更新日:

海外キャッシングは両替よりもお得で便利!おすすめクレジットカードも紹介

海外キャッシングは両替よりもお得で便利!おすすめクレジットカードも紹介

海外旅行へ行くと決まったらまず最初に頭に浮かぶのは、両替をどうするか?ということではないでしょうか。手数料の安さと安全性を兼ね備えた両替手段として、いちばんおすすめなのは、クレジットカードの「海外キャッシング」です。

キャッシングというと借金のイメージで、あまりよい印象をお持ちでない方もいると思いますが、海外キャッシングはもっとも手数料を安くおさえる両替方法です。

「なぜ海外キャッシングがおすすめなのか?」を比較するために一般的な両替方法も紹介しています。その中で、それぞれのメリットやデメリットを確認してみてください。

手数料はなるべくおさえて、その分旅行を楽しむためにおすすめのクレジットカードも紹介しています。

海外旅行で現地通貨を用意する方法

海外旅行先で現地通貨が必要になったとき、どんな両替方法があるのか?を知ることが必要ですよね。いくつか種類があるので、一般的な4つの方法をご紹介します。それぞれ、どのような特徴があるのか確認してみてください。

両替の一般的な方法とは?

一般的な両替方法は次の4つです。

両替方法

  1. 日本の両替所
  2. 現地の両替所
  3. 国際キャッシュカード
  4. クレジットカードの海外キャッシング

一般的な両替方法4つについて、それぞれメリットとデメリットを簡単に表にまとめました。詳しくはこのあとご説明しますので、まずは全体の内容を確認してみましょう。

両替方法 メリット デメリット
日本の両替所 ・日本語が通じる ・手数料が高い
・紛失・盗難のリスクが高い
海外の両替所 ・日本よりレートがいい
・旅行先で両替できる
・手数料が高い
・交換レートが変動する
・紛失・盗難のリスクが高い
国際キャッシュカード(デビットカード) ・手続きが簡単 ・手数料が高い
海外キャッシング ・手数料が安い
・紛失、盗難のリスクがない
・借金のイメージがよくない
・非対応のカードがある

海外キャッシングがおすすめな理由

ここからは、海外キャッシングをおすすめするメリットを他の両替方法との比較もふまえてご説明します。

わかりやすいように具体的な利子の計算も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

おすすめ理由
  • キャッシング手数料が安い
  • 盗難、紛失のリスクがなくなる
  • ATMをいつでも利用が可能

キャッシング手数料が安い

キャッシングについて、あまりよいイメージが無いという方も多いのではないでしょうか。キャッシング=借金となるので、クレジットカードのキャッシング枠を0円にしているという方もいると思います。

結論をいいますと、海外キャッシングが一番安く両替できます。利用するときにいちばん気になるのは高い金利だと思います。キャッシングの場合、金利が18%とかなり高い設定になっていることが多いです。

しかし、これはあくまで年率ですので、海外旅行のときに一時的に借りて、翌月にまとめて返済する場合、意外に利子は高くありません

例えば、1米ドル100円、金利18%で1,000米ドル(10万円)を海外でキャッシングし、30日後に返済するケースを考えてみます。金利18%は年利ですので、日数で割る必要があります。この場合1日あたりの金利は「10万円×0.18÷365=約49.3円」となります。

これを30日後に返済するので、支払う金利の合計は「49.3円×30日」で、約1,480円となります。日本の金融機関や空港で両替した場合、2,300円(2019年7月時点)かかるので、意外に海外キャッシングの利用料が安いことがおわかりいただけるかと思います。

海外キャッシングの場合、両替手数料はクレジットカード会社が負担してくれるため、利子のほかには海外ATM手数料が100円~200円程度かかるのみです。ATM手数料を含めても両替所よりもお得に両替できます。

紛失・盗難リスクがなくなる

海外キャッシングは現金の紛失・盗難リスクを考えるうえでも非常にメリットがあります。

両替所や国際キャッシュカード(デビットカード)では利用のたびに、手数料を支払う必要があります。両替手数料やATM手数料は、キャッシング手数料よりもずっと高額です。

高い手数料を避けるために、なるべくATMの利用回数を減らそうとすると一度に高額の両替をしなければなりません。そこで高まるのは現金の紛失・盗難のリスクです。

海外キャッシングなら、旅行中に数回に分けて利用しても手数料を安くおさえられるうえ、高額を持ち歩かなくてよくなるため安心です。

海外ATMの設置数が多く便利

空港や金融機関、ショッピングモールなど、ATMはあらゆるところに設置されています。現金が急に必要になっても、いつでもキャッシングをすることができます。

海外ではクレジットカード払いが主流な国も多いですが、小さなお店や屋台など現金しか使えないところもまだ存在しているのが現状です。

両替所をおすすめしない理由

海外旅行へいったときに、両替所を利用したことのある方はとても多いと思います。空港やホテルで簡単に現金が手に入るためという理由からだと思いますが、手数料やレートを考えるとおすすめできません。

