更新日:

Pontaポイントが貯まるクレジットカードでおすすめはどれ?還元率や交換レートを徹底比較

Pontaポイントが貯まるクレジットカードでおすすめはどれ?還元率や交換レートを徹底比較

Pontaポイントは貯めて使えるお得なポイントとして定評がありますが、クレジットカードで貯まるポイントを利用すると、より多くのPontaポイントを貯めることができます。

クレジットカードのポイントをPontaポイントに移行できるカードは何種類もありますが、Pontaポイントをより効率的に貯めるには、クレジットカードのポイント還元率が良く、なおかつPontaポイントへの交換レートが良いカードを選ぶことが大切です。

ここでは、Pontaポイントをたくさん貯めることができるクレジットカードを紹介していきます。クレジットカードの利用でたくさんのPontaポイントを貯めて使い、毎日の生活をよりお得に過ごしていきましょう。

貯めて使えるお得なPontaポイントとは?

Pontaポイントは大手企業である「リクルート」が提供しているポイントサービスで、Pontaポイント提携店の利用で貯めたり使えたりすることが特徴です。日本ではTポイントが有名ですが、次に知名度が高く使い勝手が良いポイントがPontaポイントといえるでしょう。

このPontaポイントは、リクルートIDと連携させることでホットペッパーグルメやビューティ、じゃらん、ボンバレモールなどのリクルートオンラインサービスでもPontaポイントを使えるようになるため、日常生活のさまざまな場所でお得に使うことができるポイントということができます。

Pontaポイントはクレジットカードの利用でも貯めることができる

クレジットカードはカード利用額に応じてポイントがたまる仕組みとなっていますが、カード利用で貯まったポイントをPontaポイントに交換できるクレジットカードがあります。

提携店の利用だけではまとまったPontaポイントを貯めるのが難しい場合でも、クレジットカードのポイントを移行することで、より多くのPontaポイントを貯めることができるのです。

クレジットカードでは、ポイントを貯めても交換したいものがない場合や、利用先が限定されているため使い残してしまい、最後の1ポイントまで利用できないまま期限を迎えてしまうということもよくあります。

しかし、クレジットカードのポイントをPontaポイントに交換しておけば、さまざまな場所で利用することができるため、クレジットカードで貯まったポイントを無駄なく使い切ることができるというメリットもあります。

このように、Pontaポイントが貯まるクレジットカードを利用すると、貯まったポイントを無駄なく利用できるため、クレジットカードを作る場合は「Pontaポイントが貯まるカード」を選ぶことが大切です。

Pontaポイントをお得に貯められるおすすめのクレジットカード

クレジットカードのポイント還元率が良く、Pontaポイントへの交換レートも良いクレジットカードであればPontaポイントを効率的にどんどん貯めていくことができます。

ここでは、pontaポイントをお得に貯められるクレジットカードを4つ紹介していきますので、自分にぴったりのクレジットカードを見つけてみてください。

リクルートカードは還元率が高くPontaポイントが貯めやすいクレジットカード

リクルートカード
リクルートカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • どこで使ってもポイント高還元!驚異の1.2%!
  • リクルートのネットサービスをご利用でさらにポイント還元!
  • 携帯・光熱費・定期もカードで支払うとポイントが貯まって月々お得
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1.2%~4.2%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
nanaco
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社リクルートホールディングス

リクルートカードはポイント還元率が1.2%と非常に高く、Pontaポイントを貯めやすいお得なクレジットカードです。

「ポイントを貯めるならばリクルートカード」と言われるほどポイントの貯めやすさには定評があること、年会費が無料なことも大きな魅力となっています。

また、30,000円までの電子マネーチャージもポイント加算の対象となっているため、電子マネーを介せば公共料金支払いでも実質1.2%のポイントを貯めることができる点もメリットです。

リクルートポイントとPontaポイントは1対1で交換可能

リクルートカードであれば、カード利用で貯まったリクルートポイントを1対1でPontaポイントに交換することができます。

クレジットカードポイントからPontaポイントなどに交換する場合、レートが悪くなってしまうことも多いのですが、リクルートポイントとPontaポイントは同じ割合で交換できることも魅力となっています。

