更新日:

どこでお金を借りられる?お金を貸してくれる所を全紹介!借りられないときの打開策も

どこでお金を借りられる?お金を貸してくれる所を全紹介!借りられないときの打開策も

お金が足りないときは、お金を貸してくれる所でお金を借りることを検討できます。しかし、今までにお金を借りたことがない方には、具体的にどこがお金を貸してくれる所なのか、あまり選択肢が浮かばないかもしれませんよね。

お金を貸してくれる所をすべて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。また、お金を貸してくれる所でお金を借りられないときの打開策についても解説します。

おすすめの消費者金融

お金を借りる方法をお探しの方のために、まずはおすすめの消費者金融一覧をご紹介します。

下記の消費者金融は、いずれも抜群の審査スピードが魅力的です。アイフルアコム・プロミスは最短30分で審査完了。レイクALSAは、最短15秒で仮審査結果を知ることができます。

銀行カードローンよりも審査がゆるい傾向にあるので、急いでお金を借りたい方や審査に自信ない方にもおすすめのカードローンだといえるでしょう。

【PR】Sponsored by アイフル株式会社
【PR】Sponsored by アコム株式会社
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社

お金を絶対に貸してくれると断言できる所はない

世の中にはお金を貸してくれる所は多々あります。しかし、お金を貸すという行為にはかならず審査が伴いますので、絶対に貸してくれるという所というものは存在しません。

もしも「絶対に貸す」と明言している所があるならば、そこは間違いなくヤミ金です。

ヤミ金は違法業者
ですので、利用してはいけません。

きちんと審査を実施してからお金を貸してくれる合法の金融機関や窓口で借りましょう。

お金を貸してくれる所は4つに分けられる

ヤミ金に手を出すと高利息で苦しむだけでなく、犯罪に巻き込まれる恐れもあります。お金がなくてどんなに困っていたとしても、合法的にお金を貸してくれる所で借りてください。合法的にお金を借りられる所は、次の4つに分けられます。

銀行や信用金庫などの金融機関

お金を貸してくれる所として、まず思い浮かぶのが銀行ではないでしょうか。

銀行はお金を預かる預金業務も実施していますが、お金を貸す融資業務も実施しています。

信用金庫や信用組合、労働金庫なども、預金業務と融資業務の両方をおこなう金融機関です。預金業務と融資業務を実施している銀行等には、低金利でお金を貸してくれるというメリットがあります。

ただし、その分、審査は厳しくなります。また、2018年1月以降は、銀行は審査の際に警察庁のデータベースに問い合わせて、申込者が反社会的勢力の一員ではないのかチェックするようになりました。

そのため、審査にかかる時間が長くなり、即日融資は実質的に不可能になっています。

消費者金融や信販会社

預金業務をおこなわず、融資業務をメインとしている会社を貸金業者といいます。

消費者金融サラ金とも呼ばれており、金融庁に業者登録をして個人に向けた融資を合法的に実施しています。

大手の消費者金融では、30分審査や即日融資などのスピーディなサービスを提供していることが多いです。金利は合法な範囲ではあるものの、銀行と比べると高めに設定されています。

また、信販会社もカードローンなどのローン商品を提供していることがあります。ローンに特化したカードローンだけでなく、クレジットカードにキャッシング機能を付帯して、クレジットカードを使ってお金を貸すサービスも提供しています。

アコムのバナー 【PR】Sponsored by アコム株式会社
アイフルのバナー 【PR】Sponsored by アイフル株式会社
消費者金融で借りる前に知っておきたい!審査・金利・返済など利用時のポイントを解説
初めて消費者金融カードローンを利用する際に、疑問に感じやすい点や注意しておくべきポイントをまとめました。消費者金融は、即日融資など利用者に便利なサービスが満載。業界最大手から中小まで、会社ごとの金利や借入限度額、審査基準などの違いをわかりやすく解説します。これから消費者金融を利用しようと検討している方だけでなく、すでに消費者金融カードローンを利用中の方にも役立つ内容です。

