更新日:

クレジットカードで投資ができる?投資ビギナーにおすすめのカードを紹介

クレジットカードで投資ができる?投資ビギナーにおすすめのカードを紹介

投資の必要性が高まる昨今では、株やFX、不動産などのさまざまな投資商品が話題となっています。

そのなかでも「クレジットカードを使った投資」というものをご存知でしょうか。これは正確にいうと、クレジットカードの「ポイント」を用いて投資信託などを購入することや、積立投資の支払いをクレジットカードで決済することです。

ポイント投資は低リスクで手軽に運用できるので、まだ投資に詳しくないビギナーにおすすめ。クレジットカード支払いもポイントが貯貯められるなど、お得な面があります。

本記事ではポイント投資におすすめのクレジットカードも紹介していきますので、投資に興味のある方はぜひご覧ください。

積立投資でもクレジットカード支払いが可能!

クレジットカードで積立の支払いをする方法について紹介します。「積立」とは、毎月一定額で投資信託を購入するサービスを示しています。自動的に毎月積立をしてくれるので、投資の計画を練ったり、貯金をするのが苦手な方にもおすすめです。

すべての投資がクレジットカード決済に対応しているわけではありません。カード決済で積立投資をする場合は、今回紹介する証券会社の口座を開設し、その口座で運用をする必要があります。

運用といっても、一般的に積立投資は一度買ったらじっくり値上がりを待つスタイルに適したものが多いので、難しく考える必要はありません。また、証券口座の開設費や維持費は無料なので、安心して開設できます。

クレジットカード支払いが可能な証券会社

それでは、実際にクレジットカード決済が可能な証券会社を紹介しましょう。カード決済が可能な証券会社は2社と少なめですが、投資は普段のショッピングなどと比べて資金が多く必要になるケースが多いので、ポイントも効率よく貯められます。

楽天証券

楽天証券は、証券会社の中でも代表的な存在であり、非常に多くの投資家が利用しています。

楽天証券を利用する大きなメリットは、楽天カードで積立の支払いをすることによって、楽天ポイントが貯められることです。楽天ポイントは楽天市場はもちろん、楽天ブックス、楽天ビューティ、楽天モバイル、楽天トラベルなど、非常に数多くのサービスに使用可能です。

詳細は後述しますが、ポイントを投資信託の購入にあてることも可能なため、お得に運用することができます。

クレジットカード決済による積立は、毎月振込む必要などはありません。楽天証券の場合、毎月1日(休業日の場合はその翌営業日)に自動的に積立てられます。毎月管理するのは面倒だという方にもおすすめです。

tsumiki証券

tsumiki証券は知名度としては低めの証券会社ですが、有名な丸井グループに属する会社であり、本で初めてクレジットカード決済による積立を導入した会社です。

tsumiki証券の積立でのクレジットカード決済には、エポスカードのみが対応しています。エポスカードはエポスポイントが貯められ、年会費も無料であることから人気を集めているカードです。積立だけでなく、普段のショッピングでも活躍してくれることでしょう。

ポイント還元率は年間0.1%からスタートし、積立を継続していくと1年ごとに0.1%ずつアップします。すなわち、月々3万円、つまり年間36万円ずつ積立てていった場合、1年目は0.1%の360ポイント、5年目は0.5%の1,800ポイントが付与されます。ここで、積立を5年以上継続しても0.5%以上の還元率にはならないので注意しましょう。

また、詳細は後述しますが、ゴールドカード以上では利用額に応じて追加のボーナスポイントがもらえます。うまく活用すれば、非常に効率のよい投資になるでしょう。

クレジットカードは貯めたポイントで投資ができる!

積立の支払い方法は、ここまでで解説したクレジットカード支払いの他に、貯まった「ポイント」で支払う方法があります。現金や資産ではなくポイントを使った投資であるため、気軽に投資することが可能。うまくいけばポイントを増やすことができます。

ポイント投資で入手できるのは、主に投資信託株式なります。投資信託とは、自分の代わりに投資の専門家に運用を任せ、運用による利益を投資家に還元という仕組みの金融商品です。

専門家に運用を任せるため、投資の知識に乏しくてもプロレベルの投資結果が得られるのは魅力的なメリットといえるでしょう。

集中投資と分散投資の違いをチェック

クレジットカードのポイント投資は、大きく「集中投資」と「分散投資」に分かれています。

どちらかの投資信託を選ぶ必要があるため、それぞれの違いはしっかりと理解しておきましょう。

集中投資と分散投資
  • 集中投資
    ひとつの企業の株やひとつの国の株価指数に資金を集中させる手法
    ハイリスクハイリターンである
  • 分散投資
    複数の企業の株や、国の株価指数に投資金額を分散させる手法
    ローリスクローリターンである


