更新日:

WAONポイント(WAON POINT)を徹底解説!カードの使い方からお得な貯め方、確認方法まで一挙に紹介!

WAONポイント(WAON POINT)を徹底解説!カードの使い方からお得な貯め方、確認方法まで一挙に紹介!

イオンモールやミニストップ、まいばすけっとでよく買い物をする人は、WAONポイントという言葉をよく耳にしているのではないでしょうか?

ここでは、WAONポイントについて、ポイントカードのつくり方や意外と知られていないポイントをたくさん貯める方法、複雑なポイントの仕組みについて解説します。

また、よく間違いやすい「WAONポイント」と「WAON POINT」の違いについても、イラストと一緒にわかりやすく説明していきます。

WAONポイントとは?

WAONポイントは、主にイオングループの店舗での買い物、あるいは各イオンのサイトでネットショッピングしたときにもらえるポイントです。

「WAONポイント」と「WAON POINT」の違い

実は、WAONポイントには「WAONポイント」と「WAON POINT」のふたつあることを知っていましたか?

水色のカードデザインの電子マネーWAONカードを使って、電子マネー払いをすると貯まるのが、「WAONポイント」です。

一方で、現金払いのときに貯まるのが、「WAON POINT」です。これは赤紫色のWAON POINTカードを利用して貯められます。

どちらも、かわいい白い犬(ハッピーワオン)が描かれており、イオンのお店のなかで、ステッカーやポストなどで、一度は目にしたこともあるのではないでしょうか。

カタカナの「ポイント」かアルファベットの「POINT」か、ということで、混同しやすくかなりややこしいので注意が必要です。

WAONポイントとWAON POINTの比較
カード画像
取扱ポイント WAONポイント WAON POINT
カード名 WAONカード WAON POINTカード
種類 電子マネー ポイントカード
年会費 無料 無料
発行手数料 300円 無料
ポイントの貯め方 ・実店舗の電子マネーWAON支払い
・イオンのネットショップ
・リサイクル
・イオン銀行の利用
・実店舗の現金払い
・イオンのネットショップ
・ウォーキング(要専用アプリ)
・リサイクル
主な機能 ・電子マネーWAONの利用
・WAONポイント、またはWAON POINTを貯める(要会員登録)
・WAON POINTを貯める
・WAON POINTで支払う
・ほかの人にWAON POINTをあげる
クレジットカード機能
電子マネー機能
ポイント還元率 ・0.5%(電子マネーWAONで決済時)
・0.5%(オートチャージ時)
・0.5%(現金払い時)
ポイント価値 1WAONポイント=1円相当
1WAON POINT=1円相当

次の項目では、「WAONポイント」と「WAON POINT」について解説していきます。

WAONポイントの基礎知識

電子マネーWAONを支払うとWAONポイントが貯まるというイメージ画像

ここからは電子マネーWAONや、WAONポイントについて説明していきます。

WAONポイントは、電子マネーのWAONを利用した際にもらうことができます。買い物の代金200円ごとに1WAONポイント付与されるので、ポイントの還元率は0.5%となります。

WAONカードの作り方

電子マネーWAONカードは主にイオンの店頭でつくることができ、その際の発行手数料は300円です。

もしも、Androidのスマートフォンを持っている人であれば、カードをつくる必要はありません。なぜなら「Google Pay」アプリか「モバイルWAON」アプリをダウンロードして会員登録すれば、発行手数料無料ですぐに利用できるからです。

電子マネーWAONのチャージ方法

電子マネーWAONは、利用する前に入金が必要なプリペイド型電子マネーで、1,000円からチャージができます。チャージは現金のほか、クレジットカード(イオンカードのみ)やイオン銀行の口座からもできます。