公的貸付制度

銀行や消費者金融、信販会社は民間企業です。しかし、お金を貸してくれる所は民間企業だけではありません。地方自治体や国、政府系金融機関といった公的機関も融資を実施しています。

例えば、福祉協議会を窓口とする地方自治体や国の福祉資金貸付制度、教育ローンを提供している日本政策金融公庫、奨学金を利用できる日本学生支援機構などがあります。

親戚や知人、勤務先など

個人的に知っている人に貸してもらうのも1つの方法です。民間企業や公的機関のように申込書を記入する必要はありませんので、手間だけで考えるともっとも手軽に貸してもらうことができます。しかしながら、お金を貸す人は「この人に本当に貸してもよいのだろうか」と脳内で審査をしますので、厳密にいえば知人や親戚にお金を貸してもらうときも審査は不可避です。

ところで、人からもらったお金が年間110万円を超えると、10~55%もの贈与税が発生します。そのままもらうよりも貸してもらうほうがお得なこともありますので、金額によっては金利か利息を決めておきましょう

また、勤務先から給与の前借りをして、お金を用立てることもできます。しかし、前借りできるのは働いた分だけですので、月給以上の金額は借りられません

お金の貸し借りにおけるマナー

110万円以下のお金なら、無利子で貸してもらうことは違法ではありません。

しかし、無利子だからといってそのまま返すことは好ましくありません。貸してくれたことに対して感謝の気持ちを持ち、短期間だけ借りるときも、お礼の言葉とともに感謝の気持ちを示す小さなプレゼントを添えるようにしましょう。

また、たとえわずかのお金だとしても、借りた相手に不安を与えないために借用書はかならず作成するようにしてください。

借りた日と返済予定日、借入額、返済方法、債務者名、債権者名、利子について明記しておくとお互いが安心できます。

お金を借りるときはどこを利用すべき?

お金を貸してくれる所は4つあります。ただし、「ここで借りるのが最善だ」という所はありません。

どこで借りるべきかは状況によっても変わります
。貸してくれる所を選ぶ方法を紹介しますので、どこで借りるか迷ったときはぜひ参考にしてください。

まずは金融業者からお金を借りることを検討する

例え家族であっても個人間の貸し借りはトラブルの元です。お金を借りたことが原因となって、何年にもわたる不和が生じることもあります。

また、少額を借りるときには無利息で貸してもらうことが多いと思われますが、どんなに少額であっても感謝の気持ちお礼は欠かせません。

そのため、人によっては「面倒だ」「家族に借りたのにお礼をするのなら、利息を払ったのと同じだ」と感じるかもしれませんよね。

お金が必要なときは、お金が原因のトラブルを避けるためにも、お礼をするしないのモヤモヤを避けるためにも、銀行や消費者金融などの正規の金融業者を検討するほうがよいでしょう。

例えば大手消費者金融では無利息サービスを実施していることが多く、借入期間によっては利息を1円も払わずに借りることができます。

しかし、これは消費者金融の好意によって無利息なのではなく消費者金融のサービスとして実施していますので、利用したとしてもお礼をする必要がありません

気持ちの上ですっきりとお金を借りたいのなら、まずは銀行や消費者金融などの金融業者を検討してください。

プロミスのバナー 【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
アコムのバナー 【PR】Sponsored by アコム株式会社

次に個人的にお金を借りられないか検討する

お金を貸してほしいのなら、まずはお金を貸してくれる金融機関を検討しましょう。金融機関ならお金の関係と割り切って付き合うことができますので、人間関係がこじれることはありません。

しかし、金融機関の審査に落ちてしまうなら、銀行や消費者金融でお金を借りることはできませんよね。審査に落ちたときは、個人的にお金を借りられる所はないか探してください。

もちろん、個人間融資掲示板などで知らない人に融資を頼むのはNGです。古くからよく知っている信頼できる人に融資をお願いし、借用書を作成してお金を貸してもらうようにしましょう。

