更新日:

りそな銀行カードローンを徹底解説!審査は厳しい?金利や条件は?

りそな銀行カードローンを徹底解説!審査は厳しい?金利や条件は?

りそな銀行のりそなカードローンは、金利も通常の銀行系カードローンと比べて低い、人気のあるカードローンです。

しかし、銀行系カードローンは、審査が厳しく、審査期間もかかると敬遠する方もいます。

そこで、りそな銀行が提供しているりそなカードローンの審査について、徹底的にその内容を見てみることにします。

りそな銀行カードローン(りそなカードローン)
りそなカードローンのバナー
おすすめポイント
  • 限度額300万円型は収入証明書不要でお急ぎの方にもおすすめ。
  • 安心の銀行カードローン。
  • りそな銀行ATM・セブン銀行・ローソンATMをはじめとするコンビニATMで何度でもお借入れ可能!
審査時間 最短即日
融資時間 最短2日
実質年率 3.50〜12.48%
無利息期間 なし
借入限度額 10万円〜最大800万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 非対応
※変動金利。2018年4月20日現在
りそな銀行カードローン(りそなカードローン)の口コミ・評判

りそな銀行カードローンの商品概要

まず、りそな銀行のりそなカードローンがどのような特徴があるのかを見てみます。

簡単な商品概要は次のようになっています。

りそなカードローンの商品概要
申込資格 20歳以上66歳未満で継続的な収入がある方
融資限度額 10万円~800万円
融資金利 3.5%~12.475%
保証会社 りそなカード(株)またはオリックス・クレジット(株)

最近までは、りそな銀行には、「りそなプレミアムカードローン」と収入の少ない方向けの「りそなクイックカードローン」に分かれていましたが、現在では、りそなカードローンとして一本化されています。

審査は厳しい?落ちる場合の対処法や在籍確認も解説

りそなカードローンの審査には、仮審査本審査があります。

仮審査は、申込み基準に合致しているかという点と、他社借入状況などの信用情報中心の審査です。

また、勤務先などへの在籍確認も行われます。実際の本格的な本審査は仮審査に通った方について行われます。

在籍確認はある?

りそなカードローンに限らず、カードローン審査では、在籍確認がどの金融機関でもおこなわれます。勤務先に電話で確認がおこなわれるのです。

申込みをされる方の中には、「会社や会社の同僚に借入申込みをしていることがわかってしまうのではないか」と不安を感じる方もいらっしゃいますが心配無用です。

在籍確認では、担当者はりそな銀行とは名乗らず、個人名でおこなうので、職場の同僚などにカードローンを申込んでいると気づかれる心配はありません。

カードローンの在籍確認を徹底解説!職場や家族に秘密にするためのコツとは?
カードローンの申込みで多くの人が気になるのが、在籍確認でしょう。会社に電話連絡がきて、その電話によって周りの人にカードローンの利用がバレないか心配になるというものです。ここでは在籍確認の内容や回避する方法をわかりやすく解説します。

りそなカードローンの本審査の手順

りそなカードローンの本審査は基本的に二段階になっています。

まず、りそな銀行自身の審査が行われ、それに通れば、保証会社に保証審査を依頼します。

りそなカードローンの本審査の基準

りそなカードローンは、キャッシュカード一体型のカードローンであることからわかるように、基本的には自行に口座を持っている方が優先されます。

その中でも、長く付き合いがある方で、住宅ローンを利用していたり、給与の振込先になっていたり、公共料金などの引き落としがされている場合には審査は優遇されます。

審査項目はどんなものがある?

審査項目としては、仮申込み時点で入力された個人の属性情報が中心になります。借入をしても返済ができるのか(返済能力)を審査します。

個人属性情報というのは、収入や勤務先などの社会的な位置付けを行う情報です。その他に、雇用形態(正社員か非正社員か)、勤続年数、居住形態(持ち家か賃貸)、居住年数などがあります。基本的には収入とそれを支える勤務先が中心になります。

また、不動産や金融資産の所有状況も調べられ、系列のりそなカードの保証で高額の融資が可能になる場合があります。

信用の審査

仮審査段階では、個人の信用情報(他社の借入残高や返済状況)が確認されます。

銀行系カードローンの信用調査は、非常に厳しくなっています。

個人の信用情報機関は、銀行業界のKSC(全国銀行信用情報センター)、クレジットカード業界の(CERDIT INFORMAITION CENTER)、消費者金融業界のJICC(日本信用情報機構)の3つです。銀行はそのすべてに加盟しており、それぞれから情報を得ることができるのです。