電子マネーWAONの主なチャージ方法
チャージ方法 チャージできる場所
現金 イオン及び、イオングループの店、ミニストップ、ファミリーマート、ローソンなど電子マネーWAONの加盟店
クレジットカード
(イオンカードのみ)
WAONステーションの機械端末など
イオン銀行の口座 イオン銀行ATM
貯めたWAONポイント WAONステーションの機械端末などでWAONポイントから電子マネーWAONに交換
米ドル・ユーロ・中国元・韓国ウォンなどの外貨 国際空港などに設置されている機械端末「ポケットチェンジ」

そのほか、「WAONカードプラス」があれば、クレジットカードのイオンカードを使ってオートチャージも可能です。こうすれば、一定の電子マネー残高を下回ったときに自動的にお金がチャージされるため、手間なく便利に使えます。

WAONポイントの使い方

電子マネーを利用したときにもらえるWAONポイントの具体的な使い方について、解説していきます。

貯まったWAONポイントはそのままでは使えない

貯まったWAONポイントは1ポイント=1円として使うことができます。

注意すべき点としては、電子マネーWAONは使うごとにどんどんWAONポイントが貯まっていきますが、WAONポイントはダウンロードして、ポイントチャージしてからでないと使うことができません。

そのあたりのことを次の項目で詳しく解説します。

「センター預かり」と「ポイントのダウンロード」とは?

WAONポイントの基本的な仕組みとして、買い物をしたときにもらえるポイントはまず、一度ポイントセンターに預けられます。これを「センター預かり」のポイントといいます。

センター預かりになったポイントを自身のカードに入れるためにはダウンロードが必要になります。

ダウンロードをする方法はさまざまありますが、よく使われるのは、イオンの店内やミニストップにある「WAONステーション」という機械端末でおこなうことができます。また、ファミリーマートにあるファミポートでも同じことができます。

ダウンロードしたポイントをWAONにチャージ

WAONポイントをダウンロードしたあとは、WAONにチャージする必要がありますので、WAONステーションなどで「ポイントチャージ」をしましょう。ここまでして、初めて電子マネーのWAONとして使えます。

少し難しいと思うかもしれませんが、一度やってみるとわかりますので、まずは「ポイントチャージ」があるということを知っておきましょう。

WAONポイントの貯め方

ここでは、WAONポイントが効率よく貯まる方法についてお話します。なかには、同じ商品でも買い物をする日によってポイントが2倍にも5倍にもなるお得な日についても解説しています。

電子マネーWAONが使えてWAONポイントが貯まる店は?

電子マネーWAONが使える店舗はどんどん増えており、今後も期待できそうです。

使える店舗のなかには、イオン系の店舗はもちろんのこと、ローソンファミリーマートなど、多くのコンビニがあります。また、家電量販店のビックカメラコジマのほか、マクドナルド吉野家CoCo壱番屋でも使えるのも便利です。そのほか、さまざまなドラッグストアチェーン店で使えるのもうれしいですね。

また、インターネットを使ったネットショッピングでは、イオングループのサイト、あるいは、イオンネットスーパーでも使えることを覚えておきましょう。

電子マネーWAONが使える主な店舗
ショッピング
・イオン
・ダイエー
・ダイエーグルメシティ
・マックスバリュ
・ピーコックストア
・まいばすけっと
ショッピングセンター、デパート ・イオンモール
・レイクタウン
・ビブレ
・OPA
・三越(一部店舗のみ)
コンビニ ・ミニストップ
・ファミリーマート
・ローソン
・ナチュラル ローソン
・ローソン ストア 100
・ポプラ
・スリーエイト
・生活彩家
ドラッグストア、保険薬局 ・ウエルシア
・ハックドラッグ
・ツルハドラッグ
・スギ薬局グループ
・ドラッグ セイムス
専門店、商店街 ・ユニクロ
・ビックカメラ
・コジマ
・ソフマップ
・エディオン
・上新電機
・ダイソー(一部店舗のみ)
・無印良品(一部店舗のみ)
・TSUTAYA
・スポーツオーソリティ
・はるやま
・やまや
・イオンペット
飲食店 ・マクドナルド
・吉野家
・キッチンオリジン
・かっぱ寿司
・小僧寿し
・七輪焼肉 安安
・ステーキのどん
・ドミノ・ピザ
・コメダ珈琲店
・CoCo壱番屋(一部店舗のみ)
・サーティーワンアイスクリーム(一部店舗のみ)
そのほかの店舗、サービス ・ヤマト運輸
・イオンシネマ
・コスモ石油
・ワシントンホテル
・ルートインホテルズ
・国内主要空港
・高速道路サービスエリア

ボーナスポイントがもらえる商品とは?

