更新日:

ダイナースの審査は厳しい?審査基準と審査落ちの原因を徹底解説!

ダイナースの審査は厳しい?審査基準と審査落ちの原因を徹底解説!

ダイナースといえば、一般カードでありながらも高いステータス性で知られ、豪華なサービスや保険が付帯される上質で格式高いカードです。

従来は、勤続年数10年以上で持ち家があり、年収1,000万円以上の経営者や医者、弁護士などハイクラスな方しか所有できないと言われていました。

しかし、2015年にダイナースの発行会社がシティカードジャパンから三井住友トラストクラブに変更され審査基準が変わってからは、平均的な年収のサラリーマンでもダイナースを取得したという話を聞くようになりました。

本記事では、ダイナースの審査基準についてご紹介します。ダイナースの取得を検討中の方は、ぜひ参考にしてください!

総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4 調査結果:11件
年会費: 22,000円
次年度以降: 22,000円
ポイント還元率: 1%
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)
公式サイトを見る

ダイナースの審査基準は?審査項目別に解説!

ダイナースの審査は数年前よりもやさしくなったという声を多く聞きますが、それでも一般的なゴールドカード並みかそれ以上に審査が厳しいと言われています。

ダイナースは利用限度額を他社よりも高額に設定する傾向があります。そのため、審査では本人の信用力を厳しくチェックしているのです。

審査で重要なポイントは、年収や職業の「安定性」と信用情報から判断される「信用力」です。次に、審査項目ごとの審査基準をご説明します。

審査項目①年齢

ダイナースが「入会の目安」として唯一公表している条件が、「満27歳以上の方」ということです。満27歳未満の方でも申し込みは可能ですが、いくら年収が高く安定した職業だとしても、必ず審査落ちします。

従来は満33歳以上であることが条件でしたが、現在では20代のうちにハイステータスなカードを持ちたいという方のニーズにも対応しています。

審査項目②収入

審査に通過する収入は、年収500万円以上が安全圏です。年収400万円程度の方でも審査に通ったという話を聞きますが、年収以外の属性によって合否が分かれるでしょう。

給与所得者の平均収入が432万円(国税庁「平成29年分民間給与実態統計調査結果」より)であるため、平均収入程度の年収があればダイナースの審査に通る可能性があります。ちなみに、申込書に記入する年収は、「手取り額」ではなく「総支給額」なので間違えないようご注意ください。

従来は社会的信用のある富裕層しか持てないと言われていましたが、年収の審査基準が大きく下げられたことにより、ダイナースを所有できるチャンスが非常に大きくなっていることがわかります。

審査項目③職業・勤務先

職業については従来の基準と同じように、経営者や医者、弁護士、大企業の役員など社会的信用性が高く返済能力が高い職業が有利であることは変わりません。

しかし、正社員や公務員など安定した雇用形態や職業であれば十分審査通過が狙えます。また、勤務先が審査で有利な大企業ではなく中小企業であっても、勤務先の会社規模が原因で審査落ちする可能性はとても低いです。

反対に、安定性の低い雇用形態や職業だと審査で不利となります。個人事業主でダイナースの審査に通ったという方もいらっしゃいますが、年収が高く営業年数が長くない限り、審査に通る可能性は低いです。

派遣社員、アルバイト、パート、専業主婦の場合、審査に通る可能性はほとんどありません。

審査項目④勤続年数

審査において、勤続年数はそれほど重視されていません。現在では勤続年数が3年程度あれば審査通過が可能です。審査で収入の安定性を評価する際、勤続年数よりも職業や雇用形態を重視している傾向があります。

勤続年数1年目で審査に通ったという方もいらっしゃいますが、3年以上同じところに勤めてからチャレンジするほうが賢明です。

審査項目⑤カード利用履歴

審査では本人の信用力を評価するために、クレヒス(クレジットヒストリー)が調べられます。3カ月以上の長期延滞をした記録があると審査を通過する可能性は限りなく低くなります。

