更新日:

JCBカードでハワイを満喫!7大特典からハワイでおすすめのJCBカードまで紹介!

JCBカードでハワイを満喫!7大特典からハワイでおすすめのJCBカードまで紹介!

日本唯一の国際ブランドで、多くの人に親しまれているJCB。日本国内のJCB加盟店は推定で約1,000万件以上、国民の約3人に1人はJCBブランドを利用しているといわれています。

JCBはクレジットカードでもパイオニア的存在で、JCBが発行するプロパーカード(JCB ORIGINAL SERIES)は、国内での特典や細やかなサービスで人気を集めています。

そんなJCBですが、実はハワイでもお得な特典が満載なことを知っていますか?

このページではハワイで得するJCBの特典について、「7大特典」としてくわしく解説します。ラウンジからレストラン、トロリーバスやハワイでのショッピングまでお得な情報がたっぷりです!

ハワイ旅行におすすめのJCBカードも紹介しますので、興味のある人はぜひご覧になってください。

ハワイ旅行のおすすめのJCBカード

JCB CARD W

JCB CARD Wの詳細
年会費 : 無料
ポイント還元率 : 1 〜 2%
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCBゴールド

JCBゴールドの詳細
初年度 : 無料 / 次年度 : 10,000円(税抜)
ポイント還元率 : 0.5%~2.5%
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

知らないと損する!? JCBはハワイに強いクレジットカード

JCBは日本ではおなじみの国際ブランド&クレジットカードですが、実はハワイでの特典も充実しています

嵐の二宮和也さんが登場するJCBのTVCMも話題ですよね!ウクレレを弾いたり、アロハシャツを買ったりと楽しげにハワイを満喫する姿が印象的です。

2017年10月には8年ぶりにJCB CARD Wなど3つの新カードをリリース。ポイント還元率が従来のJCBカードの2倍となり、機能面からも見逃せないカードとなっています。

それではJCBのハワイでのお得な特典の紹介をする前に、ハワイでのJCBの取扱状況や、JCBの海外クレジットカード払いのお得さについてまず触れていきたいと思います。

JCB CARD W
JCB CARD Wの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • WEB入会限定カード
  • 年会費永年無料!
  • ポイント還元率は常に2倍以上
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1 〜 2%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

国産ブランドのJCBだが、ハワイで取扱店は多い

JCBは国産のブランドだけに「JCBは海外では使えない」と古いイメージを持っている人もいらっしゃるかもしれません。近年ハワイではほとんどのお店、施設でJCBのカードが利用できるようになっています

ショッピングで人気の「アラモアナセンター」や「macy's(メイシーズ)」などのショッピングモール、ハワイ発のコンビニ「ABCストア」から「ケイト・スペード・ニューヨーク」のようなファッションのお店までさまざまです。

しかも、JCBが利用できるのはハワイだけではないんです。JCB CARD Wを実際に利用していて、マネ会に口コミを寄せてくれた生の声を紹介します。

(30代 / 女性 / 学生 / 年収200万円未満)

実は海外に住んでいるので、どの国でも問題なく使えるというのが最重要ポイントでした

JCBは主要な国でスムーズに使える(某会社さんでははじかれることがたまにあったので)と聞き、発行して使用するようになりました。

対応もスムーズですし、学生として作ることになったのですが、結構保証されているわりに年会費も安かったのでこちらに決めました。

国産のブランドながら、海外でも十分に利用できるのがJCBの魅力です。ハワイを中心に海外旅行によく出かける人におすすめしたい理由のひとつでもあります。

JCBカードは外貨取扱手数料も割安なので、現金払いよりお得で安心

クレジットカードを海外で利用するとき、「為替のレートとか手数料とかどうなるの?」と感じる人も多いでしょう。海外でクレジットカードを利用するときは下のような計算式で計算されます。

海外でクレジットカードを利用する際の利用料金

  • 商品の代金×各国際ブランドが定めるレート×外貨取扱手数料

商品の代金に、各国際ブランドごとの為替レートをかけ、さらに外貨取扱手数料が加算されます。

現金を両替する場合、たとえば日本円をアメリカドルに換える際はおおよそ3~6%の手数料がかかりますが、この数値は一般的な国際ブランドの外貨手数料よりも割高です。

ハワイは観光地のなかでは比較的治安のよい土地ですが、盗難の危険性はあります。

安全性の面からも、現金は少額に、支払いはクレジットカードをメインにすると安心して旅行を楽しめますよ!