ボーナスポイントでは、対象の商品を購入することで通常のWAONポイントに加えて、さらに多くのポイントがもらえます。これらは主にイオン、ダイエー、まいばすけっと、ピーコックストア、マックスバリュ、ミニストップでおこなわれています。

対象の商品のジャンルは幅広く、飲料からお菓子、調味料、缶詰、お酒などさまざまなで、なかにはポイント還元率で計算すると10%を超える商品もあります。この対象商品は期間によって、あるいは店舗によっても異なりますので、その店舗ごとでこまめにチェックしてみましょう。

また、電子マネーWAONではなく、現金払いのWAON POINTカードの場合でも、ボーナスポイントを同じように獲得できます。

過去のボーナスポイント対象商品の一例
対象商品 ボーナスポイント
コカ・コーラ 500ml 10
キシリトールガム ファミリーボトル 50
キャノーラ油 900g 40
ニッスイ 冷凍焼きおにぎり 50
オレオバニラクリーム 18枚入り 20

ポイント2倍、5倍になるお得な日は?

通常は200円(税込)ごとに1ポイントですが、毎月5日、15日、25日は「お客様わくわくデー」としてポイントが2倍になり、200円(税込)ごとに2ポイントもらえます。

さらに毎月10日は「ありが10デー」として、200円(税込)ごとに5ポイントと、通常の5倍もらえます。

こちらもWAONポイントの場合でも、現金払いのWAON POINTでも適用されます(併用は不可)。

イオングループの店でポイントが多くもらえる日
5日 2倍 お客様わくわくデー
10日 5倍 ありが10デー
15日 2倍 お客様わくわくデー
25日 2倍 お客様わくわくデー

リサイクルで貯める

イオンの店舗にはリサイクルステーションというリサイクル処理機があり、そこに、WAON POINTカードあるいは電子マネーWAONカードをかざしたあと、リサイクル品を機械のなかに入れると、ポイントがもらえます。

なお、店舗によってリサイクルできるものが異なりますので、事前に店舗に問い合わせてから持ち込むようにしてください。

リサイクル品の獲得WAONポイント
古新聞、古雑誌 1kgにつき1ポイント
ペットボトル 5本につき1ポイント
紙パック 約10枚につき1ポイント

WAON POINTを電子マネーWAONで貯める

通常ですと、電子マネーWAONでは、WAONポイントが貯まります。

しかし別途申込みをすれば、電子マネーWAONで貯めるポイントを「WAON POINT」に変えることができます。

現金払いで貯まるWAON POINTの基礎知識

現金払いなら、WAON POINTカードを提示すれば、WAON POINTが貯まるというイメージ画像

電子マネーWAON払いで貯まる「WAONポイント」と、現金払いで貯まる「WAON POINT」とでは、似ているようで仕組みが異なります。

WAON POINTは、主にイオン系の店舗の現金払いの際に適用されます。基本的には、200円(税込)ごとに1POINTが貯まり、1POINT=1円として買い物の際の支払いに使うことができます。つまり、買い物代金の0.5%分のポイントがもらえるということです。

さらに貯めるだけでなく、家族や友達にWAON POINTをあげることもできます。これがほかのポイントサービスとは異なる点であるともいえます。

以前放送されていたWAON POINTカードのCMでは、ディーン・フジオカさんが登場し、「ためる、つかえる、わけあえる」というフレーズを覚えている人もいるかもしれませんね。

