更新日: / 公開日:

QUICPayについて解説。お得に使えるクレジットカードはどれ?

QUICPayについて解説。お得に使えるクレジットカードはどれ?

最近世の中がどんどん便利になっていますね。私は特に、ネット通販で買い物をする時にその便利さを実感します。そんな、ネット通販と比例するように、支払いの方法も年々便利になっており、最近ではレジで支払いをする際に現金払い以外の様々な方法が選べるようになりました。

電子マネーのQUICPayもその1つです。電子マネーは、年々種類が増えてきているので、いまいち理解していない方も多いと思います。今回は、電子マネーの中からQUICPayについて解説していきます。

QUICPayとは

QUICPayは後払い制の電子マネーです。
利用するにはクレジットカードが必要になり、電子マネーとクレジットカードのそれぞれのメリットを合わせ持っています。

QUICPayのメリット

支払いが早く終る

QUICPayでの支払いは、レジに備え付けている専用読取機にかざすだけで、支払いが終わります。
時間にして1秒程度しかかからないため、クレジットカード払いと比べてもスピーディーに支払えます。また、クレジットカードでの支払いと異なり、店員にカードを渡したり、暗証番号を入力する必要がありません。

クレジットカードを利用する際は、暗証番号が漏洩しないように気をつけなくてはならないので、そういった心配をすることなく安心して利用できます。

チャージが必要ない

QUICPayは後払い制の電子マネーのため、チャージの必要がありません。
前払い制の電子マネーだと、利用する前にチャージをしておく必要がありますが、QUICPayではクレジットカードを登録しておけば、支払われる形になるため手間なく利用する事ができます。

紛失や盗難の際も補償がある

QUICPayは紛失や盗難に合った際でも補償が付きます。
利用するにはクレジットカードを登録する必要があり、使用時には暗証番号の入力が不要のため、クレジットカード以上に盗難には注意する必要があります。

しかし、QUICPayには補償があるので万が一紛失や盗難が起きても、届け出を出した日から指定の日をさかのぼって補償が行われます。前払い制の電子マネーの場合、会社によって対応は変わりますが、紛失や盗難にあっても全額補償されないケースもあり、泣き寝入りになってしまう場合もありますので、その点QUICPayは安心です。

クレジットカードのポイントが貯まる

QUICPayを利用した場合、利用金額に応じてクレジットカードのポイントが加算されることになります。
クレジットカードでの支払いは、1万円以上からなどの制限があるお店もあるので、そういったお店でQUICPayが利用できれば、実質的にクレジットカードで支払った事と同じになり、ポイントを貯めることができます。

nanacoポイントも貯まる

nanacoカードにはQUICPayが搭載されていているものがあります。
クレジットカードを登録後に、セブンイレブンでQUICPayで支払いを行うと利用金額に応じたnanacoポイントが貯まります。支払いはクレジットカード経由となるため、nanacoポイントとクレジットカードのポイントを2重取りすることができます。

QUICPayのデメリット

利用するにはクレジットカードが必要

利用するにはクレジットカードの登録が必要となるため、カードを持っていない方は利用できません。また、全てのクレジットカードで登録できるわけではないので、対応しているクレジットカードかどうかを、QUICPay公式サイトで確認をしてください。

QUICPay対応クレジットカード発行会社一覧(2016年11月1日時点)
・JCB
・トヨタファイナンス
・オリコ
・セディナ
・日専連
・UCSカード
・アプラス

1度の会計で2万円までしか利用できない

1度の会計で支払える最高金額は2万円となっています。
スーパーやコンビニなどの一般的な買物には対応できると思いますが、高額な商品を購入する場合には物足りないと感じるかもしれません。

クレジットカードと同じ利用限度額

クレジットカードを登録して使うため、クレジットカードの限度額がそのままQUICPayにも適用されます。クレジットカードを使いすぎて限度額まで達すると、QUICPayの利用も出来なくなりますので注意が必要です。

