更新日:

オリコカードの審査は厳しい?審査基準や審査落ちする人の特徴、審査通過のコツまで徹底解説!

オリコカードの審査は厳しい?審査基準や審査落ちする人の特徴、審査通過のコツまで徹底解説!

オリコカードは、大手信販会社であるオリエントコーポレーションが発行しているクレジットカードであり、提携カードの種類が非常に豊富なことでも知られています。

そんなオリコカードの審査難易度は、どの程度厳しいのでしょうか。

オリコカードが便利だったとしても、審査に通過できなければ意味がありませんからね。

今回の記事では、オリコカードの審査難易度や、審査に通過しやすくするための方法などについて、説明していきたいと思います。

オリコカード THE POINT

オリコカード THE POINTの詳細
年会費 : 無料
【PR】Sponsored by 株式会社オリエントコーポレーション

オリコカード THE POINT PREMIUM GOLD

オリコカード THE POINT PREMIUM GOLDの詳細
年会費 : 1,986円(税込)

オリコカード THE WORLD

オリコカード THE WORLDの詳細
年会費 : 9,982円(税込)

オリコカードの審査は厳しくない?

オリコカードは大手であり人気もある信販会社ですから、審査が厳しいのではないかと心配する人も多いと思います。

そこでまずは、オリコカードの審査基準について説明していきましょう。

オリコカード THE POINT
オリコカード THE POINTの詳細
VISA 非対応 MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費が永年無料で、ポイント還元率は常に1%以上
  • 入会後6ヶ月間は、ポイント還元率が2倍の2%!
  • たまったオリコポイントは500ポイントからリアルタイムに交換可能ですぐに使えます!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1.0%~2.0%
電子マネー
ID(アイディ)
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社オリエントコーポレーション

オリコカードの審査基準

オリコカードではさまざまなクレジットカードを発行していますが、もっともスタンダードなカードである「オリコカード」や、高い還元率で人気の「Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)」の申込条件は、「原則として年齢18歳以上の方(高校生は除く)」となっています。

申込条件に雇用形態や前年度年収などを設けるクレジットカードもあるなかで、年齢に関する条件しか掲げていないオリコカードの審査基準は、そこまで厳しくないと考えられるでしょう。

カードを受け取る際には、運転免許証やパスポートなどを本人確認書類として提示しなければなりません。

また、以下の条件に当てはまる場合には、源泉徴収票や確定申告書などを所得証明書類として提出する必要があります。

オリコで所得証明書を提出する必要があるケース

  • オリコでの借入れ額(カードの場合は利用可能枠)の合計が50万円を超える場合
  • オリコでの借入れ額とほかの貸金業者を含めた借入れ残高の合計額が100万円を超える場合

ただ、本人確認書類にしても所得証明書類にしても、準備するのに骨が折れるような書類はないと思いますので、審査を受けるにあたってのハードルは高くはないですね。

信販系のカードなので審査難易度は低め

今度は少し視点を変えて、クレジットカードの「系統」から、オリコカードの審査基準を考えていきましょう。

クレジットカードは、発行している会社の種類によって、銀行系・信販系・流通系・消費者金融系という4つの系統に分けられます(さらに細かく分類する分けかたもありますが今回は4系統で話を進めていきます)。

オリコカードは信販会社が発行しているクレジットカードなので、当然「信販系」に分類されるクレジットカードであり、審査の難易度でいうと銀行系よりはやさしく、流通系とはほぼ同じで、消費者金融系よりは難しくなっています。

つまり、系統別に考えるとちょうど中間あたりの難易度であるというイメージなのですが、そもそもクレジットカードは発行してもらって利用してもらわなければ、会社にとって利益が生まれません。

そういった点も加味して考えると、オリコカードの審査難易度は決して厳しくないと考えられるでしょう。

審査では収入よりも申込者の信用を重視

クレジットカードの審査では、申込者が申告した年収や勤務形態などの「属性」といわれる情報と、信用情報機関に登録されている「信用情報」がチェックされます。

オリコカードはこれらふたつのうち、特に信用情報を重視した審査をおこなう傾向にあります。

属性からわかることは「申込者の返済能力」であり、信用情報からわかることは「申込者の返済・支払いの確からしさ(信用力)」です。

もちろん信用情報を重視するからといって、収入が少なくても審査に通すというわけではありませんが、収入が少ないことを理由に、オリコカードへの申し込みをためらう必要はありませんよ。

