更新日:

イオン銀行カードローンの申込みや審査の流れ、借り入れや返済の方法を徹底解説!

イオン銀行カードローンの申込みや審査の流れ、借り入れや返済の方法を徹底解説!

イオン銀行は、日本の2大流通グループの一つであるイオングループが2006年に設立した新興の銀行です。

イオン銀行は基本的に店舗を持たず、ネットやイオングループの顧客を中心に展開しています。

イオングループでは、電子マネーのWAONイオンカードと呼ばれるクレジットカードも発行しています。

本記事では、イオン銀行が展開する「イオン銀行カードローン」というサービスについて解説します。通常の銀行カードローンとは一味違う、ネット銀行ならではのイオン銀行カードローンの魅力に迫っていきます。

イオン銀行カードローン
イオン銀行"カードローン"のロゴ
おすすめポイント
  • ATM手数料が24時間365日いつでも無料!
  • 借入限度額は最大800万円!
  • 金利は3.8%〜13.8%
審査時間 最短即日
融資時間 最短即日
実質年率 3.80〜13.80%
無利息期間 公式サイト参照
借入限度額 10万円〜800万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン 非対応 ローソン ファミリーマート ミニストップ

イオン銀行カードローンはどんなカードローン?申込み資格や限度額、金利を解説

イオン銀行のカードローンは、「イオン銀行カードローン」という1商品のみです。イオン銀行カードローンは、インターネットやイオンのカードを持っている方を中心に展開を図っています。

地方銀行などでは、インターネットを中心とした販売になっているとはいえ、営業エリア内対象や口座を持っている人を対象とした営業展開がほとんどです。

しかし、イオン銀行はイオン店舗が全国に展開していることもあり、特定エリアには関係なく全国どこからでも申込むことができます。

イオン銀行のカードローンは「イオン銀行カードローン」のみですが、収入の低い方には低い限度額を、収入の高い方には高い限度額を設定するといった、柔軟な審査がおこなわれています。

イオン銀行カードローンの商品概要

イオン銀行カードローンの商品概要は、同行の商品説明書によりますと、下表のようになっています。

商品概要
申込み資格
20歳以上65歳未満で安定した継続的な収入がある方。
融資限度額 10万円~800万円(10万円単位)
融資金利 3.80%~13.80%(変動金利)
保証会社 イオンクレジットサービス(株)、オリックス・クレジット(株)
契約期間 1年(自動更新)
融資方式 専用ローンカードでATMより借り入れ

契約期間が1年といっても、「1年以内に借り入れ額を完済しなくてはならない」という意味ではありません。

カードローンの契約期間とは、利用者の信用度をチェックする周期とも言い換えることができます。イオン銀行カードローンでは、1年ごとに利用者の信用度がチェックされるということです。

イオン銀行には店舗がないため、借り入れは自行ATMか提携ATMからおこないます。詳しくは、「イオン銀行カードローンの借り入れ方法」の章で後述します。

イオン銀行カードローンの申込み資格・融資限度額・融資金利・保証会社については、下記で詳しく解説していきます。

申込み資格について

イオン銀行カードローンでは、20歳以上65歳未満で安定した継続的な収入のある方であれば、パートやアルバイトのような非正社員の方でも申込みが可能です。

融資限度額について

イオン銀行カードローンの融資限度額は、最大800万円です。イオン銀行カードローンの融資限度額は、メガバンク並みの大きさということができます。

社会属性の高い方や、おまとめローンとして利用しようという方にとっては、イオン銀行カードローンは融資限度額の高さがうれしいですね。

融資金利の詳細

イオン銀行カードローンの融資金利は、融資限度額に応じて適用されます。上限金利は13.80%と、14%台半ばがほとんどの銀行系カードローンと比較すると低い設定です。融資金利は下表のようになっています。

融資限度額に応じた金利表
融資限度額
金利(実質年率)
10万円~90万円
11.8%~13.8%
100万円~190万円
8.8%~13.8%
200万円~290万円
5.8%~11.8%
300万円~390万円
4.8%~8.8%
400万円~490万円
3.8%~8.8%
500万円~590万円
3.8%~7.8%
600万円~790万円
3.8%~5.8%
800万円
3.80%