クレジットカード会社は、CICとJICCから情報をとれますが、KSCの情報は取れません。

消費者金融会社は、JICCの情報のみになります。(ただし、JICCはCICと提携し、キャッシング情報の交流が行われています)

従って、銀行はすべての借入情報を確認でき、その中で、延滞があったり、借入残高が年収の1/3に近い場合には審査には通づらくなります。

保証会社の審査

りそなカードローンの銀行審査を通りますと、今度は保証会社の審査が行われます。保証会社の審査も基本的には銀行と同じように個人属性情報に基づいて行われます。

審査のポイントは以下の通りです。

審査のポイント

  • 収入は一定で安定しているか(職業、勤務先規模、雇用形態、年収など)
  • 他社の借入が年収の1/3を越えていないか
  • 他社の借入で延滞、金融事故(長期延滞、自己破産など)がないか
  • 短期に申込みを何件もしていないか(1ヶ月4回以上)
  • 虚偽記載はないか

カードローンの申込み実績は、信用情報機関に登録されており、何度も申し込んでいる場合には、家計が苦しいと判断されて審査には通りません。

また、嘘の申込がなされた場合にも審査にも通りません。(他社借入や勤務先、収入については確認が行われます)

審査に落ちた場合の対処法

りそなカードローンの審査は、他社の借入が多額あったり、延滞がある場合にはまず通りませんし、社会属性でも年収が少ない場合には通るのは難しいと言えます。

信用情報機関には、延滞に関する情報が5年間登録されていますので、その間はどこでも審査には通りません。

特に、自己破産については、銀行業界のKSCの場合、10年間登録が残りますので、10年間は銀行系カードローンには申込みできません。

それ以外の要因で審査に通らない場合は、個人属性が銀行の基準に達していないことになります。

その場合には、大手消費者金融系カードローンなどに申込むようにしてください。

【PR】Sponsored by アイフル株式会社
【PR】Sponsored by アコム株式会社
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社

りそなカードローンの審査に通るためにできること

基本的にりそなカードローンは、りそな銀行に口座を持ち、普段からよく利用している方を優遇しています。

従って、りそなカードローンを持つためには、まずりそな銀行に口座を作って、給与の振込先に指定したり、公共料金、クレジットカードなどの定期的な支払口座に指定して、取引実績を蓄積していくことが大切です。

その実績が1年程度経てば、信用力は大きく上がって、審査に通る可能性は格段に高まります。

りそなカードローンの融資限度額と金利をご紹介

融資限度額は、メガバンクの融資限度額と変わらない800万円までになっており、最高額の場合には金利も最低利率の3.5%になります。

融資金額は、次のように決まっており、それぞれに金利も決まっています。限度額が大きくなれば、金利も低くなる形になっています。

限度額(極度額) 金利
10万円 12.475%
30万円 12.475%
50万円 12.475%
70万円 12.475%
100万円 11.500%
150万円 11.500%
200万円 200万円
300万円 7.000%
400万円 5.500%
500万円 4.900%
600万円 4.500%
700万円 4.000%
800万円 800万円

なお、融資金利については、りそな銀行の住宅ローンを借りていたり、給与振込の指定口座になっている場合には、上記金利からさらに0.5%低くなるので、お得です。

融資極度額ってなに?

融資極度額は、申込みをされた方の現在の信用力から判断して、貸し出せる最高利用可能額のことを指します。

銀行系カードローンの場合、極度額に利用可能額を一致させて、契約期間内は限度額の引き上げや金利の引き下げは行われない契約になっていることがあります。

しかし、りそなカードローンは契約期間が1年となっているため、返済に遅れがなければ、その後、増枠やそれに伴う金利引き下げなどを行うことが可能となります。

りそなカードローンの申込み対象者について

りそなカードローンの申込み対象者は、年齢は20歳以上、66歳未満とほぼ大手銀行の対象者と同じになっています。

特に金額が大きくなる場合には、年齢上限は厳しくなり、60歳以上は難しくなります。また、保証会社がクレジットカード会社になっているおり、下限年齢は20歳以上となっています。

