更新日:

海外旅行でクレジットカードが必要な理由と海外旅行保険付きのおすすめのクレカを厳選!

海外旅行でクレジットカードが必要な理由と海外旅行保険付きのおすすめのクレカを厳選!

海外旅行に行く時、悩ましいのがクレジットカード選び。

「どのカードでも使えるの?」、「海外旅行傷害保険って?」、「自動付帯と利用付帯って何?」、「で、結局どれを選べばいいの!?」と頭を抱えてしまう人も多いと思います。

そこで本記事では、海外旅行にクレジットカードが必要な理由や、海外でのクレジットカードの使いかた、選びかたを徹底解説。

マネ会編集部が比較検討したおすすめのクレジットカードも紹介していきます。

思いっきり海外旅行を楽しむために、あなたにぴったりの1枚を作りましょう。

即日発行が可能で海外旅行保険が付帯されるおすすめクレジットカード

総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.2 調査結果:51件
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 0.5%~5.0%
【PR】Sponsored by 株式会社エポスカード
公式サイトを見る

海外旅行保険が付帯されるおすすめクレジットカード

最大12,000円!新規入会&Vpassアプリログインでご利用金額の20%プレゼント!
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4 調査結果:11件
年会費: 無料
次年度以降: 1,250円
ポイント還元率: 0.5%~1.0%
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社
公式サイトを見る
今だけ!8,000ポイントプレゼント!
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.5 調査結果:104件
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 1.0%~4.0%
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社
公式サイトを見る
今なら最大14,000円分プレゼント&スマホ決済で20%キャッシュバックキャンペーン中!
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.5 調査結果:10件
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 1 〜 5%
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー
公式サイトを見る

ステータスが高く海外旅行におすすめなクレジットカード

総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4 調査結果:16件
年会費: 29,000円(税抜)
次年度以降: 29,000円(税抜)
ポイント還元率: 0.333%~0.4%
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
公式サイトを見る
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.4 調査結果:8件
年会費: 31,000円(税抜)
次年度以降: 31,000円(税抜)
ポイント還元率: 1 〜 6%
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
公式サイトを見る

海外旅行でクレジットカードが必要な理由

海外旅行に行くからって、別にクレジットカードなんてなくてもいいのでは?と思ってしまうかもしれません。

確かに日本では現金だけでも普通に生活ができます。しかし、海外旅行に行くならクレジットカード必須と言えます。

なぜなら海外では、クレジットカードがさまざまな隠れた力を発揮するからです。

クレジットカードが必要な主な理由は次の4つです。

クレジットカードが必要な理由

  • クレジットカードが身分証明書の代わりになる!
  • 現金払いよりクレジットカード払いの方がお得!
  • 現金が必要な場合、両替よりもキャッシングの方がお得!
  • 急なトラブルのときカードの付帯保険が頼りになる!

それでは海外旅行にクレジットカードが必要な理由を詳しく解説していきたいと思います。

海外旅行ではクレジットカードが身分証明書の代わりになる

海外では「クレジットカードを持っている人=支払い能力のある、信頼できる人」という考え方があります。そのためクレジットカードが身分証明書のような働きをすることがあるんです。

こんな時にクレジットカードが身分証明書になる!

  • ホテルのチェックインをするとき
  • レンタカーを借りるとき

海外旅行に行けば、ホテルに泊まったりレンタカーを借りたりしますよね。

例えばホテルにチェックインする際
。海外では宿泊代を先払いしていても、飲食費などその他の費用の発生に備えてデポジット(保証金)が必要になります。

そのためクレジットカードの提示が求められますが、クレジットカードを持っていない場合は詳細な個人情報を確認されたり、高額の現金を預けるよう要求されることがあります。

また、レンタカーを借りるためにはクレジットカードがほぼ必須です。現金のみでは車を貸してもらえません。

海外旅行では現金払いよりクレジットカード払いの方が得

クレジットカードより現金派という方もいらっしゃるかもしれません。けれど、海外旅行ではクレジットカード払いの方が断然お得です。

現金払いよりクレジットカード払いの方がお得な理由

  • クレジットカード決済時の手数料が両替よりも安い
  • 帰国時に小銭が残らないので使い切りを心配しなくていい

海外でクレジットカード決済をすると、日本国内とは違って一括払いでも手数料がかかります。

手数料は国際ブランドごとに定められており、おおむね1.30%~2.50%程度です。

ただ、この数字は両替手数料よりも低いので、両替よりもクレジットカード決済をしたほうが得ということになります。

さらにクレジットカードは利用したらその分ポイントも貯まりますよね。

それに両替した現地通貨は帰国時に余らせてしまう心配もあります。

もちろん、クレジットカードに対応していない屋台での買物や小額の支払い、交通費、チップなどのため多少の現金は必要ですが、支払いは可能な限りクレジットカードで済ませた方がお得です。

海外旅行で現金が必要な場合、両替よりクレジットカードのキャッシングが得!

旅行用に現地通貨が欲しい時、両替するよりも、現地のATMでキャッシングをしてしまった方がお得になることが多いって知っていましたか?