消費者金融に比べて銀行カードローンは軒並み金利が低い傾向がありますが、イオン銀行カードローンも例外ではありません。

法定の上限金利である18.0%を最高金利に設定するカードローンも多い中、最高金利13.8%のイオン銀行カードローンはかなりの低金利だということができます。

保証会社について

イオン銀行カードローンは、無担保無保証人のカードローンですが、その代わりに保証会社の保証が必要になります。

保証会社は、イオンクレジットサービスとオリックス・クレジットになっています。イオンクレジットサービスはイオンのグループ会社であり、オリックス・クレジットはオリックスグループのクレジットカード会社です。

とはいえ、利用者が保証会社と直接やり取りする必要はありません。イオン銀行カードローンを利用していれば、自動的に上記の保証会社が対応することになります。

イオン銀行カードローン
イオン銀行"カードローン"のロゴ
おすすめポイント
  • ATM手数料が24時間365日いつでも無料!
  • 借入限度額は最大800万円!
  • 金利は3.8%〜13.8%
審査時間 最短即日
融資時間 最短即日
実質年率 3.80〜13.80%
無利息期間 公式サイト参照
借入限度額 10万円〜800万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン 非対応 ローソン ファミリーマート ミニストップ

イオン銀行カードローンのメリットを紹介

イオン銀行カードローンには、大きく分けて以下の3つのメリットがあります。

メリット

  • 全国どこからでも申し込みOK
  • 最高金利13.8%の低金利が魅力
  • 最大で800万円まで融資可能

全国どこからでも申し込みOK

地方銀行のカードローンは、ほとんどの場合においてエリアが営業地域に限られたり、自行に口座のある方に限られたりしています。

しかし、イオン銀行には店舗がないため、エリアというものがありません。そのため、全国どこからでもスマホやパソコンでインターネットを通じて申込むことができるのです。また、イオン銀行に口座がない場合でも申込むことができます。

住んでいる地域にかかわらず全国どこからでも申し込みができることは、イオン銀行カードローンが持つメリットの1つです。

最高金利13.8%の低金利が魅力

イオン銀行カードローンの最高金利は13.8%です。これは、低金利な銀行カードローンの中でもかなり低金利だといえます。

下記の表は、3大メガバンクのカードローンとイオン銀行カードローンの最高金利を比べたものです。

金利比較表
カードローン
最高金利(実質年率)
イオン銀行カードローン
13.8%
三井住友銀行カードローン
14.5%
みずほ銀行カードローン
14.0%
三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック) 14.6%

イオン銀行カードローンの金利は、3大メガバンクのカードローンと比べても最も低い金利です。低金利のカードローンを探している方には、自信を持ってイオン銀行カードローンをおすすめできます。

最大で800万円まで融資可能

イオン銀行カードローンの融資限度額は800万円までです。メガバンクと比べても遜色のない限度額の高さだといえます。

下記の表は、3大メガバンクのカードローンとイオン銀行カードローンの融資限度額を比較したものです。

限度額比較表
カードローン
融資限度額
イオン銀行カードローン
800万円
三井住友銀行カードローン 800万円
みずほ銀行カードローン
800万円
三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)
500万円

上記の表を見てもわかるように、イオン銀行カードローンの融資限度額は3大メガバンクと比べても同等以上です。社会属性の高い方やおまとめ希望者にとっては、メリットのあるカードローンと言えるでしょう。

イオン銀行カードローン
イオン銀行"カードローン"のロゴ
おすすめポイント
  • ATM手数料が24時間365日いつでも無料!
  • 借入限度額は最大800万円!
  • 金利は3.8%〜13.8%
審査時間 最短即日
融資時間 最短即日
実質年率 3.80〜13.80%
無利息期間 公式サイト参照
借入限度額 10万円〜800万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン 非対応 ローソン ファミリーマート ミニストップ

イオン銀行カードローンのデメリットを紹介

イオン銀行カードローンには、以下の2つのデメリットがあります。

デメリット

  • 学生は申込みができない
  • 運転免許証がないとカード受け取りに時間がかかる

学生は申込みができない

イオン銀行カードローンは、学生を利用対象外としています。パートやアルバイトで収入を得ていても、学生の方はイオン銀行カードローンを利用することができません。

学生でも利用できるカードローンについてさらに詳しく知りたい方は、下記の記事をあわせてご参照ください。

学生がカードローンを利用するために…親バレしない借入方法&審査に通りやすくなるコツ
「学生でもカードローンは利用できるの?」そんな疑問を抱いている方はきっとたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。答えはYesです。学生でも、条件さえ満たしていればカードローンで借入することができます。本記事では、学生がカードローンを利用するための条件や申込方法、審査に通るためのテクニックやおすすめのローン会社などを紹介していきます。

