更新日:

群馬銀行カードローンのメリット・デメリットから借入・返済方法まで徹底解説!

群馬銀行カードローンのメリット・デメリットから借入・返済方法まで徹底解説!

群馬県前橋市に本店を構える群馬銀行は、国内154の本支店と4つの海外拠点を持つ地方銀行です(2020年3月末時点)。

群馬県を代表する地方銀行ですが、栃木県や埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、大阪府、長野県にも営業エリアを広げており、幅広い地域で親しまれている金融機関といえるでしょう。

群馬銀行では個人向けのカードローンとして「ナイスサポートカード」「ぐんぎんカードローンすまいるパートナー」の2つを展開しています。

いずれも群馬銀行の窓口に出かけなくても契約できるタイプのカードローンですので、日中忙しい方でも気軽に申込めるという利点があります。

この2つのカードローンはどう使いわけられるのか、また、他の大手カードローンと比べて優れたカードローンといえるのかについて徹底的に解説します。

群馬銀行カードローン
群馬銀行“ナイスサポートカード”のロゴ
おすすめポイント
  • ご返済は月々2,000円から!
  • カードは簡易書留郵便、ご利用明細はスマホで!
  • 群馬銀行とのお取引がなくても大丈夫!
実質年率
2.80〜14.50%
借入限度額
1万円〜800万円
審査時間
公式サイト参照
融資時間
公式サイト参照
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 非対応
収入証明書
公式サイト参照

2つの群馬銀行カードローンのスペック比較

群馬銀行の2つのカードローンは、それぞれ特徴がまったく異なるため、使いわけやすいカードローンといえます。

まずは申込者の条件ですが、ぐんぎんカードローンすまいるパートナーでは収入条件も勤務条件も細かく決められていますが、ナイスサポートカードでは申込者本人もしくは配偶者の収入さえ安定継続していれば特に細かな条件は課せられません。

また、群馬銀行の口座が必要かどうかも異なります。

ナイスサポートカードでは群馬銀行の口座がなくても契約できますが、ぐんぎんカードローンすまいるパートナーでは群馬銀行の普通口座のキャッシュカードを使って借入・返済しますので、群馬銀行口座は必須です。

ご自身に合ったカードを選び、申込み手続きへと進みましょう。

カードローン名 ナイスサポートカード ぐんぎんカードローンすまいるパートナー
申込者の年齢条件 満20~64歳 満20~59歳
申込者の収入条件 本人もしくは配偶者の収入が安定継続していること 今後も安定した収入が見込めること
融資限度額として50万円を希望するときは年収200万円以上、100万円を希望するときは年収300万円以上、200万円を希望するときは年収500万円以上
申込者の勤務条件 特になし 融資限度額として10~30万円を希望するときは勤続1年以上(新卒者は1年未満でも可)、50~100万円を希望するときは3年以上、200万円を希望するときは5年以上
申込者の居住地・勤務地の条件 不問 不問
適用金利 年2.8~14.5% 変動
年5.975~9.975%
融資上限額 1~800万円 10~200万円
資金使途 事業性資金以外なら自由 事業性資金以外なら自由
申込み方法 インターネット、群馬銀行アプリ、郵便、ファックス インターネット、郵便、ファックス
契約方法 インターネット インターネット、来店
群馬銀行の口座の必要有無 不要 必須

群馬銀行のカードローンと大手カードローンのスペック比較

群馬銀行の2つのカードローンの違いは上記の表のとおりですが、これらのカードローンが優れているのかどうかは、他社のカードローンと比較する方がわかりやすくなります。

群馬県を含む全国で利用できる大手消費者金融のプロミスとアコム、アイフルの各カードローンと、同じく全国で利用できるメガバンクのみずほ銀行と三井住友銀行、三菱UFJ銀行の各カードローンとスペックごとに比較してみましょう。

