更新日:

クレジットカードの使い方を初心者向けに解説!注意点や暗証番号、サインについても紹介!

クレジットカードの使い方を初心者向けに解説!注意点や暗証番号、サインについても紹介!

大学に入学したり、社会人になるとクレジットカードを持つ機会が訪れますが、使い方を学べる機会はあまりありません。

お店でどうやって使うのか、誰かに尋ねるのも意外と恥ずかしいです。

そこで今回は、クレジットカードをどのように使えばよいかレクチャーします。

国内以外にも、海外での使うときの方法やApple Payで使う時のやり方、初心者向けのカードも紹介しますので最後までご覧ください。

クレジットカードの使い方

クレジットカードの使い方はシンプルで、どのクレジットカードでも同じとなります。慣れれば、スマートに会計が済ませられます。

ここではクレジットカードが届いたら最初にするべきことや、クレジットカードの使い方を解説します。

クレジットカードが届いたらサインをする

クレジットカードが到着したら、表面の内容をチェックしましょう。なぜなら、生年月日や氏名のアルファベットが違っている場合があります。

とくに、氏名のアルファベットは間違えられやすい箇所で、クレジットカードを海外で使用するとき、アルファベットが違うと使えない可能性があります。

もし、届いたクカードのアルファベットが違っていたら、カード会社に連絡をしてクレジットカードの作り直しを依頼します。

たとえば、楽天カードの場合は楽天e-NAVIにログインすればカードの作り直しを依頼できます。

新しいカードが届いたら、氏名が間違っているほうは使えなくなるので処分しましょう。

クレジットカードはそのまま処分すると悪用される恐れがあるので、処分するときはハサミで切るか、シュレッダーにかけるべきです。

生年月日や氏名のアルファベットに問題がないのを確認して裏面に署名をすれば、クレジットカードが使えるようになります。

クレジットカードを使うときはカード払いができるか確認をとる

クレジットカードを使うときに重要なのは、カード払いが可能か確認をとることです。

なぜなら、店舗によってクレジットカード払いができない、あるいは対応していない場合があります。

とくに個人経営の飲食店だと、店側が負担する手数料を嫌って店側がクレジットカードの端末を導入しないケースが珍しくありません。

食事が終わってからクレジットカードが使えるかどうか尋ねるより、注文前にそれとなく聞いておくのがベストです。

もし、カードが使えるかどうか尋ねるのが恥ずかしいなら、店舗の入り口を確認しましょう。

対応しているカード会社のステッカーが貼ってあるので、聞かなくても使用可能かどうか判断できます。

支払方法を聞かれたらクレジットカードで払うと答える

買い物を終えて支払いの段階になったら、クレジットカードで払うと伝えます。

店舗によって違いますが、使うカードを渡すか、大手コンビニなどに設置されているレジの端末に自分で差し込みます。

端末に差し込む際、所有しているクレジットカードの種類や店舗の端末によってやり方が変わります。

カードの表面にあるICチップを読み取るのか、裏面の磁気ストライプを読み取るのかは、利用する側だと判断できません。

どのように差し込めばいいのかわからなかったら、店員の指示に従いましょう。

暗証番号かサインを求められる

クレジットカードを提示したら、暗証番号かサインのどちらかが必要になります。暗証番号はクレジットカードを発行する際に自分で決めた数字か、カード会社が決めた数字になります。

暗証番号の注意点としては、複数回間違えるとロックがかかってしまう場合があります。クレジットカード会社によって解除方法が違っており、手続きが面倒です。

もし、暗証番号が思い出せなかったら、サインで決済したいと店員に伝えましょう。

暗証番号の入力中でもサインでの決済に切り替えることは可能です。

クレジットカードのサインは支払いをした証拠として記録に残す役割でしかありません。

ですから、サインに厳格なルールは存在せず、漢字でもひらがなでも、名字だけ、アルファベットでも問題ありません。

暗証番号とサインの特徴

  • 暗証番号は自分かクレジットカード会社の決めた4桁の数字。複数回連続で間違えると、ロックがかかってしまう
  • サインは厳格なルールがなく、ひらがなでも、名字だけでも、アルファベットでもサインとして認められる