リクルートカードは基本還元率が1.2%と高還元率

リクルートカードはカード利用の還元率が1.2%と非常に高く、10,000円の買い物で120円相当のポイントが還元される仕組みとなっています。

また、宿泊サイトであるじゃらんを利用してリクルートカードで決済すると還元率が3.2%になったり、リクルートのオンライン通販サイトである「ポンパレモール」を経由して買い物をすると、最低3%最大20%ものポイントが貯まるといったお得な仕組みもあります。

このように、日常生活のさまざまな場面でリクルートカードを利用することにより、たくさんのポイントが貯まる仕組みとなっており、貯めたポイントは1ポイントも無駄にすることなくPontaポイントに交換することができます。

ポイント交換のための手続き方法

リクルートポイントをPontaポイントに交換する場合、「Ponta Web」を利用します。

まず、リクルートポイントをPontaポイントに交換するというタブをクリックします。そして、リクルートIDとパスワードを使って「Ponta Web」にログインすることでポイント交換ができます。

全ポイントをまとめて一括で交換することができ、Pontaポイントもすぐに反映されるため、ポイント交換してからすぐに色々な店舗でPontaポイントを使うことができます。

リクルートカードのその他の特徴

リクルートカードはPontaポイントを貯めやすいクレジットカードですが、それ以外にも以下のようなさまざまなメリットがあります。

年会費が永年無料で長期保有してもコストが一切かからないため、気軽に作れてメリットが大きいクレジットカードといえるでしょう。

リクルートカードのメリット

  • 年会費が永年無料
  • 家族カードが無料
  • nanacoなど電子マネーのチャージでポイントがたまる
  • 楽天Edyをチャージして利用するとポイントの二重取りが可能
  • 毎月の利用合計額に対してポイントがたまるため貯まりやすい
  • リクルートポイントはJALマイルにも交換できる
  • 海外旅行保険が付帯

dカードとdカードゴールドはポイントアッププログラムでPontaポイントがお得に貯まる!

dカード
dカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • ドコモユーザーでなくてもお得!通常還元率1%!
  • 年会費が永年無料!
  • ローソンで最大5%お得!マツモトキヨシで最大4%ポイントが貯まる!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1 〜 5%
電子マネー
ID(アイディ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ
dカード GOLD
dカード GOLDの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 毎月のドコモのケータイおよび「ドコモ光」のご利用料金1,000円(税抜)ごとに100ポイントがたまる!
  • 3年間最大10万円のケータイ補償付き!
  • 最大1億円の海外旅行保険あり!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
10,000円(税抜) 10,000円(税抜) 1%
電子マネー
ID(アイディ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ

dカードやdカードゴールドはドコモが発行するクレジットカードです。

しかし、ドコモユーザーでなくてもカードを作ることができ、基本還元率が比較的高い「1%」となっていること、ローソン利用では割引分とポイント加算分を合わせて合計5%分得をすることなどから、一般のユーザーが利用する場合でも「dカードやdカードゴールドはお得なカード」であるということができます。

クレジットカードで貯まるdポイントは、Pontaポイントに交換することができるため、dポイントを貯めてPonta提携店やリクルートサービスで使うことが可能です。

dカードには「dカード」と「dカードゴールド」がありますが、dカードゴールドの場合はドコモ利用料金の10%のポイントが貯まることから、ドコモユーザーの人にはdカードゴールドのほうがおすすめとなっています。

