更新日:

学生専用ライフカードを徹底解説!学生に嬉しい4つのメリットや口コミを紹介

学生専用ライフカードを徹底解説!学生に嬉しい4つのメリットや口コミを紹介

ライフカードには通常のライフカードと学生専用ライフカードがあり、学生専用ライフカードは学生にお得な特典が満載です。学生専用ライフカードがあれば、海外利用時のキャッシュバックや誕生日月のボーナスポイントなど、お得になることが多いですよ。

今回は学生におすすめのクレジットカードのひとつである、学生専用ライフカードについて解説します。学生専用ライフカードの基本情報から、利用者の口コミ・メリット・デメリットまでをわかりやすく紹介します。

これからクレジットカードをつくろうと考えている学生の人は、ぜひ参考にしてみてください。学生専用ライフカードを作れば、学生生活をより充実させることができますよ。

学生専用ライフカードの基本情報

ライフカードは消費者金融大手アイフルの子会社である、ライフカード株式会社が発行しています。アイフルは東証一部に上場している会社なので、初めてクレジットカードを作る学生でも安心して作れますね。

まずはそんなライフカードが発行する学生専用ライフカードの基本情報を解説していきます。

学生専用ライフカード
学生専用ライフカード
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 海外ショッピング利用キャッシュバック
  • 学生のための安心プログラム
  • ケータイ利用料金決済ご利用の方は毎月抽選でamazonギフト500円分プレゼント
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.1 〜 0.2%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
ID(アイディ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

学生専用ライフカードは、一般的なクレジットカードに比べると利用可能枠は少なくなりますが、カードを使い過ぎてしまう心配も少ないので、安心して利用できます。

また車を運転する人は、ETCカードを無料で発行することができます。ETCカードは、有料道路の利用料金の割引サービスなどがあるので、利用するだけでも十分なメリットがあります。

加えてライフカードのETCカードは、ETCの利用金額もポイント還元の対象になります。ポイントは利用金額100円ごとに付与されるので、無駄なくポイントを貯められますよ。

年会費無料

学生専用ライフカードは、年会費無料で発行が可能です。初めてクレジットカードを発行する学生の方も多いと思うので、年会費がかからずクレジットカードが作れるのは嬉しいですね。

発行手数料や維持手数料もかからないので、学生専用ライフカードは無料で持ち続けられますよ。

申込み条件

学生専用ライフカードの申込み条件は以下の通りです。

申込み条件
  • 満18歳以上満25歳以下
  • 大学・大学院・短期大学・専門学校に現在在学中

未成年の場合親権者の同意が必要。また高校生は申込みできません。

学生専用ライフカードという名前通り学生しか申込みはできず、社会人は通常のライフカードを作成しなければなりません。年齢制限もあるのでしっかり確認してから申込みをしましょう。

社会人は通常ライフカード

ライフカード
ライフカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 初年度はもちろん、次年度以降も年会費は無料!
  • 入会後1年間はポイント1.5倍
  • お誕生月のご利用は基本ポイント3倍
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%~1.5%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
nanaco
ID(アイディ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by ライフカード株式会社

社会人は学生専用ライフカードを作成できませんが、通常のライフカードであれば作成可能です。通常のライフカードも誕生日月にポイント還元率3倍になるなど、お得な特典が満載のクレジットカードです。

通常のライフカードも年会費無料で作成できますので、社会人の方は通常のライフカードに申込みをしましょう。

発行までの日数

学生専用ライフカードが発行されるまでの日数は、最短で3営業日です。発行まで1週間ほどかかるクレジットカードも多いので、発行スピードが早いのも特徴ですね。

学生専用ライフカードを最短発行するためには、オンライン申込みが必要です。そのほか最短発行には「正午までに申込みを完了させる」などの条件もあるので、事前に確認しておくとよいでしょう。

国際ブランド

国際ブランドとはクレジットカードの決済ブランドのことを指しているので、持っているクレジットカードがどこで利用できるかを示すものになります。クレジットカードは、各ブランドのマークがある店舗で利用することができ、各ブランドによって特徴が異なります。

