更新日:

PayPay(ペイペイ)の使い方、使える店、対応クレジットカード総まとめ。新キャンペーン情報も紹介!

PayPay(ペイペイ)の使い方、使える店、対応クレジットカード総まとめ。新キャンペーン情報も紹介!

100億円還元キャンペーンで一躍脚光を浴びたPayPay(ペイペイ)。2019年2月からは第2弾のキャンペーンが開催され、今後もどんどん利用者、加盟店が増えていきそうな予感です。無料で始められてボーナスももらえるらしいし…と、気になっている方も多いのではないでしょうか。

でもなんだか面倒くさそうだし、使い方もよくわからない。セキュリティだって心配ですよね。そこでこの記事ではPayPayの使い方、使える店、PayPayでもらえるボーナスのしくみから安全対策までPayPayのすべてを総まとめしました。

楽天PayやLINEPayなどの類似サービスとの比較もしてみたので、PayPayだけでなく他のコード決済も気になっているという方もぜひチェックしてください。

PayPayとは?コード決済って何?

PayPayはソフトバンクとヤフーの共同出資で設立されたPayPay株式会社が2018年10月15日から提供しているQRコード決済サービスです。

スマホアプリに表示したQRコードやバーコードを読み込むことによって決済ができるので、おサイフケータイ機能のないスマホでも使えます。

PayPayアプリに残高をチャージして支払いをしたり、アプリに登録したクレジットカードで決済をしたりと、加盟店ならスマホ1つでお買物が可能。銀行口座からもチャージできるので、クレジットカードを持っていない方でも使えます。

またPayPayは個人間の送金にも対応しています。PayPayに登録している人同士ならPayPay残高という電子マネーを送りあうことができるため、割り勘の際などにも便利に使うことができます。

PayPayを使う方法は?まずはアプリをダウンロード!

PayPayはiPhoneもしくはAndroidでアプリをダウンロードし、アプリの案内に従って電話番号とパスワードを登録するだけで簡単に始められます。Yahoo!JAPAN IDをお持ちの方なら、Yahoo!JAPAN IDと紐づけて登録ができます。

アプリの利用には費用が一切かからず、無料で使うことができます。

新規登録の際には一人につき一回500円分のボーナス(PayPayボーナス)が付与されるので、まずはお試しで500円以内のお買物に利用して、使い心地を確かめてみましょう。

継続して利用する場合には支払い方法の設定が必要ですが、こちらもアプリにカードの情報などを入力するだけで簡単です。

PayPayの100億円キャンペーン第1弾はわずか10日で終了。第2弾はただいま開催中!

2018年12月4日に始まった「100億円あげちゃうキャンペーン」第1弾で一躍メジャーとなったPayPay。

その内容は、PayPayを使って加盟店で支払いをすると20%分のPayPayボーナスをバック、さらに40回に1回の確率で10万円まで全額還元という衝撃的なものでした。

このキャンペーンにより全国の家電量販店などにお客が殺到。当初の開催期間は2019年3月31までを予定していましたが、開始からわずか10日で100億円を使い切り、12月13日に終了となりました。

予想以上の速さで終了してしまった第1弾キャンペーンでしたが、さらに2019年2月12日からは第2弾100億円キャンペーンが開催。ボーナス還元に加えて新たに「やたら当たるくじ」と銘打った懸賞を用意し、盛り上がりを見せています。

(※)第2弾100億円キャンペーンは5月13日に100億円に達し終了しました

第2弾100億円キャンペーン概要

第2弾100億円キャンペーンは2019年2月19日から2019年5月31日までの実施を予定しています。しかし、前回同様PayPayボーナスの付与金額が総額100億円に達した時点でキャンペーン終了となるため、いつ終了してもおかしくありません。

第2弾100億円キャンペーンの内容は、PayPayの利用者全員が対象になるPayPayボーナスの還元と、対象者が限られる「やたら当たるくじ」の2種類です。

次項よりこの2つの詳細について解説していきます。

「PayPay決済利用毎に最大20%戻ってくるキャンペーン」とは?

