更新日:

ゴールドカード23枚の限度額を徹底比較!限度額の決まり方や利用上限を上げる方法を紹介

ゴールドカード23枚の限度額を徹底比較!限度額の決まり方や利用上限を上げる方法を紹介

クレジットカードには、支払いに利用できる最大の限度額が設けられています。

この利用限度額は、クレジットカードの種類や契約者によって異なりますが、一般的にステータスが高いといわれているゴールドカードではどうなのでしょうか?

実際、利用限度額=信用という話をよく耳にするので、ステータスの高いゴールドカードは、利用限度額に関しても優遇されているのではと考える方も多いはずです。

そこで今回は、意外と知られていないゴールドカードの利用限度額について解説します。

またゴールドカードの比較については下記の記事で紹介しているので、下記も参考にしてみてください。

ゴールドカード比較!比較して分かった専門家もイチオシのお得なカードを紹介
クレジットカードを使う上で「自分の使い方」と「カードの特徴」が合っているかという点は重要なポイントになります。ゴールドカードはスタンダードカードよりも高いグレードのカードとして位置づけられていますが、自分のライフスタイルに合っていなければ、せっかくステータス性の高いゴールドカードを持っていても宝の持ち腐れになってしまいます。ここではゴールドカードの特典別に、それぞれのカードの特徴を徹底比較しているので、あなたにピッタリの1枚を探してみましょう。

限度額の高いおすすめゴールドカード

総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4 調査結果:16件
年会費: 29,000円(税抜)
次年度以降: 29,000円(税抜)
ポイント還元率: 0.333%~0.4%
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
公式サイトを見る
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4 調査結果:11件
年会費: 22,000円(税抜)
次年度以降: 22,000円(税抜)
ポイント還元率: 1%
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)
公式サイトを見る
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.2 調査結果:11件
年会費: 無料
次年度以降: 10,000円(税抜)
ポイント還元率: 0.5%~2.5%
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー ※年会費は税別表記となっています。また平日11:00AMまでにお申し込みが完了し、12:00PMまでに「カードオンライン入会判定結果のお知らせ」メールを申し込み時に入力されたメールアドレスへお送りした場合のみ、最短当日発行、翌日お届け。オンラインで入会申し込みの場合は初年度年会費無料。(本会員の方が対象です。資料請求でお申し込みの方、もしくはお切り替えの方は対象となりません。)
公式サイトを見る
最大12,000円!新規入会&Vpassアプリログインでご利用金額の20%プレゼント!
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.1 調査結果:11件
年会費: 10,000円
次年度以降: 10,000円
ポイント還元率: 0.5%~1.0%
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社
公式サイトを見る

ゴールドカードの利用限度額とは?

そもそも利用限度額とは、どういったものなのでしょうか?まずは、クレジットカードの利用限度額の基本について解説します。

利用限度額は、クレジットカードで利用できる最大の金額

利用限度額」とは、クレジットカードで利用できる最大の金額のことをいいます。

一般的には、クレジットカード申込み時にカード会社によって設定されます。

クレジットカードの引落がされる前に利用限度額に達した場合は、次の引落までクレジットカードの利用が一切できなくなります。

「利用可能額」は現時点で使える最大の金額

一方、クレジットカードの「利用可能額」は、今の時点で使える最大の金額のことです。

月々の上限額ではなく、総額になります。

例えば利用限度額が100万円のカードで、30万円の買い物をした場合、利用可能額は70万となります。

クレジットカードの利用限度額はどうやって決まる?

クレジットカードの画像

まずは、クレジットカードの利用限度額の決まり方について知っておきましょう。

クレジット(信用販売)という性質からわかるように、利用限度額は利用者の都合だけで設定することはできません。

ここからは、利用限度額がどうやって決まるかを紹介します。

①ゴールドカードの限度額は支払い能力で決まる

クレジットカードのクレジット(Credit)は、「信用」という意味です。

お金を前払いした際に、どうすれば支払いできることを信用してもらえるのでしょうか?

それはやはり、利用した金額を遅延することなく「支払う能力があるか」ということです。

そのため、クレジットカードの限度額は以下のことを考慮して、支払い可能額を決めて行きます。

支払い可能額の決め方

  • 安定した収入があるか
  • 契約時に懸念されてしまいそうな要素がないか(未納経歴・クレジット債務など)

この2つの条件をクリアしていれば支払い能力があるとみなされます。基本的に、年収が高ければ高い程利用限度額は高く設定される傾向にあります。

しかし、過去に支払いが遅れてしまった経験があったり、カード利用歴が全くなかったりする場合は、希望していた金額よりも利用限度額が低い、または限度額が上がらないということになります。

