更新日:

クレジットカードの入会特典・キャンペーンをご紹介!今なら最大10万円キャッシュバックも

クレジットカードの入会特典・キャンペーンをご紹介!今なら最大10万円キャッシュバックも

クレジットカードの入会キャンペーンは、はじめて申し込みをする人にとって1回限りの特別なもの。

ただ単に1枚発行するよりも、何かしらの「おまけ」がついているとうれしいと思いませんか?

実は、その特典を目当てにカードを発行し、解約しても問題ないといわれています。

では、「実際には使わないけれども入会キャンペーンの特典が気になる!」という人へ、カードの入会キャンペーンと解約事情をご紹介していきましょう。

現在実施中の入会キャンペーン4選

数々のカード会社が実施している「入会キャンペーン」。

その内容は本当に多彩で、もらえるものやもらえる時期など各キャンペーンで違います。

ここでは、現在キャンペーンを実施中の「JCBカード」、「オリコカード」、「イオンカード」、「三井住友カード」の入会キャンペーンをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

最大13,000円分プレゼント!JCB CARD W

JCB CARD Wのキャンペーン画像
JCB CARD W
おすすめポイント
  • WEB入会限定カード
  • 年会費永年無料!
  • ポイント還元率は常に2倍以上
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 1 〜 5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 1週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCB CARD Wでは2019年9月30日まで、インターネット新規入会限定のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

キャンペーン内容は以下のとおりです。

キャンペーン内容

  • 家族カード同時申し込みで最大2,000円分キャッシュバック
  • お友達紹介で最大6,000円分のJCBギフトカードプレゼント
  • スマリボ同時登録&利用で最大5,000円分キャッシュバック

JCB CARD Wのキャンペーンすべて合計すると、最大13,000円相当です。

さらにJCB CARD Wでは、あわせて次のキャンペーンを実施中です。

キャンペーン内容 キャンペーン期間
入会後3か月間ポイント10倍 2019年7月1日~12月31日
Amazon.co.jpでポイント13倍 2019年6月3日~7月31日

入会後3ヶ月間は通常利用でもポイントが10倍となります。このときのJCB CARD Wのポイント還元率はなんと5.0%!

また、2019年7月31日までは、Amazon.co.jpでの利用でポイントが最大13倍になるポイントアップキャンペーンも同時におこなっており、こちらは最大で6.5%まで還元率があがります。

JCB CARD Wを検討している方はこのお得なキャンペーンをぜひご活用ください。

キャンペーン情報はコチラ 【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

最大8,000ポイントプレゼント&還元率2倍!オリコカード THE POINT

オリコカードのキャンペーン画像

オリコカード THE POINTでは現在新規入会キャンペーンを実施中です。

オンライン申込みで最大8,000ポイントが貰えます。

内訳は以下の通りです。

キャンペーン内容

  • 新規入会で1,000ポイント
  • start THE POINTキャンペーン参加で最大7,000ポイント

オリコカードは、年会費無料で還元率が1.0%を誇る高還元率のクレジットカードです。

また、入会後半年間はポイント還元率が2倍の2.0%となります。

さらに、オリコモールを経由してショッピングをすると、特別加算ポイントが0.5%と利用したショップでも必ず0.5%以上のポイント還元が受けられるため、合わせて1%の追加ポイントが貰えます。

そのため、入会後半年のポイント還元率は3%以上となります。

オリコモールにはAmazon.co.jpや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどが出店しているので、ネットショッピングがお得にできます。

貯めたオリコポイントはTポイントdポイントなど、他社のポイントに交換できるほか、アマゾンギフト券JALマイルANAマイルにも交換できるため、使いみちが豊富な点も見逃せません。

年会費も無料なので、使わなくなっても維持費はかかりません。

そのため、このキャンペーンを機会に申し込んでみてはいかがでしょうか。

キャンペーン情報はコチラ 【PR】Sponsored by 株式会社オリエントコーポレーション

新規入会で最大20%(10万円)還元!イオンカードセレクト

イオンカードセレクト
おすすめポイント
  • 入会金・年会費無料はもちろん、ETCカードや家族カードも全て無料!
  • WAONでのお買い物やオートチャージでWAONポイント2重取り!
  • イオン銀行ATM利用手数料が0円で使える!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.5%~2.0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 約2週間
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社イオン銀行

