更新日:

クレジットカードの引き落とし口座の名義は本人以外でもOK?

クレジットカードの引き落とし口座の名義は本人以外でもOK?

「クレジットカードの引き落とし口座を、自分以外の銀行口座(たとえば家族の口座など)に指定することはできるの?」と思ったことはありませんか?

結論からいうと、クレジットカードの名義人(クレジットカードを作った人)と、カードの利用料金を支払うための引き落とし口座の名義人は、原則同一人物でなくてはいけません。

ただし、収入が少ない学生や専業主婦などに関しては、例外的に親や配偶者の銀行口座をクレジットカードの引き落としに使える場合もあります。

本記事では、意外と知られていないクレジットカードの引き落とし口座の名義について徹底解説していきます。

クレジットカードの引き落とし口座の名義は本人で登録するのが原則

先述のとおり、クレジットカードの名義人と引き落とし口座の名義人は、原則として同一人物でなくてはいけません。

クレジットカードは作る際に審査がありますが、カード会社は審査で申込者の返済能力をチェックします。カード会社は申込者の収入や職業、債務状況などを調べたうえで、利用料金を毎月きちんと返済できると判断した場合のみ、そのカードの発行を認めます。

そうした前提を踏まえたうえで、もう一度本題である「名義」について考えてみましょう。カードの名義と振替口座の名義が違うということは、カード会社からすると審査をする(返済能力をチェックする)意味がなくなってしまうわけで、そう簡単に認めるわけにはいかないのです。

学生や専業主婦の場合は認められるケースもある

カードの名義と振替口座の名義は原則同じでなくてはいけませんが、例外もあります。

大学生専業主婦など、収入がない、もしくは少ない人たちに関しては、親や配偶者の口座を引き落とし口座として登録できる場合もあります。その場合、申込時の審査の対象は引き落とし口座の名義人(親や配偶者)になります。

ただし、すべてのカード会社がそのような措置を認めているわけではないので注意が必要です。むしろ、そのような措置を認めている会社のほうが少ないというのが実情です。

引き落とし口座に家族の口座を利用できるクレジットカード

クレジットカードの名義と振替口座の名義が異なっていても問題ないカードとして、以下の3枚をご紹介します。

名義が違っていてもOKなカード

  • セゾンカードインターナショナル…同姓の配偶者・親子の口座ならOK
  • セディナカード…同姓同居の家族の口座ならOK
  • OMCカード…同姓同居の家族の口座ならOK

専業主婦や学生で、家族の銀行口座を振替口座として利用したいという方は、上記のカードの作成を検討してみてはいかがでしょうか。

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルの詳細
年会費 : 無料
ポイント還元率 : 0.5%
【PR】Sponsored by 株式会社クレディセゾン

セディナカード

セディナカード
年会費 : 無料
ポイント還元率 : 0.5 〜 1.5%

家族カードなら家族名義の口座から引き落としできる

クレジットカードには、本会員の家族向けに追加で発行できる「家族カード」というものがあります。家族カードは年会費が格安な割に、本会員と同等のポイント制度や優待を受けることができます。

家族カードの契約者は本会員なので、本会員がクレジットカードの審査に通っていれば、その家族は原則無審査で家族カードを持つことができます。

また、家族カードの引き落とし口座は本会員の銀行口座が使用されるため、家族カード利用者の口座を使用する必要はありません。

結婚等で名義が変わった場合は名義変更が必要

結婚や養子縁組などで苗字が変わった場合、クレジットカードの名義変更と、引き落とし口座の名義変更の手続きをし、新しいカードを発行してもらう必要があります。

名義の変更方法はカード会社によって異なりますが、主に以下の2つの方法があります。

名義変更の方法

  • 郵送で手続きする
  • 会員サイトで手続きする

郵送で手続きする場合、会員サイトか電話で変更届を取り寄せて、必要事項を入力してから返送しなくてはいけないため、非常に手間がかかります。

その点、会員サイトから手続きする方法なら、Web上で必要事項を入力・送信するだけで、10日から2週間程度で新しいカードが届きます。何か特別な事情がない限り、利便性の高い会員サイトから手続きする方法をおすすめします。

また、名義変更には以下の書類が必要になります。

名義変更に必要な書類

  • 運転免許証、パスポートなど身分証明書のコピー
  • 新姓名義の引き落とし口座
  • 新姓の印鑑

カード会社によっては、名義変更をするとカード番号が変わる場合もあります。公共料金や携帯料金の支払いをクレジットカード払いにしている場合は、カード番号の変更とともに各利用料金の支払方法の変更手続きも忘れずにおこないましょう。

「クレジットカードの引き落とし口座の名義について」まとめ

クレジットカードの引き落とし口座の名義について解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

最後に、特に重要なポイントをまとめてみました。

まとめ
  • クレジットカードの名義人と引き落とし口座の名義人は、原則として同一人物でなくてはいけない
  • 大学生や専業主婦など収入が少ない人たちに関しては、親や配偶者の口座を引き落とし口座として登録できるカードもある
  • 家族カードなら家族名義の口座から引き落としできる
  • 結婚等で名義が変わった場合は名義変更が必要

クレジットカードの名義人と引き落とし口座の名義人は、原則として同一人物でなくてはなりません。

ただし、セゾンカードセディナカードなど、専業主婦や学生など収入の少ない人たちのために、配偶者や家族の銀行口座を引き落とし口座として利用できるカードもあります。

また、本会員の家族向けに追加で発行できる家族カードでも、家族名義の口座から引き落としすることができます。家族カードは年会費が格安な割に本会員と同等の特典を受けることができるため、非常にコスパが良いのが特長です。

事情があって自身の銀行口座を利用できないという方は、家族カードの作成を検討してみるのもいいかもしれません。

お得情報が大好き! 5の付く日にはyjカードでヤフーショッピング。もちろんヤフープレミアム会員!電子決済はキャンペーンに釣られPayPay・LINE Payに登録。 動画配信サービス系のライター・編集を経て現在はマネ会にてクレジットカードの記事を担当。 休日は日の当たる公園のベンチで読書か、美味しい中華屋のある街を散歩。焼酎は「麦」ウイスキーは「スコッチ」野球漫画は「キャプテン」と「タッチ」が好き。

掛川の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事