それでは、どのようにしてこの支払い能力を算出するのでしょうか?支払い可能額を決める要素「支払可能見込額」の算出法をみてみましょう。

支払可能見込額の算出法とは

支払い能力の決定は、クレジットカードを使用する人の年収や生活環境、クレジット債務など契約時に懸念されそうな条件を含めて、1年に支払い可能な代金を見込んだ金額によって決まります。

支払可能見込額の算出方法は、以下の方程式が使われます。

支払可能見込額=「年収」ー「生活維持費」ー「クレジット債務」

「年収」は基本給、税金、社会保険料、残業代など含む、1年間にもらった給与の総支払額のことです。

生活維持費」は、生活を維持するための最低限必要な経費です。

以下のような金額設定になっています。住宅を所有しているか、住宅ローンがあるか、世帯の人数で決まります。

世帯の人数 住宅を利用者・配偶者が所有(住宅ローンなし) 住宅を利用者・配偶者が所有(住宅ローンあり)
1人 90万円 116万円
2人 136万円 177万円
3人 169万円 209万円
4人 200万円 240万円
(※)一般社団法人日本クレジットカード協会のHPより


「クレジット債務」は1年にカード会社に返済する予定額のことを指します。

調査によって一度支払可能見込額が決まると、それを超える利用限度額の支払いの設定はできません。

原則として、クレジットカードの「利用限度額」は支払見込額の9割の範囲内で決められています。この支払見込額は経済産業大臣が定めています。

例えば、年収350万円で賃貸で暮らしている2人で、40万円の他社から借り入れがある方の支払可能見込額は以下の通りです。

支払可能見込額
350万円(年収)ー177万円(生活維持費)ー40万円(クレジット債務)=133万円

利用可能額は90%の金額枠となるので、133万円×90%=119万円までが利用可能枠になります。

②ゴールドカードの限度額はクレジットヒストリーで決まる

また利用限度額は、カード発行会社が審査を行い、年収とこれまでのクレジットヒストリー(クレジットカードの使用履歴)により決定されます。

クレジットヒストリーは「クレジットカードの利用履歴」のことで、信用情報登録機関にクレジットカードの利用履歴がまとめられています。

ローン・クレジットカードの利用状況や返済履歴などが記録されています。

クレジットヒストリーについては、毎月定期的に利用して延滞もなくきちんと支払いが行われていれば利用限度額が高く設定されます。

遅延があったりすると悪い履歴がついてしまい、支払い能力が劣るとみなされてしまいます。

③ゴールドカードの限度額を決めるその他の要素

その他限度額を決める要素もあります。

以下の要素を考慮して最終的な限度額が決められます。

その他の限度額を決める要素

  • 貯蓄金額(不動産、車など)
  • 住まいが持ち家であるか、賃貸か
  • 今の住居で暮らす年数、住んでいる場所
  • 勤続年数、役職など
  • その他の金融機関からの借り入れ状況
  • 配偶者や家族など生計を共にする人数

ゴールドカードの利用限度額は高いのか?

一般的なクレジットカードは利用限度額が10万円から50万円程度に設定されていることが多いため、利用金額が多い利用者の場合は数枚のカードを所有しなくてはいけません。

ただし、そうなると管理などの手間が増え、せっかくのクレジットカードの利点が活かしづらくなってしまいます。では、ゴールドカードはどうなのでしょうか?

ゴールドカードはそのステータスの高さから、所持している人への信頼も厚く、一般のカードよりも利用限度額が高く設定されているカードがほとんどです。

ゴールドカードの限度額の最大値は300万円

ゴールドカードの限度額の相場は10万円〜300万くらいです。ゴールドカード限度額の最大値は、200万円〜300万円に設定されていることが多いです。

ダイナースクラブカードやアメックスのように、利用限度額に定められた上限を設けていないものもあり、300万円以上を利用できる可能性もあります。

利用限度額の上限まで使い切ってしまうとどうなる?

利用限度額の上限まで使い切ってしまうと、返済が行われるまでの間そのクレジットカードを利用することができなくなってしまいます。

急な出費や必要な支払いの時に使えないということが起こり得るため、利用限度額をきちんと把握し、自分の使い方に合う限度額をもったクレジットカードを選ぶことが重要になります。