おすすめできない理由
  • 手数料が高い
  • 場所によってレートが変動する
  • 紛失、盗難する可能性が高い

現地通貨を両替するときには為替レートではなく、両替レートが利用されます。このレートには既に手数料が含まれており、両替をする場所によってレートは変わってきます。

一般的に、流通量の多いドルやユーロは日本国内、流通量の少ないアジア圏の通貨は現地で両替したほうが、より有利なレートで交換できるといわれています。

例えば、タイバーツを日本で両替する場合、手数料が11.5%かかります。仮に10万円を両替すると、11,540円の手数料を支払わなければならず、非常に高額です。

両替所は海外にもあるので、旅行先の空港やホテルでもできます。マイナーな通貨の国へ旅行する際は、日本国内よりも手数料を安くできますが、英語や現地の言語が使えないと、取引に苦労するかもしれません。

また海外の両替所では両替手数料がかからないと表記している場合もありますが、手数料があらかじめレートに含まれているだけなので、結局は高額な手数料を支払うことになります。

以上のように、両替所は手数料が高い点が最大のデメリットです。

国際キャッシュカードをおすすめしない理由

国際キャッシュカードは、海外にいるときも日本と同じ感覚で現地通貨を引き出せるカードで、インターナショナルキャッシュカードとも呼ばれています。

現在では、各大手銀行は国際キャッシュカードのサービスを終了してしまっています。

代わりとして、VISAやMastercard、JCBなどの国際カードブランドがついたデビットカードを発行しており、現金を引き出すことができますが、事務手数料やATM手数料が使うごとにかかるため、おすすめできません。

おすすめできない理由
  • ATM手数料がかかる
  • 事務手数料がかかる

国際キャッシュカードやデビットカードの手数料は高く、利用のたびに3%程度の事務手数料とATM手数料が100円~200円ほどかかります。つまり、10万円を引き出すと3,000円ほど手数料としてかかる計算となり、海外キャッシングで同額を30日間利用した場合よりも高くなります。

海外ATMの使い方

海外キャッシングが意外にお得に利用できることはおわかりいただけたでしょうか?キャッシングができるATMは世界中の200以上の国と地域に設置されており、気軽に現地通貨を引き出すことができます。

海外ATMの操作方法がわからず不安という方に向けて、ATMの操作方法をご説明します。事前に確認して、スムーズに操作できるようにしておきましょう。

海外ATMの操作方法

それでは、一般的な海外ATMの操作方法を順をご説明します。

1.PIN(暗証番号)を入力

「ENTER PIN(暗証番号を入力)」と表示されたら、クレジットカードの暗証番号を入力します。自動的に画面が変わらない場合は、最後に「ENTER(入力)」を押します。

2.取引内容を選ぶ

「SELECT TRANSACTION(取引内容を選択)」と表示されたら、取引内容から「WITHDRAWL(引き出し)」を選択します。

3.口座を選ぶ

「SELECT SOURCE ACCOUNT」の画面が表示されたら、取引口座を選択します。クレジットカードでキャッシングする場合は「CREDIT(クレジットカード)」を選択します。

4.引き出す金額を選ぶ

「SELECT DISPENSE AMOUNT(引き出し金額を選択)」と表示されたら、引き出したい現地通貨の金額を選びます。

海外ATMではあらかじめ決められた額から選ぶのが基本です。自分で金額を入力したい場合は「OTHER(その他)」を選びます。事前に必要な金額を計算しておきましょう。

5.カード・明細書・現金を受け取る

操作はこれで完了です。忘れずにカード・現金を受け取り、明細は大切に保管しましょう。

機種によっては最終画面で取引を続けるか確認されることがあります。その場合は必ず「NO」を選択して取引を終了させましょう。

海外キャッシングを利用するときの注意点

海外キャッシングを利用する前に、いくつか注意点があります。安心で便利なキャッシングを利用するときに必要な情報ばかりですので、よく確認してみてください。

メリットを最大限に生かせない使い方をしてしまうと損をしかねません。

利用するときの注意点
  • なるべくATM手数料をおさえる
  • キャッシング機能がついているか確認する
  • ATMの場所が安全か確認する
  • 帰国後は早めに返済する

