更新日:

ラグジュアリーカードは誰でも持てる?気になる申込方法から驚きの特典まで紹介!

ラグジュアリーカードは誰でも持てる?気になる申込方法から驚きの特典まで紹介!

みなさんはラグジュアリーカードというカードを聞いたことはありますか?名前からして、高級そうなステータスカードなのかなと思うかもしれません。ラグジュアリーカードはその名のとおり、年会費が高額なクレジットカードで、国内で唯一、Mastercard最上級ランクのワールドエリートに当たります。

今回は、カードの材質や特典、サービスに至るまでかなりこだわりのある、ラグジュアリーカードの詳細について解説していきます。ぜひMastercard最上級ランクの世界をご覧ください。

ラグジュアリーカードとは

ラグジュアリーカードは通常のプラスチック製のカードではなく、24金仕上げやステンレスといった金属製クレジットカードで、物に当てると金属音が鳴る特徴的なカードです。金属製にも関わらず、通常のプラスチック製のクレジットカードと同じ薄さで、ロゴはレーザーで立体的なデザインになっています。

重さは21グラムほどで、一般的なプラスチック製のクレジットカードの約4倍の重量感がある1枚になっています。ICチップも通常のクレジットカードより小さく、デザイン性を重視しているように感じられます。

このように金属製という材質や、デザイン性にこだわったラグジュアリーカードの基本情報を見ていきましょう。

基本情報

ラグジュアリーカードには、チタニウムカード・ブラックカード・ゴールドカードの3種類があります。通常のステータスカードのランクは下から、ゴールドプラチナブラックの順番ですが、ラグジュアリーカードは、チタン・ブラック・ゴールドという順番になっており、ゴールドカードが最上位ランクにあたります。

ラグジュアリーカードが他のカードと異なり、このような順にしているのは、「ゴールドが1番価値がある」という昔からの価値観を復活させよう、という意味があるからです。

いずれのカードもMastercard最上級ランクワールドエリートに当たるため、3種類全てが他カードのブラックカードに相当します。

また、ラグジュアリーカードは、Apple Payに対応しています。Apple Payとは、iPhoneやApple Watchなどをかざすだけで、電車やバスに乗ったり、買い物ができるサービスです。

Apple Payにラグジュアリーカードを登録することで、カードを持ち歩かなくても、スマートフォンなどの電子機器で簡単に決済できるというわけです。

ラグジュアリーカードは、個人のカードとして持つのはもちろん、法人や個人事業主用にも作ることができ、経費処理をすることが可能です。優待サービスに関しては、個人向けのラグジュアリーカードと同じですので魅力的なサービスを多数受けることができます。

次に、それぞれのラグジュアリーカードについて見ていきましょう。

チタニウムカード

券面画像
年会費 54,000円(税込)
申込み方法 申込み制
ポイント還元率 0.5%〜0.75%
家族カード 16,200円(税込)
ETCカード 年会費・発行費無料

上記の表がチタンカードの基本情報です。チタンカードの年会費は54,000円(税込)で、家族カードにも高額な年会費がかかります。なお、ETCカードについては無料で申込むことができます。

チタンカードは申込み制のため、審査を通過すれば誰でも持つことができます。他社のブラックカードに相当するカードをインビテーション(招待)なしで持てるのは魅力的です。

また、他社のブラックカードに相当するため、豊富な特典や充実したサービスを受けることができます。

ラグジュアリーカード<Titanium Card>
おすすめポイント
  • 日本初マスターカード最上位「World Elite Mastercard」
  • 24時間対応のLuxury Card ConciergeTM
  • 世界400都市、1000ヶ所以上の空港ラウンジ無料
年会費 50,000円
次年度以降 50,000円
ポイント還元率 0.1 〜 0.2%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 3週間程
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社アプラス

ブラックカード

券面画像
年会費 108,000円(税込)
申込み方法 申込み制
ポイント還元率 0.5%〜1%
家族カード 27,000円(税込)
ETCカード 年会費・発行費無料

ブラックカードは、ラグジュアリーカードの中間に位置付けられているカードです。年会費は108,000円(税込)と、かなり高額になっています。家族カードについても、高額な年会費が必要になります。