運転免許証がないとカード受け取りに時間がかかる

イオン銀行カードローンの審査を通過すると、ローンカードが発送されます。この時、受取人確認サポートの手続きが必要になります。

受取人確認サポート(佐川急便)の手続きでは、運転免許証が必要です。運転免許証を持っていない場合は、イオン銀行にローンカードを返送して、改めて受取人確認サポートで発送されることになります。

そのため、運転免許証を持っていない方はカード受け取りまでに時間がかかってしまう点に注意しましょう。

イオン銀行カードローンの申込みとその手順について

イオン銀行カードローンの申込みは、スマホやパソコンでインターネットからWEB上でできます。同行での口座の有無に関係なく、完全にWEB上で申込みから契約手続き、必要書類のアップロードまでできるようになっているのです。店舗がないために当然ともいえます。

インターネットによる申込み

イオン銀行カードローンは、ネット銀行などと同様、店舗がないことから、ネットに頼らざるを得ない面があります。

イオン銀行カードローンのネットからの申し込みは、利用者にとっても、直接イオン銀行の審査担当部署に届くため、審査にかかる時間を短縮できます。また、スマホやパソコンで24時間いつでもどこでも申込みができる点が便利です。

審査結果後の契約手続き

イオン銀行のホームページから必要項目を入力して申込みますと、審査が始まります。審査結果が出ますと、メールで結果連絡が届きます。審査に通りますと、WEB上で契約手続きに入るのです。

契約手続きは、イオン銀行に口座が有る無しに関わらず、WEB 上で完結させることができます。本人確認書類(運転免許証)なども、スマホのカメラなどで撮って、審査結果で送られてくるURLからアップロードして送れます。すなわち、イオン銀行では、どなたでもすべてネットで完結できるのが特徴です。

契約が完了すれば、あとはカードが作成され、佐川急便の受取人確認サポートで郵送されます。

申込に際しての必要書類

イオン銀行カードローンの必要書類は、本人確認書類を必ず用意する必要があります。本人確認書類としては、原則として運転免許証かパスポートになります。

また、審査結果によっては、次のような収入(年収)を証明する書類が必要になります。

収入証明書類

  • 前年度の源泉徴収票又は直近3ヶ月以内の給与明細2ヶ月分
  • 住民税課税決定通知書

収入証明書類は、どのような場合に必要になるのかは商品概要には具体的に記載されていません。融資利用限度額の希望額が50万円を越える場合、または他社からの借入分もあわせて100万円を超える場合に収入証明書が必要になります。

イオン銀行カードローンの審査を解説

イオン銀行カードローンの審査について、詳しくご説明します。イオン銀行カードローン審査は、その点も含めて見てみることにします。

イオン銀行カードローンの審査期間

申込みから審査結果が出るまでは、通常1~5日以内です。ただ、契約手続きやカード発行、カードの郵送などがあるため、最短でも契約後5日程度はかかります。したがって、申込みからカードが届くまでは、最短でも1週間程度です。

イオンカードのない方やイオン銀行の口座のない方の場合には、審査に時間がかかるため、それ以上の期間が必要になります。

急ぎの場合には、金利は多少高くなりますが、大手消費者金融系カードローンを申込むほうが早くカードを手にできます。無人店の自動契約機であれば、1時間ほどでカード発行までできますし、審査に通る可能性も高いです。

イオン銀行の口座を持っている方はローンカード受け取り前でも、口座への振込による借り入れが可能です。その際、携帯電話などによる電話での本人確認が入ります。また振込み融資を利用できるのは、最初の1回のみである点に注意しましょう。

銀行カードローンには審査ノウハウがない

もともと、日本の銀行は、古くから企業に対する融資を行い、しかも担保融資に限られていました。個人への無担保無保証人の融資は行っていなかったのです。したがって、銀行には無担保無保証人でおこなうカードローン融資の審査ノウハウが無いのです。

大手消費者金融会社には、40年以上の膨大な個人融資の貸付・返済とそれに関連した個人属性データがあります。それらのデータと経験を用いて、スコアリングシステムという高度な審査システムを構築しており、精度の高い返済能力を持つ審査ノウハウを確立しているのです。