学生専用ライフカードは国際ブランドをVISAMastercardJCBの3つから選択できるので、用途に合った国際ブランドを選択することが可能です。

VISAとMastercardは、世界シェアNo.1、No.2の国際ブランド。そのため国内・海外問わずクレジットカードを利用できるほとんどの店舗でつ使えるので、海外に行く機会が多い人に向いています。

またJCBは国内シェアが高い国際ブランドなので、主に国内でクレジットカードを利用する人に向いています。ちなみにJCBは、日本人がよく訪れるハワイや韓国でも多くのお店で使えるようになっています。

海外旅行保険

学生専用ライフカードは国内旅行傷害保険は付帯されていませんが、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯されています。

海外旅行傷害保険の内訳は、下記のようになっています。

学生専用ライフカードの海外旅行傷害保険の内訳
補償内容 最高保険金額
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 200万円
救援者費用等 200万円
個人賠償責任危険 2,000万円(免責金額なし)
携行品損害 20万円(免責金額1事故3,000円)

旅行傷害保険はクレジットカードを持っているだけで付帯される自動付帯と、旅行の費用の決済をクレジットカードでおこなった場合に付帯される利用付帯があります。

学生専用ライフカードの海外旅行傷害保険は自動付帯ですので、旅行の費用をカード決済しなくても上記で紹介した補償を受けることができます。

また学生専用ライフカードは、キャッシュレス診療も付帯しています。そのため旅行先で病気やケガをしてしまい、医療機関にかかった場合などもある程度は安心できますよ。

海外の医療機関で便利なキャッシュレス診療

キャッシュレス診療とは海外で病気なった場合やケガをしてしまった場合に、現金がなくても医療機関にかかることができるサービスです。

海外は日本の健康保険が適用にならないため、医療費が高額になってしまいます。また医療機関によっては、現金を持っていないと受診できないケースもあります。

しかしキャッシュレス診療が付帯されているクレジットカードの場合、カード会社に連絡をとれば指定の医療機関を紹介され、医療費はカード会社が直接支払うので、現金がなくても受診や治療が可能です。

ただしキャッシュレス診療が利用できるといっても、海外のすべての医療機関が対応しているわけではありません。そのため海外に行く前に、キャッシュレス診療可能な医療機関があるかどうか、カード会社に確認をしておくとよいでしょう。

学生専用ライフカードを利用すべき4つのメリット

学生専用ライフカードの基本情報と特徴について紹介しましたが、実際に学生専用ライフカードを利用するときのメリットや口コミについても気になりますよね。

学生専用ライフカードは、一般のライフカードで利用できるサービスに加えて、学生専用ライフカードのみのサービスも利用できるので、メリットが多いクレジットカードです。

ここからは学生専用ライフカードを利用するメリットと口コミについて紹介していきます。

魅力的なポイントプログラム

まず、カードの利用で付与されるポイントについて紹介します。学生専用ライフカードは、1,000円(税込)で1ポイントのLIFEサンクスポイントが付与されます。

LIFEサンクスポイントは1ポイント5円相当でほかのポイントプログラムとの交換やキャッシュバックなどが可能なので、基本的なポイント還元率は0.5%です。

学生専用ライフカードは、「初年度のポイントが1.5倍」や「誕生日月はポイントが3倍」など、利用するタイミングによってポイント還元率を上げられます。Mastercardの実績によると平均ポイント還元率1.1%以上のようなので、ポイントが貯まりやすいクレジットカードですね。

またポイントの有効期限は、獲得した初めの2年間は「自動繰越」で、3年目以降は「毎年繰越手続き」をすることによって最大3年間繰越が可能です。つまり、学生専用ライフカードを利用して付与されたポイントは、「最大で5年間の有効期間」になります。

ポイント有効期限が5年間というのは、クレジットカードのなかでもトップクラスの長さですので、ポイント失効のリスクが減るのはうれしいサービスですよね。

ポイントに関する口コミ

実際にライフカードを使っている方の口コミもご紹介しましょう。ポイント還元率に魅力を感じている口コミが多く集まっています。ポイント還元率が上がるのはやはり嬉しいですよね。

(30代 / 男性 / 会社員 / 年収400〜600万円未満)

