更新日: / 公開日:

クレジットカード解約の知識と抑えておきたい5つのポイント!

クレジットカード解約の知識と抑えておきたい5つのポイント!

クレジットカードには入会特典があったり、引っ越した際に使う機会が多かったりといった理由で増えていくことがありますよね。

使っていないカードが何枚かあって、持て余している場合もあるのではないでしょうか。

そんなカードは、解約してしまうのがおすすめです。解約しないと、損をしてしまう場合がありますよ。

今回は、クレジットカード解約の知識と抑えておきたいポイントについて解説します。

クレジットカード解約の基礎知識

イメージ画像

まずは、クレジットカードの解約に関する基礎知識を解説します。

使っていないカードは解約しよう

使っていないクレジットカードは、解約してしまいましょう。

クレジットカードは、年会費無料のカードもあれば、年会費がかかるカードもあります。

また、「年に1回使えば年会費無料」「年に一定額以上使えば年会費無料」というカードもあります。

こういった条件付きのカードを持っている場合、つい忘れていて年会費を支払うことになったり、無理して買い物をして、年会費を浮かせる手間がかかったりしがちです。

またポイントがばらけるので貯まりづらくなりますし、どのカードで何を購入したかわからなくなったりもしますよね。

使っていないカードは、解約してしまった方が煩わしさもなく便利です。

クレジットカードの解約は電話一本で可能!

電話一本で解約しているイメージ画像

クレジットカードの解約方法は様々ですが、ほとんどの場合はクレジットカード会社に電話をすることで解約できます。

受付時間内に電話をかければ、VISA、マスターカード、JCB、ダイナース、アメックスといった国際ブランドのクレジットカードは問題なく解約できるでしょう。

まずは解約方法を確認してから、その手続きに従って進めていきましょう。

なお解約は、すぐに行われる場合と時間がかかる場合があります。気になる方は、後日退会済みになっているかチェックしてみるのも良いでしょう。

クレジットカード別!解約窓口一覧

いくつかのクレジットカードの解約窓口を紹介します。

窓口番号 受付時間
Tカードプラス 0570-008-789 平日、土曜日 9:30〜17:30
ファミマTカード 0120-230-553 年中無休 9:00~21:00
dカード 0120-227-360 平日 10:00~18:00
au WALLETクレジットカード 0120-994-388 年中無休 9:00〜20:00
ヤマダLABIカード 0570-064-987
または
03-5996-1834
※オペーレーター対応
(9:00~17:00)1月1日休み
AOYAMAカード 0120-0444-36 9:30~18:00
(年中無休)
三菱東京UFJ銀行発行クレジットカード 0570-050535 9:00~17:30
(12月31日〜1月3日以外)

クレジットカード解約前に抑えておきたい3つのポイント

クレジットカード解約前に抑えておきたい3つのポイントを表すイラスト

クレジットカードを解約するにあたって、抑えておきたいポイントがいくつかあります。

ここからは、3つのポイントを紹介していきましょう。

1、解約前にポイントを使う

クレジットカードには、ポイントがあります。

カードを解約すると、ポイントは失効してしまうので、解約前にポイントを使ってしまいましょう。

ただし、ポイントは、ある程度貯まっていないと使えない場合もあるので、あとどのくらいでポイントが利用可能になるのか。を確認して、少しの利用でポイントが利用できるのであれば、解約する前にショッピングなどで、クレジットカードを利用して、ポイントを使い切る事をおすすめします。

2、未払いが無いか確認する

解約時に通常の支払いやリボ払い、分割払いといった未払いの残高が残っていると、後から一括請求されたり、早めに引き落とされることになったりと、各社で対応がバラバラの様ですが、未払いがない状態で、解約手続きをする様にしましょう。

3、入会直後の解約は控える

入会直後に解約してしまうと、入会特典だけを目当てに契約したという印象をカード会社に与えてしまうかもしれません。

こういったことを繰り返していると、後々カードが作れなくなる危険性があります。

そのため、入会してしばらくたってから解約するのがおすすめです。その際には、ただ時間が経つまで待つより、何回か利用してから解約した方が良いでしょう。

解約するとこんなデメリットも

デメリットを表すイラスト

クレジットカードを解約すると、いくつかデメリットがあります。

デメリットについても知った上で、手続きを行うのが重要になります。

1、公共料金の登録情報の変更が必要になる

VISAカードやマスターカードなどの中には、クレジットカードで公共料金を支払うことでポイントが貯まるなどのキャンペーンが行われているものもあります。

公共料金の支払いを設定しているカードを解約する場合、登録情報を別のカードなどに変更しておかなければいけません。

手続きはちょっと手間がかかりますが、その手続きをしなければ支払いが滞り、電気などを止められてしまう恐れもあります。

2、紐づいている付帯カードも利用できなくなる

三井住友VISAカードではiDやWAON、ETCといったカードを付帯で発行することができます。

アメックスやダイナースのカードでも、モバイルSuicaを紐付けられます。

そして、こういったもの以外に、家族が使える家族カードもあります。家族カードを発行している人も多いでしょう。

紐付けされている付帯カード・サービスも解約とともに利用できなくなるので、活用していた人は、不便になります。

クレジットカードの解約はタイミングが重要!

最後に、クレジットカードの解約において、重要である解約のタイミングについて解説します。

自身のカードの年会費請求月を把握する

まず、自身のカード年会費請求月を把握しておきましょう。年会費を支払って、すぐに解約してしまうのは、非常に勿体無いですよね。

また、年会費が発生する月にちょうど解約手続きをすると、年会費を結局支払った上で、退会しなければいけなくなる場合もあります。

年会費は、発生する手前で解約しておかなければいけません。

解約のタイミングは新規入会者と継続利用者で異なる

解約のタイミングは、新規入会者と継続利用者で異なってきます。

新規入会者は入会後半年ほどが目安

新規入会の場合は、少なくとも半年くらいたってから解約しましょう。

すぐに解約してしまうと、カード会社からの印象はあまりよくありません。
もし、今後また再契約しようとしても、審査に影響が出てしまうかもしれません。半年ほど利用してから解約するのが無難ですね。

また、初年度年会費無料のカードなら、1年以内に解約してしまえば、年会費が発生しないのも重要なポイントです。

継続利用者は次の準備ができた時点が目安

十分な期間継続利用をしている場合は、次に使うカードの準備ができてから解約すればOKです。

例えば、新しく別のカードを発行するならそれが届いてから、他の手持ちカードをメインにするなら、そちらに公共料金の支払い設定などを移してから解約しましょう。

先にカードを解約してしまうと、カード変更手続きなどで手間がかかってしまう可能性があります。

継続利用者は、先ほど紹介したポイントを踏まえつつ、準備を終えてから解約申請をしましょう。

まとめ

・クレジットカードは何枚も持つより、使用するカードを決めて最小限にまとめる
・不要なクレジットカードを何枚も持っていると、ポイントが貯まりにくい
・クレジットカード解約のタイミングも重要なポイント


クレジットカードの解約方法や解約に関する様々な情報について解説しました。
クレジットカードをたくさん持っていると、何枚かは不要なものが出てきます。
不要なカードは解約して、支払いに使うカードはできるだけ少ない枚数にまとめてしまいましょう。