キャンペーン期間中にPayPayで支払いをすると、最大で20%のPayPayボーナスが付与されます。PayPayボーナスは電子マネーとして加盟店での支払いに使用できるので、20%のキャッシュバックがあるようなイメージです。

PayPayボーナスの付与条件は支払い方法により異なり、PayPay残高とYahoo!マネーでの支払いなら20%、Yahoo!JAPANカードのクレジット決済では19%、その他のカードでクレジット決済なら10%となります。

第2弾100億円キャンペーンのPayPayボーナス付与条件
支払い方法 PayPayボーナス付与率 ボーナスの上限
・PayPay残高
・Yahoo!マネー
20% ・1回につき最大1,000円相当
・キャンペーン期間中合計5万円相当
Yahoo!JAPANカード 19%
その他のクレジットカード 10%

ただし、PayPayはクレジットカード決済の金額に上限を設けているため、実際のボーナス付与はもっと少なくなってしまう可能性があります。

クレジットカード決済の限度額は、3Dセキュアによる本人認証をしていないカードなら30日間で5,000円。本人認証済のカードなら24時間で2万円、30日間で5万円までです。つまりクレジットカードは使える金額自体が少ないため、もらえるボーナスの上限も低くなってしまうのです。

この点、チャージしたPayPay残高での支払いは限度額は月に50万円で、ボーナス付与率も最大の20%です。第2弾100億円キャンペーン中の支払い方法はPayPay残高かYahoo!マネーを選ぶとお得です。

高確率でPayPay残高が当たるキャンペーン「やたら当たるくじ」

「やたら当たるくじ」はPayPay残高とYahoo!マネーでの支払い、Yahoo!JAPANカードでの決済のみが対象となります。Yahoo!JAPANカード以外のクレジットカードでの決済は対象外です。

PayPayを使って対象となる支払いをすると、10回に1回の確率で最大1,000円相当のPayPayボーナスが当たります。さらにYahoo!プレミアムの会員なら当選確率が5回に1回に上がります。

Yahoo!プレミアムは月額462円(税込)の有料サービスなので、PayPayのためだけに加入するのはちょっと気が引けますよね。ところが、ソフトバンクとY!mobileのユーザーなら、無料でYahoo!プレミアム会員としてエントリーできます。こちらはPayPayとYahoo!JAPAN IDの連携が必要なので、必ず設定を終えてから支払いをしてください。

支払い方法 PayPayユーザーの当選確率 Yahoo!プレミアム会員の当選確率 付与上限
・PayPay残高
・Yahoo!マネー
・Yahoo!JAPANカード
10回に1回 5回に1回 ・1回につき最大1,000円相当
・キャンペーン期間中合計2万円相当
その他のクレジットカード 対象外

PayPayアプリは安全?セキュリティはどうなってるの?

大好評のうちに終了した第1弾100億円あげちゃうキャンペーンですが、終了後にはクレジットカードの不正利用の報告が相次ぎました。

不正利用の際はクレジットカード会社から補償が受けられるため、ユーザーに大きな被害はなかったものと思われます。しかし、セキュリティコードの入力回数に制限がなかった点などが指摘され、セキュリティ対策が万全ではないとして一時PayPayへの批判が高まりました。

これに対しPayPayからは次のようなコメントが発表され、PayPayのシステムが不正利用の原因ではなかったものの、更なるセキュリテイ強化に乗り出すことを宣言しました。

PayPayでは、クレジットカード不正利用の対策の一つとして、12月18日にセキュリティコードを含むクレジットカード情報の入力回数に制限を設けました。

しかし、調査の結果、クレジットカード登録時にセキュリティコードを20回以上入力し登録に至った件数はPayPayのサービス開始以来13件であり、クレジットカード情報の入力回数に制限を設けるだけでは根本的な対策にはならないと判断しました。

PayPayにおける不正利用の主な要因は、悪意ある第三者が何らかの方法で、外部で入手したセキュリティコードを含むクレジットカード情報が利用されたことである可能性が高いため、このたび3Dセキュアの対応を決定いたしました。

また、上記13件のうち、PayPayでの利用があった9件について、カード会社と連携しご利用状況を確認したところ、全てご本人による登録と利用であったことが判明しています(2018年12月27日現在)。

※2019年2月4日現在、上記13件全てで不正利用は確認されていません。

次項よりPayPayの主なセキュリティ対策について解説します。

PayPayで3万円以上の支払いをする際は本人確認がある

PayPayアプリで3万円以上の支払いをする際には、店頭にて本人確認書類の提示が必要です。提示ができない場合は、PayPayでの支払いができない可能性があります。

本人確認書類として使えるものは以下のものです。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 健康保険証
  • 学生証

本人認証サービス(3Dセキュア)を推奨。未認証の場合の決済額は5,000円まで!