そして対象者として一番重要なのは、一定の安定した収入があることです。

パート、アルバイトのように年収が少なく、安定性がない場合には審査に通る可能性は低くなります。

さらに、専業主婦についても保証会社の審査が通らないため、事実上申込みできません。主婦でも申し込めるカードローンをお探しの方は下記の記事を参考にしてください。

専業主婦でもカードローンで借りられる!?夫にバレずに借入、返済するポイント
家計を預かる主婦にとって、人ごとではない家計のピンチ。「月末の支払いが足りない」、「子どもの月謝が払えない」など、手持ちのお金が足りない事態に陥ることは、決して珍しいことではありません。パートの主婦や専業主婦がカードローンを利用する場合、どんなハードルがあるのでしょうか。実際に利用できるカードローンとあわせて、家族に内緒で利用したい場合のバレないコツをご紹介します。

りそなカードローンの融資方式と融資期間

りそなカードローンの融資方式は、りそな銀行のキャッシュカードで口座借り越し契約(極度額契約)を結ぶ形になります。

そのため、りそな銀行に口座が無ければ、カードローンを利用するために新たに口座を作る必要があります。

前述したとおり融資期間は1年となっていますが、融資期間は1年経過する前に更新審査がおこなわれ、返済に遅れがなく他社での借入も急増していなければ自動更新されます。

りそなカードローンは総量規制の対象

りそなカードローンには、保証会社の保証が融資条件になっており、保証が得られなければ、カードローンは発行されません。

りそなカードローンの保証会社は、系列のりそなカード(株)かオリックス・クレジット(株)になっており、通常はオリックス・クレジットです。両社ともに貸金業法の規制対象になっています。

そのため、りそな銀行と関連のないオリックス・クレジットは、基本的に貸金業法の規制を越えた保証はできません。

貸金業法では、総量規制として、個人に対する無担保無保証人の融資は年収の1/3までと規制されており、それ以上の保証はできないのです。

また、専業主婦などの収入のない人の保証もできません。

りそなカードローンは総量規制を越えた融資もある?

総量規制の関係から、本来は、利用可能額が800万円のカードローンの場合には、年収が2,400万円以上なければ保証はできません。

しかし、現実には、そこまでの年収が無くても高額カードローンが発行されています。

りそなカードローンのメリットとデメリットをご紹介

りそな銀行のカードローンは、大手銀行のステータスと金利の安さというメリットがありますが、それだけに審査には慎重で、なかなか審査に通らないのがデメリットと言えます。

このりそな銀行のカードローンのメリット、デメリットを詳しく見てみることにします。

りそなカードローンのメリットは金利の低さと利用方式

りそなカードローンは上限金利が12.475%と、大手の銀行系カードローンの中では若干低くとなっていますので、この点は大きなメリットといえます。

なお、メガバンクや代表的な地方銀行の上限金利と融資限度額は下記のようになっています。

カードローン名 上限金利 融資限度額
三井住友銀行カードローン 14.5% 800万円
三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック) 14.6% 500万円
みずほ銀行カードローン 14.0% 800万円
横浜銀行カードローン 14.6% 1,000万円
ちばぎんカードローン 14.8% 800万円
常陽銀行カードローン 14.8% 800万円

横浜銀行の例からも分かるように、地方銀行でも14%台の上限金利がほとんどで、りそな銀行の大きなメリットと言えます。

また、りそなカードローンの契約期間は1年であり、増枠、金利低下のチャンスが他の銀行系カードローンに比べて早いというのもメリットと言えます。

それだけに、審査に通れば、大手銀行で利用可能額も大きく、しかもキャッシュカードの借り越し方式になっているため、コンビニなどで引き出しても預金から引き出しているとしか見られません。

従って、借入を他の方に知られたくない方にとっては、非常にメリットの大きいカードローンと言えます。

りそな銀行カードローンのデメリット

りそなカードローンは、大手銀行の中でも融資条件が良いだけに、その審査は厳しくなっている点がデメリットと言えます。

りそなカードローンの保証会社は、系列のりそなカードとオリックス・クレジットです。

どちらも専門の消費者金融会社ではなく、大手消費者金融会社が持っている自社の統計データに基づいたスコアリングシステムは持っておらず、審査には慎重で、時間もかかります。

