更新日:

銀座ダイナースは食事1名分無料特典だけじゃない!銀座と東京駅のラウンジが無料で使えるクレジットカード!

銀座ダイナースは食事1名分無料特典だけじゃない!銀座と東京駅のラウンジが無料で使えるクレジットカード!

ダイナースクラブカードは、日本で発行された最初のクレジットカードカードとして、ステータス性や安心感の高い人気のカードです。

そんなダイナースクラブカードですが、銀座での利用に特化した「銀座ダイナースクラブカード」があることをご存じでしょうか?

銀座ダイナースクラブカードは、銀座での買い物や食事などをさらに充実したものにしてくれる特典やサービスがあるので、銀座をよく利用する人は、ぜひ持っておきたいクレジットカードです。

しかし、「銀座ダイナースクラブカードと普通のダイナースクラブカードの違いって何?」、「実際にどのようなメリットがあるの?」という疑問を持つ人もいますよね。

ということで、今回は、銀座ダイナースクラブカードの特徴やメリットについて紹介していきます。

銀座ダイナースクラブカード
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ
おすすめポイント
  • ご利用可能枠に一律の制限なし
  • 特約店での優待で、新しい銀座ライフを。
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
27,500円(税込) 27,500円(税込) 1%
電子マネー
Suica(スイカ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

銀座ダイナースクラブカードの特徴

銀座ダイナースクラブカードは、ダイナースクラブカードの特典やサービスに加えて、銀座ダイナースクラブカードのみの特典やサービスを利用できるので、銀座をよく利用する人におすすめのクレジットカードです。

また、ダイナースクラブカード自体は、日本で最初に発行されたクレジットカードとして、ステータス性の高さと抜群の信頼性が特徴のカードになっています。

銀座ダイナースクラブカードの年会費25,000円(税別)と少し高めの設定になっていますが、年会費以上の充実した特典とサービスを受けることができる、ワンランク上のクレジットカードです。

銀座ダイナースカードクラブの基本情報

銀座ダイナースクラブカードは、先に紹介したように年会費が25,000円(税別)かかってしまうものの、追加カードとして発行できる家族カードとETCカードに関しては、年会費、発行手数料がともに無料となっています。

また、ポイントに関しては、カード利用金額の100円ごとにダイナースクラブリワードポイントが1ポイント付与されるので、基本となるポイント還元率は1%となっています。

ただ、電気ガス水道などの公共料金の支払いについては、200円につき1ポイントとなっているので、公共料金などの固定費用の支払いにカードを利用する場合は、還元率が半減してしまうことを覚えておきましょう。

ちなみに、カードの利用で貯まるダイナースクラブリワードポイントは、有効期限無期限となっているので、ポイントの失効を気にせずに利用できる点はうれしいサービスになっています。

抽選で10万円のキャッシュバックが受けられる新規入会キャンペーン

銀座ダイナースクラブカードは、対象期間中の入会と条件のクリアで、抽選により3名様に10万円のキャッシュバックをおこなう新規入会キャンペーンを実施しています。

対象期間と抽選の対象となる条件は、下記のようになっています。

新規入会キャンペーンの期間と条件
項目 内容
対象期間
2019年9月2日~12月1日までの申込みかつ2020年3月1日までに入会
条件 入会後、集計期間中に15万円以上の利用(利用金額集計の対象外あり)

上記のように、銀座ダイナースクラブカードの申込みと入会の期間が決まっているので、新規入会キャンペーンの抽選を受けたい人は、早めに申込みを済ませることをおすすめします。

また、カードの利用金額に関しては、家族カードETCカードの利用分も合算で集計されますが、下記の利用分については、利用金額集計の対象外になるので、覚えておきましょう。

利用金額集計の対象外

  • 年会費
  • ダイナースグローバルマイレージ年間参加料
  • キャッシングサービス、カードローン利用分および利息などの融資にかかわる金額
  • リボルビング払い、ボーナス一括払いの利用金額

