更新日:

カードローンで100万~200万円借りるときの金利は何%?利息・返済額も試算してみよう

カードローンで100万~200万円借りるときの金利は何%?利息・返済額も試算してみよう

カードローンは少額が足りないときはもちろん、100万~200万円のまとまったお金が足りないときにも活用できるローンです。

ほかのローン商品と比べて申込手続きが簡単で融資までのスピードも速いので、カードローンの利用を検討している方も多いでしょう。

とはいえ、気になるのが金利です。

カードローンで100万~200万円を借りるとどの程度の金利が適用されるのか、また、利息や返済額はどの程度になるのかについてまとめました。普段からカードローンをご利用の方も、新たにカードローンの利用を検討している方もぜひご覧ください。

カードローンで100万〜200万円借りたときの金利は何%?

結論からいうと、100万〜200万円を借りるときの金利は、かならず15%以下になります。さらに、金融機関によってはもっと低い金利で借りることもできるでしょう。

銀行や消費者金融がお金を貸すときの金利は利息制限法で決められています。

利息制限法では借入金額が100万円以上のときの金利は年15%以下と定められているため、上限金利が年17〜18%の消費者金融カードローンを利用する場合でも、100万円以上を借りるときは常に年15%以下の金利が適用されます

利息制限法で定められている貸付金利
貸付金額 適用金利(実質年率)
10万円未満 年20%以下
10万円以上100万円未満 年18%以下
100万円以上 年15%以下
(※)契約極度額まで自由に借り入れできるカードローンでは、実際に借りる金額ではなく契約極度額によって適用金利が決まります。たとえば契約極度額が100万円で実際の借入額が10万円のときは、年15%以下の金利が適用されます

金利はいくら?カードローンで100万円以上借りた人の口コミをチェック

では、100万円以上をカードローンで借りている方は、実際にどの程度の金利が適用されているのでしょうか。

マネ会に寄せられたカードローンユーザーの口コミから、借入限度額が100万円~300万円のときの適用金利の分布を見ていきましょう。まずは、銀行カードローンを利用している方の適用金利の分布をご紹介します。

【銀行カードローン】借入限度額が100万~300万円未満の方の適用金利
年5%未満 1%
年5%台 4%
年6%台 6%
年7%台 5%
年8%台 10%
年9%台 8%
年10%台 8%
年11%台 7%
年12%台 20%
年13%台 7%
年14%台 22%
年15% 1%

100万円~300万円未満を銀行カードローンで借りている方の過半数は、年11%以上の金利が適用されていることが分かります

また、多くはありませんが、年5%以下の低金利で銀行カードローンを利用できている方もいます。

さらに、実際に100万円以上のお金を借りた人の感想もチェックして見ましょう。

(40代 / 男性 / 会社員 / 年収400~600万円未満 / 借入金額100~300万円未満)

金利の計算方法は、以前より知っておりましたが、本当に正しいのか、本当にその金利での返済金額なのか、といった不安がありましたが、住信SBIネット銀行のホームページを閲覧し、確実に理解することができました。

<適用金利:年6.39%>

こちらの方は住信SBIネット銀行カードローン(ミスターカードローン)に申し込み、100万円~300万円未満の融資を受けています。

適用金利は年6.39%と低く、無理なく返済できそうです。とはいえ、カードローンの金利が低くても、高額を借りているときは利息がかさんでしまいます。

この方のようにカードローン会社の公式サイトの情報を活用し、利息をきちんと計算しておきましょう。

次は、消費者金融のカードローンで100万円~300万円未満を借りている方の適用金利を見てみましょう。

【消費者金融カードローン】借入限度額が100万円~300万円未満の方の適用金利
年11%台 3%
年12%台 10%
年13%台 13%
年14%台 29%
年15% 45%

銀行カードローンと比べると、消費者金融カードローンは適用金利の幅が狭いことが特徴です。10%未満で借りられた人は1人もいないので、銀行カードローンと比べると高めの金利であることを裏付ける結果となりました

また、消費者金融カードローンを利用しているほぼ半数の方は、利息制限法で定められている最高金利である年15%でお金を借りています。

消費者金融のカードローンで100万円、200万円の借入を申し込むときは、金利は年15%が適用されるかもしれないと思っておいてよいでしょう。

実際に消費者金融のカードローンで100万円以上のお金を借りている方の口コミを紹介します。

(30代 / 男性 / 会社員 / 年収400~600万円未満 / 借入金額100~300万円未満)