ゴールドカード以上になるとさすがに少し厳しくなる

クレジットカードにはゴールドカードやプラチナカードと呼ばれる、いわゆる「ハイクラス」のラインがありますが、もちろんオリコカードでもそういったカードを取り扱っています。

ハイクラスのカードは、一般のカードに比べてステータス性が高いことはもちろん、限度額設定を高めにできたり付帯サービスが充実していたりと、いろいろと優遇されています。

そうなってくると、審査基準があまり厳しくないオリコカードとはいえ、収入が安定していない人や仕事が不安定な人にカードを発行するわけにはいかなくなります。

一度はゴールドカードのようなハイクラスのカードを持ってみたいという気持ちもわかりますが、自身の属性や信用情報に自信がない場合には、申し込むのは控えたほうが賢明かもしれません。

オリコカードで審査落ちになるのはどんな人?

オリコカードの審査基準は、総じてあまり厳しくないことがおわかりいただけたと思いますが、それでも審査である以上落ちてしまう人はいます。

オリコカードの審査で落ちてしまう人の特徴について、以下で説明していきましょう。

申し込み時の情報に間違いがある

申込時の情報に誤りがあると、審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

審査に通りたいという気持ちで意図的に情報を誤ったとすれば、悪質であると見なされて審査落ちになってしまうことは、想像にかたくないでしょう。

そうではなくうっかり間違えてしまったというような場合も、「きちんと確認すべき情報を確認せずに申し込みをした」ということで、マイナスの評価をされてしまう可能性があります。

いずれにせよ、申込時の情報に誤りがあるとよくない方向に転ぶことは間違いないので、正しい情報で申し込みをおこなうようにしましょう。

過去に金融事故を起こしたことがある

クレジットカードの支払いを遅延したり、カードローンの返済を遅延したりといったようなことは、信用情報に「事故情報」として登録されてしまいます。

事故情報は審査において非常に大きなタブーなので、事故情報が登録されていることが判明したら、その場で審査落ちになってしまうと考えておくべきです。

事故情報は、一度登録されると最短でも5年間は信用情報に記録が残るので、ここ数年以内に金融事故を起こしたことがある方は、オリコカードへの申し込みはあきらめたほうがいいでしょう。

なお、注意しておきたい金融事故に「スマートフォンの割賦販売の支払い遅延」があります。

スマートフォンは、本体代金を分割して毎月の利用料と一緒に支払いをおこなっていくことが多いですが、割賦販売は一種のローンなので、支払いが遅れると信用情報に記録されてしまいます。

「スマートフォンの支払いぐらい…」と考えて、つい支払いが遅れがちになってしまう人もいると思いますが、十分注意してくださいね。

スーパーホワイトである

スーパーホワイトとは、信用情報に一切情報がない人のことを指します。

信用情報に事故情報が登録されている人のことを、一般的に「ブラック」と呼ぶので、その反対のような意味で用いられているのですが、審査において不利になるという意味ではブラックもホワイトも変わりません。

信用情報に一切情報がないということは、申込者を信用していいのかどうかの判断材料が一切ない、ということを意味するからです。

「わからないけどたぶん大丈夫だろう」では審査は成立しないので、判断材料がない人に関しては、審査落ちにするというのが無難な対応なんですね。

ただ、大学生や新社会人ぐらいの年齢の人であれば、過去に信用取引をおこなったことがなく信用情報がホワイトであることも、さほど不思議ではありません。

20代後半~の年齢になってくると、スーパーホワイトが審査落ちの要因になってくると思っていただくといいでしょう。

半年以内に他社カードに申し込んだ経験がある

カードの申込情報も信用情報に登録され、半年間は信用情報上に残るので、半年以内に他社のカードに申し込んでいれば、そのことはオリコカードの審査でバレてしまいます。

もちろんカードの申し込み自体が悪いわけではないのですが、「他社のカードに申し込んで審査落ちになっていた」とすれば、オリコカードの審査にいい影響は決して与えません。

