更新日:

高収入な富裕層が選ぶクレジットカードの3つの特徴と注意点、おすすめカードを徹底解説!

高収入な富裕層が選ぶクレジットカードの3つの特徴と注意点、おすすめカードを徹底解説!

多くの人が憧れるハイクラスのクレジットカード「いつかはゴールドカードやプラチナカードを持ってみたい!」と考えている人もいるのではないでしょうか。

高収入者だけが持つことのできるこれらのクレジットカードには、さまざまな魅力があります。

今回は高収入者がクレジットカードに求めるポイントを解説したうえで、高収入者におすすめのクレジットカードについてご紹介します。

高収入・高年収の人が持つことのできるクレジットカードとは?

クレジットカードにはランクというものがあるのをご存知でしょうか?代表的なクレジットカードのランクには「一般カード」「ゴールドカード」「プラチナカード」「ブラックカード」といったものがあり、ブラックカードに近いほどランクは高くなります。

上位ランク(以降、ハイクラス)のカードになるほど、クレジットカードの利用限度額が高くなり、付帯する特典も豪華になります。そのため、クレジットカードのランクが高いほど年収などの審査が厳しくなることが一般的です。

それに加えてハイクラスのカードでは年会費も高くなるため、高額な年会費が負担にならない富裕層しか持てない、といった特徴があります。つまり、ハイクラスのクレジットカードを持つことは「高収入・高年収である」ことの証となるのです。

年収1,000万円以上の高収入者が選ぶクレジットカード 3つの特徴

高収入者に好まれるクレジットカードとはどのような特徴があるのでしょうか?ここでは、高収入者がどのようなポイントでクレジットカードを選んでいるのかをご紹介します。

高いステータス性で満足感を得ることができる

高収入者や富裕層の方は、ステータス性が高いクレジットカードを持つことで得られる満足感や特別感を重視する人が多い傾向があります。

とくに海外では日本以上にステータス性の高いクレジットカードを持っていることが、社会的地位身分の証明となります。そのためハイクラスのクレジットカードを提示することで海外ホテルなどの対応がよくなり、下に見られることが少なくなるといったメリットがあります。

高年収の人は海外出張や海外旅行に行く機会が多い傾向にあるため、このような点を重視している人は少なくないようです。

そのクレジットカードだけの特別な特典・サービスが受けられる

高収入になると、お金の使い道が「上質なサービス」や「時間」に使うことにシフトしてくることが多いといわれています。そのため、高収入者はクレジットカードの特典・サービスの充実度を重視している人もいます。

ハイクラスのクレジットカードには以下のような、特別な特典やサービスが用意されているため、高い年会費を支払ってでも持ちたいと思う人は多いようです。

特典・サービス例
  • コンシェルジュサービス
  • 空港関連サービス(宅配空港ラウンジ利用、手荷物無料配送、空港送迎サービスなど)
  • 高級ホテル優待(部屋のグレードアップ、チェックアウト時間延長など)
  • 高級レストランなどのグルメ優待
  • ヘリやクルーザーのチャーター


そのクレジットカードを持っているからこそ体験できるラグジュアリーな特典・サービスは、ハイクラスのクレジットカードならではの魅力といえるでしょう。

還元率が高く、ポイントやマイルを効率的に貯めることができる

クレジットカードのポイントやマイルは利用金額に応じて付与されるもの。年収が高くクレジットカードの利用金額が大きい人ほど、多くのポイントやマイルを貯めることができます。

そのため、高収入者はクレジットカードのポイントやマイルの還元率を重視している人も多くいます。ハイクラスのカードになるほどその還元率が高くなったりボーナスポイントがもらいやすいカードもあり、高収入者ほどお得にクレジットカードを利用することができます。

高収入者がクレジットカードを作るときの注意点

ハイクラスのクレジットカードは魅力満載ですが、気を付けなければならないこともあります。ここでは高収入者がクレジットカードを作る際にとくに気を付けたい点についてご紹介します。

年収が高くてもクレジットカードの審査に落ちる場合がある

クレジットカードは、カード会社の審査に通過した人しか持つことはできません。クレジットカードの審査は、職業・年収・勤続年数・クレジットヒストリー(これまでのクレジットカードの利用状況)などをふまえて総合的に判断されます。

