更新日:

海外キャッシングで両替が一番おすすめ!両替方法や注意点についても徹底解説

海外キャッシングで両替が一番おすすめ!両替方法や注意点についても徹底解説

海外旅行で必要な現地通貨をどうやって用意しようとお悩みではないですか?

両替する方法はいくつかあり、それぞれ手数料が異なります。手数料はなるべくおさえて、その分旅行を楽しみたいですよね。

手数料の安さと安全性を兼ね備えた両替手段としておすすめなのが、「海外キャッシング」です。

キャッシングというと借金のイメージで、あまりよい印象をお持ちでない方もいるのではないでしょうか。しかし、実は海外キャッシングもっとも手数料を安くおさえる両替方法です。

この記事では、海外キャッシングの他にも両替方法を紹介しつつ、それぞれメリットやデメリットを比較した上で、「なぜ海外キャッシングがおすすめできるのか?」を解説します。

海外旅行で現地通貨を用意する方法

海外旅行に行く際には、現地通貨を用意する必要がありますが両替方法はいくつか種類があります。そのなかでも主な方法として、4つご紹介します。それぞれ、どのような特徴があるのか確認してみてください。

両替の主な方法とは?

主な両替方法は次の4つです。

主な両替方法

  • 日本の両替所
  • 現地の両替所
  • 国際キャッシュカード
  • クレジットカードの海外キャッシング

これらの4種類について、それぞれメリットとデメリットを簡単に表にまとめました。詳しくはこのあとご説明しますので、まずは全体の概要を確認してみてください。

両替方法 メリット デメリット
日本の両替所 日本語が通じる ・手数料が高い
・紛失・盗難のリスクが高い
海外の両替所 ・日本国内での両替よりもレートや手数料がおさえらる場合がある
・旅行先で両替できる
・手数料が高い、もしくは交換レートが悪い
・両替所により交換レートが変動する
・紛失・盗難のリスクが高い
国際キャッシュカード(デビットカード) 手続きが簡単 手数料が高い
海外キャッシング ・手数料が安い
・紛失・盗難のリスクをおさえられる
・借金に対するイメージが良くない
・クレジットカードによっては非対応

クレジットカードキャッシングがおすすめな理由

ここからは、クレジットカードキャッシングをおすすめする理由を他の両替方法との比較もふまえてご説明します。

わかりやすいように具体的な金利の計算も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

海外キャッシング利用手数料は思っているほど高くない

キャッシングについて、あまり良いイメージが無いという方も多いのではないでしょうか。キャッシング=借金なので、クレジットカードのキャッシング枠を0円にしているという方もいるかと思います。

ですが、海外旅行のときには海外キャッシングが一番安く両替できるのでおすすめです。

海外キャッシングを利用するときに気になるのは金利ですよね。キャッシングの場合、金利が18%程度とかなり高くなっています。

しかし、これはあくまで年率ですので、海外旅行の際に一時的に借りて、翌月にまとめて返済する場合は意外に利息はかかりません

例えば、1米ドル100円、金利18%で1,000米ドル(10万円)を海外でキャッシングし、30日後に返済するケースを考えてみます。金利18%は年利ですので、日数で割る必要があります。この場合1日あたりの金利は「10万円×0.18÷365=約49.3円」となります。

これを30日後に返済するので、支払う金利の合計は「49.3円×30日」で、約1,480円となります。日本の金融機関や空港で両替した場合、2,300円(2019年7月時点)かかりますので、意外に海外キャッシングの利用料が安いことがおわかりいただけるかと思います。

両替手数料はクレジットカード会社が負担してくれるため、金利のほかには海外ATM手数料が100円~200円程度かかるのみです。ATM手数料を含めても両替所よりもお得に両替できます。

海外キャッシングは紛失・盗難リスクにもメリットあり

両替手数料がかからず、追加でキャッシングしたい場合も数百円のATM手数料だけで両替できる海外キャッシングは現金の紛失・盗難リスクを考えるうえでも非常にメリットがあります。

両替所や国際キャッシュカードでは利用のたびに手数料を支払う必要があります。その手数料はATM手数料よりもずっと高額です。

高い手数料を避けるために、なるべく利用回数を減らそうとすると一度に高額の両替をしなければなりません。そこで高まるのは現金の紛失・盗難のリスクです。

海外キャッシングなら、旅行中に数回に分けて利用しても手数料を安くおさえられるうえ、高額を持ち歩かなくてよくなり安心です。

両替所をおすすめしない理由

両替といえば、金融機関や空港の両替所が一般的にはイメージしやすいですよね。

たしかに両替所は日本国内で手続きできますし、日本語が使えるという安心感もあります。しかし、手数料を考えると非常に高額ですのでおすすめしません。

通貨を両替する際には為替レートではなく、両替レートが利用されます。この両替レートには手数料が含まれていますが、両替する場所によって両替レートは変わってきます。

一般的に、流通量の多いドルやユーロは日本国内、流通量の少ないアジア圏の通貨は現地で両替したほうが、より有利なレートで交換できるといわれています。

例えば、タイバーツを日本で両替する場合、両替手数料が11.5%(2019年7月時点)かかります。仮に10万円を両替すると、11,540円の手数料を支払わなければならず、非常に高額です。

もちろん両替所は海外にもあるので、旅行先の空港やホテルで両替することもできます。

マイナーな通貨の国へ旅行する際は、日本国内で両替するよりも手数料を安くできますが、英語や現地の言語が使えないと、取引に苦労するかもしれません。

また海外の両替所では両替手数料がかからないと表記している場合もありますが、手数料があらかじめ両替レートに含まれているだけなので、結局は高額な手数料を支払うこととなります。

以上のように、両替所は手数料が高い点が最大のデメリットです。手数料をおさえるために利用回数を少なくすると、高額な現金を持ち歩かなければいけないので、紛失・盗難のリスクが高くなります。

両替といえば、両替所というイメージですが、手数料や紛失・盗難のリスクからおすすめできません。

国際キャッシュカードをおすすめしない理由

国際キャッシュカードは、海外でも日本と同じ感覚で現地通貨を引き出せるカードで、インターナショナルキャッシュカードとも呼ばれています。

利用方法は簡単で、日本での利用と同様に海外ATMで引き出しをすれば、日本の銀行口座から直接現金を引き出せるというものです。しかし、各大手銀行は国際キャッシュカードのサービスを終了してしまっています。

代わりとして、VISAやMastercard、JCBなどの国際カードブランドがついたデビットカードを発行していますので、同様のサービスを利用したい場合は、デビットカードを利用することになります。

しかし、国際キャッシュカードやデビットカードの手数料は高く、利用のたびに3%程度の事務手数料とATM手数料が100円~200円ほどかかります。つまり、10万円を両替すると3,000円程度は手数料としてかかるので、海外キャッシングで同額を30日間利用した場合よりも高くなります。

海外でATMを操作するという点については、海外キャッシングと同じなので、手数料を考えるとあまりおすすめではありません。

海外でのクレジットカードキャッシングの利用方法

海外キャッシングは意外にお得に利用できることはおわかりいただけたでしょうか?海外キャッシングに対応したATMは世界中の200以上の国と地域に設置されており、気軽に現地通貨を引き出すことができます。

ここからは海外ATMの操作方法がわからず不安という方に向けて、ATMの操作方法をご説明します。事前に確認して、スムーズに操作できるようにしておきましょう。

海外ATMの操作方法

それでは、一般的な海外ATMの操作方法を順を追ってご説明します。

1.PIN(暗証番号)を入力

「ENTER PIN(暗証番号を入力)」と表示されたら、クレジットカードの暗証番号を入力します。自動的に画面が変わらない場合は、最後に「ENTER(入力)」を押します。6桁の番号を要求された場合でも4桁を入力した後「ENTER」を押せば問題ありません。

※機種によっては暗証番号に続けて「00」を入力しなければいけない場合もあります。

2.取引内容を選ぶ

「SELECT TRANSACTION(取引内容を選択)」と表示されたら、取引内容から「WITHDRAWL(引き出し)」を選択します。

3.口座を選ぶ

「SELECT SOURCE ACCOUNT」の画面が表示されたら、取引口座を選択します。
クレジットカードでキャッシングする場合は「CREDIT(クレジットカード)」を選択します。

4.引き出す金額を選ぶ

「SELECT DISPENSE AMOUNT(引き出し金額を選択)」と表示されたら、引き出したい現地通貨の金額を選びます。

海外ATMではあらかじめ決められた額から選ぶのが基本です。自分で金額を入力したい場合は「OTHER(その他)」を選びます。事前に必要な金額を計算しておきましょう。

5.カード・明細書・現金を受け取る

操作はこれで完了です。忘れずにカード・現金を受け取り、明細は大切に保管しましょう。

機種によっては最終画面で取引を続けるか確認されることがあります。その場合は必ず「NO」を選択して取引を終了させましょう。

海外キャッシングを利用する際の注意点

海外キャッシングを利用する前に、いくつか注意点があります。

ここからは主な注意点をまとめてお伝えします。安心・安全に利用するために必要な情報ばかりですので、よく確認してみてください。

海外キャッシングでは、ATM利用手数料が発生する

繰り返しになりますが、海外キャッシングを利用する際にATM利用手数料がかかります。一般的には100円(税別)~200円(税別)が手数料としてかかるクレジットカードが多いようです。

他の方法に比べて安く両替できる点は海外キャッシングのメリットですが、なるべく手数料はおさえたいですよね。

思っていたよりも現金を使ってしまい、足りなくなった場合、さらにATMの手数料がかかってしまいます。

こういったケースを防ぐため、事前に旅行先の物価を確認しご自分の旅行プランに合わせて1日に必要な金額を確認しておきましょう。

海外キャッシングに対応していないクレジットカードもある

クレジットカードのなかには、海外キャッシングに対応していないカードもあるので注意が必要です。必ず出発前にご利用のカードが海外キャッシングに対応しているのかを確認しておきましょう。

またキャッシング枠を0円にしたままだと、借り入れができません。この点についても事前に確認してください。もし0円に設定していた場合は旅行中に必要な分のキャッシング枠を設定しておきましょう。

為替レートは利用前に確認しておく

海外ATMの中には、通常よりも10%以上も手数料を上乗せしたレートを提示してくるATMが存在します。事前に為替レートを確認しておかないと、提示されているレートが適正なのかどうか判断ができません。

事前にレートを確認すること、高すぎるレートが提示された場合は「CANCEL」を押し、取引を終了することを心がけてください。


万が一高額すぎるレートが表示される場合は、そのATMは避け別のATMを利用しましょう。銀行や空港に設置してあるATMでは一般的なレートが提示される機器が多いようです。

安全な場所、時間帯にATMを利用する

海外では、日本ほど治安が良いとはいえない地域も多いのでATMを利用する際はとくに注意が必要です。夜間の利用や混雑している路面ATMの利用は避けて、空港や金融機関に設置されているATMを利用するのがよいでしょう。

現金やクレジットカードの取り出しを手早く

現金やクレジットカードの取り出しはなるべく手早くおこないましょう。現金の取り出しが遅いと、機械に回収されてしまうことがあります。

なるべくスムーズに取引できるよう、ATMの操作前にもう一度操作方法を確認しておくことをおすすめします。

帰国後は早めの返済がおすすめ

キャッシングを利用していると、1日ごとに金利が加算されていきます。放置しておくとどんどん金利が増えてしまうので、帰国後はなるべく早めに返済するようにしましょう。

キャッシングの返済はあらかじめ返済日が決められていて、基本的には次回カード支払い日に一括返済となります。

繰上返済といって、返済日よりも前に全額返済することができるクレジットカードもありますので、繰上返済に対応したクレジットカードをご利用の場合は、返済日を待たずに返済すればさらに金利を安くおさえることができます。

海外キャッシング対応のおすすめクレジットカード

海外キャッシングに対応したクレジットカードをお持ちでない方はこれからご紹介するクレジットカードがおすすめです。

キャッシングだけでなく、ポイント高還元や充実した海外旅行保険が付帯するなどメリットがいっぱいです。

VISAブランドの定番カード!三井住友VISAカード

三井住友カード
キャンペーン中!今なら最大8,000円分プレゼント!
三井住友カードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 世界シェアNo.1!VISAブランドの定番カード!
  • 毎年つかえば年会費は実質無料!
  • 国内保険だけでなく手厚い海外保険も!必要なモノは全て揃うのでメインカードにピッタリ!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 1,250円(税抜) 0.5%~1.0%
電子マネー
ID(アイディ)
WAON(ワオン)
PiTaPa(ピタパ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

三井住友VISAクラシックカードは三井住友カードの中でも定番のカードです。初年度年会費は無料で、月々の利用金額はリボ払い形式で返済する「マイ・ペイすリボ」を利用すれば、2年目以降も年会費が無料です。

リボ払いの毎月の支払金額は簡単に設定と変更ができるので、リボ払い金額をカードの利用限度額と同額に設定しておけば、リボ払い手数料はかからず、年会費無料の特典だけを受けることができます。

もちろん海外キャッシングを利用できて、繰上返済にも対応しています。

さらに、海外旅行障害保険は最高2,000万円と手厚い保険が付帯している三井住友VISAカードは、海外旅行に持っていくのにおすすめの一枚です。

JCB CARD W

JCB CARD W
キャンペーン中!今なら最大14,000円分プレゼント!
JCB CARD Wの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • WEB入会限定カード
  • 年会費永年無料!
  • ポイント還元率は常に2倍以上
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.1 〜 2%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCB CARD Wは39歳以下でないと発行できないという年齢制限がありますが、年会費が永年無料でポイント還元率が2倍以上というポイント高還元カードです。

Amazonショッピングでもポイントが2倍貯まるので、ネットショッピングをよく利用する方はどんどんポイントを貯めることができます。

ポイント高還元に加えてJCB CARD Wも最高2,000万円の海外旅行障害保険が付帯していますので、39歳以下の方にイチオシの一枚です。

VIASOカード

三菱UFJニコス VIASOカード
キャンペーン中!入会特典で最大10,000円相当のポイントプレゼント!
三菱UFJニコス VIASOの詳細
VISA 非対応 MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費永年無料!
  • ポイントは自動で現金還元!手続き不要で、用途の制限や無駄がなし!
  • ETC、携帯電話、インターネット利用料金がポイント2倍!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%~10.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
nanaco
SMART ICOCA
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三菱UFJニコス株式会社

VIASOカードは三菱UFJニコス株式会社が発行する年会費永年無料のクレジットカードです。国際ブランドはMastercardなので多くの店舗で利用が可能です。

VIASOカードはポイント高還元が特徴でVIASOカード会員限定のオンラインショッピングモール「eショップ」を利用すると、通常のポイントに加えて、ボーナスポイントが加算されます。

貯めたポイントは手続不要で、自動で現金還元してもらえます。ポイントの有効期限を気にする必要がなくなるので、安心してポイントを貯められますよ。

キャッシング利用金額の一部繰上返済に対応しており、最高2,000万円の海外旅行障害保険も付帯していますので、海外旅行でも安心して使える一枚です。

海外キャッシングで両替のまとめ

本記事でご紹介してきたとおり、海外旅行時の両替では海外キャッシングが一番おすすめです。

あらためて重要なポイントをおさらいしてみましょう。

まとめ
  • 海外キャッシングの金利は意外に安く、お得に両替できる
  • 海外ATMを利用するときは人通りの多い場所のATMを利用する
  • 一日ごとに金利がかかるので、繰り上げ返済を利用するなど早めの返済を心がける

両替方法によって、手数料は大きく変わってきます。

海外キャッシングでお得に両替して、さらに充実した旅行を楽しんできてくださいね。

学生時代には月間1,000万PV規模のWebメディアでインターンを経験。 SI系のベンチャー企業での勤務を経て、2017年に株式会社サイバーエージェント入社ののち株式会社CyberSS(現:CyberOwl)に異動。 クレジットカードはアメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)とJAL Global WALLET、キャッシュレスではLINE Payを愛用中。 釣りが趣味で船、陸問わず釣りに行く。どこかにマイルを使って南の島に釣りに行くのが目標。

梶原 健介の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事