PayPayではインターネット上でより安全にクレジットカード決済を利用するために、本人認証サービス(3Dセキュア)を推奨しています。

本人認証サービス(3Dセキュア)とは、インターネットで買物などをする際にクレジットカードの情報だけでなく、事前に登録したパスワードまたはワンタイムパスワードを入力することによって本人認証を行うというものです。パスワードを複数回間違って入力した場合、一定の時間は手続きができなくなります。

本人認証ができない場合、クレジット決済の上限額は30日間で5,000円となります。クレジットカードが本人認証サービスに対応していない場合も同様です。

本人認証済のクレジットカードの支払上限は24時間で2万円、30日間で5万円です。なお、複数のクレジットカードを登録している場合は各カードの支払額が合算されます。

インターネットでのクレジットカード決済の支払い上限
過去24時間 過去30日間
本人認証あり 2万円 5万円
本人認証なし 5,000円 5,000円

PayPayで本人認証サービス(3Dセキュア)を利用する手順

本人認証サービスの名称は各国際ブランドによって異なります。

各ブランドの本人認証サービス

  • Visa:VISA認証サービス(VbV)
  • Mastercard:Mastercard SecureCode
  • JCB:J/Secure

本人認証サービスを利用するためには、まずクレジットカード発行会社でパスワードを登録しておく必要があります。このパスワードはクレジットカードの暗証番号とは別途設定が必要です。事前にクレジットカード会社のホームページなどで登録を済ませておくと支払いがスムーズになります。

インターネットでの支払いの際に本人認証画面が表示されたら、本人認証パスワードを入力して手続き完了です。

PayPayアプリが使える店舗は?

どんなに便利な決済方法でも、使える店が少ないと意味がありませんよね。PayPayの加盟店は順次拡大中ですが、現在は全国的に展開している企業やチェーン店が大半です。

コンビニならファミリーマートポプラニストップが既にPayPayを導入しています。ローソンも2019年3月26日から利用できるようになる予定です。

ヤマダ電機、ビックカメラ、Johshinなどの家電量販店でもPayPayが使えます。家電は高額なため、ボーナス還元キャンペーンなどが行われた時には狙い目です。

外食店なら魚民、白木屋、和民、ミライザカなどのワタミグループ、モンテローザグループを中心に導入されています。タクシー会社なら三和交通、第一交通産業、江ノ島タクシーなどでPayPayが利用できます。

以下に現在公表されている利用可能なお店をご紹介します。

ネットショッピングへの対応は2019年2月から順次開始

2018年11月30日付けのプレスリリースによると、PayPayは2019年2月から順次オンライン決済に対応していくようです。

まずは2月にYahoo!ショッピングとヤフオク!、その後LOHACOに対応し、以降ヤフーの他のサービスでもPayPayでのオンライン決済が可能になる予定です。

PayPayは店舗側にもメリットあり。今後も使えるお店が拡大する見込み

PayPayは導入する店舗側にもメリットがあります。PayPayは店頭にQRコードを表示する「読み取り払い」方式なら、導入費、決済手数料(※1)、入金手数料がすべて無料ではじめられます。お客がスマートフォンでコードを読み取るため、店舗側に読み取り機器を設置する必要がありません。

また、累計決済金額が1万円以上なら最短で翌日入金されます。クレジットカードの場合、売上代金の入金には半月〜2ヶ月ほどかかることがありますから、それと比較するとPayPayの入金はかなり迅速であることがわかります。

累計決済金額が1万円以上の場合(※2)
入金のタイミング 入金手数料
ジャパンネット銀行 翌日 ずっと0円
その他の金融機関 最短翌々営業日 2019年9月30日まで0円(※3)
(※1)決済手数料はサービス開始日より3年間は無料。以降有償化の可能性あり
(※2)月末は累計決済金額にかかわらず締日となる
(※3)2019年10月1日以降は有償化の可能性あり

Alipay(アリペイ)でも使えてインバウンド消費が狙える

Alipay(アリペイ)は中国で広く普及している決済アプリです。Alipayを日本で展開しているアリペイジャパン株式会社の発表によると、Alipayユーザーは10億人以上。中国国内ではショッピングや公共料金の支払いはもちろん、屋台での買物でもAlipayで支払うことができます。

PayPayはAlipayと提携しており、AlipayユーザーはAlipayを使ってPayPay加盟店で支払いをすることができます。これにより年々増加している中国人観光客を集客し、消費を促すきっかけになるのではないかと期待が持たれています。