キャッシングというと利息がかかるし、何となくイメージが悪いという方もいらっしゃると思います。

しかし、海外旅行中はクレジットカードのキャッシング機能を使って賢く節約をすることができるんです。

両替よりもクレジットカードのキャッシングの方がお得な理由

  • 日本円を外貨に両替するための手数料はわりと高額
  • キャッシングなら利息が利用日から支払日までの日割り計算になる
  • キャッシングなら返済までの日数を短くすれば利息が節約できる

両替よりもキャッシングの方がお得な理由は手数料にあります。

日本円を外貨に両替するための手数料は、ドルやユーロなら3%程度。アジア圏ではなんと15%ということも。

例えばレートを1ドル100円、両替手数料を3%とすると、10万円をドルに両替するためには、手数料が3,000円かかるということになります。

一方、キャッシングの場合。10万円を借りて30日後に返済するとします。キャッシングには利息(年利18%)がかかりますが、この18%というのは1年分なので、実際は利用日から支払日までの日割り計算となります。

1年分の利息は10万円の18%で18,000円ですが、30日後に返済すれば利息は1,479円。これにATM利用料216円を加えると1,695円です。

両替・キャッシングの手数料の差

  • 両替手数料=3,000円
  • キャッシング利息+ATM利用料=1,695円

両替よりもキャッシングのほうが手数料等が安いという結果になりました。

今回は両替の手数料を3%と仮定しましたが、手数料率によってはさらに大きな差が出てくるので、日本でのキャッシングに抵抗がある人も上手に使っていきたいところ。

どうしてもお金を借りている状態が気になる!という人は、早めに繰上返済をしてしまいましょう。

返済までの日数が短くなればなるほど、利息が節約できます(ただし、繰上返済の際に振込手数料がかかることがあるので注意)。

クレジットカードの手数料は加盟店と消費者の2種類! 交渉すれば手数料が下げられるって本当?
クレジットカードの手数料には主に加盟店側が負担するものと、消費者側が負担するものの2種類があります。 キャッシュレス化も進む昨今ではクレジットカード決済を導入する店舗は増えています。ここでは、クレジットカードの手数料の解説をおこない、おすすめのクレジットカードの紹介をします。

海外旅行先でのキャッシング方法は?

キャッシングは主にATMを利用します。ATMの機種によって、対応する国際ブランドが決まっています。(※)

Visaなら「PLUS」、MastercardJCBなら「Cirrus」、Diners Clubは「Pulse」マークのATMが利用できます。もちろん、それぞれのブランドロゴのあるATMも利用できます。

ATMは空港や街中にたくさんあり、中には24時間使えるものも。Visaならなんと世界に260万台のATMがあります。

両替所より数が多く営業時間を気にしなくていいという点でもキャッシングの方が便利ですね。

ATMは日本語対応のものと英語表記のものがありますが、簡単な英単語がわかれば大丈夫。

心配な方はVisaがATMの使い方ガイドを公開しているので、一度確認してみてください。

キャッシングって何だろう?意味や種類、利用方法から注意点まで徹底解説!
気軽にお金を借りることができる『キャッシング』。急に現金が必要となった人にとっては非常に便利なサービスであり、即日キャッシングを利用すれば当日中の融資も可能です。本記事ではキャッシングについて、意味や種類、利用方法から活用のポイントまで、余すところなく解説していきます。キャッシング初心者の方から経験者の方まで役立てていただける内容となっているため、キャッシングを利用する際にはぜひご一読ください。
(※)American Expressは2012年にキャッシングサービスを廃止しているので、キャッシングはできません


海外旅行中のトラブルにはクレジットカードの付帯保険が使える!

クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険の画像

海外旅行は非日常。いくら気をつけていてもトラブルに巻き込まれてしまうことはあります。

「海外旅行中に病気になってしまった!」、「旅行中に財布を盗まれた……」そんな時強い味方になってくれるのが、クレジットカードの付帯保険です。

病気や怪我で高額請求の可能性!?クレジットカードの海外旅行傷害保険が使える!

当然といえば当然ですが、海外では日本の健康保険は使えません

ということは、怪我や病気で病院に行った場合の医療費は全額自己負担

さらに諸外国では元々の医療費が日本よりも高いことも多く、結果、非常に高額な請求を受けることも珍しくありません。

実際、外務省から以下のような事例が紹介されています。

急性虫垂炎で入院し手術後腹膜炎を併発したケース(8日入院)は7万ドル、上腕骨骨折で入院手術(1日入院)は1万5千ドル、貧血による入院(2日入院、保存療法施行)で2万ドル、自然気胸のドレナージ処置(6日入院、手術無し)で8万ドルの請求が実際にされています。

とはいえ、病気や事故は誰にでも起こりうること。

これでは安心して海外旅行を楽しめませんよね。そこで頼りになるのが海外旅行傷害保険です。

加入していればいざという時に補償を受けることができます。

補償内容の例としては、以下のようなものがあります

保険の種類 内容
死亡・後遺障害 事故による死亡・後遺障害の場合
傷害治療費用 怪我の治療代
疾病治療費用 病気の治療代
賠償責任 相手に怪我をさせた場合などの賠償責任額
救援者費用 捜索費・緊急時の家族の渡航費
携行品損害 携行品の盗難や破損による損害
※旅行先でスポーツをする場合、内容によっては保険の適用外となることがあります。

