更新日:

東急カードは東急ユーザー必携!還元率が最大10%で電車・バス利用でさらにおトクに!

東急カードは東急ユーザー必携!還元率が最大10%で電車・バス利用でさらにおトクに!

東急カード(TOKYU CARD ClubQ JMB)は、東急百貨店や東急ストアなどの東急グループのお店でのお買物や、PASMOやJALの利用でポイントやマイルが貯まるおトクなカードです。

東急沿線居住者の3人に1人が持っている人気のクレジットカードで、主に東急線や東急バスをメインに利用している方は必ず持っておきたいクレジットカードです。

本記事では東急カードの年会費や還元率などの基本情報から、おトクなポイントの貯め方や東急カードならではの優待・特典などを紹介していきます。東急カードを作ろうと考えている人はもちろん、すでに持っている方にも役立つ情報が満載です。

TOKYU CARD ClubQ JMB (PASMO一体型)
おすすめポイント
  • 初年度年会費無料
  • 通勤や通学に最適なカード
  • 東急百貨店やShinQsでは最大10%のポイント還元!
年会費 無料
次年度以降 1,080円
ポイント還元率 0.5 〜 10%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 最短10日(WEB入会の場合)
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 東急カード株式会社

年会費や還元率は? 東急カードの基本情報

2019年4月現在、東急カード株式会社は3種のTOKYU CARD ClubQ JMBと、現金ポイントカードを自社発行しています。そのほか「提携カード」として、TOKYU POINTサービス機能が備わったJAL提携カードANA提携カード三菱UFJ提携カードが発行されています。

東急カードとTOKYU POINT提携カードをまとめてみました。

自社発行カード(東急カード) 提携カード
・TOKYU CARD ClubQ JMB
・TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO
・TOKYU CARD ClubQ JMB ゴールド
・JALカード TOKYU POINT ClubQ
・JALカード TOKYU POINT ClubQ CLUB-Aカード
・JALカード TOKYU POINT ClubQ CLUB-Aゴールドカード
・ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
・スーパーICカード TOKYU POINT PASMO「三菱UFJ-VISA」

上記のうち、自社発行の3券種については、東急ホテルズのポイントサービスである「コンフォートメンバーズ」機能を付けることができます。機能を付けても付けなくても年会費は変わらないため、東急ホテルズをよく利用する方は、宿泊料金の割引やポイント獲得などの優待が受けられるコンフォートメンバーズ機能付きへの入会をおすすめします。

東急カードのそれぞれの特徴をわかりやすく解説

東急カードの年会費やポイント還元率などの詳細を見てみましょう。

TOKYU CARD ClubQ JMB(PASMO)

東急カードの中でもっともスタンダートなのが、TOKYU CARD ClubQ JMBです。TOKYU CARD ClubQ JMBの年会費やポイント還元率などを一覧表にしてみました。

券面
年会費 初年度:無料
2年目〜:1,000円(税抜)
ポイント還元率
0.5%〜10.0%
ポイント名 TOKYU POINT
発行スピード 最短10日
限度額 公式サイト参照
マイレージ還元率(最大) 0.5%
ETC年会費 無料

TOKYU CARD ClubQ JMBは、初年度であれば年会費無料で利用することができます。また、ポイント還元率も最大で10%と高率なのも特徴的です。

TOKYU CARD ClubQ JMBには、PASMO機能が付いた「PASMO一体型」と、付いていない「分離型」の2種類があります。PASMO一体型は、クレジットカードと定期券が一体になっているタイプです。クレジットカードと定期券を別々に持ちたいという方は、「分離型」を選ぶようにしましょう。

国際ブランドVISAMastercardになりますが、VISAだとコンフォートメンバーズ機能を付けることができないので気を付けましょう。

おすすめポイント

  • 初年度年会費無料!
  • 東急グループやPASMOの利用でポイントが貯まる
  • 東急グループのご利用時最大10%のポイント
  • PASMO機能一体化&オートチャージ
TOKYU CARD ClubQ JMB (PASMO一体型)
おすすめポイント
  • 初年度年会費無料
  • 通勤や通学に最適なカード
  • 東急百貨店やShinQsでは最大10%のポイント還元!
年会費 無料
次年度以降 1,080円
ポイント還元率 0.5 〜 10%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 最短10日(WEB入会の場合)
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 東急カード株式会社

TOKYU CARD ClubQ JMB ゴールド

続いて、TOKYU CARD ClubQ JMBのゴールドカードであるTOKYU CARD ClubQ JMB ゴールドについて見ていきましょう。

券面
年会費 6,000円(税抜)
ポイント還元率 0.5%〜10.0%
ポイント名 TOKYU POINT
発行スピード 最短10日
限度額 公式サイト参照
マイレージ還元率(最大) 0.5%
ETC年会費 無料