ATM手数料が無料のクレジットカードを利用する

海外キャッシングを利用するときにATM利用手数料がかかるクレジットカードと無料で使えるクレジットカードがあります。

ATM手数料は一般的には100円(税別)~200円(税別)が手数料としてかかるクレジットカードが多いようですが、クレジットカードの種類によっては、ATM手数料が無料で使えます。

できるだけコストをおさえたい方は、ATM手数料が無料になるクレジットカードをおすすめします。

ATM手数料が無料のクレジットカード

  • JCBカード
  • MUFGニコスカード
  • セディナカード

国際ブランドがJCBでも手数料は無料にならず、発行会社がJCBだとATM手数料が無料になります発行会社はカードの裏面に記載されています。

海外旅行へ行く前にクレジットカードの「カード発行会社」のチェックをしたうえで利用することをおすすめします。

JCB CARD Wの詳細
JCB CARD W
三菱UFJニコス VIASOの詳細
三菱UFJニコス VIASOカード
セディナカード jiyu!da!の詳細
セディナカード jiyu!da!
年会費
無料
無料
無料
ポイント還元率 1 〜 2% 0.5 〜 1% 0.5 〜 1.5%
発行期間 1週間程度 最短翌営業日 2~3週間程度
付帯
サービス
海外旅行保険 家族カード 国内旅行保険 電子マネー ETC ショッピング保険 海外旅行保険 家族カード 国内旅行保険 電子マネー ETC ショッピング保険 海外旅行保険 家族カード 国内旅行保険 電子マネー ETC ショッピング保険

非対応のクレジットカードもある

クレジットカードの中には、海外キャッシングができないカードもあるので注意が必要です。必ず出発前にご利用のカードが海外キャッシングに対応しているのかを確認しておきましょう。

またキャッシング枠を0円にしたままだと、借り入れができません。この点についても事前に確認してください。もし0円に設定していた場合は海外旅行前に必要なキャッシング枠を設定しておきましょう。

安全な場所、時間帯にATMを利用する

海外では、日本ほど治安がよいとはいえない地域も多いのでATMを利用する際はとくに注意が必要です。夜間の利用や混雑している路面ATMの利用は避けて、空港や金融機関に設置されているATMを利用するのがよいでしょう。

帰国後は早めに返済をする

海外キャッシングを利用すると、1日ごとに利子が加算されていきます。放置しておくとどんどん利子が増えていくので、帰国後はなるべく早めに返済するようにしましょう。

キャッシングの返済はあらかじめ返済日が決められており、基本的には次回のカード支払日に一括返済するのが一般的です。ただ、キャッシングをした日によっては、支払日までの期間が長くなり、利子が多くなってしまうことがあります。

利子をなるべくおさえたいときは、繰上返済をすることがおすすめです。繰上返済とは、実際の返済日よりも前に返済ができるサービスです。繰上返済に対応したクレジットカードをご利用の場合は、返済日を待たずに返済することで、利子をおさえることができます。

海外キャッシングおすすめクレジットカード

海外キャッシングに対応したクレジットカードをお持ちでない方はこれからご紹介するクレジットカードがおすすめです。キャッシング手数料が無料になるだけでなく、ポイント高還元や充実した海外旅行保険が付帯するなどメリットがいっぱいです。

JCB CARD W

JCB CARD W
JCB CARD Wの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • ポイントは常に2倍以上で年会費はずっと無料!
  • さらにJCBオリジナルシリーズパートナーや、Oki Doki ランド 利用でポイント大幅アップ!
  • キレイをサポートするLINDAリーグの優待も利用できる「JCB CARD W plus L」もご用意
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1 〜 2%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

\ インターネット新規入会限定キャンペーン!最大11,500円分プレゼント! /

公式サイトはこちら

\ インターネット新規入会限定キャンペーン!最大11,500円分プレゼント! /

公式サイトはこちら
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCB CARD Wは39歳以下限定で発行できるという年齢制限がありますが、年会費が永年無料、ポイント還元率が常に2倍というポイント高還元カードです。

JCBオリジナルパートナーであるショップで使うとポイントが2倍~10倍になるので、コンビニやAmazonをよく利用する方はどんどんポイントを貯めることができます。

ポイント高還元に加えて、最高2,000万円の海外旅行障害保険が付帯していますので、海外へもっていくべきおすすめなクレジットカードのひとつです。

JCB CARD Wを使用している方の口コミを紹介します。

(20代 / 女性 / 会社員 / 年収200〜400万円未満)

まず、これはお得だ!と感じた点は、海外旅行での保険がつくこと。海外出張がある私にとっては、満足できるものでした。

(40代 / 男性 / 会社員 / 年収600〜800万円未満)