保険会社の海外旅行傷害保険に加入する場合、例えば4日間の韓国旅行なら保険料は1人あたり1,500~6,000円程度が相場。

これを支払って保険に加入するのもひとつの方法です。

しかし、海外旅行傷害保険が付帯するクレジットカードがあれば、わざわざ保険料を支払わなくても保険に入ることができるんです。

海外旅行のためのクレジットカード選びにおいては、海外旅行傷害保険の補償の額と補償内容が大きなポイントになります。

一般的には年会費が高額なカードほど手厚い補償が受けられますが、それぞれのカードによって特徴が異なるため、目的に合ったカードを選ぶことが大切です。

以下にクレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険について解説していきます。

海外旅行傷害保険には自動付帯と利用付帯がある

自動付帯と利用付帯の違い

  • 自動付帯:そのクレジットカードを持っているだけで自動的に海外旅行傷害保険に入ることができる。特別な申請や手続きは不要
  • 利用付帯:その旅行の代金や交通費などをクレジットカードで支払えば、海外旅行傷害保険が利用できる。

    どの支払いが対象になるかは各社の規約によるため、利用付帯タイプのカードを使用する時は注意が必要

この2つを比べると、手続きいらずの自動付帯の方が使い勝手は良さそうですね。

ただし、自動付帯のクレジットカードは、一部を除き年会費有料のものが多いんです。

利用付帯の場合でも利用条件をクリアすれば保険が適用になるわけですから、年会費無料が気になる方は利用付帯のクレジットカードも上手に利用していきましょう。

年会費無料かつ海外旅行傷害保険が自動付帯のクレジットカードなら、エポスカード、REX CARDがおすすめです。

エポスカード

エポスカード
おすすめポイント
  • 全国10,000店舗の優待つき!
  • 入会金・年会費永年無料
  • 海外旅行傷害保険は最高500万円
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.5%~5.0%
マイレージ還元率
ETC年会費 無料
発行期間 店頭申込で最短30分発行・オンライン入会で1週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 非対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社エポスカード

REX CARD

REX CARD
おすすめポイント
  • Jリボサービスのご利用で0.5%から最大12%に相当する分Jデポプレゼント
  • 年会費無料!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 1.25 〜 2.25%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 最短7日
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能

海外旅行傷害保険の補償期間は90日が一般的。裏技を使えば延長も!?

クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険の場合、補償期間は旅行開始日から90日間であることがほとんどです。

普通の海外旅行なら十分な期間ですが、長期滞在を予定している場合は他の保険に加入することも検討しましょう。

ただ、一部の利用付帯のカードでは、補償期間の始期が「はじめてカード利用条件を満たした日」となっているものがあります

この場合は、旅行先ではじめて旅費等をクレジットカード決済すると、その日から補償期間が始まることに。

このしくみを利用すると旅の途中から補償を受けることができるので、複数のクレジットカードを組み合わせて実質90日以上補償を受けるという裏技的な使い方ができます。

海外旅行傷害保険の補償期間延長の裏技が使えるおすすめカードはJCB CARD Wです。

JCB CARD W

JCB CARD W
おすすめポイント
  • WEB入会限定カード
  • 年会費永年無料!
  • ポイント還元率は常に2倍以上
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 1 〜 5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 1週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
今なら最大14,000円分プレゼント&スマホ決済で20%キャッシュバックキャンペーン中!
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

海外旅行傷害保険は立替タイプとキャッシュレスタイプがある

立替タイプ 医療費を本人が支払う必要あり
キャッシュレスタイプ 医療費を建て替える必要なし

保険が適用になる場合、医療費の支払い方法は2パターンあります。

立替タイプの保険は、現地で発生した医療費をいったん本人が支払う必要があり、一時的に大きな負担となります。

一方キャッシュレスタイプなら、提携の医療機関であれば最初から保険会社が間に入ってくれるので、治療費を立替える必要がありません

キャッシュレスタイプの方が、より安心度が高いといえるでしょう。

年会費無料でキャッシュレス診療可能なおすすめカードは楽天カードです。

楽天カード

楽天カード
おすすめポイント
  • 年会費永年無料の業界大人気クレカ!
  • ポイントは電子マネー「楽天Edy」にも交換可能!
  • 楽天Payの決済を楽天カードにすると最大で還元率1.5%にアップ!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 1.0%~4.0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 540円
発行期間 7営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
今だけ!8,000ポイントプレゼント!
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

クレジットカードの海外旅行傷害保険は複数合算できる

複数のクレジットカードに保険が付帯していれば、その金額を合算して補償を受けることができます。

例えば、Aカードの傷害治療の補償額の上限が200万円、Bカードは300万円だった場合、合計500万円まで補償が受けられるということになります。

ただし、死亡・後遺障害の補償は合算ができません。最も高い補償額が上限となります。(※)

前述の通り、海外での医療費は驚くほど高額になることがあります。

クレジットカードを2枚以上複数持ちしておくと、より安心ですね。

(※)同一カード会社の同一種類のカードで国際ブランドが異なるものを複数持っていても、合算はできません


海外旅行に同行する家族の保険はどうなる?家族特約とは?

