更新日:

海外旅行保険はライフカード(旅行傷害保険付き)がおすすめ!自動付帯でいざという時も安心

海外旅行保険はライフカード(旅行傷害保険付き)がおすすめ!自動付帯でいざという時も安心

海外旅行に行く際、考えなくてはいけないことの1つが保険ですよね。

「今度海外旅行に行くんだけど、保険はどうしよう?」、「クレジットカードについている保険ってどうなの?」、「海外旅行保険が充実してるクレジットカードは?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

クレジットカードに付帯している海外旅行保険は、わざわざ手続きをする手間がないので、海外旅行に行く方はぜひ1枚は持っておくことをおすすめします。

ライフカードにも、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードがあります。ライフカード(旅行傷害保険付き)ライフカードゴールドの2種類です。

この2種類のカードは、持っているだけで保険が適用できる自動付帯のカードだったり、保険内容が充実していたりと、海外旅行のために持っておいて損がありません。

今回は、海外旅行保険という面から2種類のカードのメリットやデメリット、海外の病院事情などを解説します。

海外旅行保険がついているクレジットカードを探している方はぜひ読んでみてくださいね。

ライフカード
おすすめポイント
  • いつでもどこでも100円利用ごとにポイントが貯まる!
  • 貯めたポイントは、ANAマイルのほか、電子マネーやギフト券など多彩なアイテムに交換できる!
  • ポイントは最大5年間有効!失効の心配なし!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.5%~1.5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 最短3営業日
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by ライフカード株式会社

海外旅行保険が付帯するライフカードについて

まず、海外旅行保険が付帯している2種類のライフカードには、どんな特徴があるのでしょうか。

ライフカード(旅行傷害保険付き)とライフカードゴールドについてを、まずは簡潔にまとめます。後々の詳しい説明に移る前に、一度確認しておきましょう。

ライフカード(旅行傷害保険付き)とライフカードゴールドには海外旅行保険が自動付帯される

カード名 ライフカード(旅行傷害保険付き) ライフカードゴールド
年会費(税抜) ・初年度無料
・次年度以降1,250円
10,000円
家族カード(税抜) 400円
無料(ただし1名まで)
国際ブランド VISAMastercardJCB VISAMastercard
限度額 最高200万円 最高200万円
還元率 0.5~3.3% 0.5~3.3%
海外旅行保険 自動付帯 自動付帯

わかりやすいように特徴を表にまとめました。大きく変わるのは年会費家族カードについてです。

ライフカード(旅行傷害保険付き)の年会費は初年度が無料、2年目からも1,250円(税抜)と安く感じます。

対してライフカードゴールドは年会費が10,000円(税抜)と一般的なゴールドカードと変わりません。しかし、一人まで無料で家族カードを作ることができます。

また、2種類とも海外旅行保険が自動付帯で受けられます。この自動付帯が海外旅行の際はポイントなので、後々詳しく説明します。

ライフカード(旅行傷害保険付き)とライフカードゴールドの保険内容

カード名 ライフカード(旅行傷害保険付き) ライフカードゴールド ライフカードゴールドの家族特約
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円 最高1億円 最高1,000万円
傷害治療費用 200万円 300万円 150万円
疾病治療費用 200万円 300万円 150万円
救援者費用等 200万円 300万円 100万円
個人賠償責任危険 2,000万円(免責金額なし) 1億円(免責金額なし) 5,000万円(免責金額なし)
携行品損害 20万円(免責金額1事故3,000円) 40万円(免責金額1事故3,000円) 20万円(免責金額1事故3,000円)

ライフカード(旅行傷害保険付き)とライフカードゴールドは、傷害死亡・後遺障害個人賠償責任危険において、金額が大きく変わっています。他の事項も、やはりライフカードゴールドの方が補償金額は多いですね。


また、ライフカードゴールドには家族特約というものがあり、持っているだけで家族の保険もつけられるので一緒に表にまとめました。

ライフカード(旅行傷害保険付き)より少し低めの補償金額になっています。

それでは、この後はメリットデメリットに分けて表にまとめたことの詳しい解説をしていきます。

ライフカード(旅行傷害保険付き)の4つのメリット

ライフカード(旅行傷害保険付き)には、4つのメリットがあります。

まず、初年度無料で利用できることや、家族カードを400円(税抜)で作れることなどの年会費についてのメリット。

そのほかには、保険が自動付帯なことやシートベルト傷害保険がついていることなどの保険についてのメリットです。

1つ1つ詳しく見ていきましょう。

初年度は年会費無料でライフカードを海外旅行保険付きにできる!

