更新日:

LAVAでクレジットカードは使える?月会費の支払いにクレカが使えるホットヨガスタジオも紹介

LAVAでクレジットカードは使える?月会費の支払いにクレカが使えるホットヨガスタジオも紹介

全国430店舗にあるホットヨガスタジオ「LAVA」。1店舗分の月会費で2店舗通うことができるという特典が人気となっています。

毎月発生する月会費なので、「クレジットカードで支払ってポイントを貯めたい」と思ったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかしLAVAでは、基本的に月会費をクレジットカードで支払うことはできず、支払い方法は口座引き落としとなります。ですが例外として、初期費用をクレジットカードで支払うことは可能ですよ。

本記事では、LAVAやそのほかのホットヨガスタジオのクレジットカード利用について解説していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

LAVAでは月会費の支払いにクレジットカードは使えない!

LAVAでは基本的に、月会費の支払いにクレジットカードを使うことができないのですが、これは厳密にいうと「入会3カ月目以降」の月会費の場合の話です。

つまり、入会初月と翌月の月会費など、特定の場合ではクレジットカードを使うことができます。下記で詳しく見ていきましょう。

LAVAは入会時と商品の支払いにクレジットカードが使える

LAVAでクレジットカード支払いができるのは、下記のような場合です。

クレジットカードが使える支払いシーン(税込)

  • 入会金5,000円
  • マンスリーメンバー登録金5,000円
  • 施設使用料2,500円
  • 初月と翌月の年会費6,800円~16,800円
  • 店頭での商品購入

このように、入会時の初期費用の支払いや通っている間の店頭での商品購入には、クレジットカードを使うことができます。

利用可能な国際ブランドはVISA
・Mastercard・JCB・American Expressで、支払い回数は一括のみです。

初期費用はどうしても額が大きくなってしまうので、これだけでもクレジットカードが使えると非常に助かりますよね。

また、クレジットカード以外にも現金やデビットカードでの支払いが可能です。デビットカードは口座引き落としとほとんど変わりませんが、ポイントが貯まることもあります。

LAVAでクレジットカード決済!領収証はもらえる?

LAVAで初期費用をクレジットカードで支払った場合、領収書は入会時に受け取ったレシートと引き換えで発行してもらうことができます。

LAVAには1店舗分の月会費で2店舗通える「プラス1制度」があり、入会したメイン店舗に加えてプラス1店舗を追加することが可能です。

領収書の受け取りは、メイン店舗でしかおこなえませんのでご注意ください。また、店頭の商品代をクレジットカードで支払った場合は、その場で領収書を発行してもらえますので、安心してくださいね。

3カ月目以降の月会費は口座引き落としとなりますが、こちらの領収書は引き落としのあった翌月5日以降から、店頭にて発行してもらうことができます。領収書が必要な方は、ぜひ参考にしてみてください。

月会費の支払いにクレジットカードが使えるホットヨガスタジオは?

3カ月目以降も継続して月会費をクレジットカードで支払いたいという方には、下記でご紹介するようなホットヨガスタジオがおすすめです。利用できる国際ブランドと併せて、ご紹介していきます。

ホットヨガスタジオ 国際ブランド
CALDO ・VISA
・Mastercard
HOT40YOGA ・VISA
・Mastercard
・JCB
・American Express
FRANC 要確認
insea
(※一部店舗不可)
・VISA
・Mastercard
・JCB
・American Express
Lucina ・VISA
・Mastercard
・JCB
・American Express

