更新日: / 公開日:

ゴールドカード20枚の限度額を徹底調査!利用限度額の上げ方も解説

ゴールドカード20枚の限度額を徹底調査!利用限度額の上げ方も解説

クレジットカードには、お支払いに利用できる最大の限度額が設けられています。

この利用限度額は、クレジットカードの種類や契約者によって異なりますが、一般的にステータスが高いと言われているゴールドカードではどうなのでしょうか?

実際、利用限度額=信用という話をよく耳にするので、ステータスの高いゴールドカードは、利用限度額に関しても優遇されているのではと考える方も多いはずです。

そこで今回は、意外と知られていないゴールドカードの利用限度額について解説します。利用限度額の高いゴールドカードも紹介しますので、そこが気になる方は前半を読み飛ばして頂いても結構です!

利用限度額とは?

そもそも利用限度額とは、どういったものなのでしょうか?
まずは、クレジットカードの利用限度額の基本について解説します。

お支払いに利用できる最大限度額

利用限度額とは、クレジットカードで利用できる最大の金額のことをいいます。
一般的には、クレジットカード申し込み時にカード会社によって設定されます。

クレジットカードの引落がされる前に利用限度額に達した場合は、次の引落までクレジットカードの利用が一切できなくなります。

クレジットカードの利用限度額はどうやって決まる?

まずは、クレジットカードの利用限度額の決まり方について知っておきましょう。
クレジット(信用販売)という性質から分かるように、利用限度額は利用者の都合だけで設定することはできません。

利用限度額は、カード発行会社が審査を行い、年収とこれまでのクレジットヒストリー(クレジットカードの使用履歴)により決定されます。

基本的に、年収が高ければ高い程利用限度額は高く設定される傾向にあります。
もう一つの判断基準であるクレジットヒストリーについては、これまで延滞もなくきちんと支払いが行われていれば利用限度額が高く設定されます。
しかし、過去に支払いが遅れてしまった経験があったり、カード利用歴が全くなかったりする場合は、希望していた金額よりも利用限度額が低い、または限度額が上がらないということになります。

利用限度額の上限まで使い切ってしまうとどうなる?

利用限度額の上限まで使い切ってしまうと、返済が行われるまでの間そのクレジットカードを利用することができなくなってしまいます。

急な出費や必要な支払いの時に使えないということが起こり得るため、利用限度額をきちんと把握し、自分の使い方に合う限度額をもったクレジットカードを選ぶことが重要になります。

ゴールドカードの利用限度額は高いのか?

一般的なクレジットカードは利用限度額が10万円から50万円程度に設定されていることが多いため、利用金額が多い利用者の場合は数枚のカードを所有しなくてはいけません。

ただし、そうなると管理などの手間が増え、せっかくのクレジットカードの利点が活かしづらくなってしまいます。

では、ゴールドカードはどうなのでしょうか?

ゴールドカードはそのステータスの高さから、所持している人への信頼も厚く、一般のカードよりも利用限度額が高く設定されているカードがほとんどです。

それでは事例として、利用限度額の高い代表的なゴールドカードを見ていきましょう。

発行会社やカードによる利用限度額の違い

ここでは、大手クレジットカード会社が発行する以下のゴールドカードを参考に利用限度額の違いについて解説します。

【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

まず、様々なゴールドカードの利用限度額を調べてみましたので下記の表を見てみて下さい。
(情報は2017年2月1日時点のものです)

