更新日:

d払いとは?アプリの使い方、使える店舗、ドコモ払いとの違いまで徹底解説!

d払いとは?アプリの使い方、使える店舗、ドコモ払いとの違いまで徹底解説!

手元にあるスマホでキャッシュレスな支払いができるd払い。現金払いにこだわるキャラクター、ゼニクレージーのCMでも話題になりました。

しかし、d払いの仕組みはクレジットカードと比べると、少しわかり辛くなっています。

この記事ではd払いの始め方、利用できる店舗、ポイント、ドコモ払いとの違いなど、d払いの特長について解説します。

キャッシュレス決済を使ってみたい方、d払いについて知りたいという方は参考にしてみてください。

【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ

d払いとは

d払いは国内の大手通信事業者、NTTドコモが提供するスマホ決済サービスです。ドコモユーザーはもちろんのこと、ドコモユーザー以外の人でもd払いのサービスを利用できます。dポイントを貯めて使えるのも魅力のひとつです。

ほかにもd払いには次のような特長があります。

d払いはバーコード、QRコードを利用したコード決済

d払いではスマホの画面に表示させたバーコードまたはQRコードを読み取って決済を行います。自分のバーコードをお店にある専用の機械で読み取ってもらう場合と、逆にお店のQRコード手持ちのスマホのカメラで読み取る場合があります。

コードに含まれている情報は見ただけでは分からない上に、5分間の有効期限があるため、安全性の高い決済ができます。

d払いが利用できる店舗

d払いは街のお店は勿論のこと、ネットショップでも利用可能です。d払いを利用できる主なお店を次に紹介いたします。

d払いが使える実店舗の一例
ジャンル 店舗名
コンビニ ローソン、ファミリーマート、スリーエイトなど
ドラッグストア ツルハドラッグ、マツモトキヨシ、ハックドラッグなど
家電 ケーズデンキ、ジョーシン、ビックカメラ、ソフマップなど
百貨店・スーパー 高島屋
CD・DVD タワーレコード
スポーツ・アウトドア つるやゴルフ
メガネ メガネスーパー、メガネハウスなど
ファッション ユナイテッドアローズ、earth music&ecologyなど
飲食店 坐・和民、上島珈琲店など
アミューズメント・娯楽 ジャンカラ
交通 Japan Taxi
d払いが使えるネットショップ一例
ジャンル ショップ名
ショッピング Amazon、高島屋オンラインストア、大丸松坂屋オンラインショッピングなど
コスメ ドクターシーラボ公式サイト、コスメランド オフィシャル店など
ドラッグストア マツモトキヨシオンラインストア
家電 ノジマオンライン、NTT-X Store
ファッション ABCマートオンラインストア、ニッセンオンライン、BEAMS公式オンラインショップなど
メガネ JINS
CD・DVD タワーレコードオンライン
ゲーム GAMECITYオンラインショッピング
チケット ローチケ、Jリーグチケットなど
交通 バニラエア、ジェットスター、Japan Taxiなど

街のお店、ネットショップ、ともにさまざまなジャンルのお店でd払いが利用できます。

d払いでdポイントが貯まる

dポイントはNTTドコモが提供するポイントサービスです。d払いでは利用代金に応じたdポイントが貯まります

街のお店、ネットショップでd払いした際のポイント還元率や、貯めたdポイントの使いかたを次に紹介いたします。

街のお店でポイントが貯まる

街のお店でd払いすると200円(税込)につき1dポイントが貯まります。1dポイントの価値は1円となるため、街のお店でのポイント還元率は0.5%です。
0.5%はクレジットカードの一般的なポイント還元率と同じ水準となります。

ネットショッピングならポイント2倍に!

ネットショップでd払いしたときは、100円(税込)につき1dポイント貯まります。ネットショッピングのポイント還元率は1.0%、街のお店より2倍貯まりやすいのが魅力です。

d払いで貯まるポイントの使いみち

d払いで貯まるdポイントには、通常のdポイントのほか、期間・用途限定のdポイントがあります。dポイントの種類によって使いみちが異なるため、詳しくは次をご覧ください。

通常dポイント 期間・用途限定dポイント
街のお店
ネットショップ
dマーケット
d払い
ギフトコ
対象ドコモ商品
対象ドコモサービス
寄付
チケット優待購入
携帯料金 ×
データ容量追加 ×
スゴ得のクーポン ×
賞品の抽選 ×
商品への交換 ×