写真付きで詳細解説!加盟店でのPayPayアプリの使い方

PayPayの支払い方法の画像

ここからはPayPayで支払いをする方法を解説していきます。

PayPayの使いかたは、お店のQRコードを読み取る「スキャン支払い」と、アプリ画面を見せてコードを読み取ってもらう「コード支払い」があります。

アプリでQRコードを読み取る「スキャン支払い」の方法

お店にQRコードの掲示がある場合は、スマホでQRコードを読み取るスキャン支払いができます。

まずPayPayアプリを起動して、アプリ画面下部の「支払う」をタップします。

PayPayアプリのトップ画面のスクリーンショット


するとQRコードリーダーが起動しますので、お店のQRコードを読み取ります。QRコードは以下のような形で掲示されています。

PayPay加盟店店頭に掲示されているQRコードのイラスト


QRコードを読み取ると、支払い金額の入力画面が現れます。

PayPayアプリ支払い金額入力画面のスクリーンショット


支払い金額を入力してお店の人に確認してもらい、「支払う」ボタンをタップします。

これで支払い完了です。

アプリのコードを読み取ってもらう「コード支払い」の方法

店舗にQRコードの掲示がない時は「コード支払い」をします。コード支払いの場合は、PayPayアプリにコードを表示させ、店舗の読み取り機で読み取ってもらいます。現在はこちらの方法が主流です。

コード支払いの場合は、まずPayPayアプリを起動し、バーコードをタップします。

PayPayアプリのバーコードのスクリーンショット

QRコード画面が現れるので、「お支払い方法」をタップして希望する支払い方法を選択し、画面を店舗スタッフに提示して読み取ってもらいます。

PayPayの支払い方法は3種類。クレジットカード、Paypay残高、Yahoo!マネー

PayPayでは3種類の支払い方法が選べます。

PayPayで選べる支払い方法は…

  • クレジットカード決済
  • PayPay残高での支払い
  • Yahoo!マネーでの支払い

なお、クレジットカード決済とクレジットカードによるPayPay残高のチャージは別です。

これらの支払い方法は併用できない点に注意が必要です。たとえば、一部をPayPay残高で支払い、不足分をクレジットカード決済にするというような対応はできません。全額を同じ方法で支払う必要があります。

次項より3つの支払い方法の詳細について解説していきます。

【PayPayの支払い方法】①クレジットカード決済

PayPayにクレジットカードを登録すれば、アプリを使ってクレジット決済ができます。

複数のカードを登録して、支払いごとにカードを使い分けることもできるので、いつもたくさんのカードを持ち歩いてお財布がパンパン!なんていう方も、PayPayを使ってお財布の中身を減らすことができます。

PayPayに登録できるのはVisaMastercardJCB(Yahoo! JAPANカードのみ)のクレジットカードです。Yahoo! JAPANカード以外のJCBブランドカードとAmerican Express、Diners Clubには対応していません。

クレジットカード登録の手順

クレジット決済用のカードを登録する手順を説明します。まずPayPayアプリを起動し、画面下部の「アカウント」をタップします。

PayPayアプリトップ画面のスクリーンショット


アカウント画面が現れます。

PayPayアプリのアカウント画面スクリーンショット


「お支払い方法の管理」をタップします。

PayPayアプリのクレジットカード追加画面のスクリーンショット


「クレジットカードを追加」をタップします。

PayPayアプリのクレジットカードの追加画面のスクリーンショット


さらに「クレジットカードの追加」を選択します。


クレジットカードの登録画面が表示されます。

PayPayアプリのクレジットカード情報入力画面のスクリーンショット


情報を入力し、「追加する」ボタンをタップします。

カードの登録が完了しました。

【PayPayの支払い方法】②PayPay残高での支払い

PayPay残高とは、1円単位で買物に使える電子マネーです。PayPay残高はPayPayライトとPayPayボーナスの総称で、チャージした分をPayPayライト、特典やキャンペーンの適用でもらえる分をPayPayボーナスと言います。

PayPay残高で支払いする際は、PayPayボーナスから優先的に使用されます。

PayPayにチャージをする方法は以下の2通りです。

  • 預金口座からチャージする
  • Yahoo! JAPANカードでチャージする

預金口座からのチャージ

PayPayは、三菱UFJ銀行以外の金融機関口座の預金からチャージをすることができます。口座からチャージするためには、Yahoo!ウォレットの預金払い用口座に口座を登録し、PayPayとYahoo!JAPAN IDを連携させる必要があります。

なおYahoo!ウォレットとは、Yahoo! JAPANの決済管理サービスです。あらかじめクレジットカードや銀行口座の情報を登録しておくと、ヤフオク!やYahoo!ショッピングなどのサービスや、公共料金の支払いなどを簡単に済ませることができます。

