更新日:

dカードの審査は甘い?!審査落ちの原因や審査時間を短縮するコツを紹介

dカードの審査は甘い?!審査落ちの原因や審査時間を短縮するコツを紹介

ローソンでの支払い3%オフやマツモトキヨシで還元率4%などなにかとお得なdカード。しかし、dカードが欲しくなると不安になってくるのが、審査ではないでしょうか?

dカードは学生や主婦の方でも発行できるといわれていますが、審査への事前知識と準備は重要です。

そこで今回、dカードの審査難易度や落ちてしまう原因、審査を短縮する方法などについて詳しく紹介していきますので、ぜひじっくりと参考にしてください。

入会&エントリー&ご利用で最大15,000円相当プレゼント!
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.2 調査結果:47件
年会費: 10,000円(税抜)
次年度以降: 10,000円(税抜)
ポイント還元率: 1%
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ
公式サイトを見る
入会&エントリー&ご利用で最大8,000円相当プレゼント!
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.4 調査結果:16件
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 1 〜 5%
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ
公式サイトを見る

dカードは2種類ある! それぞれの審査難易度を知っておこう

まず、一口にdカードといっても実はdカードとdカードGOLDの2種類があり、それぞれ審査の難易度が違います。

難易度が低い方のdカードは、学生や主婦の方でも作れるといわれていますが、審査突破の可能性を上げるには、きちんと審査への事前知識をつけることが重要です。

ちなみに、dカードはドコモの料金支払いでも還元率は変わらない一方で、dカードGOLDは還元率10%を超えるので、よりお得です。

とはいえ、dカードGOLDの審査難易度はさらに高いと考えられますので、より入念な準備と事前知識が欲しいところです。

というわけで、審査についてご紹介していきますので、ぜひじっくりと確認してください。

ドコモユーザーでも審査は通常どおりされますし、スマートフォン代などの延滞があるなら要注意です。

ほかにも注意点が多数ありますので、さっそく次から詳細を紹介していきます。

dカードについて知りたい方は下記記事をご覧ください。

dカードゴールドは還元率10%以上の最強クレカ!年会費もドコモユーザーなら実質無料?
dカードゴールドは還元率が最大で10%以上となる高還元率クレジットカードです。ドコモユーザなら年会費を実質無料でもつことも可能になります。本記事では、dカード/dカードゴールドの特長をはじめ、年会費が無料となるからくりまで解説します。
dカード
おすすめポイント
  • ドコモユーザーでなくてもお得!通常還元率1%!
  • 年会費が永年無料!
  • ローソンで最大5%お得!マツモトキヨシで最大4%ポイントが貯まる!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 1 〜 5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 500円
発行期間 2週間
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
入会&エントリー&ご利用で最大8,000円相当プレゼント!
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ
dカード GOLD
おすすめポイント
  • ドコモユーザーなら利用料金の10%が還元される!
  • 3年間最大10万円のケータイ補償付き!
  • 最大1億円の海外旅行保険あり!
年会費 10,000円(税抜)
次年度以降 10,000円(税抜)
ポイント還元率 1%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 2週間
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
入会&エントリー&ご利用で最大15,000円相当プレゼント!
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ

dカードとdカードGOLDの口コミから分かる審査難易度

マネ会は独自にクレジットカードの口コミを集めています。

そこでマネ会に寄せられた口コミから、どのような人が実際にdカードやdカードGOLDを持っているのかを分析し、独審査難易度を分析していきたいと思います。

dカードの口コミ

dカードに寄せられた口コミは下記のようなものがあります。

(40代/女性/フリーター/年収200~400万円未満)

ドコモショップに携帯電話の機種変更をしに行った時に、ショップの店員に勧められました。

 携帯電話の料金の引き落としに使うとポイントも貯まりやすく、ドコモはの携帯電話は10年以上所持しているので、ドコモという安心感もありますし、ネットもドコモ光を使っているのでポイントも貯まりやすく「お得」だと思いカードを作りました。

(30代/女性/派遣社員/年収:200〜400万円未満)

