更新日:

プロミスの金利は高い?利息節約の3つのコツを解説!

プロミスの金利は高い?利息節約の3つのコツを解説!

プロミスの金利は実質年率で4.5%〜17.8%です。

しかし、金利の数字だけ見ても、ほかのカードローンとどのくらい違うのか分かりにくいですし、実際に毎月の利息がいくらかかるのかも想像しにくいですよね。

そこで、本記事では「プロミスの金利が高いかどうか知りたい」、「借入れした場合どのくらいの利息がかかるのか気になる」という方に向けて次の内容を紹介します。

この記事で分かること
  • 大手カードローンとプロミスの金利比較
  • 実際に支払う利息の金額
  • プロミスで利息を節約する3つの方法

上記の内容を押さえておけば、プロミスの金利が高いのかどうかが分かるのはもちろん、実際に借入れする際のイメージも湧きやすくなるでしょう。

プロミスの利用を検討している方は、ぜひご一読ください。

プロミスの金利は「4.5〜17.8%(実質年率)」

プロミスの金利が高いのかどうかを確認するためにも、まずはプロミスの基本的な商品概要を押さえておきましょう。以下の表にプロミスの基本的な情報をまとめてみました。

プロミスの商品概要
金利 4.5%~17.8%(実質年率)
限度額 500万円まで
審査時間 最短30分
担保・保証人 不要
申込条件 年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方(※)
土日祝日の融資 可能
(※)主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申込みいただけます


上記のとおり、プロミスの金利は実質年率で4.5%〜17.8%です。

審査時間は最短30分と短く、スピーディーに借入れできるのが特徴。さらに、プロミスには以下のようなメリットもあります。

メリット
  • 30日間の無利息サービス
  • 最短10秒で振込融資が可能(※)
  • カードレスで利用できる
(※)24時間振込可能な金融機関の口座を持っていること

プロミスを新規で契約する方は、メールアドレスの登録とWeb明細利用で30日間の無利息サービスが適用されます。

さらに、プロミスの独自のサービス「瞬フリ」を利用すれば最短10秒で振込が可能。カードレスで利用できるのも嬉しいポイントですね。

プロミス
おすすめ最短10秒で振込可能!
プロミスのバナー
おすすめポイント
  • お申込み~ご融資までのスピードが早い!
  • 無担保でお借入れできる!
  • 契約額の範囲内で、繰り返しご利用可能
実質年率
4.50〜17.80%
借入限度額
1万円〜500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで原則不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

プロミスの金利を大手消費者金融4社と徹底比較

プロミスの金利は実質年率で4.5%~17.8%です。この金利は、ほかの大手消費者金融と比べると低めの金利となっています。

では具体的にはどのくらい低いのでしょうか。プロミスと肩を並べる大手消費者金融の金利と比較してみました。

大手消費者金融の金利比較一覧
消費者金融 金利(実質年率)
プロミス 4.5%~17.8%
アイフル
3.0%~18.0%
アコム 3.0%~18.0%
レイクALSA 4.5%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%

なお、新規で借入れする際は最大金利が適用されることがほとんどです。そのため、ここでは最大金利に注目して比べてみましょう。

その前提で上記の表を見ると、消費者金融各社が最大金利を18.0%とするなか、プロミスのみが最大金利を17.8%に設定しています。

このことからも、プロミスの金利はほかの大手消費者金融と比べると低金利なことが分かります。

(30代 / 男性 / 会社員 / 400〜600万円未満 / 借入金額50〜100万円未満)

借入前に消費者金融の他者との比較をしましたがプロミスが1番上限金利が安かったです。

実際にほかの消費者金融と金利を比較した方からも、「プロミスが一番上限金利が低い」という口コミが寄せられました。

消費者金融のなかでも低金利なカードローンを利用したい方は、プロミスを選んでおけば安心ですね。

消費者金融よりも低金利な銀行カードローン

では、消費者金融ではなく、銀行カードローンの金利とプロミスの金利を比べてみるとどうなのでしょうか。大手銀行カードローンの金利と比較してみました。

プロミスと各銀行カードローンの金利比較一覧
カードローン 金利(実質年率)
プロミス 4.5%~17.8%
三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック) 1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
楽天銀行カードローン(楽天スーパーローン) 1.9%~14.5%
オリックス銀行カードローン 1.7%17.8%