イオン銀行カードローンの審査内容

各銀行では、それぞれに審査基準を持っています。それが緩いか厳しいかは別にして、一般的に銀行自身が行う審査項目としては、次のようなものがあります。

銀行の独自審査基準

  • 申込み時に入力された社会属性の確認
  • 収入金額(銀行の最低基準に達しているか)
  • 勤務先規模や勤続年数、雇用形態などが基準に達しているか
  • 居住内容(持ち家か、賃貸かの区分と居住年数など)が基準に達しているか

それぞれの項目に対する審査基準は、各銀行の事情によって変わってきます。最低収入や勤続年数などについて、それぞれの銀行が独自に基準を持っているのです。

イオン銀行の審査基準は低い可能性がある

イオン銀行の審査においても、それぞれの項目に対する独自の基準が決まっています。

申込みがあると、個々の入力項目が審査基準を満たしているかどうかの審査がおこなわれます。パートやアルバイトでなど、収入が低くても審査に通る可能性はあります。

イオン銀行カードローンの審査では、以下のようなかたちで審査がおこなわれます。

イオン銀行カードローンの審査

  • 勤務先への在籍確認調査
  • 信用情報機関データベースでの信用情報の確認調査

在籍確認とは、申込みの際に申告した勤務先で本当に働いているか確認するために、勤務先に電話をかけて確認するものです。詳しくは、「イオン銀行カードローンには在籍確認がある」の章で後述します。

イオン銀行カードローンの信用情報審査は厳しい

カードローンの審査で必ずおこなわれ、一番に重視されるのは信用情報審査です。

信用情報とは、ローンやクレジットカードの利用履歴を記録した情報のことです。信用情報機関が管理しており、ローンやクレジットカードを審査するときには会社の垣根を超えて参照することができます。

審査では、他社での借入金残高や延滞の有無などがチェックされます。他社で多額の借り入れをしていたり、返済に何度も遅れたりしている人は、返済能力が低いと見なされ審査を通過することができません。

銀行の信用情報審査は、大手消費者金融会社やクレジットカード会社に比べると厳しくなっています。その理由として、次の2点を挙げることができます。

銀行の信用情報審査が厳しい理由

  • 個人情報を取る信用情報機関の範囲が広い
  • 延滞に対する基準が大手消費者金融会社などに比べて厳しい

上記の理由から、ネット銀行であるイオン銀行の信用情報審査も厳しくなっているのです。

業界ごとの信用情報機関と銀行審査の厳しい理由

個人借入情報を登録・取得できる指定信用情報機関は、業界ごとにあります。

信用情報機関一覧

  • 銀行業界のKSC(全国銀行個人信用情報センター)
  • クレジット業界のCIC(CERDIT INFORMAITION CENTER)
  • 消費者金融業界のJICC(日本信用情報機構)

イオン銀行は、全国銀行信用情報センター(KSC)と日本信用情報機構(JICC)に加盟しています。

消費者金融会社は、JICCのみしか加盟できません。JICCの情報しか取得できないのです。ただし、JICCはCICと情報交換できるように提携をしており、CICのキャッシング情報はとることができます。

クレジットカード会社は、主にJICCに加盟することが多いです。CICのキャッシング・ショッピング情報以外にも、JICCの借入情報も見ることが可能です。銀行業界のKSCの全ての情報は見ることはできませんがCRIN(相互交流ネットワーク)により一部の情報は交流しています。

銀行は、JICC とCICに加えて、KSCの信用情報も参照することができます。広い範囲の情報によって、より詳しく個人信用情報を確認できるのです。そのため、銀行の信用情報審査は厳しい傾向にあるといえます。

信用情報についてもっと詳しく知りたい方は、下記の記事もあわせてご覧ください。

信用情報機関はどんな情報があるのか?また情報開示についても解説
住宅ローンやカードローンなどお金を借り入れる際には、信用情報機関というあまり馴染みのない言葉を耳にすることがあるかと思います。この記事ではその信用情報機関について、詳しく解説していきます。