金利で比較

カードローン名 金利
群馬銀行「ナイスサポートカード」 年2.8~14.5%
ぐんぎんカードローンすまいるパートナー 変動
年5.975~9.975%
プロミス 年4.5~17.8%
アコム 年3.0~18.0%
アイフル 年3.0~18.0%
みずほ銀行カードローン 年2.0~14.0%
三井住友銀行カードローン 年4.0~14.5%
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 年1.8~14.6%
(※)みずほ銀行で住宅ローンを利用している場合は、みずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下げられます
(※)いずれの金利も2019年2月時点での適用金利で



金利が低いと利息が安くなりますので、できるだけ低金利のローンを利用したいものです。

低金利のカードローンを選びたいときは、上限金利(もっとも高い金利)に注目してください。

例えば群馬銀行のナイスサポートカードなら年14.5%が上限金利です。

カードローンに申込んだときは上限金利に近い金利が適用されますので、上限金利で比較するとカードローンのお得さが見分けやすくなります。

群馬銀行の2つのカードローンは、いずれも消費者金融カードローンよりは上限金利が低く設定されていますので、長期間融資を受けても利息が高くなりすぎないといえるでしょう。

特に、ぐんぎんカードローンすまいるパートナーは、他のメガバンクのカードローンと比べても圧倒的に上限金利が低く設定されています。

変動金利ですので短期プライムレートに合わせて年に2回の金利見直しが実施されますが、万が一、適用金利が高くなったとしても、消費者金融カードローンはもちろん、メガバンクのカードローンよりも低金利が適用されるでしょう。

なお、一般的に、カードローンの金利は審査によって決まります。

しかしながら、ぐんぎんカードローンすまいるパートナーでは、群馬銀行で住宅ローンを借りている場合は年5.975%、住宅ローンを利用していないけれど給与振込口座として群馬銀行を利用している場合は年7.975%、住宅ローンも給与振込も利用していない人は年9.975%と、銀行とのかかわり方によって適用金利が決まります。

また、住宅ローンを利用していなくても、WEB契約かつ給与振込利用者も、年5.975%の下限金利が適用されます。

審査に通過さえすれば適用金利がすぐにわかるという点も、ぐんぎんカードローンすまいるパートナーの特徴といえるでしょう。

無利息サービスで比較

カードローン名 限度額
群馬銀行「ナイスサポートカード」 1~800万円
ぐんぎんカードローンすまいるパートナー 10~200万円
プロミス 500万円まで
アコム 800万円まで
アイフル 1~800万円
みずほ銀行カードローン 10~800万円
三井住友銀行カードローン 10~800万円
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 10~500万円

大手カードローンでは500万円か800万円のいずれかに融資限度額が設定されていることが多いです。

群馬銀行のナイスサポートカードも、他の大手カードローンと同様、審査次第では800万円まで融資を受けることができます。

高額融資が必要なときでも充分に対応できますね。

一方、ぐんぎんカードローンすまいるパートナーの融資限度額は200万円です。

融資限度額だけを見ると使い勝手が悪そうですが、金利が審査ではなく条件(住宅ローンや給与振込などを利用しているかなど)で決まりますので、10万円程度の少額融資にも年5.975~9.975%の低金利が適用されるというメリットがあります。

高額融資が必要ではない人には、少額融資にも低金利が適用されるぐんぎんカードローンすまいるパートナーをおすすめします。

最低返済額で比較

カードローン名 最低返済額(50万円を借りた場合) 最低返済額(100万円を借りた場合)
群馬銀行「ナイスサポートカード」 10,000円 20,000円
ぐんぎんカードローンすまいるパートナー 10,000円 20,000円
プロミス 13,000円 26,000円
アコム(※1) 8,000~15,000円 15,000~30,000円
アイフル(※2) 13,000~15,000円 26,000~30,000円
みずほ銀行カードローン 10,000円 20,000円
三井住友銀行カードローン 10,000円 15,000円
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 10,000円 20,000円
(※1)アコムは融資限度額によって最低返済額が異なります。融資限度額が多ければ多いほど、最低返済額は少なくなります
(※2)アイフルは返済サイクルによって最低返済額が変わります。月に1回返済する約定日製の方が最低返済額が少なくなります