JCBカードならハワイでの特典が満載!7つの特典をご紹介!

いよいよここからは、JCBカードで受けられる充実したハワイでの特典をご紹介していきます。

日本語完全対応のラウンジからトロリーバスの無料乗り放題、レストランやショッピング施設、ホテルでの特典など7つの側面から解説していきます。

特典①ハワイの中心に日本語完全対応のラウンジが!観光案内も万全

長いフライトを終え、やっと到着したハワイ。そんなハワイでの観光を楽しむために非常に役立つのが、「JCBプラザ ラウンジ・ホノルル」です。

(20代 / 女性 / 会社員 / 年収 / 400〜600万円)

ワイキキの中心部にラウンジがあり、そこで休憩したり、ガイドブックがあるので今後の予定を立てたりすることができて便利です。

さらにはマッサージ機もあるので旅で疲れた体にはとてもありがたいです。

「JCBプラザ ラウンジ・ホノルル」はJCBが直営しているラウンジで、JCBカードを提示すれば無料で利用できます。ハワイの中心、ワイキキ・カラカウア通り沿いにあり、観光の拠点として最適な立地にあります

年中無休で営業していて、現地のスタッフが日本語で対応してくれ、フリードリンクやゆったりと休めるスペースもあるので、買い物や観光で少し疲れたときの休憩に最適なんです。

さらに、「JCBプラザ ラウンジ・ホノルル」では、レストランの予約から緊急時のサポートまで細やかなサービスを受けることができます。

JCBプラザ ラウンジ・ホノルルで受けられるサービス

  • JCB加盟店情報、観光情報
  • レストラン、ホテル、オプショナルツアーの予約
  • 無料Wi-Fi、無料インターネット、プリントアウト
  • フリードリンク
  • レンタル傘
  • マッサージ機
  • 手荷物の一時預かり
  • カードの紛失、盗難時のサポート

手荷物の一時預かりのサービスが意外と便利で、これがあればホテルにチェックインする前でも、ホテルをチェックアウトした後でも手ぶらで観光できます。ワイキキビーチがすぐそばなので、うれしいサービスです。

JCB加盟店情報だけでなく、現地のフリーペーパーやチラシなどもあるため、現地でしか手に入れることのできない情報まで一気に集めることも可能。今後の計画をじっくりとたてられます。

隠れたメリットが、トイレをきれいに清掃してくれている点です。ハワイを含め海外できれいなトイレを見つけるのってなかなか難しいですよね。

ハワイには、「JCBプラザ ラウンジ・ホノルル」のほかに、「JCBプラザ・ホノルル」があります。2019年6月からアラモアナセンター内にリニューアルしたので、買い物の途中で利用するのに便利ですよ。

現地ツアーもJCB会員限定の特別料金で手配も依頼できる

「JCBプラザ ラウンジ・ホノルル」では、現地ツアーの予約をすることもできます。現地ツアーには、JCB会員特別料金で利用することができるものもあるので、いくつかご紹介します。

ひとつはハワイアン航空の現地ツアー。JCBはハワイアン航空と提携しているため、JCB会員限定で5%~最大22%の割引を受けることができます。

ラム酒の試飲ツアーで人気の「コハナ・ラム」から、イリュージョンマジックが有名な「マジック・オブ・ポリネシア」、さらにはオアフ島周遊観光やカウアイ島1日観光までさまざまな種類のツアーを選べます。

ハワイアン航空提携以外にも、アラモアナビーチのサーフレッスンやハワイ・プリンス・ゴルフ・クラブの割引もあります。

最新のハワイ情報はJCB特設サイトやアプリでかんたん検索!