ターゲットは、上位ランクの富裕層なので、チタンカードの優待・特典に加えてさらに豪華なサービスがプラスされます。

当然のことですが、入会基準はチタンよりもさらに厳しくなっています。ただしブラックカードについても、申込み制のため、審査に通過すれば誰でも持つことが可能です。

ラグジュアリーカード<Black Card>
おすすめポイント
  • 日本初マスターカード最上位「World Elite Mastercard」
  • 24時間対応のLuxury Card ConciergeTM
  • 世界400都市、1000ヶ所以上の空港ラウンジ無料
年会費 100,000円
次年度以降 100,000円
ポイント還元率 0.3%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 3週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社アプラス

ゴールドカード

年会費 216,000円(税込)
申込み方法 招待制
ポイント還元率 0.5%〜1.5%
家族カード 54,000円(税込)
ETC 年会費・発行費無料

ゴールドカードはラグジュアリーカードの中で最上位のカードとなっており、年会費や家族カードについても、さらに高額な費用がかかります。

ゴールドカードは、アカデミー賞のオスカー像やNASAの発注品の製造をしている会社が作っているそうです。純金のコーティングをしており、とても豪華なデザインです。

このゴールドカードはラグジュアリーカードの中で唯一インビテーション制(招待制)なので、入会基準は厳しく、すぐに持つことはできません。

このインビテーションを受けるには、ラグジュアリーカードのブラックカードで利用実績を積み、カード会社との信頼関係を築くことが必要です。

このゴールドカードの中で特筆すべき点にポイント還元率があげられます。ポイント還元率はチタンカード・ブラックカードと比べて高く、最大で1.5%になることがあります。

しかし、これには条件があります。ポイント還元率は通常0.5%で、1,000円につき1ポイントがつきます。ただし、年間の利用額が200万円以上になると、翌年はボーナスポイント2ポイント加算され、1,000円で3ポイントつくことになります。

そのため、ポイント還元率は、通常の1.5%(0.5%×3)と3倍までアップします。

Q
どれくらいの期間に、どのくらいの額を使うとインビテーションが来るのでしょうか?

専門家からのコメント

菊地 崇仁
株式会社ポイ探 代表取締役
菊地 崇仁さん

おそらく、現状でゴールドカードを持っているのはごく一部のユーザのみで、インビテーションはまだ発行されていないのではないかと思います。

ラグジュアリーカードのメリット

ラグジュアリーカードにはどのようなメリットがあるのか、紹介していく前に、他社のカードと比較してみます。ラグジュアリーカードのチタンカードと、ステータスカードとして有名な、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードとダイナースクラブカードと比較してみます。

カード名 年会費 コンシェルジュ プライオリティ・パス
ラグジュアリーカード(チタニウム) 54,000円(税込) 無料
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
31,320円(税込) × 年2回まで無料
ダイナースクラブカード 23,760円(税込) × ×

上記の中では年会費はラグジュアリーカードが一番高いです。ラグジュアリーカードと他2枚の大きな違いは、コンシェルジュサービスとプライオリティ・パスです。

コンシェルジュサービスは様々な予約や手配をしてくれるサービスです。自分のニーズに沿ったものを探そうとすると、様々なサイトなどを比較して、どうしても手間や時間がかかってしまいます。

そこでコンシェルジュに電話やメールなどで依頼すると、ニーズに沿ったものを提供してくれるので、手間や時間を無駄にしなくて済むのです。

旅先でコンシェルジュが使えたら、スマホなどで調べる手間や時間を省けるので、思う存分旅行を楽しめて便利です。

プライオリティ・パスは、空港ラウンジを無料で利用できるサービスです。空港ラウンジでは、飲食サービスやシャワールーム、リラックスできるソファが用意されているスペースです。

空港ラウンジはANAで申し込むと1回の利用料が4,000または6,000円かかりますが、このようなサービスを無制限で利用できるので、1年に何度も空港を利用する方にとっては、これだけで年会費以上の恩恵を受けられるかもしれません。