未成年がお金を借りるときは親、親戚か学生ローン

ほとんどの金融機関では、未成年への貸し付けを実施していません。お金の貸し借りに関する契約を結ぶことは法的行為ですので、未成年にお金を貸してくれる業者であっても親権者の同意が必要になります。

親権者に同意を得られるときは、未成年でも利用できる一部の学生ローンやクレジットカードのキャッシング枠を検討してみましょう。親権者の同意を得られそうにないときは、親権者や親戚にお金を貸してほしいと頼んでください。

学生がカードローンを利用するために…親バレしない借入方法&審査に通りやすくなるコツ
「学生でもカードローンは利用できるの?」そんな疑問を抱いている方はきっとたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。答えはYesです。学生でも、条件さえ満たしていればカードローンで借入することができます。本記事では、学生がカードローンを利用するための条件や申込方法、審査に通るためのテクニックやおすすめのローン会社などを紹介していきます。

所得が低くてお金を借りられないときは公的貸付を検討

所得が低すぎるときは金融機関の審査に通りにくいものです。しかし、所得が低いからこそ、お金が必要ですよね。

「借りたい。でも借りられない」というジレンマを感じている方は、公的貸付を検討してみましょう。金融機関の審査は所得が高いほうが有利になりますが、公的貸付の審査は所得が低いほうが通過しやすくなります

ブラック状態などでお金を借りられないときは?

個人信用情報機関に良くない信用情報が載っていることをブラックと呼ぶことがあります。ブラックは金融機関の審査通過が難しくなりますので、お金を借りられないことが多いです。

個人信用情報機関にローン返済やクレジットカード支払いを滞納した記録が載っている方は、まずは借りずに済む方法を模索してください。そのお金は本当に必要なものでしょうか。また、家にあるものを売ることでお金を作ることはできないでしょうか。

どのように考えても「お金を借りなくてはならない」という結論に達した方は、債務整理を検討してみましょう。債務整理を専門に扱う法律事務所に出向き、どの債務整理が適切なのか相談してみてください。

ブラックにはお金を貸してくれる所が少ない

個人信用情報機関に良くない信用情報が載っている「ブラック」。ブラックになると、お金を貸してくれる所が少なくなってしまいます。

銀行や大手消費者金融で審査に落ちたときは、銀行や大手消費者金融よりは柔軟な審査を期待できる街金や中堅消費者金融に申し込みましょう。

ところで、一度ブラックになってしまったとしても、永遠にブラック状態が続くわけではありません。ブラック状態は、時間が経てば解消されるのです。

ブラックにも種類がある!

ブラックには3つの種類があります。種類によってお金を借りられない期間が異なります。

それぞれのブラックにおいて、どの程度の期間待てばブラック状態が解消されるのかについて見ていきましょう。

申し込みブラックは6ヶ月で解消される

複数の業者に短期間のうちに申し込むと、一時的に審査に通りにくくなることがあります。このような状態を申し込みブラックと呼びます。

銀行や貸金業者などのローン会社に融資を申し込むと、ローン会社はかならず個人信用情報機関に申込者の信用情報を問い合わせます。個人信用情報機関では信用情報を照会したという記録を6ヶ月間保管しますので、6ヶ月以内に他のローン会社に融資を申し込むと「最近、別の会社にも融資を申し込んでいる。お金に困った切羽詰まった状況にあるのかも」と判断されて、審査に不利になることがあるのです。

6ヶ月待てば信用情報を照会したという記録は個人信用情報機関の情報からは消えます。申し込みブラックのために審査に通りにくいときは、6ヶ月間はローン会社やクレジットカード会社に申し込まないでおとなしく待ちましょう

ブラックリストに入るってどういう事?なんで審査に通らないの!?
たまに、ローンなどの審査について調べたりすると「ブラックリストに入るとローン審査には通らない」というような言葉を耳にすると思われます。ですが「そもそもブラックリストって何?」や、「なんで審査に通らないんだ?」と考える方も多いのではないでしょうか。この記事では、俗に言う「ブラックリスト入り」の状態とは、どんな状態なのかということや、そのことがローン審査にどんな影響を与えるのかについて解説します。