「ハワイの出発前やホテルの滞在時でも最新のハワイ情報を手に入れたい!」そんな人におすすめなのが、JCBの特設サイトやアプリです

JCBのハワイ情報サービス

  • JCBの公式特設サイト「たびらば」
  • JCBの専用アプリ「JCBハワイガイド」
  • 「JCB LINE公式アカウント」

JCBの公式特設サイトの「たびらば」には、お得な優待情報だけでなく、現地スタッフの配信するハワイ最新情報も満載なので、ハワイ旅行前の計画作りに役立ちます。

専用アプリの「JCBハワイガイド」はオフライン環境でも利用可能です。電波状況の悪いところでも、ハワイ情報やハワイ全島のマップをチェックすることができるので便利です。

また、「JCB LINE公式アカウント」ではLINE上で簡単にハワイ情報をチェックできます。どのような環境でも簡単にハワイ情報を検索できるのが、JCBの細やかなサービスの魅力なんです。

特典②トロリーバスが無料乗り放題など交通手段の特典も豊富

ハワイでの交通手段でも、JCBカードは活躍します。ワイキキの中心部を通る「ワイキキ・トロリー」の「ピンクライン」では、JCBカードを提示するだけで無料で乗車することができます

(20代 / 女性 / 会社員 / 年収400〜600万円)

私がJCBカードWを申し込んだきっかけはハワイ旅行だったので、やはりハワイ旅行する方にはとてもおすすめです。 

ハワイのトロリー無料の特典を使って、人気のアラモアナショッピングセンターに行くことができます。

「ワイキキ・トロリー」の「ピンクライン」は、ワイキキ~アラモアナ間を運航していて、約10分に1本の間隔でトロリーがやってきます。ちょっとした移動にとても便利です。

さらに、JCBカード会員だけでなく、同乗者は大人1名、11歳以下の子ども2名まで乗車賃が無料になります。1回の乗車賃が2ドルなのでハワイでの交通費を浮かすのにも役立ちますよね。

「ワイキキ・トロリー」は無料Wi-Fiも利用でき、ネット環境も万全です。すべてJCBカードを持っているだけで利用できるため、正直これだけでもJCBカードを発行する価値があるサービスです。

ハワイアン航空や空港からの送迎、レンタカーもお得に利用できる

ハワイの中心部での交通手段は上記のトロリーバスのほか路線バスやタクシーがあるのですが、「空港からホテルまでや、郊外にいくときはどうすればいい?」と思われる人もいらっしゃるでしょう。

空港からホテルまでは送迎シャトルバスを割引料金で利用できます。JCBではハワイアン航空と提携しているので、送迎シャトルバスやハワイアン航空の航空料金が会員価格で利用できます。

郊外へは現地ツアーのレンタルバスを利用するほか、自由に運転できるレンタカーも人気です。JCBカードの会員ならアメリカ大手の「アラモ・レンタカー」も会員限定価格で利用することができます

ただし、レンタカーの利用は日本の運転免許証だけで可能ですが、事故が発生した場合などには国際免許証が必要となります。

国際免許証は試験や講習なしで取得できるので、ハワイでレンタカーを利用するときは事前に日本で国際免許証を取得しておきましょう。

特典③ウルフギャング・ステーキなど約90店舗のレストランを優待料金で楽しめる

ハワイ旅行の楽しみのひとつは、何といってもレストランでの食事ですよね!JCBでは、「ウルフギャング・ステーキハウス」や「サーフ・ラナイ」など有名レストランで割引価格スペシャルメニューのサービスを受けることができます。

レストランで受けられるJCBの特典(一例)
レストラン名 特典内容
ウルフギャング・ステーキハウス デザートサービス
アズーア・レストラン スパークリングワインかソフトドリンクをサービス
ワイキキ横丁 ・ワイキキ横丁で使えるクーポン進呈
・JCBプラザ ラウンジ・ホノルルでもらえる
ショア 利用代金17%OFF
サーフ・ラナイ スパークリングかソフトドリンクをサービス