そのため年収1,000万円以上あるような高収入者でも、以下のような人はクレジットカードの審査に落ちる可能性があるので注意が必要です。

審査が厳しい人の特徴
  • クレジットヒストリー(クレジットカードの利用実績)がない
  • 延滞履歴がある
  • 勤続年数が短い
  • 半年以内に複数のクレジットカードを申し込んでいる


ハイクラスのクレジットカードになるほど、審査は厳しくなります
そのため一般カードを持っている人でも、ハイクラスのクレジットカードで審査に落ちる可能性はあることを覚えておきましょう。

クレジットヒストリーがない場合は、ハイクラスのクレジットカードよりも審査に通りやすい一般カードを利用してクレジットヒストリーを作ったり、転職などにより勤続年数が短いようであれば、申込みのタイミングを遅らせたりすることで審査に通りやすくなる場合もあります。

上記の条件に該当する人でも、諦めずに工夫してみましょう。

見栄っ張りは禁物!身の丈にあったクレジットカードを選ぼう

同じ年収1,000万円の人でも、支出の金額は人によって異なります。そのため、高収入でも支出が多ければクレジットカードの年会費が負担になる人もいます。

せっかくメリットの多いクレジットカードを持つのに、年会費が負担になってしまっては本末転倒です。ハイクラスのクレジットカードほど年会費は高額になるので、見栄を張って負担になるような高い年会費のクレジットカードに入会しないよう、申込み前にしっかり検討しましょう。

年会費の元が取れるクレジットカードか見極める

クレジットカードはステータス性だけでなく、有効活用できるかどうかを見極めることも大切です。せっかく特別な特典やサービスが付いていても、利用しなければ年会費は無駄になってしまいます。

たとえばふだん旅行に行かない人が旅行関連の特典・サービスが充実したクレジットカードに高い年会費を支払っても、お得ではありません。自分のライフスタイルに合わせて、特典やサービスを有効活用できるようなクレジットカードを選びましょう。

申込みで取得できる!高収入者におすすめのクレジットカード4選

ハイクラスのクレジットカードには、クレジットカード会社からのインビテーション(招待)がないと作れないものもありますが、ここでは申込みによって作ることができる、高収入者におすすめクレジットカードをご紹介します。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード|ステータス性抜群のカード

アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 世界が認めるゴールドカードとしてのブランド力!
  • 最高1億円まで補償される海外旅行保険!
  • 旅行予約サイトでの特典が多数!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
31,900円(税込) 31,900円(税込) 0.333%~0.4%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、旅行関連のサービスが充実。エアポート送迎サービスでは、送迎用タクシーをチャーターし、割安の定額料金で利用することができます。

また、世界中の空港VIPラウンジが利用できるプライオリティ・パスを家族カード会員とともに無料(通常の年会費は99米ドル)で登録できることも魅力です。プライオリティ・パスに登録することで、1回32米ドルのラウンジ利用料が年間2回まで無料になります。

さらに家族カードを1枚目は無料で発行できるというメリットも。家族カードの発行は追加で年会費がかかるものが一般的なので、家族でお得にアメックスゴールを持ちたい人にはおすすめです。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード|マイルを貯めたい方に

ANAアメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード
ANAアメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 入会やフライトでボーナス2,000マイルがもらえる!
  • ANAグループのカード利用でポイント2倍、ビジネスクラス専用カウンターチェックインなどが利用できる!
  • 海外旅行保険は最高1億円!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
34,100円(税込) 34,100円(税込) 1 〜 2%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

アメックスのメリットを享受しつつ、ANAのマイルをお得に貯めるならANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードがおすすめ。ポイントの有効期間はなく、1,000ポイント単位でANAのマイルへ移行することができます。

通常のポイント還元率は1%ですが、ANAグループでのクレジットカード利用ならポイント2倍さらに入会ボーナスとして2,000マイル、カードの継続ボーナスで毎年2,000マイルがもらえます。

また本カードと搭乗券を提示すると、国内外29空港の空港ラウンジ利用を同伴者1名とともに無料で利用(※)できる特典付きです。出張でANAのフライトを利用する人や、旅行好きにはおすすめの一枚といえるでしょう。