Yahoo!JAPANカードでチャージ

PayPayにチャージができるクレジットカードは、本人認証済のYahoo!JAPANカードだけです。Yahoo!JAPANカードの家族カードや、他のクレジットカードは現在のところ対象外となっています。

Yahoo!JAPANカードでチャージできる上限額は、24時間で2万円、30日間で5万円です。

Yahoo!JAPANカードはチャージに使えるだけでなく、100億円キャンペーンでも優遇がありPayPayを使うなら作っておきたいおすすめのカードです。(Yahoo!JAPANカードについての詳細は以下の記事を参考にどうぞ。)

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)はポイント還元率が高くて年会費無料の高コスパカード!
ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)は、日本最大級のポータルサイトYahoo! JAPANのサービスをおトクに使えるクレジットカードです。 正式名称は「Yahoo! JAPANカード」ですが、公式ページでは「ヤフーカード」と呼ばれています。そのほか「YJカード」と呼ばれることもあります。 Tポイントが貯めやすいというのも、このカードの特長です。貯めたポイントを使う楽しみも増えるので、Yahoo!ショッピングやLOHACOでよく買い物する人、ヤフオクをよく利用する人にはおすすめです。 ソフトバンクユーザーなら、さらにおトクにTポイントをGETすることもできますよ。

PayPay残高チャージの手順

PayPayアプリを起動し、バーコードの下の「残高を表示」をタップします。

PayPayアプリのトップ画面のスクリーンショット


「+」をタップします。

PayPayアプリの残高表示のスクリーンショット
PayPayアプリの残高チャージ画面のスクリーンショット


チャージしたい金額を入力し、チャージ方法を選択して「チャージする」をタップします。

この時、まだ支払い方法を登録していない場合は「支払い方法を追加してください」をタップしてYahoo!マネーの利用登録、またはYahoo!JAPANカードを追加します。

【PayPayの支払い方法】③Yahoo!マネー残高での支払い

Yahoo!マネーはYahoo! JAPANが提供する電子マネーです。PayPayではYahoo!マネー使って支払いをすることができます。

Yahoo!マネーは、Yahoo! JAPAN IDとPayPayを連携すると、支払い方法として選択できるようになります。

PayPayアプリで友人間送金をする方法

PayPayの友人間送金のイラスト

PayPayは飲み会の集金やお友達との割り勘にも便利。PayPayにチャージしたお金(PayPayライト)は、個人間で送金することができます

送金方法は次の2通りです。

  • 相手のQRコードを読み取って送金する
  • 電話番号で相手を特定して送金する

電話番号で相手を特定する方法なら、離れた場所からでも送金が可能です。

それぞれの送金方法の詳細な手順をご説明します。

①相手のQRコードを読み取って送金する方法(対面時)

受取り側はPayPayアプリでQRコードを表示します。手順は以下のとおりです。

アプリを起動し、画面下部の「アカウント」をタップします。

PayPayアプリのトップ画面のスクリーンショット


アカウント画面が表示されたら、「マイコード」をタップします。

PayPayアプリのアカウント画面のスクリーンショット


QRコードの下の「リクエスト金額を追加」をタップします。

PayPayアプリのマイコード表示画面のスクリーンショット


リクエスト金額(送金してほしい金額)を入力し、「追加する」ボタンをタップします。

PayPayアプリのリクエスト金額入力画面のスクリーンショット

QRコード画面に金額が表示されました。

PayPayアプリのマイコード表示画面のスクリーンショット


次に、
支払い側はPayPayアプリで受取り側のQRコードを読み取ります。

プリを起動し、画面下部の「支払う」をタップします。

PayPayアプリのトップ画面のスクリーンショット

QRコードの画面下部の「スキャンで支払い」をタップして、先ほど受取り側で表示させたQRコードをスキャンします。すると送金額入力画面が現れます。

PayPayアプリの送金額入力画面のスクリーンショット


金額を確認して「送金内容を確認する」ボタンをタップします。

なお、受取り側が金額を指定していない場合は、支払い側が金額を入力して支払うこともできます。

②電話番号で相手を特定して送金する

遠隔時には支払い側がPayPayアプリで送金します。

アプリを起動し、「支払う」をタップします。

PayPayアプリのトップ画面のスクリーンショット


画面下部の「友だちに送金する」をタップすると、送金のあて先が検索できます。

PayPayアプリの送金先検索画面のスクリーンショット


送金額の入力画面が表示されます。金額を入力し「送金する」をタップします。

PayPayアプリの送金額入力画面のスクリーンショット

なお、相手がPayPayアプリに登録をしていない場合は検索をしても出てきません。

個人間送金に使えるのはPayPayライトだけ!

