更新日: / 公開日:

あなたは知っているか?Suica機能のついたゴールドカードがあることを

あなたは知っているか?Suica機能のついたゴールドカードがあることを

毎日電車に乗る人なら使って損はないSuicaカード。そんなSuicaカードとクレジットカードが一体になったカードのことをViewカード(以下ビューカード)と言います。
ビューカードは登場してから数年しか立っておらず、詳しく知らない方も多いかもしれませんが、そんなビューカード、実は知れば知るほど欲しくなるとてもお得なカードです。
今回はビューカードのサービスと、さらに上のステータスを持ったゴールドビューカードについて紹介していきます。

知っていればきっと得するビューカードのサービス

デポジットがいらない

初めてSuicaを使うには500円のデボジットが必要ですが、このビューカードはデポジットが必要ないため、年会費無料のカードを選べばデポジットのようなお金に手間を取られることなく利用することができます。

モバイルSuicaの年会費が無料

モバイルSuicaは携帯電話やスマートフォンをSuicaカードと同じように使うことができるようにするアプリです。
利用には登録が必要になり、ビューカードで登録した場合は年会費が無料になります。

オートチャージ機能

Suicaを使う場合は自前に入金しておくことが必要ですが、ビューカードにはオートチャージ機能が付いているため、事前に設定した金額を下回ると自動的にお金が入金されます。
さらに現金でSuicaをチャージした場合と違って、クレジットカードのポイントが貯まります

ポイントがどんどん貯まる

ビューカードでクレジットカード払いをすると、ビューサンクスポイントが貯まります。
さらにSuicaポイントクラブに登録するとSuicaを利用のするたびにSuicaポイントが貯まります。
そのためビューカードでSuicaポイントクラブに登録すると1つのカードで2種類のポイントを貯めることができるのです。

▼気になる還元率
ビューサンクスポイントは通常0.5%の還元率ですが、Suica定期券の購入やオートチャージの利用で還元率が1.5%に上がります。
そしてSuicaポイントクラブ入会後のSuicaカードは還元率が0.5%~1.0%あります。
つまりビューカードでチャージしたSuicaを使うと、最大2.5%のポイント還元が受けられるのです。
どちらのポイントも貯まった分は、Suicaにチャージしてまた使うことができます。

特約店で使うとポイント還元率アップ

エネオス・エネオスでんきで利用するとポイント還元率が1%になります。

ビューカードにはゴールドカードもある

そんな便利でお得なビューカードにも、更に上のステータスを持ったゴールドカードが存在します。
スタンダードなビューカードと比べて何が違うのかその特徴を見ていきましょう。

ビューゴールドプラスカード

ゴールドカードのため年会費が10,000円(税別)となり、ビューカードと比べると高額になります。家族カードの年会費は1人目は無料、2人目からは3,000円(税別)で最大9枚まで発行できます。
基本的なポイント還元率はビューカードと変わっていません。しかしこのカードの最大の特徴は、入会特典と年間100万円以上の利用で継続特典があることです。
入会・継続特典は下記の8つのから1つを選ぶことができます。(2016年8月現在)

①新幹線・特急グリーン車利用券&普通列車グリーン車利用券(各2枚)
②普通列車グリーン車利用券(10枚)
③普通列車グリーン車利用券(6枚)&JR東日本新幹線車内販売コーヒー無料券(7枚)
④東京ステーションホテル スイーツセット ペアご利用券
⑤紀ノ国屋特選デリカテッセン詰合せ
⑥JR東日本東北総合サービス・復興応援ギフト(※気仙沼 斉吉商店「斉吉オリジナル詰合せセット」金のさんま、海鮮丼、他5商品)
⑦ベックスコーヒーショップ&ベッカーズ コーヒーチケット(25枚)
⑧ジェクサー・フィットネスクラブ施設ご利用券(レンタル付)(2枚)

100万円以上は難なく利用するという方にとっては嬉しいプレゼントです。その他の特徴は利用金額に応じて還元率が上がるボーナスポイントサービスが付いていて、年間利用金額が70万円・100万円・150万円・200万円ごとに、それに応じたボーナスポイントが加算されるようになっています。

▼旅行傷害保険
ビューカードとくらべると旅行傷害保険も大幅に充実したものになっています。また海外・国内旅行傷害保険に関しては、ビューカードでは最大500万円の補償となっていましたが、ゴールドカードでは最大5,000万円まで増えています。
これなら海外旅行に行く際でも安心して利用することができます。

▼空港ラウンジ
さらに国内主要28空港とホノルル空港のラウンジが無料で利用でき、手荷物配送サービスレンタルモバイルサービスなど旅行に便利なサービスが充実しています。

まとめ

Suicaが使えるエリアに住んでいて、なおかつ電車や新幹線を日常的に利用している方にはビューカードはとても便利でお得なカードです。
ビューゴールドプラスカードは年会費が10,000円(税別)で、元を取るためには年間100万円以上利用しなければならないため、ライフスタイルに合わせてどちらを使うか選ぶと良いでしょう。