更新日:

飲食店をお得に利用できるクレジットカードとは?特典とポイント還元率に注目!

飲食店をお得に利用できるクレジットカードとは?特典とポイント還元率に注目!

飲食店で使うクレジットカードは、ポイント還元率アップや割引などの特典があるものや、ハイクラスなサービスが受けられるものがおすすめ。どうせなら飲食店での食事をお得に楽しみたいですよね。

こちらの記事では、飲食店でおすすめのクレジットカード詳細情報、飲食店のクレジットカード事情などを解説していきます。

庶民的なお店から接待などに使える高級レストランまで、さまざまな需要にお応えするクレジットカードを紹介。飲食店で特典が受けられるクレジットカードは多いので、ぜひ自分にあったクレジットカードを見つけてください。

飲食店を利用するときにおすすめなクレジットカードの特徴

飲食店で利用するクレジットカードを選ぶときには、どのようなポイントを確認すればいいのでしょうか。重要なポイントは以下の2点です。

おすすめクレジットカード
  • ポイント還元率や割引特典のあるクレジットカード
    ・楽天カード
    ・リクルートカード
    ・エポスカード
    ・JCB CARD W
  • ハイクラスなサービスが受けられるクレジットカード
    ・アメックスゴールド
    ・ダイナースクラブカード

クレジットカードの飲食店向け特典は、日常的に使うお店で使いやすい特典と、接待や記念日で利用するような高級店でのハイクラスなサービスが受けられる特典があります。

飲食店向けのクレジットカードを発行する場合、日常的に利用するのか、それとも高級店で利用したいのか。この点を考えてカードを選びましょう。

ポイント還元率や割引特典のあるクレジットカード

ポイント還元率アップや割引の特典が受けられるクレジットカードを選ぶ場合、自分が普段使うお店で特典が受けられるかどうかが大切です。

例えばJCB CARD Wを利用して、スターバックスカードにチャージをするとポイント還元率が5.5%までアップします。現金で支払うよりもかなりお得になるので、カフェ代が節約できますね。

このように普段使うお店で特典が受けられるクレジットカードは、どのカードなのかという考えで選びましょう。

ハイクラスなサービスを受けられるクレジットカード

ゴールドカード以上のクレジットカードのなかには、高級店で受けられるハイクラスなサービスを付帯していることが多いです。

サービスの種類はカードによってさまざま。自分が使うお店や利用シーンを考えたうえでクレジットカードを選びましょう。

代表的なハイクラスサービスをまとめてみました。

飲食店向け特典の一例
  • 招待日和
    高級レストランのコース料理を2名以上で予約すると、1名分が無料になります。日本国内・シンガポール・ハワイ・台湾などの一流レストランで利用できる会員制サービスです。
  • ごひいき予約.com
    ダイナースクラブが提供している特典。予約がとりにくい高級店にキャンセルがでたとき、ダイナースが席を買い取り会員に通知してくれます。
  • ダイニング30
    JCBが提供している特典。対象の飲食店で会計が30%割引になります。

招待日和はアメックスのカードを作れば無料で利用することができます。

同様のサービスをJCBではグルメ・ベネフィット、ダイナースクラブではエグゼクティブダイニングという名称で展開していますが、対象のレストランは招待日和より少なめ。自分が行きたいレストランが特典対象なのか確認するとよいでしょう。

日常的に高級店を使わない方でも、記念日や接待などで特典が使えるのは嬉しいですね。普段は予約できないお店でも、クレジットカードの特典で予約できると喜ばれますよ。

飲食店のクレジットカード事情

クレジットカードを利用される側の飲食店での、クレジットカード事情はどのようになっているのでしょうか。ここからは飲食店のクレジットカード事情について解説します。

クレジットカードを利用できる店舗は増えてきている

長らく現金での支払いが根付いていた日本ですが、徐々にクレジットカードを利用できる店舗は増えてきています。

政府が主導となってキャッシュレス決済を推進しており、都心部や外国人観光客が多い都市を中心に利用可能な店舗が増えてきています。

ただし、地方都市ではいまだにクレジットカードの導入が遅れている傾向にあるようです。

手数料を考えて現金支払いにしている店舗もある

クレジットカードを導入していない飲食店は、クレジットカードの手数料を考えて現金支払いにしているケースが多いようです。

クレジットカード会社に支払う手数料は業種によって異なりますが、飲食店の場合は5%ほどに設定されていることがほどんど。現金支払いからクレジットカード支払いにするとお客さんが喜ぶ一方、飲食店は手数料を負担しなければなりません。