群馬銀行のナイスサポートカードは、融資限度額によって毎月の返済額が変わります。

融資限度額が100万円以下の場合は、50万円を借りたときの最低返済額は15,000円、100万円を借りたときの最低返済額は30,000円になります。

一方、融資限度額が100万円を超える場合は、50万円を借りたときの最低返済額は10,000円、100万円を借りたときの最低返済額は20,000円になります。

ナイスサポートカードは融資限度額が少なければ少ないほど適用金利が高くなるため、融資限度額が少ない人ほど利息が高くなります。

総利息額が高額になりすぎると返済に行き詰まる恐れがありますので、融資限度額が低い人には最低返済額を多めに設定し、利息額が高くなりすぎないように調整していると考えられます。

融資限度額とは無関係に金利が設定されるぐんぎんカードローンすまいるパートナーでは、借入額に応じて最低返済額が決定します。

いずれのカードローンを利用する場合でも、返済に遅れると遅延損害金が発生しますし、群馬銀行からの信用も落ちてしまいますので、かならず返済期日は守るようにしてください。

ATM手数料で比較

カードローン名 自社ATM手数料(税込) 提携ATM手数料(税込)
群馬銀行「ナイスサポートカード」、ぐんぎんカードローンすまいるパートナー 【借入】
・平日8:45~18:00は無料
・その他は110円
【借入】
・イーネット、セブン銀行、ローソン銀行は時間帯によって110~220円
・その他の提携ATMは平日8:45~18:00は無料
・その他の時間帯は110円
【返済】
平日8:00~21:00、土日祝日9:00~21:00は無料
【返済】
イーネット、セブン銀行、ローソン銀行は時間や曜日に関わらず無料
プロミス プロミスと三井住友銀行は常に無料 1万円以下:110円
1万円超:220円
アコム 常に無料 1万円以下:110円
1万円超:220円
アイフル 常に無料 1万円以下:110円
1万円超:220円
みずほ銀行カードローン ・みずほ銀行とイオン銀行のATM
・平日8:45~18:00は無料
・その他の日時は110〜220円
時間帯によって110〜220円
三井住友銀行カードローン 三井住友銀行とゆうちょ銀行、コンビニATMは常に無料 時間帯によって110~220円
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 三菱UFJ銀行とコンビニATMは常に無料 手数料有料のATMなし

手数料が無料だと、お得にカードローンを利用できます。

群馬銀行カードローンは、群馬銀行のATM以外にも手数料無料で利用できるATMが多いため、お得に借入・返済ができます。

例えば、借入時には、群馬銀行だけでなく東邦銀行、足利銀行、常陽銀行、横浜銀行、山梨中央銀行、八十二銀行、栃木銀行、高崎信用金庫、アイオー信用金庫、利根郡信用金庫、舘林信用金庫、北群馬信用金庫、群馬県信用組合、あかぎ信用組合、ぐんまみらい信用組合の各ATMを平日8:45~18:00は無料で利用できます。

また、返済も、群馬銀行ATMだけでなく、イーネットとセブン銀行、ローソン銀行の各ATMを無料で利用できます。

コンビニATMは全国どこでもありますので、いつでも手数料無料で返済できるのは助かりますね。

群馬銀行のカードローンのメリット

数多くのカードローンの中から群馬銀行のカードローンを選ぶということは、群馬銀行カードローンならではのメリットがあるからに他なりません。

他のカードローンと比べて優れている点としては、次の5つを挙げることができます。

メリット1:手数料無料のATMが多い

地方銀行のカードローンでは、手数料無料で利用できるATMは自社ATMのみということが多いです。

しかし、群馬銀行カードローンは数多くの提携金融機関のATMで平日日中は無料で借入れできますし、コンビニATMを使えば時間や曜日に関わらず無料で返済できます。

無料で利用できる提携ATMが多いということは、群馬県外でも便利に活用できるということです。

出張やレジャーで頻繁に群馬県外に行く人は、群馬県外でも利用しやすい群馬銀行カードローンがおすすめです。

メリット2:居住地や勤務地に関係なく利用できる

ナイスサポートカードもぐんぎんカードローンすまいるパートナーも、いずれも申込み者の居住地や勤務地は問われません。

ただし、ぐんぎんカードローンすまいるパートナーは群馬銀行の口座を保有している必要がありますので、群馬銀行口座をまだ開設していない方は、契約時に銀行窓口に出向き、口座開設手続きも実施しましょう。