こちらも最大金利を比べてみましょう。

そうすると、プロミスの最大金利はオリックス銀行カードローンと同じではあるものの、ほかの銀行カードローンに比べてプロミスの金利は高いことが分かりますね。

なかでも上限金利が低いのは、みずほ銀行カードローンの年14.0%。3大メガバンクの一つであるみずほ銀行が展開しているので、店舗数が多い点や利便性の高さが特筆すべきポイントです。

しかし、金利が低いからといって銀行カードローンを利用するのが最適、というわけでもありません。

なぜなら、銀行カードローンは即日融資には対応していませんし、消費者金融よりも審査が厳しい傾向があるためです。

一方で、プロミスは銀行カードローンより金利は高いですが、即日融資に対応している、審査が柔軟な傾向があるなどのメリットがあります。

そのため、低金利に徹底的にこだわるのなら銀行カードローン、即日融資の有無や審査の難易度が気になるならプロミス、というように使い分けるとよいでしょう。

また、無利息サービスを利用すれば、返済計画によってはプロミスのほうがお得になる可能性も十分にあります。早期返済できそうな方は、無利息サービスで利息を抑えるのも一つの方法です。

プロミス
プロミスのバナー
おすすめポイント
  • お申込み~ご融資までのスピードが早い!
  • 無担保でお借入れできる!
  • 契約額の範囲内で、繰り返しご利用可能
実質年率
4.50〜17.80%
借入限度額
1万円〜500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで原則不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

実際に支払う利息額の早見表

プロミスの金利は実質年率で4.5%~17.8%ですが、この数字だけではどのくらいの利息がかかるのかいまいち把握しにくいですよね。

そこで、ここでは「プロミスから5万~150万円を借入れして最低返済額のみで完済する」という設定で、実際にどのくらいの利息が発生するのかを紹介します。自分の借入金額に近いものを参考にしてみてください。

プロミスの利息早見表(※)
借入金額 金利(実質年率) 返済期間 利息総額
5万円
17.8% 32ヶ月 12,923円
10万円 17.8% 32ヶ月 25,864円
20万円 17.8% 32ヶ月 51,743円
30万円 17.8% 36ヶ月 87,289円
40万円 17.8% 53ヶ月 179,111円
50万円 17.8% 58ヶ月 246,160円
60万円 17.8% 56ヶ月 282,859円
70万円 17.8% 59ヶ月 351,341円
80万円 17.8% 57ヶ月 387,442円
90万円 17.8% 59ヶ月 456,640円
100万円 15.0% 53ヶ月 371,743円
150万円 15.0% 79ヶ月 868,611円
(※)参考:プロミス公式「ご返済シミュレーション」


上記の表を見て、多くの方は「思ってたよりプロミスの利息って高いな…」と感じたのではないでしょうか。

例えば、プロミスから借りた50万円を、最低返済額で完済した場合にかかる利息は246,160円。借入額の半分くらいの金額が利息としてかかってしまいます。

しかし、これはあくまでプロミスからの借入れを、最低返済額で完済した場合の話です。最低返済額以上の金額をプロミスに返済して早めの完済を目指すことで、利息の負担は減らすことができます。

返済期間を短縮すれば利息を節約できる

そもそも利息というのは、返済期間が伸びれば伸びるほど金額が膨らんでいきます。反対にいえば返済期間は短ければ短いほど、支払う利息も安く済み、結果的に返済の負担も軽減されるのです。

例えば、プロミスから10万円、50万円、100万円を借りて1ヶ月で完済したとしましょう。その場合にかかる利息と、最低返済額で完済した場合の利息を比較すると以下のようになります。