そのため個人経営のお店やラーメン屋さんなどでは、手数料を考えてクレジットカードを導入しないことがあります。

飲食店でおすすめのクレジットカード

ここまで解説した情報を踏まえて、飲食店でおすすめのクレジットカードを紹介します。お得になるカードを選んで、より楽しい食事の時間を過ごしてください。

楽天カード|マクドナルドやミスドなどポイントが貯まる店が多い

楽天カード
楽天カードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費永年無料
  • 新規入会&利用でポイントがもらえる
  • 海外旅行でも安心・便利に使える
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1.0%~20.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

楽天ポイントが貯まる楽天カードは、クレジットカードとしての機能だけでなくポイントカードとしての機能も備えています。

マクドナルドやミスタードーナツなどポイントカード提携店では、カードの支払いと提示でポイント二重取りが可能。貯めたポイントを飲食店で使えば、ポイントを余らせることもありません。

楽天カードはポイント提携しているお店が多いので、飲食店向けのクレジットカードとしてもぴったりです。日々の外食のおともに楽天カードを作成してはいかがでしょうか。

楽天カードの提携店舗
楽天ポイントが使える飲食店 ・ミスタードーナツ
・マクドナルド
・カフェ&バー PRONTO
・しゃぶしゃぶ温野菜
・ペッパーランチ
・つぼ八
・タニタ食堂
・赤から
・鳥貴族
・銀だこ
・リンガーハット
・大戸屋
・くら寿司など
(30代 / 女性 / 主婦 / 年収なし)

マクドナルド、くら寿司、ペッパーランチ、などはポイントで買い物しています。特にマクドナルドはポイントなどのキャンペーンをしていたりするので、ちゃんとキャンペーンが始まっているのかなど確認して使用しています。1ポイントで1円なので本当バカにならないです。

(40代 / 女性 / 個人事業主 / 年収600~800万円未満)

よく利用するスタンド、ミスタードーナツ、ツルハドラッグ、マクドナルド、幸楽苑で貯めるのも楽しめます。店舗で貯めたポイントで支払いすることも出来るのでお得感は大きく感じます。

リクルートカード|貯めたポイントがホットペッパーで使える

リクルートカード
リクルートカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • どこで使ってもポイント高還元!驚異の1.2%!
  • リクルートのネットサービスをご利用でさらにポイント還元!
  • 「じゃらんnet」「ポンパレモール」などのリクルートサービスご利用分が最大4.2%
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1.2%~4.2%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
nanaco
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

ポイント還元率が1.2%と高いリクルートカードは、貯めたポイントをホットペッパーグルメで使えます。ホットペッパーグルメにはさまざまな飲食店が掲載されているので、大人数での食事や宴会にぴったりです。

ほかのクレジットカードよりポイント還元率が高いので、さまざまな飲食店を利用する方にもおすすめ。普段の食事でポイントを貯めて、貯まったポイントをホットペッパーグルメで使うというのがおすすめの利用方法です。

またリクルートカードはnanacoや楽天Edyなどの電子マネーへのチャージすることでポイント二重取りが可能。nanacoが使えるデニーズやココイチでは、ポイント還元率が実質的にアップしますよ。

リクルートカードの提携店舗
ポイント還元率がアップする飲食店 特になし(nanacoや楽天Edyへのチャージでのポイント二重取りが可能)
ポイント(リクルートポイントorPontaポイント)が使える飲食店 ・ホットペッパーグルメ
・ケンタッキーフライドチキン
・ピザハット
・ココス
・すき家
・はま寿司
・ビッグボーイ
・ジョリーパスタなど

エポスカード|割引が受けられるなど飲食店に関する特典多数

エポスカード
エポスカードの詳細
VISA MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 全国10,000店舗の優待つき!
  • 入会金・年会費永年無料
  • 海外旅行傷害保険は最高500万円
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%~5.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社エポスカード

百貨店のマルイが発行しているエポスカードは、全国のさまざまな飲食店で割引などのサービスが受けられます。

魚民・目利きの銀次・山内農場といった店舗での割引が多く受けられるので、居酒屋へ飲みに行く機会が多い方におすすめです。

ポイント還元率は0.5%とやや低めですが、さまざまな飲食店や施設で割引などの特典が受けられる点がメリット。即日発行も可能なので、その日の買い物からお得に使えますよ。