それぞれのメリットもまとめてみましたのでご覧ください。

集中投資のメリット
  • ひとつの銘柄が当たれば大きなリターンが期待できる
  • 銘柄が少なく管理しやすい
  • 相場全体の動きに左右されにくい
分散投資のメリット
  • 大きなリスクを背負うことがない
  • 投資判断に十分な時間をかけることができる
  • 中長期的な投資に向いている


以上のように、自身の投資スタイルによって最適な投資信託を選択することになります。

ポイント投資は上記のような投資信託へ気軽に投資できること、また身近な存在であるポイントを使用して投資できることが特徴です。

クレジットカードのポイント投資のメリットデメリット

さて、クレジットカードのポイント投資は、通常の投資と比べどのようなメリットデメリットがあるのでしょうか。

具体的にまとめてみました。

メリット
  • 現金でなくポイントなので気軽に始められる
  • 小額から投資できる
  • 日頃の買い物で定期的にポイントが貯まる人は積立と相性が良い
デメリット
  • 買える商品が限られる
  • 投資に成功しても現金が増えず、ポイントしか増えない

最初に述べたように、投資に使うのがポイントであること、小額投資が可能なこと、買える商品は主に投資信託であることが大きな要素となっています。

クレジットカードのポイント投資はどんな人におすすめ?

クレジットカードのポイント投資のメリットデメリットがわかったところで、どのような人がポイント投資に向いているのかについて説明しましょう。

ポイント投資に向いている人は、以下の3パターンに分けられます。

向いている人
  • 投資を勉強中の初心者
  • ポイントが余っている
  • ポイントを増やしたい
  • ポイントを活かした投資を経験してみたい
  • 小額、低リスクな投資運用をしたい


当然ですが、ポイント投資をするには投資に回せるだけのポイントを保有している必要があります。中途半端に余っているポイントを投資に回し、増やしたポイントでお買い物をしたいという方にもポイント投資はぴったりです。

そして、前述したようにポイント投資は低額、低リスクでの投資が可能。まだ投資に不慣れな初心者の方や、投資というものを経験してみたい方にも広くおすすめできます。

投資におすすめのクレジットカード

投資をする上で便利なクレジットカードをまとめましょう。それぞれ異なるメリットがあり、どのカードが最適かは人それぞれであるため、以下の情報を参考に自分に合ったカードを選んでみてください。

積立投資におすすめのクレジットカード2選と運用方法

まずは、毎月の積立をクレジットカードで支払う場合に使用するカードを紹介します。

断トツの商品数を誇る|楽天カード

楽天カード
楽天カードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費永年無料の業界大人気クレカ!
  • ポイントは電子マネー「楽天Edy」にも交換可能!
  • SPUポイント倍率:楽天カードで楽天市場の支払いをするとポイント最大3倍。
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1.0%~20.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

楽天証券で使用できる楽天カードについて解説します。楽天ポイントの貯まりやすさと使いやすさを評価する声も多いため、人気のクレジットカードとなっています。

貯まる楽天ポイントは、投資額100円につき1ポイント、すなわち1.0%の還元率となっています。毎月3万円ずつ積立した場合は、毎月300ポイントがもらえることになります。ただ、積立で投資できる額は毎月5万円までなので気をつけましょう。

積立投資は数個の投資信託から選択するのが一般的ですが、楽天カードでの積立投資は約2,500以上の投資商品から好きなものを選ぶことができます。

そのため、非常に自由度が高く、好みに合った投資商品を見つけやすいというメリットがありますが、その一方で、投資対象の選定にはある程度の投資の知識が必要であり、やや難易度は高いかもしれません。

また、積立の上限額が厳しめに設定されていることもネックです。既にある程度投資の知識がある方や、これから本格的に投資について学んでいくつもりの方にはぴったりのクレジットカードといえるでしょう。

ゴールドカード以上でお得に!|エポスカード

エポスカード

エポスカードの詳細
年会費 : 無料
ポイント還元率 : 0.5%~5.0%
【PR】Sponsored by 株式会社エポスカード

エポスゴールドカード

エポスゴールドカード
年会費 : 5,000円
ポイント還元率 : 0.5 〜 2%

エポスプラチナカード

エポスプラチナカード
年会費 : 30,000円(税込)
ポイント還元率 : 0.5%

tsumiki証券での積立に必要なエポスカードは、投資額に応じてエポスポイントが還元されます。マルイでのショッピングや商品券、ギフト券、マイルとの交換など数多くの使いみちがあります。