原則として、海外旅行傷害保険の補償の対象になるのはクレジットカードの名義人本人だけです。

一緒に旅行する家族や友人には適用されませんので注意してください。

ただし保険に「家族特約」がついていれば、同行する家族も海外旅行傷害保険の補償対象になります。

家族特約がついているクレジットカードは、ほとんどが年会費有料となっています。

また、紛らわしいのですが「家族特約」は「家族カード」とは別のもの。

家族カード会員は基本的に保険の対象になります。

年会費無料にこだわりたい場合は、年会費無料で海外旅行傷害保険が付帯している家族カードを発行してカバーするという方法があります。

年会費無料で家族特約付きのクレジットカードならプラスハッピーUCカードがおすすめです。

家族特約のポイント

  • 「家族特約」がついているものは年会費が有料のものが多い
  • 「家族特約」は家族カードとは別物
プラスハッピーUCカード
おすすめポイント
  • 年会費無料で永久不滅ポイントが貯まる!
  • ガス料金の支払いでポイントがおトクに貯まる。
  • 旅行保険やショッピング保険がついて安心!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.1 〜 0.3%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 5営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能

海外旅行中のクレジットカード紛失、盗難……そんな時にも補償があります!

海外旅行中に現金を落としてしまった、盗まれてしまった…。残念ながら、現金が戻ってくる可能性はほぼないといっていいでしょう。

しかし、クレジットカードなら盗難保険がついています。

クレジットカードの盗難・紛失保険は全てのカードに自動付帯となっており、たとえ不正利用されても保険が適用になれば被害が補償されます。

盗難や紛失のことを考えると現金よりもクレジットカードのほうが安心ですね。

ほかにもあります!海外旅行のためのこんな補償

一部の年会費有料クレジットカードには「航空便遅延保険」が付帯しています。

これは飛行機が欠航したり大幅に遅延した場合、またロストバゲージ(預けた荷物の紛失)の際に、食事代や宿泊費、生活必需品の購入費の補償を受けることができるというもの。

いずれの場合も補償額は数万円程度ですが、遅延が多い格安航空会社などをよく利用する方はチェックしておきましょう。

クレジットカードの海外旅行傷害保険の使い方

では、実際にクレジットカードの保険を使いたい時はどうすればいいのでしょうか。

まずは落ち着いてカード会社に連絡をしましょう。現地ですべきこと、帰国後に必要になる書類などの説明を受けることができます。

特にキャッシュレスタイプの保険なら、カード会社と提携している医療機関を紹介してもらう必要があります。出発前に24時間繋がるカード会社の連絡先を控えておきましょうね。

クレジットカードの付帯保険についてさらに詳しく知りたい方はこちらを御覧ください。

クレジットカードの付帯保険は海外旅行に便利! 知っておきたい基本を解説
旅にトラブルはつきものと言われていますが、どうせなら、安全で楽しい旅行をしたいですよね。特に海外旅行となると、いざという時の為に、空港や旅行会社で保険に加入される方も多いと思います。そこで今回は、クレジットカードに付帯している国内外の旅行保険について解説します。今まで、クレジットカードに保険が付帯している事を知らなかった方、もしくはクレジットカードの保険に不安を持っていた方も、付帯旅行保険の内容を正しく把握して有効活用しましょう。

海外旅行のためのクレジットカードの選び方!国際ブランドは2枚持ちがおすすめ!

海外旅行のための国際ブランドの選び方の画像

国際ブランドとは、国際的に流通しているクレジットカードのブランドのこと。「VISA」、「Mastercard」、「JCB」、「American Express」、「Diners Club」など、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。これらが国際ブランドにあたります。

国際的に流通しているとは言っても、お店や国、地域によって使える国際ブランドは異なります。

クレジットカードの国際ブランドは、旅行先でちゃんと使えるかを確認して選ぶことが大切です。

以下に主な国際ブランドの特徴をまとめてみました。

ロゴ 国際ブランド 特長
Visa(ビザ) ・世界シェア№1で使い勝手抜群
・海外旅行に持って行くならこれ!
Mastercard(マスターカード) ・世界シェア№2
・ヨーロッパ圏に強いと言われている
American Express(アメリカンエキスプレス) ・通称アメックス
・ステータスが高いブランドと言われている
・キャッシングはできない
Diners Club(ダイナースクラブ) ・アメックス同様、富裕層に人気のブランド
JCB(ジェーシービー) ・日本生まれのブランド
・日本国内の加盟店は多い
・海外での利便性はいま一つ
UnionPay・銀聯(ぎんれん) ・中国生まれのブランド
・中国の経済発展に伴って成長著しい