最近では、コスモ石油、サカイ引越センターなどイオングループではない店舗の参加も増えており、「Tポイント」、「Pontaポイント」、「楽天スーパーポイント」あるいは「dポイント」のような共通ポイントとして、今後広がって行く可能性があります。

WAON POINTカードの作り方

WAON POINTカードは、主にイオンやイオングループの店舗で、無料でつくることができます。

「WAON POINTカード」をつくれる主な店舗

  • イオンモール (サービスカウンター)
  • ミニストップ
  • マックスバリュ
  • まいばすけっと
  • ダイエー
  • ピーコックストア

いずれも無料でポイントカードをつくれますので、気になったらすぐにつくっても問題ないでしょう。

WAON POINTの使い方

WAON POINTは買い物の支払いに使えるだけでなく、商品と交換することもできます。

買い物の支払いで利用する

「WAON POINTカード」で貯めたポイントは「1ポイント=1円」で利用することができます。会計レジで「貯めたPOINTを使う」と伝えれば使えます。

なお、WAON POINTを買い物のときに使用する場合、事前にWAON POINTのサイト「smart WAON(スマートワオン)」にて会員登録が必要ですので、忘れずに済ませておきましょう。

商品と交換する

食品、洋菓子、キッチン家電など家族みんなで楽しめるような品物が豊富に揃っています。これらは、会員専用サイト「smart WAON」でおこなえます。

貯めたWAON POINTで交換できる商品の一例
商品
必要WAON POINT数
新潟産コシヒカリ3kg
2,500
オムロン 電子体温計けんおんくん 2,500
京都・都松庵なめらかプリンセット 3,000
カゴメ 野菜の保存食セット 3,500
マイメロディ×犬印鞄製作所 ポーチ (数量限定) 3,500
日本ハム 3種詰め合わせ 4,000

三越伊勢丹グループのポイントに交換もできる

貯めたWAON POINTは、三越伊勢丹グループのポイントプログラムである「エムアイポイント」に相互交換できます。

普段の生活での買い物はイオンでも、特別な日には三越や伊勢丹のデパートで買い物をするときもあるでしょう。そんなときにこのエムアイポイントがあれば、お得に買い物ができます。

なお、交換したい場合には、あらかじめクレジットカードの「エムアイカード」をつくる必要があります。

WAON POINTの貯め方

WAON POINTは電子マネーを使うと貯まるWAONポイントとほぼ同じ貯め方ができますが、取扱店舗が若干異なりますのでよく確認してみてください。

WAON POINTが貯まる店は?

WAON POINTを貯めることができる加盟店には主に店舗とネットショップがあります。

店舗は自宅の近くにないと、わざわざ遠くのWAON POINT加盟店に行くのは不便ですが、ネットショップなら、どこに住んでいるかはあまり関係ないので、上手く利用してどんどんWAON POINTを獲得しましょう。

WAON POINTが貯まる主な店舗
店舗名 取扱商品、サービス
イオン 食料品、日用雑貨
イオンモール ショッピングモール
ミニストップ 飲料、弁当、食料品、生活雑貨、雑誌
マックスバリュ 食料品、日用雑貨
まいばすけっと 食料品、日用雑貨
ダイエー 食料品、日用雑貨
ピーコックストア 食料品、日用雑貨
イオンシネマ 映画館
イオンペット ペット用品
イオンバイク 自転車、電動アシスト自転車
スポーツオーソリティ スポーツ用品、ウェア
ASBee 靴、スニーカー、ビジネスシューズ
コスモ石油 ガソリンスタンド
サカイ引越センター
引越しサービス
WAON POINTが貯まる主なネットショップ
店舗名 取扱商品、サービス
イオンネットスーパー 食料品、日用雑貨
AEON de WINE
ワイン
AEON STYLE fashion
レディース、メンズ、ビジネススーツなどの衣料品
AEON STYLE HOME
家具、寝具
AEONBIKE 自転車、電動アシスト自転車
AEON DIGITAL WORLD
イオンモバイル格安SIM、格安スマホ
R.O.U
インテリア雑貨、文具