そのほか、注意事項などがいくつかあるので、銀座ダイナースクラブカードの申込みの前に、詳細を確認するようにしてください。

銀座ダイナースクラブカード
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ
おすすめポイント
  • ご利用可能枠に一律の制限なし
  • 特約店での優待で、新しい銀座ライフを。
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
27,500円(税込) 27,500円(税込) 1%
電子マネー
Suica(スイカ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

銀座ダイナースクラブカードのメリット

銀座ダイナースクラブカードの申込みを検討している人は、実際にどのようなメリットがあるのか気になるところですよね。

銀座ダイナースクラブカードの大きなメリットは、ダイナースクラブカードの特典やサービスのほかに、銀座ダイナースクラブカードのみの特典やサービスを利用できる点です。

ここでは、銀座ダイナースクラブカードの具体的なメリットについて紹介していきます。

ダイナースクラブカード共通の特典やサービス

銀座ダイナースクラブカードに限らず、ダイナースクラブカードには、共通で利用できる特典やサービスがいくつかあります。

まずは、ダイナースクラブカードを持っている人が共通で受けることができるお得な特典やサービスを紹介していきます。

2名以上の利用で所定のコース料理が1名分無料になる「エグゼクティブ・ダイニング」

ダイナースクラブカードは、多くのグルメ優待サービスを提供しているため、「食に強い」と評判のクレジットカードです。

その大きな理由のひとつに、「ダイナースクラブ・エグゼクティブ・ダイニング」があります。

「ダイナースクラブ・エグゼクティブ・ダイニング」には、通常プランとグループプランがあり、プランによって下記のように高級レストランのコース料理を無料で利用することができます。

ダイナースクラブ・エグゼクティブ・ダイニングの優待プラン
プラン名 プラン内容
通常プラン 会員様を含む2名以上の利用で1名様のコース料金が無料
グループプラン 会員様を含む6名様以上で2名様のコース料金が無料

上記のように、「ダイナースクラブ・エグゼクティブ・ダイニング」は、利用人数に応じて1名または2名分のコース料理の料金が無料になります。

対象の店舗やコース料理は決まっていますが、高級レストランのコース料理をお得に堪能することができるサービスになっているので、ぜひ利用してみてください。

国内、海外の空港ラウンジを利用可能

ダイナースクラブカードは、本会員または家族会員であれば、国内、海外の空港ラウンジ無料で利用することができます。

利用できる空港ラウンジは、世界に850カ所以上あるので、国内旅行はもちろん、海外旅行の際も快適な時間を過ごすことができます。

また、空港ラウンジのほか、「海外旅行の際に手荷物を自宅から空港まで無料で配送してくれるサービス」や「レンタカー料金の優待」などのサービスも利用できるので、旅行が好きな人にとってはうれしいメリットになっています。

最高1億円の旅行傷害保険など、充実の補償サービスを受けられる

ダイナースクラブカードは、最高1億円の国内旅行傷害保険と海外旅行傷害保険が付帯しているので、万が一、旅行中に思いがけない怪我や病気などになった場合も安心することができます。

とくに、海外旅行では、怪我や病気の際にかかる医療費が高額になってしまうケースも珍しくないので、手厚い海外旅行傷害保険は、大きなメリットといえます。

また、ダイナースクラブカードを利用して購入した商品に関しては、年間で最高500万円ショッピング補償が付帯しているので、破損や盗難に遭った場合もしっかりと補償を受けることが可能です。