やはりお得なのはポイント還元率につきます。特に誕生日月のポイント3倍特典がとにかく凄すぎますね。 誕生月以外でもプレミアムステージになればポイント還元率が2倍と充分すぎるほど還元率が高いのですが、誕生月にはお得過ぎてついつい余計な買い物をしてしまうほどです。

(20代 / 女性 / 学生 / 年収200万円未満)

初年度はポイント1.5倍なので、入会から一年間はライフカードにクレジットカード利用を集中させてがっつりポイントを貯めると良いと思います。誕生日月もポイント3倍になるため、大きな金額の買い物は誕生日月にするように心がけるとさらにお得です。

年間の利用額によっては翌年もポイントが常時最大2倍になるので、メインカードとして利用するとポイントを貯めやすいと思います。

「L-Mall」の利用でポイントが最大25倍

学生専用ライフカードは、ネットショッピングをする際に「L-Mall」を経由すれば、ポイントが最大で25倍になります。

「L-Mall」とは、ライフカードが運営する「LIFE-Web Desk」会員限定のショッピングモールサイトです。掲載ショップは、百貨店、ファッション関係、家電量販店、グルメ・ギフトなど、約500のショップがあるのでさまざまなニーズに対応が可能。

「L-Mall」内にはじゃらんnet、Yahoo!ショッピング、楽天市場、ケーズデンキ OnlineShop、SEIYUドットコム、ビックカメラ.COMなどがあるので、日常的にも使いやすい店舗が多いですね。

利用方法は、下記のようになっているので参考にしてください。

「L-Mall」の利用方法
  • 「LIFE-Web Desk」に登録(登録は無料)
  • 「L-Mall」にアクセス
  • 利用したいショップを選択
  • 「LIFE-Web Desk」のIDとパスワードを使ってログイン
  • 買い物の支払いをライフカードでおこなう
  • 2~4ヶ月後にボーナスポイントが付与

「L-Mall」を利用するためには「LIFE-WebDesk」の登録が必要です。登録は無料でできるので、まずは「LIFE-Web Desk」の登録をしておきましょう。

また注意点ですが「L-Mall」を経由して付与されるポイント(カードの利用で付与される通常ポイント以外)の時期は、ショップによって異なります。

利用するショップにもよりますがポイント付与の時期は最長で4ヶ月後となるので、すぐに付与されるわけではないことを覚えておいてください。

20代 / 女性 / 学生 / 年収200万円未満

ネットショップやネットオークションを利用する際には必ずL-Mallを経由できないか確認して、忘れずにL-Mallを経由するのも大切だと思います。貯まったポイントはより還元率の良いもの(現在は1ポイント最大10円相当)と交換すると、更にお得度がアップします。

誕生日月ボーナスポイント

学生専用ライフカードは誕生日月に、ポイント還元率が3倍になるという特典があります。誕生日月はポイント還元率1.5%になるので、誕生日月にほしいものをまとめて購入することがおすすめです。

1カ月間ポイント還元率1.5%になるのは、他のクレジットカードにはない特典です。誕生日月は何を購入してもポイント還元率1.5%なので、買い物計画をあらかじめ立てておきましょう。

ステージ制プログラム

学生専用ライフカードは年間の利用額に応じて、翌年のポイント還元率がアップするステージ制プログラムを採用しています。利用額ごとのポイント還元率は以下の通りです。

学生専用ライフカードのステージ制プログラム
ステージ名 年間利用額 ポイント還元率
レギュラーステージ 50万円未満 0.5%
スペシャルステージ 50万円以上100万円未満 0.75%
ロイヤルステージ 100万円以上200万円未満 0.9%
プレミアムステージ 200万円以上 1%

ポイント還元率をアップさせるためには、年間50万円以上の決済が必要です。日常生活だけでは難しいかもしれませんが、海外留学や引っ越しなどまとまった出費があれば上のステージに上がることは可能です。