TOKYU CARD ClubQ JMB ゴールドは、年会費が初年度から6,000円(税抜)かかるなど、一般カードに比べると高額です。ただしその分、最高1億円補償の海外旅行保険や年間300万円のショッピング保険が付帯するほか、国内の主要空港ならびにホノルルのラウンジを無料で利用できるなど、ゴールド限定特典も利用することができます。

TOKYU CARD ClubQ JMB ゴールドの特典については、後ほど「一般カードとなにが違うの? ゴールドカードならさまざまな優待や特典が受けられる!」の章で詳しく説明します。

おすすめポイント

  • 東急グループやPASMOの利用でポイントが貯まる
  • 東急グループの利用で最大10%のポイント還元
  • 空港ラウンジが利用できる
  • 安心の旅行保険&ショッピング保険付き
TOKYU CARD ClubQ JMB ゴールド(コンフォートメンバーズ機能付)
おすすめポイント
  • 電車・バスでポイントが貯まる!
  • 空港ラウンジご利用可!
  • 貯まったTOKYU POINTをPASMOにチャージ
年会費 6,000円
次年度以降 6,000円
ポイント還元率 1%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 -
発行期間 10営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 非対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能

審査基準について

東急カードの申込基準については、「18歳以上で、本人または配偶者に安定継続収入のある方。または、高校生を除く18歳以上で学生の方」となっています。専業主婦の場合は、年収欄に配偶者の年収を記載すれば申込むことができます。

東急カード(TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO一体型)は学生の定期券としての利用も想定されているため、高校を卒業していれば学生の方でも安心して申込むことができます。ただし、未成年・学生の場合は親権者の承諾が必要となります。

なお、他のクレジットやカードローンなどの返済を滞納していている人は、審査に通る可能性が低くなってしまうので気を付けましょう。

審査のポイント

  • 18歳以上であれば学生もOK(高校生は除く)
  • 継続的かつ安定した収入がある(配偶者でもOK)
  • 他のクレジットやローンで滞納がない

クレジットカードの審査に関しては、以下の記事をご参照ください。

クレジットカードの審査に落ちる8つの理由や審査基準、審査に通りやすいクレカを紹介!
クレジットカードの審査が不安な方、審査落ちの原因を知りたい方必見!クレジットカードの審査に通るためにはコツがあります。審査で重視されるポイントや審査難易度低めのおすすめクレジットカードをご紹介します。

WEB、郵送、店頭…申込方法は3通り!

東急カードの申込方法にはWEB郵送店頭の3通りがあります。それぞれの特徴は以下の通りです。

WEB 郵送 店頭
申込方法 東急カードの公式ホームページから申込 入会申込書に必要事項を記入し、郵送 東急の各施設にある「TOKYU CARDカウンター」で申込
カード発行までの時間 最短で10日ほど 東急カード株式会社に申込書が届いてから、約3〜4週間ほど 最短で10日ほど
その他 以下の場合、最短での発行ができない

・未成年、および家族カードを同時に申込んだ場合
・申込内容に不備がある場合
・審査状況によっては日数がかかる場合もある
・仮カードのみ即日発行可能
・仮カードを発行した場合、カード受け取り後に本カードの審査がおこなわれる
・1週間程度で審査結果が通知され、審査を通過した場合、さらに1週間程度で本カードが郵送されてくる

3種類のうち、WEBでの申込が一番利便性が高くおすすめです。申込用紙を取り寄せる必要がある郵送や店頭での申込に比べて簡単で、カード発行までの時間も早いため、少しでも早くクレジットカードを作りたい方はWEB申込を利用すると良いでしょう。

特典・割引…おトク情報が盛りだくさん!東急カードのメリット

東急カードには、他のクレジットカードにはないどのようなメリットがあるのでしょうか。東急カードならではのメリットを紹介していきます。

東急グループおよびTOKYU POINT加盟店でおトクにポイントが貯まる

東急カードを持っていれば、東急グループやTOKYU POINT加盟店でおトクにポイントを貯めることができます。東急グループおよびTOKYU POINT加盟店には以下のような店舗があります。

東急グループ TOKYU POINT加盟店
・東急百貨店
・東急ストア
・東急ハンズ
・渋谷ヒカリエ ShinQs
・渋谷ヒカリエ
・SHIBUYA109
・渋谷ストリーム
・東急ホテルズ
・ブックファースト
・出光
・タイムズ(時間貸駐車場)
・ぐるなび
・ENEOS
・三菱UFJ銀行
・三井住友信託銀行
・横浜銀行

東急カードのポイント還元率は、東急グループで利用するか、それ以外の店舗で利用するかで変わってきます。東急グループ以外で利用した場合、還元率は1%になります。

東急グループの中では、東急百貨店の還元率が特に高くなっています。東急百貨店では、最大10%のポイントが還元されます。ポイントの還元率については、後ほど詳しく解説します。

知らないと損!WEB明細サービスの登録で還元率アップ

東急カードは基本どこで使っても、料金の支払い時に利用額の1%分のポイントが貯まる仕組みになっています。しかし還元率を1%にするには、WEB明細サービスの登録が必須となります。

これを忘れると還元率が0.5%になってしまいます。インターネットで簡単に登録できるので、カードを利用する前に忘れずにWEB明細の登録しておきましょう。

東急グループのお店ならさらに還元率アップ

東急グループ以外のお店で利用した場合、還元率が1%になるというのは先ほど述べた通りです。それでは、東急の系列店でカードを利用した場合、ポイントはどのくらい還元されるのでしょうか?

