更新日: / 公開日:

dカードとdカードGOLDは高い還元率が魅力!ドコモユーザーは持って損無し!

dカードとdカードGOLDは高い還元率が魅力!ドコモユーザーは持って損無し!

dカードは株式会社NTTドコモが発行しているクレジットカードです。ドコモユーザーは持っていると魅力的なサービスをたくさん受けることができる仕組みになっています。

dカードには、通常のdカードとゴールドカードであるdカードGOLDがありますが、両方ともポイントを貯めやすい仕組みがある上に、ポイント還元率も高い点が魅力的です。

以下では、このドコモユーザーにオススメのdカードの魅力を伝えていきいきます。

dカードってどんなカード?

dカードは、電子マネー(iD)、ポイントサービスが、一体型となったカードのことです。当時のドコモのクレジットカードだったDCMXと、2015年12月1日より開始したdポイントクラブサービスにあわせて、現在のdカードのサービスが開始されました。

dカードの基本情報

年会費 初年度無料(2年目以降1,250円)
ポイント還元率 1〜3%
国際ブランド Mastercard/VISA
対象年齢 18歳以上(高校生を除く)
締め日 毎月15日
支払日 毎月10日
ETCカード
初年度無料(2年目以降500円)

上記はdカードの基本情報です。年会費は初年度無料ですが、年に1回以上利用しないと2年目以降1,250円の年会費がかります。なお、キャッシングの利用は、年会費無料の条件にはならないので注意が必要です。

ETCカードに関しても、初年度無料ですが、カードと同様、年1回以上利用しないと2年目以降年会費500円かかります。

分割払いに関しては、最大24回に分けて支払うことができ、リボ払いの選択も可能ですが、手数料を負担する必要があります。1回、2回、一括払いでの支払いをする場合は、手数料は負担する必要がありません。

支払い回数 手数料
1回払い、2回払い 不要
3回以上の分割払い
リボ払い
一括払い 不要
ボーナス一括払い 不要

また、dカードにはアプリがあり、月々の支払額や、dポイントの確認をすることができます。このアプリでは、支払い回数や支払い方法をリボ払いに変更したり、簡単に最新のキャンペーンなどを確認することができるので、ダウンロードしておくととても便利です。

dカードの魅力的なメリットを3つ紹介!

先述したポイント還元率だけでなく、ドコモユーザーならではの特典もご紹介します。以下では、カードを持っていて得するメリットを3つ紹介していきます。

①他社と比較してもポイント還元率が高い!

カード名 年会費 ポイント還元率
dカード 初年度無料 1〜3%
三井住友VISAカードクラシック 初年度無料 0.5〜1%
JCBカード 初年度無料 0.5~1.5%

dカードの還元率は、基本的に1~3%、他社の年会費無料カードと比較しても高いことがわかります。どこのお店の支払いに使っても1%ポイントが還元され、100円あたり1円分のポイントが獲得できる点が、dカードの大きな強みです。

②身近なお店でお得に買い物ができる

dカードは、割引・ポイント還元・ポイントの上乗せにより、ローソンで最大5%マツモトキヨシでは最大3%、お得に買い物をすることができます。

ローソンの場合ですが、dカードを提示するだけで1%ポイント還元され(現金払いも)、dカードの決済で3%OFF、さらにポイントも1%還元され、合計5%OFFになります。ただし、dカード決済で3%OFFになるのは、dカード利用代金請求時です。店頭では割引になりません。

身近なお店でお得にお買い物ができる説明の画像

③ドコモユーザーに嬉しい携帯補償付き!

dカードの会員になることで、ドコモユーザーには嬉しい携帯補償があります。利用中の携帯端末が、購入から一年以内に、紛失・盗難または修理不能(水漏れ・全損等)となってしまった場合、同一機種・同一カラーの携帯電話端末をドコモショップ等で、dカードを使って新規購入すると、購入費用の一部が補償されます。最大10,000円補償されます。

dカード
おすすめポイント
  • 初年度年会費無料!
  • 年1度のカード利用で2年目以降の年会費が無料!
  • dポイント加盟店は還元率1%!
年会費 無料
次年度以降 1,250円
ポイント還元率 1 〜 5%
マイレージ還元率
ETC年会費 -
発行期間 5営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 非対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 非対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ

dカードの知っておきたいデメリットも解説!