他のカード会社のポイントは、ある程度ポイントが貯まれば商品券などに替えることが出来るが、なかなか商品交換できるほどのポイントが貯まらず、有効期限が切れてしまい、使えないことがあったので、dカードの場合は、dポイントが貯まりすぐに近くのローソンやマツモトキヨシなどで利用できるのでわたしには合っていると思いdカード を作りました。

(20代/男性/会社員/年収:200〜400万円未満)

ローソンや百貨店などでポイントを貯められることを知ったため利用することになりました。また公共料金でもdカードを利用できる点や年会費が無料になる点も魅力を感じました。

他のクレジットカード会社では年会費が無料になるサービスは行っていないか、条件が厳しいですが、年1度でも使用すれば無料になるサービスがあるは好感が持てました。

マネ会に寄せられた口コミからは、フリーターの方や派遣社員の方、20代で年収が400万円未満の方でも持っている人がいることが分かります。

dカード
おすすめポイント
  • ドコモユーザーでなくてもお得!通常還元率1%!
  • 年会費が永年無料!
  • ローソンで最大5%お得!マツモトキヨシで最大4%ポイントが貯まる!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 1 〜 5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 500円
発行期間 2週間
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
入会&エントリー&ご利用で最大8,000円相当プレゼント!
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ

dカードGOLDの口コミ

dカードGOLDに寄せられた口コミは下記のようなものがあります。

(20代/女性/派遣社員/年収:200万円未満)

ドコモユーザー歴10年以上で、毎月それなりに携帯代を払っているのでなにか特典はないかなぁと思っていたところ、dカードゴールドのCMを見てポイントが溜まったり貰えたりする事がわかりました。

毎月携帯代をdカードから払っていたので、だったらdカードゴールドにした方が得だと思い、さらにキャンペーン中でドコモiDのプレゼントとあったため選びました。

(30代/女性/主婦/収入なし)

年間1万円かかりますが、携帯とインターネットがすべてドコモなので月大体利用料金の10%2,000ポイント貯まります。5ヶ月で元が取れ、1年間で24,000ポイント貯まるという点が素晴らしいです。

さらに入会特典で10,000ポイント頂いたので、ショッピングで主人のスーツや子供の洋服に換えました。 使用始めたころは使えるお店が少なかったですが、今では使える飲食店も増えたので、家族で外食するときにも気軽に使っています。

(50代/女性/個人事業主・自営業/年収:200〜400万円未満)

機種変更の際に、担当の方からご紹介があり、とても特典が多いカードであることを理解したため。

実際、年会費の支払いをしたとしても、dポイントがたくさんついたり、ローソンでの買い物でもポイントがたまったり、お得であると感じている。すでに長くドコモを使っているため、さらなる優待が受けられることも念頭において選びました。

マネ会に寄せられた口コミからは、主婦の方や派遣社員の方、20代で年収が400万円未満の方でも持っている人がいることが分かります。

このようにしてみるとdカードとdカードGOLDでは、審査の難易度に大きな差はないように見えます。

過去に支払いの遅延の履歴がある、など審査に特別不安がある方以外はより還元率の高いdカードGOLDに申し込むことをおすすめします。

dカード GOLD
おすすめポイント
  • ドコモユーザーなら利用料金の10%が還元される!
  • 3年間最大10万円のケータイ補償付き!
  • 最大1億円の海外旅行保険あり!
年会費 10,000円(税抜)
次年度以降 10,000円(税抜)
ポイント還元率 1%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 2週間
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
入会&エントリー&ご利用で最大15,000円相当プレゼント!
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ

審査通過に必須! 申込み条件を確認しよう

まずは、dカードの審査通過に必須とされる申込み条件を確認していきましょう。

というのも、申込み条件に1つでもクリアできていない条件があると、審査落ちしてしまうからです。

なおdカードとdカードGOLDでは申込み条件が違いますので、それぞれ分けて紹介していきます。

dカードの4つの申込み条件

dカードの申込み条件は以下の4つです。

dカードの申し込み条件

  • 個人名義であること(法人名義不可)
  • 満18歳以上であること(高校生を除く)
  • 支払口座が本人名義の口座であること
  • そのほかドコモが定める条件を満たしていること