このように、ラグジュアリーカードは、ステータスカードの中でも、特に多くの特典がついているので、年会費が高くても、納得して使っていただけると思います。

これからは、そのラグジュアリーカードの充実した他の特典を具体的に説明していきます。

ラグジュアリーカードの共通特典

ラグジュアリーカードの特典は、もちろんランク別に内容が異なってきます。その内容を今からランク別に説明していきますが、まずは全ランク共通の特典から説明していきます。少し長くなりますが、年会費が高い理由に納得いただける内容になっていますので、最後までお付き合いお願いします。

プライオリティ・パス

先述しましたが、ラグジュアリーカードには、利用回数の制限がないプライオリティパスがつきます。世界130カ国の約1,200カ所以上の空港VIPラウンジが使い放題になります。空港での待ち時間に時間を有効活用できるので便利なサービスでもありますね。

空港VIPラウンジ

国内主要空港10箇所と、韓国の仁川国際空港、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジを無料で利用することができます。同伴者も1名無料で利用することができるので、夫婦やカップルの方にはおすすめです。

なお、羽田空港の国際線ターミナルにあるTIAT LOUNGE、TIAT LOUNGE ANNEXは、数社のカード会員のみしか利用できないラウンジです。

同じカードラウンジでも提携しているカード会社が少ないため、空いており、快適に利用することができます。

なお、同伴者料金は13歳以上が3,780円(税込)と他社カードで使えるSKY LOUNGEの1,030円(税込)よりも高額で、レベルの高いラウンジになっています。

空港リムジン・トラベルクレジット

コンシェルジュで一定金額以上の旅行商品を手配することで、空港リムジンサービスか、次回の旅行商品予約時に利用できるトラベルクレジットがもらえます。

この空港リムジンサービスは、自宅から空港などの目的地まで送迎を行うサービスです。重い荷物を持って移動する面倒な手間を省くことができる上に、タクシーの利用料金も節約できるので、体にも財布にも優しいサービスになります。

1回の購入金額が200万円以上の日本発着海外航空券を手配した場合は往復無料。100万円以上の場合は往路または復路の片道が無料になります。

50万円以上の場合は往路または復路の片道優待です。なお、対象地域も関東圏内のみとなるため、それ以外の地域では利用できません。

国際線手荷物宅配無料サービス

国際線の出発・帰国時の荷物を最大3個まで無料で宅配してもらえるサービスです。お土産など、手荷物が増える方はこのサービスを利用して、身軽に移動できるので良いですね。

このサービスはMastercardが提供するサービスとなるため、他のカードでも対象となる場合があります。ただし、3個までと言うのはワールドエリートのみの特典となるため、これだけでもお得と言えます。

ちなみに、チタンでもゴールドでも個数の違いはありません。

ワールドエリートMastercardの特典

・国内外の有名ゴルフ場の手配
国内の名門コースから、海外のプライベートコースなど、会員以外は通常ラウンドできないコースを予約することができます。例えば、コーラルオーシャン ゴルフ&リゾート(サイパン)やエバ・ビーチ・ゴルフクラブ(ハワイ)、モルフォンテーヌ・ゴルフクラブ(フランス)などがあります。

有名コースを予約できれば、気分も高まり、旅行が充実したものになるのではないでしょうか。

・ハーツレンタカー
ハーツGoldプラス・リワーズ・メンバーシップに無料入会でき、世界150カ国、10,700カ所以上の営業所で優待割引を受けることができます。会員になることで、4日間以上の利用で、レンタル料金10%OFFおよび、車種を2ランクアップグレードのサービスを受けることができます。

The Ryokan Collection

日本を代表する旅館やホテルで、優待サービスを受けられます。ヴィラ楽園・琴平花壇、柊家、柳生の圧、ATAMI海峯楼など日本各地の旅館やホテルで、凄腕シェフとの交流や、宿主による工房への特別案内など、体験ができる優待になっています。

なお、体験ではなくアーリーチェックインやレイトチェックアウト、シャンパングラス1グラスサービスなどの特典の場合もあります。

ホテル&トラベル

世界中の3,000件以上のホテルやリゾート、旅館、高級宿泊施設で部屋のアップグレードができます。対象ホテルは、セントレジス大阪や、セントレジデンスホテルなどです。