送金できるのはPayPayライトの残高のみです。各種キャンペーンや特典で付与されるPayPayボーナスは、個人間送金には使えません。

PayPayライト残高が送金したい金額に満たない場合は、先に差額分をチャージしておく必要があります。

送金されたPayPayライトには受取り期限がある

送金されたPayPayライトの受取り期限は7日間です。この期間を過ぎると送金が無効になり、支払い側にPayPayライトが戻されます。

再度送金するためには、もう一度手続きをする必要があります。

送受信の相手がわかるよう、アプリに名前を登録しよう

PayPayアプリに名前を登録しておくと、送金元、送金先が判別しやすく便利です。登録する名前は本名でなくても構いません。なお、名前が未登録の場合は、一部を伏せた電話番号が表示されます。

名前の設定方法は以下の通りです。まずPayPayアプリを起動し、トップ画面の右下に表示される「アカウント」をタップします。

PayPayアプリのトップ画面のスクリーンショット


アカウント画面の右上、「詳細を見る」をタップします。

PayPayアプリのアカウント画面のスクリーンショット

「表示名」が公開される名前です。任意の名前を登録して保存しましょう。

PayPayアプリのプロフィール編集画面のスクリーンショット

PayPayのポイント、PayPayボーナスの使い方は?

PayPayは便利なだけでなく、利用ごとにボーナスももらえお得です。クレジットカードでいうとポイントのようなもので、これを「PayPayボーナス」と言います。

PayPayボーナスはPayPay残高として、加盟店での支払いに利用することができます。PayPayライトとの違いは、PayPayボーナスは個人間送金には利用できないという点です。

以下にPayPayでもらえるPayPayボーナスについて解説します。

アプリ新規登録時には500円相当のPayPayボーナスがもらえる

PayPayでは現在、新規登録時に500円相当のPayPay残高がもらえる「PayPayはじめ特典」キャンペーンを実施しています。

特典のPayPay残高が付与されたかどうかは、アプリを起動すると表示されるバーコードの下の「残高を表示」をタップすると確認することができます。

PayPayアプリのトップ画面のスクリーンショット
PayPayアプリの残高表示のスクリーンショット

処理が完了していれば、残高が500円になっているはずです。通常はPayPayへ新規登録が完了次第付与されますが、場合によっては多少の遅延が発生することもあるようです。

ソフトバンク、ワイモバイルユーザーならさらに500円ボーナス(2019年3月31日まで)

ソフトバンクユーザー、ワイモバイルユーザーなら、さらに500円相当のPayPayボーナスをもらうことができます。

追加ボーナスをもらうためには、PayPay新規登録後に支払い方法を登録する必要があります。手順は以下のとおりです。

【STEP1】PayPayアプリを新規ダウンロードする

【STEP2】PayPayユーザーIDとYahoo! JAPAN ID(※1)を連携する

【STEP3】チャージ方法として銀行口座を新規登録、または決済手段としてクレジットカードかYahoo!マネーを新規登録する(※2)

なお、PayPayとYahoo! JAPAN IDとの連携状況は、PayPayアプリのアカウント画面にある「詳細を見る」で確認できます。

(※1)ソフトバンクユーザーはスマートログイン設定済みのYahoo! JAPAN ID、ワイモバイルユーザーはY!mobileサービスの初期登録済のYahoo! JAPAN IDを使う
(※2)既に支払い方法を登録している方は対象外

PayPayの利用でPayPayボーナス0.5%還元!

PayPayで支払いをすると、金額の0.5%のPayPayボーナスが付与されます。こちらは支払い方法を問わず適用となるため、PayPay残高やYahoo!マネーでの支払いはもちろん、クレジットカード決済でもPayPayボーナスがもらえます

さらに、クレジットカード決済の場合はクレジットカードのポイントも付与され、ポイントの二重取りが可能です。PayPay加盟店では、PayPayでクレジットカード決済をするのがお得です。

PayPayボーナス0.5%の付与予定時期

PayPayの支払いで付与されるPayPayボーナスは、原則翌月の20日前後に付与されます。

アプリで確認できるレシートには、PayPayボーナスの進呈予定日が表示されています。ボーナス付与の時期が気になっている方はこちらで確認してみてください。

PayPayボーナス0.5%還元の注意点

PayPayボーナス0.5%還元は一ヶ月に5,000円相当までという付与上限があります。つまり月の支払いが100万円を超えると、超えた分にはボーナスが付与されません。