上記4つの申込み条件に1つでもクリアできていない項目があると、審査に落ちてしまいます。

基本的なことであるだけに、つまずいて審査落ちの記録が信用情報に残ってしまうともったいないといえますので、十分注意してください。

ちなみに、申込み条件の最後の「そのほかドコモが定める条件」は、明確に公表はされていませんが、ドコモのスマートフォン・携帯電話の利用に関係しているといわれています。

また、「満18歳以上」という年齢条件に関しても、65歳よりも上の年齢だと審査が厳しくなり、19歳以下だとキャッシング枠を申込んでも付与されないことにも留意してください。

dカードGOLDの4つの申込み条件

dカードGOLDの新規入会申込み条件は、以下の4つです。

dカードGOLDの申し込み条件

  • 個人名義であること(法人名義不可)
  • 満20歳以上で、安定した継続収入(学生はのぞく)があること
  • 支払口座が本人名義の口座であること
  • そのほかドコモが定める条件を満たしていること

一見するとdカードと同じように感じますが、まず年齢制限が満20歳以上だという点が異なります。

また、ほかのカードにも申込んだり、dカードでの支払い実績を着実に積み重ねたりして、良好な個人信用情報を作っていくことが重要になるでしょう。

もちろん支払い遅延などはなくしておくべきですし、詳しくは後述しますが、半年間に4枚上のカードに申込むのも避けたいところです。

dカードは銀行系の会社が審査しているクレジットカードであり、審査難易度が低くはないことを考えると、次でご紹介する方法でdカードGOLDの入手を目指すのもおすすめなので、ご確認ください。

dカードGOLDはアップグレードでも入手可能

申込む方法以外にも、アップグレードでdカードGOLDを入手する方法もあります。

具体的には、dカードからグレードアップのインビテーションが届き、無料でdカードGOLDへ切り替えることができるのです。

ちなみにdカードの旧名称であるDCMXカードを含めて、dカード関連の切り替えのパターンは以下の3つが考えられます。

切り替えのパターン

  • DCMXカードからdカードへの切り替え
  • DCMXゴールドからdカードGOLDへの切り替え
  • DCMX・dカードからdカードGOLDへのアップグレード

DCMXカードは有効期限まで問題なく使えますが、dカードGOLDはお得なカードですので、もしインビテーションが届いたら切り替えを検討してみてください。

dカード審査に落ちる原因は7つ! 事前に必ずチェックしよう

基本的な申込み条件が理解できたところで、ここからは審査に落ちてしまう原因を詳しくご紹介していきます。

審査落ちの原因は、具体的に以下の7つです。

審査落ちの原因

  • クレジットカードの支払い滞納
  • 未払いのキャッシングなどがある
  • クレジットカードの利用実績が不十分
  • dカード申込み時のキャッシング枠が高額すぎる
  • 過去6ヶ月間に複数枚のカードの審査を受けている
  • 安定した個人・世帯収入がない
  • もしもの時の担保となる資産を所有していない

上記7点を事前にチェックしておくことで、審査に通る可能性を上げることができますので、それぞれじっくりと確認していきましょう。

落ちる原因①クレジットカード支払いの滞納をしたことがある

まず過去5年間にクレジットカードの支払いを滞納していないかをよく確認してください。

というのも、過去5年分のクレジットカードの利用履歴や支払い遅れ、強制解約などの情報は、指定信用情報機関で保管されているのです。

支払いの滞納情報が残っていると、返済能力への信用力が損なわれてしまいます。

過去に延滞をしてしまっているなら、審査会社に信用を疑われないように、今後は支払いの滞納は避けるべきです。

また、dカードの審査では、過去のカード利用実績を重視しているとされています。

つまり、ほかのクレジットカードで毎月利用と返済を繰り返して使用実績を積むことで、審査への信用度を上げることができますので、積極的に使用実績を作っていきましょう。

落ちる原因②未払いのキャッシングなどがある

他社からのキャッシングなどで、未払いの借入れを抱えていないでしょうか?