国際ブランドはVisaかMastercardがおすすめ

海外旅行に持っていくなら、VisaとMastercardがおすすめです。

使える店が最も多いのはVisaですが、Mastercardも使えなくて困るということはあまりないでしょう。

この2つならどちらでも構いませんが、紛失や破損に備えてVisaとMastercardブランドのクレジットカードを2枚持ちしておけばさらに安心です。

一方、日本唯一の国際ブランドであるJCBは日本国内向き。海外の加盟店は少なく、使えないことが多いんです。

ただし、韓国や台湾、ハワイなど日本人観光客が多い地域では使える可能性が高いようです。

さらにJCBは、ハワイをはじめとした9箇所の国と地域に「JCBプラザラウンジ」という日本語対応可能なラウンジを設置して、海外旅行のサポートを提供しています。

メインで使うには不向きですが、サブカードとして持っておいてもいいかもしれません。

注意点としては、中国の一部などに銀聯しか使えない地域があったり、そもそもクレジットカード自体が普及していない国もあります。

出国前に旅行先の状況を確認しておいてくださいね。

日本を代表するVisaカードなら三井住友VISAクラシックカードがおすすめです。

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード
おすすめポイント
  • 世界シェアNo.1!VISAブランドの定番カード!
  • 毎年つかえば年会費は実質無料!
  • 国内保険だけでなく手厚い海外保険も!必要なモノは全て揃うのでメインカードにピッタリ!
年会費 無料
次年度以降 1,250円
ポイント還元率 0.5%~1.0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 500円
発行期間 最短3営業日
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
最大12,000円!新規入会&Vpassアプリログインでご利用金額の20%プレゼント!
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

海外旅行に行くならこれが定番!おすすめのクレジットカード

今回は特に、海外旅行初心者の方にもおすすめのバランスのいいお得なカードをご紹介します。

ここまでの記事を参考に、自分に必要な機能、サービスの備わったクレジットカードを選んでください。

エポスカード

エポスカード
おすすめポイント
  • 全国10,000店舗の優待つき!
  • 入会金・年会費永年無料
  • 海外旅行傷害保険は最高500万円
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.5%~5.0%
マイレージ還元率
ETC年会費 無料
発行期間 店頭申込で最短30分発行・オンライン入会で1週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 非対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社エポスカード

エポスカードの注目ポイント

  • 年会費は永年無料
  • 最短即日発行可能
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 初回キャッシングの金利は30日間無料

エポスカードは安心のVisa、年会費はずっと無料、なのに海外旅行傷害保険が自動付帯というまさに文句なし、海外旅行におすすめのクレジットカードです。

キャッシングの金利は初回であれば30日間無料。また国内提携ATMの手数料も無料で、繰上返済にも便利です。

さらに、ネットで申込むと最短で当日中にマルイの店舗でカードを受け取ることもできるんです。

ポイント還元率は0.5%~と高くないものの、全国10,000店舗以上で使える優待サービスが付帯し、年4回の「マルコとマルオの7日間」期間中はマルイの買物が10%オフになるなどお得な制度が盛りだくさん。

海外旅行だけでなく、日本国内でも使い勝手のいいカードになっています。

エポスカードの詳細はコチラ 【PR】Sponsored by 株式会社エポスカード

楽天カード

楽天カード
おすすめポイント
  • 年会費永年無料の業界大人気クレカ!
  • ポイントは電子マネー「楽天Edy」にも交換可能!
  • 楽天Payの決済を楽天カードにすると最大で還元率1.5%にアップ!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 1.0%~4.0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 540円
発行期間 7営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
今だけ!8,000ポイントプレゼント!
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

楽天カードの注目ポイント

  • 年会費は永年無料
  • 最大2,000万円の海外旅行傷害保険(利用付帯)
  • 日本語対応してくれる「海外アシスタンスサービス」
  • 紛失・盗難時に24時間サポートしてくれる「紛失盗難専用ダイヤル」

楽天カードは、MastercardVISAJCBAmerican Expressの4つの国際ブランドが選べ、年会費はずっと無料のクレジットカードです。

クレジットカードの利用で楽天スーパーポイントが貯まります。

楽天カードはポイントがよく貯まるカードという印象が強いですが、海外旅行の際におすすめできるカードでもあります。

利用付帯にはなりますが、最高2,000万円の旅行傷害保険がついています。

そのほかにも、病気やケガにあったときに電話で日本語対応してくれる「海外アシスタンスサービス」や、海外で紛失・盗難にあったときに24時間対応してくれる「紛失盗難専用ダイヤル」を設けるなど、旅行傷害保険以外にも心強いサービスを利用することができます。

また、上述した複数の国際ブランドが選べるのことも海外旅行におすすめな理由となります。

メインとなるクレジットカードがほかにある場合、楽天カードを2枚目のカードとして、メインのカードと異なる国際ブランドを選ぶことで、メインカードが利用できなかった際の保険となります。

年会費も永年無料となっているので、1枚持っておいて損のないカードです。

楽天カードの詳細を見る 【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

学生専用ライフカード

学生専用ライフカード
おすすめポイント
  • 海外ショッピング利用キャッシュバック
  • 学生のための安心プログラム
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 1 〜 2%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 -
発行期間 3営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 非対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 非対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能

学生専用ライフカードの注目ポイント

  • 18歳以上25歳以下の学生専用
  • 海外旅行傷害保険は自動付帯
  • 海外利用で5%キャッシュバック
  • 卒業後は海外旅行傷害保険、キャッシュバック特典がなくなる

ライフカードが学生専用に発行しているカードが、こちらの学生専用ライフカード。

学生専用ライフカードの一番の特長は何といっても「海外ショッピング利用キャッシュバックサービス」があること。

なんと、海外でのショッピング利用額の5%が振込みで返金されるんです。

こちらのサービスを受けるためには事前に「LIFE-Web Desk」への登録、申込みが必要です。

また、年会費無料海外旅行傷害保険は自動付帯となっています。

この保険とキャッシュバックは学生の間だけの特典ですが、学生時代に海外旅行を楽しむなら作って損はないクレジットカードです。

年会費有料のクレジットカードなら海外旅行がもっと便利に!