それでは、利用限度額の高い代表的なゴールドカードを見ていきましょう。

発行会社やゴールドカードごとの利用限度額の違い

ここでは、大手クレジットカード会社が発行する以下のゴールドカードを参考に利用限度額の違いについて解説します。

総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4 調査結果:16件
年会費: 29,000円(税抜)
次年度以降: 29,000円(税抜)
ポイント還元率: 0.333%~0.4%
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
公式サイトを見る
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4 調査結果:11件
年会費: 22,000円(税抜)
次年度以降: 22,000円(税抜)
ポイント還元率: 1%
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)
公式サイトを見る
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.2 調査結果:11件
年会費: 無料
次年度以降: 10,000円(税抜)
ポイント還元率: 0.5%~2.5%
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー ※年会費は税別表記となっています。また平日11:00AMまでにお申し込みが完了し、12:00PMまでに「カードオンライン入会判定結果のお知らせ」メールを申し込み時に入力されたメールアドレスへお送りした場合のみ、最短当日発行、翌日お届け。オンラインで入会申し込みの場合は初年度年会費無料。(本会員の方が対象です。資料請求でお申し込みの方、もしくはお切り替えの方は対象となりません。)
公式サイトを見る
最大12,000円!新規入会&Vpassアプリログインでご利用金額の20%プレゼント!
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.1 調査結果:11件
年会費: 10,000円
次年度以降: 10,000円
ポイント還元率: 0.5%~1.0%
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社
公式サイトを見る

まず、様々なゴールドカードの利用限度額を調べてみましたので下記の表を見てみて下さい。(情報は2019年7月28日時点のものです)

ゴールドカードの利用限度額・年会費の比較

利用限度額・年会費の比較(※1)
券種 利用限度額 年会費
ANAアメリカン・エキスプレス・カード 一律の制限なし 7,000円(税抜)
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード 一律の制限なし 10,000円(税抜・初年度年会費無料)
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 一律の制限なし 10,000円(税抜)
アメリカン・エキスプレス・カード 一律の制限なし 12,000円(税抜)
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード 一律の制限なし 12,000円(税抜)
ダイナースクラブカード 一律の制限なし 22,000円(税抜・初年度年会費無料)(※2)
ANAダイナースカード 一律の制限なし 27,000円(税抜)
ダイナースクラブビジネスカード 一律の制限なし 27,000円(税抜)
デルタ スカイマイルダイナースクラブカード 一律の制限なし 28,000円(税抜)
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 一律の制限なし 29,000円(税抜)
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 一律の制限なし 31,000円(税抜)
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード 一律の制限なし 31,000円(税抜)
オリコカード THE POINT PREMIUM GOLD 10万円〜300万円 1,950円(税込)
オリコカード THE WORLD 10万円〜300万円 9,800円(税込・初年度年会費無料)
楽天プレミアムカード 〜300万円 10,000円(税抜)
三井住友VISAゴールドカード 50万円〜200万円 10,000円(税抜・初年度年会費無料)(※3)
ANA VISAワイドゴールド 50万円〜200万円 14,000円(税抜)
MUFGカード ゴールド 10万円〜200万円 1,905円(税抜・初年度年会費無料)
MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード 10万円〜200万円 1,905円(税抜・初年度年会費無料)
セディナ ゴールドカード 1万円〜200万円 6,000円(税抜・初年度年会費無料)(※4)
(※1)【PR】表内リンクのあるものは公式サイトに遷移します
(※2)2019年4月1日〜5月15日
(※3)2020年3月31日まで
(※4)ウェブサイトからの申込みで、初年度年会費無料


利用限度額は、契約者によって異なるため、あくまで参考値としての数字になりますが、少しばらつきがあります。

上記の表は限度額が高い・もしくは高くなる可能性がある順番で作成していますが、アメックスダイナースは「一律の制限なし」となっています。

これは利用者の収入や信用度により柔軟に限度額を変更する、という意味であり、「実質的に上限を設けていない」とも取ることができます。

利用限度額別おすすめのゴールドカード

ここからは、特におすすめのクレジットカード8枚のスペックについて解説していきます。

①アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード
おすすめポイント
  • 世界が認めるゴールドカードとしてのブランド力!
  • 最高1億円まで補償される海外旅行保険!
  • 旅行予約サイトでの特典が多数!
年会費 29,000円(税抜)
次年度以降 29,000円(税抜)
ポイント還元率 0.333%~0.4%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 2週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

世界的に認知されているハイステータスカード「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」。このカードの最大の特長は利用限度額に、一律の制限を設けていないという点です。

ただし、制限がないといっても誰でも無限に利用できるわけではなく、これまでの利用状況や支払い実績によって限度額が変化する信用度を重視した仕組みとなっています。

また、事前にデポジット(保証金)を入れ利用限度額を上げることで、高額なお買い物でも限度額を気にせず支払いをすることができます。

そうしてデポジットを利用することで、支払い実績が積み上がり次の限度額の増額につながるのでとても使い勝手の良い1枚です。

アメックスの種類別おすすめカードから審査基準、気になる特典まで徹底解説!
アメックスのクレジットカードには、アメックスが発行しているプロパーカードと、提携カードがあります。ゴールドカード、プラチナカード、センチュリオンのカード紹介と、ANAなど航空会社との提携でアメックス発行のカードの中からおすすめのカードの審査、サービス、特典、ポイント制度について徹底解説します。

②ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード
おすすめポイント
  • 会員様を信頼しての利用限度額に一律の制限なし!
  • 国内外850ヵ所以上の空港ラウンジが無料!
  • 最高1億円の旅行保険が付いているから安心!
年会費 22,000円(税抜)
次年度以降 22,000円(税抜)
ポイント還元率 1%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 カード到着まで2~3週間ほど
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)

ダイナースクラブカードも高いステータスを持つカードとして知られており、アメリカン・エキスプレスと並び、2大ステータスカードという位置付けにあります。

アメリカン・エキスプレスと同様に、利用限度額に一律の制限を設けておらず、利用者の支払い実績に応じた限度額が設定されるようになっています。

また、利用実績が認められると、さらにグレードの高いダイナースプレミアムカードに招待される特典もあり、より限度額の高いカードへステップアップすることもできます。

ダイナースにはメリットがない?高い年会費を払ってでも持つべき8つの理由
ダイナースクラブカードは、世界トップクラスのプレミアム性とハイステータスを重視する方に好評のクレジットカード。上質な「食」のサービスをはじめ、海外旅行に行く方へのラウンジサービスや、多彩なエンターテイメント、ゴルフなど、優待サービスが充実しています。

③JCBゴールドカード

JCBゴールド
おすすめポイント
  • 空港ラウンジサービスやグルメ優待サービスなど、充実したサービス付き!
  • 最高1億円の旅行保険が付帯!
  • ポイント互換性の高いOkiDokiポイントが貯まる!
年会費 無料
次年度以降 10,000円(税抜)
ポイント還元率 0.5%~2.5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 1週間
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー ※年会費は税別表記となっています。また平日11:00AMまでにお申し込みが完了し、12:00PMまでに「カードオンライン入会判定結果のお知らせ」メールを申し込み時に入力されたメールアドレスへお送りした場合のみ、最短当日発行、翌日お届け。オンラインで入会申し込みの場合は初年度年会費無料。(本会員の方が対象です。資料請求でお申し込みの方、もしくはお切り替えの方は対象となりません。)

JCBゴールドカードは、国内唯一の国際ブランドJCBが発行しているゴールドカードです。

年会費のかからない一般的なクレジットカードの利用限度額が10万円~50万円程度で、JCBゴールドカードはかなり利用限度額の高いカードいえます。

またこちらのクレジットカードにも、「JCBゴールド ザ・プレミア」や「JCB ザ・クラス」といった、上位ランクが存在しており、支払い実績を積み重ねていくことで、JCB上位カードのインビテーション(招待状)が届くようになっています。

④三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAカード(ゴールド)
おすすめポイント
  • 国内主要空港でラウンジサービス優待!
  • インターネット入会で初年度年会費無料!
  • 国内/海外旅行傷害保険、ショッピング保険など充実の一枚!
年会費 10,000円
次年度以降 10,000円
ポイント還元率 0.5%~1.0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 500円
発行期間 最短3営業日
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
最大12,000円!新規入会&Vpassアプリログインでご利用金額の20%プレゼント!
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

三井住友VISAゴールドカードは、世界でも幅広く使われているVISAブランドのクレジットカードです。

おおよそ利用限度額は50万円〜200万円ほどに設定されており、こちらも利用実績に応じて変化するようになっています。

加盟店が多くとても使い勝手の良いゴールドカードなので、初めてゴールドカードを申し込む方はこちらのカードを希望しても良いかもしれません。

⑤オリコカード THE POINT PREMIUM GOLD

オリコカード THE POINT PREMIUM GOLD
おすすめポイント
  • 100円で1ポイントたまる高還元率のゴールドカード
  • 入会後6ヵ月間は特別加算ポイントで還元率が2%に!
  • 年会費は1,950円
年会費 1,950円(税込)
次年度以降 1,950円(税込)
ポイント還元率 1 〜 2%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 最短8日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能

オリコカード THE POINT PREMIUM GOLDは、カードのクラスは高いけれど審査に通りやすいとされ、手軽に持ちやすいゴールドカードとして知られてます。

おおよその利用限度額は、10万円〜300万円に設定されています。

100円で1ポイント貯まる高還元率のゴールドカードです。年会費1,950円(税込)という安さも特長のひとつですです。

海外旅行損害保険は自動付帯で、最大2,000万円となります。

一方、国内旅行損害保険は利用時で1,000万円です。

⑥オリコカード THE WORLD

オリコカード THE WORLD
おすすめポイント
  • 年会費初年度無料!
  • 「iD」と「QUICKPay」が使える!
  • 旅行に役立つ優待サービスが充実
年会費 無料
次年度以降 9,800円(税込)
ポイント還元率 1 〜 2%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 8営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能