年会費が無料ということが大きなポイントです。海外旅行時にレートの悪い条件で現地通貨に両替する必要がなくなるということにメリットを感じますし、ポイントを商品券に変えられることもメリットだと思います。

口コミからも海外での利用や海外キャッシングに向いていることが分かります。

三菱UFJニコス VIASOカード

三菱UFJニコス VIASOカード
三菱UFJニコス VIASOの詳細
VISA 非対応 MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費永年無料!
  • ポイントは自動で現金還元!手続き不要で、用途の制限や無駄がなし!
  • 海外旅行傷害保険サービスが付帯
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%~10.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
nanaco
SMART ICOCA
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三菱UFJニコス株式会社

VIASOカードは三菱UFJニコス株式会社が発行する年会費永年無料のクレジットカードです。国際ブランドはMastercardで海外旅行先でも多くの店舗で利用が可能です。

ポイント高還元が特徴でVIASOカード会員限定のオンラインショッピングモール「eショップ」を利用すると、通常のポイントに加えて、ボーナスポイントが加算されます。

貯めたポイントは手続不要で自動的に現金還元してもらえます。ポイントの有効期限を気にする必要がなくなるため、安心してポイントを貯めることができます。

キャッシング利用金額の一部は繰上返済に対応しており、最高2,000万円の海外旅行障害保険も付帯していますので、海外旅行でも安心して使える一枚です。

三菱UFJニコス VISAOカードを利用している方の口コミを紹介します。

(20代 / 女性 / 学生 / 収入なし)

学生にとって年会費が無料というのが、とても大きい決めてです。海外へ旅行にいったり留学に多く行く私にとって、しっかり海外旅行傷害保険サービスシステムがあった三菱UFJニコスのVIASOカードはとても便利でした。

口コミから海外での利用に向いていることがわかります。

セディナカード

セディナカード jiyu!da!
セディナカード jiyu!da!の詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費無料!
  • 毎月の支払額、お支払い方法も自由に決められる
  • 海外でのショッピングご利用でわくわくポイント3倍!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%~10.0%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
ID(アイディ)
楽天Edy(エディ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by SMBCファイナンスサービス株式会社

セディナカードは年会費が無料で、ポイント還元率が高いクレジットカードです。入会後の3ヶ月はポイント3倍です。

コンビニやスーパーでのポイント還元率が高いため、日常的に使用できるクレジットカードです。特にセブンイレブンでの利用がお得で、使用するたびに3倍のポイントが獲得できます。

貯まったポイントは、nanacoポイントへの交換も可能です。

海外キャッシングもATM手数料が無料で利用でき、繰上返済にも対応しています。

セディナカードを利用している方の口コミを紹介します。

(40代 / 女性 / 主婦 / 年収200万円未満)

海外旅行に行くのに一枚欲しいと思って作りました。キャッシング機能をつけられて海外でキャッシングすると手数料がかかりません。現地で引き出した方がお得だということもあって、キャッシングをつけてもらいました。実際少額ですが空港のATMで引き出すと確かに手数料はなかったです

(30代 / 女性 / 主婦 / 収入なし)

年会費無料だったので気軽に申し込みました。海外旅行保険などは利用したことがなかったのですが、無料なのに海外デスクなどもついていて使えるカードだと思い、今年の旅行はこちらのカードを使って旅行の手配をしました。

口コミから海外キャッシングに向いていることがわかります。

まとめ

本記事でご紹介してきたとおり、海外旅行のときの両替方法として一番のおすすめは海外キャッシングです。

あらためて重要なポイントをおさらいしてみましょう。

まとめ
  • 海外キャッシングの利子は意外に安く、お得に両替できる
  • 海外ATMを利用するときは安全な場所のATMを利用する
  • ATM手数料が無料のクレジットカードを利用する
  • 一日ごとに利子が増えるので、繰上返済を利用するなど早めの返済をする

海外旅行をするとき、両替方法によって払うべき手数料は大きく変わってきます。現地通貨が必要になったら、お得な両替方法である海外キャッシングを選べば、海外旅行で不要な出費がなくなり、旅行をより楽しむことができると思います。

その際には、ATM手数料が無料のクレジットカードを使うとさらにお得になるということをおぼえておきましょう。

学生時代には月間1,000万PV規模のWebメディアでインターンを経験。 SI系のベンチャー企業での勤務を経て、2017年に株式会社サイバーエージェント入社ののち株式会社CyberSS(現:CyberOwl)に異動。 クレジットカードはアメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)とJAL Global WALLET、キャッシュレスではLINE Payを愛用中。 釣りが趣味で船、陸問わず釣りに行く。どこかにマイルを使って南の島に釣りに行くのが目標。

梶原 健介の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事