年会費有料カードの海外旅行の際の特典イラスト

年会費有料のいわゆる「ステータスカード」にはさらに便利な特典が用意されています。

内容はカードによってさまざまでここで全てを挙げることはできませんが、なかでも代表的なものを紹介していきます。

より快適に海外旅行を満喫するために、ぜひカード選びの参考にしてください!

クレジットカードでプライオリティ・パスをゲット!海外旅行をもっと優雅に

一部のクレジットカードには、特典としてプライオリティ・パスの会員権が付帯しています。

プライオリティ・パスの会員になると、空港にある会員専用のVIPラウンジで搭乗までの時間を優雅に過ごすことができます。

ラウンジによって設備は多種多様ですが、一例として以下のようなものが挙げられます。

空港ラウンジの設備の例

  • ゆっくり寛げるソファ
  • 無料Wi-Fiや充電ポイント
  • 無料の軽食やソフトドリンク、アルコール
  • さらに一部では、シャワールームや会議室など…

ちなみに、航空会社のラウンジはゴールドカードを持っていれば入れるカード会社のラウンジとは別物。

カード会社のラウンジにもソフトドリンクなどが用意されていますが、基本的に空港VIPラウンジの方が設備は豪華です。

プライオリティ・パスには「スタンダード」「スタンダード・プラス」「プレステージ」の3種のプランがあり、通常料金は以下の通りです。

プラン 年会費 利用料金 同伴者
スタンダード US$99 US$32 US$32
スタンダード・プラス US$299 ・10回まで無料
・その後US$32
US$32
プレステージ US$429 無料 US$32

例えば「プレステージ」の会員権が付帯しているカードなら、本来US$429かかるはずの年会費は無料。さらにラウンジの利用料金も無料ということになります。

プライオリティ・パスが使えるラウンジの数は世界140カ国、1,200カ所以上

海外旅行によく行く方、空港での待ち時間を快適に過ごしたい方はぜひ入会を検討してみてください。

なお、プライオリティ・パスの「プレステージ」会員権が付帯していて、もっとも年会費が安いクレジットカード楽天プレミアムカードです。

楽天プレミアムカードの年会費は10,800円(税込)ですが、プライオリティ・パスが付帯しているクレジットカードのほとんどは20,000円以上となっているため、大変お得なカードといえます。

楽天プレミアムカード
おすすめポイント
  • 誕生日月は最大3倍のポイント還元!!ポイントがとにかく貯まる!
  • 国内・海外旅行保険は最大5000万円!
  • VIP空港ラウンジプライオリティパスへの無料登録可能
年会費 11,000円(税込)
次年度以降 11,000円(税込)
ポイント還元率 1%~5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 約一週間
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
今だけ!最大15,000ポイントプレゼント!
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

国際線手荷物無料宅配サービス

旅行の時、問題になるのが服やお土産で膨らみがちな荷物。特に空港への行き帰りに重い荷物を持って交通機関を乗り継ぐのは大変ですよね。

そこで便利なのが手荷物無料宅配サービス

スーツケースなどの荷物を自宅や空港に配送してもらえます。

仕事の後に空港に直行したい時、帰国後に疲れている時などかなり使えるサービスです。

このサービスは成田空港(第1ターミナル、第2ターミナル)、羽田空港国際線ターミナル、関西国際空港、中部国際空港で提供されています。通常はもちろん有料ですが、これが無料で利用できるのは助かりますね。

コート預かりサービス

冬場にハワイやグアムなどへ旅行する場合、日本国内の移動には防寒具が必要。

しかし旅先では邪魔になってしまいますよね。

そんなときに便利なのがコート預かりサービス。一部の空港で防寒具を預けることができます。こちらもやはり通常は有料となっています。

コンシェルジュデスクが海外旅行をサポート

現地の言語に自信がない。忙しくて旅行プランを立てる時間がない。そんな時に頼りになるのがコンシェルジュデスク

ホテルやレストラン、航空券の手配や、コンサートのチケットの購入など、秘書のようにサポートしてくれます。

コンシェルジュはステータスカードの中でも上位のものに付帯しているサービスなので、利用できる人はかなり限られています。

コンシェルジュほどではなくても、海外旅行をサポートしてほしい! という人にはオリコカードやJCBが海外デスクを開設しています。

こちらでも観光情報の案内やカード紛失時のサポートなどを、日本語で受けることができます。

各種VIP待遇も

ホテルの部屋のアップグレードや、チェックアウト時間延長サービス。高級レストランでの食事が優待されるサービスがついたカードもあります。

専門家からのコメント

Hiroko
マイレージブロガー
Hirokoさん

さらに、航空会社と提携しているカードなら旅の特典がいっぱいです。
特にゴールドカードはビジネスクラスのカウンターでチェックインできるので行列知らず。ボーナスマイルがついたり免税店で10%オフなどメリットが盛りだくさん!