QUICPayはタイプも様々

電子マネーというとクレジットカードのようなカードタイプを想像してしまうと思いますが、QUICPayには様々なタイプがあります。

カードタイプ

カードタイプには「専用カード」「クレジットカード一体型(QUICPay搭載)」「QUICPay(nanaco)」の3種類があります。

専用カード

QUICPayの機能だけがついた専用カードです。QUICPay専用の端末があるお店でのみ利用可能です。

クレジットカード一体型

クレジットカードにQUICPayの機能が付帯したカードです。QUICPay専用端末が無い場合でもお手持ちのクレジットカードが対応している加盟店で、クレジットカードでの支払いが可能です。

QUICPay(nanaco)

QUICPayを搭載したnanacoカードです。
発行しているクレジットカード会社はJCB、セディナ、セブンカードのみとなっています。

モバイルタイプ

おサイフケータイ対応の携帯電話で、利用できるタイプのQUICPayです。

その他のタイプ

キーホルダー型などがあります。

クレジットカード一体型はQUICPayの弱点を克服

QUICPayは電子マネーであるため、1回払いにしか対応していません。
また、1回で支払うことができる上限金額も2万円以下であるため、高額な商品を購入する際は、不便さを感じることがあるかもしれません。

しかし、クレジットカード一体型QUICPayを使えば、2万円以下はQUICPay機能を使い、それ以上の支払いや分割払いを利用したい時には、クレジットカード機能を使う。という風に使い分けができるので、QUICPayの弱点をカバーできます。

QUICPayの利用方法

①店頭でお会計の際にQUICPayで支払うことを伝えます。

②お手持ちのQUICPayをレジのリーダーにかざします。
QUICPayの端末が緑色に点灯したらお支払完了です。

③お支払後レシートを受け取ります。

④後日、クレジットカードの利用明細書にQUICPay利用分も合わせて請求されます。
デビットカード、プリペイドカードの場合は、会社ごとで指定されている方法で請求されます。

特にオススメのクレジットカード

JCB一般カード

JCB一般カードはQUICPayを追加することでることができます。
またQUICPay(nanaco)を選ぶこともでき、セブンイレブンで利用するとポイントを2重取りできてお得です。

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINTは、QUICPay一体型を選ぶことができます。年会費は永年無料です。
さらにこのカードは、入会特典でポイント還元率がアップします。
また、オリコモールを経由したネットショッピングでもポイント還元率がアップするので、入会特典がある内にオリコモールを経由してお買物をすると還元率が数倍に上がる場合もあります。

セゾンカード

QUICPay(nanaco)の利用で、ポイントの2重取りが可能です。
またセゾンカードは、ポイントの有効期限がない「永久不滅ポイント」を採用しているので、利用金額が小さくポイントが貯まりにくい方でも、有効期限によってポイントを失効する心配はありません。

新たに始まったQUICPay+(クイックペイプラス)

最後に新たに始まったQUICPay+を紹介します。
QUICPay+では従来の機能に加え、2万円を超える支払いやデビットカードやプリペイドカードでの登録ができるようになりました。2016年から始まったサービスなので加盟店の数は少ないですが、今後は加盟店の数を増やしQUICPayの利用がさらに便利になるでしょう。

まとめ

・QUICPayは後払い制の電子マネー

・QUICPayの利用にはクレジットカードが必要

・クレジットカード一体型か、QUICPay(nanaco)が特にオススメ

・これまでのデメリットに対応したQUICPay+が始まった

関連記事

2019年01月30日
2019年01月30日
2019年01月30日
2019年02月08日
2019年01月30日
2019年01月30日
2019年01月31日
2019年02月08日
2019年01月31日
2018年12月11日
2019年02月01日
2018年12月25日
2019年02月06日
2019年01月30日
2019年01月31日
2018年12月11日
2019年01月30日
2019年01月30日
2019年01月29日
2019年02月04日