「オリコカード THE WORLD」は、海外に強く、国内でも強いゴールドカードです。

オリコカード THE WORLDの利用限度額は、10万円〜300万円が可能となっています。

ポイント還元率は国内1.0%、海外2.0%と、旅行者に使いやすくなっています。年会費は初年度無料。2年目以降の年会費は9,800円(税込)です。

オリコカード THE WORLDは、オリコカード THE POINT PREMIUM GOLDよりも旅行の補償額がアップしています。

国内・海外旅行損害保険は、最高5,000万円となります。またオリコカード THE WORLDは、空港ラウンジが使えます。

⑦楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード
おすすめポイント
  • 誕生日月は最大3倍のポイント還元!!ポイントがとにかく貯まる!
  • 国内・海外旅行保険は最大5000万円!
  • VIP空港ラウンジプライオリティパスへの無料登録可能
年会費 11,000円(税込)
次年度以降 11,000円(税込)
ポイント還元率 1%~5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 約一週間
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
今だけ!最大15,000ポイントプレゼント!
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

楽天プレミアムカードは、楽天カードのなかでも、優待サービスが充実しています。

VIP空港ラウンジが使用できる「プライオリティ・パス」の無料登録も可能。国内海外旅行保険は最大5,000万円となります。

利用限度額はゴールドカードの中でも最高クラスの約300万円まで可能です。

⑧セディナゴールドカード

セディナ ゴールドカード
おすすめポイント
  • ダイエー、イオン、セブンイレブンでのご利用で毎日ポイントが3倍!
  • 国内の主要空港ラウンジが無料で利用可能
  • 年間請求金額に応じて翌年以降のポイント倍率が最大1.3倍にまでアップするチャンスも!
年会費 無料
次年度以降 6,000円(税抜)
ポイント還元率 0.5 〜 10.5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 2~3週間
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
期間限定!新規入会で最大5,000円相当のわくわくポイントプレゼントキャンペーン実施中!
【PR】Sponsored by 株式会社セディナ

セディナゴールドカードは、国内の主要空港ラウンジが無料で使える「空港ラウンジサービス」、最大6,000ポイントがもらえる「サンクスクリスマスポイント」、スポーツやリラクゼーションを利用できる「プレミアムクラブオフ」の3つのサービスを活用できます。

セディナゴールドカードの利用限度額の目安は30万円〜200万円となります。

年会費は初年度無料、翌年度から6,480円(税込)になります。

限度額は300万円以上も?!ビジネスゴールドカードの紹介

年会費: 無料
次年度以降: 2,160円(税込)
ポイント還元率: 0%
公式サイトを見る
年会費: 31,000円(税抜)
次年度以降: 31,000円(税抜)
ポイント還元率: 0.16%~1.0%
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
公式サイトを見る
年会費: 10,000円
次年度以降: 10,000円
ポイント還元率: 0.5%~10%
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社
公式サイトを見る
年会費: 27,000円(税抜)
次年度以降: 27,000円(税抜)
ポイント還元率: 0.4%
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)
公式サイトを見る

法人代表者はビジネスゴールドカードを検討しても、どれが良いかわからない方もいるのではないでしょうか。

法人の利用上限額は、ゴールドカードが通常300万円に対して、3倍以上の最大1,000万円が可能です。

コーポレートカードは複数カードを持つことができたり、空港ラウンジ無料サービスが与えられたりすることも含めて、ビジネス活動に最適なサービスを付帯しています。

オリコビジネスカードGold

オリコ ビジネスカード Gold
おすすめポイント
  • 年会費初年度無料!
  • 国内主要空港とハワイ・ホノルル、韓国・仁川の空港ラウンジが無料で利用可能!
  • 最大で20枚発行可能
年会費 無料
次年度以降 2,160円(税込)
ポイント還元率 0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 14営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 非対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能

「オリコビジネスカードGold」は、法人・法人代表者が発行できるゴールドカードです。個人事業主は対象はありません。

オリコビジネスカードGoldの利用額上限額は、なんと1,000万円!年会費は初年度無料。2年目以降は1枚ごとに2,160円(税込)となり、いざという時に持っていて損はない1枚です。

空港ラウンジの無料サービス、個々人の利用明細書の発行、カード利用者ごとに利用上限額を設定可能など、多く充実付帯サービスがついたコーポレートカードです。

三井住友ビジネスゴールドカード

三井住友ビジネスカード(ゴールド)
おすすめポイント
  • 年会費10,000円
  • 国内・海外旅行傷害保険は最高5,000万円
  • 全国28の空港でラウンジサービスが利用できる
年会費 10,000円
次年度以降 10,000円
ポイント還元率 0.5%~10%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 500円
発行期間 約3週間
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 非対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