海外旅行におすすめのクレジットカード【ステータスカード編】

さまざまな特典について確認してきましたが、ここでは少しリッチに海外旅行がしたい方におすすめのカードをご紹介します。ステータスカードの中でも特にバランスが良く、海外旅行にぴったりのカードを厳選しました。

アメリカン・ エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード
おすすめポイント
  • 世界が認めるゴールドカードとしてのブランド力!
  • 最高1億円まで補償される海外旅行保険!
  • 旅行予約サイトでの特典が多数!
年会費 29,000円(税抜)
次年度以降 29,000円(税抜)
ポイント還元率 0.333%~0.4%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 2週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

注目ポイント

  • 家族カード会員もプライオリティ・パスに登録できる
  • 同行の親族まで海外旅行傷害保険の補償対象に
  • 手荷物無料宅配、格安空港送迎、航空便遅延補など快適な旅をサポート
  • 24時間電話サポート
  • プラチナカード並みの特典

アメリカン・ エキスプレス・ゴールド・カードの海外旅行傷害補償は家族特約付き。

配偶者や生計を共にする親族まで補償の対象となります。

補償額は傷害死亡・後遺障害の場合で最大1億円自動付帯部分も5,000万円におよび、かなり手厚い補償となっています。

家族カードは1枚無料で申込むことができ、本人カード会員だけでなく、家族カード会員もプライオリティ・パスに登録できるのが特徴

スタンダード会員権のため使用料は本来1回US$32ですが、年に2回までは無料で利用できるようになっています。

また、空港のカードラウンジは同伴者1名まで無料で利用することができます。

出国時と帰国時には自宅から空港までスーツケース1個を配送してくれる手荷物無料宅配、飛行機の遅延等による出費が補償される航空便遅延補補償などのサポートも万全。

提携の高級レストランでの食事が1名分無料になる「ゴールド・ダイニング by 招待日和」や、コンサートのチケットの先行販売などもあり、「ゴールドカード」という名称ですが、プラチナカード並みに特典が充実しています。

専門家からのコメント

Hiroko
マイレージブロガー
Hirokoさん

アメックスはたびたびポイントを貰える入会キャンペーンを行っています。大きなキャンペーンを見つけたら入会のチャンス。ポイントをマイルに交換して、香港くらいにはペアで余裕で行けますよ。

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)

スターウッド・プリファード・ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード
おすすめポイント
  • 継続利用する限りSPGゴールド会員資格
  • カードを継続いただく度に毎年無料宿泊特典進呈
  • 入会後3か月以内10万円利用で30,000Marriott Bonvoyポイント進呈
年会費 31,000円(税抜)
次年度以降 31,000円(税抜)
ポイント還元率 1 〜 6%
マイレージ還元率 公式サイト参照
ETC年会費 無料
発行期間 2週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

SPGアメックスの注目ポイント

  • SPG、マリオット、ザ・リッツ・カールトンのゴールド会員資格付でVIP待遇が受けられる
  • カード更新ごとに無料宿泊券プレゼント
  • 海外旅行傷害保険は最高1億円
  • ショッピング・プロテクションは年間最高500万円

専門家からのコメント

Hiroko
マイレージブロガー
Hirokoさん

最高級ホテルでの優待が受けられることで有名なクレジットカードがスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)です。トラベラー必携!

海外旅行先でのクレジットカードの使い方

言葉も文化も違う海外でクレジットカードを使うとなると、「日本とは使い方が違ったらどうしよう!?」「言葉に自信がないけど大丈夫?」など、心配なこと、わからないことが出てくるのではないでしょうか。

そんな不安を解消するため、ここでは海外でのクレジットカードの使い方や注意すべき点をまとめてみました。

一括払いってどう伝えればいいの?

日本国内でクレジットカード決済をする際には、支払い回数を確認されますよね。しかし、海外では支払い回数を聞かれることはありません

クレジットカードには元々支払い方法が設定されていて、海外ではこの設定に従って自動的に一括払いリボ払いで処理されます。

決済時には選択できないので、あらかじめ設定を確認しておきましょう。

海外旅行ではクレジットカードの暗証番号が必要!サイン決済はできない!?

海外ではサイン決済ができないケースが増えています。出国前には必ず暗証番号を確認しておきましょう。

暗証番号がわからないとクレジットカードが使えないことも十分あり得ます。

また、日本では暗証番号は4桁ですが、海外では5桁や6桁の入力を求められることがあります。

そんな場合も慌てずいつもの暗証番号を入力すれば大丈夫。「0」などをつけて桁数を増やす必要もありません。

決済通貨を選べと言われたら。現地通貨?それとも日本円?

海外の店でクレジットカードを使用する時に、決済を現地通貨にするかそれとも日本円にするか選ぶよう求められることがあります。

この場合は基本的に現地通貨を選んでください。


日本円を選択すると、なんとお店が決めた為替レートで日本円に換算されることになっています。

思いがけず支払いが高額になってしまうこともあるので十分注意しましょう。

海外旅行でクレジットカード払いをしたら、いつの為替レートが適用される?