実は未払いの借入れがある場合も返済能力を疑われてしまい、審査に落ちてしまう可能性があるのです。

とくに未払いが続いているなら、早急に返済することが求められます。

なお、最終手段ではありますが、返済にカードローンを検討するのはおすすめです。

というのも、クレジットカードにもキャッシング機能はつけられますが、手数料を比較するとカードローンのほうが有利になっているからです。

返済手段の1つとして、カードローンという手段があることもぜひ覚えておいてください。

落ちる原因③クレジットカードの利用実績が不十分

クレジットカードの利用実績がまったくないのも審査に落ちてしまう原因になります。

利用実績がまったくない状態をスーパーホワイトといい、とくに30歳以上でスーパーホワイトだと審査会社に警戒される可能性があるのです。

というのも、自己破産やブラックリスト明けの人もスーパーホワイトの状態になり、単純にクレジットカードを作った人がない人との区別がつかないのです。

もし利用実績を作るのが難しいなら、後述する審査にとおりやすいクレジットカードに申込み、利用と返済を繰り返すことを検討してください。

落ちる原因④dカード申込時のキャッシング枠が高額すぎる

dカードを申込む際に、キャッシング枠を高額で申請してしまうと、審査に落ちてしまうリスクが高まります。

まずキャッシング枠を申請すると、カード会社は貸し倒れのリスクを慎重に検討せねばなりません。

具体的には、コンピュータと金融担当者の審査を突破しなければいけなくなり、キャッシング枠が50万円を場合は収入証明書類の提出も必要になります。

とくにキャッシング枠が年収の3分の1を超えている場合は、総量規制に引っかかって100%審査に落ちてしまいますので要注意。

信用力に自信がない場合やクレジットカードに初めて申込む場合は、キャッシング枠をなるべく低くすることを心がけてください。

ちなみに総量規制は法律であり、賃金業者に対して申込み者に年収の3分の1以上の借入れを制限しているものです。

また、そもそもキャッシングはATMなどで現金を借りられる便利なサービスですが、利率が15~18%と高いので、計画的な返済計画が求められるサービスでもあります。

仮にキャッシングでお金を借りることを目的にクレジットカードを発行したいなら、利率的にカードローンを利用するのがおすすめなことも覚えておいてください。

落ちる原因⑤過去6ヶ月間に複数枚のカードの審査を受けている

過去6ヶ月間に複数枚のクレジットカードに申込んでいないでしょうか?

一般的にクレジットカードに短期間に何枚も申込んでしまうと、多重申込み者とみなされて審査に落ちる可能性があると言われています。

なお、6ヶ月という数字には明確な根拠があり、個人信用機関のカードの申込み履歴の保存期間が6ヶ月間となっているのです。

クレジットカードの申込み数はコントロールできることですから、多重申込みにならないように気を配っておきましょう。

落ちる原因⑥安定した個人・世帯収入がない

安定した個人・世帯年収がないと、残念ながら審査に落とされる原因になってしまいます。

ちなみにクレジットカードの審査の傾向としては、収入が多いか少ないかよりも、安定して継続した収入であることの方が重要とされています。

したがって、契約社員や自営業よりも安定している正社員の方が有利ですし、同じ正社員でも勤続年数が長いほど安定しているとみなされて有利です。

もっとも、冒頭でも紹介したように主婦や学生、無職の方でもdカードの審査に通過する可能性は十分あります。

というのも、専業主婦の方なら配偶者の収入が安定していれば信用力があるとみなしてもらえますし、学生の方なら親の収入が安定していればいいのです。

また無職の方も、不動産などで継続的に収入があるならば、審査に通る可能性は十分あります。

落ちる原因⑦もしものときの担保となる資産を所有していない

万が一支払いができないという状態におちいったときの担保になりうる資産がない場合は、審査に不利になってしまいます。

たとえば自己所有の家などは審査に有利にはたらく代表的な資産です。

ちなみに担保となりうる資産は、申込み時の「住まい情報」から確認されます。

注意点としては、資産ならば一律に有利とはいえないことで、たとえばローンの有無や居住年数などによって、有利さの度合いが変わることも覚えておいてください。

したがって、審査に有利になろうとして、無理に資産を用意するのは控えた方がいいです。

dカード3つの申込み方法

ここからは、dカードの申込み方法について、ご紹介していきます。

申込み方法は全部で3つあり、具体的には以下のとおりです。

申込み方法

  • ドコモショップ
  • 書類郵送
  • dカードサイト

それぞれ注意点がありますので、ひとつずつご説明していきます。

dカード申込み方法①ドコモショップ

必要書類を持参して、ドコモショップで申込むことができます。

申込みから発行までの期間は2~4週間が目安です。

なお必要書類は以下のとおりですので、スムーズな申込みのために確認してください。

必要書類

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

どちらも複数のものが認められますので、ひとつずつ紹介していきます。

まず本人確認書類は、具体的は以下のものを用意しましょう。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • マイナンバーカードなど