また、暗証番号やサインはクレジットカードを使うと毎回必要になるわけではありません。

暗証番号やサインを必要としないサインレス決済契約を結んでいるコンビニやスーパー、高速道路料金所などではスムーズに決済が終了します。

ほかにも少額決済の場合もサインレス決済が可能です。

店舗によって上限金額が違いますが、5,000円や10,000円以下の場合だとサインをせずに決済が終了する場合があります。

暗証番号は誰にも教えない

暗証番号で最も大事なポイントは、暗証番号を誰にも教えないことです。家族にも特別な事情がない限り教えないようにしましょう。

もし、クレジットカードの不正利用があった場合、自分以外に誰も暗証番号を知らなければ、すぐに不正利用されていると気づけます。

また、クレジットカードの暗証番号を設定するときは、ほかで使っているパスワードの数字や、自分に関連する番号を使わないようにしましょう。

推測されにくい数字の組み合わせだと、不正利用される恐れが減り、クレジットカードのセキュリティを高めます。

支払い回数を聞かれたときの返事

クレジットカードは分割払いもできますが、同時に手数料も発生します。クレジットカード会社ごとに手数料は違いますが、多くの人が手数料がかからない1回払いを選んでいる。

また、店舗によって分割払いができなかったり、聞かれない場合もあります。

あとは、レシートを受け取れば買い物は終了となります。

実際にクレジットカードを使ってみましょう

クレジットカードの仕組みはシンプルで、要点さえ覚えておけばどなたでも簡単に使えます。

クレジットカードの使い方

  1. クレジットカードが届いたら、表面の情報が間違っていないか確認してから署名
  2. 注文や会計前にクレジットカードが使えるか確認をとる
  3. 会計時にクレジットカードを提示し、必要なら暗証番号かサインをする
  4. 支払い回数を答えて、レシートを受け取る