利用限度額・年会費の比較

利用限度額・年会費の比較
券種 利用限度額 年会費
ANAアメリカン・エキスプレス・カード 一律の制限なし 7,000円(税抜)
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード 一律の制限なし 10,000円(税抜・初年度年会費無料)
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 一律の制限なし 10,000円(税抜)
アメリカン・エキスプレス・カード 一律の制限なし 12,000円(税抜・初年度年会費無料)
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード 一律の制限なし 12,000円(税抜)
ダイナースクラブカード 一律の制限なし 22,000円(税抜)
ANAダイナースカード 一律の制限なし 27,000円(税抜)
ダイナースクラブビジネスカード 一律の制限なし 27,000円(税抜)
デルタ スカイマイルダイナースクラブカード 一律の制限なし 28,000円(税抜)
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 一律の制限なし 29,000円(税抜・初年度年会費無料)
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 一律の制限なし 31,000円(税抜)
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード 一律の制限なし 31,000円(税抜)
オリコカード THE POINT PREMIUM GOLD 10万円〜300万円 1,950円(税込)
オリコカード THE WORLD 10万円〜300万円 9,800円(税込・初年度年会費無料)
楽天プレミアムカード 〜300万円 10,000円(税抜)
三井住友VISAゴールドカード 50万円〜200万円 10,000円(税抜・初年度年会費無料)
ANA VISAワイドゴールド 50万円〜200万円 14,000円(税抜)
MUFGカード ゴールド 10万円〜200万円 1,905円(税抜・初年度年会費無料)
MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード 10万円〜200万円 1,905円(税抜・初年度年会費無料)
セディナ ゴールドカード 1万円〜200万円 6,000円(税抜・初年度年会費無料)
※【PR】表内リンクのあるものは公式サイトに遷移します。



利用限度額は、契約者によって異なる為あくまで参考値としての数字になりますが、少しばらつきがあります。
上記の表は限度額が高い・もしくは高くなる可能性がある順番で作成していますが、アメックスやダイナースは「一律の制限なし」となっています。
これは、利用者の収入や信用度により柔軟に限度額を変更する、という意味であり、実質的に上限を設けていない、とも取ることが出来ます

下記では、特にオススメのクレジットカード4枚のスペックについて解説していきます。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

世界的に認知されているハイステータスカード「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」。このカードの最大の特長は利用限度額に一律の制限を設けていないという点です。

ただし、制限がないといっても誰でも無限に利用できるわけではなく、これまでの利用状況や支払い実績によって限度額が変化する信用度を重視した仕組みとなっています。

また、事前にデポジット(保証金)を入れ利用限度額を上げることで、高額なお買い物でも限度額を気にせず支払いをすることができます。

そうしてデポジットを利用することで、支払い実績が積み上がり次の限度額の増額につながるのでとても使い勝手の良い1枚です。

アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード
おすすめポイント
  • 世界が認めるゴールドカードとしてのブランド力!
  • 最高1億円まで補償される海外旅行保険!
  • 旅行予約サイトでの特典が多数!
年会費 29,000円
次年度以降 29,000円
ポイント還元率 0.333%~0.4%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 -
発行期間 14営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 非対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
アメックスを徹底解説!気になるゴールド、プラチナの特典から審査基準まで紹介!
アメリカン・エキスプレス(以下アメックス)は、世界で初めてプラチナ・カードやセンチュリオン・カード(ブラックカード)のプレミアムカードを誕生させたクレジットカード会社です。 ステータス性の高さだけではなく、サービス内容や特典が充実しているのが魅力です。特に旅行好きにとっては、トラベル&エンターテイメント面でのサービスや特典が豊富なのも嬉しいでしょう。 アメックスのクレジットカードには、国際ブランドのアメックスが発行している「プロパーカード」とANAなどの他社と提携しているアメックスが発行している「提携カード」と、提携会社が発行している「提携カード」があります。 ここではアメックス発行のカードの特典から審査基準までを紹介していきます!

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカードも高いステータスを持つカードとして知られており、アメリカン・エキスプレスと並び、2大ステータスカードという位置付けにあります。