メリット3:すまいるパートナーは金利が低い

ぐんぎんカードローンすまいるパートナーは、上限金利でも年9.975%の低金利です。

変動金利ですので利用中に適用金利が高くなってしまう恐れはありますが、それでも一般的な銀行カードローンと比べると低金利で利用できるでしょう。

また、住宅ローンや給与振込、WEB契約などを群馬銀行で利用している場合は、最低年5.975%の低金利が適用されます。

金利にこだわってカードローンを選びたい方は、ぜひぐんぎんカードローンすまいるパートナーを検討してください。

メリット4:インターネットで申込みから契約まで完了する

ナイスサポートカードもぐんぎんカードローンすまいるパートナーも、いずれも申込みから契約までのすべての手続きをインターネットで済ませることが可能です。

日中忙しくて銀行に出向くことができない方にも、適したカードローンといえるでしょう。

メリット5:ナイスサポートカードは銀行口座がない人でも利用可能

ナイスサポートカードは、群馬銀行の口座を保有していない人はもちろん、銀行口座そのものを保有していない人でも利用できるカードローンです。

返済はローンカードを使ってATMで直接入金しますので、銀行のキャッシュカードを持ち歩きたくない方にもおすすめのカードローンです。

群馬銀行カードローンのデメリット

メリットが多い群馬銀行カードローンですが、デメリットがないわけではありません。

契約する前に吟味しておきたいデメリットとして、次の2点を挙げることができます。

デメリット1:ナイスサポートカードは口座振替がない

銀行口座がなくても利用できるナイスサポートカードは、返済時にはかならず契約者自身がATMで最低返済額以上のお金を入金しなくてはなりません。

口座振替があるカードローンなら勝手に口座から最低返済額が引き落とされますが、ナイスサポートカードは口座振替制度がありませんので、毎月忘れずに入金しなくてはならないのです。

しかも、ナイスサポートカードの返済期日は、毎月特定の日ではありません。

前回返済をした日から数えて35日目が次回の返済期日になりますので、手帳に書くなりスマホのリマインダー機能に登録するなりしておかないと、ついうっかりと返済を忘れ、滞納してしまうことにもなりかねないのです。

デメリット2:借入時のコンビニATM手数料は有料

コンビニATMを使って無料で返済できるという点はよいのですが、コンビニATMで借入れすると手数料が110~220円(税込)かかってしまいます。

大抵の利用者にとって、返済よりも借入れの機会が多いはずですから、もっとも便利なATMであるコンビニATMで借入時の手数料が無料にならないのはデメリットといえますね。

群馬銀行のカードローンはどんな人におすすめか?

群馬銀行カードローン「ナイスサポートカード」は、銀行口座ではなくローン口座で直接借入れ・返済するタイプのカードローンですので、銀行カードローンというよりは消費者金融カードローンタイプに似ているローン商品です。

しかし適用金利は銀行カードローン水準ですから、消費者金融カードローンのような気軽さと銀行カードローンの低金利を両立させたい人にはおすすめのカードローンです。

一方、キャッシュカードを使って借入れるタイプのぐんぎんカードローンすまいるパートナーは、銀行カードローンらしいカードローンです。

適用金利は一般的な銀行カードローンよりも低く設定されていますので、低金利にこだわりたい人に適したカードローンといえるでしょう。

審査の流れは?