PayPayで100万円以上のお買物をする方はあまりいないとは思いますが、高額の支払いをする時のために一応覚えておきましょう。

また、200円(税込)未満の支払いは切捨てとなり、付与の対象外となります。

LINEPayに楽天ペイ…PayPayと他のコード決済を比較してみた

コード決済サービスはPayPayをはじめとしてLINEPay楽天ペイなど次々と新たなサービスが発表され、どれを使おうか迷っている方も多いと思います。

以下は特に利用者が多いコード決済サービスの比較表です。コード決済サービスはどれも同じように見えて意外にできること、できないことが異なりますので、アプリをインストールする前に各サービスを比較してみてください。

PayPay OrigamiPay LINEPay 楽天ペイ
個人間送金
支払い方法 クレジットカード、チャージ残高、Yahoo!マネー クレジットカード決済、即時銀行口座引落し(青森銀行、大垣共立銀行、みずほ銀行、三井住友銀行) チャージ残高、クレジットカード決済(LINE関連ウェブサービスのみ) クレジットカード決済
決済に使えるクレジットカード
Visa、Mastercard、JCB(Yahoo!JAPANカードのみ) Visa、Mastercard Visa、Mastercard、AmericanExpress、DinersClub、JCB Visa、Mastercard、AmericanExpress、DinersClub、JCB、Discover
チャージ方法 銀行口座、Yahoo!JAPANカード 銀行口座、店頭、LINE Payカード
ポイント等 PayPayボーナス(0.5%) 店舗により値引きあり(2%〜) LINEポイント(0.5〜2.0%) 楽天スーパーポイント(0.5〜1.0%)
現金出金 ☓(対応予定あり) ○(手数料216円)

PayPayとkyashの合わせ技でもっとお得!還元率は2.5%以上!

PayPayは普通に支払いをするだけも0.5%還元、クレジットカード決済ならクレジットカードのポイントも二重取りできるお得なアプリですが、さらに「kyash」というアプリを使うことで、合計2.5%以上の還元を受けることができます。

kyashはスマホから送金ができる無料アプリです。アプリ上でバーチャールVisaカードが発行され、これにクレジットカードやデビットカード、現金などでチャージすることによってVisa加盟店への支払いが可能になります。

kyashを利用して支払いをすると、支払額の2%がキャッシュバックされます。これだけでもじゅうぶん大きな利点ですが、さらにkyashは「Visaカード」という扱いなので、PayPayのクレジットカード決済用カードとして登録することができます。

これによりkyashのキャッシュバックとPayPayのボーナス、さらにはkyashのチャージに使ったクレジットカードのポイントを三重取りすることが可能になります。

以下にkyashとPayPayで最大の還元を受ける方法を解説します。

kyashとPayPay、2つのアプリで最大の還元を受ける方法

PayPayとKyashでポイント還元を受ける方法のイラスト

①kyashにオートチャージ用クレジットカードを登録する

まずkyashアプリをインストールし、チャージ用のクレジットカードを登録します。この時登録するクレジットカードは、kyashへのチャージがポイント付与の対象になっていて、ポイント還元率が高いカードを選んでください。

電子マネーのチャージではポイントが付与されないカードが多いなか、kyashへのチャージは楽天カードリクルートカード、REXカードなど多くのクレジットカードでポイント付与対象となっています。(2019年2月現在)

ただ、急にポイント付与の対象外として指定されることもあるため油断は禁物です。

②PayPayのカード決済用クレジットカードにkyashを登録する

PayPayに決済用クレジットカードとしてkyashを登録します。先述したとおり、kyashはVisaカードとしてPayPayに登録することができます。

③PayPayでクレジットカード決済をする(カードはkyashを選択)

PayPayでクレジットカード決済をします。決済に使うカードはもちろんkyashを選択してください。

上記の方法でkyashとPayPayを組み合わせて使うと、PayPayには決済額の0.5%のPayPay残高が付与、kyashには2%がキャッシュバックされます。さらにkyashのチャージに指定したクレジットカードには、クレジットカードのポイントが付与されます。

ボーナスが取り消しに!?PayPayを使うにあたっての注意点

PayPayをお得に使おうと思うあまり、規約に違反してせっかくもらったPayPayボーナスが取り消されてしまうという事態が発生しているようです。

下記はPayPay公式のPayPayボーナスが付与取消となるケースについての記載です。取り消し対象のPayPayボーナスを既に使ってしまった場合は、PayPayから後日請求があります。PayPayを利用する前に必ず確認しておきましょう。

・対象となるお支払いをキャンセルし、返金を受けた場合

・取引やキャンセルの状況により不正行為が行われたと当社が判断した場合

・付与される前に、対象のPayPayアカウントが停止または削除された場合

・当社の利用規約に違反する行為があった場合、またはそのおそれがあると当社が判断した場合

・複数のPayPayアカウントで付与を受けたことが確認された場合

次項より、うっかりやってしまいそうなPayPayボーナス取消の原因になる行為について解説します。

複数アカウントでボーナスゲット!?