WAON POINTにもボーナスポイント

ボーナスポイントは、さきほど解説した電子マネーを使ったときにもらえるWAONポイントと同じ仕組みです。対象の商品を購入すると、通常のポイントに加えボーナスポイントがもらえます。期間や店舗によって異なりますので、こまめにチェックしていきましょう。

WAON POINTにもポイント2倍、5倍になるお得な日

こちらも、仕組みはWAONポイントの項目で説明した内容と同じです。

毎月5日、15日、25日は「お客様わくわくデー」が開催となり、200円(税込)ごとに2ポイントもらえます。毎月10日は「ありが10デー」として、200円(税込)ごとに5ポイントもらえます。

これらの日を覚えておき、その日を狙って商品のまとめ買いをすれば、かなり多くのポイントが得られることでしょう。

そのほか、8,000歩のウォーキング(要専用アプリ)でPOINTがもらえたり、リサイクルでPOINTがもらえる仕組みもあります。

WAON POINTをわけあえる

電子マネーのWAONポイントは、ほかの人に渡すことができませんが、WAON POINTは渡すことができます。

例えば、家族のひとりにポイントをまとめることもできます。「母親の誕生日に家族のみんなのポイントを集めて、プレゼントを買おう」ということも可能になります。

「WAONポイント」と「WAON POINT」どちらがいいのか?

ここまでは、「WAONポイント」と「WAON POINT」を解説してきましたが、一体どちらがいいのでしょうか?

これに関しては、ポイントの特性が違うため、どちらがいいというのが難しいというのが本当のところです。

「現金払いならWAON POINTだけど、これからはキャッシュレス決済にも興味がある…」また、「電子マネーはいいけど、現金でチャージするのが面倒くさそう。」と思う人は少なくないでしょう。

それを解決するひとつとして、クレジットカードの「イオンカード」をつくるという方法があります。

イオンカードならポイントを確実に獲得!

クレジットカード払いの場合、ときめきポイントが貯まり、WAON POINTへの交換もできるというイメージ画像

どちらのポイントを貯めるのがよいか、迷っている人におすすすめしたいのが、年会費無料のクレジットカードである「イオンカード」です。

実はこの一枚があれば、電子マネーWAON払いでも、現金払いでも、クレジットカード払いでもポイントを貯めることができます。

この「イオンカード」を使って電子マネーで支払うと、通常の200円ごとに1WAON POINTに加えて、さらに月間の利用額が500円ごとに1WAON POINTがもらえます。

利用金額が1,000円ならトータルで7WAON POINTがもらえ、還元率で考えると0.7%なります。つまり、赤紫色のWAON POINTカードでポイントを貯めるよりもお得というわけです。

また、イオンカードなら電子マネーを便利に使うために必要なオートチャージの設定も可能です。このオートチャージを使えば、現金でのチャージは不要となり、例えば「チャージ残高が2,000円を下回った時点で3,000円を自動的にチャージする」ということができるので、完全キャッシュレスにすることができます。

イオンカードは持っているだけで得をする!押さえておきたい7つのポイントを徹底解説
誰もが知っているスーパーマーケット「イオン」。あなたの街にもイオングループのお店があるのではないでしょうか。 イオンカードはその名の通りイオングループが発行するクレジットカードで、専業主婦の方でも作りやすいと評判。世界中に4,000万人以上の会員がいる人気のカードです。 毎日の買物でポイントが貯まり、イオングループでの買物が割引になるなど嬉しい特典が盛りだくさんのイオンカードですが、実はイオン以外でもお得になる方法や、意外に知られていない特長があります。 この記事では、イオンカードを使うにあたって押さえておきたい7つのポイントを解説していきます。さらに気になるゴールドカードの情報や、イオンカードの基本的な使い方もまとめました。 イオンカードが気になっている人も、もう既にイオンカードを持っている人も、この記事を読めばお得で便利にイオンカードを活用していただけるはずです。
イオンカードセレクト
おすすめポイント
  • 入会金・年会費無料はもちろん、ETCカードや家族カードも全て無料!
  • WAONでのお買い物やオートチャージでWAONポイント2重取り!
  • イオン銀行ATM利用手数料が0円で使える!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.5%~2.0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 約2週間
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社イオン銀行

WAONポイント(WAON POINT)よくある質問集

ここでは、わかりにくいポイントについての細かな質問にも答えていきます。

WAONポイント(WAON POINT)の履歴、確認をする方法とは?