基本的に、どのクレジットカードでも一緒になります。

また、コンビニやガソリンスタンド、飲食店など店舗によって違うということはありません。

実際に使って、クレジットカードの使って覚えてみましょう。

ただし、病院にあるような自動精算機などではクレジットカードを使う際に暗証番号を求められます。

暗証番号を忘れていると支払いができないので、注意しましょう。

クレジットカードの使えるコンビニ

クレジットカードを使って覚えるには、スムーズに会計が済ませられるコンビニがベストです。

クレジットカードが使える主なコンビニ

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ

上記のコンビニなら、クレジットカードの種類を問わずに使えるため、クレジットカードの使い方を覚えるのに向いています。

クレジットカードの使える主な店舗

  • イオン
  • マクドナルド
  • ユニクロ
  • スターバックス
  • デニーズ
  • ガスト
  • 薬局
  • マツモトキヨシ

クレジットカードの使える店舗はほかにも多数あり、店舗とクレジットカードの組み合わせによってはお得に使える場合もあります。

たとえば、dカードはマクドナルドでのポイント還元率が2%にアップします。

同じ金額を支払うにしても、クレジットカードのほうがお得というケースは珍しくないため、支払いをクレジットカードに統一すると高い節約効果を期待できます。

クレジットカードの海外での使い方

国内で発行したクレジットカードを海外で使用することは可能です。しかし、クレジットカードに関するルールや使い方が、国内と違うケースもあります。

ここでは、クレジットカードの海外についての解説します。

欧米ではカード払いが一般的となっている

ヨーロッパやアメリカでは早くからキャッシュレス化が進んでおり、クレジットカードでの決済が一般的となっています。

とくに海外のホテルはチェックインする際のデポジット(保証金)の返済をスムーズにするためにクレジットカードの番号が必要になる場合が多いです。

すべての店でクレジットカードが使えるわけではないため、ある程度の現金も必要になります。

しかし、現金は現地通貨に両替する際に高い手数料が発生します。

さらに、現地通貨が余った場合は日本円に戻すためにまた両替するため、手数料を2回も支払うことになってしまいます。

海外旅行に行くなら、現金を持ち運ぶよりもクレジットカードのメリットが多いのです。

海外ではチップもクレジットカードで支払う

クレジットカードの使い方は基本的に国内と同じですが、海外にはチップの文化があります。このチップも、クレジットカードで支払うことができます。

今回は海外のレストランで40ドルのコース料理を注文した場合の、チップの払い方を説明します。

クレジットカードでチップを払う方法

  1. 伝票を受け取り、利用金額を確認する
  2. tip(チップ)の空欄に利用料金(40ドル)の15%の金額、6.00ドルを記入する
  3. total(合計)の空欄に利用料金とチップの合計金額46.00ドルを記入する
  4. 記入し終えた伝票とクレジットカードを渡して支払いを済ませる

チップの金額の目安は、通常のサービスなら利用料金の15%程度で十分です。丁寧なサービスだと感じたら20~25%、雑なサービスだと感じたら10%と、チップの金額は利用者側で決められます。

伝票にチップの金額を記入する際に注意すべきなのは、空欄を作らないことと小数点2桁まできっちりと記入することです。

空欄を作ったり小数点以下を書かないと、後から勝手に書き加えられてしまう恐れがあります。

ファストフードではチップが不要

海外にはチップの文化がありますが、すべての店でチップが必要ではありません。たとえば、マクドナルドのようなファストフードではチップは求められません。

しかし、ちょっとしたカジュアルなお店やホテルでボーイに荷物を運んでもらったら、その場でチップを支払う場合があります。

そんなときに備えて、ある程度の現金を持っておく必要があります。

海外ではサインよりも暗証番号が重要

海外では暗証番号のことをPIN(Personal Identification Numbe)コード、あるいはPINナンバーと呼びます。

国内では暗証番号が思い出せないときにサインで支払いをすることはできますが、ヨーロッパやアメリカではサインよりも暗証番号が重要視されます。

ヨーロッパはICチップ搭載のクレジットカードや対応端末が普及しており、フランスやイギリス、アイルランドでは暗証番号をかなりの確率で求められます。

暗証番号がわからないと、加盟店側の判断でクレジットカードの利用を拒否される恐れがあります。海外旅行に行く前に、クレジットカードの暗証番号を確認しましょう。

Apple Payの使い方

クレジットカードのなかには、クレジットカード単体で支払いをするよりも、Apple Payを経由するとポイントがアップする場合があります。

たとえば、三井住友VISAエグゼクティブカードは一部のコンビニやファストフード店舗での支払いでApple Payを経由すると、ポイントが通常の5倍付与されます。

ここではApple Payの登録方法から使い方までを解説します。iPhoneを使っているけど、Apple Payを使っていない方は、この機会にぜひはじめてみましょう。

Apple Payとは

Apple Payとは、Appleが提供する非接触型のキャッシュレスサービスです。iPhoneやApple Watchをかざすだけで、電車やバスに乗ったり、買い物ができます。

クレジットカード以外にSuicaやPASMOといった交通系ICカードを登録することも可能です。

暗証番号やサインが不要のため、クレジットカードよりもスピーディーに買い物が済ませられます。

Apple Payのメリット

  • クレジットカードや財布を持ち歩かなくても支払いができる
  • 特定のクレジットカードだとポイントの還元率がアップする
  • 端末を落としても遠隔操作でロックができるから不正利用を防げる

Apple Payの詳しい解説は下記の記事にあるので、興味がある方はぜひご覧ください。

Apple Payにクレカ・Suicaを登録する方法やお店での使い方・お得な活用術まで徹底解説
2016年に日本での利用が解禁されて以来、利用者を増やし続けているApple Pay。しかし、まだどんな機能があるのかわからないという方も少なくありません。そこで本記事ではApple Payの基本知識を始め、クレジットカードやSuicaを登録する方法やセキュリティ、具体的な使い方まで解説します!