東急グループの店舗で利用した場合、以下の通り、加盟店ポイントが還元されます。

店舗名 加盟店ポイント
東急百貨店 ご利用金金額の3〜10%
渋谷ヒカリエ ShinQs ご利用金金額の3〜10%
渋谷ヒカリエ 100円につき2ポイント
渋谷ストリーム 100円につき2ポイント
東急ハンズ 100円につき1ポイント
東急プラザ 100円につき3ポイント
東急ストア・プレッセ 200円につき3ポイント
青葉台東急スクエア 100円につき2ポイント
たまプラーザテラス 100円につき2ポイント
二子玉川ライズ S.C. ご利用金額の3%
レミィ五反田 100円につき3ポイント
日吉東急アベニュー 100円につき3ポイント
武蔵小杉東急スクエア 100円につき2ポイント
町田東急ツインズ 100円につき3ポイント
港北TOKYU S.C. 100円につき3ポイント

東急百貨店なら最大10%の高還元率!

東急グループの中でも、東急百貨店がもっとも高いポイント還元率を設定しています。東急百貨店では、前年度の年間利用額によって以下のように還元率が変わってきます。

年間利用額 還元率
10万円未満 3%
10万円以上50万円未満 5%
50万円以上100万円未満 7%
100万円以上300万円未満 10%
300万円以上 10%

東急グループ以外の店舗の還元率が1%なのに対して、東急百貨店は前年度の利用額が10万円未満であっても3%が付与されます。早くポイントを貯めたいという方は、東急百貨店で買物をすると有効に貯めることができます。

また、上記の還元率はあくまで「ベースポイント」のため、キャンペーン期間中などはさらにポイントが上乗せされます。ただし、この東急百貨店でのポイントアップは、食料品やセール品については対象外となりますのでご注意ください(食料品やセール品のポイント還元率は一律1%)。

ポイント還元率が高いクレジットカードを知りたい方は、以下の記事をご参照ください。

クレジットカードのポイント還元率を完全比較!本当におすすめなクレカを厳選紹介
【高還元率クレカ特集!】高還元率のクレジットカードと呼ばれる「還元率が1%を超えるクレジットカード」に絞って、本当におすすめできるカードを紹介!お得にポイントを貯めたい方必見です!

貯まったポイントは東急系列のお店ですぐに使える!

貯まったTOKYU POINTは、東急百貨店や東急ストアなどの東急系列の店舗で、「1ポイント=1円」として使うことができます。しかし加盟店のすべてが同様のシステムを採用しているわけではなく、たとえば東急ハンズの場合、ポイントはお買物券に交換してから使うシステムになっています。

以下の店舗では、TOKYU POINTを「1ポイント=1円」として利用することができます。

TOKYU POINTを「1ポイント=1円」として利用できる店舗

  • 東急百貨店
  • 渋谷ヒカリエ ShinQs
  • 渋谷ヒカリエ
  • 東急ストアネットスーパー
  • 東急ストア・プレッセ
  • 武蔵小杉東急スクエア
  • 二子玉川ライズ S.C.
  • 109 MACHIDA
  • エトモ自由が丘
  • 青山フラワーマーケット ほか

主な店舗ならポイントを貯めることも使うことも可能ですが、中にはTOKYU POINTを利用できない店舗もあるので気を付けましょう。

TOKYU POINTの有効期限は最長3年間

せっかく貯めたポイントも、期限内に使い切らなければ失効してしまいます。がんばって貯めたポイントが、ある日突然なくなってしまったらショックも大きいでしょう。そこで気を付けたいのが「有効期限」です。

TOKYU POINTの有効期限は、獲得した年の翌々年の12月末日までです。

2016年1月1日~12月31日までに貯めたポイントは、2018年12月31日をもって無効となります。無効になったTOKYU POINTは復活できませんので、有効期限前に使い切るようにしましょう。

TOKYU POINTの有効期限を説明した画像

東急カードのポイントについて詳しく知りたい方は下記記事をご覧ください。

東急カードのポイント還元率は最大10%! 効率よく貯める方法やお得なキャンペーン情報を紹介
東急カードのポイント(TOKYU POINT)は、東急グループのお店でのショッピングや、東急線の利用・定期券の購入などで貯めることができます。貯まったポイントは加盟店でのお買い物で現金代わりに利用できるほか、PASMOへのチャージやJALマイルとの交換など、さまざまな用途に使うことができます。本記事ではTOKYU POINTにスポットを当て、ポイント還元率を最大10%までアップさせるテクニックや、貯めたポイントのお得な使い道、おすすめのクレジットカードや期間限定のキャンペーン情報などをご紹介します。