WAONポイント(WAON POINT)の残高はさまざまな方法で確認することができます。

WAONポイントの残高を確認する主な方法

  • 買い物の際のレシートの記載
  • イオン内のWAON端末(WAONステーションなど)
  • 「smart WAON」のウェブサイト及びスマホアプリ

スマホ用「smart WAONアプリ」でできることは?

WAONポイントには、「smart WAONアプリ」がiPhone版とAndroid版で用意されています。

このアプリでは、WAON POINTの会員登録ができ、ポイントの残高、履歴を確認することができます。

複数のWAON POINTを合算することはできる?

「家族のカードを1枚にまとめたい」「自分が持っている2枚のカードのWAON POINTを合算したい」という人は、WAON POINTを合算することが可能です。

これらは「smart WAON」のサイトにて、手続きすることができます。

WAON POINTはWAONポイントへ移行できる?

現金払いで貯めたWAON POINTは、WAONステーションなどでWAONポイントに移行することが可能で、そのWAONポイントは電子マネーWAONにチャージすることができます。

つまり、現金払いでもらえるWAON POINTを貯めれば、移行を経て、電子マネーWAONとして利用することできるというわけです。

WAONポイント(WAON POINT)に有効期限はある?

WAON POINTの有効期限を解説したイラスト画像

電子マネーの利用で貯まった「WAONポイント」も現金払いで貯まった「WAON POINT」も、有効期限があります。

イラストでは「WAONポイント」の有効期限について説明しています。例えば、2018年4月23日に初回チャージした場合、以下の3つのことが決まります。

ポイントの有効期限について

  1. ポイントの有効期限は、約2年後の2020年4月末日となります
  2. 2018年4月23日~2019年4月末日「A期間」、この約1年の間に発生したすべてのポイントについても有効期限は2020年4月末日までとなります
  3. 「A期間」に獲得したポイントは、2020年4月末日以降すべて消滅します

また、WAON POINTに関しては、「電子マネーの初回チャージした日」を「最初にWAON POINTが発生した日」に置き換え、そのほかは同じルールとなります。

なお、電子マネーWAONにチャージしたお金の有効期限はありません。

カードを紛失したらどうすればいい?

電子マネーWAONカードやWAON POINTカードを紛失したときは、コールセンターに電話しましょう。そのカードの利用を停止してくれます。

WAONコールセンター
(電子マネーWAONを紛失した場合)
0120-577-365
または043-331-0011
携帯電話からは0570-064-375(ナビダイヤル・通話料有料)
営業時間9:00~21:00(年中無休)

WAON POINTサポートセンター
(WAON POINTカードを紛失した場合)
0120-500-154
携帯電話からは0570-550-710(ナビダイヤル・通話料有料)
営業時間9:00~21:00(年中無休)

また、WAON POINTカードで貯めていたポイントは、事前に名前や住所などをWAON POINTのサイト「smart WAON(スマートワオン)」に登録しておけば、あとで引き継ぎが可能になります。

WAONポイント(WAON POINT)のまとめ

電子マネー払いで貯まる「WAONポイント」と現金払いで貯まる「WAON POINT」ということで、理解するのが大変ですね。

「一緒になってほしい」という声もありそうなので、将来もっとわかりやすくなるといいですね。

いずれにしてもイオングループのお店をよく利用する人であれば、WAONポイント、あるいはWAON POINTを貯めてみましょう。