CLASS ONE

H.I.Sの会員制ビジネスクラス・ファーストクラス専門店のCLASS ONEに加入することができます。

会員になることで、音楽鑑賞会や豪華列車、クルージングなどのプログラムに参加できたり、Wi-Fiのレンタル料金が15%OFFになるなどのサービスを受けることができます。

この音楽鑑賞会や豪華列車、クルージングのプログラムのチケットは獲得するのが非常に難しいので、希少な体験ができます。

豪華レストランでの特典

・Luxury Upgrade
ラグジュアリーカードが選んだ人気レストランで、コース料理のアップグレードといった優待を受けられます。
対象店舗:ロッツォシチリア、RISTORANTE YAGI、RINASIMENTOなど

・Luxury Dining
全国約200店舗の有名レストランで、2名以上で所定のコースを予約した場合、1名分が無料になります。
対象店:アンティカ・オステリア・デル・ポンテ、雅灯など

例えば、アンティカオステリアデルポンテのディナーの一人当たりの平均代金は10,000円程度です。仮に、年に2回行ったとしたら、2万円分無料になります。

チタンカードの場合、年会費は54,000円(税込)ですので、2万円分無料になれば、それだけで年会費の半分程度のリターンが得られます。

カフェ・ワインバー優待

Pierothが運営する全国のWorldWine Barや、カフェSignにてドリンクの無料サービスを受けることができます。ゴールドカードの場合はこれに加えて、マリアージュフレール銀座本店ティールームで、Luxury Teaが無料サービスされます。

プライベートジム優待

会員制ジムのClub100にて著名トレーナーの指導を受けることができます。

娯楽だけでなく、運動をして、健康にも気を配られているサービスですので、毎日健康的な生活を送るきっかけになるかもしれません。

新生銀行のプラチナ会員資格の取得

新生銀行のステップアッププログラムの最高ランク、新生プラチナ会員のステータスと同じ優待を受けることができます。ステップアッププログラムとは、取引内容や利用残高に応じてステージが決まり、優待サービスを受けることができる仕組みのことです。

プラチナ会員になることで、他行振込手数料は月10回まで無料になり、11回以降は1回103円です。海外送金手数料は月1回無料です。

他にも、円定期預金の利率が年0.02%に優遇されたり、住宅ローンの事務取扱手数料が30,000円OFFになったりします。わからないことがあれば、プラチナ専用ダイヤルで、8時から20時まで年中無休で専門スタッフが直接要件を聞いてくれます。

全国映画館優待

全国のTOHOシネマズで映画を無料で鑑賞可能です。チタンカードは月1回、ブラックカードは月2回、ゴールドカードは月3回無料で観ることができます。

チタンカードの場合、1ヵ月に一度見に行けるので、毎月利用することで年間20,000円程度の特典を受けることができます。

先述した、Luxury Diningの20,000円と映画鑑賞の優待で20,000円、国際線手荷物宅配無料サービスを足すと実質年間50,000円分程の特典があるようなものです。

また、他のサービスもこのように考えて足していくと、年会費54,000円も簡単にまかなうことができますね。

なお、映画の鑑賞には専用デスクでの予約が必要です。予約は上演の2日前から可能になります。

LUXURY MAGAZINE

富裕層向けの会員限定情報誌のLUXURY MAGAZINEを3ヶ月に1度閲覧することができます。中には、旅・ファッション・インテリア・不動産・自動車・テクノロジーなど様々な分野の記事が掲載されています。

ブラックカード以上の特典

ブラックカード以上になると更に豪華な特典がつきます。年会費が高くなってでも、チタンカードからランクアップしたくなるような魅力的な特典を2つ説明します。

豪華なベネフィット

・Luxury Limousine

対象レストランをコンシェルジュ経由で予約した際に、自宅等の指定した場所とレストランをリムジンで送迎してくるサービスです。

ブラックカードのリムジンサービスは、往路のみで、ゴールドカードの場合は、往路か復路どちらか選択できます。無料送迎対象人数は1台4人までで、年に何回まで、などの利用回数制限はありません。自宅まで迎えに来てもらえると楽ですし、交通費をその分支払わなくて済みますね。
対象店:レフェルヴェソンス、たきやなど