期間・用途限定dポイントは携帯料金、データ容量の追加などには利用できません。また、通常のdポイントの有効期限は4年ですが、期間・用途限定dポイントは獲得先によって有効期限が異なります。

有効期限が短い獲得先もあるため、期間・用途限定dポイントを獲得したときは、有効期限を確認しておきましょう。

d払いアプリの登録方法

d払いでは専用のd払いアプリを使います。ドコモユーザーとドコモユーザー以外の方でd払い利用開始までの流れが異なるため、次項より解説していきます。

まずはドコモユーザー以外の方の利用開始までの流れをご覧ください。

ドコモユーザー以外がd払いを始める手順

ドコモユーザー以外の方がd払いを始めるまでの手順は以下のとおりです。

【STEP1】dアカウントの登録
・ d払いを始めるには、dアカウントへの登録が必要です。dアカウントの登録方法はインターネット、アプリ、ドコモショップと3種類あります。

iモード、spモードの契約がない人はドコモショップでのdアカウント登録ができないことがあるため、インターネットまたはアプリを利用しましょう。

【STEP2】d払いアプリをダウンロードする
・ d払いアプリは、AndroidではGoogle Playより、iPhoneではApp Storeよりダウンロードし、インストールしてください。

【STEP3】d払いアプリを起動
・ d払いアプリのインストールが完了したら、d払いアプリを起動して「同意してログインへ」をタップします。

【STEP4】dアカウントでアプリにログインする
・ ログイン画面が表示されたら、dアカウントのIDとパスワードを入力してログインします。

【STEP5】d払いアプリで職業と利用目的を設定
・ dアカウントへのログインが完了したら、d払いアプリで職業と利用目的の設定を行います。間違えても問題ありませんが、正しい職業と利用目的を設定しておきましょう。

d払いアプリにクレジットカードを登録する

ドコモユーザー以外の方は、d払いアプリにクレジットカードの登録が必要です。事前にクレジットカードを準備しておくと、登録がスムーズになります。

d払いアプリに登録できるのは、本人認証サービス(3Dセキュア)対応クレジットカードのみです。本人認証サービスは、本人認証パスワードで第三者による不正利用を防止しています。本人認証サービス未登録の方は、事前に登録しておきましょう。

ドコモユーザーなら簡単にd払いを始められる

dアカウントを既に持っているドコモユーザーであれば、d払い利用開始までの流れはより簡単です。dアカウントを持っていない場合は、まずdアカウントの登録を行いましょう。

ドコモユーザーによるd払い利用開始までの流れ

  1. d払いアプリをインストールする
  2. ご利用規約に同意し、ログインする
  3. 4桁のパスワードを入力する
  4. ご利用設定を入力する
  5. d払い利用開始

ドコモユーザー以外の方はdアカウントクレジットカードが必要です。

しかし、ドコモユーザーであれば面倒な申込みはなしに、スピーディーにd払いの利用を開始できます。もちろんクレジットカードの登録も可能です。

d払いアプリの使いかた

d払いアプリの使いかた2種類の画像

コード決済に必要なバーコード、QRコードはd払いアプリ上に表示されます。両方表示されるのは、店舗によって読取機が異なるためです。

また、利用者側が店舗のQRコードを読み取って支払う方法もあります。次項よりd払いアプリの使いかたについて解説します。

d払いアプリの実店舗での使いかた

d払いアプリの実店舗での使いかたは次の2種類です。

  • バーコード・QRコードを提示する
  • 店舗のQRコードを読み取る

ユーザー側のバーコード・QRコードを提示する場合は、次のような流れになります。

バーコード・QRコード提示

  1. d払いアプリを起動し、バーコード・QRコードを表示させる
  2. 実店舗のレジにてバーコードを提示し、読み取ってもらう
  3. コード決済完了

表示したされたバーコードは、有効期限が過ぎる前に読み取りに進んでください。

QRコードの読み取り方法

店舗側のQRコードを読み取る場合の流れは次のとおりです。

  1. d払いアプリを起動する
  2. 画面右上にあるQRコード読み取り切替ボタンをタップする
  3. 「d払いがカメラへのアクセスを求めています」と表示されたときは「OK」をタップする
  4. カメラが起動したら、店舗側のQRコードを読み取る
  5. 「お支払い確認」画面が表示されたら「支払う」をタップする
  6. コード決済完了

d払いアプリのネットでの使いかた

d払いアプリのネットでの使いかたの流れは次のとおりです。

  1. ネットショップの支払い方法でd払いを選ぶ
  2. 決済内容確認画面で4ケタのパスワードを入力する
  3. 画面の指示通りに手続きを進める
  4. 決済完了