延滞によるブラックは1~5年で解消される

クレジットカードの支払いやローン返済を延滞してブラックになったときは、個人信用情報機関に延滞記録が1~5年残ります。そのため、1~5年経って延滞記録が消えてからローンに申し込めば、延滞によるブラックは審査に悪影響を及ぼしません。

ただし、延滞状態が解消されてから1~5年後に延滞記録が消えますので、延滞状態が続いている場合は、いくら待ってもブラック状態は解消しません。

また、ブラック状態であるときに新たに返済や支払いを延滞すると、今までの時間経過はいったんリセットされてしまいます。つまり、ブラック状態解消までにさらに1~5年の年月がかかることになりますのでご注意ください。

債務整理によるブラックは5~13年で解消される

債務整理をしたためにブラック状態になっているときは、5~10年間、個人信用情報機関に記録が残ります。ただし、延滞ブラックのときと同じく、債務整理の手続きが終わってから個人信用情報機関への登録期間をカウントします。

そのため、個人再生などの解消までに3年ほどかかる債務整理をしたときは、債務整理を始めたときからカウントすると、トータルで8~13年間はブラック状態が続くことになります。

お金を貸してもらえない!どうすべきか?

お金が必要なのに銀行や消費者金融ではお金が借りられないとき、しかも家族や親戚、知人にもお金を貸してもらえないときは、公的貸付を検討します。

しかし、公的貸付は誰でも利用できるわけではありません。お金を貸してくれる所がどこもないときは、次の2つの方法を検討してください。

他社借入を整理してカードローンでお金を借りる

信用情報に問題があるわけではないのにお金を貸してもらえないときは、もしかしたら借入件数が多いのかもしれませんね。利用しているローンが4件以上あるときは、ローン件数を減らしてみてはいかがでしょうか。

金額を減らせないときでも、借入件数は減らせる可能性があります。必要に応じておまとめローンなどを利用して借入件数をまとめてから、新たにローンに申し込んでください。

アイフルのバナー
おすすめポイント
  • 申込から借入までWEB完結!郵送物一切なし!最短1時間でご融資可能!
  • 最短30分で審査完了!
  • 事前にご融資可能か1秒診断
実質年率3.00〜18.00% 借入限度額800万円
審査時間最短30分 融資時間最短1時間
コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 収入証明書原則不要(※)
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アイフル株式会社 ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る ※利用限度額が50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)

担保ローンを検討する

大抵のカードローンは無担保かつ無保証人で契約します。つまり、あなた個人の信用と返済能力だけを担保にお金を借りるわけですから、あなたの信用情報が好ましくなく、しかも返済能力も低いとなると、融資を受けるのは難しくて当然ですよね。

とはいっても、いきなり信用状態と返済能力を向上させるのは不可能です。不動産や自動車、有価証券などの換金性のある財産を担保にしてローンに申し込んでみてはいかがでしょうか。担保を設定すると、信用状態と返済能力が低くても審査に通ることがあります

また、担保を設定したローンには総量規制が適用されません。すでに年収の3分の1を超えるお金を借りていて、総量規制にかかっているためにお金を借りられない場合も、担保を設定したローンを検討してみてください。

お金を貸してもらえないときでもヤミ金は絶対NG

どこもお金を貸してくれる所がない。担保にするものもない。そんなときでも、絶対にヤミ金を利用してはいけません

ヤミ金は「審査不要でお金を貸します」とか「他で借りられなかった人でも大丈夫です」などと甘い言葉をささやきます。しかし、ついうっかりヤミ金を利用してしまうと、次のようなことが起こることがあるのです。

ヤミ金でお金を借りると借金がなかなか減らない

「ヤミ金でお金を借りても、すぐに返済すればよいでしょ?」と考えるのは危険です。1回の返済額に上限が定められていたり、あり得ない高金利を課せられたりするため、借金がなかなか減らないことも多いのです。