・Luxury Social Hour
ラグジュアリーホテルで、会員限定のテイスティングイベントに参加することができます。
対象店:MOTIF RESTAURANT&BAR内バーラウンジ「La Gare」

ハワイアン航空・レンタカー会社の上級会員資格

ラグジュアリーカード会員には、航空会社の上級会員資格を獲得できます。ブラックカードの場合は、Pualani Gold、ゴールドカードの場合は、ハワイアン航空の最上位ステータスPualani Platinumのステータスを獲得できます。それぞれのランクではサービス内容がどのように違っているのか、下記の表で見ていきましょう。

ステータス Pualani Gold Pualani Platinum
予約時の座席優先指定
優先搭乗サービス
座席の無料アップグレード
ボーナスマイル 50% 100%
受託荷物手数料無料個数 2個 3個

どちらのカードでも、座席や搭乗の優先サービスがあり、座席のアップグレードも無料でサービスしてくれるので、快適な空の旅を過ごすことができると思います。

更に、ゴールドカードは、ボーナスマイルとして2倍のマイルが付与される上に、手荷物を1つ多く預けることができます。ぜひ、ゴールド会員になって、フライト中の荷物を減らして快適に過し、マイルをたくさん貯めていきたいですね。

ゴールドカードのみの特典

最後にゴールドカードのみの特典を紹介します。年会費が一番高い分、それ相応のサービスがあってほしいと思いますよね。

国立新美術館

国立新美術館や東京国立近代美術館(本館・工芸館)の企画展を、会員と同伴者1名まで無料で鑑賞できます。

また、東京国立近代美術館(本館・工芸館)、京都国立近代美術館、国立西洋美術館、国立国際美術館の所蔵作品展(コレクション展)も無料鑑賞可能です。夫婦やカップルなどにおすすめの内容になっています。

なお、国立新美術館の企画展はブラックカードでも金曜日のみ無料鑑賞できますが、ゴールドカードには制限がありません。

充実した保険内容

ラグジュアリーカードは、特典や割引優待がついているだけではなく、保険がとても充実しています。高額な買い物をしたときや、旅行中に保険がついていれば安心ですよね。

保険は、一部を除き、全ランク対象です。

それでは、具体的な保険の内容をみていきましょう。

ショッピングガーディアン保険

まず解説する保険はショッピング保険です。国内・海外を問わず、ラグジュアリーカードで購入した商品が、破損・盗難などの損害を被った場合、年間最大300万円まで補償されます。高額な商品はクレジットカードで購入することが多いと思うので、この保険がついていると、安心して購入できると思います。

国内外の旅行傷害保険

2つ目の保険は、旅行傷害保険です。保険の対象は、カード会員だけでなく、家族も対象になります。家族全員が安心して旅行できる特典です。

海外旅行傷害保険は最高1.2億円で、国内旅行傷害保険は、最高1億円補償されます。1.2億円の補償は他社ブラックカード以上の補償額です。

海外旅行傷害保険
傷害死亡・後遺障害保険金 最高1億2千万円
傷害治療費用保険金 200万円
疾病治療費用保険金 200万円
賠償責任保険金 最高1億円
救援者費用保険金 保険期間中500万円
国内旅行傷害保険
傷害死亡・後遺障害保険金 最高1億円
入院保険金 1日あたり5,000円
通院保険 1日あたり3,000円