クレジットカードのようにカード番号や有効期限、セキュリティコードを入力する手間はかかりません。

Amazonでもd払いが使える

iモードまたはspモードの契約があるドコモユーザーなら、Amazonでd払いが使えます。

以前はAmazonでは非対応だったのですが、現在ではd払い対応となっています。Amazonでもほかのネットショップ同様、100円(税込)の利用につき1dポイントが貯まるのが魅力です。

貯まったdポイントは、1ポイントあたり1円としてAmazonのショッピングに使えます。通常のポイントだけでなく期間・用途限定dポイントも使えます。有効期限が過ぎそうなポイントから、早めに使うとよいでしょう。

Amazonでd払いのメリットを体感したい人は、次の初期設定を行いましょう。

Amazonでの初期設定

  1. Amazonにログインする
  2. メニュー→アカウントサービス→「お支払い方法の管理」をタップする
  3. お支払いオプションを管理→「お支払方法を追加」をタップする
  4. 携帯決済をタップし、携帯電話会社でdocomoを選ぶ
  5. アカウントタイプを選び、「続行」をタップする
  6. d払い利用承諾の画面で4ケタのパスワードを入力し、「承諾する」をタップする
  7. 承諾番号が表示されたら「次へ」をタップする
  8. 初期設定完了

なお、Amazonでdポイントを利用したいときには、dポイントの設定も必要です。

dポイントの設定

  1. dアカウントにログインする
  2. 充当方法の設定画面で「dポイントをすべて利用する」をタップする
  3. 「内容を登録する」をタップする
  4. dポイントの利用設定完了

Amazonでのd払いの使いかた

Amazonでのd払いの使いかたは以下をご覧ください。

  1. Amazonでのお支払い方法で「docomo」を選び、「次に進む」をタップする
  2. 注文内容とお支払い方法を確認する
  3. 「注文を確定する」をタップする
  4. d払い手続き完了

注文完了後にレシートメールが届きます。

利用承諾日または最後の利用日より13か月以上過ぎると、再設定が必要になります。Amazonを長期間利用せず、d払いできないときは再設定を忘れていないか確認してください。

d払いの利用明細について

d払いの利用明細は、パソコンまたはspモード、iモードの専用サイトから確認できます。

パソコン、spモードであればdアカウントにログインして、iモードであれば、iMenuの「お客様サポート」にアクセスしてください。

dアカウントに勝手にログインされると不正利用の被害に合う恐れがあります。ID・パスワードを自身で管理しておくだけでなく、定期的にd払いの利用明細を確認することも不正利用の早期発見につながります。

d払い利用料金の請求方法は3通り

d払い利用料金の請求方法には都度決済、継続課金、随時決済の3通りがあります。それぞれの決済について解説していきます。

都度決済について

d払いの都度決済とは、利用するごとに料金が発生する決済のことを言います。

食品や衣料品などの購入は、都度決済となることが多いです。都度決済が最も一般的なd払い利用料金の請求方法となります。

継続課金について

d払いの継続課金とは、1か月ごとに料金が発生する決済のことです。映像配信サービスの月額利用料金、コスメやサプリの定期購入などでは継続課金となる場合が多くなります。

随時決済について

随時決済は、事前に1度利用者から承諾を取得しておき、あとで店舗側が任意のタイミングで支払いを発生させる決済方法です。

利用承諾するときにパスワード認証が必要です。随時決済はコスメや健康食品などの隔週購入、1年ごとに更新されるライセンスなどでよく利用されます。

d払い利用料金の支払い方法

お店でd払いした後に必要なのが、利用料金の支払いです。d払いの利用料金には、次のような支払い方法があります。電話料金合算払いとクレジットカード払いは、d払いの基本の支払い方法となります。