例えばヤミ金で10万円を借りたとしましょう。1週間に1割の利息が設定されているなら、1週間後には借金は11万円になってしまいます。しかも1週間に返済できる上限額が1万円と決まっているなら、理論的には永遠に完済できませんよね。このように、ヤミ金では簡単には完済できない仕組み、完済したとしても法外な利息を支払う仕組みになっていることが多いのです。

ヤミ金のお金の取り立ては何でもありの無法地帯

お金を借りたら返すのは当然のことです。貸借契約は法的行為ですから、どのような事情があれ、返済しないほうが悪いのは当然です。

しかし、返済しないほうが一方的に悪いからといって、貸している側がどんな手を使っても良いということにはなりません。脅迫行為をしたり、早朝や夜間に電話をかけたり、家に押しかけたり、嫌がらせ行為をしたりするのは法律で禁じられています。

とはいえ、ヤミ金は違法業者ですから、借金の取り立てにおいても法律を守りません。「ヤミ金に関わらなきゃよかった」と後悔するような嫌な思いをすることもあるでしょう。

お金を借りた債務者自身が犯罪者になることも

ヤミ金は違法業者ですので、犯罪に関わっていることも少なくありません。ヤミ金を利用したつもりが、いつの間にか債務者自身が犯罪の片棒を担ぐことにもなってしまうのです。悪気は一切なかったとはいえ、犯罪者になってしまうのは困りますよね。

自己破産しても借金が帳消しにされない

返済に行き詰まったときは、最後の手として自己破産をすることもあります。自己破産が裁判所で認められると、不動産などの財産を手放すことにはなりますが、ほとんどの借金の返済義務が免除されます。

しかし、ヤミ金は違法業者ですので、裁判所の命令に従うとは限りません。返済免除の命令を無視して、あなたに返済を迫ることもあるでしょう。つまり、違法業者を選んでしまうと、自己破産をしたあとも、取り立てが続くケースもあります

ヤミ金以外にもお金を借りてはいけない所

お金を貸してくれる所であっても、ヤミ金は避けなくてはいけません。しかし、注意が必要なのはヤミ金だけではありません。次から次へと新たな詐欺手法が生まれていますので、消費者個人個人が気持ちを引き締め、正規の方法でお金を貸してくれる所を見分ける目を持たなくてはいけないのです。とりわけ次の3つの所には注意をしてください。

個人間融資掲示板

最近、個人間融資を紹介する掲示板が増えています。「お金を貸します」という人と「お金を借りたい」という人が掲示板でやり取りをして、貸し借りをするというシステムになっています。しかし、個人間融資のほとんどはヤミ金です。異常に高い金利を請求され、お金を借りる前よりも経済的に厳しい状況になってしまいます。

ツイッターやインスタグラムなどに突如として現れる「お金貸します!連絡してください」のメッセージも個人間融資です。絶対に避けてください。

クレジットカードの現金化

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。お金が足りなくなったときは、キャッシング枠を使ってATM経由で現金を借り入れできます。

しかし、キャッシング枠を全部使いきってしまったときや元々キャッシング枠がなかったときは、ショッピング枠を使ってお金を作ることがあります。これをクレジットカードの現金化と呼びます。例えばクレジットカードでプリペイドカードやブランド品のバッグなどを購入し、転売業者に売ってお金を得ることは、クレジットカードの現金化です。

一見、特に悪いことのようには見えないかもしれませんが、クレジットカードの現金化はクレジットカードの利用規定で固く禁じられている行為です。クレジットカードのショッピング枠を使って購入した物の所有権は、翌月以降に支払いを済ませるまでは、厳密にはクレジットカード会社にあります。つまり、クレジットカードの利用代金を支払う前にクレジットカードで購入した物を売る行為は、所有権のない物を売る違法行為とみなされるのです。

クレジットカードの現金化の専門業者もありますが、業者を通したところで違法行為であることには違いありませんから、絶対にしないでくださいね。

違法性がすでに証明されている業者

金融庁のサイトでは、違法な金融業者に関する情報を公開しています。例えば、東京経済ファクトリーやサンクイック、株式会社事業サポート信用、株式会社トップセーフティーなどは違法性がすでに証明されているヤミ金です。「この業者の名前は聞いたことがないな」と思ったら、まずは金融庁のサイトでチェックしてみましょう。