他社カードの審査に落ちるということは、何かしらの理由があったからであり、そんな人をオリコカードが歓迎するかというと、もちろんそんなことはありません。

カードの申込情報は半年で消えるので、他社カードの審査に落ちてしまった場合は、それから半年以上経ってから申し込むようにしましょう。

キャッシング等での借入金額が多い

キャッシング等で多額の金額を借入れている場合は、クレジットカードの審査で重要な「返済能力」を疑われてしまう可能性があります。

オリコカードに申し込む前には、既存の借入れはできるだけ整理しておくのが好ましいでしょう。

また、借入件数は多ければ多いほど、信用力が低いとみなされてしまう傾向にあります。

既存の借入れを整理できるのであれば、金額だけでなく件数も減らすように心がけましょう。

過去にオリコカードで問題を起こしたことがある

クレジットカードやローンなどを取り扱っている会社は、信用情報機関が管理している信用情報とは別に、自社の商品を利用したことがある人の信用情報を独自に管理しています。

信用情報機関で取り扱われている信用情報は、時間が経過することで消え去っていきますが、それぞれの会社が独自に管理している信用情報に関しては、社内で半永久的に保管され続けるようです。

そのため、過去にオリコカードを利用して支払いを遅延したことがあるような場合は、たとえそれが何年・何十年前であろうと、その際の情報が審査時に引っかかって審査落ちになってしまいます。

オリコカードで一度問題を起こしたことがある人は、今後二度とオリコカードが取り扱っているクレジットカードは発行できないと思っておきましょう。

審査に通りやすくするための申込方法

審査で重要な「属性」と「信用情報」は、一朝一夕に変更・改善できるようなものではありませんが、申込方法なら多少なりとも工夫が可能です。

審査に通りやすくするための申込方法について、説明していきましょう。

キャッシング枠を希望せずに申し込む

クレジットカードにはショッピング時に利用する「ショッピング枠」と、キャッシングに利用する「キャッシング枠」のふたつの機能があります。

このうち、クレジットカードの本質的な役割を担っているのはショッピング枠であり、キャッシング枠は希望すればクレジットカードの機能として利用できる形になっています。

このふたつの機能は、どちらも別に審査が行われるので、ショッピング枠とキャッシング枠の両方が付いたクレジットカードを発行しようと思うと、2種類の審査に通過しなければなりません。

しかしキャッシング枠を希望しなければ、ショッピング枠の審査に通過しさえすれば、クレジットカードを発行してもらえます。

審査に通過することを最優先で考えるのであれば、ショッピング枠を希望せずに申込むというのも、ひとつの手かもしれません。

入会キャンペーン中を狙う

カード会社は、会員数を増やすために入会キャンペーンをおこなうことがありますが、一般的に入会キャンペーン中は審査に通りやすいといわれています。

カード会社も営利企業ですから、キャンペーン中は「新規会員○○人以上!」というような営業目標を掲げて、新規会員を勧誘しています。

そのため、目標を達成するために、キャンペーン期間外ならギリギリ審査落ちになるような人も、審査に通過させてもらえる可能性があるのです。

自分の属性や信用情報が、審査通過の当落線上付近にいるだろうと感じている人は、オリコカードが入会キャンペーンをおこなっているタイミングを狙って、申し込むといいでしょう。

ただし、自分がカードの申し込みをおこないたいと考えているタイミングと、入会キャンペーンのタイミングが、必ずしも重なるとは限らないというのが、多少ネックとなるかもしれません。

ETCカードが欲しいだけならパーソナルカードでも可

ETCカードは、クレジットカードに紐づけて発行させるのが普通なので、ETCカードのためにオリコカードを発行しようとしている人もいるかもしれません。

しかし、ただETCカードが欲しいだけなのであれば、「ETCパーソナルカード」を利用するという手もあります。

ETCパーソナルカードは、審査をおこなう代わりに利用者からデポジット(預託金)を預かって発行するETCカードなので、ブラックの人でも発行可能です。

ただし機能は「ETCシステムを利用すること」のみであり、一般的なクレジットカードに付帯しているような、数々の付帯サービスは利用できません。

また、デポジットはあくまでも保証金であり、ETCの利用料は別途金融機関の口座から引き落とされるので、ある程度まとまったお金がないと使いにくいことには、注意しておきましょう。

【年会費無料のおすすめETCカード比較2020】損しないETCカードの選び方を徹底解説!