Apple Payの登録方法

Apple Payに登録するのに必要なのは、対応するデバイスとApple ID、そして対応するクレジットカードです。

Apple Payに対応するデバイス

  • iPhone7以降のiPhone
  • Apple Watchシリーズ2以降のApple Watch

登録できるクレジットカードの枚数はiPhone 7/7 Plusでは最大8枚まで、iPhone8以降なら最大12枚まで登録できます。

Apple Payの登録方法はどのデバイスでも下記のようになっています。

Apple Payの登録方法

  1. iPhonのなかにあるウォレットを起動
  2. クレジットカードをスキャンで登録
  3. 裏面にあるセキュリティコードを入力
  4. SMSで届いた8桁の認証番号を入力

以上でApple Payの登録は終了です。

クレジットカードがApple Payに登録できない場合

Apple Payに登録できるクレジットカードの種類は増えており、今では9割近いクレジットカードが登録可能となっています。

しかし、なかには登録できないクレジットカードもあります。

その場合は、あきらめて別のクレジットカードを登録するか、新しいカードを発行しましょう。

Apple Payのクレジットカードでおすすめはどれ?  ポイントの二重取りも!
Apple Pay(アップルペイ)はiPhoneなどを使うモバイル決済サービス。この記事では、Apple Payをよりお得に利用するための選び方とおすすめのクレジットカードを紹介します。Apple Payを始めたいと思っている人はもちろん、すでに利用中の人も必見です!

Apple Payの使い方

Apple Payをクレジットカードの代わりとして使う場合は、Apple Payのマークか、iD、QUICPayが使える店舗に限定されます。

登録したクレジットカードの表面にiDかQUICPayのマークがあるため、マークに対応した店舗で支払えます。

支払う際は「Apple Payで支払う」といっても伝わらない場合があるので、iDかQUICPayのどちらを使うか店舗に伝えて、レジのリーダーにかざすと支払いが完了です。

Apple Payが使える店舗

支払う際にちょっと面倒なApple Payですが、使用できる店舗は増加中です。

Apple Payが使える主な店舗

  • 大手コンビニ(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなど)
  • ENEOS
  • 昭和シェル石油
  • イオングループ
  • 東京ディズニーランド
  • ビックカメラ

Apple Payは国内よりも海外のほうが普及しているため、海外旅行用にはじめるのもおすすめです。

Apple Payでも暗証番号を求められる場合がある

Apple Payはサイン不要で端末にかざすだけで支払いが完了するサービスですが、支払金額によって暗証番号を求められる場合があります。

その際に必要な暗証番号は、支払いとして登録したクレジットカードの暗証番号になります。

もし、暗証番号がとっさに思い出せないなら、サインでも大丈夫か尋ねましょう。

初心者におすすめのクレジットカード

ここでは、クレジットカードを持っていない方におすすめのクレジットカードを3種類紹介します。

それぞれ特徴の違うクレジットカードのため、すでにクレジットカードを持っているけど2枚目を検討している方にもぴったりです。

クレジットカードの王道でいろいろな場面で活躍!三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード
おすすめポイント
  • 世界シェアNo.1!VISAブランドの定番カード!
  • 毎年つかえば年会費は実質無料!
  • 国内保険だけでなく手厚い海外保険も!必要なモノは全て揃うのでメインカードにピッタリ!
年会費 無料
次年度以降 1,250円(税抜)
ポイント還元率 0.5%~1.0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 500円(税抜)
発行期間 最短3営業日
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
最大12,000円!新規入会&Vpassアプリログインでご利用金額の20%プレゼント!
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

三井住友VISAカードは、世界200か国以上、3000万店舗以上で信用できる、いわばクレジットカードの王道です。

日本で初めて誕生したVISAカードでもあり、さまざまな場面で活躍します。

三井住友VISAクラシックカードの場合は、初年度年会費無料で、毎年使えば年会費は実質無料。

ポイント還元率は0.5%それほど高くありませんが、優待サービスが豊富なのが魅力です。

Apple Payに登録可能で、新規設定の場合は2,000円分の利用代金が無料になるキャンペーンがあります。

口コミにもあるように、三井住友のクレジットカードというだけで信頼され、世界中で使えるので海外に行く機会が多い方にも向いています。

(20代/男性/会社員/年収200~400万円)