顔写真つきのものだと手早くすみますし、運転免許証をもっていない場合は、対面で本人確認ができてスムーズに手続きが進むため、ドコモショップでの申込みがおすすめできます。

次の収入証明書類は以下の場合に必要になりますので、まずは必要になるかどうかを確認しましょう。

必要になる場合

  • キャッシングの希望額が50万円を超える場合
  • キャッシングの希望額と他社からの借入れが合計100万円を超える場合
  • 自営業の場合

上記に該当する場合は、収入証明書類として、以下のいずれかを持参しましょう。

収入証明書類

  • 源泉徴収票
  • 2ヶ月分の給与明細
  • 確定申告書類
  • 青色申告決済書
  • 収支内訳書
  • 納税通知書
  • 年金通知書
  • 所得証明書

なおドコモのスマートフォンなどの支払いをdカードにすると、ポイントを多く貯めることができるので、折をみて手続きしておきましょう。

dカード申込み方法②書類郵送

入会申込み書と必要書類を郵送して申込むこともできます。

本人確認書類は、ドコモショップの場合と同じになっています。

申込みから発行までは3~4週間ほどと、ほかの方法と比べて長くなる傾向にあります。

dカード申込み方法③dカードサイト

dカードサイトから申込むことで、ネットで手続きを完了させることも可能です。

必要書類はほかの方法と同様で、申込みから発行までの期間は2~3週間となっています。

審査時間を短縮することができる申込み方法でもありますので、次からポイントを紹介していきます。

審査時間を短縮できる5つのポイントを確認しよう

まず審査時間を短縮することは実際に可能であり、以下の5つのポイントを押さえることが大事だと覚えてください。

審査時間を短縮するコツ

  • Webサイトで審査を申し込む
  • 申込み時間は9~19時50分までに
  • 引き落とし口座の設定
  • キャッシング枠は0
  • キャンペーン中などは避ける

上記のポイントはdカードGOLDにもあてはまります。

ちなみに審査期間もdカードと同じ工程で進みますので、dカードGOLDだけ審査が長いということもありません。

そして、上記ポイントはコントロールできることなので、ひとつずつ確実におさえていきましょう。

短縮ポイント①Webサイトで審査を申し込む

先に軽くふれたとおり、審査を短縮したいならWebサイト(dカードサイト)で申し込む方法が前提となります。

サイトから申込んだ場合、最短5分でdカードの審査が終わるケースも実際にあるのです。

次からご紹介していくポイントもサイトからの申込みが前提となっていますので、とくに理由がなければサイトからの申込みを検討してください。

入会&エントリー&ご利用で最大15,000円相当プレゼント!
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.2 調査結果:47件
年会費: 10,000円(税抜)
次年度以降: 10,000円(税抜)
ポイント還元率: 1%
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ
公式サイトを見る
入会&エントリー&ご利用で最大8,000円相当プレゼント!
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.4 調査結果:16件
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 1 〜 5%
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ
公式サイトを見る