オリコカードに申込んでから審査、利用までの注意点

オリコカードに申込んでから審査結果がわかるまでの期間は、おおよそ3日程度で、審査結果はインターネット上でも確認できます。

オリコカードに申込んでから実際に利用するまでの流れや、その際の注意点などについて見ていきましょう。

必要事項は適切にスムーズに入力

オリコカードに申込む際には、年収や雇用形態・勤続年数といった必要事項を入力しなければなりませんが、この手続きを終えなければ審査がスタートしないため、できるだけスムーズに手続きを終えなければなりません。

とはいえ急いで申し込みをおこなって、申告した内容に間違いがあっては本末転倒なので、必要事項を入力し終わった後に最初から最後までもう一度見直すぐらいの余裕は持っておきたいですね。

総量規制は審査に影響する?

総量規制は、クレジットカードのふたつの機能のうち、キャッシング枠には影響しますが、ショッピング枠には影響しません。

総量規制では、自分の年収の3分の1を超す金額の融資を受けることが禁じられているので、キャッシング枠をあまりに大きな金額で希望すると、総量規制に引っかかってしまう可能性があります。

総量規制には、既存の消費者金融の借入れや別のクレジットカードのキャッシング枠も影響してくるので、それらも考慮に入れたうえで、総量規制に引っかからない範囲でキャッシング枠を希望するようにしましょう。

オリコカードから電話がかかってくる可能性あり

申し込みをおこなった後、連絡先として申告した電話番号に、オリコカードから電話がかかってくる可能性があります。

これは、申し込みの意思を確認するためにおこなわれるもので、特に難しいことを質問されたり特殊な書類の提出を求められたりするわけではないので、特に身構えずに電話に出ていただくといいでしょう。

ただ、この電話に出ないと審査が先に進まないので、できる限り一度目の電話で対応できるようにしましょう。

オリコカードから着信があったことに気付いたら、すぐにかけ直して要件を伺うようにしたほうがいいですね。

在籍確認の電話に対応できないと審査が長引く

オリコカードから電話がかかってくるのは、自分の連絡先だけではありません。

オリコカードの審査では、申込者の職場に電話をかける「在籍確認」がおこなわれますので、在籍確認の電話に対応できない場合も、審査が長引いてしまいます。

在籍確認は、申込者が申告した通りの職場に確かに在籍していることを確認することで、返済能力の裏付けを取るために重要な過程なので、スキップすることはできません。

職場にかかってくる電話にすぐに対応できる場合はいいですが、社外にいることが多く職場への電話に対応しにくい場合には、あらかじめ同僚などに自分あての電話がかかってくることを伝えておくといいでしょう。

審査通過したら、カードが郵送される

ここまでの手続きを終えて審査に通過すれば、オリコカードが本人限定郵便で郵送されてきますので、本人確認書類を提示してカードを受け取りましょう。

通常のクレジットカードであれば、手続きはこれでおしまいですが、オリコカードの場合はまだこの後におこなわなければならないことがあります。

まずひとつは、郵送されてきたクレジットカードに同封されている引き落とし用口座情報用紙に、クレジットカードの引き落とし口座の情報を記入して返送することです。

そしてもうひとつは、利用明細の確認やポイントの交換などがインターネット上でおこなえる、「eオリコ」のアカウントの作成です。

これらふたつを終えると、ようやくオリコカードが利用できる状態になります。

それでもオリコカードの審査に落ちてしまったら?