延滞情報における判断の違い

銀行のカードローン審査では、延滞日数・回数・理由などはあまり考慮されません。1度でも延滞の記録があれば、審査に通ることが難しくなります。

上記の理由から、銀行の信用情報審査は他業界よりも厳しいということができます。

イオン銀行カードローンには在籍確認がある

イオン銀行カードローン審査では、他の金融機関と同様に在籍確認が行われます。

カードローン審査において、勤務先の情報は収入を担保するための大切な要素です。この情報は、申込みをした方が継続して返済を続けることができるかの判断材料となります。

イオン銀行の審査担当者は、申告した勤務先に実際に勤務していることを確認するために、会社に電話して確認を取ります。これが在籍確認です。

在籍確認の際に、周囲に借り入れがバレてしまうことを心配する方もいるでしょう。

イオン銀行カードローンは社名は名乗らず、個人名で連絡が来ますがイオン銀行の判断により名乗る場合があります。あらかじめイオン銀行に確認をとるといいでしょう。

在籍確認についてもっと詳しく知りたい方は、下記の記事もあわせてご参照ください。

カードローンの在籍確認を徹底解説!職場や家族に秘密にするためのコツとは?
カードローンの申込みで多くの人が気になるのが、在籍確認でしょう。会社に電話連絡がきて、その電話によって周りの人にカードローンの利用がバレないか心配になるというものです。ここでは在籍確認の内容や回避する方法をわかりやすく解説します。

イオン銀行カードローンの保証審査

イオン銀行カードローンの保証会社は、グループ会社のイオンクレジットサービスとオリックス・クレジットです。

どちらもクレジット会社ですが、大手消費者金融会社のように古くからの個人融資実績はなく、データの蓄積もありません。

そのため、現状では精密なスコアリングシステムを構築はしていますが大手消費者金融に比べると、審査に時間がかかる傾向にあります。

イオン銀行は銀行カードローンであり、審査結果がその日のうちにわかることはありません。即日融資を受けることができるのは、アイフル、アコム、プロミスなどの消費者金融のみです。

そのため、すぐにカードローンを利用したい方は、これらの消費者金融を検討したほうが良いでしょう。

【PR】Sponsored by アイフル株式会社
【PR】Sponsored by アコム株式会社
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社
即日融資におすすめなカードローン比較!審査なしのカードローンはある?
この記事では、即日融資を受けたい方におすすめの消費者金融カードローンや、最短で審査に通るためのポイントなど、即日融資について徹底的に解説します。「最速30分の即日審査が可能なおすすめカードローン」や「即日審査・即日発行が可能なクレジットカード」、「銀行カードローンで即日融資が受けられない理由」もご紹介。この記事を読めば、きっとあなたにピッタリの即日融資を受ける方法が見つかるはずです。

イオン銀行カードローンの借り入れはATMから

イオン銀行カードローンでの借り入れでは、契約の後に送られてくるローンカードを使って、同行のATMか提携先のATMからお金を引き出します。イオン銀行の口座を持っている方でWEB完結の申込みで契約時に希望した方は、1回だけ振込み融資を受けることもできます。

ATMにカードを差し込むと、画面にメニューが示されます。画面の指示に従って操作すると、出金ボックスからお金が出てきます。

コンビニの提携ATMの利用は24時間可能です。一日当たりの引き出し可能額は最大50万円となっています。

イオン銀行カードローンの提携ATMはどこ?

イオン銀行カードローンでお金を引き出せるATMには、イオンモールなどに設置されている自行ATMと、提携金融機関とコンビニに設置している提携ATMがあります。すべてのATMにおいて、借り入れ・返済とも利用可能です。

利用できる提携ATM
銀行
ゆうちょ銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行のATM
その他金融機関 ろうきん、信用金庫、信用組合の設置ATM
ローソン銀行 ローソン
イーネット ファミリーマート、その他コンビニ

セブン銀行のセブンイレブン設置ATMを利用することはできない点に注意しましょう。

イオン銀行カードローンでは、自行ATMとコンビニの提携ATMは手数料無料で利用できます。提携ATMの手数料無料は珍しいため、うれしいサービスですね。

ただし、提携金融機関のATMを利用する場合には、各提携金融機関の所定利用手数料や時間外手数料がかかります。

コンビニ設置の提携ATMは、24時間利用可能です。イオン銀行自身のATMは、イオンモールやジャスコなどの中に設置されているため、それぞれの店舗の営業時間に伴い利用できなくなる場合があります。