2つの群馬銀行カードローンはいずれも、インターネットで申込みから契約までのすべての手続きが実施できます。

それぞれのカードローンを申込んだときの審査の流れをまとめました。

<ナイスサポートカード>

  1. インターネットかファックス、郵便、群馬銀行アプリで仮審査に申込みます。勤務先に電話をかけて在籍確認が実施されます。
  2. 仮審査の結果がメールで届きます。
  3. 仮審査に通過していた場合は、インターネットで契約手続きに進みます。
  4. 本人限定受取郵便でローンカードが郵送されます。

<ぐんぎんカードローンすまいるパートナー>

  1. インターネットかファックス、郵便で仮審査に申込みます。勤務先に電話をかけて在籍確認が実施されます。
  2. 仮審査の結果がメールか電話、郵便で届きます。
  3. 仮審査に通過していた場合は、インターネットもしくは群馬銀行窓口で契約手続きに進みます。
  4. 急ぎの融資が必要な場合は、群馬銀行口座に融資金が振り込まれます。

借入れ方法について

ナイスサポートカードは専用のローンカードを使って、ぐんぎんカードローンすまいるパートナーは群馬銀行のキャッシュカードを使って、融資金を借入れます。

以下のATMから借入可能ですが、セブン銀行とローソン銀行、イーネットのATMを利用するときは、時間や曜日に関わらずATM利用手数料が発生します。

<借入可能なATM>

群馬銀行、東邦銀行、足利銀行、常陽銀行、横浜銀行、山梨中央銀行、八十二銀行、栃木銀行、高崎信用金庫、アイオー信用金庫、利根郡信用金庫、舘林信用金庫、北群馬信用金庫、群馬県信用組合、あかぎ信用組合、ぐんまみらい信用組合、セブン銀行、ローソン銀行、イーネット

返済方法について

ナイスサポートカードは前回の返済日の35日後が返済期日になりますので、かならず忘れずにローン口座に入金してください。

ぐんぎんカードローンすまいるパートナーは毎月10日(10日が土日祝のときは翌営業日)に最低返済額が群馬銀行口座から引き落とされますので、かならず前日までに口座残高を確認しておきましょう。

もちろんATMから追加返済は随時可能ですから、余裕があるときは大目に返済し、早期完済を目指しましょう。

<返済可能なATM>

群馬銀行、セブン銀行、ローソン銀行、イーネット

群馬銀行カードローンのまとめ

群馬銀行カードローン「ナイスサポートカード」は、日本全国どこにお住まいの方でも便利に利用できるカードローンです。

提携ATMも多くありますし、コンビニATMでの返済手数料が無料ですので、群馬銀行の営業エリア外にお住まいの方も便利に利用できます。

一方、群馬銀行の口座を持っている人のみが利用できるぐんぎんカードローンすまいるパートナーは、低金利であることが多い銀行カードローンの中でもひときわ低金利のカードローンです。

融資上限額は決して多いわけではありませんが、日常のちょっとした出費に便利に利用できるカードローンといえるでしょう。

投資信託・株式の運用歴20年以上。相続問題が発生したことを機に、ファイナンシャルプランナー2級とAFPの資格を取得。 大学や省庁で研究活動をおこないながら、2014年度からはマネーやファイナンス、医学関係の執筆活動を開始。 ライフマネープランニングやIPO投資、金融詐欺の見分け方、ローン・クレジットカードの使い方などを得意テーマとしている。 現在メインで利用しているカードはアメリカンエクスプレスのプラチナ。招待制から申込制に変わって、ちょっと残念に思う毎日。

林 泉の執筆記事・プロフィール一覧へ

群馬銀行カードローンの融資条件

融資額 貸付利率(実質年率) 遅延損害金(利率)
公式サイト参照 公式サイト参照 お借入限度額100万円以上・・年14.5%(固定金利)100万円未満・・年17.5%(固定金利)
返済方式 返済期間・回数 担保・保証人
公式サイト参照 公式サイト参照 不要です。
返済期日 お申し込み資格 お試し審査
ご返済日の翌日から数えて35日以内 最初は借入日の翌日から、その後はご返済日の翌日から数えて35日以内に、ATMでローン口座に直接入金する方法によりご返済いただきます。 ご契約時の年齢が満20歳以上65歳未満の方 ご本人または配偶者に安定継続した収入のある方 アコム(株)の保証が得られる方 その他、当行所定の融資基準を満たしている方 なし
必要書類
運転免許証、健康保険証、またはパスポートのいずれか一つ

群馬銀行カードローンの会社情報

商号株式会社 群馬銀行
本社所在地群馬県前橋市元総社町194番地
登録番号関東財務局長(登金)第46号
所属協会日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

関連記事