積立投資の支払いに対するポイント還元率は最大で0.5%と説明しましたが、実はもっとポイントをもらえる方法があります。それは、ゴールドカード、プラチナカードを所有の場合のみもらえる、ボーナスポイントを活用することです。

ボーナスポイントは、エポスカードの年間利用額が一定以上になると付与されるポイントのことです。年間利用額なので、普段のショッピングや公共料金の支払いなど、積立以外の利用も合わせて合計できるところが大きなメリットです。

もらえるボーナスポイントは以下のようになります。

ボーナスポイント

  • 年間50万円以上利用:2,500ポイント
  • 年間100万円以上利用:10,000ポイント

例えば、以下のように年間で108万円エポスカードを利用している場合だと、通常のポイントが5,400ポイント、ボーナスポイントとして10,000ポイントもらえることになります。

合計で15,400ポイントとなり、この例における実質的な還元率は1.4%ほどになります。

エポスカード使用例

  • ショッピングを毎月2万円(年間24万円)
  • 公共料金を毎月2万円(年間24万円)
  • tsumiki証券への積立を毎月5万円(年間60万円)

丸井グループをよく利用する方や、ゴールドカード、プラチナカードを所有している方は、ぜひtsumiki証券への積立投資にチャレンジしてみましょう。

ポイント投資におすすめのクレジットカード4選と運用方法

クレジットカードで毎月の積立の支払いが可能な証券会社は2社と少なめですが、ポイントを積立資金にあてられる会社は4社あります。それでは、ポイント投資をおこなう上でおすすめのクレジットカードを紹介しましょう。

貯まるポイントの使い道や、実際の投資のやり方、それぞれのシステムの特徴についても解説していますので、ぜひ自分に合った投資用のクレジットカードを探してみてください。

さまざまなコースを選べる|セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル
セゾンカードインターナショナルの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費永久無料!
  • 全国の西友・リヴィンで5%OFF
  • インターネットショッピングで、最大30倍の永久不滅ポイントが貯まることも!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%
電子マネー
ID(アイディ)
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社クレディセゾン

最初に紹介するのはセゾンカードインターナショナルです。永久不滅ポイントの貯まるクレジットカードであり、ポイントの有効期限は無期限になっています。

投資の運用方法としては、投資信託コース株式コースのふたつから自分に合ったものを選ぶことになります。それぞれリスクリターンが異なるため、自分のプランやリスク許容度に合った投資信託を選ぶとよいでしょう。

投資信託コースは以下の6種類のコースから選択することが可能です。

投資信託コース
  • 日本株(TOPIX)コース
  • アメリカ株(VOO)コース
  • アクティブコース
  • バランスコース
  • 資産形成の達人コース
  • グローバルバランスコース


ある程度のリスクを受け入れて積極的な投資をするのであれば、新興国株へも投資しているアクティブコースや資産形成の達人コースを選択するとよいでしょう。

逆に、低リスクで安定した運用をしたいのであれば、株式ではなく再建への投資が多いバランスコースやグローバルバランスコースへの投資を検討してみましょう。

これらの投資信託コースとは別に、個別企業の株に投資できる株式コースもあります。

株式コースではホンダや日清食品など、有名企業の株式をポイントと交換することができます。投資信託コースと比べリスクはやや大きくなりますが、その分大きなリターンが得られる可能性も上がります。

実際の株式トレーダーのような取引をしてみたいという方は挑戦してみるとよいでしょう。

さまざまな需要にこたえる投資信託を用意|dカード

dカード
dカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • ドコモユーザーでなくてもお得!通常還元率1%!
  • 年会費が永年無料!
  • ローソンで最大5%お得!マツモトキヨシで最大4%ポイントが貯まる!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1 〜 5%
電子マネー
ID(アイディ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

\ 今なら最大8,000円相当プレゼント! /

公式サイトはこちら

\ 今なら最大8,000円相当プレゼント! /

公式サイトはこちら
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ

dカードはドコモユーザーにお得なクレジットカードですが、dポイントを使ったポイント投資も提供しています。

投資対象はすべて投資信託であり、運用方針の違う7種類の投資信託から選択できます。

株式と債券の比重を変えることで、ハイリスクハイリターンの運用かローリスクローリターンの運用かを選べる「おまかせ運用」には、以下のふたつのコースがあります。

おまかせ運用
  • アクティブコース
  • バランスコース

それぞれ投資対象とするテーマが異なる「テーマ運用」では、以下の8種類から投資信託を選べます。

テーマ運用
  • 日経平均株価
  • 新興国
  • コミュニケーション
  • 生活必需品
  • ヘルスケア
  • 米国大型株
  • 金(ゴールド)
  • クリーン・エネルギー