鉄道系ならではの利点!PASMOのオートチャージも可能

東急カードはショッピングに役立つクレジットカードですが、電子マネーPASMO機能が付いているので電車やバスの利用時にも重宝します。

特にTOKYU CARD ClubQ JMBと各種TOKYU CARDゴールドは、PASMOオートチャージサービスとノッテチャージサービス利用額の1%のTOKYU POINTが貯まります。これは、PASMOオートチャージサービス対応クレジットカードの中でも高い還元率です。

また、東急線の電車や東急バスにPASMOやSuicaを使って乗車し、同日中に専用端末にタッチするとTOKYU POINTが1日10ポイント貯まる「乗ってタッチTOKYUポイント」も提供しています。

電車やバスなどの利用でもポイントが貯まるのは、鉄道系カードならではのメリットです。日頃から東急線や東急バスを利用する人は、PASMO一体型の東急カードを作るとポイントが貯まりやすくおすすめです。

東急カードのメリット

  • 東急グループおよびTOKYU POINT加盟店でおトクにポイントが貯まる
  • 最大10%の高還元率!
  • 東急線や東急バスの利用でもポイントが貯まる
年会費: 無料
次年度以降: 1,000円(税抜)
ポイント還元率: 0.5 〜 10%
公式サイトを見る
年会費: 6,000円
次年度以降: 6,000円
ポイント還元率: 1%
公式サイトを見る

入会前に知っておきたい!東急カードのデメリット

前述の通り、東急カードには数多くのサービスや特典があります。しかし実際に会員になる前に、デメリットについてもきちんと知っておきましょう。

東急カードには以下のようなデメリットがあります。

東急カードのデメリット

  • 東急線や東急グループを利用しないとポイントが貯まりづらい
  • 2年目以降は年会費が1,000円(税抜)かかる

東急カードの最大のデメリットは、東急グループのお店が少ない地域に住んでいる人にとってはメリットが少ない点です。

当然ながら、東急カードは東急系列のお店で買物をしないとポイントが貯まりづらくなっています。よって、日頃から東急系列のお店を利用しない人にとってはメリットがありません。

同様に、東急沿線の地域に住んでない人にとってもメリットが少ないといえるでしょう。

2つめのデメリットは、2年目から年会費が1,000円(税抜)かかる点です。他のカード会社では、1度でもカードを利用すると翌年の年会費が無料になったり、年間利用額が一定を超えると年会費が無料になったりするところがあります。

年間でどれだけ利用しても年会費が一定なのは、東急カードのデメリットといえるでしょう。

電車・バスの利用でさらにおトクに!通勤・通学時も東急カード(PASMO一体型)でポイントゲット!

PASMOオートチャージサービスを説明した画像

東急カードはショッピング以外に、東急線の電車や東急バスの利用時にもポイントが貯まるというのは前述の通りです。本項ではPASMOを使ったおトクなポイントの貯め方を紹介していきます。

「電車とバスで貯まるTOKYU POINT」に登録しよう!

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO(東急カード)に入会後、カードが手元に届いたらすぐに済ませておきたいのが「電車とバスで貯まるTOKYU POINT」の登録です。

「電車とバスで貯まるTOKYU POINT」は登録すると通勤・通学、お出かけなど、いつもの電車やバスに乗るとTOKYU POINTが貯まるおトクなサービスです。さらに、PASMO定期券の購入やPASMOオートチャージでもポイントが貯まります。

逆に、「電車とバスで貯まるTOKYU POINT」に登録しないと、オートチャージや定期券を購入してもポイントが貯まらないので気を付けましょう。

PASMO定期購入やオートチャージでTOKYU POINTをゲットしよう

PASMO定期券購入やオートチャージでどのくらいTOKYU POINTが貯まるのか、詳しく見ていきましょう。

PASMO定期券の購入で最大3%

PASMO定期券購入でどのくらいポイントが貯まるのか、一覧表にしてみました。

東急カード発行カード 東急電鉄発行カード 提携会社発行カード
TOKYU CARD ClubQ JMBもしくは各種ゴールドカード その他TOKYU CARD

TOKYU POINT CARD ・JALカード TOKYU POINT ClubQ
・ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカード
・スーパーICカード TOKYU POINT PASMO「三菱UFJ-VISA」
PASMO定期券
(東急線いちねん定期)
3.0% 0.5% 0.5% 0.5%
PASMO定期券
(1、3、6か月定期券)
1.0% 0.5% 0.5% 0.5%

有効期間が1年間の「東急線いちねん定期」なら、TOKYU CARD ClubQ JMBで購入すれば3.0%の還元となります。これはJR東日本・私鉄の中でもかなり高い還元率です。10万円なら3,000円分、20万円なら6,000円分のポイントが得られます。