3カ月未満の延滞なら審査で見逃してもらえるわけではありません。ダイナースの審査では、過去1年間に1日、2日程度の支払い遅延をした場合でも、審査落ちの可能性が非常に高くなってしまいます。

他社のゴールドカードでは数日間の遅延をしても審査を通す場合もありますが、前述したようにダイナースは利用限度額が高いため、本人の信用力については年収以上に厳しく審査します。

もちろん、個人信用情報機関に登録されている消費者金融や銀行カードローンなど他の金融サービスの利用履歴も調べられ、金融事故の記録があれば高い確率で審査に落ちます。

実際はどんな人たちがダイナースの審査を受けているの?マネ会に寄せられた口コミから徹底解明!

ダイナースはハイステータスなカードですが、審査基準が変わったことにより従来よりも幅広い方が利用できるようになりました。現在では、どのような方たちがダイナースを利用しているのか気になるものです。

マネ会に投稿された口コミから、ダイナースを持っている方たちについて分析してみました。

ダイナースを選んだポイントは4割が「優待サービス」だと回答

ダイナースクラブカードの口コミ・評判

上のグラフは、マネ会に寄せられた口コミをもとに作成した、ダイナースを「選んだポイント」と「主な利用シーン」のグラフです。グラフを見ると、ダイナースを選んだポイントは「優待サービス」だと回答している方が多いことがわかります。

ダイナースの優待サービスの中でも特に豪華なのが、「食」に関するサービスと、国内・海外旅行時に役立つサービスです。「主な利用シーン」のグラフを見ても「旅行費用」と「飲食費」が多いことからわかるように、ダイナースは旅行やレストランでの外食などをよくされる方にとって使いやすいカードとなっています。

実際の口コミを見ても、優待特典にひかれたという方が多かったです。

(20代/男性/会社員/年収:400〜600万円未満)

ダイナースクラブカードを選んだ理由を教えてください
空港ラウンジを利用することができますが、国内にある有名飲食店の予約代行・ゴルフレッスンなども割引サービスがあるので利用することになりました。他よりも手厚いサービスとなっているので印象が良かったです。ゴルフに関するサービスが多いことから、普段ゴルフをするためメリットを感じました。年会費以上の価値があると感じます。

ダイナース所有者の年収、職業、年齢は?

マネ会にダイナースの口コミを投稿してくださった方たちの年収、職業、年齢について分析しました。

ダイナース所有者の年収は400万円~1,000万円以上の範囲内となっていて、400~600万円未満の方が6割ともっとも多く、年収1,000万円以上の方は2割でした

このことから、年収が500万円台であれば高い確率で審査通過が可能だとわかります。年収1,000万円以上の方からも支持されていて、審査基準が変わってからも富裕層からの人気はあるようです。

また、職業は会社員が8割と一番多く、他に公務員や会社役員の方が利用されていました。会社員の方は年収400万円~600万円未満の方がほとんどで、一般的なサラリーマンやOLから人気が高いことがわかります。

さらに年齢については20代~50代の方が利用していて、27歳から申込可能となるのにもかかわらず、20代の方が4割もいらっしゃいました。

分析結果より、ダイナースは年収、職業、年齢において幅広い方が利用しているということがわかりました。27歳以上で年収500万円台の正社員なら審査通過の可能性は濃厚でしょう。ちなみに性別では女性が4割を占めていて、女性からも人気だということがわかります。

実際にダイナースを利用した方の感想をご紹介

ダイナースを所有しようかどうか迷う原因は、やはり高額の年会費にあるのではないでしょうか。参考として、実際にダイナースを利用している方たちがどのような感想を持っているのか口コミをご紹介します。

(50代/男性/会社員/年収:400〜600万円未満)

年会費以上の価値を感じるかどうか教えてください
ダイナースクラブの年会費は22,000円と家族会員5000円だけですが、使う事によって得る情報や安心感は完ぺきなものがあると思います。 信頼が一番なのでそのための金額としては安いと思いますし、ポイントなどのサービスも付いているので実質無料と同じ感じだと思います。