「三井住友ビジネスゴールドカード」は、法人が発行できるコーポレートカードです。カードの使用者は20名以下を目安にしています。

三井住友ビジネスゴールドカードの利用限度額は20万円〜300万円です。所有者の年会費は10,000円(税抜)で、2人以上は1人につき2,000円(税抜)です。

国内海外旅行傷害保険は最高5,000万円、ショッピング保証は300万円、主要空港ラウンジ無料など、選りすぐりの優待サービスが付帯しています。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カード
おすすめポイント
  • 経営者や個人事業主の方におすすめ!ビジネスの強い味方になってくれるカード!
  • 海外旅行保険最高1億円や豊富な空港サービスで出張などの際も安心!
  • レストランやホテルなど幅広いビジネスシーンで活かせる特典がいっぱい!
年会費 31,000円(税抜)
次年度以降 31,000円(税抜)
ポイント還元率 0.16%~1.0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 500円
発行期間 2週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 非対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」は個人事業主、経営者が申し込めるビジネスカードです。この最大のメリットは、利用限度額に一律の上限を設けていないことです。

こちらのカードも制限がないと言っても、無限に利用できるわけではなく、これまでの利用状況、支払い実績によって限度額が変化します。実績によっては、利用限度額1,000万円も不可能でありません。

海外旅行保険最高1億円や空港ラウンジの利用など、幅広くビジネスシーンで活かせる優待サービスが付帯しています。

ダイナースクラブビジネスカード

ダイナースクラブビジネスカード
おすすめポイント
  • ビジネスに特化した特典が複数揃ったビジネスオーナー必見のカード!
  • ダイナースの多彩な優待サービスも利用可能!
  • もちろん、カード利用でポイントも貯められる!
年会費 27,000円(税抜)
次年度以降 27,000円(税抜)
ポイント還元率 0.4%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 申し込みから:最短7営業日
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 非対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)

「ダイナースクラブビジネスカード」は経営者、個人事業主、会社役員を対象にしたビジネスカードです。海外旅行保険最高1億円、マイルが貯めやすく、海外に行く機会が多い方にとっては特におすすめの1枚です。

ダイナースクラブビジネスカードは、限度額について独自の基準はあるものの、一律利用上限を設けていません

ゴールドカードの利用限度額を上げるには

ゴールドカードの利用限度額を上げるのを表す画像

ゴールドカードの利用限度額を上げる方法は大きく分けて6つあります。毎月少額利用して良好なクレジットヒストリーを作るなど、日頃から工夫することで、利用限度額が上がる可能性が高まります。ぜひ参考にしてみてください。

直接増枠の申請をする

まずはクレジットカード会社へ直接増枠の申請をする方法があります。サポートセンターへ問い合わせるか、もしくは各クレジットカード会社の公式サイトに増枠申請についての項目が設けられていることがあるので、そちらを活用しましょう。

ただし、今までの返済履歴で遅延など難がある方は、逆に限度額を減額されてしまうということもあるのでご注意ください。

クレジットカードのランクをアップさせる

今使っているクレジットカードのランクをアップさせることで、利用限度額の増額を狙う方法です。

基本的にクレジットカードの利用限度額は、カードのランクに応じて上がる傾向があるのでクレヒス(カードの利用実績)に問題のない方は、ランクを上げるのが一番手っ取り早いかもしれません。

複数枚のクレジットカードを持つ

今使っているクレジットカードの利用限度額が、どうしても増額できないのであれば、新しくもう一枚クレジットカードを申し込んで複数枚利用する方法があります。

この方法であれば審査に落ちても減額される心配もないので、ある意味リスクのない方法だと言えます。

クレジットカードの審査に落ちる8つの理由や審査基準、審査に通りやすいクレカを紹介!
クレジットカードの審査が不安な方、審査落ちの原因を知りたい方必見!クレジットカードの審査に通るためにはコツがあります。審査で重視されるポイントや審査難易度低めのおすすめクレジットカードをご紹介します。

