更新日:

マスターカードの高位ランク「ワールドカード/ワールドエリートカード」を徹底解説!

マスターカードの高位ランク「ワールドカード/ワールドエリートカード」を徹底解説!

ショッピングやキャッシングで、マスターカードを利用している方は多いと思います。そんなマスターカードに「ワールドカード」というカードがあるのをご存知ですか?

今回は、マスターカードブランドの中でも、高位ランクに位置づけられている「ワールドカード」について徹底解説いたします。

Mastercard Titanium Card

ラグジュアリーカード<Titanium Card>の詳細
年会費 : 55,000円(税込)
ポイント還元率 : 1%
【PR】Sponsored by Black Card I株式会社

Mastercard Black Card

ラグジュアリーカード<Black Card>の詳細
年会費 : 110,000円(税込)
ポイント還元率 : 1.25%
【PR】Sponsored by Black Card I株式会社

マスタカードのワールドカードはブラックランク!

マスタカードブランドにはランクがある!

マスターカードに限った話ではありませんが、クレジットカードにはランクがあります。マスターカードブランドでは、クレジットカードは、以下の6つのランクに分類されます。

①スタンダード
②ゴールド
③チタン
④プラチナ
⑤ワールド
⑥ワールドエリート

ワールドカードは実質ブラックカードにあたる!

上記のマスターカードのランク分類によると「ワールド」「ワールドエリート」は「プラチナ」より上位に位置づけられています。厳密には異なりますが、「ワールドカード」は実質的にブラックカードに近いカードだということがわかります。

ワールドカードランクのクレジットカードとは?

現在、日本で発行されているワールドマスターカードは3種類。それぞれ別の会社から発行されています。

TRUST CLUB ワールドカード

TRUST CLUB ワールドカード
TRUST CLUB ワールドカード
VISA 非対応 MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • ポイント還元率が常に3%!
  • 有効期限のないポイントは様々なアイテムやサービスにご利用可能!
  • トラベルデスクがお電話一本でご旅行のサポート!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
13,200円(税込) 13,200円(税込) 3%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)

三井住友トラストグループが発行しているワールドマスターカードが「TRUST CLUB ワールドカード」です。

大きな特徴は年会費がとても安いこと。年会費はなんと12,000円(税抜)です。

取得条件の目安としては、25歳以上で年収400万円以上となっているので、その条件さえクリアしていれば、手元に1枚持っておきたい「ワールドカード」といえるでしょう。

主なサービスとしては、国内・海外旅行の運賃やツアー代金を最高7,000万円まで補償してくれる「旅行保険」、購入した商品の盗難や破損を最高500万円まで保証してくれる「バイヤーズプロテクション(動産総合保険)」などがあります。

また、旅行やコンサートなどを急遽キャンセルしないといけなくなったときに、キャンセル費用を補償してくれる「キャンセル プロテクション」や、世界1,000ヵ所以上の空港VIPラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」なども付帯し、ワールドカードの何ふさわしい充実したサービス内容となっています。

Porsche アプラス ワールドマスターカード

世界的に有名な高級車「ポルシェ」のオーナーしか持つことができない「ワールドカード」が「ポルシェカード」です。主なサービスとしては、自宅と空港の間を往復で国際線の手荷物を3個まで無料で宅配してくれる、「国際線手荷物無料宅配サービス」海外1000ヵ所以上の空港ラウンジが利用できる、「プライオリティ・パス」

カードを利用することで、集めたポイントをポルシェ デザイン・ドライバーズセレクションに交換できる「ポルシェマイレージプログラム」などがあります。

SBIワールドマスターカード

SBIカード株式会社発行の、ワールドカードランクのマスターカードが「SBIワールドマスターカード」です。現在、SBIカードの公式サイトにはこのカードについての案内はありません。

マスターカード公式サイトでも、『ご招待された方がお持ちいただけるカードとなります』という案内のみとなっています。

日本で所有している人はほとんどおらず、希少価値の高いブラックカードと言われているこのカード。カードのブラック部分に天然ダイヤモンドが刷り込まれていて、その材質からもプレミアム感が満載のカードとなっています。

年会費 150,000円(税抜)一般的募集はされておらず、SBIカード株式会社からの招待者のみ入会が可能であることがわかります。サービスとしては、最高1億2千万円の「国内・海外旅行保険」最高100万円の「ショッピング保険」「プライオリティ・パス」などがあります。

さらに上のワールドエリートランクのカードもある

ラグジュアリーカード

前述した様に、マスターカードには、ワールドカードのさらに上のランクがあり「ワールドエリートカード」と呼ばれています。マスターカードとしては最上位ランクのカードになります。

「ワールドエリートカード」はLUXURY CARDから提供されており、以下の3枚のカードが存在します。「Mastercard Titanium Card」「Mastercard Black Card」「Mastercard Gold Card」そのグレードは「チタン」⇒「ブラック」⇒「ゴールド」の順で上位となっており、その年会費やサービスの内容が差別化されています。

共通のサービスとしては、「最高1億円の国内海外旅行傷害保険」、世界400都市1,000ヶ所以上の空港ラウンジ無料サービス、国際線手荷物宅配無料サービスなどがあり、また3種のカードを比較すると以下のようになります。

Mastercard Titanium Card Mastercard Black Card Mastercard Gold Card
年会費 50,000円(税抜) 100,000円(税抜) 200,000円(税抜)
ボーナスポイント 国内最大1.5倍海外2倍 国内最大2倍海外2倍 国内最大3倍海外2倍
特典内容 ・コンシェルジュ・サービス、プライオリティ・パス、国際線手荷物宅配無料など ・コンシェルジュ・サービス、プライオリティ・パス、国際線手荷物宅配無料、Luxury Limousineなど ・コンシェルジュ・サービス、プライオリティ・パス、国際線手荷物宅配無料、Luxury Limousine、国立新美術館の無料招待など
カード仕様 ブラッシュド加工金属製 マットブラック金属製 24金仕上げ金属製
Mastercard Titanium Card
ラグジュアリーカード<Titanium Card>の詳細
VISA 非対応 MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 1%のキャッシュバック高還元率
  • 24時間365日のコンシェルジュサービス
  • プライオリティ・パスの世界中1300か所以上の空港ラウンジサービス無料
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
55,000円(税込) 55,000円(税込) 1%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by Black Card I株式会社
Mastercard Black Card
ラグジュアリーカード<Black Card>の詳細
VISA 非対応 MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 1.25%のキャッシュバック高還元率
  • 最大還元率2.75%の賞品交換
  • 24時間365日のコンシェルジュサービス
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
110,000円(税込) 110,000円(税込) 1.25%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by Black Card I株式会社
ラグジュアリーカードのチタンからゴールドまで解説!保有者の年収や特典を口コミを交えて紹介

マスターカード「ワールドカード/ワールドエリートカード」まとめ

・マスターカードには6つのランクがある
・ワールドカードは取得条件や年会費など大きく異なる
・ワールドカードは実質的にブラックカード扱い
・1番手軽に持てるワールドカードは「TRUST CLUB ワールドカード」

「ワールドカード」について調べてみてわかったこと、それは取得条件や年会費などが大きく異なることです。

ただし、「ワールドカード」、「ワールドエリートカード」いずれにしても費用対効果(コストパフォーマンス)に合っているのかどうかは利用者の使い方次第でしょう。

上手に使ってカードライフを満喫したいものです。

関連記事