電話料金合算払い

d払いの決済料金と毎月の携帯電話料金と合算して支払いするのが、電話料金合算払いです。

電話料金合算払いは、ドコモ回線の契約がある人が対象となります。利用限度額は契約状況によって異なりますが、例えば契約期間25か月目以降の契約者なら、最大10万円が設定されます。

d払いの決済料金の支払い先は、利用者の代わりにお店に立て替え払いを行ったNTTドコモです。

クレジットカード払い

d払いの決済料金は、登録済みのクレジットカードでも支払いできます。NTTドコモが発行するdカードは勿論のこと、VISA、Master、American Express、JCBブランドのクレジットカードでも登録可能です。

d払いの決済料金の支払いはカード会社に行います。

dポイント、口座残高からの充当も可能

次のように、dポイントやドコモ口座からの充当と、基本の支払い方法との組み合わせも可能です。

dポイントを充当して支払う

dポイントで支払いする方法が、dポイント充当です。1dポイントは1円分として支払いに利用できます。ポイントは全ポイント充当のほか、一部のdポイントのみ充当することも可能です。

通常dポイントと期間・用途限定dポイントの両方がある場合は、期間・用途限定dポイントから消費されます。

ただし、dポイント充当は都度決済と随時決済のみで、継続課金には利用できません。

ドコモ口座残高充当で支払う

ネットでのショッピングや送金などに便利なのが、バーチャルウォレットサービスの「ドコモ口座」です。d払いではドコモ口座からの引き落としとなるドコモ口座残高充当という支払い方法も用意しています。

ドコモ口座はspモード、iモードから開設が可能です。ドコモ口座残高充当の利用は、ドコモユーザー限定です。ドコモユーザー以外の人はクレジットカードで支払いしましょう。

d払いのメリット・デメリット

次からはd払いのメリット・デメリットを解説していきます。

d払いのメリット

d払いには次のようなメリットがあります。

d払いのメリット

  • ドコモユーザー以外も利用できる
  • d払いの導入で決済が簡単になる
  • ポイントの2重取りが可能
  • クレジットカードを持っていなくても使える
  • d払いポイント高倍率還元キャンペーンがある

それぞれのメリットについて、次項より説明していきます。

d払いはドコモユーザー以外も利用できる

d払いを利用するためのdアカウントは誰でも作成できます。dアカウントの作成はドコモユーザー以外、たとえば格安SIMを使っている方も可能です。

d払いアプリが使えるスマホであれば、iPhoneでもAndroidでも使えます。ただ、タブレットの場合はd払いアプリが使えません。

d払いの導入で決済が簡単になる

d払いには面倒な手続きは必要ありません。店舗ではアプリのバーコード・QRコードを提示、または店舗のコードを読み取るだけ。ネットショップでは4ケタのパスワード入力で決済完了します。

財布から現金を出したり、小銭を数えたりする必要はありません。決済が簡単になるのが、d払いの大きなメリットです。

ポイントの2重取りが可能

d払い利用料金の支払い方法としてクレジットカードを選ぶと、次のようにポイント2重取りができます。

街のお店なら
d払いのポイント0.5%+クレジットカードのポイント
ネットショップなら
d払いのポイント1.0%+クレジットカードのポイント

d払いではポイント還元率の高いクレジットカードで支払いするほど、ポイントが貯まりやすいです。おすすめはdポイントが貯まるdカードゴールド(通常ポイント還元率1.0%)で、ポイント2重取りすると、次のようになります。

街のお店なら
d払いのポイント還元率0.5%+dカードゴールドのポイント還元率1.0%=1.5%
ネットショップなら
d払いのポイント還元率1.0%+dカードゴールドのポイント還元率1.0%=2.0%