※ANAラウンジサービスは特典の対象外


アメックスゴールドの特徴
  • 国際的にステータス性の高い「アメリカン・エクスプレス」のゴールドカード
  • 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」は旅行関連のサービスが充実
  • 「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」はANAマイルをおとくに貯めたい人におすすめ

JCBプラチナ|コンシェルジュサービスを付けたい人におすすめ

JCBプラチナ
JCBプラチナの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 24時間・365日対応のコンシェルジュサービスが充実!
  • 最高1億円の旅行保険が付帯(自動付帯)!
  • ポイント互換性の高いOkiDokiポイントが貯まる!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
25,000円(税抜) 25,000円(税抜) 0.1 〜 1%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCBプラチナは、JCBカードのなかで申込みで取得可能な最上位のカードです。プラチナカードはクレジットカード会社のインビテーションがないと作ることができないものが多いので、プラチナカードを持ちたい人にはおすすめです。

JCBプラチナ最大の魅力は、年会費27,500円(税込)でコンシェルジュサービスが付いてくること。コンシェルジュサービスが付いてくるクレジットカードの年会費は通常5万円以上のものが多いなかで、2万円台の年会費で付帯できるのはお得です。

また世界約148の国や地域の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パスを無料で発行できるのも魅力のひとつ。JCBプラチナで発行できるプライオリティ・パスのプランは「プレステージ」。何度でも無料で空港ラウンジを利用できる最上級のランクです。

さらに、全国の対象飲食店で豪華グルメをお得に楽しめる「グルメ・ベネフィット」や「ダイニング30(サーティー)」といったグルメ関連の特典も充実しています。格安の年会費で、プラチナカードならではの豪華な特典を堪能したい人にピッタリのカードです。

JCBプラチナの特徴
  • 申込みで取得できるプラチナカード
  • 年会費2万円台でコンシェルジュサービスが付いてくる
  • プライオリティ・パスで空港ラウンジ利用が何度でも無料

ダイナースクラブカード|プラチナMastercardが無料

ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ
おすすめポイント
  • 会員様を信頼しての利用限度額に一律の制限なし!
  • 国内外1,000ヵ所以上の空港ラウンジが無料!
  • 最高1億円の旅行保険が付いているから安心!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
22,000円(税抜) 22,000円(税抜) 0.5 〜 1%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)

世界初のクレジットカードといわれているダイナースクラブカード。ステータス性でアメックスと人気を二分し、とくにアメリカやハワイなどの海外では格式高いクレジットカードとして知られています。

ダイナースクラブカードは、利用金額に一律の制限がないことが特徴です。そのためダイナースからの信用を得ることができれば限度額は高くなるため、車などの大きな買い物の決済にも利用できる可能性もあります。

またコンパニオンカードとして「TRUST CLUB プラチナマスターカード」が無料で発行可能。ダイナースクラブカードが使えない場所でも、世界最大のネットワークを誇る国際ブランド「Mastercard」の上記カードが付帯されるため安心です。

さらに旅行・宿泊予約サイト「一休.com」の会員ステージがプラチナ会員になるサービスも。レギュラー会員よりおとくにポイントを貯めることができます。海外だけでなく、国内の利用でもメリットがある一枚です。

ダイナースクラブカードの特徴
  • ステータス性抜群(とくにアメリカ・ハワイなど)
  • 利用金額に一律の上限なし
  • 「TRUST CLUB プラチナマスターカード」が無料発行できる

高収入者が求めるクレジットカードのまとめ

今回ご紹介したクレジットカードを申し込んで利用していけば、クレジットカード会社からさらに上位クラスのカードのインビテーションが届く可能性もあります。

ハイクラスのクレジットカードは年会費が高い分、それに見合ったメリットも満載です。自分のライフスタイルに合ったクレジットカードを選んで、そのカードの保有者にしか得ることのできない満足感やラグジュアリーな体験を堪能しましょう。

大学卒業後、銀行の財務・企画やコンサルティング会社で金融機関向けサービスに従事。 企業に対する金融業務にたずさわる一方、日々の生活に役立つお金の知識の乏しさに気づき、 その重要性を感じたことがきっかけで、ファイナンシャルプランニングの勉強を開始。 現在はフリーライターとして、資産形成、税金、不動産、仮想通貨などお金に関する記事を執筆中。 趣味は海外旅行、カフェめぐり、漫画。

yaccoの執筆記事・プロフィール一覧へ