短縮ポイント②申込み時間は9~19時50分までに

サイトでの申込みではありますが、時間に注意が必要です。

ポイント①で述べた「最短5分」で入会審査を完了させるためには、具体的には9~19時50分まで、理想的には午前中のなるべく早い時間帯での申込み完了を目指したいです

ちなみに土日でも審査時間は変わらず24時間の申込みが可能となっています。

短縮ポイント③引き落とし口座の設定

申込みの時点で引き落とし口座の設定をしておきましょう。

後から書類を郵送することで口座の設定もできますが、当然時間がかかってしまいますし、とくにメリットもありません。

もちろん後から口座の変更も問題なくできますので、ぜひ申込み時点での口座設定をしておいてください。

短縮ポイント④キャッシング枠は0

できればキャッシング枠は0で申込みましょう。

先に紹介してとおり、審査に不利になるケースもあり、必要書類も増えてきます。

そもそも現金を借りたい場合はカードローンの方が有利なので、できるだけキャッシングはなしがおすすめです。

短縮ポイント⑤キャンペーン中などは避ける

ここまで紹介してきたポイントを抑えても、やはり申込みの数が多いと審査に数日かかかる場合もあります。

したがって、早くdカードが欲しいなら、キャンペーンを待ってからの申込みなどは避けたほうがいいでしょう。

申込みが終わったら審査状況も確認しよう

審査結果はメールで知らせてくれますが、実は審査状況をいち早く確認することができる方法がありますので、詳細を説明していきます。

  1. 「My docomo」にアクセスし、「ご契約内容の確認・変更」を選択
  2. 表示されたページ下部の契約状態を確認
  3. 「受付中」から「契約中」になれば審査に通っており、「未契約」なら審査落ち

なお審査に通っても対応すべきことがありますので、続いて紹介していきましょう。

審査に通っても油断しない! 在籍確認への対応が必要

審査に通っても必要に応じて、在籍確認が行われることを覚えておきましょう。

勤務先が実在しているかや本当に在籍しているかの確認ですので、虚偽がないことがわかるように対応が必用です。

仮に虚偽の電話番号や勤務先を書いた場合は、不正とみなされて審査が否決されてしまう可能性があります。

在籍確認は本人にかけられる場合もあり、電話にでないと次いで職場への確認になることがあります。

したがって、勤務先の情報も細かく「〇〇支店△△」などと正確に記載しておきましょう。

ちなみに「My docomo」に登録するだけも本人確認の連絡確率を下げることができます。

またカード到着前でも審査に通っているなら、dカードアプリを使えば電子マネー「iD」を使ってキャッシュバック分の2,000円を受け取ることもできますので、お試しください。

dカードの審査に落ちてしまったらほかのカードで実績作りを

残念ながらdカードの審査に落ちてしまったら、より審査にとおりやすいクレジットカードに申込んで実績を作りにはげみましょう。

というのも、6ヶ月間は同じカードに申込んでもほぼ100%審査落ちするからです。

支払い遅延などをなくして半年後に再度申込んだだけでも審査に通ることもありますが、やはり利用実績があったほうが、より有利なのはいうまでもありません。

審査に比較的とおりやすくおすすめできるカードとして以下の3枚が上げられますので、ぜひ申込んでみてください。

総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.4 調査結果:5件
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 0.5%~10.5%
【PR】Sponsored by 株式会社セディナ
公式サイトを見る
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 3.8 調査結果:12件
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 0.5%~1.5%
【PR】Sponsored by ライフカード株式会社
公式サイトを見る
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 3.7 調査結果:9件
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 0%
【PR】Sponsored by アコム株式会社
公式サイトを見る

dカードの審査まとめ

dカードの審査難易度や申込み方法、審査を短縮する方法などについて紹介してきましたが、理解は深まったでしょうか?

dカード自体、年会費が永年無料だったり、ローソンやマツモトキヨシでの還元率が高かったりと優秀なクレジットカードです。

ドコモユーザーならdカードGOLDのインビテーションも欲しいところですので、dカードで実績をつくっていくために、ぜひ早めに申込むことをご検討ください。

入会&エントリー&ご利用で最大8,000円相当プレゼント!
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.4 調査結果:16件
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 1 〜 5%
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ
公式サイトを見る
入会&エントリー&ご利用で最大15,000円相当プレゼント!
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.2 調査結果:47件
年会費: 10,000円(税抜)
次年度以降: 10,000円(税抜)
ポイント還元率: 1%
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ
公式サイトを見る
執筆者のプロフィール
manekai_editorial
マネ会 編集部

気になるけど、なかなか話しづらい。けどとても大事な「お金」のこと。 日々の生活の中の身近な節約術から、ちょっと難しい金融知識まで、知ってて得する、為になるお金の情報を更新していきます。

関連記事