新規登録時のPayPay残高500円相当プレゼントキャンペーンは「お一人様につき1回の特典付与」とされています。

PayPayで複数のアカウントを作ることは明確には禁止されていませんが、複数アカウントを作成して何度も特典の付与を受けた場合、付与が無効になります。

家族名義のクレジットカードの利用

PayPayでの決済に家族名義のクレジットカードを使ったらPayPayボーナスが取り消されたという声もあがっているようです。

しかし、家族名義のクレジットカードで決済をすることは、そもそもクレジットカード会社の規約で禁止されています。PayPayでの利用に限らず不正利用とみなされかねませんので、家族のクレジットカードを使うのはやめましょう。

なお「家族カード」は家族カードの名義人本人であれば使うことができます。

PayPay残高の有効期限は最短2年!

PayPay残高には有効期限があります。キャンペーンや特典でもらえるPayPayボーナスだけでなく、チャージしたPayPayライトにも有効期限があるため特に注意が必要です。

PayPay公式の記載は以下のとおりです。

PayPayライトまたはPayPayボーナスいずれかの残高が変動した日から2年後です。

この「残高の変動」から2年後というのがポイントです。たまにPayPayを使っていれば問題ないかと思いきや、クレジット決済やYahoo!マネーでの支払いではPayPay残高は変動しないため、有効期限は延長されません。

有効期限が過ぎたPayPay残高は失効し、取り戻すことができなくなってしまいます。PayPay残高がある方は、アプリから有効期限を確認しておくようにしましょう。

PayPay残高の有効期限の確認方法

PayPay残高はアプリから確認します。

まずアプリを起動し、「残高を表示」をタップします。

PayPayアプリのトップ画面のスクリーンショット

ここに最終更新日の記載があります。この日から2年後が残高の有効期限となります。

PayPayアプリの残高画面のスクリーンショット

PayPayのまとめ

最後にPayPayアプリの要点をまとめておきます。

PayPayのポイント

  • PayPayはコード決済。おサイフケータイ非対応スマホでも使える
  • PayPayは無料。電話番号とパスワード設定だけではじめられる
  • PayPayで3万円以上の支払いをする時は身分証明書を忘れずに
  • PayPay新規登録時には500円分のPayPayボーナスがついてくる
  • PayPayの支払い方法はカード決済、チャージ、Yahoo!マネーの3択
  • PayPayなら個人間送金可能で割り勘も楽々
  • PayPayで支払うと0.5%が還元される
  • PayPay+kyashで2.5%還元も
  • PayPay残高の有効期限は2年。チャージ分も消えるので要注意
  • インターネット決済は2019年2月以降順次対応予定。はじめはYahoo!関連から
  • PayPayを使うならYahoo!JAPANカードとの組み合わせがおすすめ

PayPayは2018年10月にはじまったばかりのサービスで、日々規約やサービスが更新されている状態です。新たなキャンペーンも続々と打ち出されていて、2019年の2月4日〜12日には9日間限定のチャージ額増量キャンペーンも実施されました。

今後も新たなキャンペーン、お得なイベントが開催される可能性は十分にあります。みなさんもPayPayの動向にぜひ注目してください。

本記事内におけるPayPayアプリの画像は、すべてPayPay公式アプリから引用しています


Yahoo! JAPANカード
おすすめポイント
  • いつでも還元率1%のTポイントが貯められる!
  • 年会費は永年無料!Yahoo!ショッピングやLOHACOでポイント3倍!
  • PayPayにYahoo!Japanカードでチャージするとポイント1%還元!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 1.0%~3.0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 500円
発行期間 1週間から10日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 非対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by ワイジェイカード株式会社
執筆者のプロフィール
machi
MACHI

法律事務所、金融機関などを経て編集者に転身。マネ会ではライターとしてクレジットカードの記事を担当しています。愛用クレカは楽天カード。

関連記事