メリットだらけに見えるdカードですが、他社カードと比較して見劣る点はもちろんあります。ここでは、そのデメリットに関して説明しますが、デメリットを無くす方法も後ほど合わせて紹介します。

利用しないと年会費がかかる

先述しましたが、年会費は初年度無料、2年目以降は使わないと1,250円かかります。ただ、前年度に1度でも利用すると、翌年の年会費は無料になります。1度でも使えば無料になるので、それほどのデメリットではないでしょう。

携帯料金の通信費など、月々の固定費をdカードで決済することで、実質無料で使い続けることもできます。

海外旅行傷害保険が付いていない

年会費 海外旅行傷害保険
dカード 初年度無料
エポスカード 無料
楽天カード 無料

年会費無料でありながら海外旅行保険付きのエポスカードや楽天カードなどと比較すると、dカードは付いていない分デメリットとなってしまいます。

年会費が無料で保険がついているカードは少なくありませんが、海外旅行にあまり行かれない方はそれほど気にする必要はありません。

もし旅行に頻繁に行く方は、dカードを普段使いとして持ち、サブカードとして年会費無料で保険がついているカードを持つことをおすすめします。

dカードで貯まったポイントを使いたくなる!効率的にポイントを貯める方法を紹介!

dポイントとは、dカードを利用した際に貯まるポイントのことです。dカードを利用するお店やキャンペーン期間などによって、貯まるdポイント数は違ってきます。

dポイントの有効期限は獲得した月から4年後まであるので、ゆっくり計画的に利用することができます。

例えば、2018年の1月にdポイントを獲得した場合、dポイントの有効期限は2022年の1月末までとなります。

通常ポイントは、ローソンやマクドナルド、携帯料金や、データ容量の追加などに使用することができます。

また、dポイントには、期間・用途限定のポイントもあります。期間・用途限定ポイントは、主に、ドコモが運営するサービスサイトのdマーケットのすごろくや、毎日くじといったサービスなどで獲得できる限定ポイントです。

期間限定ポイントは、有効期限が通常ポイントより短く、5日や10日のものがあります。

用途限定ポイントは、携帯料金や、データ容量の追加、ポイント投資などには使うことができませんが、ローソンやマクドナルドなどでは使うことができるので、あまり通常のポイントと変わらず使うことができます。

以下では、dカードのポイントを貯めやすい仕組みや、効率的なポイントの貯め方、交換できる豊富な商品、サービスといった具体的な内容に関して説明していきます。

dカードでdポイントを貯めてクラブステージをアップさせてクーポンゲット!

ステージ ポイント数 ドコモ回線継続利用期間
1st 600pt未満 4年未満
2nd 600p以上 4年以上
3rd 1,800pt以上 8年以上
4th 3,000pt以上 10年以上
プラチナ 10,000pt以上 15年以上

ステージは、ドコモ回線継続利用期間と直近6ヶ月間のdポイント獲得数に応じて毎月決定しています。継続期間とdポイント獲得数の両方のステージ判定基準を満たした場合、どちらか上位のステージが適用されます。上位ステージになればなるほど豪華な特典を受けることができるので、以下で紹介して行きます。

dポイントクラブクーポン(全ステージ共通)を紹介

dポイントクラブは、ドコモの契約年数や、dポイントの獲得ポイントによってステージが上がり、そのステージに応じて特典を受けることができるサービスです。dポイントクラブでは、全ステージの人に対して下記の店で利用できるクーポンがついてきます。

種類 クーポンが利用できるお店
コンビニ ・ローソン
百貨店・ショッピングセンター ・三越
・岩田屋
ファーストフード・デリバリー ・マクドナルド
・ピザハット
カフェ ・ドトールコーヒーショップ
・サンマルク
・エクセシオールカフェ
レストラン ・バーミヤン
・ジョナサン
・ガスト
・梅の花
・牛角
など
居酒屋 ・鶏屋
・月の雫
・黄金の蔵ジパング
・金の蔵・土間土間
など
ショッピング ・タワーレコード
・BNLUE SKY
・AOKI
・洋服の青山
・眼鏡市場
など
旅行 ・ジャルパック
ホテル宿泊施設 ・サンルートプラザ東京
・東急ホテル・エクセルホテル東急
・仙台ロイヤルパークホテル
・横浜ロイヤルパークホテル
・ホテル京阪ユニバーサルシティ
など
アミューズメント ・イオンシネマ
・カラオケビッグエコー
・シダックス
・東京スカイツリー
趣味 ・乗馬クラブクレイン
・ABCクッキング
写真 ・パレットプラザ
・55ステーション
・カメラのキタムラ
・スタジオマリオ
住まい ・クラシアン
美容健康 ・ネイルクイック
・手もみん
・TAYAグループ
レジャー ・TABIZURUFOUNDATION
・オリックスレンタカー
・タイムズレンタカー