アメリカン・エキスプレスと同様に、利用限度額に一律の制限を設けておらず、利用者の支払い実績に応じた限度額が設定されるようになっています。

また、利用実績が認められると、さらにグレードの高いダイナースプレミアムカードに招待される特典もあり、より限度額の高いカードへステップアップすることもできます。

ダイナースクラブカード
おすすめポイント
  • 会員様を信頼しての利用限度額に一律の制限なし!
  • 国内外850ヵ所以上の空港ラウンジが無料!
  • 最高1億円の旅行保険が付いているから安心!
年会費 22,000円
次年度以降 22,000円
ポイント還元率 0.4%~0.416%
マイレージ還元率 1.0%
ETC年会費 無料
発行期間 14営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)
ダイナースクラブカードだけのプレミアムな特典満載!誰もが認める国際ブランドを徹底紹介
ダイナースクラブカードは、世界で初めて誕生したカードとして、世界的に極めて信用度の高いクレジットカードです。このカードを持つ人は、ステータスの高い富裕層が持つという長い歴史があるだけに、付帯する優待サービスは格別です。 上質な「食」のサービスをはじめ、海外旅行に行く方へのラウンジサービスや、多彩なエンターテイメント、ゴルフなどサービスが充実しています。 ここでは、ダイナースクラブの基本情報やメリット、各種カードの紹介をまとめました。あなたもきっとマネしたくなる「お金の新常識」ダイナースクラブ編から、楽しいクレジットライフを堪能してください。

JCBゴールドカード

JCBゴールドカードは、国内唯一の国際ブランドJCBが発行しているゴールドカードです。

年会費のかからない一般的なクレジットカードの利用限度額が10万円~50万円程度であり、JCBゴールドカードはかなり利用限度額の高いカードだと言えますが、詳しい金額は公式サイトをご覧ください。

また、こちらのクレジットカードにも、「JCB ゴールド ザ プレミア」や「JCB ザ・クラス」といった、上位ランクが存在しており、支払い実績を積み重ねていくことで、インビテーション(招待状)が届くようになっています。

JCBゴールド
おすすめポイント
  • 今なら初年度年会費無料
  • 最高1億円の旅行保険が付帯!
  • ポイント互換性の高いOkiDokiポイントが貯まる!
年会費 無料
次年度以降 10,000円
ポイント還元率 0.5%~2.5%
マイレージ還元率 0.3%~0.78%
ETC年会費 -
発行期間 1営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 非対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカードは、世界でも幅広く使われているVISAブランドのクレジットカードです。
おおよそ利用限度額は50万円~200万円ほどに設定されており、こちらも利用実績に応じて変化するようになっています。

加盟店が多くとても使い勝手の良いゴールドカードなので、初めてゴールドカードを申し込む方はこちらのカードを希望しても良いかもしれません。

三井住友VISAカード(ゴールド)
おすすめポイント
  • 全国28の空港で空港ラウンジサービス優待!
  • ゴールドカード会員専用のデスクあり!
  • 年間300万円のショッピング補償あり!
年会費 無料
次年度以降 10,000円
ポイント還元率 0.5%~1.0%
マイレージ還元率 0.3%
ETC年会費 -
発行期間 3営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 非対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

利用限度額を上げるには

直接増枠の申請をする

まずは、クレジットカード会社へ直接増枠の申請をする方法があります。
サポートセンターへ問い合わせるか、もしくは各クレジットカード会社の公式サイトに増枠申請についての項目が設けられていることがあるのでそちらを活用しましょう。

ただし、今までの返済履歴で遅延など難がある方は、逆に限度額を減額されてしまうということもあるのでご注意ください。

クレジットカードのランクをアップさせる

今使っているクレジットカードのランクをアップさせることで、利用限度額の増額を狙う方法です。
基本的に、クレジットカードの利用限度額は、カードのランクに応じて上がる傾向があるのでクレヒス(カードの利用実績)に問題のない方は、ランクを上げるのが一番手っ取り早いかもしれません。

複数枚のクレジットカードを持つ

今使っているクレジットカードの利用限度額が、どうしても増額できないのであれば、新しくもう一枚クレジットカードを申し込んで複数枚利用する方法があります。

この方法であれば審査に落ちても減額される心配もないので、ある意味リスクのない方法だと言えます。

クレジットカードの審査基準とは?落ちる原因と対策、難易度低めのカードまで総まとめ
クレジットカードを申込む時に気になるのはやっぱり審査。 「審査って一体何を見てるの?」 「自分はちゃんと審査に通るの?」 など、クレジットカードの審査に不安を持っている方は多いと思います。 そこでこの記事ではクレジットカードの審査の流れや審査の難易度、意外な審査落ちの原因とその対策をご紹介します。 初めてクレジットカードを申込む方も、再チャレンジしたい方も。自信を持って審査にチャレンジできるよう、ぜひ参考にしてみてください。