エポスカードの提携店舗
ポイント還元率がアップする飲食店 ・魚民
・白木屋
・目利きの銀次
・山内農場
・千年の宴
・笑笑
・キタノイチバ
・くろまる
・ホルモンおいでやなど
割引がある飲食店 ・パステル
・鎌倉パスタ
・ホテルモントレ内のレストラン
・珈琲館
・丸山珈琲
・小川珈琲
・京都銀ゆばなど
ワンドリンクサービス・一品サービスなどの特典がある飲食店 ・ピザーラ
・ポムの樹
・マイアミガーデン
・水たき料亭
・華味鳥
・串匠など
ポイントが使える飲食店 モンテローザ食事券、スターバックスカードなどに交換可能
(50代 / 女性 / 会社員 / 年収200万円未満)

季節物の洋服や、友人へのプレゼントなどはこの期間を待ってお得に購入します。レストランを利用する際にも、その店舗ごとにちょっとしたデザートや飲み物が付いていたり、少し割引がきいたりするのでとけも嬉しいです。

JCB CARD W|モスバーガーやスタバでポイント還元率アップ

JCB CARD W
JCB CARD Wの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • ポイントは常に2倍以上で年会費はずっと無料!
  • さらにJCBオリジナルシリーズパートナーや、Oki Doki ランド 利用でポイント大幅アップ!
  • キレイをサポートするLINDAリーグの優待も利用できる「JCB CARD W plus L」もご用意
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1 〜 2%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCBが発行しているJCB CARD Wは、ポイント還元率がアップする飲食店が多いクレジットカードです。

ポイント還元率がアップする飲食店には、モスバーガー・スターバックス・ワタミグループなどがあります。

特にスターバックスカードへのチャージはポイント還元率が5.5%と、非常に高いのが特徴。スターバックスをよく利用する方であれば、JCB CARD Wは必須アイテムと言っていいでしょう。

JCB CARD Wの提携店舗
ポイント還元率がアップする飲食店 ・モスバーガー
・スターバックス
・ドミノ・ピザ
・ワタミグループ
・磯丸水産
・鳥良商店
・庄や
・木曽路
・Le Bar a Vin 52など
ポイントが使える飲食店 スターバックスカードへのチャージ、nanacoポイントやJCBギフトカードへの交換など
(20代 / 女性 / 会社員 / 年収200~400万円未満)

普段から週一回はスターバックスコーヒーを利用するので、スターバックスコーヒーカードに入金をするだけでポイント加算が追加されることを知り、これは使わない手はないとすぐに利用しました。ほかにもセブンイレブンやアマゾン、ガソリンスタンドなど普段から利用する場所でもポイント加算があり、とてもお得だなぁと感じています。

アメックスゴールド|厳選レストランでの食事が1名分無料に

アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • ゴールド・カードならではの多彩なサービス
  • 家族カードの年会費が1枚無料
  • 無料で使える空港ラウンジや、海外旅行先での24時間日本語サポート
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
31,900円(税込) 31,900円(税込) 0.333%~0.4%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

高級店で食事がしたい方はアメックスゴールドの「ゴールド・ダイニング by 招待日和」というサービスを利用しましょう。

厳しい審査を通過した飲食店のみがラインナップされており、2名以上でコース料理を予約すると1名分が無料になります。

そのため大切な取引先との接待、パートナーとの記念日など、特別な日に上質な食事が食べられます。高級レストランを頻繁に利用する方でなくても、メリットがあるクレジットカードですね。

年会費は31,900円(税込)かかりますが、招待日和の年会費は通常33,000円(税込)もします。そのため「ゴールド・ダイニング by 招待日和」を利用すれば年会費の元がとれますね。

高級レストランで食事する機会がある方は、アメックスゴールドに申込みをしてみましょう。

招待日和の主なレストラン
  • きょうど料理亭 杉ノ目 本店(札幌)
  • 黒毛和牛専門店 神戸牛 味鉄(赤坂)
  • アンティカ・オステリア・デル・ポンテ(東京駅)
  • レストラン シェ・コーベ(名古屋)
  • アルモニーアンブラッセ大阪RAYON(大阪)
  • 日本料理 玄海(福岡)
(20代 / 女性 / 会社員 / 年収600~800万円未満)