上記のグルメ、ショッピング、レジャーや旅行までをポイントクラブ会員なら誰でも優待価格で利用することが可能になっています。

例えば、マクドナルドだと、てりやきマックバーガーのセット(マックフライドポテトMサイズとドリンクのMサイズ)が、通常620円のところ、550円で購入することができるなど、安く買い物をすることができます。

スペシャルクーポン(4th・プラチナステージ限定のクーポン)

対象施設 定価 優待価格
AEON CINEMA(毎週火曜日) 1,800円 1,100円
スパーズハワイアン 3,500円 2,500円
サンシャイン水族館 2,200円 1,700円
東武動物公園(入園+のりもの乗り放題) 4,800円 3,600円

4thやプラチナステージの方は、上記の映画や遊園地、スポーツクラブを優待価格で利用することができます。

AEON CINEMAでは、チケット代1,800円のところ、1,100円で安く購入することができるなど、お得な優待を受けることができます。

プラチナクーポン(プラチナクーポン限定)

プラチナ会員には、下記のホテル宿泊やJALのおもてなし空間、テーマパークの優待券など最高級の特典を抽選でプレゼントされます。

商品券 ・全国百貨店共通商品券(30,000円分)
・JAL旅行券(3,000円分)
・やまや商品券(5,000円分)
・チムニーグループ商品券(5,000円分)
クーポン ・dショッピング内で使えるクーポンが当たる(4,320円以上のお買物で使える500円OFFクーポン)
・d fashionで使えるクーポンが当たる(5,000円以上のお買物で使える500円OFFクーポン)
・dトラベル1,000円割引クーポン
・dミュージック1曲無料クーポン
ギフト券 ・いきなり!ステーキ 肉マネーギフトカード
・門崎熟成 格之進ギフトカード
・東急ハンズギフトカード
・デジタル家電専門店ノジマ 特別クーポン
チケット ・宝塚歌劇のチケット
・ユニバーサルスタジオジャパンのスタジオパス
・劇団四季のチケット(リトルマーメイド・ライオンキングなど)
・映画ペアチケット(毎週金曜日更新)
・ドリンクチケットやタリーズカードが当たる
その他 ・温泉旅館&シティ宿泊プラン
・ホテル&レストランランチが当たる
・ビックエコー 優待券
・「JAL」おもてなし空間の利用
・スイーツやドリンクが当たる(ローソンとファミリーマート)

貯めて交換したくなる商品・サービス

ポイントを貯めることで上記のクーポンなどの特典を受けることができますが、貯まったポイントをお得な商品・サービスと交換することもできます。下記では、具体的な対象となる商品やサービスを紹介します。

携帯機種や付属品と交換できる

dポイントを携帯電話機やスマートフォンアクセサリー、オプション品などを、ドコモショップやドコモ販売店で交換することができます。機種変更時などにもポイントを使えるので、ドコモユーザーならお得に携帯電話を購入することができます。

ドコモユーザーでない方は、携帯電話の新規購入時のみが対象になります。

毎月の携帯料金に使える

dポイントはドコモユーザーしか携帯料金と交換することができません。

貯まったdポイントを携帯料金に使う場合、1ポイントからの充当が可能です。申込み月の翌月の請求分から充当が可能となっています。

ドコモユーザーは携帯料金が安くなるので嬉しいサービスです。

ただし、期間・用途限定のdポイントは利用できません。

買い物に使える

ドコモが運営するサービスサイトにdマーケットというものがあります。そのサイトの中では、dミュージック(音楽)、dブック(電子書籍)、dショピング(買い物)、dデリバリー(出前・フードサービス)を利用できるサービスがあります。このサイトでのポイントの利用が可能となっています。

また、ローソンやマクドナルドなどでもdポイントは1ポイント=1円として使うことができます。

AEON CINEMAでも利用できますが、100ポイント=100円となっており、100ポイント単位での利用(売店は10ポイント=1円)で利用可能となっています。

JALマイルに交換可能

dポイントはJALマイルに交換することも可能です。5,000ポイント単位で交換することができ、5,000ポイントで2,500マイルに交換可能です。交換可能なポイントの上限数は、1ヶ月あたり40,000ポイントとなっています。交換レートは一般的で、2ポイント1マイルです。