イオン銀行カードローンの返済方法

イオン銀行カードローンの返済方法は3通りで、契約時に選ぶことができます。

返済方法

  • イオン銀行普通預金口座から自動引き落とし
  • イオン銀行以外の金融機関の普通預金口座からの自動引き落とし
  • ATMでの入金

約定返済日は、毎月20日になっています。約定返済日の返済額は、前月末の借入残高にスライドして定期返済額が決まる残高スライド方式です。残高ごとの定期返済額は次の通りです。

残高に応じた毎月の返済額
借入残高
返済額
3万円以下
1,000円
3万円超~5万円以下
2,000円
5万円超~10万円以下
3,000円
10万円超~20万円以下
5,000円
20万円超~50万円以下
10,000円
50万円超~100万円以下
15,000円
100万円超~150万円以下
25,000円
150万円超~200万円以下
30,000円
200万円超~300万円以下
35,000円
300万円超~500万円以下
40,000円
500万円超~600万円以下
50,000円
600万円超~700万円以下
60,000円
700万円超
70,000円

イオン銀行に普通預金口座のある方の場合は、キャッシュカード一体型にすることも可能です。その場合は、口座引き落としで預金残高が不足する場合には、限度枠内で自動借越の引き落としをすることもできます。

ATMによる随時任意返済も可能

イオン銀行カードローンの返済では、毎月の定期返済以外にも同行のATMや提携ATMでの任意返済が可能になっています(ATMでの返済を選択していなくても可能です)。

任意返済をした場合でも、毎月定期返済はそのまま引き落としがおこなわれます。ATMでの返済を選択している場合には、定額返済額以上を入金すると定額返済額分を越える部分が任意返済となります。

小銭対応のないATMで完済しようとすると、端数の清算ができなくなってしまいます。完済したいときには、イオン銀行コールセンターローン専用ダイヤル(0120-48-1258/営業時間:9:00〜18:00)に連絡して精算方法を教えてもらいましょう。

イオン銀行カードローンの口コミ・評判

イオン銀行カードローンの口コミ・評判

マネ会に集まったイオン銀行カードローン利用者の口コミを見ると、多くの方が、借入のしやすさでイオン銀行カードローンを選んだことがわかります。

イオン銀行カードローンは、インターネットを通じて全国のどこからでも利用できる利便性の高さがメリットとなっていますが、その点がしっかり利用者にも評価されているんですね。

イオン銀行カードローン
イオン銀行"カードローン"のロゴ
おすすめポイント
  • ATM手数料が24時間365日いつでも無料!
  • 借入限度額は最大800万円!
  • 金利は3.8%〜13.8%
審査時間 最短即日
融資時間 最短即日
実質年率 3.80〜13.80%
無利息期間 公式サイト参照
借入限度額 10万円〜800万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン 非対応 ローソン ファミリーマート ミニストップ

イオン銀行カードローンまとめ

本記事では、イオン銀行カードローンの申し込みや審査の流れ、借り入れや返済の方法について詳しくご説明しました。

イオン銀行カードローンは、最高金利13.8%の低金利や、手数料無料の提携コンビニATMが魅力です。ネット銀行のカードローンをお探しの方は、イオン銀行カードローンを検討してみてはいかがでしょうか。

イオン銀行カードローンの融資条件

返済方式 返済期間・回数 担保・保証人 お試し審査
約定返済(残高スライド方式)/任意返済 1年(ローンカード発行日から1年後の応当月約定返済日まで)ごとの自動更新 イオンクレジットサービス(株)、またはオリックス・クレジット(株)が保証いたしますので、担保・保証人とも不要です。 なし
返済期日 お申し込み資格
毎月20日 1、日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方。 2、ご契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の方。 3、ご本人に安定かつ継続した収入の見込める方。 ※ パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)の方もお申込みいただけます。学生の方はお申込みいただけません。 4、イオンクレジットサービス(株)、またはオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる方。
必要書類
・運転免許証(変更事項がある方は両面) ・パスポート(お名前、生年月日、ご住所、有効期限、発行日、公印のあるページ) 【外国籍の方】 ・在留カード(変更事項がある方は両面) ・特別永住者証明書(変更事項がある方は両面)

イオン銀行カードローンの会社情報

商号株式会社イオン銀行
本社所在地東京都江東区枝川1-9-6
登録番号関東財務局長(登金)第633号
所属協会日本証券業協会

関連記事