買物をした日はたしか1ドル100円だったはずなのに、後で明細を確認したら102円で計算されている!?

これはカードの利用日とそのデータがカード会社に届いた日が違うから起こること。

クレジットカードを利用する場合、カード利用のデータがカード会社に届いた時点の為替レートが適用となります。

データ到着のタイミングは一般的に利用日の数日後になるため、実際にカードを使った日とはレートが変わる可能性があるんですね。

海外旅行先でのクレジットカードの使い方

  • 海外旅行中は決済方法が選択できずリボ払いまたは一括
  • サイン決済はできない可能性が高いので暗証番号の確認を!
  • 決済方法を選ぶときは「現地通貨」がおすすめ
  • カード利用データが会社に届いた時点の為替レートが適用される

海外旅行でクレジットカードを使うために注意すべきこと

海外旅行のクレジットカード利用の際の注意点の絵

最後に海外旅行に行く前に注意しておいてほしいことをまとめました。

出国前に確認してみてくださいね!

出国前に注意して欲しいポイント

  • 海外旅行前にクレジットカードを作るなら申し込みはお早めに!
  • 海外旅行へ出発する前にカード会社へ連絡を!
  • 海外旅行前には利用限度額を必ずチェック!
  • 海外旅行前にクレジットカード番号と緊急連絡先を控えておこう

出国後に注意して欲しいポイント

  • 旅行先でのクレジットカードの盗難に注意!
  • 旅行先でのトラブルや詐欺にも気を付けて

海外旅行用のクレジットカードを作るなら、早めの申し込みを

最短で即日発行を謳っているカードでも、審査状況によってはカード発行までに数日かかってしまうことがあります。

出国前に慌てることのないように、十分に余裕を持って申込みをしましょう。

海外旅行先での利用で、クレジットカードが突然ロックされる!?

海外の店やサイトでクレジットカードを使用すると、不正利用防止のためにカードがロックされてしまうことがあります。

カード会社に電話連絡をして不正利用ではない旨を説明すれば解除されるようですが、旅行先でカードがロックされたら焦ってしまいますよね。

旅行に出発する前にカード会社に連絡を入れておくことをおすすめします。

利用限度額をチェック!クレジットカード会社へ事前連絡を

宿泊費やショッピング、お土産など、旅先では何かと出費がかさみます。

利用枠がいっぱいになってしまってクレジットカードが使えない!? なんてことにならないよう、利用限度額を確認しておきましょう。

また、事前申請による一時的な利用限度額の引き上げに応じているカード会社もあります。

支払いが高額になりそうな場合は、こちらも検討してみてください。

海外旅行に行く前にクレジットカード番号と緊急連絡先を控えておこう

万が一トラブルがあった場合も、クレジットカードの情報とカード会社の連絡先がわかれば速やかに対処ができます。

また、海外旅行傷害保険のキャッシュレスサービスを使う際にもサポートデスクに連絡が必要です。

24時間対応の緊急連絡先を控えておいて、不測の事態に備えましょう。

海外旅行ではクレジットカードの盗難、詐欺に注意

クレジットカードを使う時は、決済前にしっかりと金額や内容をチェックしましょう。

レシートも必ず保管して、カードの利用明細が出たら不正な利用がないか確認を。

また、昨今はスキミング犯罪も多発しています。

被害に遭わないために、他人に暗証番号を見られたり盗撮されたりしないよう、常に周囲の状況に注意しましょう。

海外旅行におすすめなクレジットーカードまとめ

海外旅行のためのクレジットカード選びにおいて特に大事なポイントは、以下の5点になります。

大事な5つのポイント

  • 海外旅行にクレジットカードは必須
  • 国際ブランドはVisaかMastercard
  • クレジットカード選びのポイントは海外旅行傷害保険
  • おすすめカードはエポスカード、学生専用ライフカード
  • 専門家おすすめのステータスカードはアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードとSPGアメックス
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4 調査結果:16件
年会費: 29,000円(税抜)
次年度以降: 29,000円(税抜)
ポイント還元率: 0.333%~0.4%
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
公式サイトを見る
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.4 調査結果:8件
年会費: 31,000円(税抜)
次年度以降: 31,000円(税抜)
ポイント還元率: 1 〜 6%
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
公式サイトを見る

記事を参考にあなたに合った最強のクレジットカードを手に入れて、海外旅行を満喫してくださいね!

監修者のプロフィール
Hiroko
マイレージブロガー Hiroko

普段は会社員で企業のグローバル人材獲得の支援やキャリアコンサルタントとして活躍しながら月一海外旅行を楽しむ。学生の頃より英語、海外文化に興味を持ち、海外旅行を重ね、ボストンへの留学やNYでの駐在も経験。2016年から航空会社の上級会員ステータスを取るマイレージ修行をしながらブログやFacebookで情報発信を始める。 現在は培ったノウハウをシェアする勉強会や旅の楽しさを伝えるセミナーを開催。

Hirokoの監修記事一覧へ
執筆者のプロフィール
machi
MACHI

法律事務所、金融機関などを経て編集者に転身。マネ会ではライターとしてクレジットカードの記事を担当しています。愛用クレカは楽天カード。

MACHIの記事一覧へ

関連記事