反対に、JALマイルからdポイントに交換することもできます。20,000マイルが20,000ポイントになります。1年間の交換上限回数は2回(20,000マイル)が上となっています。交換ポイント数、交換回数は、毎年4月にリセットされます。

iDキャッシュバックに適用

iDとは、NTTdoomoが提供する電子マネーです。基本的にクレジットカードを利用して支払う、後払いの形式が特長となっています。

クレジット機能と結びつけて利用することから、チャージする手間を省くことができる手軽さが売りです。

iDキャッシュバックとは、iDによるショッピング利用代金から、キャッシュバック分を請求時に減額するサービスです。

例えば、iDによる利用代金が2,000円で、iDキャッシュバック分が500円だとしたら、請求額は、1,500円になります。

dポイントをこのiDに交換できるのです。iDキャッシュバックへの交換は1ポイント1円で、2,000ポイント単位での交換が可能です。

iDキャッシュバックの有効期限や残高は、ドコモの公式サイトからマイページにログイン後、iDキャッシュバック照会にて確認することができます。有効期限は獲得してから6ヶ月です。

iDキャッシュバックに残高が残ると、翌月以降に繰り越されます。繰り越したキャッシュバック分は、5ヶ月後の15日が有効期限となります。

例えば、1月の残高を2月に繰り越した場合、有効期限は7月15日ということになります。

ポイント特約店

以下がdカード決済でdポイントが上乗せされる店舗と還元率一覧です。通常の還元率が1%のため、特約店を利用すると2%以上となります。

さらに、高島屋のようにdポイント加盟店の場合はdカードの提示でもdポイントが貯まるため、さらにお得になります。様々なシチュエーションで利用できる点が魅力です。

特約店 還元率
・高島屋
・伊勢丹
・The SUIT COMPANY
・洋服の青山
・東京無線タクシー 
・紀伊國屋書店・タワーレコード
・ENEOS
・JTB
・JAL
・中国電力
など
+1%
・紳士服のコナカ
・伊達の牛タン
・JTB
・ビッグエコー
・サカイ引越しセンター
など
+2%
・スターバックス
・ジェイアンドジェイグループ
・オリックスレンタカー
・クラブメッド
・マツモトキヨシ
+3%
・リンベル +4%

dカードをiDマークのあるお店で使ってポイントを貯めよう!

iDの概要は先ほど説明しましたが、そのiDを利用してもdポイントを貯めることができます。iDの利用で、100円毎に1ポイント、dポイントを貯めることができるので、毎日の生活でポイントを貯めることができます。

以下ではiDを使いながら、dポイントを貯めることができるお店や決済方法を紹介します。

iDを利用できるお店の圧倒的普及率!

iD提携先店舗は、ローソンやセブンイレブンなどのコンビニだけでなく、ファミリーレストランや薬局、カフェなど、全国に展開されているため、ポイントが貯めやすいです。

全国共通でiDが使えるお店一覧
コンビニ ・セブンイレブン
・ファミリーマート
・ローソン
・ミニストップ
・デイリー
飲食店 ・ガスト
・マクドナルド
・すき家
・タリーズコーヒー
スーパー ・AEON
・イトーヨーカドー
その他 ・ENEOS
・ドコモショップ
・スギ薬局

dカードゴールドで差をつけよう!

dカード dカードGOLD
年会費 初年度無料 10,000円
ポイント還元率 1〜3% 1〜10%
ETCカード 初年度無料 初年度無料
お買い物安心保険 年間100万円まで 年間300万円まで
海外旅行保険 最大1億円
国内旅行保険 最大5,000万円
海外緊急サービス 利用可能 利用可能(無料)
ゴールドデスク 利用可能
家族カード 400円 1枚目は無料

dカードGOLDは、入会費・発行費・再発行手数料などの事務手数料は無料です。

家族カードに関しては、本会員と全く同じ特典が利用できます。

他にも、dカードGOLDの新規入会で、iDキャッシュバック11,000円相当、リボの設定などで2,000円相当のiDキャッシュバック、合計13,000円相当のキャッシュバックキャンペーンなどもあります。

そんな、入会するだけでお得なdカードGOLDを以下で具体的に、解説します。

ドコモユーザーならGOLDにすべき3つのメリット!

ドコモユーザーならGOLDにすべき3つのメリットの説明の画像

dカードの魅力的なメリットを説明してきましたが、dカードGOLDにすることで、さらにお得になる内容になっています。

先ほどdカードのデメリットとして紹介した、海外旅行保険が付いていないという点ですが、上記の表を見てわかるとおり、dカードGOLDには海外旅行保険がついています。契約中の本人だけでなく、生計を同一にしている配偶者や、19歳未満の親族まで補償対象になります。

すでにdカードGOLDの良さに気づいていただいた方もいるとは思いますが、dカードGOLDを保有するだけで、dカードよりもさらにお得なポイントを3つ紹介します。

毎月の携帯料金/ドコモ光の料金の10%をポイント還元!