「1・3・6か月定期券」の場合、購入しても1.0%しか還元されません。同じ職場で1年以上勤務する予定がある人は、「いちねん定期」を購入した方がポイントが貯まるのでおすすめです。

PASMOオートチャージで利用額の1%

続いて、PASMOオートチャージサービスとノッテチャージサービスでどのくらいポイントが貯まるのか見てみましょう。

東急カード発行カード 東急電鉄発行カード 提携会社発行カード
TOKYU CARD ClubQ JMBもしくは各種ゴールドカード その他TOKYU CARD

TOKYU POINT CARD ・JALカード TOKYU POINT ClubQ
・ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカード
・スーパーICカード TOKYU POINT PASMO「三菱UFJ-VISA」

PASMOオートチャージ 1.0% プレミアムポイント 0.2%

× ×
世田谷線ノッテチャージサービス 1.0% プレミアムポイント 0.2%
× ×
東急バスノッテチャージサービス 1.0% プレミアムポイント 0.2%
× ×

TOKYU CARD ClubQ JMBは、PASMOにオートチャージすると200円ごとに2ポイント貯まります。還元率は1%です。

これはJR東日本の「ビューカード」の還元率(1.5%)よりは低いものの、交通系ICカードへのチャージとしては高水準の還元率です。

PASMOの残金がオートチャージ実行判定金額(1,000円~10,000円)以下になったときに改札機を通過すると、設定したオートチャージ金額(1,000円~10,000円)が自動的にチャージされる仕様になっています。

「乗ってタッチTOKYUポイント」で1日10ポイント

「乗ってタッチTOKYUポイント」を説明している画像

乗ってタッチTOKYUポイント」とは、東急線の電車や東急バスに設置してある専用端末にPASMOやSuicaでタッチすると、TOKYU POINTが10ポイントもらえるサービスです。

ポイント獲得の手順は以下の通りです。

ポイント獲得の手順

  1. PASMOやSuicaで電車やバスに乗る
  2. その日のうちにカードで専用端末にタッチする
  3. TOKYU POINTが10ポイント貯まる

上記の通りとても簡単な作業でポイントがもらえるので、通勤・通学で東急の電車やバスを利用する方はぜひ利用してみてください。

貯まったポイントはPASMOにチャージできる!

貯まったTOKYU POINTは、「1ポイント1円」として10ポイント単位でPASMOにチャージして電子マネーとして利用することができます。ポイントチャージは東急線各駅でおこなえます(一部駅を除く)。

東急百貨店などでこまめにポイントを使っていれば失効の心配はありませんが、普段あまり東急グループで買物をする機会がない人は、PASMOへのチャージがおすすめです。

東急カードのポイントについて詳しく知りたい方は下記記事をご覧ください。

東急カードのポイント還元率は最大10%! 効率よく貯める方法やお得なキャンペーン情報を紹介
東急カードのポイント(TOKYU POINT)は、東急グループのお店でのショッピングや、東急線の利用・定期券の購入などで貯めることができます。貯まったポイントは加盟店でのお買い物で現金代わりに利用できるほか、PASMOへのチャージやJALマイルとの交換など、さまざまな用途に使うことができます。本記事ではTOKYU POINTにスポットを当て、ポイント還元率を最大10%までアップさせるテクニックや、貯めたポイントのお得な使い道、おすすめのクレジットカードや期間限定のキャンペーン情報などをご紹介します。
年会費: 無料
次年度以降: 1,080円
ポイント還元率: 0.5 〜 10%
【PR】Sponsored by 東急カード株式会社
公式サイトを見る
年会費: 6,000円
次年度以降: 6,000円
ポイント還元率: 1%
公式サイトを見る

JALもANAもOK! 東急カードを使っておトクにマイルを貯めよう!

空港で「JALカード TOKYU POINT ClubQ」を持っている人の画像

東急カードはJALやANAなどの航空会社と提携しており、それぞれ「JALカード TOKYU POINT ClubQ」と「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」という提携カードを発行しています。本項では上記の提携カードに焦点を当て、通常の東急カードとの違いやメリットなどを紹介していきます。

JALカード TOKYU POINT ClubQなら、フライトやショッピングでTOKYU POINTとJALマイルが貯まる!