また、航空機遅延保険も国内旅行・海外旅行ともに付帯しています。これは、航空便の遅延や欠航、受託手荷物の遅延や紛失などで負担した費用が補償される保険です。

海外での航空遅延保険
乗継遅延費 1回の到着便の遅延につき最高2万円(宿泊代金・食事代)
出航遅延・欠航搭乗不能費 1回の出航遅延・欠航・運休・搭乗不能につき最高2万円(食事代・生活必需品)
受託手荷物遅延費用 1回の受託荷物の遅延につき2万円(衣類・生活必需品)
受託荷物紛失費用 1回の受託荷物の紛失につき最高4万円(衣類・生活必需品)
国内での航空遅延保険
乗継遅延費 1回の到着便の遅延につき最高2万円(宿泊代金・食事代)
出航遅延・欠航搭乗不能費 1回の出航遅延・欠航・運休・搭乗不能につき最高2万円(食事代・生活必需品)
受託手荷物遅延費用 1回の受託荷物の遅延につき2万円(衣類・生活必需品)
受託荷物紛失費用 1回の受託荷物の紛失につき最高4万円(衣類・生活必需品)

また、個人賠償責任保険もありますが、ゴールド会員限定で、国内のみの対象になります。

海外緊急医療アシスタンスサービス

保険だけでなく、海外での緊急時に役立つサービスもついています。

海外旅行中に事故に遭ったり、病気にかかった際は24時間365日いつでも、損保ジャパン日本興亜が日本語で対応してくれるメディカルサービスがつきます。

サービス内容は、病院・医師の紹介サービス、家族等の救援者サポート、退院後の帰国手配など、手厚いサービスがあります。

海外では、知人が少ないという方が多いと思うので、このサービスを身近に感じて、安心して過ごしていただければ、と思います。

コンシェルジュサポート

ラグジュアリーカードには、24時間対応のコンシェルジュサービスがあります。自動音声応答ではなく、すぐにコンサルタントにつながります。また、電話対応だけでなく、メールでの対応も行っているので、非常に手軽にサポート依頼できます。

なお、チタンカードのみ、メールでの新規依頼ができません。メールでの返信、返信後のメール送信は可能です。

種類 サポート対象
海外関連 ・海外商品の探索
・旅行の手配
・海外への引っ越し
など
ビジネス関連 ・レンタルオフィスや会議室の案内
・ビジネス機材の案内
など
娯楽関連 ・ゴルフの予約
・フラワーアレンジメントの手配
など
その他 ・ギフトの相談
・パーティーの手配
など

内容は、海外サポートから、ビジネス、娯楽にわたる様々な分野まで、サービスが行き届いています。手間や時間がかかること、英語を使わなければならないことなど、何かと面倒なこともコンシェルジュに頼めば楽チンですね。

ラグジュアリーカードのデメリット

特典や優待など、サービスが充実しているラグジュアリーカードですが、抑えておきたいデメリットが4つあるので、解説していきます。

ポイント還元率の低さ

ラグジュアリーカードは、ポイント還元率が低い点がデメリットとしてあげられます。基本ポイント還元率は0.5%です。

しかし、海外で利用するとポイント還元率は1%です。また、ゴールドカードを前年に200万円以上利用していると、1.5%までアップします。

ですので、海外でよくカードを利用される方や、ゴールドカードを所持していてよく利用される方は、デメリットに感じないと思います。

一部のお店・コインパーキングで利用できない

ラグジュアリーカードは、金属製であるがゆえに、一部の店舗では使えない場合があります。券売機やコインパーキング、ATM等では使えないこともあるので注意してください。

スマホがないと受けられないサービスがある

ラグジュアリーカードの中には、サービスを利用する際に、会員専用アプリが必要になる場合があります。美術館、Pieroth、美容室Earthで優待を受ける際には、アプリの提示が必要です。

紛失時に手数料がかかる

大抵のクレジットカードの再発行手数料はかかりませんが、ラグジュアリーカードの場合、再発行手数料5,400円(税込)がかかります。金属製のカードでコストがかかっているためだと考えられます。

ラグジュアリーカードのまとめ

以上、ラグジュアリーカードの説明でした。年会費が高いですが、ステータス性はかなり高く、金属製でデザインがカッコ良い点も魅力的ではないでしょうか。

また、国際ブランドがMastercardのため、海外でも利用しやすいのもメリットと言えます。

監修者のプロフィール
菊地 崇仁
株式会社ポイ探 代表取締役 菊地 崇仁

北海道札幌市出身。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。約70枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。 一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。