元々、ライフカードは年会費無料のカードです。

そのライフカードの機能に加えて、海外旅行保険をつけたのがライフカード(旅行傷害保険付き)で、さきほど表に載せたとおり、年会費が1,250円(税抜)かかります。

しかし、ライフカード(旅行傷害保険付き)は初年度無料。

つまり、ノーマルのライフカードを無料でライフカード(旅行傷害保険付き)に変えられます。初年度だけだとはいえ、これはお得ですよね。

ライフカード(旅行傷害保険付き)なら家族カードでも同じ保険が適用される

ライフカード(旅行傷害保険付き)を持つと、家族カードを400円(税抜)で作れます

家族カードはライフカード(旅行傷害保険付き)と同じ保険が適用できてお得です。

ライフカードゴールドなら家族カードを無料で、これもライフカードゴールドと同じ保険を適用できます。ただし、こちらは1枚のみという制限があるのでご注意ください。

また、ライフカードゴールドは家族特約というものが設定されており、ライフカードゴールドを持っているだけでその人の家族の分の保険も自動で適用されます。

家族カードには高校生を除く18歳以上という制限がありますが、家族特約には年齢の制限がありません。

ですので、クレジットカードをまだ作れない18歳未満のお子様がいるご家庭の場合は、ライフカードゴールドをおすすめします。

ライフカード(旅行傷害保険付き)なら海外旅行保険は自動付帯で安心

ライフカード(旅行傷害保険付き)とライフカードゴールドの海外旅行保険は、自動付帯です。

クレジットカードの旅行保険には自動付帯利用付帯があり、自動付帯であればカードを持っているだけで保険が有効になります。

しかし、利用付帯はその旅行に関する支払い(空港までの交通費など)をそのクレジットカードでおこなってはじめて保険が適用になります。

とくに海外旅行保険がついているクレジットカードを複数枚持っていく場合、利用付帯の場合は不便で面倒なんですよね。

ライフカード(旅行傷害保険付き)とライフカードゴールドなら、どちらも自動付帯なので楽に保険を適用にできるのです。

ライフカード(旅行傷害保険付き)ではシートベルト傷害保険も付帯する

ライフカード(旅行傷害保険付き)とライフカードゴールドでは、シートベルト傷害保険というものも付帯しています。

シートベルト傷害保険とは、日本国内で自動車搭乗中にシートベルトを使用していた時の事故を補償してくれる保険のこと。

補償金額は以下のとおりです。

死亡 200万円
(シートベルト着用中の事故日からその日を含めて180日以内)
重度後遺障害 200万円
(下記の重度後遺障害を被ったとき)
イ、両目が失明したもの
ロ、咀(そ)しゃくまたは言語の機能を全く廃したもの
ハ、その他身体の著しい障害により、終身常に介護を要するもの

シートベルト傷害保険が付くクレジットカードはあまり多くありません。もしもの時のためにあると安心な保険です。

ライフカード(旅行傷害保険付き)の3つのデメリット

ライフカード(旅行傷害保険付き)には、デメリットもあります。あると便利ですが付帯されていない保険が、大きく分けて3つです。ただし、ライフカードゴールドになると改善されていることも。

それでは詳しく見てみましょう。

緊急医療キャッシュレスサービスがないので立替えが必要

ライフカード(旅行傷害保険付き)やライフカードゴールドには、緊急医療キャッシュレスサービスがありません。

緊急医療キャッシュレスサービスとは、カード会社側が直接病院に料金を支払ってくれる制度

このサービスがない場合、海外で病院にかかったときに一度建て替えて、料金を請求する手続きが必要になります。

このサービスは近年付帯しているクレジットカードが増えたので、ライフカードでもこれから改善してくれる可能性はあります。

ライフカード(旅行傷害保険付き)にはショッピング保険は付帯しない

ライフカード(旅行傷害保険付き)にはショッピング保険が付帯しません。

ショッピング保険とは、カードを使い購入したものが破損、盗難、事故などにより損害を被った場合に保証してくれる制度です。

旅行先で買ったものが盗難に合うことは実はよくあります。そんな時、このサービスがついていれば泣き寝入りせずに済むのです。

ただしこのサービスはライフカードゴールドでは付帯しています。一回に付き3000円かかりますが、200万円まで負担してくれます。

国内でも海外でも、ライフカードゴールドを利用した買い物であれば適用してもらえるので、安心です。

ライフカードゴールド
おすすめポイント
  • 最高1億円の旅行保険付き!
  • 全国主要空港のラウンジが無料でご利用可!
  • ロードサービス付き!
年会費 10,000円(税抜)
次年度以降 10,000円(税抜)
ポイント還元率 0.1 〜 1.1%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 3営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能

飛行機遅延、ロストバゲージの保険はない

飛行機が遅延したり、荷物がなくなったりした場合の保険はライフカード(旅行傷害保険付き)とライフカードゴールドのどちらも付帯しません。

飛行機の遅延の保険があれば、遅延した場合のホテルの費用なども適応してもらえます。天候などに左右されることが多いため、飛行機のトラブルはつきものなので、あると安心な保険です。

国際線でこの保証がつくのはJCBゴールドdカードゴールドなど限られているので、このサービスを受けたい方はそちらのクレジットカードを検討してみてください。

ライフカードだけじゃ足りない!?海外の病院事情

海外は病院にかかると診療費がとても高いということは知っていることだと思いますが、具体的にどのくらいかかるのか具体的に知っていますか?