通常ドコモの携帯電話料金の支払いで貯まるdポイントは、1,000円あたり10ポイントとなっていますが、ゴールド会員は、1,000円あたり、100ポイント獲得できます。つまり、毎月の携帯料金が10%OFFになるということです。

通信料金の10%還元は、ドコモ光も対象です。携帯電話とドコモ光の合計10%ポイント還元を合わせると、dカードGOLDの年会費の元は取れるといっても過言ではないでしょう。

充実した携帯補償

dカードの携帯補償は、携帯電話の購入費用のうち最大1万円(1年間)ですが、dカードGOLDは最大10万円(3年間)となります。購入した新しい携帯電話の代金+事務手数料(2,160円)の合計額が10万円以下であった場合、全額補償となり、実質無料で携帯電話を新しくすることができます。

すでにdカードGOLDの携帯補償を利用したことがある場合、前回の事故発生日から1年以内は補償の対象になりません。

国内空港ラウンジ利用料無料

ラウンジ入り口でdカードGOLDと当日の航空券の半券を提示すれば、国内28箇所の空港ラウンジを無料で利用することができます。下記の表が利用可能なラウンジの一覧です。

北海道 ・新千歳空港
・函館空港
東北 ・青森空港
・秋田空港
・仙台空港
関東 ・成田空港
・羽田空港
東海 ・中部国際空港
北陸 ・新潟空港 
・富山空港
・小松空港
関西 ・伊丹空港
・関西国際空港
・神戸空港 
中国 ・岡山空港
・広島空港
・米子空港
・山口宇部空港
四国 ・徳島空港
・高松空港
・松山空港
九州・沖縄 ・新北九州空港
・福岡空港
・大分空港
・長崎空港
・熊本空港
・鹿児島空港
・那覇空港
dカード GOLD
おすすめポイント
  • ドコモユーザーなら利用料金の10%が還元される!
  • 3年間最大10万円のケータイ補償付き!
  • 最大1億円の海外旅行保険付き!
年会費 10,000円
次年度以降 10,000円
ポイント還元率 1 〜 10%
マイレージ還元率
ETC年会費 -
発行期間 5営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 非対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 非対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ

dカードGOLDの申込み方法から審査まで解説

ドコモユーザーには持っていただきたいdカードGOLD。その申込み方法や、審査に関する具体的な内容を以下で説明していきます。

申込み方法

申し込みは、公式サイト・ドコモショップ・入会申込書のいずれかからの手続きが必要になります。dアカウントを持っている、またはSPモード経由の場合、すぐに申込むことができます。

dアカウントは、スマートフォンやタブレットなどで、ネットショッピングを利用する際に必要となる無料のIDで、SPモードは、同じくドコモが提供する、スマーフォン向けのインターネットのことです。

申込みに際して必要な物は、運転免許証(パスポートなどの本人確認書類でも可)と引落口座がわかるものを用意しておく必要があります。

審査

dカードは18歳以上(高校生を除く)方が対象年齢ですが、dカードGOLDの対象は、満20歳以上で安定した継続収入があるという点で異なります。

dカードGOLDの審査時間は以前よりも短縮され、なんと最短5分です。他社カードの審査時間と比較しても、かなり早い方ではないでしょうか。ただし、9時から18時50分の間に申し込みが完了していることや、引落口座の設定が終わっていることが条件になります。

即時審査を実施できなかった場合、または即時審査では判断できない場合、審査時間は通常より長く取られることになります。この場合は後日審査となり、1~2週間かけて審査され、その審査に通れば、dカードGOLDが郵送されてくる形になります。後日審査になること自体は、審査結果に影響はないので心配する必要性はありません。

審査結果はメッセージ(SMS)で送られてきます。

dカード・dカードGOLDまとめ

dカード、dカードGOLDについて説明してきましたが、高いポイント還元率であるため、ポイントを貯めやすく、交換できる商品やサービスが多いので、とてもお得なカードと言えるのではないでしょうか。

さらに、dカードGOLD会員になると、海外旅行保険付き、特典も豪華になります。dカードよりさらにポイント還元率も高くなり、毎月の携帯料金も安くできるため、ドコモユーザーにはぜひdカードGOLD会員になっていただきたいです。

監修者のプロフィール
菊地 崇仁
株式会社ポイ探 代表取締役 菊地 崇仁

北海道札幌市出身。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。約70枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。 一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。