大手銀行の中でも、三井住友銀行は傘下に大手消費者金融会社のSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)を持っていますし、三菱UFJ銀行はアコムを傘下に持っているため、比較的審査は銀行系カードローンの中では通りやすく、審査期間も短くなっています。

りそな銀行カードローン申込とその手順

りそなカードローンはいろいろな経路から申し込むことができます。住宅ローンを借りているなど、りそな銀行との取引が普段から大きければ、支店窓口で相談しながらできます。

しかし、それ以外の普段からそれほどの取引がない場合には、窓口に行かなくても、パソコンやスマホからりそな銀行の公式ページから申込むことができますし、電話などで申込書を送ってもらって郵送で申込むこともできます。

おすすめなのはWEB申込み窓口

申込みが多いのは、やはりインターネットを通してWEB上で申込む形です。借入をするのに、銀行に行くのは気恥ずかしいという方も多く、支店で知り合いに顔を合わせる可能性もあり、借入はなるべく他の方には知られたくないのが普通の心情です。

そのため、WEB を通して申込む方が多くなっています。WEBの場合には、必要書類などもWEB 上で運転免許証や源泉徴収票の写真を取り込めるようになっており、申し込みを完結させることができます。

申込みに必要な書類

基本的には、本人確認書類である運転免許証かパスポートなどは必ず必要です。

また、申込み金額が50万円を越えていたり、他社での借入残高と申込み金額の合計が100万円を越えている場合には、収入証明書が必要になります。収入証明書は、勤務先から発行された源泉徴収票や直近3ヶ月の給与明細などが必要です。

また、りそな銀行に口座がある場合には支店名や口座番号がわかるようにしておく必要があります。

りそなカードローンの申込み手順

りそなカードローンの申込み手順について、一番多いWEBでの手続きをご紹介します。

りそなカードローンの申込みは、WEBから申込み画面に入力して送信すれば、仮申込みを完結することができます。あとは仮審査結果がメールで届くのを待つことになります。

仮審査に通れば、同じくWEBから本審査に申込みです。「WEB手続き」というページにある「本申込み専用ページ」から、本申込みをします。すでに本人情報は入力していますので、借入意思などの確認が中心になります。

この際には、本人確認書類(運転免許証など)を、写真に撮って「本申込み専用ページ」から画像を取り込んで送ることになります。また、申込み金額が50万円を越えている場合には、収入証明書(源泉徴収票など)も写真に撮って送ります。

これで本審査に進むことができます。契約手続きは休日でも可能です。

りそなカードローンの審査にはどれくらい時間かかるの?

仮審査の場合には、通常翌日になります。その日のうちに結果が来る場合には、審査に落ちている場合が多いです。

仮審査に落ちる場合は、年齢や収入が基準に達していなかったり、他社借入金額が多すぎたり(年収の1/3を越えている)、返済状況に延滞がある場合です。

本審査は、数日かかり、本審査に通って手元にカードが来るまでには、数日から1週間程度かかります。

そのため、りそなカードローンに即日融資はありません。急ぎの場合には、以下のような大手消費者金融系カードローンに申し込むことをおすすめいたします。

【PR】Sponsored by アイフル株式会社
【PR】Sponsored by アコム株式会社
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社

りそな銀行カードローンの借り入れ方法

りそなカードローンの審査に通り、手元にカードが届けば、いよいよカードで借入です。りそなカードローンで借りる場合には、一番多い借り入れ方法は、銀行内のATMやコンビニなどにある提携ATMからお金を引き出すことです。

りそな銀行の口座の借り越し契約になっていますので、基本的には、口座にお金が無くなった時に、引き出す形になります。

また、口座に残高が少ない場合に支払の引き落としがある場合には、自動的にオートチャージ(自動融資)されて、引き落としができないため、遅延になるということがなくなります。

ATMによる借入

カードが届けば、りそな銀行とその系列銀行のATMや主要コンビニの提携ATMからお金を引き出すことが可能になります。預金残高を残して、お金を引き出したい場合には、ATMからの引き出しになります。

ATMでは、カードを差し込み口に差し込めば、あとは画面の案内に従って操作すれば、お金を借り入れることができるので便利です。

りそな銀行カードローンの返済方法について

りそなカードローンの返済方法は、変動型の定額リボ払いであり、借入残高に応じて毎月の返済金額が決まっています。利用金額が50万円以下の場合は、毎月の返済額は1万円からになります。