(30代/女性/会社役員/年収:1,000万円以上)

年会費以上の価値を感じるかどうか教えてください
様々なサービスや特典がありますから、まずは自分で色々と調べてみることが大切だと感じます。海外に行かれる方であれば、より特典も受けられるのではないでしょうか。実際にどの国へ旅行しても、特別なお客様としておもてなしをしていただけます。 しかしながら、ダイナースといえば圧倒的なステータス!その魅力だけでも充分な価値があると私は考えます。

口コミを見ると、優待特典の利用頻度によって満足度に差があることがわかりました。高額な年会費を払ってでもダイナースを取得してよかったと感じるためには、多種多様な優待特典をご自分で調べて積極的に利用していくことが大切です。

また、サービスの質に関しては、ほとんどの方が高く評価していました。実際、ダイナースは会員からの信頼をとても重視しているため、会員に提供しているサービスの質はかなり高いものとなっています。

優待特典を利用する予定でいる方、上質なサービスをお求めの方にとっては、高額な年会費を払っても満足できる可能性が高いです。

ダイナース利用者の生の声を参考にしたいという方は、「ダイナースクラブカードの口コミ・評判」ページをご覧ください。

総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4 調査結果:11件
年会費: 22,000円
次年度以降: 22,000円
ポイント還元率: 1%
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)
公式サイトを見る

ダイナースの審査に落ちる3つの原因とは?

ダイナースの審査結果が通知される目安は1週間程度ですが、審査が4週間以上に長引く場合は審査落ちの可能性が高くなります。審査落ちの原因を知って、事前にできる対策はしておきましょう。

審査落ちの原因①収入の安定性が低い

前述したとおり、ダイナースの審査は収入の「安定性」が重視されるため、自由業、年金生活者、個人事業主は審査で不利となり、アルバイト、パート、大学生、専業主婦などは審査落ちを免れることは難しいです。

一般カードや審査がゆるいゴールドカードの場合、「アルバイトでも勤続年数が5~10年以上だと収入が安定していると判断され審査で有利になる」というケースもありますが、ダイナースの審査では勤続年数が重視されないため、そのようなことは期待できません。

審査落ちの原因②他社借入が多い

消費者金融や銀行カードローン、他社カードのキャッシング枠などの借入れ額が多い場合、お金に困っているというイメージをカード会社に与えてしまいます。特に、審査時に消費者金融から借入れしていると、審査落ちの可能性が高いです。

ダイナースでキャッシング機能を申し込む場合は総量規制の対象となるため、他社から年収の3分の1近く借入れしていると高い確率で審査落ちします。キャッシング機能を申し込むと審査がさらに厳しくなるため、利用する予定がなければ申し込まないほうが賢明です。

ダイナースは利用限度額が高いぶん、カードを大きな金額の借金返済に使われてしまうリスクが高いため、他社借入れについては厳しく審査しています。そのため、ダイナースに申し込む前には借金を返済するようにしてください。

審査落ちの原因③信用情報に問題がある

さきほど、審査でチェックされるクレヒスについてご説明しましたが、もちろん審査時にはクレヒス以外にも個人信用情報に登録されている信用情報を調べられます。

債務整理、代位弁済などの金融事故はめったに起こすことはないと思いますが、信用情報に傷が付くと知らずに奨学金の返済や携帯端末の分割払いを延滞する方が多いのでご注意ください。過去5年~10年以内に金融事故を起こしていればほぼ確実に審査落ちします。

また、クレジットカードやカードローンなど金融サービスの利用履歴がまったくないスーパーホワイトや、半年以内に申し込んだ他社カードの数が多い方も審査落ちの可能性が高いです。

スーパーホワイトの方は一般カードでクレヒスを積んでからダイナースにチャレンジしてください。複数の他社カードに申し込んだ方は、半年後、信用情報に登録されている申込履歴が消えてから申し込んだほうがいいでしょう。

個人信用情報機関に登録されているご自身の信用情報はインターネット開示が可能なので、気になる方は確認してみてください。

信用情報についてもっと詳しく知りたいという方は、以下の記事をご覧ください。

信用情報機関はどんな情報があるのか?また情報開示についても解説
住宅ローンやカードローンなどお金を借り入れる際には、信用情報機関というあまり馴染みのない言葉を耳にすることがあるかと思います。この記事ではその信用情報機関について、詳しく解説していきます。

年会費22,000円かかるのも納得!ダイナースの驚きの豪華特典!

