国内旅行やレジャーが多い、ネット通販での買い物が多いなど、その人のライフスタイルや好きなジャンルに合った1枚を見つけやすいです。長く利用し続けることで、上級カードへのランクアップにより、さらなる特典や優待を得るチャンスも生まれます。

日常生活から旅行まで幅広くサポートする1枚として、JCBカードは心強い相棒となってくれるでしょう。

執筆者のプロフィール
hinatakageru
日向陰ル

ライター・編集歴10年以上。元クレカ加入促進スタッフ。スーパーの店頭やショッピングモールでお声がけしてました。優待や特典情報のリサーチが好き。節約術としてのお得なクレカの選び方、使い方をお伝えします。

関連記事