更新日:

ETCカードを完全比較!ETC利用や給油でお得になる利用シーン別特化カードを紹介

ETCカードを完全比較!ETC利用や給油でお得になる利用シーン別特化カードを紹介

ETCカードは、ETCマイレージ・ETC利用割引などの特典があり、ETC利用によって料金所での現金支払いよりもお得に高速道路等が利用可能となるカードです。

そもそもETCマイレージとは?ETC利用割引って何?という方向けに、まずはそこから説明していきましょう。

ETCマイレージ、ETC利用割引って何?

ETCマイレージとは

ETCマイレージとは、高速道路などの通行料金の支払額に応じてポイントが貯まるお得なサービスです。

貯まったポイントは高速料金利用料に還元できますが、還元額は各道路事業者によって違います。

気になる方は下記のURLから各事業者の還元額を確認してみましょう。

http://www.smile-etc.jp/service/kangengaku.html

ETC利用割引とは

早朝割・深夜割や休日割など、時間帯またはETC利用によって現金支払いの高速利用料金より割り引いた金額で高速道路が利用できるサービスです。

各地域の道路事業社によって時間帯や割引率は様々です。

そんなお得なETCカードは単体発行もできますが、クレジットカードに追加で発行されることがほとんどです。

また、ETCカード自体の利用によってETCマイレージも貯まりますが、それとは別でカード会社で付与しているポイントも貯まります。

しかし、そのポイントも各カード会社によって異なりますので、おすすめカードの還元率を比較してみました。

カード会社によって違うETCカードのポイント還元率

カード名 年会費(税込) ポイント還元率 ETC利用でのポイント還元率
三菱UFJニコスVIASOカード
無料 0.5% 1.0%
リクルートカード 無料 1.2% 1.2%
楽天カード 540円 1.0% 1.0%
オリコカード 無料 1.0% 1.0%
ライフカード 無料 0.5% 0.5%

上記5社での比較の通りETCカード利用におけるポイント還元率は、三菱UFJニコスVIASOカードを除き、各社通常利用時の割合でポイントが還元されます。

三菱UFJニコスVIASOカードはETCを利用すると還元率が2倍になる珍しいクレジットカードです。そのため、ETCをよく利用する方にはとてもおすすめのカードとなります。

三菱UFJニコス VIASOカード
おすすめポイント
  • 年会費永年無料!
  • ETC、携帯電話、インターネットはポイント2倍!
  • 海外旅行保険やショッピング保険など付帯されているので安心!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.5%~10.0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 最短翌営業日
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 三菱UFJニコス株式会社

三菱UFJニコス VIASOカードを除き、ETCカード利用におけるポイント還元率は、そのほとんどが通常利用におけるポイント還元率と同様と思ってよいでしょう。

これは年会費が1万円以上のステータスカードの場合も同様で、年会費による違いはほとんどありません。

以上のことから、ETC利用が多い方でより多くのポイントを得たい方は、三菱UFJニコス VIASOカードか、通常利用におけるポイント還元率の高いカードを選ぶとよりお得に有料道路を利用できます。

ETC利用でも高いポイント還元率となるクレジットカード

年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 1.2%~4.2%
【PR】Sponsored by 株式会社リクルートホールディングス
公式サイトを見る
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.5 調査結果:78件
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 1.0%~4.0%
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社
公式サイトを見る
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.1 調査結果:11件
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 1.0%~2.0%
【PR】Sponsored by 株式会社オリエントコーポレーション
公式サイトを見る

車利用の多い方へ!燃料給油がお得になるクレジットカード

ETCカードと言えば高速道路ですが、高速走行は普段と比べて走行距離も燃料消費も多くなりますね。

その際給油は必ず必要になってきます。

ここでは、給油の際に給油価格が割引になるおすすめのETCカードを紹介します。

カード名 年会費(税別) 給油特典 その他特典
楽天カード 永年無料 ENEOSでの給油で100円あたり2ポイント ・楽天市場利用でポイント3倍
・楽天トラベル利用でポイント2倍
ENEOSカードS 1,250円 ・ガソリン2円引き/1L
・軽油2円引き/1L
・灯油1円引き/1L
・年1回以上の利用で年会費無料
・レッカー移動10kmまで無料
・路上修理30分以内無料(キー閉じ込めなどその他の作業)
・カーコンビニクラブでキズ・ヘコミの修理5%OFF
出光カード 永年無料 ・ガソリン2円引き/1L
・軽油2円引き/1L
・灯油1円引き/1L
・入会後1ヵ月間はガソリン、軽油が5円引き、灯油3円引き
・利用明細書の発行をWEB発行に切り替えると毎月10ポイント
昭和シェルPontaカード 1,250円 ・ガソリン1Lにつき2ポイント
・軽油1Lにつき2ポイント
・年1回以上の利用で年会費無料
・昭和シェル以外のPonta提携社でクレジット決済でポイント2倍
シナジーカード一般カード 2,000円 ・利用額1万円ごとに1円引き(最大7円/1L引き)
・1万円未満利用は1円引き/1L
・7万円以上利用で7円/1L
・年会費初年度無料
・年259,200円以上利用で翌年も無料
・国内外約75,000ヵ所以上の宿泊施設やレジャー施設、飲食店が会員価格で利用可能

上記記載のカードは、無料または利用によって年会費が無料になるカードを並べました。

普段なにげなく利用しているスタンドの燃料費が、上記のカードを利用することによってお得な価格で給油できるようになります。

楽天カードと出光カードは年会費も無料なので、特におすすめのカードとなりますが、利用頻度が高い方は割引金額が最大で7円/1Lとなるシナジーカードを検討してみるのもよいでしょう。

総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.5 調査結果:78件
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 1.0%~4.0%
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社
公式サイトを見る
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4 調査結果:12件
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 0.5%
【PR】Sponsored by 出光クレジット株式会社
公式サイトを見る

給油が割引になるクレジットカードは1枚は持っていても損はない

国内でのスタンド数が一番多いのがENEOSです。ENEOSカードSの大きな特徴は一定のロードサービスが無料で利用できることです。

ENEOSは楽天とも提携していて、楽天カード利用で100円あたり2ポイント付与されます。

これはガソリン価格120円/1Lだった場合に、1Lあたり2.4ポイント付与されるということになります。

楽天ポイントは楽天市場などで1ポイント=1円で利用できるので1L/2.4円の割引ということになります。

年会費: 無料
次年度以降: 1,250円
ポイント還元率: 0.6 〜 2%
公式サイトを見る
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.5 調査結果:78件
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 1.0%~4.0%
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社
公式サイトを見る

またシナジーカードのように利用額によって割引額が大きくなっていくカードもあり、車利用が多く燃料給油が多い人ほどお得になります。

ETC利用や給油でお得になるクレジットカード比較まとめ

ゴールデンウィーク・お盆休みなどの連休などは車で遠出する方も多いと思います。

その際ETC利用は高還元率なカードを利用し、給油は上記のような割引が大きい年会費無料のカードを利用するともっとお得になることもあるので、ぜひ検討してみてください。

関連記事