更新日:

あなたは何を重視する?ゴールドカードを特典別に徹底比較

あなたは何を重視する?ゴールドカードを特典別に徹底比較

クレジットカードを使う上で「自分の使い方」と「カードの特徴」が合っているかという点は重要なポイントになります。ゴールドカードはスタンダードカードよりも高いグレードのカードとして位置づけられていますが、自分のライフスタイルに合っていなければ、せっかくステータス性の高いゴールドカードを持っていても宝の持ち腐れになってしまいます。ここではゴールドカードの特典別に、それぞれのカードの特徴を徹底比較しているので、あなたにピッタリの1枚を探してみましょう。

そもそもゴールドカードとスタンダードカードは何が違う?

ゴールドカードはスタンダードカードと比べると利用限度額の上限が高く設定されていたり、より良質なサービスを提供していたりするという特徴があります。ゴールドカードにもスタンダードカードと同じように年会費の無料のカードも存在しますが、年会費と比例して、よりサービスが豪華になっていくという傾向があります。

ポイント還元率が高いゴールドカード

一般的にクレジットカードの還元率は0.5%程度と言われています。還元率の高いカードはどんどんポイントが貯まるので、日常生活で利用するだけでお得に買物をすることができます。ここでは、ゴールドカードの中でも還元率の高いカードを厳選し紹介していきます!

三井住友VISAゴールドカード

還元率:0.5~10.0% 100円当たり1ポイント
日本で最初にVISAカードを発行した伝統ある「三井住友カード」のゴールドカードです。「ポイントUPモール」経由のネットショッピングではポイントが2~20倍にアップすることができます。
また年間のカード利用金額によって、ボーナスポイントがもらえます。例えば前年度の利用合計金額が300万円以上の場合、50万円で300ポイント、それ以降10万円毎に60ポイントが付与されます。ポイントの有効期限も3年なので安心して貯めることができるのも人気の秘密です。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

還元率:0.75%~1.5% 1000円当たり1ポイント
最大の特長はポイントに有効期限がないことです。そして「セゾンポイントモール」を経由してネットショッピングをするとポイントが最大30倍になるという点も見逃せません。さらに海外での利用ではポイント2倍になります。
また、入会特典として入会時のポイント付与や、カード利用でのポイント付与もあるので入会時はキャンペーン内容も要チェックです。

dカードゴールド

還元率:1%~10% 100円当たり1ポイント
ドコモが発行するゴールドカードです。ポイント還元率は通常は1%です。初年度からドコモプレミアクラブのゴールドステージへの優待がついており、ドコモの携帯料金のお支払分は還元率が最大10%にもなるため、ドコモユーザーの方におすすめのゴールドカードです。

マイルを貯めたい方におすすめのゴールドカード

ANAアメリカンエキスプレスゴールドカード

マイル還元率:100円=1ポイント=1マイル
ポイントの有効期限はありません。ANAグループでお買物をした場合ポイントが2倍になり、ANAカードマイルプラス提携店でお買物をすると通常のポイントは別に100円につき1マイルが自動精算されます。
ANAグループ便を使用する際は、通常マイルに加えて区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%のボーナスマイルが付き、カードを更新した際は2000マイルのボーナスマイルが付きます。
国際ブランドがアメリカン・エキスプレスのため、同伴者1人が無料でラウンジを利用できたり、手荷物無料配送サービスなどアメックス独自の付帯サービスを受けることができます。
貯まったポイントをマイルに移行するには別途5,000円+税が必要です。

ANA VISA ワイドゴールドカード

マイル還元率:1000円=1ポイント=10マイル
ポイントは1,000円につき1ポイントと少ないように感じますが、1ポイント=10マイルとして移行できANAマイル付与率は1%となります。また、マイル移行手数料は無料となっています。
ANAアメリカンエキスプレスゴールドカードと同じく、入会時に2,000マイル・更新時に2,000マイルのボーナスマイルがもらえ、区間ボーナス25%アップなどの特典があります。
年間利用額によってボーナスポイントが設けられ、このボーナスポイントの移行レートは1,000円=3マイルで交換可能です。その他、マイ・ペイすリボ利用時でもマイル付与率が変動し、使い方によっては他のANAカードよりもマイルが貯まりやすいと言われているカードです。

万が一の時も安心、高額な付帯保険が特徴のゴールドカード

旅行先で急な病気や怪我を負った場合でもクレジットカードがあれば役立つことがあります。
クレジットカードには発行会社ごとに保険サービスを付帯していることがあり、スタンダードカードと比べ保険サービスが充実しているところもゴールドカードの特徴です。ここでは補償金額別にまとめてみました。

海外保険の最高補償金額が1億円のゴールドカード

海外旅行保険 国内旅行保険
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 最高1億円 最高5,000万円
ダイナースクラブカード
最高1億円 最高1億円
JCBゴールドカード
最高1億円 最高5,000万円

海外保険の最高補償金額が5,000万円

海外旅行保険 国内旅行保険
ANA VISAワイドゴールドカード
最高5,000万円 最高5,000万円
三井住友VISAゴールドカード
最高5,000万円 最高5,000万円
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
最高5,000万円 最高5,000万円


最高補償金額が1億円のゴールドカードは年会費が高くなるケースもあるので、年会費を補償内容のバランスやその他サービス内容も含めて自分に向いているクレジットカードを選ぶのが賢い選択です。

まとめ:良質なサービス、総合力で選ぶならこのカード

冒頭でも記載した通り、自分がどういう使い方をするか考えてからカードを選ぶことが大切です。しかし、カードの種類が多くてなかなか選びきれない方におすすめのゴールドカードもあります。良質なサービスを提供している総合力の高いカードがこちらです。

JCBゴールドカード

JCBは日本発祥であり、ブランド自身も高品質や安全を謳っているので、初めてゴールドカードを所有する方でも安心して利用することができます。
主に国内での利用がメインの方はこちらのカードがおすすめです。

三井住友VISAゴールドカード

昔から認知度が高く三井住友VISAのステータスカードとして知られています。簡単な条件で年会費が割引になるサービス用意しているため、ゴールドカードとしては格安で所有することができます。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

年会費は高いですがそれに見合ったサービスを提供しています。日本ではもちろん、階級社会である海外で使うことで真価を発揮すると言われています。
海外でクレジットカードをよく利用することが想定される方におすすめです。

関連記事