更新日:

カードローンでできた借金の返済に困ったときの具体的な対処法を紹介

カードローンでできた借金の返済に困ったときの具体的な対処法を紹介

お金に困っているときに便利なカードローンですが、ついつい借りすぎてしまい「いつの間にか多額の借金を背負っており、返済に追われている」という悩みを抱えた方は少なくありません。

できれば早急に解決したい悩みですが、気軽に相談できるような内容ではないですし、いい方法が見つからず途方に暮れている…という方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなお金の悩みを抱えたあなたに向けて、借金の返済に困ったときの具体的な解決方法を紹介します。

カードローンでできた借金の悩みを解決する方法

早速、借金の悩みを解決する方法を見ていきましょう。

「借金の悩みは解決するのが難しい」と思われがちですが、意外とそんなことはありません。ほとんどの場合は、以下のいずれかの方法で解決することが可能です。

借金の悩みを解決する方法

  • おまとめローンを利用する
  • 借金問題に特化した専門家に相談する
  • 行政などの公的機関に相談する

以下でそれぞれ詳しい方法を紹介します。

おまとめローンを利用する

「他社借入が多い・毎月の返済が辛い…」という方は、おまとめローンの利用がおすすめです。

現在の借入をおまとめローンでまとめると、返済日がひとつになるので管理もしやすいですし、他社借入が多い場合は、毎月の返済額を大幅に減らせる可能性があります。

また、「総量規制(年収の3分の1までしか借りられないルール)に引っかかってしまうので、カードローンを利用することができない」と諦めてしまっている方もいるかもしれませんが、おまとめローンは総量規制の対象外。

そのため、現在の借入金額や年収に関わらず申込むことが可能です。

まずはおまとめローンを検討するのがおすすめ

借金の悩みを解決するには、弁護士などの専門家に相談する手段もありますが、返済計画に余裕を持てそうな方は、まずはおまとめローンの利用を検討するようにしましょう。

というのも、専門家に相談すると債務整理を勧められるケースもあります。

もちろん、場合によっては債務整理が最も最適な選択肢となることもありますが、債務整理してしまうと少なくとも5年はローン商品を利用することができません。

ローン商品が利用できなくなってしまうと、携帯電話を分割で購入することができなくなるなど、普段の生活にも支障をきたす可能性があるので、まずはおまとめローンを検討し、それでもダメだった場合に専門家に相談する、という流れがおすすめです。

カードローンや借金問題に特化した専門家に相談する

「おまとめローンの審査にも通らなかった」という方は、弁護士などの専門家に相談するようにしましょう。

借金や債務整理など、お金の悩みに特化した弁護士事務所はたくさんありますし、無料で電話相談に乗ってくれるケースもあります。

また、最近の弁護士事務所は匿名で相談できるケースが多いので「弁護士に相談するのが初めてで不安…」という方でも、安心してお金の悩みを相談することが可能です。

カードローンでできた借金の悩みは行政などの公的機関にも相談できる

借金などのお金の悩みは、弁護士事務所以外にも、国の公的機関やその他の機関でも無料で相談することができます。

そのなかでも、よく利用されている代表的な機関が以下の3つです。

無料で借金の相談ができる機関

  • 国民生活センター
  • 自治体の無料法律相談窓口
  • 日本貸金業協会

上記の機関に相談することで、返済方法に関してのアドバイスや、債務整理の方法などについて詳しく教えてもらうことが可能です。

ただし、土日は基本的に対応しておらず、電話相談の場合は通話料が発生するケースもあるので注意しましょう。

カードローンの返済を滞納するとどうなるの?

毎月の返済に困っている方の中には「お金が無くて滞納してしまいそう…」という方もいるかもしれません。

ただ、万が一滞納してしまっても、すぐに返済することができればそこまで大きな問題にはなりません。

一番やってはいけないのが「滞納してそのまま放置する」という行為です。返済を放置してしまうと、以下の流れに沿って最終的には給与を差し押さえられてしまう場合もあります。

返済を滞納、放置し続けた場合の流れ

  1. 電話や手紙による督促
  2. 内容証明便にて一括請求書が届く
  3. 裁判を起こされる
  4. 差し押さえ

返済を滞納し続けてしまうと、信用情報に傷がつき、カードローンを利用できなくなってしまうのはもちろん、郵送された督促状から家族にカードローンの利用がバレてしまうなど、さまざまなリスクが伴います。

専門家からのコメント

中村真里子
中村 真里子

カードローン会社からのメールやショートメッセージには必ず返答するようにしましょう。

その際、カードローン会社の担当者に相談してみることです。

電話による督促や督促状を無視してそのまま延滞を続けると一括返済を求められたりもします。

督促状が届いた時点で信用情報に記録されている可能性も高いです。信用情報に傷がつくと(いわゆるブラックリスト)、住宅ローンなども利用できないことがあります。

期日までに借金を返せないというときは、借入先のカードローン会社に相談しよう

経済的な理由などで、止むを得ず返済を滞納してしまいそうなときは、借入先のカードローン会社へ事前に相談するようにしましょう。

止むを得ない事情がある場合は、最大で約30日ほど返済日を延長してもらえる可能性がありますし、事前に相談しておくことで、信用情報にも傷をつけずに済むケースもあります。