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを持っていると普段行かないような高級レストランのコースメニューが一人分無料になったりするので、お得な気持ちになります。夫の分までは無料にはならないのですが、実質半額で高級ディナーや高級ランチを楽しむことができると考えれば、かなりお得な優待サービスだと思います。

(40代 / 女性 / 会社員 / 年収1,000万円以上)

年に何回か家族で高めのレストランで食事をする機会があります。国内外約200店舗の掲載レストランで、所定のコースメニューを2名以上で予約すると、1名分のコース料理代が無料となるのが大変気に入ってますし、とてもお得感がありますので、外食時には絶対に活用します。予約もウェブサイトからできるので、便利でいいです。

ダイナースクラブカード|美食家のための飲食特典が満載

ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ
おすすめポイント
  • 会員様を信頼しての利用限度額に一律の制限なし!
  • 国内外1,000ヵ所以上の空港ラウンジが無料!
  • 最高1億円の旅行保険が付いているから安心!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
24,200円(税込) 24,200円(税込) 0.5 〜 1%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)

グルメに強いクレジットカードと言えば、ダイナースクラブカードを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

ダイナースの「エグゼクティブ ダイニング」であれば、高級レストランでのコース料理が1名分無料になります。

ほかにも1人で楽しめる高級店を紹介してくれたり、予約がとりにくい高級店のキャンセル通知をしてくれたりと。グルメに関するサービスが充実しています。

普段予約がとれないレストランに行ってみたい、1人で高級店を楽しみたい、そんな方にはダイナースクラブカードがおすすめです。

ダイナースのグルメ特典
エグゼクティブダイニング
・2名以上で高級レストランに予約すると1名分のコース料理が無料
・6名以上の場合は2名分無料
ごほうび予約 1人で高級料理店に行きたい方を予約をしてくれる
ごひいき予約.com
予約がとりにくい高級店でキャンセルがでたとき、メールで通知してくれる
料亭プラン
予約が困難な高級料亭を予約してくれる
おもてなしプラン
特別なおもてなしプランを用意してくれる
スムーズダイニング
事前決済できサイン不要
ナイト・イン・銀座
銀座のバーやクラブで優待サービスが受けられる
Wishダイニング
予約のとりにくいお店をダイナースが確保してくれる
アラン・デュカスからの招待
アラン・デュカスグループの店舗で特別優待が受けられる
ひらまつからの特別優待 全国にあるひらまつで特別優待が受けられる
(40代 / 男性 / 会社員 / 年収600~800万円未満)

ダイナースカードの一番のメリットは様々な特典があることだと思います。そのなかで一番のお気に入りはエグゼクティブダイニングと呼ばれるサービスで、二人分の料理を一人分の料金で味わえるサービスです。結構有名な料亭やレストランが対象になっているため、一食分が実質無料になるのはかなりお得なサービスだと思っていて、いつも使用しています。

(20代 / 女性 / 会社員 / 年収400~600万円未満)

お得だと思ったのは、レストランの予約をお願いすれば、担当者が予約してくれることです。普段は働いているため、予約の取りにくいお店はなかなか電話をかけるタイミングがつかめなくて、もどかしい思いをすることもありました。また、ダイナースクラブレストランウィークの開催もお得なランチやディナーが楽しめるので、女子会にも使えました。

飲食店をお得に利用できるクレジットカードまとめ

ここまでが飲食店のクレジットカード事情について紹介しました。内容をまとめると以下のようになります。

まとめ
  • 飲食店でおすすめのクレジットカードは、ポイント還元率アップや割引の特典があるカードか、ハイクラスなサービスが受けられるカード
  • 割引やポイント還元率がアップするクレジットカードを選ぶ
  • ハイクラスなクレジットカードには、コース料理が1名分無料になるサービスなどさまざまなサービスがある
  • 個人店などでは手数料の負担が大きく、クレジットカードを導入していない店舗もある

飲食店向けの特典があるクレジットカードはたくさんありますが、選ぶときには自分が普段行くお店が特典の対象かどうか調べることが大切ですよ。

投資に失敗して借金500万円以上を抱え、その後自己破産を経験しました。自分がお金で大失敗した経験から、お金の正しい知識を勉強。フリーライターとして、クレジットカード・カードローン・債務整理ジャンルの豊富な執筆経験を持っています。経験に基づいた確かな記事を執筆することが、1番の武器です。趣味は食べ歩き・人狼ゲーム・麻雀。名古屋の美味しいグルメを紹介する「リュウジの名古屋グルメブログ」も運営しています。

リュウジの執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事