JALカード TOKYU POINT ClubQは、搭乗や買物でマイルが貯められるJALカードの機能に加え、TOKYU POINT加盟店の利用ではTOKYU POINTも貯まるおトクなカードです。

年会費 初年度:無料
2年目〜:2,000円(税抜)
ポイント還元率 0.5%〜1.0%
ポイント名 JALマイレージ
発行スピード 約4週間
マイレージ還元率(最大) 0.5%〜1.0%
ETC年会費 無料

JALカード TOKYU POINT ClubQで貯めたマイルは、以下のような用途で利用することができます。

マイルの交換先

  • 特典航空券
  • JAL国際線アップグレード特典
  • 商品やクーポンとの交換

さらに便利なことに、JALマイルはTOKYU POINTと相互に交換することができます。

JALマイルとTOKYU POINTの交換について

  • TOKYU POINT「2,000ポイント」→JALマイル「1,000マイル」

このシステムを使えば、中途半端に貯まったマイルを買物に有効利用でき、反対にショッピングや通勤で貯めたTOKYU POINTをマイルに変えることもできます。これはかなりおトクなシステムといえるでしょう。

JALカード TOKYU POINT ClubQを含めて、東急カードとJALの提携カードには以下の3種類があります。

東急カードとJALの提携カード

  • JALカード TOKYU POINT ClubQ
  • JALカード TOKYU POINT ClubQ CLUB-Aカード
  • JALカード TOKYU POINT ClubQ CLUB-Aゴールドカード

JALカード TOKYU POINT ClubQ以外の2種類はどのようなカードなのでしょうか。それぞれ詳しく見ていきましょう。

JALカード TOKYU POINT ClubQ CLUB-Aカード

JALカード TOKYU POINT ClubQ CLUB-Aカードは、JALカード TOKYU POINT ClubQの1つ上のクラスのクレジットカードです。年会費やポイント還元率などの詳細は以下の通りです。

券面
年会費 10,000円(税抜)
ポイント還元率 0.5%〜1.0%
ポイント名 JALマイレージ
発行スピード 約4週間
マイレージ還元率(最大) 0.5%〜1.0%
ETC年会費 無料

JAL CLUB-Aカードには、通常カードと比べて次のようなメリットがあります。

メリット

  • 海外旅行/国内旅行傷害保険(傷害死亡・傷害後遺障害)の補償額が最高5,000万円 (一般カードは最高1,000万円)
  • ビジネスクラスのチェックインカウンターが利用できる

登場前にチェックインカウンターで並ぶことはよくありますが、JAL CLUB-Aカードを持っていれば、ビジネスクラスのチェックインカウンターを利用することができ、スムーズにチェックインすることができます。

JALカード TOKYU POINT ClubQ CLUB-Aゴールドカード

JALカード TOKYU POINT ClubQ CLUB-Aゴールドカードは、JAL CLUB-Aカードに東急カードのゴールドサービスを兼ね備えたカードです。東急カードとJALの提携カードの中では最上位ランクのクレジットカードです。

券面
年会費 16,000円(税抜)
ポイント還元率 1.0%
ポイント名 JALマイレージ
発行スピード 約4週間
マイレージ還元率(最大) 1.0%〜2.0%
ETC年会費 無料

JAL CLUB-Aゴールドカードには次のようなメリットがあります。

メリット

  • 搭乗によるボーナスマイルが25%付与
  • ショッピングマイル・プレミアムが付帯
  • 空港ラウンジが利用できる
  • 海外旅行/国内旅行傷害保険の補償額が最高5,000万円
  • ショッピング保険が付帯されている

提携カードの最高クラスなだけあり、JAL CLUB-Aゴールドカードにはさまざまな特典があります。

同カードの会員になりJALグループの飛行機に搭乗すると、通常のフライトマイルに加えて25%分のJALマイルが付与される会員だけのボーナスマイルがもらえます。また、フライト以外でもショッピングの利用で200円につき1マイルが、対象の店舗では2マイルが貯まるなどのショッピングマイル・プレミアムも付帯しています。

さらに国内の主要空港の会員専用ラウンジを無料で利用できるほか、年間300万円まで補償するショッピング保険も付帯するなど、ゴールドカードならではの充実のサービスとサポートが満載です。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードで、ANAマイルをおトクにゲットしよう!

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードは、東急カードとANAと三井住友カードが提携して発行しているANAカードです。

ANAカードの基本機能だけでなく、東急百貨店や東急ストアなどの東急グループのお店や、全国のTOKYU POINT加盟店で利用すると、ANAカードショッピングマイルに加えてTOKYU POINTも貯まります。

JALカード同様、貯まったマイルはTOKYU POINTと相互交換することができます。

ANAマイルとTOKYU POINTの交換について

  • TOKYU POINT「1,000ポイント」→ANAマイル「750マイル」

年会費やポイント還元率などの詳細は以下の通りです。

年会費 初年度:無料
2年目〜:2,000円(税抜)
ポイント還元率 0.5%
ポイント名 ANAマイレージ
発行スピード 約2〜3週間
マイレージ還元率(最大) ・5マイルコース還元率=1%〜1.18%
・10マイルコース還元率=2%〜2.18%
ETC年会費 無料

年会費は初年度は無料、2年目以降は2,000円(税抜)かかります。WEB明細を利用すると500円の割引が受けられて1,500円(税抜)になるのでおトクです。

またリボ払いの「マイ・ペイすリボ」に登録して年1回以上利用すれば1,349円の割引があり、年会費は751円(税抜)になります(WEB明細との重複適用は不可)。年会費を安く抑えたい人は、「マイ・ペイすリボ」に登録するようにしましょう。