d払いとクレジットカードの組み合わせなら、多くのポイントが貯まるため現金や銀行振込で支払いするよりお得です。

ただし、Amazonでのd払いは電話料金合算払いのみで、クレジットカード払いが選べない点には注意してください。

dカードについては以下の記事に詳細がまとまっています。ぜひ参考にしてみてください。

dカードとdカードGOLDは高い還元率が魅力!ドコモユーザーは持って損無し!
dカードは株式会社NTTドコモが発行しているクレジットカードです。ドコモユーザーは持っていると魅力的なサービスをたくさん受けることができる仕組みになっています。 dカードには、通常のdカードとゴールドカードであるdカードGOLDがありますが、両方ともポイントを貯めやすい仕組みがある上に、ポイント還元率も高い点が魅力的です。 以下では、このドコモユーザーにオススメのdカードの魅力を伝えていきいきます。
dカード
おすすめポイント
  • 初年度年会費無料!年1度のカード利用で2年目以降の年会費が無料!
  • d払いの決済をdカードにすると還元率1.5%!
  • dポイント加盟店は還元率1%!
年会費 無料
次年度以降 1,250円
ポイント還元率 1 〜 5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 500円
発行期間 2週間
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ
dカード GOLD
おすすめポイント
  • ドコモユーザーなら利用料金の10%が還元される!
  • 3年間最大10万円のケータイ補償付き!
  • d払いの決済をdカードにすると還元率1.5%!
年会費 10,000円
次年度以降 10,000円
ポイント還元率 1 〜 10%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 2週間
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ

クレジットカードを持っていなくても使える

クレジットカードを作成するには、審査を通過することが必要です。しかし、入会審査に落ちてしまうとはクレジットカードは持てません。

しかし、電話料金合算払いを選べるd払いでは、ドコモユーザーならクレジットカードを持っていない人でも、キャッシュレス決済が可能になります。

d払いポイント高倍率還元のキャンペーンも

時期によっては、d払いポイント高倍率還元キャンペーンが実施されます。また、Amazonではd払いキャンペーンを随時実施しており、Amazonユーザーもお得になります。

キャンペーンにはエントリーが必要なものもあるので、最大限dポイントを獲得したいときは、エントリーを忘れずに行いましょう。

ポイント還元率はキャンペーンによって異なります。また、付与されるのが期間・用途限定dポイントの場合もあります。どんな種類のポイントが付与いくらされるのか、事前に確認しておきましょう。

d払いのデメリット

d払いにはさまざまなメリットがある一方で、下記のようなデメリットがあります。

d払いのデメリット

  • アプリ利用にパケット通信料がかかる
  • 電話料金合算払いは限度額が低め
  • まだ利用可能店舗が少ない
  • dカードよりdポイントが貯まりにくいことがある

d払いアプリによる決済でパケット通信料がかかる

ほかのQRコード決済アプリでも同様ですが、d払いアプリにはパケット通信料がかかります。

スマホの利用料金を定額制にしていれば心配は不要かもしれませんが、一応知っておきましょう。

電話料金合算払いは利用限度額が低め

d払いの電話料金合算払いには、利用額に上限があります。

電話料金合算払いの利用限度額上限

20歳以上個人名義なら
最大10万円/月

未成年または法人名義なら
最大1万円/月

利用限度額を超える場合、別の方法での追加払いが必要になります。

まだ利用可能店舗が少ない

クレジットカードと比べると、d払いを利用できる店舗はまだ少ないのが現状です。コンビニならローソン、ファミリーマート、ミニストップなどでは使えますが、セブンイレブンではまだd払いができません。

d払いできる店舗は増えていますが、一般店舗ではまだあまり導入されていない点には注意してください。

d払いは、dカードよりdポイントが貯まりにくい

お店によっては、d払いのポイント還元率よりもdカードのポイント還元率のほうが高くなります。

たとえばdカード特約店のマツモトキヨシなら、dカードなら100円(税抜き)につき3dポイント付与でポイント還元率3.0%になりますが、d払いの電話料金合算払いでは還元率は0.5%です。

また、dカードではローソンで最大5%が還元されます。このような店舗ではd払いよりdカードで決済したほうがお得です。

d払いとドコモ払いの違い

NTTドコモではd払いドコモ払い、2つのスマホ決済サービスを提供しています。利用できる人や支払い方法など、d払いとドコモ払いにはどんな違いがあるのかを解説していきます。

ドコモ払いはドコモユーザーしか使えない

d払いはドコモユーザー以外の人でも利用できますが、ドコモ払いを利用できるのはドコモユーザーだけです。ドコモ回線を持っておらず、spモードまたはiモードの契約もない人はドコモ払いではなく、d払いを選びましょう。

ドコモ払いの支払い方法は電話料金合算、ドコモ口座残高のみ

ドコモ払いの支払い方法は電話料金合算払いとドコモ口座残高充当の2種類です。ドコモ払いではクレジットカード払いができないため、クレジットカードのポイントを貯めたい人はd払いを選びましょう。

