更新日: / 公開日:

クレジットカード番号についての正しい知識

クレジットカード番号についての正しい知識

普段、何気なく使用しているクレジットカード。「番号はどんな意味があるの?」「カード番号って、どの番号のことなの?」などと、疑問に思ったことはないでしょうか?
番号には重要な意味があり、カードの種類や、様々な情報がわかるようになっています。

そこで、今回はクレジットカードの番号について詳しく解説いたします。

クレジットカード番号とは?

クレジットカードの番号とは、カード表面に記載されている、14桁~16桁の番号のことです。カードの中央に、「4988-00xx-xxxx-xxxx」などと記載されています。
この番号は、国際ブランドによって桁数が変わり、VISAとマスターカード、JCBは16桁、アメックスは15桁、ダイナースは14桁になっています。

このカード番号も、ただの数字の羅列ではなく、意味があります。
1桁目は「主要産業識別子」を表しており、どの産業のカードを使用しているかがわかるようになっています。

例えば、1桁目が4と5の場合は「銀行や金融系」、3の場合は「旅行や娯楽産業」といったような事がわかります。

そして、1~6桁目は「発行者識別番号」の意味があり、クレジットカードの種類や発行会社がわかります。例えば「JCBの楽天カードである」などといったことが、判別できるようになっています。

また、7桁目から最後の2番目までは、「会員口座番号」となっており、ここで個人を識別します。最後の1桁は「チェックデジット」と呼ばれ、クレジットカード番号が正しいかどうかの判断をします。

クレジットカード番号はどこにある?

クレジットカードの主要ブランドといえば、JCB、VISA、マスターカード、アメックス、ダイナース。これらのカードは、全てカード表面の中央付近に横書きで記載されています。「4980 xxxx xxxx xxxx」などといったように並んでいるのが、カード番号です。注意点としては、アメックスは15桁でダイナースは14桁であるということ。桁数が少なくて焦らないようにしてください。

CVV/CVC番号って何?

CVV/CVC番号とは、裏面に記載されている、カードの不正取引防止のための番号です。セキュリティコードとも呼ばれています。カードの裏面に直接記載されていることで、カード番号だけでの不正使用を防ぐ、というメリットがあります。CVVとCVCの2つの呼び方になっていますが、これはカード会社の違いだけです。CVVは、マスターカードで使用されているコード、CVCはVISAで使用されているセキュリティコードとなっています。いずれも、オンライン上での取引を、安全にする目的で使用されています。

CVV/CVC番号はどこにある?

JCB、VISA、マスターカード、ダイナースのセキュリティーコード(CVV/CVC番号)は3桁になっており、カード裏面のご署名の欄に記載されています。右端に3桁の数字が並んでいるのがセキュリティーコード(CVV/CVC番号)になっています。

しかし、アメックスだけは、カード正面に記載されており、カード番号の最後の1桁の上に4桁の数字で記載されています。

クレジットカード番号の悪用に注意!

クレジットカード番号が流出する主な原因

フィッシング詐欺という犯罪が最近増えています。フィッシング詐欺とは、カード会社などを偽ってメールや電話などで近づき、カード番号を盗み取る詐欺のことです。メールなどで、「こちらのサイトにカード番号を入力してください」などといって誘導されます。誘導先のサイトで、迂闊にカード番号を教えてしまうと、個人情報が抜き取られて流出してしまう可能性があります。

クレジットカード番号の流出で起こるデメリット

カード番号が流出することで、カードの不正利用などのデメリットが起きます。不正利用をされてしまうと、勝手にカードで買い物をされ、身に覚えのない高額な請求が来たりという事が起こりえます。

また、住所やメールアドレスも知られることで、ダイレクトメールなどが送り付けられるというケースも考えられます。そんな時は、カード会社に連絡して、番号変更などの対処が必要になってきます。

クレジットカード番号の悪用に対する対処方法

悪用されないためにする事

不正利用などの悪用を防ぐためにも、しっかりとセキュリティ対策をする必要があります。

まずは、怪しいメールは見ないように注意しましょう。身に覚えがないものは、無視してしまうようにしてください。本当に重要である場合は、メールではなく、電話などで直接連絡がくるはずです。

また、怪しいサイトを利用しないことも重要です。突然、クレジットカード番号を入力するように求められて、迂闊に教えてしまうと、個人情報を抜き取られてしまう場合があります。信頼できるところ以外は、クレジットカード番号を入力しないように気を付けましょう。

悪用されている事に気付いた時にする事

自分がいかに注意していても、クレジットカードを使用したお店の管理がずさんなために、カード番号が流出する事があるかもしれません。突然、身に覚えがない請求や使用履歴などに気づいた場合は、すぐにカード会社に連絡しましょう。

連絡後、カードの使用を一時停止し、新しいカード番号と再発行をしてくれます。また、請求金額は不正利用と判断されれば、金額も払わなくて済みます。おかしい!と思った場合は、すぐにカード会社に連絡するようにしましょう。

クレジットカード番号の変更方法

一度不正利用されたカード番号を、そのまま使用するのは、また、悪用されそうで気持ち悪いと思います。その時は、いっそのこと番号を変更しましょう。カード会社に「カードを不正利用されたので、番号を変更してください」と電話をしましょう。

ほとんどのカード会社は快く応じてくれます。再発行の手数料もかからない会社も増えてきているので、気になっている方は、気軽にカード会社に相談してみましょう。

クレジットカード番号を変更すると、引き落としができなくなる場合がある

クレジットカード番号を変更した際の注意点として、公共料金をカード決済にしている方は、一時的に引き落としされなくなる恐れがあります。そのため、公共料金の支払いに登録しているクレジットカード番号を、変更するようにしましょう。

また、カードの再発行は1週間ほどかかってしまいます。その点も注意し、カード会社に申し込むようにしましょう。

【豆知識】クレジットカード番号が本物かどうかを確認する方法

お店を経営されている方で、「お客さんの持っているクレジットカードが怪しいなぁ…」と思ったことがある方はいませんか?もちろん、そんなことは口に出してはいけませんが、そのような時には、カード番号のみで本物かどうかを判断する方法があるのです。

まずは奇数桁の数字を2倍にしてください。例えば1743であれば、1番目と3番目にある「1」「4」です。2倍にした数字が10以上になる場合は、9を引いてください。

そして、全ての数字(16桁なら8個の数字)を足して合計が10の倍数(10、20、30、40、50)であれば、正しいカードであるといえます。テキトーな数字の羅列である、などといった簡単なものは、この方法で見抜けます。

まとめ

・クレジットカードの番号はカード会社情報や個人情報などの意味がある
・クレジットカードに記載されているCVV/CVC番号は、不正取引防止のための番号
・クレジットカードが不正利用された際は、速やかにカード会社に連絡をする

いかがでしたでしょうか?クレジットカードの番号は、カード会社や種類、そして個人情報などを確認できます。そのため、うっかり紛失したり、第三者に知られないように管理しましょう。万が一、悪用された場合は、落ち着いてカード会社に連絡するようにしてください。

関連記事

2019年01月31日
2019年01月30日
2019年01月31日
2019年01月30日
2019年01月31日
2019年01月30日
2018年12月25日
2019年01月30日
2019年01月30日
2019年01月31日
2018年12月11日
2018年12月28日
2019年01月30日
2018年12月26日
2018年12月11日
2019年01月30日
2019年01月29日
2019年01月30日
2019年01月31日
2019年01月31日
2019年02月01日
2018年12月12日
2019年01月31日
2019年01月29日
2019年01月31日
2018年12月12日