一時的な増額をお願いする

恒久的ではなく、一時的な増額をお願いする方法もあります。

海外旅行や結婚式、引っ越しなどの理由がある場合は、一時的な増額を認めてもらえることもあるようなので試す価値はあると思います。

各クレジットカード会社にお問い合わせ先がありますので、そちらから相談してみると良いでしょう。

少額でも利用する

クレジットカードは信用で成り立っているため、普段から少額でも頻繁に利用し、支払い期日をしっかりと守ることが大切です。

良好なクレジットヒストリーを貯めていきましょう。同じカードでコツコツと信用を積んでおくと、利用限度額の案内が届いて、自動的に「増額」できることもあります。

もし限度額を上げたい旨の問い合わせを行う際には、半年ごとくらいにしてみましょう。比較的早く、限度額を増やしてくれるかもしれません。

不要なカードは解約する

また使わないクレジットカードを解約した方が、増枠審査により通りやすくなります。

クレジットカードの保有枚数があまりにも増えると、審査で利用額が負担できるか疑問視され、新しいカードの発行許可が下りない可能性もあります。

たとえ年会費無料でも、使わないクレジットカードは解約する方が良いでしょう。

ゴールドカードを持つメリット7つ

ゴールドカードを持つメリットは空港ラウンジを無料で使えたり、国内外旅行保険が高額であったり、さまざまな上質な優待サービスが付帯されていることが挙げられます。

ただし、その付帯サービスに満足感が得られない場合は、高額に年会費に見合わないと感じられてしまい、デメリットとなるでしょう。

ゴールドカードを持っているだけで、社会的な信用が高まるというステータス性や予約しにくいレストランが予約できるなどの付加価値の高いサービスに重きを置いている人が多いようです。

①空港ラウンジを無料で使うことができる

羽田空港など、国内主要の空港ラウンジが無料で利用できるサービスは、ゴールドカードならではの優待サービスです。カードによっては、海外のラウンジも使えます。

②高額な国内外旅行傷害保険が付帯

ゴールドカードでは、旅行時のトラブルに対応できる国内外旅行傷害保険が付帯されています。物損から、ホテルでの水漏れなどの騒動でも、幅広く保険がカバーされています。なかには海外旅行傷害保険が最高1億円という高額なサービスもあります。

③高額なショッピング保険額が付帯

クレジットカードで購入した商品が破損したり、盗難にあったりした場合、一定期間補償するショッピング保険は、ゴールドカードになると高額になります。国内外問わずに使える場合があり、ゴールドカード会員ならではのおトクなサービスです。

④コンシェルジュサービス

コンシェルジュサービスでは、取引先を接待する時のレストラン予約、人気イベントと重なった時のホテル予約など、自分で行うと手間がかかるものを代わりにコンシェルジュが行ってくれるサービスがあります。日々の生活をより便利にします。

⑤ホテル代金割引

ゴールドカードを使うと、高級ホテルなども優待価格で宿泊できます。もともと高級ホテルなので、格安となるメリットではありませんが、贅沢な滞在をより低価格で実現できます。

⑥レストランで一人分無料になる

例えば2人以上でレストランを使うと、1名分が無料になるダイニングサービスを利用することもできます。

ゴールドカードによっては、レストランの食事代が半額となったり、予約が取りにくい高級レストランを予約できたり、豊富なダイニングサービスを提供しているものもあります。食にこだわりがある方には、とてもおトクな優待特典です。

⑦ステータス性がある

認知度があり、審査基準が厳しいゴールドカードなので、海外でも通用するステータス性があります。女性に対して印象が良く、持っているだけで支払い時により信用される利点もあります。

ゴールドカードの利用限度額についての注意点

続いて、ゴールドカードの利用限度額について注意しておきたいことを2つ紹介します。

クレジットカードの利用限度額は、分割・リボ払いなど別の返済を行っていると自動的に下がってしまいます。また同じ発行会社で複数のクレジットカードを使うことで利用限度額が限られてしまう可能性あり、クレジットカードを作成する際には十分気をつけましょう。

分割・リボ払いの返済期間中は要注意

クレジットカードの利用限度額は、ひと月に利用できる最大の金額というわけではありません。

もし、分割・リボ払いの返済期間中である場合は、その返済残金分は利用限度額から差し引かれた状態になるので注意が必要です。

リボ払い返済例

例えば利用限度額20万円のクレジットカードで、19万円の商品を毎月1万円のリボ払いで購入した場合には、残り利用限度額は1万円となり、それ以降は毎月のリボ払いの返済1万円ごとに利用限度額も1万円ずつ回復していく仕組みとなります。

利用限度額20万円で、19万円の商品をリボ払い(毎月1万円返済)で購入した場合の利用限度額の推移

支払月 初月 翌月 翌々月 ・・・ 最終月
返済残 19万円 18万円 17万円 ・・・ 0円
利用限度額 1万円 2万円 3万円 ・・・ 20万円
(※)手数料などは省いています
(※)他でクレジットカードを利用した場合は、その利用金額に応じて限度額も変動します