いずれも異なる特徴を持っており、例えば新興国であればハイリスクハイリターンの運用であったり、生活必需品であれば世界景気に左右されない安定した需要が見込めるため、ローリスクローリターンの運用となります。

他にも、日本株の動きを知りたいという方であれば日経平均株価を、健康や医学に興味がある方であればヘルスケアを選ぶというのもひとつの手段です。

カード決済もポイント投資も可能|楽天カード

楽天カード
楽天カードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費永年無料の業界大人気クレカ!
  • ポイントは電子マネー「楽天Edy」にも交換可能!
  • SPUポイント倍率:楽天カードで楽天市場の支払いをするとポイント最大3倍。
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1.0%~20.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

先程も登場した楽天カードですが、楽天ポイントをそのまま投資に回すことも可能です。最初はクレジットカード支払いで積立をしつつ、ポイントが貯まってきたら積立の資金に回すという使い方もできるため、非常に効率が良いです。

楽天のポイント投資は100円から始められるので、あまりリスクを負いたくない方にもおすすめです。また、100ポイント以上保有していれば、追加でお金を支払うことなく投資が始められるともいえます。

積立をお試しでやってみたい方、余ったポイントの使いみちに悩んでいる方などにおすすめのクレジットカードです。

より実践的な投資体験ができる|インヴァストカード

インヴァストカード
インヴァストカード
VISA MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費初年度無料
  • ポイントで自動売買投資が利用できる!
  • ネットショッピングならトップレベルの還元率1.50%以上
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 1,250円(税抜) 1%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
nanaco
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

最後に紹介するのは、インヴァスト証券の提供するインヴァストカードです。インヴァスト(投資)という名の通り、投資をすることを前提としたクレジットカードです。

利用するにはインヴァスト証券の口座開設が必須ですが、だれでも無料で開設できるので安心です。

インヴァストカードによる投資のやり方としては、カードを使って買い物をするとポイントが貯まり、そのポイントを自動的に投資に回してくれるというものです。

また、投資によって得られた利益を自動的に再投資してくれるシステムも選択できるので、非常に効率の良い投資が可能となります。

投資対象は海外株式を自動売買システムにより運用し、非常に安定した投資成績を残している投資商品です。低リスクでの運用が好みである方や、日々のお買い物で貯まるポイントを効率よく投資に回したい方にはぴったりのカードになっています。

ポイント投資で投資できる商品の中では、自動売買を利用した投資商品は少ないため、自動売買に興味のある人はインヴェストカードを発行してみるとよいでしょう。

投資におすすめのクレジットカード比較

最後に、本記事で解説したクレジットカードを一覧で比較します。自分に合ったカードを見つけ、効率よく積立をしていきましょう。

クレジットカード一覧
カード名 年会費(税込) 特徴
楽天カード 無料 カード決済とポイント投資の両方に対応
エポスカード 無料(ゴールドカード5,000円) ゴールドカード以上で高還元率
セゾンカードインターナショナル 無料 アクティブな運用も選択可能
dカード 無料 ジャンル別投資など投資先が多彩
インヴァストカード 1,375円(年1回以上のショッピング利用で無料) 自動売買や再投資システムが利用可能

クレジットカードのポイント投資まとめ

一般的に投資というと難易度が高いイメージがあるかもしれませんが、クレジットカードのポイント投資は比較的簡単です。

投資の重要性が高まってきている現在、ますますポイント投資の需要は高まっていくかもしれません。

また、今回紹介した4枚のクレジットカードを見ても、投資の方法はそれぞれ違います。ぜひとも自分に合ったポイント投資のやり方を探して、投資を始めてみましょう。

Web系コンテンツで小説・ライトノベル・漫画原作を連載している作家兼編集者。双葉社より書籍&電子書籍も発売中。金融関係はもちろんのことエンタメ系から商品紹介まで様々なメディアの編集者&ライターを経験。 ゲーム・アイドル・ガジェット・動物・アート・自転車・旅行などが大好き。過去には自転車で日本一周したこともある。 クレジットカードはエポスゴールドカードと楽天カードを保有。楽天マニアのため楽天ペイ・楽天Edy・楽天銀行を使いこなしており、できれば楽天カードと添い遂げたいと願っている。

小山の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事