ビーチでのランチから高級レストランのディナーまで、JCBの特典のあるレストランはなんと90店舗以上です。

ホノルルを中心に、ハワイのいたるところに特典が利用できるJCB加盟店があります。

このほかにも、ハワイの爽やかな風とともに食事のできるシーフードレストラン「フィッシュ・ホノルル」の利用料金10%OFFまであるんです。ハワイでの食事をお得に楽しむことができます。

ただし、特典の利用には基本的にJCBカードでの支払いが必要となります。これは、これから紹介するレストランやショップなどでの特典も同様です。

JCBカードならレストラン予約も簡単で快適に

「いざお目当てのレストランにいったら、満席だった…」JCBなら、「JCBプラザ ラウンジ・ホノルル」で事前に予約できるのでそんな心配もいりません。スタッフと相談しながらレストランを予約することができます

また、JCB公式特設サイト「たびらば」でWebから事前予約できるレストランも多数あります。出発の10日前までなどの制限もありますが、どうしても食事したいレストランがあるときには、予約しておくと安心ですね。

レストランの支払いもJCBカードで決済

レストランの支払いも、JCBカードがあれば安心です。JCBはハワイのほとんどのレストランで使用できるので、店員さんに「チェック プリーズ!」と声をかけ、会計のときにJCBカードを提示すれば大丈夫です。

ハワイにまだ慣れていないときに戸惑ってしまうのが、チップですよね。チップは料金の10~20%が相場で、レシートにすでに含まれているケースもあれば、自分で計算して支払うケースもあります。

JCBの特設サイト「たびらば」には、ケースごとのチップのQ&Aが載っていますし、JCBのアプリ「JCBハワイガイド」にはチップ計算機能も搭載されています。チップの支払いに困った際には参考にしてみてください。

特典④人気のABCストアなどショッピングも割引料金で買い物できる

観光、レストランでの食事と並び、ハワイ旅行での楽しみといえばショッピングです。JCBには「ABCストア」や「アラモアナセンター」をはじめ割引価格がある店が多数あります。その数はなんと100店舗以上です。

ショップ店で受けられるJCBの割引特典(一例)
ショップ名 特典内容
アラモアナセンター クーポンブック
ABCストア 利用代金10%OFF
メイシーズ 利用代金15%OFF
ハッピー・ワヒネ 利用代金10%OFF
ソーハ・リビング 利用代金15%OFF

「アラモアナセンター」はハワイ随一の巨大ショッピングモール。アラモアナセンター発行のクーポンブックもあるのですが、JCBカードを提示するとJCB限定のクーポンブックももらえます。

ハワイ発のコンビニ、「ABCストア」では日本語の新聞まで買えますし、地元の人にも人気の「メイシーズ」は豊富なブランドが魅力です。どちらもJCBカードがあれば、割引料金で購入できます。

ハワイでのショッピングを存分に楽しみたい人にとって、JCBカードは本当に強い味方となってくれます。

割引優待だけでなく、商品プレゼントも盛りだくさん

JCBのショップ店での特典は、会員限定の割引価格だけではありません。ショップによっては、プレゼントを進呈してくれる店もあります。プレゼントやサービスをしてくれるショップ店も約100件という多彩さです

たとえば、ハワイの老舗「ザ・クッキー・カンパニー」では、50ドル以上の利用でプレゼントがもらえます。

なかでも生活雑貨を扱う「シンプリー・オーガナイズド」では、40ドル以上の利用でハワイアンパイナップルトートバックをプレゼント。パイナップルがあしらわれたかわいいトートバックなのでおすすめです。