旅行先でトラブルにあっても安心!東急カードの旅行保険

年会費やポイント還元率だけでなく、カードに付帯している保険の補償内容も、クレジットカード選びの重要なポイントです。よく旅行に行く人などは、付帯している旅行保険の内容は事前にチェックしておくべきです。

TOKYU CARD ClubQ JMBに付帯している海外旅行障害保険の補償内容は以下の通りです。

ケガによる死亡・後遺障害 最高1,000万円
ケガによる治療費用
(1事故の限度額)
100万円
病気による治療費用
(1疾病の限度額)

100万円
携行品の損害
(1旅行・保険期間中の限度額)

20万円
賠償責任
(1事故の限度額)

2,000万円
救援者費用
(1旅行・保険期間中の限度額)

100万円

東急カードの海外旅行保険については、旅行保険サービスの対象となる東急カードで、事前に利用する乗物(航空機・電車・バス・タクシー等)の料金をクレジットで支払うと、自動的に適用されます。

国内旅行の傷害保険の内容は以下の通りです。

傷害死亡 1,000万円
後遺障害 程度により30万円〜1,000万円

国内旅行傷害保険に関しては、旅行保険サービスの対象となる東急カードで旅行代金を事前に全額支払うと、自動的に適用されます。

国内・海外ともに、旅行保険は年会費無料の初年度から付帯されます。無料でこれだけの補償が得られるのは、充実したサービス内容といえるでしょう。

クレジットカードの付帯保険について詳しく知りたい方は、以下の記事をご参照ください。

クレジットカードの付帯保険は海外旅行に便利! 知っておきたい基本を解説
旅にトラブルはつきものと言われていますが、どうせなら、安全で楽しい旅行をしたいですよね。特に海外旅行となると、いざという時の為に、空港や旅行会社で保険に加入される方も多いと思います。そこで今回は、クレジットカードに付帯している国内外の旅行保険について解説します。今まで、クレジットカードに保険が付帯している事を知らなかった方、もしくはクレジットカードの保険に不安を持っていた方も、付帯旅行保険の内容を正しく把握して有効活用しましょう。

一般カードとなにが違うの? ゴールドカードならさまざまな優待や特典が受けられる!

TOKYU CARD ClubQ JMB(通常カード)と、TOKYU CARD ClubQ JMBゴールド(ゴールドカード)にはどのような違いがあるのでしょうか。ゴールドカードならではのメリットを紹介していきます。

旅行保険の補償額が違う!

先ほど紹介した旅行保険ですが、ゴールドカードにするとさらに補償内容が手厚くなります。通常カードとゴールドカードの補償内容を比較してみました。

まずは海外旅行保険の補償内容を見てみましょう。

カード名 TOKYU CARD ClubQ JMBゴールド TOKYU CARD ClubQ JMB
ケガによる死亡・後遺障害 最高1億円 最高1,000万円
ケガによる治療費用(1事故の限度額)

200万円 100万円
病気による治療費用(1疾病の限度額)
200万円 100万円
携行品の損害(1旅行・保険期間中の限度額)

30万円 20万円
賠償責任(1事故の限度額)

2,000万円 2,000万円
救援者費用(1旅行・保険期間中の限度額)

100万円 100万円

TOKYU CARD ClubQ JMBに付帯している海外旅行保険では、「ケガ・病気による治療費用」が100万円までしか補償されません。

海外ではケガ・病気の際の治療で数日間入院しただけで、数百万円請求されることも珍しくありません。通常カードの補償内容では不安だという方は、ゴールドカードにアップグレードしましょう。

続いて、国内旅行保険の補償内容を比較してみましょう。

TOKYU CARDゴールド TOKYU CARD ClubQ JMB
傷害死亡<本人会員・家族全員> 3,000万円 1,000万円
傷害死亡<会員と生計をともにする同居の親族> 1,000万円
後遺障害<本人会員・家族全員> 90万円〜3,000万円 30万円〜1,000万円
後遺障害<会員と生計をともにする同居の親族> 30万円〜1,000万円
入院日額<本人会員・家族全員> 5,000円 -
入院日額<会員と生計をともにする同居の親族> 5,000円
通院日額<本人会員・家族会員> 3,000円 -
通院日額<会員と生計をともにする同居の親族> 3,000円

ゴールドカードは、通常カードに比べて傷害死亡や後遺障害の補償額が大きいことに加えて、本人だけでなく同居する親族まで補償対象になるというメリットがあります。また、ゴールドカードでは入院や通院の費用まで補償対象となります。

年間最高300万円の買物保険がついてくる!

東急カードゴールドには「ショッピングプロテクト」という名前の買物保険が付帯します。ゴールドカードで購入したアイテムが、購入した日から90日以内に盗難・破損等などの被害を受けた場合、購入費用や修理費用が補償されます。

年間補償限度額は300万円なので、大抵の被害はカバーできます。ただし、1回の事故につき10,000円の自己負担があるので気を付けましょう。

全国各地の空港ラウンジが利用できる!