一時的な増額をお願いする

恒久的ではなく、一時的な増額をお願いする方法もあります。

海外旅行や結婚式、引っ越しなどの理由がある場合は、一時的な増額を認めてもらえることもあるようなので試す価値はあると思います。

各クレジットカード会社にお問い合わせ先がありますので、そちらから相談してみると良いでしょう。

利用限度額についての注意

分割・リボ払いの返済期間中は要注意

クレジットカードの利用限度額は、ひと月に利用できる最大の金額というわけではありません。
もし、分割・リボ払いの返済期間中である場合は、その返済残金分は利用限度額から差し引かれた状態になるので注意が必要です。

リボ払い返済例

例えば利用限度額20万円のクレジットカードで、19万円の商品を毎月1万円のリボ払いで購入した場合には、残り利用限度額は1万円となり、それ以降は毎月のリボ払いの返済1万円ごとに利用限度額も1万円ずつ回復していく仕組みとなります。

利用限度額20万円で、19万円の商品をリボ払い(毎月1万円返済)で購入した場合の利用限度額の推移

支払月 初月 翌月 翌々月 ・・・ 最終月
返済残 19万円 18万円 17万円 ・・・ 0円
利用限度額 1万円 2万円 3万円 ・・・ 20万円
(※)手数料などは省いています
(※)他でクレジットカードを利用した場合は、その利用金額に応じて限度額も変動します


クレジットカードのリボ払いにもメリットがある!リボ払いの上手な利用方法を紹介!
リボ払いという支払い方法を聞いたことがある方は多いと思いますが、その中身をきちんと理解できていますか? ネットで調べてみると、マイナスイメージの言葉がたくさん飛び交い、利用すべきではないと思っている方も多いと思います。 しかし、リボ払いの仕組みを理解して使えばメリットはあります。ここではリボ払いの仕組みをわかりやすく解説するとともに、すでにリボ払いを利用中で、「毎月の支払いが苦しい」という方のための解決法を紹介していきたいと思います。

複数のクレジットカードを掛け合わせて限度額を上げる場合の注意点

上の利用限度額を上げる方法でも触れましたが、複数のクレジットカードを掛け合わせることで利用限度額を上げることができます。ただし、この時にもひとつ注意しなければならない点があります。

異なるクレジットカード会社のクレジットカードを、用意する方が無難だということです。

カード会社によっては、複数のカード利用限度額が合算される場合がある。

例えば、JCB発行のクレジットカード限度額20万円と三井住友カード発行のクレジットカード限度額20万円を用意した場合、2枚を使い分けることで、最大40万円分利用することができます。

しかし、同じカード会社のものを2枚用意した場合は、利用限度額が統一されてしまうカード会社や、カード毎に利用限度額が設定されるカード会社など、カード会社によって対応がバラバラなので、一度、カード会社に問い合わせる事をおすすめします。

まとめ

  • クレジットカードの利用限度額は、利用内容や返済実績によって決まる
  • クレジットカードを発行した後からでも増額の申請はできる
  • ゴールドカードでも利用実績を積まなければ簡単には増額できない

実際に利用限度額に影響するのは「カード会員の属性」と「これまでの利用実績」によるものが大きく、ゴールドカードだからと言って初めから利用限度額が高いというわけではありません。

利用限度額の増額には、クレジットヒストリーを積み上げていくことがもっとも重要だと言えるでしょう。

関連記事

2019年03月12日
2019年03月14日
2019年01月30日
2019年03月12日
2019年02月24日
2018年12月26日
2018年12月14日
2019年01月30日
2019年03月19日
2019年01月31日
2019年03月18日
2018年12月12日
2019年03月06日
2019年01月30日
2018年12月11日
2019年02月25日
2019年01月30日
2019年01月30日
2019年01月30日
2019年02月08日
2019年01月31日
2018年12月14日