ダイナースにはメリットがない?高い年会費を払ってでも持つべき8つの理由

銀座ダイナースクラブカードのみの特典やサービス

ダイナースクラブカードを持っていれば受けられる、共通のお得な特典やサービスについて紹介してきました。

ダイナースクラブカードの特典やサービスだけでも十分な内容になっていますが、銀座ダイナースクラブカードは、さらに追加で特典サービスを受けることができます。

ここでは、銀座ダイナースクラブカードのみの特典やサービスを紹介していきます。

「ダイナースクラブ 銀座プレミアムラウンジ」が利用できる

銀座ダイナースクラブカードは、2017年12月5日に銀座七宝ビル8階にオープンした「ダイナースクラブ 銀座プレミアムラウンジ」の利用が可能です。

「ダイナースクラブ 銀座プレミアムラウンジ」で利用できるサービスは、下記のようなものがあります。

「銀座プレミアムラウンジ」のサービス内容

  • コーヒー、紅茶、ジュース、ミネラルウォーターなどが無料
  • アイスクリームなどの茶菓子が1人1品無料
  • 手荷物の預かりサービス
  • レストランの予約や優待プランの案内などを受けられるコンシェルジュサービス
  • Wi-Fiの利用
  • 駐車場の割引サービス
  • 銀座プレミアムラウンジイベント

上記のように、「ダイナースクラブ 銀座プレミアムラウンジ」では、銀座の買い物や散策などを満喫するためのサービスを利用することが可能です。

「ダイナースクラブ 銀座プレミアムラウンジ」は、本会員、家族会員ともに無料で利用することができるので、銀座を利用する際は、ラウンジでくつろいでみてはいかがでしょうか。

ちなみに、「ダイナースクラブ 銀座プレミアムラウンジ」の営業時間は、下記のようになっているので、利用する際の参考にしてください。

「銀座プレミアムラウンジ」の営業時間
営業時間 11:30~19:00
定休日 毎週月曜(休日の場合は営業)、12月31日~1月3日

「ダイナースクラブ D'sラウンジトーキョー」の利用ができる

銀座ダイナースクラブカードは、JR東京駅八重洲北口改札を出たところにある、大丸東京店11階のメンバーズサロン「D'sラウンジトーキョー」を利用することができます。

「D'sラウンジトーキョー」は、銀座や日本橋を一望できるラウンジになっていて、下記のようなサービスを提供しています。

「D'sラウンジトーキョー」のサービス内容

  • フリードリンクサービス(コーヒー・紅茶)
  • 喫煙ルーム
  • 専用クローク
  • 携帯電話、パソコン利用スペース
  • 応接室の貸し出し

「D'sラウンジトーキョー」に関しても、本会員、家族会員ともに無料で利用することができますが、応接室に関しては有料となっているので、覚えておくとよいでしょう。

ちなみに、「D'sラウンジトーキョー」の営業時間は下記のようになっているので、利用する際の参考にしてください。

「D'sラウンジトーキョー」の営業時間
営業時間 月~水、土・日・祝日:10:00~20:00
木・金:10:00~21:00
定休日 年中無休(元旦を除く)

特約店の利用でポイント還元率が2倍!

先に紹介したように、ダイナースクラブカードは、カードで決済をおこなった際に、100円につきダイナースクラブリワードポイントが1ポイント付与されます。

しかし、銀座ダイナースクラブカードは、特約店でのカード決済で、100円につき2ポイントが付与されるため、ポイント還元率が2倍になり、お得にポイントを貯めることが可能です。

特約店には下記のような店舗があるので、覚えておくとよいでしょう。

銀座ダイナースクラブカードの特約店

  • 銀座和光
  • 三越銀座店
  • 松屋銀座
  • GINZA SIX
  • 東急プラザ銀座
  • バーニーズニューヨーク銀座店

上記のように、特約店には三越などの老舗デパートも含まれているので、銀座を利用する人にとっては、うれしいメリットになっています。

一部の銀座エリアのレストラン優待が利用可能

銀座ダイナースクラブカードは、ダイナースクラブ プレミアムカード会員限定の「PremiumCard Benefit in Ginza」を銀座エリアに限り利用することが可能です。

ダイナースクラブ プレミアムカードは、ブラックカードに分類されるカードですので、銀座エリア限定とはいえ、ブラックカード保有者と同じサービスを受けられることはうれしいメリットではないでしょうか。

現在(2019年10月時点)、「Premium Card Benefit in Ginza」のサービスを受けられる店舗と優待内容は下記のようになっているので、銀座ダイナースクラブカードを所有した際は、ぜひ利用してみてください。