ここまでお伝えしてきたいろいろな注意点を守っていただいたとしても、オリコカードの審査に落ちてしまう可能性はあるでしょう。

オリコカードの審査に落ちてしまった場合の対処法について、説明していきましょう。

審査の緩い流通系・消費者金融系のカードに申し込む

オリコカードは信販系のクレジットカードであり、系統面でいえば審査がそれほど厳しいクレジットカードではありません。

しかし一般的に、流通系や消費者金融系のクレジットカードは、信販系のクレジットカードよりもさらに審査が緩めだといわれています。

そこで、オリコカードの審査に落ちてしまった場合には、以下でおすすめするような流通系・消費者金融系のクレジットカードへの申し込みを、検討してみましょう。

オリコカードに審査落ちしたら検討したいカード①「楽天カード」

楽天カードは、楽天市場や楽天ブックスなどの楽天のサービスの決済に利用することで、通常よりもお得な還元率で利用できるクレジットカードです。

頻繁にテレビCMも流しているように、入会時にボーナスポイントが付与されるのも大きな魅力です。

楽天関連のサービスへ利用者を囲い込むために、楽天カードの審査基準はかなり緩めになっているので、オリコカードの審査に落ちてしまっても、発行できる可能性があるでしょう。

楽天カード
楽天カードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費永年無料の業界大人気クレカ!
  • ポイントは電子マネー「楽天Edy」にも交換可能!
  • 楽天Payの決済を楽天カードにすると最大で還元率1.5%にアップ!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1.0%~20.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

オリコカードに審査落ちしたら検討したいカード②「ACマスターカード」

ACマスターカードは、消費者金融アコムが発行、運営しているクレジットカードです。

アコムACマスターカードの最も大きな特長は、ほかのクレジットカード会社で審査落ちした人でも、審査に通ってカードがつくれる可能性があるということです。

これは、ACマスターカードの審査が、一般的なクレジットカードの審査とは大きく異なるからです。

一般的なクレジットカードの審査では、信用情報をもとに審査がおこなわれますが、ACマスターカードでは、現在の収入や他社からの借入れ額を重要視していると考えられます。

実際に、ACマスターカードでおこなわれている3秒審査でも、年齢や年収、他社からの借入状況を元に判断されます。

ACマスターカード
ACマスターカードの詳細
VISA 非対応 MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 最短即日カード発行が可能!
  • 年会費が永年無料で安心!
  • コンビニからの支払いも可能!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0%
電子マネー
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by アコム株式会社

オリコカードに審査落ちしたら検討したいカード③「ライフカード」

ライフカードは、消費者金融のアイフルが発行するクレジットカードで、現在日本で発行されているクレジットカードのなかでは、比較的発行しやすい部類に入ります。

カードローンでも、銀行が取り扱うものと消費者金融が取り扱うものでは、消費者金融のほうが審査が緩い傾向にあるといわれていますが、同じことがクレジットカードにも当てはまるでしょう。

最短3営業日発行が可能という大きなメリットがあり、ポイント還元率は誕生月だと3倍になります。

どうしてもクレジットカードを発行したいという場合には、おすすめできるカードです。

ライフカード
ライフカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 初年度はもちろん、次年度以降も年会費は無料!
  • 入会後1年間はポイント1.5倍
  • お誕生月のご利用は基本ポイント3倍
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%~1.5%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
nanaco
ID(アイディ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by ライフカード株式会社

オリコカードの審査まとめ

今回は、オリコカードの審査難易度や、審査に通過しやすくするための方法などについて説明してきました。

オリコカードは、クレジットカードのなかで審査が難しい部類に入るカードというわけではありませんが、審査がある以上は一定のラインを超えなければ、もちろん審査落ちとなってしまいます。

申し込みの際には、今回説明させていただいたようなポイントを押さえたうえで、申し込んでいただくといいでしょう。

オリコカードの審査に落ちてしまった場合には、最後に紹介させていただいたクレジットカードへの申し込みも、検討してみてくださいね。

食品や雑貨商品などを扱うライター・編集を経て、マネ会を担当。クレジットカードのポイント還元や特典だけでなく、各カード会社の戦略やマーケティングにも興味あり。普段使っているクレジットカードはJALカードで、実家への帰省の際には、貯めたマイルを特典航空券に交換している。ヤフオクやヤフーショッピングで買い物をする際には、ヤフーカードも使用。体を動かすことが好きで、定期的にジムで筋トレ。機会あれば、山へハイキングに出かけ、帰りの温泉を楽しむ。

山本の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事