ドコモ払いはdポイントが使えない

ドコモ払いではdポイントでの支払いができません。dポイントも貯まりません。まれにキャンペーンなどで貯めるチャンスもありますが、基本は貯まらないと考えてよいでしょう。

d払いとiDの違い

d払いでも電子マネーのiDでも、キャッシュレスな支払いができる点では同じです。しかし、d払いとiDには利用できる端末やクレジットカードの有無など、いくつかの違いがあります。

iDは利用できる端末が限られる

スマホでiDを利用するには、おサイフケータイ搭載のAndroid、またはApple Pay搭載のiPhoneが必要です。

一方d払いはd払いアプリ対応端末(Android5.0以上、iOS10.1以上)があれば利用できます。iDよりd払いの方が幅広いスマホで利用可能です。

iDはクレジットカードが必要

後払い方式の電子マネーであるiDでは、紐付けされたクレジットカードで支払いする仕組みになっています。

一方、d払いでは電話料金合算払いが選べるため、クレジットカードなしでも利用可能です。

iDは店舗側に導入コストがかかる

お店がiDを導入するには決済機器が必要です。しかし、d払いではタブレットだけで決済の受付ができます。d払いは導入コストを抑えたい店舗にも魅力のあるスマホ決済サービスです。

d払いの解約方法

使えるお店が最寄りにない、不便だったなど、何らかの理由でd払いが不要になったときには解約できます。次からはd払いの解約方法についての解説です。

ドコモユーザーがd払いを解約する方法

ドコモユーザーの場合は、次のサービス拠点でd払いの解約申込みができます。

d払いの解約申込み拠点

  • ドコモインフォメーションセンター
  • My docomo(ドコモオンラインサービス)
  • ドコモショップ

ドコモインフォメーションセンターに電話しても繋がらないときはMy docomo、または最寄りのドコモショップへ出かけるとよいでしょう。

My docomoでd払いを解約する手順は以下のとおりです。

My docomoでの解約手順

  1. My docomoへログインする
  2. 料金関連/音声・通話サービスにある「ドコモ払い/d払い」へ進む
  3. 電話料金合算払い、またはクレジット/dカード払いの利用を停止する

ドコモユーザー以外の人がd払いを解約する方法

ドコモユーザー以外の人がd払いを解約したいときはドコモインフォメーションセンター、またはドコモショップで手続きできます。

d払いで貯めたdポイントは、dアカウントに紐付いています。通常dポイントの有効期限は4年あるため、d払いを解約してもdアカウントが残っていれば、dポイントを失うリスクは少ないです。

クレジットカード情報とd払いアプリを削除する方法

d払いを解約してしまうと、また使いたいと思っても手間がかかります。しかし、クレジットカード情報やd払いアプリの削除のみにとどめておけば、比較的すぐに再開できます。クレジットカード情報は次の手順で削除可能です。

クレジットカード情報の削除手順

  1. d払いアプリ起動し、左上にある「≡」をタップする
  2. 設定画面で「設定」をタップする
  3. お支払い方法をタップし、削除したいクレジットカードの右にある「ゴミ箱」マークをタップする

クレジットカード情報を削除した後は、d払いアプリをアンインストールすれば削除完了です。

コスメや健康食品の定期購入などにd払いを利用している場合は、解約または削除する前に支払い先の変更手続きを行いましょう。

d払いのまとめ

d払いは手持ちのスマホで簡単に決済でき、ポイント2重取りやキャンペーンでお得になる、dカードとの相性がよいなどのメリットがたくさんあります。

AmazonにはAmazonポイントが貯まる商品がありますが、全てではありません。しかし、d払いならAmazonポイント対象外の商品でもポイントが貯まります。

ドコモユーザーなら、電話料金合算払いによりクレジットカードなしで利用できるのも魅力です。

キャッシュレス決済が気になっている方は、ぜひd払いに注目してみてください。

dカード
おすすめポイント
  • 初年度年会費無料!年1度のカード利用で2年目以降の年会費が無料!
  • d払いの決済をdカードにすると還元率1.5%!
  • dポイント加盟店は還元率1%!
年会費 無料
次年度以降 1,250円
ポイント還元率 1 〜 5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 500円
発行期間 2週間
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ
dカード GOLD
おすすめポイント
  • ドコモユーザーなら利用料金の10%が還元される!
  • 3年間最大10万円のケータイ補償付き!
  • d払いの決済をdカードにすると還元率1.5%!
年会費 10,000円
次年度以降 10,000円
ポイント還元率 1 〜 10%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 2週間
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