ANA JCB 一般カードの口コミ・評判

ANA JCB 一般カードを実際に利用された方々の口コミ・評判を紹介します。
口コミの収集方法や「PickUp口コミ」の選定基準については口コミ・評判一覧のページ下部に記載しています。
ANA JCB 一般カードの詳細
総合評価
2.0
口コミ件数 : 1件

項目別の評価

重視した点

公式サイトを見る 【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー
口コミ:1件
2.0
女性 / 東京都 / 40代 / 会社員 / 年収:1,000万円以上
年会費 2 | 発行スピード 4 | ポイント 3 | マイル 3 | 優待サービス 3 | サービス対応 3 | 利便性 3
選んだ理由
ANAの国際線をビジネスクラスで利用する時に、貯まるマイル数を有効活用したいと思いANAのクレジットカードに入会しようと思いました。年会費が初年度無料だった一般カードを選びました。ビザとマスターのカードはすでに保有していたことと、クレジットカードのポイントをマイルに移行するための手数料が、JCBブランドは5400円(税込み)なのに対して、ビザとマスターは6,480円(税込み)だったので、JCBを選びました。

特典やポイント制度
ANAの一般カードでは。入会時に1000マイルがボーナスマイルとしてプレゼントされます。また、ANAカードマイルプラス加盟店で買い物をすると、JCBのOkidokiポイントに加えて、税込み100円から200円ごとに、1マイルが貯まります。この加盟店には、セブンイレブンやマツキヨ、LABI, ENEOS, Takashimayaなどのどこにでもある小売店があるので、普段の買い物をこの加盟店でしているといつのまにかマイル数もポイントも貯まります。また、フライト利用時には、通常貯められる飛行距離のマイル数に加えて、基本10%のボーナスマイルが貯まります。マイル数を貯めるには、特に優遇されているカードです。

活用術
ANAの一般カードで、セブンイレブンで買い物をすると、税込み200円で1マイルが貯まります。そこで、会社の近くでは、コンビニを利用する時には、必ず、セブンイレブンを利用しています。また、一度の買い物が200円、400円、または600円をちょっと超えるような金額で購入しています。すると、これだけで月に40マイルから80マイル貯まり、年換算すると480マイルから960マイル貯まります。東京と札幌の片道の基本マイル数が510マイルなので、一度も飛行機に乗らないで貯めるマイル数としては、お得感があります。これに会社の出張のマイル数が10%増しで貯まるので、1年間で数千マイル貯めることも可能です。かなりお得感があります。

アプリやWebサイトの使用感
アプリはどこにあるか知りません。Webサイトは、ANAのカードのビザやマスター、アメックスのブランドと提携しているカードやPASMO, Suicaと一体化しているカードなどと一緒に取り扱っているので、ANA JCB 一般カードにあてはまることだけを探し出すのが面倒です。また、細かく注意事項が書いてあって、ひと目見てわかるように書いていないので使い勝手が非常に悪いです。1回見て、それからは見ていませんし、見ないでも不便さを感じません。

年会費
初年度の年会費は無料なので、お得感は十分すぎるほどです。しかし、2年目からは2160円(税込み)でかかります。配置替えがあって、あまり出張にでない部署に変わったら、マイル数の貯まるスピードが鈍くなりました。セブイレブンやマツキヨも自社のカードや決済方法を優遇しだしたので、ANAの一般カードをもつメリットは少なくなってきたと思います。JCBのOkidokiポイントのマイル数移行も面倒な手続きでわかりにくいです。年会費以上の価値は、ANAによく搭乗する人に限られると思います。
保有枚数: 5枚 | 申込み方法: 店頭申込 | 重視した点: マイル | 発行期間: 2週間 | 利用頻度: ほぼ毎日 | 月額利用金額: 5万円未満 | 主な利用シーン: 交通費 、 ショッピング費用 、 飲食費
公式サイトを見る 【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー