更新日:

国際ブランドとは?VISA、Mastercard、JCBを始めとした7大国際ブランドについて解説!

国際ブランドとは?VISA、Mastercard、JCBを始めとした7大国際ブランドについて解説!

VISA、Mastercard、JCBが選べるけど何が違うの?どうやって選べばいいの?

初めてクレジットカードを作る方の中には、このように国際ブランド選びに迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

クレカ払いができれば良いか、ということで適当に国際ブランドを選択する方もいると思います。

ですが、国際ブランドの選択がクレジットカードの使い方に大きく影響することもあります。

ここでは国際ブランドとは何か、国際ブランドにはどんな種類があり、それぞれどんな特徴があるのかを解説します。

後半ではVISA、Mastercard、JCBを始めとした国際ブランドがどんな人に向いているのか、もご紹介しますので、これからクレジットカードを作る方は、国際ブランドをしっかり理解して自分にピッタリのクレジットカードを作りましょう。

【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社
【PR】Sponsored by 株式会社オリエントコーポレーション
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)

国際ブランドとは

国際ブランドとは、世界中で24時間クレジットカード決済ができるシステムを提供している会社の事です。

日本で有名な国際ブランドとしては、VISA、Mastercard、JCB、American Express(アメリカン・エキスプレス、アメックス)、Diners Club(ダイナースクラブ)の5つがあり、これらは総称して5大国際ブランドと呼ばれます。

しかし、新興の国際ブランドである銀聯(ぎんれん)とDiscoverも含めて7大国際ブランドと呼ばれることもあります。

カードに付いているものと同じ国際ブランドのマークを店頭などに掲示している店舗は加盟店と呼ばれ、同じマークがクレジットカードに載っていれば、持っているクレジットカードで支払い可能になります。

逆に持っているクレジットカードの国際ブランドにお店側が対応していなければ、カードを持っていても利用する事はできません。

国際ブランドは、店舗だけでなく国や地域によって対応している種類が違うため、海外旅行に行った際に持っているクレジットカードが使えない事が起こる可能性があります。
 
これが、クレジットカードを作る際に国際ブランドの選択が重要になる一番の理由です。

国際ブランド自身が発行する「プロパーカード」

7大国際ブランドの中には、VISAやMastercardのように決済システムだけを提供している会社だけでなく、JCBのように自社でもクレジットカードを発行している会社もあり、提供会社ごとにサービスに幅があります。

国際ブランド会社が発行しているクレジットカードはプロパーカードと呼ばれ、旅行や娯楽に関する質の高い特典が付帯しているのが特徴です。

プロパーカードの中にはゴールド、プラチナ、ブラックなどハイステータスのカードもあります。

ゴールド以上のカードの中には、一般のプロパーカードを利用して、信用実績を積み上げてインビテーション(招待)を受けなくては持つ事ができないものもあります。

ゴールドカードのインビテーションが届く条件は?審査・年会費無料などまとめて紹介
ゴールドカードのインビテーションを受ける条件、インビテーションのメリットやデメリット、さらにプラチナカードやブラックカードのインビテーションまで徹底解説します。

上記のように、国際ブランドには決済に特化した「決済カードブランド」と、旅行・娯楽など高品質特典を付帯したプロパーカードを自社でも発行する「T&E(Travel & Entertainment)カードブランド」があります。

決済カードブランドにはVISAやMastercardが当てはまり、T&EカードブランドにはJCB、アメックス、ダイナースが当てはまります。

7大国際ブランドを紹介

ここでは、各国際ブランドを決済高の多いものから順に(2015年時点のデータ)、簡単に特徴や代表的なクレジットカードをご紹介していきます。

VISA(ビザ)

VISAはバンク・オブ・アメリカが設立した企業で、アメリカ生まれの国際ブランドです。

VISAを説明する上で特筆すべてきなのは、シェアの高さです。

2015年に世界中で利用されたクレジットカード売上の内、VISAによって支払われたものは58%にも及び、クレジットカード売上は世界1位となっています。世界売上の半分以上を占めているのは驚きですね。

このシェアの高さからも分かるように、VISAは世界の多くの場所で利用されており、現在では200以上の国と地域で利用できます。

海外旅行をするなら、最もオススメできる国際ブランドとも言われており、発祥の地であるアメリカはもちろんのこと、アジア、アフリカ、ヨーロッパでも広くサービスを展開しています。

数ある国際ブランドの中で最も広く親しまれてると言っても過言ではありません。


海外だけでなく日本国内でもトップクラスの加盟店数を誇り、国内でクレジットカードが使えるお店ならほぼVISAに対応しています。

また、VISAはプロパーカードを発行せず、決済システムだけを提供しています。知名度の高い三井住友VISAカードも、VISAのプロパーカードではなく、提携している三井住友が発行する「提携カード」という扱いになります。

Visaカードとは?世界中の決済を支える国際ブランドの仕組みとおすすめVisaカード
誰もが知っているVisaカード。Visaカードは国際ブランドとして世界中に流通していますが、その仕組みは意外に知られていません。日本国内だけでなく海外でも便利に使えるVisaカードは、日常のお買物のほか、海外旅行用にも人気。またランクの高いVisaゴールドカードやVisaプラチナカードにはそのステータスを実感できる豪華な特典も。この記事を読めばあなたに合ったVisaカードがきっと見つかります。

Mastercard(マスターカード)

「お金で買えない価値がある、買えるものはMastercardで」のCMでおなじみのMastercard。

こちらもアメリカ発祥の企業で、国際ブランドの中ではVISAと並んで2大ブランドとして知られています。世界の210の国と地域で利用でき、2015年の売上シェアは26%で世界第2位の規模です。

以前はVISAがアメリカで強いのに対し、Mastercardはヨーロッパに強いと言われていました。

しかし、現在では加盟店の数もVISAに匹敵するほど多くなっており、VISAが使える場所であれば、Mastercardも同じように使える場合が多いです。

そのため、既にMastercardのクレジットカードを持っていれば、海外旅行に行くために他の国際ブランドのクレジットカードを作らなくとも問題ありません。

なお、Mastercardも自社ではクレジットカードを発行しておらず、提携カードのみとなります。

Mastercardの悪評は過去のもの

Mastercardにはかつて「マイナーマスター問題」という問題があり、年配の方の中にはあまり良いイメージを持っていない方もいるかもしれません。

簡単に説明すると、マイナーマスター問題とはMastercardの加盟店であるにも関わらず、クレジットカードの種類によってはMastercardで決済できないという問題です。

これは複数のクレジットカード会社が別々に互換性のないシステムを導入したことが原因で起こりました。

現在では互換性のあるシステムを導入しているため、更新せずに古いシステムを利用し続けていない限り起こらない問題と言われています。

銀聯(ぎんれん)

銀聯は中国発祥の国際ブランドで、2015年の売上シェアは10%で、世界第3位になります。

クレジットカードを持っている方でも、銀聯については知らない方が多いのではないでしょうか?銀聯がサービスを開始したのは2002年からで、国際ブランドの中では後発の部類に入ります。

しかし、中国の経済発展に伴い利用者が増加し、現在ではMastercardに次ぐシェアを獲得するまでに成長しました。

銀聯は中国を中心に展開しており、長期出張や旅行などで中国を訪れる方にオススメの国際ブランドです。しかし、日本で報道されている中国のイメージからすると、その信用度に不安を覚える方もいるかもしれません。

ですが、その点は安心して下さい。通常のクレジットカードでは4桁の暗証番号を設定しますが、銀聯のカードでは安全性を強化しており、暗証番号の設定が6桁となっています。

さらに利用の際は必ずサインが必要となっているため、普通のクレジットカードよりも不正利用されにくいようしっかり対策がされています。

日本では三井住友、三菱UFJニコス、ANAが銀聯ブランドのカードを発行しており、既にお持ちのクレジットカードに追加して発行するという形が一般的です。

American Express(アメリカンエキスプレス)

American Expressもアメリカ発祥の国際ブランドで、2015年の売上シェアは3%で世界第4位です。世界的にステータス性が高い事でも知られており、海外では会計時にAmerican Expressのカードを出すと、明らかに従業員の態度が変わるという逸話もあります。

日本でもステータスの高いカードとして知られおり、アメックスという呼び名で親しまれています。

高級路線のため、かつては国内で使える場所が少ないと言われていましたが、現在ではJCBと提携を結び、JCBに対応している場所であれば利用できるようになっています

プロパーカードも発行

American Expressは決済システムだけでなく、プロパーカードも発行しており、一般カードのアメリカン・エキスプレス・カードの他にゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードを発行しています。

この内、プラチナカードとブラックカードは、インビテーション制(招待制)のカードとなっており、プロパーの一般カードかゴールドカードを利用して、American Expressに認められた方だけが所有することができます。

また、American Expressのカードは年会費が高い傾向があり、プロパーカードの中で1番お手頃のアメリカン・エキスプレス・カードですら、他のカード会社が発行するゴールドカード並の年会費がかかります。

しかし、その分American Express独自のサービスもあり、高い年会費にふさわしい特典も付帯されています。

アメックスを徹底解説!気になるゴールド、プラチナの特典から審査基準まで紹介!
アメックスのクレジットカードには、アメックスが発行しているプロパーカードと、提携カードがあります。ゴールドカード、プラチナカード、センチュリオンのカード紹介と、ANAなど航空会社との提携でアメックス発行のカードの中からおすすめのカードの審査、サービス、特典、ポイント制度について徹底解説します。

JCB(ジェイシービー)

JCBは日本発祥の国際ブランドで、2015年の売上シェアは1%で世界5位です。
 
世界21の国と地域でサービスを提供しており、加盟店数は3100万以上に上ります。

世界的な売上では第5位となっていますが、国内では売り上げ、加盟店数共に1位で日本で利用するなら1番オススメの国際ブランドと言えます。

JCBは海外に弱いは過去の話

JCBは海外に弱いと言われてきました。これは日本人に人気のハワイ、グアム、台湾、香港などでは利用できるが、観光地から離れるとアメリカやヨーロッパであっても対応していない事が多いためです。

しかし、海外に行くなら他の国際ブランドを選んだ方が良いというわけではありません。

まず加盟店の問題ですが、これはAmerican ExpressやとDISCOVERとの提携により、少しずつ解消されつつあります。独自に1つ1つ加盟店を開拓するよりも、他のブランドと提携を結んだ方が一気に加盟店が増えるため、今後もこの方法と併せて加盟店を増やしていくと考えられます。

そしてJCBには、世界60ヶ所で海外旅行をサポートするJCBプラザというサービスがあります。
 
このサービスはホテルやレストランの予約や、海外旅行時の相談などを日本語で行っており、頼れる人がいない海外で日本語で相談ができるというのは大きな強みになると考えられます。

プロパーカードも発行

JCBはプロパーカードも発行しています。JCBのプロパーカードは、American ExpressやDiners Clubのものと比べると比較的に取得しやすい傾向があります。

使い続けていけば、プラチナカードにインビテーション(招待)されることもあるため、日本のステータスカードが欲しいという方にオススメです。

Diners Club(ダイナースクラブ)

Diners Clubはアメリカ発祥の国際ブランドで、2015年の世界売上シェアは1%です。
 
世界185以上の国と地域で利用でき、加盟店の数は3,000万を超えています


American Expressと並んで2大ステータスブランドとして知られており、一昔前は一般人がDiners Clubのクレジットカードを作ることはとても難しいとされていました。

現在では昔ほど取得するのが難しいわけではありませんが、提携カードを発行している企業はブランド性の高い商品を扱っている企業が多く、今でも上流階級に向けたブランドであることは間違いありません。

そのため、カードの年会費も高い傾向にあり、加盟店も上流階級に向けた場所が多くなっています。一般人が国内で利用するにはやや使いにくいかもしれませんが、考え方によってはそれがステータスが高いことの証明とも言えます。

近年では後述するDISCOVERと提携を進めており、DISCOVERが利用できる一部の店舗でも利用できるようになってきています

プロパーカードも発行

Diners Clubはプロパーも発行しています。Diners Clubのプロパーカードの最大の特徴は利用限度額に制限がないという点です。

通常クレジットカードでは、カードごとの最大限度額が決められており、利用者の返済能力を加味してこの枠内で個人ごとの限度額が決められます。

しかしDiners Clubのプロパーカードではカードの最大限度額を設定していないため、返済能力が認められばどこまでも限度額を上げる事ができます。

さらにDiners Clubにはインビテーション制のブラックカードもあり、プロパーを使い続けてDiners Clubに認められば、ブラックカードを取得する事もできます。

ゴールドカード23枚の限度額を徹底比較!限度額の決まり方や利用上限を上げる方法を紹介
クレジットカードには、支払いに利用できる最大の限度額が設けられています。実際、利用限度額=信用という話をよく耳にするので、ステータスの高いゴールドカードは、利用限度額に関しても優遇されているのではと考える方も多いはずです。実際は最大200万円~300万円が利用限度額になります。利用限度額は支払い能力やクレジットヒストリーで決まります。

DISCOVER(ディスカバー)

DISCOVERはアメリカ発祥の国際ブランドで、2015年の世界売上シェアは1%です。
7大国際ブランドの中では1番の後発ブランドであり、加盟店数は400万以上、会員数は5,000万に以上となっています

主にアメリカを中心に展開していましたが、JCB・銀聯と提携を行い日本、中国、韓国、シンガポール、タイでも利用ができるようになりました。

2016年時点では日本でDISCOVERブランドのクレジットカードを発行している会社はありませんが、JCBと提携を結んでいるため、JCB加盟店で利用できます。

こんな人にはこの国際ブランドがおすすめ!

ここまでは各国際ブランドの特徴を簡単にご紹介してきました。
 
「結局、自分にはどのブランドがオススメなの?」という方のために、ここでは用途別でおすすめ国際ブランドとカードをご提案していきます。

日本を出ることなんて殆どない、という方にはJCB

直近では海外に行く予定は無く、日本でしかクレジットカードを使わないよ、という方には間違いなくJCBをおすすめします。

ご説明したとおり、JCBは国内では圧倒的な加盟店数ですので、国内でのクレジットカード決済にはほぼ困らないでしょう。

オールマイティなクレジットカードとしてはJCB一般カード、良くネットショッピングを利用されるという方には楽天カードオリコカードなどをおすすめします。

JCB一般カード
おすすめポイント
  • オンライン入会で初年度年会費無料!
  • 国内・海外旅行保険は最大3000万円!
  • 海外の利用ではポイントが2倍に!
年会費 無料
次年度以降 1,250円
ポイント還元率 0.5%~2.5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 1週間
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー
楽天カード
おすすめポイント
  • 年会費永年無料の業界大人気クレカ!
  • ポイントは電子マネー「楽天Edy」にも交換可能!
  • 楽天Payの決済を楽天カードにすると最大で還元率1.5%にアップ!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 1.0%~4.0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 540円
発行期間 7営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社
オリコカード THE POINT
おすすめポイント
  • 年会費が永年無料で、ポイント還元率は常に1%以上
  • 入会後6ヶ月間は、ポイント還元率が2倍の2%!
  • 貯まったポイントはamazonやiTunes、LINEのギフトに即交換可能!!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 1.0%~2.0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 最短8営業日
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社オリエントコーポレーション

海外に行くのでクレカが欲しい、という方にはVISAかMastercard

旅行や出張で海外に行くという方にはVISAとMastercardがおすすめです。

この2大ブランドは、世界の多くの場所でサービスを提供しており、加盟店の数も他のブランドに大きく差を付けています。

また、基本的には飛行機で渡航される方が殆どでしょうから、折角ならマイルの貯まるクレジットカードをご用意されてはいかがでしょうか?

VISAでもMastercardでも、ANAカードJALカードにお申込みされることをおすすめします。

また、渡航先によってもおすすめの国際ブランドは変わります。アメリカならVISA、ヨーロッパで利用する場合はMastercardがおすすめです。

最近ではVISA・Mastercardにはあまり差がないと言われていますが、Mastercardは2000年代にヨーロッパを中心にサービスを展開していたユーロカードと合併しているため、ヨーロッパにおいては多少Mastercardが有利と考えられます。

なお、例外的にハワイやグアムに渡航される場合はJCBでも良いでしょう。

日本人が良く旅行する国・エリアについては、JCBも優先的に加盟店を増やしているようです。

アジアで利用するならJCBか銀聯カード

アジアに強いブランドはJCBと銀聯です。特に中国では銀聯が圧倒的で、中国に行く際は迷わず銀聯カードで良いでしょう。JCBは国内だけでなく、日本人観光客が多い韓国、台湾、シンガポールなどでも広くサービスを展開しています。

国内で発行できる銀聯カードは少なく、銀聯ブランドのみ欲しい、という方は三井住友銀聯カードをおすすめします。アジア地域の旅行向けにJCBが欲しいという方は、マイルの貯まるJCB一般カード/プラスANAマイレージクラブ、もしくはJALカードをおすすめします。

三井住友銀聯カード、ANA銀聯カードのご案内。銀聯カードは中国への出張やご旅行で便利に使えるショッピング専用カードです。銀聯カードのお申し込みはこちら!

ステータスカードの豪華な優待特典を受けたい方はアメックスかダイナース

ステータスカードと言えば間違いなくおすすめできる国際ブランドはアメックスとダイナースです。

特に、アメックスとダイナースのプロパーカードはステータスの証として有名です。いずれも一定以上の所得がある方にしか発行されず、年会費も10,000円以上かかってしまいますが、その分、レストラン、ホテル、旅行、ゴルフ、コンサート、その他エンターテイメント分野などで様々な優待特典が用意されています。

アメックスブランドでインビテーション不要のハイステータスカードとしてはアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード、ダイナースではダイナースクラブカードをおすすめします。

アメリカン・エキスプレス®・カード
おすすめポイント
  • 国内200以上のレストランの優待特典や多様なエンターテイメントの優待特典あり!
  • 最高5,000万円の旅行傷害保険の保証も充実!
  • 貯めたポイントを一度アイテムと交換するとポイント有効期限が無期限に!
年会費 12,000円
次年度以降 12,000円
ポイント還元率 0.333%~0.4%
マイレージ還元率 0.5%~1.0%
ETC年会費 無料
発行期間 約2~3週間
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
ダイナースクラブカード
おすすめポイント
  • 会員様を信頼しての利用限度額に一律の制限なし!
  • 国内外850ヵ所以上の空港ラウンジが無料!
  • 最高1億円の旅行保険が付いているから安心!
年会費 22,000円
次年度以降 22,000円
ポイント還元率 0.4%~0.416%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 カード到着まで2~3週間ほど
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)

国際ブランドを変更する際の注意点

カード会社によっては複数の国際ブランドと提携しているため、カード作成時に国際ブランドを選ぶ必要があります。しかし、何も知らずに選んでしまった場合でも、後から変更する事もできます

ただし、変更の際には再度審査が必要になり、国際ブランドごとに審査基準が異なる場合もあるため、必ずしも希望が通るわけではありません。また国際ブランドが変わるとクレジットカード番号も変更となるため、お持ちのカードを既に公共料金などの支払いで利用していると、再手続きが必要になります。

そのため、海外旅行のために別の国際ブランドのカードが欲しい時は、新たにクレジットカードを作ったほうが簡単に済む場合もあります。

国際ブランドの比較表(2015年データ)

最後に、各国際ブランドのデータを簡単にまとめておきます。
 
シェアだけ見ればVISAかMastercardを作っておけば間違いなさそうですが、利用する場所や目的によって作るべき国際ブランドは異なる、ということをお伝えできていれば幸いです。

国際ブランド シェア(2015年) 加盟店数 主に利用できる場所 本社
VISA 55.52% 4,000万以上 世界各国 アメリカ
Mastercard 26.27% 3,810万以上 世界各国 アメリカ
銀聯 12.81% 1,000万以上 主に中国 中国
AmericanExpress 3.22% 2,300万以上 アメリカ、日本 アメリカ
JCB 1.22% 約3,100万 日本、アジア地域 日本
Diners Club 1%未満 3,000万 アメリカ、日本 アメリカ
Discover 1%未満 400万以上 アメリカ、日本、中国 アメリカ

まとめ

・国際ブランドとは決済システムを提供している会社のこと
・国際ブランドごとに利用できるエリアが違う
・利用・所持用途によって所持すべき国際ブランドは異なる
・近年では国際ブランドごとの提携が進んでおり、利用できるエリアが拡大中

※The Nilson Report: Global Cards – 2015 より編集部が算出

※決済シェアは一般消費者によるクレジット決済に加え、法人によるクレジット決済、及びデビットカード・プリペイドカードによる決済も含んだ数値で算出しております。

関連記事