東急カードゴールドの会員になると、国内および海外の空港ラウンジを無料で利用することができます。ゴールド会員限定の空港ラウンジを一覧表にしてみました。

地域 空港名 ラウンジ名
北海道 新千歳空港 スーパーラウンジ、ロイヤルラウンジ
函館空港 ビジネスラウンジ
東北 青森空港 エアポートラウンジ
秋田空港 ロイヤルスカイ
仙台空港 ビジネスラウンジEAST SIDE
関東・甲信越 新潟空港 エアリウムラウンジ
成田空港 IASSエグゼクティブラウンジ1/2(Mastercard)
ビジネス&トラベルサポートセンター内ラウンジ/T,E,Iラウンジ(VISA)
羽田空港 SKY LOUNGE/ SKY LOUNGE ANNEX
・第1旅客ターミナル エアポートラウンジ(中央)
「POWER LOUNGE NORTH/SOUTH」
・第2旅客ターミナル エアポートラウンジ(南/北)
「POWER LOUNGE NORTH」
東海・北陸・近畿 富山空港 ラウンジらいちょう
小松空港 スカイラウンジ白山
中部国際空港 プレミアムラウンジ セントレア
関西国際空港 比叡/六甲/アネックス六甲/金剛
伊丹空港 ラウンジオーサカ
神戸空港 ラウンジ神戸
中国・四国 岡山空港 ラウンジマスカット
米子空港 ラウンジDAISEN
広島空港 ビジネスラウンジ もみじ
山口宇部空港 ラウンジきらら
高松空港 ラウンジ 讃岐
松山空港 ビジネスラウンジ/スカイラウンジ
徳島空港 エアポートラウンジ ヴォルティス
九州・沖縄 福岡空港 くつろぎのラウンジTIME/ラウンジTIME インターナショナル
新北九州空港 ラウンジひまわり
長崎空港 ビジネスラウンジアザレア
熊本空港 ラウンジ「ASO」
大分空港 ラウンジくにさき
鹿児島空港 スカイラウンジ 菜の花
那覇空港 ラウンジ華~hana~
海外 ホノルル国際空港 IASS HAWAII LOUNGE(Mastercard)
ホノルル市内 ホノルルラウンジ(VISA)

ラウンジではソフトドリンクが飲めるほか、新聞・雑誌や電源コンセントなどが用意されおり、出発までの時間を快適に過ごすことができます。ラウンジによっては、アルコールやスナックなどを提供しているところもあります。

頻繁に旅行に出かける方で、出発までの時間をラウンジで快適に過ごしたいという方は、ゴールドカードにアップグレードしておいて損はないでしょう。

東急カードまとめ

東急カード特集いかがだったでしょうか。最後に、東急カード(TOKYU CARD ClubQ JMB)の特長をまとめてみました。

東急カードまとめ

  • 初年度年会費無料※2年目以降は1,000円(税抜)
  • クレジットカード・定期券・PASMOが1枚でOK!
  • WEB明細利用で標準還元率が1%
  • 東急百貨店で最大10%のポイント還元
  • 東急グループで最大3%のポイント還元
  • PASMOオートチャージで1%の還元率
  • PASMO定期券購入で最大3%のポイント還元

東急カードはポイント還元率が高く、東急グループのお店をよく利用する人や、東急線の電車やバスを利用する人にとってはポイントが貯まりやすいクレジットカードです。

日頃から東急百貨店や東急デパートなどで買物をする機会が多い人や、通勤・通学で東急線を利用しているという人は、ぜひ申込んでみてください。

年会費: 無料
次年度以降: 1,080円
ポイント還元率: 0.5 〜 10%
【PR】Sponsored by 東急カード株式会社
公式サイトを見る
年会費: 6,000円
次年度以降: 6,000円
ポイント還元率: 1%
公式サイトを見る
年会費: 17,280円(税込)
次年度以降: 17,280円(税込)
ポイント還元率: 0.1%
公式サイトを見る
監修者のプロフィール
岩田 昭男
消費生活ジャーナリスト 岩田 昭男

月刊誌記者などを経て独立。流通、情報通信、金融分野を中心に活動するが、メインはクレジットカード&デビットカード、電子マネーなど。とくにSuicaは2001年のサービス・スタート以来の愛好者で、通勤から買い物まで活用している。年に4回ほどクレジット&電子マネーのムックを出版しており、最新情報にも詳しい。2020年東京オリンピックを目指して始まったキャッシュレス促進の利用者側に立ったオピニオンリーダー。

岩田 昭男の監修記事一覧へ
執筆者のプロフィール
manekai_editorial
マネ会 編集部

気になるけど、なかなか話しづらい。けどとても大事な「お金」のこと。 日々の生活の中の身近な節約術から、ちょっと難しい金融知識まで、知ってて得する、為になるお金の情報を更新していきます。

関連記事