他社の一般的なゴールドカードの年会費は1万円程度であるのに対し、ダイナースの年会費は22,000円(税抜)と2倍以上もしますが、高額の年会費を払ってでもダイナースの特典を受けたいという方がたくさんいるほど特典が充実しています。

手厚い保険・補償制度

ダイナースの付帯保険には、最高1億円補償の海外旅行保険(一部利用付帯)、最高5,000万円補償の国内旅行傷害保険(利用付帯)があり、補償額はトップクラスです。

「本当に1億円も補償する必要があるの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、旅行保険の補償額は高ければ高いほど安心できます。安全だというイメージが強い国内旅行でも、海水浴や登山、スキーなどのレジャー関係では事故が多発していますし、海外の医療費は数十万円、数百万円かかることも多く、日本とはけた違いに高い金額を請求されるケースがあります。

ダイナースの旅行保険はほとんど自動付帯で、利用付帯のように旅行前にカードで旅行費や交通費を支払うという手間が必要ないため、急な出張の際にも便利です。

また、ショッピング・リカバリーでは、ダイナースで購入した商品が故障・盗難などの被害にあった場合、1品につき自己負担額1万円で年間500万円まで補償されます。ダイナースの会員から贈与された商品も対象となるので、高額の贈り物をするときにも安心です。

贅沢な優待制度

ハイレベルな方向けの極上体験ができるダイナースの優待特典には、グルメ、トラベル、エンタテイメント、ゴルフなど幅広い特典があり、高級志向の方たちから高い支持を集めています。

特に好評なのが「エグゼクティブ・ダイニング」で、高級レストランのコース料理が2名以上の利用で1名分無料となり、6名以上なら2名分が無料となります。コース料理の料金は1万円台のものが多いですが、中には3万円のコース料理もあり、少なくともエグゼクティブダイニングを2回利用すれば、年会費の元を取れてしまうのです。

また、レストランに予約しておけば、カードの提示やサインが不要となる「サイレンス・スタイル」でお食事をスマートに演出することができます。「ごひいき予約」では、予約の取りづらい有名店のキャンセル席をダイナースクラブが買取り、会員が利用できます。

ダイナースの優待特典についてひとつずつご説明するときりがないため、主な優待特典を表にまとめました。

グルメ エグゼクティブ・ダイニング
サイレンス・スタイル
ごひいき予約
高級レストランの割引・おもてなしプラン
予約困難な高級料亭の席確保
銀座のバーやクラブの割引
など
トラベル 国内外の空港ラウンジ利用
国内外の有名ホテル・旅館の特別割引
空港送迎タクシーサービス
海外旅行帰国後の手荷物宅配サービス
海外旅行時の専門ドライバーによる送迎
パッケージツアー割引
海外現地トラベルデスク
など
エンタテイメント コナミスポーツクラブ優待
投資・保険の金融サービス優待
乗馬体験優待
公演チケット特別価格
ハワイのエンタテイメント施設優待
など
ゴルフ 名門ゴルフ場予約優待
プレイベートレッスン最大50%割引
ゴルフレッスン無料または割引
など

このように、ダイナースの優待特典には他社のカードを大きく上回るほどのプレミアム感があり、審査基準が変わった現在でも富裕層の方たちから支持を受け続けているのです。

ダイナースの優待については、以下の記事も参考にしてください。

プラチナカードレベルのサービスクオリティ~ダイナースクラブカード特集~
年会費22,000円(税抜)。それでも圧倒的な人気で指示されるダイナースカード。その魅力に迫ります!

