更新日:

ETCカードはレンタル可能?借り方や借りるときの注意点を解説!

ETCカードはレンタル可能?借り方や借りるときの注意点を解説!

ETCカードは、高速道路の割引サービスや料金所をキャッシュレスで通過できるETCレーンの利用など、大変便利に使うことができるので、ETCカードを持っていない人のなかにはレンタルを考える人もいると思います。

しかし、「そもそもETCカードのレンタルってできるの?」、「ETCカードのレンタルはどのようにするの?」などの疑問を持つ人もいますよね。

ということで、今回は、ETCカードのレンタルができる場所やレンタル方法についてわかりやすく解説していきます。ETCカードのレンタルを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

ETCカードはレンタカー会社でレンタルが可能

ETCカードは、法人カードのみとなりますが貸し借りが可能となっているので、ETCカード自体をレンタルすることは可能です。

しかし、基本的に無条件でETCカードの貸し出しをおこなっている会社はありません。というのも、ETCカードを貸し出した場合は、「ETCカードが返却されない」などのリスクが想定されるためです。

ただ、レンタカー会社に関しては、レンタカーと一緒にオプションとしてETCカードをレンタルできる可能性があることを覚えておきましょう。

ETCカードのレンタルが可能なレンタカー会社には、主に下記のような会社があります。

ETCカードをレンタルできる主なレンタカー会社

  • トヨタレンタカー
  • 日産レンタカー
  • ニッポンレンタカー
  • オリックスレンタカー

上記のように、大手レンタカー会社の多くは、ETCカードのレンタルが可能です。

ちなみに、ETCカードのレンタルが可能になっている会社でも、すべての店舗が対応しているということではないので注意してください。店舗によってはETCカードのレンタルに対応していないこともあるので、事前に確認するようにしましょう。

個人間でのETCカードの貸し借りは禁止されている

ETCカードは、法人カードの貸し借りに関しては可能になっていますが、基本的に個人向けのETCカードの貸し借りは禁止されていることを覚えておきましょう。

ETCカードの規約には、「原則、名義人本人のみが利用可能」ということが明記されているので、個人間でETCカードの貸し借りをしてしまうと規約違反になります。

規約に違反したことがバレてしまうと、ETCカードの解約はもちろん、ETCカードを申込みしたクレジットカードの強制退会などの措置がとられてしまう可能性もあります。

レンタカー会社でETCカードをレンタルする方法は?

実際にETCカードのレンタルを検討している人は、レンタル方法が気になると思いますので、ここではETCカードのレンタル方法について、基本的な知識や流れを紹介していきます。

まず、ETCカードをレンタルする際は、下記の2つのポイントを覚えておきましょう。

ETCカードのレンタルで覚えておきたいポイント

  • ETCカードのみのレンタルはできない
  • ETCカードのレンタルは基本的に事前予約が必要

ETCカードは、レンタカー会社でレンタルが可能ですが、ETCカード単体でのレンタルはできません。ETCカードをレンタルする場合は、必ずレンタカーの契約が必要になることを覚えておきましょう。

また、ETCカードをレンタルする際は、レンタル用ETCカードの在庫の関係があるので、基本的に事前予約が必要になるケースが多いです。

とくに、レンタカー会社にとって繁忙期となる時期は、レンタル用ETCカードの在庫がなくなってしまうこともあるので、早めに予約をするようにしましょう。

そのほか、レンタカー会社にもよりますが、ETCカードのレンタルは、電話や店頭でしか受付けていないケースなどもあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

ちなみに、ETCカードのレンタル料金ですが、会社によって異なるものの、平均300円前後なので、気軽に利用できる金額設定になっています。

ETCカードをレンタルするまでの流れ

先に紹介したETCカードのレンタルに関するポイントを踏まえて、実際にETCカードをレンタルしてから返却するまでの流れを紹介していきます。

1.レンタルを実施している店舗を探し、事前予約をおこなう

まずは、ETCカードのレンタルに対応している店舗を探して、事前予約をおこないます。

事前予約をしなくても当日にレンタル用ETCカードの在庫があればETCカードをレンタルできる場合もあります。しかし、確実にETCカードをレンタルしたいのであれば事前に予約をしておくようにしましょう。

また、レンタカー会社によっては、ETCカードを使うのに必要な車載器が搭載されていない車もあるので、「ETCカードのみか」、「車載器も必要なのか」を決めておくとスムーズに予約ができます。

ちなみに、車載器がなくてもETCカードは使えますし、割引サービスを受けることもできます。ただ、車載器がない場合はETCレーンを通過できないので、ETCカードの利便性が若干損なわれてしまうことを覚えておきましょう。

2.同意書に署名しカードを受け取り、料金所で利用する

事前予約をおこなったあとは、当日にレンタカーETCカードを受け取ります。このとき、同意書(契約書)に署名をしますが、同意書の内容はしっかりと確認するようにしましょう。

同意書には、ETCカードを紛失した場合の対処や盗難によって第三者が使用した場合の料金などについても記載されているので、不明な点はその場で従業員に確認するようにしてください。