dポイントとPontaポイントは1対1で交換可能

dポイントとPontaポイントは1対1という有利な条件で交換することができます。

ポイントの交換単位は1ポイントごとではなく、5,000dポイントごととなっており、5,000dポイントで5,000Pontaポイントを手に入れることができます。

ただし、5,000ポイント単位での交換になるため、1,000dポイントや2,000dポイントといった単位での交換はできません。

また、dポイントからPontaポイントに交換する際には、5,000ポイントごとに250ポイントの手数料がかかることもデメリットとなっています。

dカードのポイント還元率は1%!高還元率の特約店利用がお得

dカードの基本還元率は1%となっており、数あるクレジットカードの中でも高還元率となっています。

また、dカード特約店では、カード決済の1%とは他にポイントが付与される仕組みとなっており、より多くのポイントを貯めることが可能です。

例えば、マツモトキヨシやスターバックス、ドトール、JTB、伊勢丹や高島屋、カタログギフトのリンベルなどがdカード特約店となっていることから、日常生活のさまざまな場面でより多くのポイントを貯めるチャンスがあります。

また、「dポイントスーパー還元プログラム」では、エントリーして対象店を利用すると最大7%のポイントがたまります。また、「dカードポイントモール」を経由して買い物をすると、通常の1.5倍から10.5倍までのdポイントがたまるため、効率的にd ポイントを貯めることが可能となっています。

このようにdカードを上手に利用することで、dポイントを着実に貯めていくことができ、貯まったそれらのポイントをPontaポイントに交換することができます。

dカードとdカードゴールドのその他の特徴

dカードとdカードゴールドでは年会費が異なり、dカードは年会費無料、dカードゴールドは10,000円となっています。

dカードゴールドは、年会費が年10,000円かかるものの、以下のようなお得な特典がついており、ドコモユーザーはdカードゴールドのほうがメリットが大きくなっています。

dカードゴールドのメリット

  • 毎月のドコモ料金およびドコモ光の利用金額1,000円(税抜)ごとに100ポイント貯まる
  • 携帯の紛失や修理不能故障などを、購入から3年間最大10万円を補償
  • 全国28の空港でラウンジが無料で利用できる
  • 充実した海外旅行保険が自動付帯

シェル-PontaクレジットカードはPontaポイントがそのまま貯まるクレジットカード

シェルPontaクレジットカード
シェルPontaクレジットカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • Ponta加盟の昭和シェルSSでのクレジット決済で1Lにつき2ポイントたまる!
  • Ponta提携社でのクレジット決済で100円(税込)につき1ポイントが上乗せでたまる!
  • その他どこでもクレジット決済で100円(税込)につき1ポイントがたまる!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 1,375円(税込) 2.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三菱UFJニコス株式会社

シェル-Pontaクレジットカードは、昭和シェルSSでの利用で1リットルの利用につき2Pontaポイントがたまるお得なクレジットカードです。

また、Ponta提携店の利用では、通常の還元率1%に上乗せして1%が加算され、合計2%のポイントが貯まる仕組みとなっており、ガソリンを入れるときも、買い物をするときもどんどんPontaポイントが貯まるお得なクレジットカードとなっています。

クレジットカードの利用でPontaポイントがたまる

シェル-Pontaクレジットカードでは、カードの利用でそのままPontaポイントを貯められることが魅力です。

昭和シェルSSでの支払いはもちろんのこと、通常のクレジットカード決済でも還元率が1%となっており、Pontaポイントを貯めやすいクレジットカードとなっています。

他のクレジットカードでは、クレジットカード利用で貯めたポイントをPontaポイントに交換する必要がありますが、このシェル-Pontaクレジットカードは、カード利用でPontaポイントがそのまま貯まっていきます。

そのため、ポイント交換の手間がかからず、1Pontaポイントまで無駄なく利用できることがメリットとなっています。

基本還元率は1%!Ponta提携社のクレジット決済でポイント上乗せ

シェルーPontaクレジットカードの基本還元率は1%ですが、Ponta提携店での利用では、1ポイント上乗せで合計2%のポイントが貯まるお得な仕組みとなっています。

Ponta提携店はローソンやKFC、GEO、ホットペッパービューティやグルメ、じゃらん、ポンパレモールなどがあり、これらの店舗やサービスの利用で利用額の2%のPontaポイントを着実に貯めていくことができます。

シェル-Pontaクレジットカードのその他の特徴

シェル-Pontaポイントは年会費が1,250円(税別)で初年度は年会費無料となっており、次年度以降も年1回以上昭和シェルSSの利用があった場合は年会費が無料となります。家族会員は永年無料となっています。

昭和シェルSSでは、ガソリン1Lにつき2Pontaポイントが貯まりますが、灯油やタイヤの購入など、その他の利用でもポイントが貯まります。

ただし、灯油は1Lにつき1ポイント、その他商品は通常のカード利用と同じ還元率1%となっています。

オリコカード・ザ・ポイントはポイントは高還元率が魅力でPontaポイントも貯まる!