また入会後1年間はポイント還元率0.75%になるという特典もあります。ステージ制プログラムを利用して、ポイントを効率よく貯めていきましょう。

交換先の種類が豊富

学生専用ライフカードの利用で貯まったポイントは、キャッシュバック、VISAギフトカード(Vプリカ)、景品などと交換が可能です。

中でもVプリカへの交換は5%OFF(例えば1,000ポイント分を950ポイントで交換可能)なので、お得に交換できておすすめです。

またLIFEサンクスポイントを下記のようなほかのポイントプログラムへ交換することも可能なので、用途に合わせてポイントの交換先を選択できることが魅力的です。

他社ポイントプログラム
  • dポイント
  • 楽天ポイント
  • WALLETポイント
  • ANAマイレージクラブ
  • ベルメゾン・ポイント
  • Gポイント

ポイントの交換率に関しては、交換先のポイントプログラムによって異なるので、交換前に確認するようにしてください。

海外の利用で5%キャッシュバック

学生専用ライフカードは、海外旅行先でカード決済した場合に5%分をカードの登録口座へ振込んでもらえる「海外利用キャッシュバックサービス」をおこなっています。

「LIFE-Web Desk」の登録が必要であることやキャッシュバックの上限が年間累計金額50,000円までなど、いくつか条件があります。そのため海外へ行く予定のある人は、渡航前に確認しておくようにしましょう。

また「海外利用キャッシュバックサービス」は、海外旅行ごとに「LIFE-WebDesk」から申込みが必要です。申込みを忘れないようにしてください。

会員限定のサービスが豊富

学生専用ライフカードはポイントプログラムや海外利用キャッシュバックサービス以外にも、下記のような会員限定サービスが豊富にあります。

会員限定サービス
  • 「リロの旅デスク」経由で国内・海外ツアー最大8%割引
  • 海外おみやげ宅配サービスが15%割引
  • 国内レンタカーが5%割引
  • 全国のレジャー施設が割引

上記のように学生専用ライフカードには国内・海外旅行やレジャー施設を楽しめるサービスが多いので、学生の人にとっては魅力的ですよね。

各サービスの詳細は、ライフカードの公式ページで確認することができるので、利用したいサービスを確認してみてはいかがでしょうか。

Apple Payに対応

学生専用ライフカードに限らずですが、ライフカードは2017年3月からApple Payに対応しています。Apple Payに学生専用ライフカードを登録すれば、「iD」マークがある場所で利用可能になるので、カードを持っていなくても支払いが可能です。

またApple Payを利用して支払った金額もポイント付与の対象になるので、カードを利用しなかったからといって損をすることもありません。

ちなみにお店でApple Payを使って支払いをする場合は、「Apple Pay」ではなく「iDで支払います」と伝えるとスムーズに利用できるので覚えておくとよいでしょう。

学生専用ライフカードのデメリット

学生専用ライフカードは、基本的に大きなデメリットとなるものはありませんが、基本となるポイント還元率に関しては、若干のデメリットになってしまう可能性があります。学生専用ライフカードのポイント還元率は、一般的なクレジットカードと同程度の0.5%です。

今は、楽天カードやリクルートカードなど、基本のポイント還元率が1.0%以上のクレジットカードがいくつかあります。上記のようなポイント還元率が高いクレジットカードと比較すると、どうしてもポイント還元率という点では見劣りしてしまいます。

ただ、先に紹介したように、学生専用ライフカードはポイント還元率を上げることが可能なので、紹介した方法を利用すればデメリットを解消することができますよ。

学生専用ライフカードの審査難易度

学生専用ライフカードの利用を検討している人は、審査について気になる人が多いと思います。学生専用ライフカードの審査難易度についてですが、審査は比較的通過できる可能性が高いです。

審査内容や審査基準はブラックボックスとなっているので、明確には答えることができません。ただ学生専用ライフカードは、そもそも学生のみが利用できるクレジットカードなので、一般的なクレジットカードよりは審査難易度が低いと考えられます。

ですので、申込条件である「満18歳以上25歳以下(高校生を除く)で、大学・大学院・短期大学・専門学校に在学中の人」をクリアしていれば、審査に通過できる可能性は十分にあります。

ライフカードを発行しているライフカード株式会社は、アイフルの完全子会社です。そのため過去にアイフルを利用して問題を起こしている人は、審査に通過できない可能性が高くなります。