お金を貸してくれる違法業者の見分け方

お金を貸してくれるとしても、違法業者と関わってはいけません。しかし、お金を借りるときは気持ちの上でも余裕がないことが多く、金融庁のサイトを確認したり、登録業者番号をチェックしたりできないかもしれません。

簡単に違法業者を見分けるポイントを3つ紹介します。いずれかのポイントに該当するときは、一旦落ち着いて、金融庁のサイトで業者名や登録業者番号を確認してください。

無審査あるいは極甘審査でお金を借りられる

お金を貸すときは、かならず審査をしなくてはいけません。つまり、「無審査でお金を貸します」と謳っている業者は間違いなく違法です。

また、審査をするといっても、「働いていますか?」「はい」「じゃあOKです」くらいの極甘審査では違法業者と考えられます。しっかりと厳しく審査をしてくれる業者で貸してもらいましょう。

身分証明書や携帯電話だけでお金を借りられる

「身分証明書を見せるだけでOK」と謳っている業者や「携帯電話の番号を記入してくれれば貸しますよ」と説明する業者も、無審査ですので違法業者です。

審査は面倒ですから、回避したいと考えるのはごく自然なことです。しかし、審査を回避してしまうと違法業者と関わることになり、結果的には借金取りに追われたり犯罪者になって警察に追われたりする可能性もあります。面倒でもしっかりと審査を実施してくれる所から借りましょう

金利が高すぎor低すぎ

消費者金融の上限金利は年12~18%程度です。法律で定められた貸付金の上限金利は年20%ですので、年20%を超える金利を提示している業者は間違いなく違法業者です。

一方、下限金利に関しては法律で定められていませんので、どんなに低い金利を提示していたとしても金利だけで違法業者とは決めつけられません。しかし、金利が低いということはローン会社側の利益が低いということですから、あまりにも低い金利では経営が成り立たないはずです。

低金利だと思って契約したら、1ヶ月後にはいきなり年20%を超える違法金利が適用されるなどの思わぬ落とし穴があるかもしれません。一般的な消費者金融には考えられないほどの低金利の業者も、警戒しておくほうが良いでしょう。

お金を借りるなら!おすすめの消費者金融5選

どこでお金を借りればよいか迷ったときは、銀行か消費者金融などの金融業者で借ります。急ぎの融資が必要なときは、大手消費者金融がおすすめです。

合法業者で安心して借りられ、しかも申込のタイミングによっては即日融資が可能です。もちろん審査は必須ですので借りられない可能性もありますが、銀行に借りられないときや今すぐお金が必要なときなどに検討してみましょう。

アイフル

アイフルのバナー
おすすめポイント
  • 申込から借入までWEB完結!郵送物一切なし!最短1時間でご融資可能!
  • 最短30分で審査完了!
  • 事前にご融資可能か1秒診断
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 3.00〜18.00%
無利息期間 30日間
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 原則不要(※)
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by アイフル株式会社 ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る ※利用限度額が50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)

アイフルでもスピード審査を実施していますので、当日中にお金を貸してもらうことは可能です。ただし振込融資を利用するときは、平日14:10までに申込手続きが完了していないといけません。

平日14:10までに融資申込の手続きが難しいときは、お近くのアイフルの自動契約機でローンカードを発行してATM経由で融資を受けるか、アイフルアプリをインストールしてスマホATM経由で融資を受けましょう。

なお、融資上限額は800万円、適用金利は年3.0~18.0%です。満20歳以上69歳以下の安定した収入がある方ならだれでも申し込めます。

アコム

アコムのバナー
おすすめポイント
  • 来店不要で審査は最短30分、最短1時間融資可
  • 初めてなら最大30日間金利0円
  • 事前に借入可能か3秒診断
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 3.00〜18.00%
無利息期間 最大30日間
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円まで不要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by アコム株式会社 ※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