三井住友のクレジットカードなので信頼できると思ったことが選んだ理由です。

さまざまなクレジットカードを検索しましたが、ショッピングなどのポイントや海外旅行の保険などの補償も充実しているので好感が持てました。

年会費以上の価値があり、VISAとなっているので世界で使えるカードだと感じました。信頼できるのも選択した理由です。

年会費永年無料でポイント還元が高い!JCB CARD W

JCB CARD W
おすすめポイント
  • WEB入会限定カード
  • 年会費永年無料!
  • ポイント還元率は常に2倍以上
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 1 〜 5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 1週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
今なら最大14,000円分プレゼント&スマホ決済で20%キャッシュバックキャンペーン中!
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCB Wは国内のみならず、国際ブランドとしても高い知名度の誇るJCBオリジナルシリーズのクレジットカード。

最大の特徴は年会費無料で、ポイント還元率が1~5%と高いことです。


ポイントの還元率がこれほど高いのは、いつでもポイントが2倍になる特典があるからです。

今ならポイントが最大30倍になるキャンペーンもあり、ほかのクレジットカードと比較できないほどポイントが貯まります。

Apple Payに登録して利用すれば、全員に20%キャッシュバックキャンペーンがあるのも魅力です。

口コミにもあるように、ポイントを効率よく貯められるクレジットカードになります。

(30代/女性/会社員/年収400~600万円)

ポイントが2倍貯まるというのは、かなりお得です。気づいたときにはかなりポイントが貯まっています。以前とは比べものになりません。

 Amazonショッピングやセブンイレブンでのお買い物、昭和シェル石油、スターバックスなどは更にお得なので、JCB CARD Wを持っているといろいろな場面でお得を感じることができます。

楽天ユーザーなら持っておくとお得になるサービスが豊富!楽天カード

楽天カード
おすすめポイント
  • 年会費永年無料の業界大人気クレカ!
  • ポイントは電子マネー「楽天Edy」にも交換可能!
  • 楽天Payの決済を楽天カードにすると最大で還元率1.5%にアップ!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 1.0%~4.0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 540円
発行期間 7営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
今だけ!8,000ポイントプレゼント!
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

楽天カードはCMなどの効果もあり、誰もが一度は聞いたことのあるクレジットカードです。

楽天カードの最大の魅力は、楽天市場での買い物やサービスを利用するときに高い還元率を期待できるところです。

たとえば、楽天市場での買い物は常に2%、マクドナルドなどの提携店だと最大3%の還元があります。

楽天カードでApple Payに登録すると、楽天ポイント加盟店での楽天ポイントが通常の3倍付与されます。

口コミにもあるように、日ごろから楽天市場や楽天のサービスを利用する方におすすめのクレジットカードになります。

(30代/男性/個人事業主・自営業/年収600~800万円)

楽天カードを選んだのは、よく楽天ショッピングサイトを使っていたからというのが大きな理由です。

ポイントが多めにつくのでかなりお得ですし、買い物をする頻度が高いからこそ還元率を重視したいと思いました。

クレジットカードの使い方のまとめ

クレジットカードの使い方はシンプルで、決して難しくはありません。最初はつまづくこともあるかもしれませんが、慣れれば簡単になります。

どのクレジットカードでも、どの店舗でも同じで変わりません。

現金のほうが手間がかからないと思われるかもしれませんが、クレジットカードのほうがよりスピーディーに会計が終わります。

また、クレジットカードは現金で支払うよりもお得になるサービスが多いです。

政府は2020年6月までキャッシュレス還元を実施しており、コンビニでの買い物が2%還元されます。

記事で紹介したクレジットカードを発行して、キャッシュレス還元やお得な特典、優待サービスを体験してみましょう。

監修者のプロフィール
manekai_editorial
マネ会 編集部