信用情報は審査で必ず見られる

一般的にクレジットカードの審査では、信用情報機関に照会をおこない、申込者の信用情報を確認します。

学生専用ライフカードも例外ではなく、信用情報に傷がある場合やブラックリストに載ってしまっている場合は、審査で落ちてしまう可能性が高くなってしまいます。

また信用情報機関では、他社の借入れ状況を照会することも可能なので、複数社から借入れをおこなっていると審査に通ることが難しくなります。

ただ学生専用ライフカードに関しては、過去に重大な金融事故がなければ審査に通る可能性が高いです。そのため信用情報に対して、そこまで神経質になる必要はありません。

キャッシング枠を設定しなければ審査で有利になることも

学生専用ライフカードに限らず、クレジットカードはキャッシング枠を設定すると審査難易度が上がります。カード会社はキャッシング枠を設定した場合、顧客が返済の遅滞などを起こしたときのことも想定しなければいけません。

またクレジットカードのキャッシングは、「借入れ総額が年収の3分の1まで」という総量規制が適用されます。つまりクレジットカードの申込条件にはない、年収の条件が追加されることになります。

ちなみにキャッシング枠の有無に関わらず、収入があったほうが審査で有利になります。そのためアルバイトなどをしていれば、その収入額を記載しましょう。

学生専用ライフカードの申込方法

学生専用ライフカードの申込方法は、「Web完結」と「郵送」の2種類があります。申込方法によって、カードが発行されるまでの期間が下記のように異なります。

学生専用ライフカードの申込方法とカードの発行期間
申込方法 カードが発行されるまでの期間(※1)
Web完結 最短3営業日(※2)
郵送 2~3週間
(※1)審査状況などで発行までの日数が延びることがあります
(※2)営業日は、土曜日、日曜日、祝日・年末年始を除く


上記のようにWeb完結は最短3営業日での発行が可能なので、申込方法としては「Web完結」がおすすめです。ちなみにWeb完結は支払い口座の設定も、オンラインでおこないます。

オンラインで設定可能な支払い口座は、都市銀行、ネット銀行、地方銀行など、多数の金融機関が対象です。申込みをスムーズにおこなうためにも、事前に確認しておくようにしましょう。

Web完結申込みの流れ

学生専用ライフカードを最短で発行できる「Web完結申込み」の流れについて紹介しておきます。

申込みの流れは、下記のようになっています。

Web完結申込みの流れ
  • ライフカードの公式ページからWeb完結申込みを選択
  • 申込みフォームに必要事項を入力
  • オンラインで支払い口座の設定
  • 審査結果のメールが届く
  • カードの発行(最短3営業日)

基本的に難しい操作は必要ありませんが、カードの審査結果は、メールで届くので、入力時に間違わないように注意してください。

またカードが手元に届いた後に、メールで「LIFE-Web Desk」のログインIDが届きます。「LIFE-Web Desk」は今後使うことになるので、ログインIDも確認するようにしてください。

まとめ

学生専用ライフカードについて、基本情報やメリット・デメリット・口コミを中心に紹介してきました。

学生専用ライフカードは、一般のライフカードよりサービス内容が優れているにもかかわらず、年会費無料で利用することができるので、学生の人におすすめのクレジットカードです。

ただしサービスの利用には申込みが必要な場合や利用条件がある場合もあるので、サービスを利用する前に条件などを確認するようにしてください。

またクレジットカードは、使い方を間違わなければ便利なツールですが、無計画に利用すると後々トラブルになることもあります。クレジットカードを利用するときは、計画性をもって上手に使ってくださいね。

食品や雑貨商品などを扱うライター・編集を経て、マネ会を担当。クレジットカードのポイント還元や特典だけでなく、各カード会社の戦略やマーケティングにも興味あり。普段使っているクレジットカードはJALカードで、実家への帰省の際には、貯めたマイルを特典航空券に交換している。ヤフオクやヤフーショッピングで買い物をする際には、ヤフーカードも使用。体を動かすことが好きで、定期的にジムで筋トレ。機会あれば、山へハイキングに出かけ、帰りの温泉を楽しむ。

山本(信)の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事