プロミスの借入れを1ヶ月で完済した場合にかかる利息
借入金額 金利(実質年率) 利息総額 利息総額(最低返済額で完済した場合)
10万円 17.8% 1,463円 25,864円
50万円 17.8% 7,315円 246,160円
100万円 15.0% 12,328円 371,743円

最低返済額で完済した場合と比較すると、プロミスに支払う利息は大きく変わることが分かりますね。

例えばプロミスから借りた100万円を1ヶ月で完済した場合は、最低返済額で完済した場合と比べて35万円ほど安くなります。

このように、返済をする期間が短ければ、その分プロミスに支払う利息も減らすことが可能です。1ヶ月で完済するのは難しいかもしれませんが、なるべく早めの完済を目指すとよいでしょう。

プロミス
プロミスのバナー
おすすめポイント
  • お申込み~ご融資までのスピードが早い!
  • 無担保でお借入れできる!
  • 契約額の範囲内で、繰り返しご利用可能
実質年率
4.50〜17.80%
借入限度額
1万円〜500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで原則不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

プロミスの利息を節約する3つのコツ

プロミスはほかの大手消費者金融と比べると低金利ではありますが、利息が発生する以上はそれなりに負担が生じます。プロミスなどの金融機関から借入れをするなら、利息の支払いは避けて通ることはできません。

しかし、プロミスの利息の支払いは、あなたの工夫次第で減らすことが可能です。

以下ではプロミスの利息を節約する方法を3つ紹介するので、「プロミスの返済の負担を減らしたい…」という方はぜひ参考にしてみてください。

利息節約の3つのコツ
  • 無利息サービスで利息を0円に!
  • 任意返済・一括返済で早期完済を目指す!
  • プロミスポイントサービスでさらにお得に!

それぞれのコツについて、下記で順番に解説していきます。

①無利息サービスで利息を0円に!

プロミスでは「30日間無利息サービス」というサービスを提供しています。

このサービスは、初回借入日の翌日から30日間無利息でプロミスを利用できるというもの。30日間という期間に限られますが、その期間はなんと「利息0円」で借りることが可能です。

ただし、誰でも利用できるわけではありません。プロミスの「30日間無利息サービス」を利用するためには、以下の3つの条件を満たしている必要があります。

無利息サービスの利用条件
  • プロミスとの契約が初めて
  • メールアドレスを登録している
  • 書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択している

無利息サービスを利用できるのは、プロミスと初めて契約する方に限られます。また、メールアドレスの登録と、Web明細の利用を選択する必要がある点に注意しましょう。

「30日間だけ無利息」と聞くと、「結局多くの利息を支払うことになるのでは?」と不安を感じる方もいることでしょう。

たしかに、無利息期間が過ぎたあとで長期返済を続けていると、その分利息は増えていきます。しかし、短期返済を目指すことで、格段に利息を抑えてお得に完済することは可能です。

もしも無利息期間中に完済することができれば、完全に利息0円でお金を借りることができます。

また、借入れから2ヶ月後に完済できた場合でも、支払う利息は無利息期間を差し引いた1ヶ月分のみでOK。こんなにお得な無利息サービスは、初めてプロミスを利用する方だけの特別なメリットです。

無利息サービスに申込む 【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

プロミスの無利息サービスの特長は「無利息期間の起算日」にある

実はカードローンの無利息サービスは、プロミス以外の消費者金融でも提供しています。

ただ、その多くは無利息期間の発生する初日を「契約日の翌日」に設定しているケースがほとんどです。一方、プロミスは無利息期間の発生初日を「初回借入日の翌日」にしているところに大きな違いがあります。

例えば、契約日の翌日の場合、契約をしたらすぐ借りないと無利息期間がどんどん減っていきます。最悪、利用しないうちに無利息の特典がなくなってしまうという事態もありえるのです。

しかし、プロミスでは、契約後にすぐ借入れをしなくても無利息期間は減っていかないので、必要なときに活かすことができます。これはプロミスならではの大きなメリットだといえるでしょう。

②任意返済・一括返済で早期完済を目指す!