問題なく契約が完了したあとは、ETCカードを車載器にセットすれば、ETCレーンを通過できるようになります。

3. ETCカードをレンタカーと一緒に返却して精算する

レンタカーの契約期間が終わったあとは、レンタカーと一緒にETCカードも返却します。ETCカードの利用料金は、レンタカー代金に上乗せされて請求されるので、支払いを済ませてください。

また、レンタカーとETCカードをWEBで予約する場合は事前に支払いを済ませていることもありますが、ETCカードの利用によって金額が足りない場合は追加で支払いをおこなう必要があるので覚えておきましょう。

ETCカードをレンタルするときの注意点

ETCカードは、レンタカー会社でレンタルが可能ですが、基本的に下記のような点に注意する必要があります。

ETCカードのレンタルにともなう注意点

  • レンタルしたETCカードには盗難・紛失時の補償がない
  • レンタルしたETCカードは直接返却しなくてはいけない

レンタル用ETCカードには、基本的に盗難や紛失に対する補償が付帯していないので、何かしらのトラブルに遭った場合は自己負担になります。

また、ETCカードをレンタルした場合は、直接店舗に返却する必要があるので、レンタカーのサービスで人気の高い「乗り捨てサービス」を利用できないことを覚えておいてください。

ETCカードのレンタルについて知っておきたいこと

ETCカードのレンタルについて紹介してきましたが、そのほか、ETCカードのレンタルに関連することで知っておきたい情報や考えて欲しいことを紹介していきます。

ETC車載器をレンタルすることはできない

ETCカードは、レンタルが可能ということを紹介しましたが、「ETC車載器をレンタルしたい」という人もいるかもしれませんので、ETC車載器のレンタルについて説明しておきます。

結論を先に述べると、ETC車載器のレンタルは一般的でないので、基本的に企業でレンタルをすることは難しいと考えておきましょう。

ただ、情報管理システム協同組合などでは、組合員のみにETC車載器のレンタルをおこなっている場所もあるので、条件を満たせばレンタルができるケースもあります。

ちなみに、ETC車載器は、「原則、ひとつのナンバーにひとつの車載器が利用可能」となっているので、レンタルをする場合は必ずセットアップ費用がかかります。

場所によって異なりますが、10,000円から15,000円の費用がかかる可能性があることを覚えておきましょう。

家族カードを検討してみる

ETCカードのレンタルを検討している人のなかには、何かしらの理由でクレジットカードを作れないため、自分のETCカードを持てないという人もいると思います。

そのような人は、クレジットカードを持っている家族にお願いして「家族カード」を作成し、その後にETCカードへ申込むという方法で自分のETCカードを持てる可能性があることを覚えておきましょう。

ただ、家族カードは、クレジットカードやETCカードの利用分の請求書がすべて本会員宛てに届くことに注意が必要です。

支払いはお金が関係することなので、後々のトラブルを避けるという意味でも支払いについての取り決めを事前に話し合っておくことをおすすめします。

今後も使う可能性がある人は即日発行のETCカードを作るのがおすすめ

セゾンカードインターナショナル
セゾンカードインターナショナルの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費永久無料!
  • ネットで安心してお買い物が出来るオンラインプロテクション付き
  • セゾンポイントモール経由で永久不滅ポイント最大30倍!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%
電子マネー
ID(アイディ)
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社クレディセゾン

ETCカードのレンタルを検討している人で、今後もETCカードを使う可能性があるという人は、クレジットカード、ETCカードともに即日発行が可能な「セゾンカードインターナショナル」に申込む方法がおすすめです。

セゾンカードインターナショナルは、クレジットカードだけでなくETCカードも年会費無料で作成できますし、セゾンカウンターで受け取りができれば最短即日発行が可能です。

ただし、ETCカードを即日発行する場合は、即日発行が可能なセゾンカウンターが限られているので、事前に確認をしておきましょう。

ETCカードをレンタルする場合はレンタル料金がかかってしまうので、無駄な費用をかけたくないという人は、セゾンカードインターナショナルへの申込みを検討してみてはいかがでしょうか。

ETCカードをレンタルする方法のまとめ

ETCカードは、「ETCカードのみのレンタルはできない」や「直接返却しなくてはいけない」などの条件があるものの、レンタカー会社でレンタルが可能です。

ただ、レンタル用ETCカードの在庫によっては、レンタルができないこともあるので、確実にレンタルをしたいのであれば、事前予約をするようにしましょう。

また、個人でのETCカードのレンタルは規約違反になり、違反がバレてしまうと強制解約などのリスクがあるので、個人間での貸し借りはおこなわないようにしてください。

この記事のまとめ
  • ETCカードはレンタカー会社でレンタルが可能
  • ETCカードのレンタルには条件がある
  • 店舗によっては対応していない場合や在庫の関係があるので、必ずレンタルできるとは限らない

食品や雑貨商品などを扱うライター・編集を経て、マネ会を担当。クレジットカードのポイント還元や特典だけでなく、各カード会社の戦略やマーケティングにも興味あり。普段使っているクレジットカードはJALカードで、実家への帰省の際には、貯めたマイルを特典航空券に交換している。ヤフオクやヤフーショッピングで買い物をする際には、ヤフーカードも使用。体を動かすことが好きで、定期的にジムで筋トレ。機会あれば、山へハイキングに出かけ、帰りの温泉を楽しむ。

山本の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事