JCB海外お買い物保険でもしものときも安心

JCBでは、海外のJCB加盟店で購入した品物を偶然の事故による破損、または盗難などでの損害を補償してくれるサービスがあります。JCB海外お買い物保険といいます。

購入日から90日間、年間最高50万円までの補償です。ブランド品など高額の商品を購入したときに、盗難の被害にあったときはショックが大きいですよね。もし90日間以内であれば補償してもらえる場合もあるんです。

JCB海外お買い物保険の補償内容
補償金請求者 ・JCBブランド会員
・家族会員
年間補償限度額 50万円
自己負担額 1回の事故につき1万円
補償金額 カード利用金額から自己負担額を差し引いた金額

ただし、現金や食料品、船舶や自動車など対象とならない物品もあります。被害にあった場合は、JCB海外お買物保険事故受付デスク(0120-288-862、営業時間:9:00~17:00、日祝休)へと速やかにご連絡ください。

特典⑤アクア・アストンなどブランドホテルも特別料金で宿泊

JCBの特典の5つめは、ホテルや宿泊施設の割引です。JCBは、ハワイで36施設のホテル&コンドミニアムを誇る「アクア・アストン・ホスピタリティー」と提携していて、宿泊費がすべて5%OFFになります。

アクア・アストンの魅力はリゾート地の楽しさ満載のホテルとコンドミニアム。コンドミニアムとはリビングとキッチン付きの部屋のことで、憧れのハワイ暮らしを気軽に体験することができます。

また、ワイキキビーチに隣接する「アウトトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾート」で人気のアウトトリガー・ホテルズ&リゾーツ系列ホテルも会員限定の特別料金に。

利用方法は、アクア・アストンが電話(0120-080102)、アウトトリガーがアウトトリガー予約センター(03-4588-6441)かJCB特別レート予約ページからの申込みとなります。

特典⑥アメリカドルが必要なときはキャッシングも可能

ハワイではほとんどの場所でカードが使えますが、ビーチの屋台での買い物や一部交通機関での支払いなどにはやはり現地通貨、アメリカドルも必要です。

もしもアメリカドルが足りなくなったとき、JCBカードがあると便利です。JCBカードなら、海外のATMでもキャッシングすることができます。おなじみのJCBマーク、あるいはcirrus(シーラス)マークのあるATMなら可能です。

JCBのキャッシングが利用できるATMも、ハワイなら多数あります。インターネットでATMを検索できる「JCB ATM ナビ」を使うと、たとえば「アメリカ、ホノルル」と入力するだけで近くのATM情報をナビしてくれます。

JCBと提携している金融機関(例、Bank of Hawaii)であれば、JCBカードとパスポートを提示することでアメリカドルを引き出すことも可能です。

特典⑦JCB紛失・盗難海外サポート

最後にご紹介するのが、JCBカードを紛失したり、盗難の被害にあったときの対処法です。ハワイでJCBカードを紛失、盗難した際は、ただちに最寄りのJCBプラザか下記の電話番号まで連絡しましょう

JCB紛失盗難受付デスク

  • 1-800-606-8871(通話料無料、24時間年中無休)

JCB紛失盗難デスクでは、カード停止などの諸手続きのほか、状況に応じて海外専用緊急再発行カードの手配もしてくれるので、すぐにJCBカードを利用したい場合は再発行を希望しましょう。

JCBカードの再発行が完了したら、「JCBプラザ ラウンジ・ホノルル」で再発行カードを受取ることができます。

ハワイ旅行におすすめのJCBカードをご紹介!

ここまで紹介してきたように、JCBカードは観光案内から交通手段、レストランやショップ店、もしものときの盗難サポートまで、ハワイ旅行を全面的にバックアップしてくれます。

ここからは、ハワイ旅行でお得に使えるおすすめのJCBカードを紹介します。

JCB初の人やポイントを貯めたい人におすすめの「JCB CARD W」

JCB CARD WはJCBカードデビューに最適のカードで、18歳以上39歳以下で、本人に安定した収入がある人が申込むことができます

年会費無料で、ポイント還元率は入会後3ヵ月間は従来のJCBカードの4倍(2.0%)、その後も2倍(1.0%)。さらにJCBオリジナルシリーズパートナーやOki Dokiランド利用でポイントが大幅アップするのが魅力です。

海外旅行保険も、旅行代金などをJCB CARD Wで支払えば最高2,000万円補償してくれます。コストをあまりかけずに、お得にJCBカードでハワイを楽しみたい人におすすめです。

JCB CARD W
JCB CARD Wの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • WEB入会限定カード
  • 年会費永年無料!
  • ポイント還元率は常に2倍以上
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1 〜 2%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

今だけ!最大14,000円分プレゼントキャンペーン実施中!