アコムでは、最短30分で審査結果が出ます。すぐにアコムの自動契約機でローンカードを発行するなら、1時間以内の融資も可能です。また、楽天銀行ならいつでも1分で振込が可能、その他の銀行でも平日や昼間はほとんどの時間帯でわずか1分での振込が可能です。

融資上限額は800万円と大きく、適用金利も年3.0~18.0%と消費者金融としては平均的です。また、満20歳以上の安定した収入のある方なら申し込むことができますので、高齢の方にも使えるローンと言えますね。

プロミス

プロミスのバナー
おすすめポイント
  • 事前に借入可能か3秒診断可能!
  • 30日間無利息サービスあり!(※)
  • WEB完結なら郵送物不要カードレス
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 4.50〜17.80%
無利息期間 30日間
借入限度額 1万円〜500万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円まで原則不要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。 ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

プロミスも最短30分で審査結果が分かりますので、スムーズに契約と融資が進めば1時間以内にお金を貸してもらうことが可能です。また、三井住友銀行や三菱UFJ銀行、ジャパンネット銀行などの多くの銀行で、わずか10秒で借入できる瞬フリが利用できます。

なお、融資上限額は500万円、適用金利は年4.5~17.8%です。満20歳以上69歳以下の安定した収入のある方なら申し込めます。

SMBCモビット

SMBCモビットのバナー
おすすめポイント
  • 年会費・入会金が無料
  • 最短10秒簡易審査、最短即日融資
  • 来店不要でカード発行!
審査時間 最短30分
融資時間 最短即日
実質年率 3.00〜18.00%
無利息期間 なし
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by 株式会社SMBCモビット ※ 審査時間は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。 ※ 融資時間は14:50迄の振り込み手続き完了で当日振込可。審査結果により不可の場合も有。

SMBCモビットも最短30分で審査結果が分かります。平日14:50までなら最短3分で振込融資が可能ですので、契約がスムーズに進めば1時間以内でお金を貸してもらうことも可能です。

なお、融資上限額は800万円、適用金利は年3.0~18.0%です。満20歳以上69歳以下の安定した収入を持つ方なら申し込めます。

アロー

アローは中小消費者金融ですので、大手消費者金融よりは柔軟な審査が期待できます。また、中小消費者金融としては審査スピードが速く、最短45分で審査結果が分かります

なお、融資上限額は200万円、適用金利は年15.00~19.94%です。満25歳以上65歳以下で健康保険に加入し、勤続年数が1年以上、他社への返済が遅れていない方のみ申し込めます。

お金を貸してくれる所に関するQ&A

お金を貸してくれる所であっても、違法な会社や違法な手段を利用すると、思わぬ高利息に悩まされる恐れがあります。正規の金融機関信用できる人公的機関で借りるようにしてください。お金を貸してくれる所を探している人によくある質問と答えを集めましたので、ぜひご覧ください。

Q1:ブラックかつ生活保護受給中!お金を借りる所はある?

ブラック状態でなおかつ生活保護受給中の場合は、貸してくれる所はほぼありません。もし、ブラックかつ生活保護受給中でも貸してくれる所があるのならば、「違法業者ではないのか?」と疑ってください。

どうしてもお金を借りる必要があるときは、市区町村役場に相談に行きましょう。事情をきちんと説明し、救済を受けられないか、相談してください。

Q2:年金受給中にまとまったお金を貸してくれる所はある?

金融機関によっては、年金も収入の1つとみなして無担保でお金を貸してくれることがあります。しかし、年金受給額が低いときには審査通過も厳しくなりますので、お持ちの不動産を活用してリバースモーゲージを検討してみてはいかがでしょうか。

リバースモーゲージは基本的には返済不要で、契約者が亡くなった後に金融機関が不動産を売却して融資金を回収する融資方法です。高齢であっても融資金を回収できる不動産を保有しているなら利用できます。

また、年金を担保とする年金担保貸付も検討してみましょう。融資可能額は200万円を上限として年金受給額(年額)の0.8倍と大きくはありませんが、年2.1~2.8%(2018年10月時点)の低金利で借りられます。

Q3:消費者金融でお金を借りていると住宅ローンに通らない?