ダイナースの申し込み方法

ダイナースの審査期間は1週間~2週間程度で、審査時間はそれほど長くありません。申し込みの流れをご説明します。申込方法はオンラインのみとなっています。

ダイナース公式HPのオンライン入会申し込みから、申込情報を記入し、本人確認書類の写真を撮ってアップロードしてください。オンライン入会申し込みが完了してから1~2週間程度で審査結果のメール連絡が届きます。審査通過していれば、「オンライン申し込み確認書」が送付されるのでそれに記入して返送すると、2週間程度でカードが届きます。

本人確認書類として、運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、健康保険証、写真付き住民基本台帳カード、在留カード、特別永住者証明書のいずれかひとつが必要なので、お手元に用意しておくとスムーズに手続きが完了します。

ダイナースの基本スペックとポイント活用術

ダイナースは6大国際ブランドの中でシェア率6位を誇ります(2015年 ザ・二ルソン・レポート「グローバル・カード・レポート2015」より)。

国際ブランドにもステータス性がありますが、ダイナースは国際ブランドの中でもステータス性が高く、提携先のほとんどが世界各国の一流企業であるためシェア率が低いと言われています。

ステータス性の高さからダイナースは使える場所が少ないというイメージがありますが、ダイナースはJCBカードと提携しているため、ほとんどのJCB加盟店で決済が可能です。

JCBカードと言えば、日本唯一の国際ブランドで大変使い勝手がいいことで知られています。そのため、ダイナースで決済できず不自由することは少ないでしょう。

また、ダイナースの大きな特長のひとつとして、さきほどご説明したように利用限度額が高いということがあります。公式HPでは利用限度額について「一律の制限なし」という表現をしていますが、誰でも1億円利用できるのかと言いますと、そういう意味ではありません。

他社のゴールドカードでは利用限度額が50万円~200万円程度に定められていますが、返済能力が非常に高い方だとしても、あらかじめ定められている利用限度額の上限を超えて利用することは不可能です。

しかし、ダイナースカードはご本人の返済能力に合わせて制限なく利用限度額を決定しているため、返済能力が非常に高い方であればそれに見合う利用限度額が設定されます。

利用限度額の初期設定金額は200万円~300万円程度に設定されるケースが多く、他社よりもゆとりを持ってカードを利用することができます。

ダイナースクラブカード
おすすめポイント
  • 会員様を信頼しての利用限度額に一律の制限なし!
  • 国内外850ヵ所以上の空港ラウンジが無料!
  • 最高1億円の旅行保険が付いているから安心!
年会費 22,000円
次年度以降 22,000円
ポイント還元率 1%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 カード到着まで2~3週間ほど
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)

ダイナースのスペック、メリット・デメリットなどについてさらに詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

ダイナースは高い年会費を払う価値あり?8つのメリットや本当に使える特典をご紹介
ダイナースクラブカードは、世界トップクラスのプレミアム性とハイステータスを重視する方に好評のクレジットカード。上質な「食」のサービスをはじめ、海外旅行に行く方へのラウンジサービスや、多彩なエンターテイメント、ゴルフなど、優待サービスが充実しています。

ポイントの貯め方・使い方

ご説明したとおりダイナースの大きな魅力は優待特典にありますが、ポイント重視派の方にとっても便利だと感じられる特長を持っています。

ポイント還元率は0.4%~1.0%で、有効期限のないポイントが100円につき1ポイント、公共料金の支払いは200円で1ポイント貯まります。家族カードやETCカードの利用分が本会員カードに合算されるため、無駄なくポイントを貯めることができます。