CALDOとinseaに関しては、クレジットカードが使える店舗とそうでない店舗があるので、各店舗に確認するようにしましょう。

例として、東京都にあるCALDO31店舗のうち、クレジットカードが使える25店舗を下記でご紹介します。

クレジットカード決済可能な東京都のCALDO

  • CALDO銀座
  • CALDO新宿
  • CALDO渋谷
  • CALDO池袋
  • CALDO上野
  • CALDO三軒茶屋
  • CALDO下北沢
  • CALDO神楽坂
  • CALDO茗荷谷
  • CALDO巣鴨
  • CALDO東高円寺
  • CALDO錦糸町
  • CALDO大森
  • CALDO成増
  • CALDO石神井公園
  • CALDO大泉学園
  • CALDO西葛西
  • CALDO八王子
  • CALDO蒲田
  • CALDO府中
  • CALDO板橋本町
  • CALDO清瀬
  • CALDO南大沢
  • CALDO中河原
  • CALDO久米川

各店舗ページに、月会費の引き落としにクレジットカードが使えるかどうかの記載があるので、通おうと思っている方は事前に確認してみてくださいね。

CALDOはダイナースクラブのクレジットカード優待がある

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカードの詳細
年会費 : 24,200円(税込)
ポイント還元率 : 0.5 〜 1%
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)

ANAダイナースカード

ANAダイナースカードの詳細
年会費 : 29,700円(税込)
ポイント還元率 : 0.4%~1.2%
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)

上記でご紹介したホットヨガスタジオのうち、CALDOに入会するなら、ダイナースクラブカードやANAダイナースクラブカードの発行がおすすめです。

なぜならCALDOでは、2020年3月31日までダイナースクラブの優待を受けることができるからです。詳しい優待内容は、下記のとおりです。

優待内容

  • 体験料無料(初回利用のみ)
  • 入会金・事務手数料・初月会費無料(1人1回のみ)

このように、初めてホットヨガを体験する方でも安心の優待となっています。どちらも同伴者1人までは同じ優待を受けることができるので、ご友人やご家族との参加もおすすめです。

もし優待を利用して体験の予約をする際は、「ダイナースクラブの優待特典を希望」の旨を必ず伝えましょう。こちらを伝えないと、優待を受けることができません。

また、来館時にはダイナースクラブカードもしくはANAダイナースクラブカードと、本人確認書類を持参する必要があります。

体験にお金をかけるのは気が引けますし、初期費用もかなり大きい出費になりますよね。これらが無料になるのは非常にお得だといえるでしょう。

ちなみに年会費は、ダイナースクラブカードが22,000円(税別)、ANAダイナースクラブカードが27,000円(税別)となっています。

月会費の支払いに利用すれば、ダイナースクラブポイントを100円(税込)につき1ポイントを毎月貯めることも可能です。貯めたポイントは支払いに充当することもでき、最高1億円の旅行保険も付帯しています。

サービスや特典などを上手に使えば、年会費の元を取ることができるようなクレジットカードです。

LAVAでのクレジットカード利用まとめ

本記事では、ホットヨガスタジオLAVAでのクレジットカード利用について解説してきました。

LAVAでは、入会金・マンスリーメンバー登録金・施設使用料といった初期費用や、初月と翌月の年会費、店頭での商品購入の支払いに関してはクレジットカードを使うことができます。

クレジットカードで支払った分の領収証は、初期費用の場合はメイン店舗でレシートと引き換え、店頭での商品購入の場合はその都度発行が可能です。

また、3カ月目以降も継続して、月会費をクレジットカードで支払えるホットヨガスタジオもたくさんあります。CALDOは一部店舗でしか使えないので、お近くの店舗のページを各自で確認してみてくださいね。

クレジットカードを賢く使って、ホットヨガで心身の疲れをリフレッシュし、健康な身体づくりを始めてみませんか?

経済学部卒業。学生時代にライター業を開始し、大学卒業後はフリーライターとして活動。当メディア「マネ会」でのクレジットカードに関する記事はもちろん、株式投資・節約・電子マネーなどのお金に関する記事を、女性ならではの目線で多数執筆中。クレジットカードは楽天カード・イオンカードセレクト・エポスゴールドカードを保有している。キャッシュレス決済はQUICPayとPayPayを愛用しており、ポイントを貯めることとクーポンを使うことが大好き。

タナカ チアキの執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事