イオンカードでは2019年7月1日(月)〜9月30日(月)まで、新規入会キャンペーンをおこなっています。

キャンペーン期間中に対象となるイオンカードセレクトを申し込むと、カードの利用代金から最大で20%のキャッシュバックが受けられます。

キャッシュバックの上限は10万円までなので、利用額が50万円までなら、最大限のキャッシュバック率で効率的にキャンペーンを利用することができます。

対象となるイオンカードセレクトは全部で4種類。

キャンペーン対象となるイオンカード

  • イオンカードセレクト
  • イオンカードセレクト(ディズニーデザイン)
  • イオンカードセレクト(ミニオンズ)
  • イオンカードセレクト(トイ・ストーリーデザイン)
【PR】Sponsored by 株式会社イオン銀行
【PR】Sponsored by 株式会社イオン銀行

キャッシュバック条件について

最大20%のキャッシュバックを受けるためには、対象のクレジットカードに申し込むだけでなく、下記の条件を満たす必要があります。

片方の条件を満たすと10%キャッシュバック、両方の条件を満たすと20%のキャッシュバックが適用されるので、それぞれ確認していきましょう。

キャッシュバック条件

  1. 引き落とし口座をイオン銀行口座に設定する
  2. イオンウォレットでキャンペーンに応募する

まずは引き落とし口座の設定について説明します。

イオンカードセレクトでは、イオン銀行口座の開設が必須となっているため、新規申込の際に合わせて口座開設も行うことになります。

そのため、自動的に条件を満たすことになるので、特別な手続きは不要です。

つまり、イオンカードセレクトを作成するだけで10%キャッシュバックは適用されることになります。

続いてイオンウォレットでのキャンペーン応募について説明します。

イオンウォレットは利用明細の確認や、ポイントの確認だけでなく、クーポンやキャンペーン情報が受け取れる専用アプリです。

このアプリをダウンロードし、会員情報を登録したあと、キャンペーンに応募すれば完了となります。

キャンペーンの応募までは簡単におこなえますので、どちらの条件も満たして、キャンペーンを最大限利用しましょう。

キャンペーン情報はコチラ 【PR】Sponsored by 株式会社イオン銀行

利用金額の20%(最大8,000円)プレゼント!三井住友VISAカード

三井住友VISAクラシックカード
おすすめポイント
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険つき!
  • 初年度は年会費無料!
  • 「マイ・ペイすリボ」に入れば2年目以降も年会費が無料!
年会費 無料
次年度以降 1,250円
ポイント還元率 0.5%~1.0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 500円
発行期間 最短3営業日
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

三井住友VISAカードでは、現在キャッシュレスプランというキャンペーンを実施中です。

新規入会&アプリログインで利用金額の20%、最大8,000円がプレゼントされます。

対象となるカードは以下の5カードです。

キャンペーン対象の三井住友VISAカード

年会費 初年度 : 無料 / 次年度 : 1,250円
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社
年会費 初年度 : 無料 / 次年度 : 1,250円
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社
年会費 初年度 : 無料 / 次年度 : 1,250円
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社
年会費 初年度 : 無料 / 次年度 : 5,000円
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社
年会費 初年度 : 無料 / 次年度 : 10,000円
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

上記5カードは全てWEB入会で初年度の年会費が無料となります。

また、2年目以降も割引があり、例えば三井住友VISAデビュープラスカードや三井住友VISAクラシックカード三井住友VISAアミティエカードは条件を達成すれば年会費が無料になります。

三井住友VISAプライムゴールドカード三井住友VISAゴールドカードも条件を達成することで年会費を1,500円(税込)まで抑えられます。

初年度の年会費もWEB入会で無料となるので、1年間お試しで利用してから、使い続けるか解約するかを判断するということもできますね。

キャンペーン情報はコチラ 【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

クレジットカードはすぐに解約してもOK?

ここからはクレジットカードの解約に関する疑問や注意点を解説していきます。

入会キャンペーンを利用してカードを作る前に一度確認しておきましょう。

解約ができない期間はなし

よく、通販の商品を1ヶ月ごとなどに届ける「定期コース」には、「3回分必ず受け取ること」などの決まりがありますが、クレジットカードは別物です。

契約してから一定期間解約できないという決まりはありません。

基本的に解約手数料は無料で、カード裏面に載っているカード会社へ電話をして「解約したい」と伝えるだけで済む場合がほとんどです。

特別な場合を除いて解約申込書などの提出は必要ありません。不要なクレジットカードも、自分で処理すれば問題ありません。

ICチップや磁気ストライプの部分をはさみで切ったり、シュレッダーにかけたりすればOKです。

解約する理由は、カード自体を使わなくなった、年会費が高い、クレジットカードはほかの会社の1枚だけでよくなったなど、その理由はさまざまです。

解約手続きの際にアンケートなどで理由を聞かれることがありますが、回答する義務はありません。

クレジットカードの解約時に注意すること

ただし、クレジットカードの解約には、以下のような注意点があります。

解約時の注意点

  • 同時発行したETCカード・家族カードも解約される
  • 公共料金や携帯電話料金などの支払いに設定しているときは、事前に変更が必要となる
  • たまったポイントは解約と同時に無効になる
  • 各種キャンペーンにエントリーしているものは無効になる
  • 支払残高やキャッシング残高が残っている場合は支払いが終わるまで請求される