「Premium Card Benefit in Ginza」が利用可能な店舗と優待内容
店舗 優待内容
瀬戸内料理 すみのえ プレミアムカード会員様限定「ダイナースクラブ プレミアムカード特別プラン」をお一人様15,000円(税・サ別)でご提供
玉木 プレミアムカード会員様限定「ダイナースクラブおもてなしコース」をお一人様16,200円(税・サ別)でご提供
No Bird プレミアムカード会員様限定ディナーコースをご用意。特別ディナーコースはお一人様13,000円(税・サ別)でのご提供

ちなみに、予約に関しては、各店舗へ直接連絡が必要になります。また、上記の店舗での優待期限は、2020年3月31日までとなっているので、利用を検討している人は、覚えておいてください。

2020年4月よりApple Payへの対応が開始

今までは、銀座ダイナースクラブカードに限らず、ダイナースクラブカードは、Apple Payに対応していませんでしたが、2020年4月1日よりApple Payへの対応が開始されました。

なお、nanaco楽天EdySuicaなどの主要な電子マネーへのチャージは、ポイント付与の対象になっていないので、電子マネーとの相性が若干悪いことを覚えておきましょう。

ただ、SMART ICOCAへのチャージに関しては、1%のポイント還元を受けることができるので、SMART ICOCAを利用している人は、それほど気にしなくても大丈夫です。

銀座ダイナースクラブカード
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ
おすすめポイント
  • ご利用可能枠に一律の制限なし
  • 特約店での優待で、新しい銀座ライフを。
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
27,500円(税込) 27,500円(税込) 1%
電子マネー
Suica(スイカ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

銀座ダイナースクラブカードの利用で知っておきたい注意点

銀座ダイナースクラブカードは、銀座を利用する人にとってはお得な特典やサービスがあるので、申込みを検討する人もいると思います。

しかし、銀座ダイナースクラブカードを利用する際に注意しておきたい点もいくつかあります。

ということで、ここでは、銀座ダイナースクラブカードの利用の際に知っておきたい注意点について紹介しておきます。

年会費は通常のダイナースクラブカードより若干高め

銀座ダイナースクラブカードは、通常のダイナースクラブカードと比較した場合、カード本体や追加カードの年会費が若干異なることを覚えておきましょう。

銀座ダイナースクラブカードと通常のダイナースクラブカードの年会費や追加カードとの違いは、下記のようになっています。

年会費と追加カード(家族カード、ETCカード)の比較
項目 銀座ダイナースクラブカード 通常のダイナースクラブカード
年会費(税別) 25,000円 22,000円
家族カード(税別) 無料 5,000円
ETCカード 無料 無料

上記のように、銀座ダイナースクラブカードは、通常のダイナースクラブカードより年会費が3,000円(税別)高い設定になっています。

その代わりということではありませんが、追加カードとして発行できる家族カードに関しては、銀座ダイナースクラブカードが無料なのに対して、通常のダイナースクラブカードは5,000円(税別)かかってしまいます。

ですので、ダイナースクラブカードの申込みを検討している人は、カードの利用目的を考えてから、申込むカードを選択するようにしてください。

ちなみに、ETCカードに関しては、どちらも年会費無料で発行が可能となっているので、有料道路をよく利用する人は、ETCカードも同時に発行することをおすすめします。

入会資格は27歳以上という年齢制限がある

銀座ダイナースクラブカードに限らず、ダイナースクラブカードは入会資格が「27歳以上」となっていることに注意が必要です。

一般的なクレジットカードのように満18歳以上から申込みが可能なカードとは違うので、若年層新卒の人が申込むことは、基本的に難しくなってしまいます。

ちなみに、ダイナースクラブカードですが、基本的に専業主婦の人は本カードの発行ができません。

ただ、銀座ダイナースクラブカードに関しては、定職に就いていない主婦も世帯年収を記入すれば本会員として申込みが可能となっているので、覚えておくとよいでしょう。

銀座ダイナースクラブカードへの切り替えは新規申込みが必要

ほかのダイナースクラブカードから銀座ダイナースクラブカードへの切り替えを検討する人もいると思いますが、銀座ダイナースクラブカードへの切り替えは、新規申込みが必要となることを覚えておきましょう。