クレジットカードのリボ払いとは?金利や分割払いとの違い、注意点まで徹底解説!
クレジットカードのリボ払いは、金利手数料が発生するので、なるべく使いたくないでしょう。でも毎月の支払いが軽減されるのは魅力的です。ここでは、リボ払いの基礎的な知識から上手く利用するコツをご紹介します。

複数のクレジットカードを掛け合わせて限度額を上げる場合の注意点

上の利用限度額を上げる方法でも触れましたが、複数のクレジットカードを掛け合わせることで利用限度額を上げることができます。

ただし、この時にもひとつ注意しなければならない点があります。

異なるクレジットカード会社のクレジットカードを、用意する方が無難だということです。

カード会社によっては、複数のカード利用限度額が合算される場合がある。

例えば、JCB発行のクレジットカード限度額20万円と三井住友カード発行のクレジットカード限度額20万円を用意した場合、2枚を使い分けることで、最大40万円分利用することができます。

しかし同じカード会社のものを2枚用意した場合は、利用限度額が統一されてしまうカード会社や、カード毎に利用限度額が設定されるカード会社など、カード会社によって対応がバラバラなので、一度、カード会社に問い合わせる事をおすすめします。

ゴールドカードの限度額を超える場合

もしゴールドカードの限度額が超えてしまった場合、どうなるのでしょうか?当然ですが、限度額を超えてクレジットカードを利用することができません

例えば、利用限度額50万円で30万円をすでに利用した場合、残りの利用額は以下の通りとなります。

50万円(限度額)ー30万円(利用額)=20万円(残りの利用可能額)

次の引き落としまで、「残りの利用可能額」は増えることはありません。

利用限度額を確認するには

自分のクレジットカードの限度額はどれくらいか、確認する方法は複数あります。インターネット上、カード会社に問い合わせを行うことで確認できます。

利用限度額の確認方法

  • ウェブサイト上の会員サービスで確認する
  • 契約書類や毎月の利用明細で確認をおこなう
  • カード会社に電話での問い合わせで確認する

インターネットの会員サービスを利用している場合には、ウェブサイトにログインすると利用限度額をいつでも確認できます。

また契約書や利用明細などの書類からでも、利用限度額を確認することが可能です。

年会費無料のゴールドカード2選

発行会社から招待を受けて、ゴールドカードにアップグレードする場合、年会費が無料になる特典を受けられるのは、以下のクレジットカードです。

年会費無料になるゴールドカード

エポスゴールドカードはエポスカードで一定額を利用し続け、支払いの遅延がない場合に、インビテーションが届きます。

明確な金額は公式サイトにも記載がありませんが、年間50万円以上といわれています。

自ら申込むと年会費が5,000円(税抜)かかりますが、インビテーション経由で申込むと年会費が永久無料となるため、まずはエポスカードに申し込みインビテーションが届くのを待つのがおすすめです。

エポスカード
おすすめポイント
  • 全国10,000店舗の優待つき!
  • 入会金・年会費永年無料
  • 海外旅行傷害保険は最高500万円
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.5%~5.0%
マイレージ還元率
ETC年会費 無料
発行期間 店頭申込で最短30分発行・オンライン入会で1週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 非対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社エポスカード

イオンゴールドカードは、完全招待制のゴールドカードです。

直近1年間で、イオンカード100万円以上の買い物をした場合にゴールドカードのインビテーションが届きます。

対象となるカードはイオンカードセレクトとイオンカード(WAON一体型)です。

それぞれのカードにはディズニーやミニオンズ、トイストーリーのデザインが用意させていますが、イオンゴールドカードでは所有しているデザインを引き継ぐことになります。

ゴールドカードになった際に別のデザインを選ぶことはできませんので、ご注意ください。

イオンカードセレクト
おすすめポイント
  • 入会金・年会費無料はもちろん、ETCカードや家族カードも全て無料!
  • WAONでのお買い物やオートチャージでWAONポイント2重取り!
  • イオン銀行ATM利用手数料が0円で使える!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.5%~2.0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 約2週間
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
イオンカード(WAON一体型)
おすすめポイント
  • 年会費無料でお得!
  • WAONでの支払いでWAONポイントが貯まる!
  • ときめきポインTOWNを利用すれば更にポイントがたまる!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 約2~3週間程
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能

ゴールドカードの利用限度額まとめ

ゴールドカードの利用限度額の最大値は、200万円〜300万円に設定されていることが多いです。

実際に利用限度額に影響するのは「支払い能力」と「これまでの利用実績」によるものが大きく、ゴールドカードだからと言って初めから利用限度額が高いというわけではありません。

会社経営者の方なら、利用限度額が最大1,000万円のものもあるビジネスゴールドカードを検討してみることをおすすめします。

利用限度額の増額には、クレジットヒストリーをこつこつと積み上げていくことがもっとも重要だと言えるでしょう。

関連記事