これはライフカードではなくても安く作れるクレジットカードすべてに言えることですが、クレジットカード1枚だけの保険だと、何か事故や病気に合ったとき全然足りません。

そんなときのため、クレジットカードの保険は事故などで傷害や病気の治療費用などの場合、合算できるということを覚えておいてください。

ライフカード(旅行傷害保険付き)では疾病治療費用が200万円までの保険がおります。

それにプラスして別のクレジットカードの海外旅行保険で疾病治療費用が150万円だった場合、合計で350万円までならクレジットカードの保険でまかなえるのです。

心配な人は、海外旅行保険がついているクレジットカードを2枚持ちすることをおすすめします。

海外旅行におすすめのクレジットカードや知らないと損する海外旅行保険の注意点まで解説!
海外旅行にはクレジットカードが必須。現地通貨に両替がしたい時、海外旅行中に病気になった時。クレジットカードが隠れた力を発揮します。海外旅行でのクレジットカードの使い方は?海外旅行傷害保険の自動付帯、利用付帯とは?学生向けのクレジットカードは?よくある疑問を徹底解説。海外旅行のためのクレジットカード選びに悩んでいる方のために、おすすめクレジットカードも紹介します。

一回の入院で何千万!?海外旅行保険は重要!

ハワイは人気の観光地ですが、アメリカなのでもし病院にかかることになると、上記でもいったとおり医療費がかなり高額になります。

外務省によると過去5年間の日本人医療費の最高額は、病気でハワイにある病院のICUで治療を受けたケースで、3,800万円にものぼったそうです。

その方は海外旅行保険に入っていたため全額をまかなえましたが、もし入っていない場合はすべて自己負担になっていたところでした。

実際、それで保険に入っていなかったために医療費が支払えず、自己破産することになったケースも。

こうして海外の医療費の金額を見ると、ライフカードの保険だけでは足りません。

そこで海外に行く際には、エポスカードとの同時持ちを強くおすすめします

エポスカードは年会費無料のクレジットカードですが、海外旅行保険が充実しています。

エポスカード
おすすめポイント
  • 全国10,000店舗の優待つき!
  • 入会金・年会費永年無料
  • 海外旅行傷害保険は最高500万円
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.5%~5.0%
マイレージ還元率
ETC年会費 無料
発行期間 店頭申込で最短30分発行・オンライン入会で1週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 非対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社エポスカード

エポスカードの海外旅行保険の金額は以下のとおりです。

エポスカードの補償内容

  • 傷害死亡・後遺障害:最高500万円
  • 傷害治療費用:200万円(1事故の限度額)
  • 疾病治療費用:270万円(1疾病の限度額)
  • 賠償責任(免責なし):2,000万円(1事故の限度額)
  • 救援者費用:100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
  • 携行品損害(免責3,000円):20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

傷害・疾病治療費用についてはライフカード(旅行傷害保険付き)とほぼ変わらないくらい保障がしっかりしています

ライフカード(旅行傷害保険付き)と合わせると200万+200万なので、傷害治療費用は合計400万円まで保障してくれる計算です。

また、エポスカードは緊急医療キャッシュレスサービスも受けられるので、持っておくとより便利です。

エポスカードの詳細はコチラ 【PR】Sponsored by 株式会社エポスカード

海外旅行保険付きのライフカードを持って気軽に安心を

ライフカード(旅行傷害保険付き)とライフカードゴールドは、自動付帯保障も充実しているので、海外旅行に行くなら持っていて損のないクレジットカードです。

デメリットもいくつかありますが、年会費無料のエポスカードと同時持ちすることによって、デメリットをカバーしあえて、保障もさらに充実します。

海外の医療費は日本の基準でみると想像ができないくらい高額です。なので、海外旅行の際はかならず保険をつけましょう。

海外旅行保険付きのライフカードなら持っているだけで手軽につけられます。

ちゃんと海外旅行保険のついたクレジットカードを持って、安心して海外旅行を楽しんでくださいね!

関連記事