JCB CARD Wでは、2020年3月31日までインターネット新規入会限定キャンペーンを開催中です。最大14,000円分のキャッシュバックがもらえる見逃せない内容になっています

また、キャンペーン期間中の新規入会なら、入会3ヶ月のポイント還元率は最大30倍の15.0%になり、ポイントをお得に貯めるチャンスです。

最大1億円の海外旅行保険が魅力の「JCBゴールド」

JCBゴールドは、20歳以上で安定した収入がある人が対象のカードで、安心とステータス性を備えたゴールドカードです。インターネットからの入会なら年会費が初年度無料、次年度からも10,000円(税抜)で利用することができます。

JCBゴールドの魅力は充実した特典です。旅行代金をJCBゴールドで支払うと最大1億円の海外旅行保険が付帯し、JCBゴールドで支払わなくても最大5,000万円の海外旅行保険が自動付帯します。

航空機遅延保険、ゴールド会員専用デスク、グルメ優遇サービスなどハワイ旅行を安心で優雅に過ごせるサービスを受けられます。

最短で当日に発行し、カードを翌日に受け取ることのできる発行スピード(※)は、ゴールドカードのなかでもトップクラス。ハワイ旅行前に海外旅行保険の充実したカードを取得したい人にもってこいのカードです。

※平日11:00AMまでのお申し込み、オンライン口座の設定で最短当日発行翌日お届け、オンライン口座設定には所定の条件があります。詳しくはHPをご確認ください。
JCBゴールド
JCBゴールドの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 空港ラウンジサービスやグルメ優待サービスなど、充実したサービス付き!
  • 最高1億円の旅行保険が付帯!
  • ポイント互換性の高いOkiDokiポイントが貯まる!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 10,000円(税抜) 0.5%~2.5%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCBカードのハワイ特典のまとめ

ここまで紹介してきたように、JCBはハワイでの特典が充実しているクレジットカードです。「ハワイは、おまかせ。JCB」、そんなJCBのキャッチコピーは決して名前負けしているものではありません。

JCBのカードがあれば、ハワイの観光案内、交通手段、レストランやショップ店などさまざまな場所で特典を受けることができます。現金が足りなくなってしまったときやカードを紛失したときのサポートも万全です。

最後には、ハワイをお得に旅することができるおすすめのJCBカードも紹介しています。ぜひJCBカードを活用して、ハワイ旅行を存分に楽しんでください。

食品や雑貨商品などを扱うライター・編集を経て、マネ会を担当。クレジットカードのポイント還元や特典だけでなく、各カード会社の戦略やマーケティングにも興味あり。普段使っているクレジットカードはJALカードで、実家への帰省の際には、貯めたマイルを特典航空券に交換している。ヤフオクやヤフーショッピングで買い物をする際には、ヤフーカードも使用。体を動かすことが好きで、定期的にジムで筋トレ。機会あれば、山へハイキングに出かけ、帰りの温泉を楽しむ。

山本の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事

JCBゴールド:※年会費は税別表記となっています。また平日11:00AMまでにお申し込みが完了し、12:00PMまでに「カードオンライン入会判定結果のお知らせ」メールを申し込み時に入力されたメールアドレスへお送りした場合のみ、最短当日発行、翌日お届け。オンラインで入会申し込みの場合は初年度年会費無料。(本会員の方が対象です。資料請求でお申し込みの方、もしくはお切り替えの方は対象となりません。)