オリコカード THE POINT
オリコカード THE POINTの詳細
VISA 非対応 MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費が永年無料で、ポイント還元率は常に1%以上
  • 入会後6ヶ月間は、ポイント還元率が2倍の2%!
  • たまったオリコポイントは500ポイントからリアルタイムに交換可能ですぐに使えます!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1.0%~2.0%
電子マネー
ID(アイディ)
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社オリエントコーポレーション

オリコカード・ザ・ポイントは「とにかくポイントが貯まる」と定評があるクレジットカードです。100円の利用につき1オリコポイントが貯まり、貯めたオリコポイントはPontaポイントに交換することができます。

オリコカード・ザ・ポイントの基本の還元率は1%となっていますが、カードに入会して半年間は還元率が倍の2%となっており、よりポイントが貯めやすい仕組みとなっています。

また、年会費は永年無料のため、長期にわたってカードを保有してもコストがかからない点も魅力です。

オリコポイントとPontaポイントは1対1で交換可能

オリコポイントは100円の利用で1オリコポイントが貯まります。Pontaポイントとオリコポイントは1対1で交換できるため、貯めたオリコポイントをそのままPontaポイントに換えることもできます。

オリコザカードポイントは楽天やアマゾンでもポイント上乗せで貯まる

オリコカード・ザ・ポイントはポイント還元率が1%と高いことが特徴ですが、オリコ会員が利用できる「オリコモール」を経由してネットショッピングをすると、より多くのオリコポイントを貯めることができます。

アマゾンや楽天、ヤフーショッピングなどもオリコモールに参加しており、オリコモールを経由して買い物をすることで、ポイントが0.5%以上上乗せされる仕組みとなっています。

オリコモールには約600のショップが参加していますが、この加算ポイントはショップごとにかわるため、ショップによっては4%以上のポイントを貯めることも可能となっています。

オリコポイントをPontaポイントに交換するための手続き方法

オリコポイントをPontaポイントに交換する場合は、PontaWEBの「ポイントをつかう」からオリコポイントを選択し、オリコゲートウェイにログインして行います。

ポイント交換は1,000ポイント以上1,000ポイント単位となっており、1ポイント単位での交換はできませんので注意が必要です。

オリコカード・ザ・ポイントのその他の特徴

オリコカード・ザ・ポイントはポイントを貯めやすいクレジットカードですが、それ以外にも以下のような特徴があります。

オリコポイントはPontaポイント以外にもさまざまなものに交換することができて利便性が高いことがメリットとなっています。

オリコカードのメリット

  • 年会費永年無料
  • 入会から半年はポイント2倍
  • ポイント還元率は常に1%
  • オリコモール経由で0.5%ポイント上乗せ
  • amazon利用で1%、楽天市場利用で最大15%のポイントがたまる
  • オリコポイントはAmazonギフト券やLINEギフトコードにも交換可能

Pontaが貯まるクレジットカードまとめ

Pontaポイントは利便性が高いポイントとなっており、いろいろな店舗やオンラインサービスでお得に利用することができます。

Pontaポイントは店舗利用だけではなく、クレジットカードのポイントを交換することでも貯めることができますので、たくさんPontaポイントを貯めてお得に利用したいという人は、Pontaポイントがたまりやすいクレジットカードがおすすめです。

年会費無料で気軽に作ることができるクレジットカードも多いので、Pontaポイントがたまりやすいクレジットカードを1枚持ってみてはいかがでしょうか。

関連記事