利息の支払いというのは、借入期間が短くなるほど減っていきます。

例えば、10万円をプロミスから借りて最低返済額で完済したときの利息は25,864円ですが、1ヶ月で返済した場合の利息はたったの1,463円です。

このように、プロミスでの借入れを早く完済できれば、その分利息の負担も大幅に減らすことができます。経済的に余裕がある際は、任意返済や一括返済をして早めの完済を目指すようにしましょう。

③プロミスポイントサービスでさらにお得に!

プロミスでは「プロミスポイントサービス」と呼ばれるサービスを提供しています。これはプロミスのインターネット会員サービスの利用に応じて、ポイントが貯められるサービスです。

貯まったポイントは一定期間の無利息サービスと交換することができます。以下の表のように利用するポイント数に応じて、無利息サービスの期間も変動する仕組みです。

必要なポイント数と無利息期間
必要ポイント 無利息期間
250ポイント 7日間
400ポイント 15日間
700ポイント 30日間

ちなみに、無利息期間の適用が開始されるのは「利息以上の返済をした翌日」です。すでに完済している場合は、再度出金した翌日から適用されます。

また、プロミスで貯まったポイントを使えば、提携ATMの手数料が無料になるサービスを受けることもできます。ポイントが貯まったらぜひ使ってみてください。

なお、ポイントは以下の方法で貯めることが可能です。

ポイントを貯める方法
ポイントの獲得条件 獲得ポイント数
プロミスポイントサービスに申込む(初回登録時のみ) 100ポイント
プロミスインターネット会員サービスにログイン(毎月初回ログイン時のみ) 100ポイント
プロミスインターネット会員サービス内の「プロミスからのお知らせ」の確認 5~20ポイント
収入証明書類の提出 160ポイント
<毎月月末時点で以下のサービスに登録している>
・ご返済日お知らせメール
・取引確認メール
・書面(Web明細)の受取
各1ポイント
プロミス
おすすめ30日間利息0円
プロミスのバナー
おすすめポイント
  • お申込み~ご融資までのスピードが早い!
  • 無担保でお借入れできる!
  • 契約額の範囲内で、繰り返しご利用可能
実質年率
4.50〜17.80%
借入限度額
1万円〜500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで原則不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

プロミスの金利まとめ

ここまで、プロミスの利息を節約する方法をご紹介してきましたが、結局のところ、どれが一番効果的なのでしょうか?

利用状況によって変わってきますが、どなたにも実践できるものとしておすすめしたいのは「プロミスの無利息サービス」の利用、そして「任意返済一括返済」がトータルの返済額を減らすのに効果的と言えるでしょう。

プロミスなどのカードローンを長く利用するなら、金利とうまく付き合っていくことが大切です。返済実績を積み重ねていけば、プロミスで金利引き下げの交渉ができるようになる可能性も開けてきます。

プロミスの利用を検討している方に、この記事が役に立ちましたら幸いです。

<参考>
プロミス公式「ご返済シミュレーション」

会計コンサルタントを経て、2017年よりライター・編集者として活動中。 得意なテーマは金融・ビジネスで、マネ会ではカードローン記事の執筆・編集を担当している。本を読むことが好きで、年間の読書量は100冊以上。 保有クレカはエムアイカード。使いすぎ防止で三菱UFJ-VISAデビットを愛用していたが、増税を契機にスマホ決済アプリへの関心を高め、現在は楽天Payを中心にLINE Pay・PayPay・d払い・メルペイを使い分けている。

大坪の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事

プロミスの審査に関する記事

プロミスの借り方に関する記事

プロミスの金利に関する記事

プロミスの増額に関する記事

プロミスの返済に関する記事

プロミスに関するその他の記事