本人のカードを解約すると、それに付帯しているETCカード・家族カードも使えなくなります。

うっかり高速道路のETCゲートに行って通れないという可能性もあります。

また、解約を知らない家族がお店でカードを出してしまう可能性があるので、事前に伝えておく必要があります。

毎月支払う公共料金などは、支払期限を過ぎると「延滞料金」がかかってしまいます。

また、支払いが遅れたという理由で個人の信用情報に傷がつく危険もあります。

クレジット払いにしているときは、解約前にほかの支払方法へ変えておきましょう。

クレジットカードを利用するたびにたまる「ポイント」は、解約と同時に無効になってしまいます。

せっかくためてきたポイントなので、解約前にお得な商品に交換するなどして使っておくと良いでしょう。

カード会社が実施しているキャンペーンにエントリーしている場合、抽選結果がわかるまで、特典をもらうまでは解約をせずそのままにしておきましょう。仮に豪華なツアー旅行が当たったとしても、無効になってしまいます。

クレジットカードは、現金がなくてもその場でお買い物ができる後払い方式の決済手段です。解約しても、支払いは免除されません。

支払い残高が残っている場合は、解約後も解約前と同様に月ごとに請求がきます。支払いが全て完了するまで請求は続くので注意しましょう。

特典目当てでクレジットカードを作成する際に注意すること

入会してから解約までの期間に制限がないということは、いつでも解約が可能だということになります。

入会キャンペーンなどの特典を狙ってカードを発行しても、入会の理由としては問題ありません。

ただ、解約後にトラブルが起きないためにも、いくつか注意しておくことがあります。

特典を受け取る前に解約手続きをしない

特典は、入会後すぐにもらえることは少なく、1ヶ月後の口座引落日など一定の期間がもうけられています。

特典が抽選の場合は当選日以降になりますし、半年後にもらえる特典などもあります。

特典をもらう前に解約してしまうと、受け取れなくなるので注意です。

クレジットカード会社からの印象を悪くするので半年以内の解約はできるだけ避ける

入会キャンペーンは、わたしたち消費者にもっと自社のカードを知ってもらい、そして会員を増やすためにおこなっています。

また、入会時は申込者に対して「カードの発行・郵送」などの費用がかかっています。

つまり、入会後すぐに解約してしまうと、カード会社からの印象が悪くなることがあるのです。

今後その会社が発行するカードを作りにくくなる可能性があります。

入会金・年会費は戻ってこない

入会金や年会費は、入会してからはじめの口座引落日に支払うことが多いです。

気になるのは、1年間の会員費として支払った年会費です。

残念ながら、解約すると1年間のうちで消費していない月分の年会費は戻ってきません。

ただし、カードのなかには「年会費初年度無料」などお試し期間をもうけている会社もあるので、解約するなら1年以内というケースも考えられます。

入会特典と同時に、入会金・年会費の有無をチェックしておくとよいですね。

すぐに解約したら特典は返さないといけない?

特典をもらってすぐにカードを解約すると、特典目的で入会したことがカード会社にバレやすいかもしれませんね。

しかし、ご紹介してきたように解約までの期間にルールはないので、もらった特典を返す必要はないということですね。

ただし、解約後に新規入会の特典を狙って再度カードを作っても特典はもらえません。

これは、キャンペーンの条件のなかに「はじめて申し込みをした人」と指定されているものがあるためです。

また、カード会社には会員の利用履歴が残っているので、たとえ5年・10年後に申し込みをしたとしても「新規入会」に関する特典はもらえません。

クレジットカードの入会特典まとめ

本記事ではクレジットカードの入会特典や、解約時の注意点について解説してきました。

クレジットカードの解約には基本的に手数料はかからないため、特典目当てに申し込むことについては問題はありません。

ただし、入会してすぐに解約をするのは、カード会社に対して悪い印象を与えてしまいがちですので注意しましょう。

また、クレジットカードは何年も使わずに持っている人もいるように、利用する義務もありません。

新規入会の特典を狙ってクレジットカードを作ったとして、もし利用する機会がなさそうであれば、半年以上などある程度時間が経ってから解約をするとよいでしょう。

関連記事