当然ですが、再度入会審査がおこなわれますし、カードの発行までは、ある程度の時間がかかってしまいます。

ですので、切り替えを検討している人は、現在使用中のダイナースクラブカードを解約しないで、銀座ダイナースクラブカードが手元に届いてから、使用していたカードの解約をするようにしてください。

ちなみに、銀座ダイナースクラブカードが発行されるまでの目安は、オンライン手続きであれば最短7営業日それ以外最短12営業日となっています。

また、キャッシングサービスの利用枠を設定した場合は、カード発行までの期間がさらに1週間程度プラスされるので、できるだけ早く手元にカードが欲しい場合は、キャッシングサービスを設定しないほうがよいでしょう。

ダイナースプレミアムのインビテーションが届かない

先に少し触れましたが、ダイナースクラブカードには、一般的にブラックカードに分類される「ダイナースクラブ プレミアムカード」というクレジットカードがあります。

ダイナースクラブ プレミアムカードは、インビテーションが届いた顧客のみが申込み可能なカードですが、銀座ダイナースクラブカードを利用していても、インビテーションが届かないことを覚えておきましょう。

ですので、後々、ダイナースクラブ プレミアムカードを持ちたいと考えている人は、通常のダイナースクラブカードを利用するようにしてください。

ちなみに、インビテーションは、基本的にカードの継続的な利用かつ、利用状況のよい顧客にたいして送られてくるものなので、インビテーションが欲しい人は、支払いの遅延などをしないように心がけてください。

銀座ダイナースクラブカードの審査難易度は?

銀座ダイナースクラブカードについて紹介してきましたが、申込みを検討している人は、審査難易度が気になりますよね。

銀座ダイナースクラブカードに限らず、基本的にクレジットカードの審査基準非公開となっているので明確に答えることはできませんが、参考までに審査について紹介しておきます。

まず、ダイナースクラブカード自体についてですが、一般的なプラチナカードと同等のカードといわれているので、一般的なゴールドカードよりは審査難易度が高いと考えられます。

では、銀座ダイナースクラブカードの審査難易度はどうなのかというと、基本的にはダイナースクラブカードとそれほど変わりません。

ただ、銀座ダイナースクラブカードは、専業主婦でも本会員として発行が可能なダイナースクラブカードです。

その点を考えると、ほかのダイナースクラブカードと比較した場合は、比較的審査に通過できる可能性が高いカードと考えられます。

とはいえ、当然、ある程度の年収(専業主婦の場合は世帯収入)と良好なクレヒスが重要になるので、年収に不安のある人は、クレヒスだけでも良好な状態を保つように心がけてください。

ちなみに、確実ということではありませんが、審査に通過できる可能性がある年収の目安は、500万円以上といわれているので、参考までに覚えておくとよいでしょう。

銀座ダイナースクラブカード
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ
おすすめポイント
  • ご利用可能枠に一律の制限なし
  • 特約店での優待で、新しい銀座ライフを。
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
27,500円(税込) 27,500円(税込) 1%
電子マネー
Suica(スイカ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

銀座ダイナースクラブカードのまとめ

銀座ダイナースクラブカードの特徴やメリットについて紹介してきました。

銀座ダイナースクラブカードは、ダイナースクラブカードで利用できる、空港ラウンジなどの旅行関係の特典やレストラン優待などに加えて、銀座ダイナースクラブカードのみの特典やサービスを利用することができます。

銀座ダイナースクラブカードのみの特典やサービスには、銀座プレミアムラウンジの利用や特約店でのポイント還元率UPなど、銀座を利用する人にとって大きなメリットがあります。

銀座の新しい魅力を見つけることができるカードになっているので、銀座をよく利用する人は、この機会に銀座ダイナースクラブカードの発行を検討してみてはいかがでしょうか。

気になるけど、なかなか話しづらい。けどとても大事な「お金」のこと。 日々の生活の中の身近な節約術から、ちょっと難しい金融知識まで、知ってて得する、為になるお金の情報を更新していきます。

関連記事