また、なかには「カードローン会社に相談するのが怖い…」という方もいるかもしれませんが、カードローン会社側でも想定の範囲内なので、怖い口調で返済を要求されるようなことはありません。安心して相談してください。

ただし、返済日を延長した場合は、年18.0%〜年20.0%ほどの遅延損害金が発生するケースが多いので、相談する際によく確認しておきましょう。

多重債務が原因で借金の返済が辛いなら、債務整理を検討しよう

カードローン会社に相談することで、返済日を伸ばしてもらうことは可能ですが、あまりにも多くの借金がある場合は一時凌ぎにしかならず、また返済に苦しんでしまうケースも少なくありません。

そのため、多重債務に陥っている方は、カードローン会社に返済が難しいことを伝えた上で、債務整理を検討しましょう。

債務整理をすれば、借金の減額や支払いの義務を免除してもらうことができるので、経済的にも精神的にも豊かな生活を送ることができます。

とはいえ「債務整理後は、最低でも5年間ローンを利用できない」などのデメリットもあるので、債務整理をする際はよく考えた上で手続きを進めるようにしましょう。

専門家からのコメント

中村真里子
中村 真里子

債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」があります。どれにも共通しているのは信用情報の事故情報(ブラックリスト)に載ることです。

「自己破産」の場合は借入金が全額免除されるのに対して、「任意整理」の場合は原則、利息のみが免除となります。

一方、「自己破産」は手続きの面では煩雑となり、裁判所へ出廷しなければなりませんし、官報にも掲載されます。

どの債務整理を選ぶことがご自分にとってベストなのかを専門家とよく話し合いましょう。

カードローンによる借金をやめたいのにやめられない、という方におすすめの制度

ギャンブル依存症や浪費癖が抑えられないなどの理由で、借金をやめたいのに、どうしても借金をしてしまう…。そんな方におすすめの制度が、全国銀行協会が実施している「貸付自粛制度」という制度です。

貸付自粛制度とは、カードローン会社から新たに借入ができないように、貸付を自主的に制限できる制度のことです。

この制度を利用すれば、お金を借りたくても借りれない状況を自ら作ることができるので、これ以上借金を増やす心配がありません。

自分の抑止力に自信がない方は、ぜひ利用してみることをおすすめします。

カードローンでできた借金の解決方法まとめ

今回の記事では、借金の返済に困ったときの具体的な解決方法について解説しました。

借金の悩みがあると精神的にも追い詰められてしまい、いい解決方法に辿り着けないこともありますが、おまとめローンや無料の相談窓口を上手く活用することで、意外とすんなり解決することが可能です。

ただし、返済を滞納してしまうと、おまとめローンの審査にも不利になってしまいますので、できれば返済を滞納してしまう状況に陥る前に行動するようにしましょう。

専門家からのコメント

中村真里子
中村 真里子

カードローンを利用される際には、借入金、期間、利息などを一覧表にまとめておくことをご提案します。返済する度に金額を消していき借入金が0になるまでを目で確認できるようにしておくことです。

頭の中だけで考えているのでは「借入」をしているという実感が乏しくなると思われます。

返済が厳しくなってきたと思ったら、カードローン会社や専門家などに速やかにご相談することをおすすめします。

何より、後々のためにもご自分の信用情報に傷をつけること(ブラックリストに載ること)は避けなければなりません。

仕事は経理事務が長く、裕福ではない家庭で育った経験、がんサバイバーとしての経験、現在直面している介護の問題などを皆さまにお伝えして参考にしていただければと思います。20代の頃からの株式投資経験を基に資産形成のお手伝い(金融商品や保険商品は販売しておりません)、社会保険に関する知恵、家計簿歴10年の家計管理のコツなどもお伝えできればと思っています。今後は成年後見制度の周知を目標に皆さまの老後の不安を少しでも軽くできるようなお手伝いをしたいと考えています。

中村 真里子の監修記事・プロフィール一覧へ

作曲・編曲などの仕事を経て、専業ライターに。音楽系の記事が得意と思われがちですが、金融・ビジネスに関するテーマが一番得意です。自身が経済的に苦労した経験を活かし、誰よりも分かりやすくお金の知識をお届けします。他にもプログラミング、webデザイン、VODなど様々なジャンルの記事を執筆しています。趣味はプログラミング・アニメ・旅行・ギターの演奏・ミルクティーの飲み比べ。投資にも興味があり、お金の上手な使い方を勉強中です。

谷本 健の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事