住宅ローンに申し込むと、他社借入についても審査されます。消費者金融でお金を借りているということは、住宅ローン以外にも返済しなくてはいけないローンがあるということです。他社借入がない人と比べると、住宅ローン返済が滞る可能性が高いと判断され、審査通過は厳しくなってしまいます。

とはいえ、消費者金融でお金を借りているときは絶対に住宅ローン審査に通らないというわけではありません。消費者金融などの借入の年間返済額と住宅ローンの年間返済額を合計し、年収の3割程度に収まっているなら、住宅ローンの審査に通過する可能性は充分にあります。

Q4:借金の名義貸しにはどんなリスクがある?

「返済する必要はないから名義だけ貸してほしい」と知人や親戚に頼まれることもあるかもしれません。しかし、名義貸しは犯罪です。しかも、名義を貸すということはあなたの名前で借金契約をするということですから、法的に返済義務を課せられるのはあなた自身ということです。無意味な借金を背負わないためにも、絶対に名義を貸さないようにしましょう。

また、名義を貸してくれと頼む人には、「自己破産をするほうがよいのではないのか?」とアドバイスしてください。正規の業者から借りられなくなっているということは、非常に追い込まれた状況になっているはずです。新たな借金を背負ってもさらに状況を悪化させるだけですので、法の助けを借りて、借金をすべて清算するように勧めましょう

Q5:友人にお金を貸したら返ってこない!どうすべき?

まずは早く返済するように友人に催促してください。催促したという証拠を残すためにも、内容証明郵便で催促状を送りましょう

口約束でも貸し借りの契約は成立しますので、催促状を送ってから弁護士に相談してください。時間はかかりますが、債務者の給与や預金を差し押さえて、貸したお金を回収することができることもあります

なお、友人や家族にお金を貸すときは、あげてもよい金額以上は貸さないようにしましょう。貸し借りをすることで人間関係にひびが入ることは避けたいですから、最初からあげるつもりでお金を渡してください。

Q6:お金が返ってこないときに給料や預金を差し押さえられる?

貸したお金が返ってこないときは、裁判で勝訴すれば債務者の給与や預金を差し押さえて、貸したお金を回収することが可能になります。しかし、裁判するまでに多大な労力とお金がかかりますので、少額を貸すときには裁判で回収するのは現実的でないかもしれません。

「絶対に返済してほしい」と思う金額を貸すときには、かならず公証役場で公正証書を作成してから貸しましょう。公正証書に強制執行認諾条項を付け加えておくと、裁判所を通さずに給与や預金差し押さえといった強制執行が可能になります。

多額のお金を貸すときだけでなく、離婚の際に養育費を決めるときなどにも強制執行認諾条項付きの公正証書は活躍します。個人間でお金に関わる契約をするときは、公正証書の作成を検討するようにしてください。

Q7:お金を貸せとしつこい彼氏!どうすれば?

付き合っている彼氏から「お金を貸して」と頼まれると、「貸さない」ときっぱり断るのは難しいかもしれません。特に同棲中などの親密な関係のときは、貸したくなくても断りづらく感じるでしょう。

「お金を貸して」と言われたときは、貸すのではなくあげてください。毎日「返して」と請求するのもストレスですし、なるべく貸し借りはしたくないものです。

彼氏にお金をあげるのが嫌なときは、別れることも検討しましょう。貸しても貸さなくても、お互いに苦しむことになりかねませんので、幸せな関係を続けられる可能性は低いと言えます。

お金を貸してくれる所は吟味して選ぼう

お金を貸してくれる所は、吟味して選びましょう。お金を借りたばかりにトラブルに巻き込まれるのは困りますよね。合法かつ返済しやすい所を選び、できるだけ短期間で完済して、利息が増えすぎないようにしましょう。

関連記事