ポイントの交換率は以下の通りです。

ポイント交換先ごとのポイント還元率
カード利用代金に充当 交換率 0.3%
旅行代金に充当 交換率 0.4%
ANA SKYコインに交換 交換率 0.4%
スターバックスカードにチャージ 交換率 0.4%
楽天スーパーポイントに交換 交換率 0.4%
ANAマイル、
デルタスカイマイル、
ユナイテッド航空マイル、
大韓航空スカイパス、
アリタリアマイルなどに交換
交換率 1%
amazonギフト券 2,000円分 6,000ポイント
iTunesカード 5,000円分 12,000ポイント
JTB旅行券 5,000円分、
出光キャッシュプリカ 5,000円分、
JAL旅行券 5,000円分、
JCB ギフトカード 5,000円分
13,000ポイント

ポイント交換先でおすすめなのが、ANAマイルです。1ポイント=1マイルで交換でき、1マイルの価値は変動するものの約3円~6円分の価値があるため、マイルに交換すれば実質的にポイント還元率が3%以上になります。年間参加料6,000円(税抜)の「ダイナースグローバルマイレージ」に入会すれば、マイルへの移行手数料も無料です。

また、100以上のショップが参加している「ダイナースクラブポイントモール」を経由してネットショッピングすれば、ポイント還元率が2倍~10倍になり、キャッシュバックをポイントで受け取ることもできます。

家族カードなら年会費5,000円!

年会費5,000円(税抜)の家族カードは、本会員の配偶者・親・子供(18歳以上の方)に発行できます。他社のゴールドカードでは家族会員の場合、本会員よりもサービスの内容が限定される場合も多いですが、ダイナースの家族会員は本会員とほとんど変わらないサービスを受けることができるのです。

年会費5,000円(税抜)と聞くと高いように感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、年会費22,000円(税抜)を支払って受けられるサービスがその4分の1程度の料金で受けられると考えると非常にお得です。

目的に合わせて選べるダイナースカード

ダイナースには16種類ものカードがあります。あらかじめ知っておいたほうがのちのち役立ちそうなカードがあるため、ご紹介させていただきます。

ダイナースをお持ちの方は、2,000円(税抜)でビジネスカード(経費決済専用カード)を追加することができます。ビジネスカードとは、ビジネスに活用できるサービスや特典などが利用可能なカードのことで、追加カードを持っていると出張精算や仮払いの手間が省け、利用内容を本会員の利用代金明細書で確認できます。

ビジネスカードの申込資格は、「基本会員が代表者・役員を務める法人等または個人事業の役員職あるいは従業員で18歳以上の方」です。

ダイナース会員の中で利用金額が大きい方には、「ダイナースクラブ プレミアムカード」のインビテーションが届く可能性があります。

このカードはクレジットカードの中でもっともグレードの高いブラックカードで、最高のステータス性があるカードです。年会費は13万円と高額ですが、ポイント還元率2%とトップクラスの還元率で、特典やサービスがさらに豪華な内容となっています。

ダイナースには、本会員であれば5枚まで発行手数料無料のETCカードやビジネスカードなどの追加カードがあるため、審査を通過したら他の種類のカードも一度チェックしてみることをおすすめします。

以下の記事ではおすすめのダイナースカードを8種類ご紹介しているので、参考にしてみて下さい。

おすすめのダイナースクラブカードを徹底比較!使う目的で選ぶと更にメリットが!
ダイナースカードは、世界で初めて誕生したクレジットカードと言われており、アメリカン・エキスプレスと並び2大ステータスカードとして知られています。しかし、そんなダイナースクラブカードにも、色々な種類があることはあまり知られていません。今回は、各ダイナースクラブカードの特徴と、どんな方にオススメかを紹介していきます。

ダイナースの審査まとめ

ダイナースについて審査を中心にご説明させていただきました。現在は、平均的な収入の正社員ならダイナースの審査通過が十分可能となっています。審査難易度はイメージされていたよりも高くなかったのではないでしょうか。

ダイナースを1枚持っているだけで、日常とはかけ離れた贅沢で特別な体験ができます。現在申し込みを検討している方は、チャレンジしてみることをおすすめします!

関連記事