基本的には、りそなカードローンは、自身のりそな銀行キャッシュカードの口座借り越し契約になるため、毎月5日の支払日には口座から返済金が引き落としされます。
しかし、キャッシュカードを使って、りそな銀行や提携ATM から入金することもできます。

りそなカードローンのATMからの返済

毎月の口座からの引き落とし以外に、りそな銀行のATMや提携ATMから追加の返済ができます。
(ATMから入金しても毎月の定額引き落としは行われます。)

但し、提携ATMでの返済にはATM手数料がかかりますし、りそな銀行のATMから入金する場合にも時間外の場合には手数料がかかりますので、注意が必要です。

りそなカードローンの利用できる提携ATM

りそなカードローンのキャッシュカードが使える提携ATMには以下があります。

提携ATM

  • グループ銀行 近畿大阪銀行、関西アーバン銀行、みなと銀行
  • その他銀行  ゆうちょ銀行を始め、全国の都市銀行、地方銀行、信用金庫等
  • コンビニ   ファミリーマート、セブンイレブン、ローソン等

それぞれの提携先で、ATM手数料やATM稼働時間は違っていますので、確認して利用するようにしてください。

りそな銀行カードローン(りそなカードローン)
りそなカードローンのバナー
おすすめポイント
  • 限度額300万円型は収入証明書不要でお急ぎの方にもおすすめ。
  • 安心の銀行カードローン。
  • りそな銀行ATM・セブン銀行・ローソンATMをはじめとするコンビニATMで何度でもお借入れ可能!
審査時間 最短即日
融資時間 最短2日
実質年率 3.50〜12.48%
無利息期間 なし
借入限度額 10万円〜最大800万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 非対応
※変動金利。2018年4月20日現在

りそな銀行カードローンのまとめ

りそな銀行のりそなカードローンは、大手銀行のステータスがあるとともに、金利もメガバングに比べて低く、いつでもどこでも利用できるため、非常に人気の高いカードローンです。

ただし、金利が低いだけに審査も厳しいと言えます。

このりそなカードローンの審査を中心に、商品の特徴、申込方法、借入方法、返済方法などについてご紹介しました。

審査は厳しいですが、基本的にキャッシュカード一体型のカードローンであり、りそな銀行に口座のある方が優遇されます。

したがって、りそな銀行をメイン銀行として給与振込口座に指定したり、公共料金の引き落としなど取引を行えば、審査には通りやすくなります。

うまく審査に通って、便利に使ってください。

執筆者のプロフィール
manekai_editorial
マネ会 編集部

気になるけど、なかなか話しづらい。けどとても大事な「お金」のこと。 日々の生活の中の身近な節約術から、ちょっと難しい金融知識まで、知ってて得する、為になるお金の情報を更新していきます。

りそな銀行カードローン(りそなカードローン)の融資条件

返済方式 返済期間・回数 担保・保証人 お試し審査
毎月定額返済(残高スライド方式) 1 年※1年毎に審査のうえ、さらに1年間延長します。※更新審査の際に収入証明書等をご提出いただく場合がございます。※審査の結果によっては延長できない場合もございます。なお、満64歳以上での更新はできません。 当社所定の保証会社(オリックスクレジット株式会社)をご利用いただきますので別途の担保・保証人は不要です。 あり
返済期日 お申し込み資格
その月の5日(休日の場合は翌営業日 当社の営業エリア内にお住まいまたはお勤めで、次の条件をすべて満たす個人のお客さま 申込受付時満20歳以上満60歳未満の方 継続安定した収入のある方 保証会社の保証が受けられる方 ※パート・アルバイトの方もお申込みいただけます。 ※専業主婦、学生の方はご利用できません。
必要書類
【ご提出いただく必要書類】 ○ご本人さまを確認できる資料  (運転免許証のコピーなど) ○収入証明書(住民税決定通知書など)  ・50万円超のご利用限度額および、当社よりご提出をお願いした場合

りそな銀行カードローン(りそなカードローン)の会社情報

商号株式会社 りそな銀行
本社所在地大阪市中央区備後町2丁目2番1号
登録番号近畿財務局長(登金)第3号
所属協会本証券業協会 、一般社団法人金融先物取引業協会