金利については店頭に借入金に対しての金利の割合がパンフレットに記載しているので分かりやすいですし、何よりも審査が通った際に契約書に正式な金利の割合がでてますので初めての人でもわかりやすいと思います。また借入する金額によって金利の割合も下がるので、多めに借りたい方も安心だと思います。

<適用金利:年14.5%>

こちらの方はレイクALSAに申し込み、年14.5%の金利が適用されています。やはり銀行カードローンと比べると消費者金融のカードローンは高金利になることが多いようです。

100〜200万円借りたときの適用金利を公開している大手銀行カードローンも

大手銀行カードローンの場合、契約極度額ごとの適用金利を公開していることがあります。

全国どこにお住まいの方でも申し込めるみずほ銀行カードローンと三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)、三井住友銀行のカードローンの金利を見てみましょう。

契約限度額が100万円と200万円の場合、各カードローンの適用金利は以下の通りです。

銀行カードローンの借入限度額と適用金利
カードローン 借入限度額が100万円 借入限度額が200万円
みずほ銀行カードローン 年12.0%(※) 年9.0%(※)
三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック) 年13.6~14.6% 年10.6~13.6%
三井住友銀行のカードローン 年12.0~14.5% 年10.0~12.0%
(※)みずほ銀行で住宅ローンを借り入れている方は、カードローンの適用金利が年0.5%低くなります


適用される金利帯が公開されているのはうれしいですね! 

多くのカードローンでは審査結果が出るまで適用金利がわからないので、この点はメガバンクのカードローンの長所といえるでしょう。

銀行カードローンは、消費者金融よりも金利が低い傾向にあります。上記の金利に納得できたら、メガバンクのカードローンで100〜200万円を借りることを検討してみましょう。

「100万円借りたとき」と「200万円借りたとき」の利息・返済額を比較してみた

実際に利息がいくらになるのか、カードローンで100万円を借りた場合200万円を借りた場合でシミュレーションしてみましょう。

毎月の返済額も紹介しますので、カードローンで高額を借りたときに家計にどの程度の影響が及ぶのかチェックしてみてください。

アコムから金利15%で100万・200万円借りる場合の利息・返済額

消費者金融で人気No.1のアコムのカードローン。アコムで100万円以上を借りて、利息制限法で定められている上限金利である年15.0%が適用されたと仮定します。

アコムのカードローンで100万円と200万円を借り、月に1度最低返済額を返済する場合の利息・返済額を公式シミュレーションで試算してみました。

カードローン会社で定められている最低返済額だけを返済していると利息が高額になりますので、余裕があるときは任意返済をおこなうようにしましょう。

アコムのカードローンで100万円を年15.0%で借りた場合
毎月の返済額 返済回数 総返済額 総利息額
20,000円 79回 1,579,052円
579,052円
30,000円 44回 1,301,674円 301,674円
40,000円 31回 1,206,514円 206,514円
50,000円 24回 1,157,936円 157,936円
アコムのカードローンで200万円を年15.0%で借りた場合
毎月の返済額 返済回数 総返済額 総利息額
40,000円
79回 3,158,176円 1,158,176円
50,000円 56回 2,789,895円 789,895円
80,000円 31回 2,413,045円 413,045円
100,000円 24回 2,315,885円
315,885円
(※)アコム「ご返済シミュレーション」をもとに、毎月1回返済した場合のシミュレーションです。なお、上記のシミュレーション結果は目安です。参考値としてご活用ください


アコム
アコムのバナー
おすすめポイント
  • 30日間金利0円サービス
  • ご利用可能金額は 1万円~800万円、ご利用用途は自由
  • お客さまのご都合にあった方法でお借入、ご返済が可能
実質年率
3.00〜18.00%
借入限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アコム株式会社

みずほ銀行カードローンから上限金利で100万・200万円借りる場合の利息・返済額

メガバンクでもっとも上限金利が低いみずほ銀行カードローン。100万円と200万円を借りた場合の返済額や利息を、みずほ銀行カードローンの公式シミュレーションで試算しました。

なお、みずほ銀行カードローンでは毎月の最低返済額は借入残高で決まりますので、返済し続けると毎月の返済額も少なくなり、なかなか借入残高が減らなくなってしまいます。次のシミュレーションを参考に、できるだけ毎月多額を返済できるように計画を立ててください

また、みずほ銀行カードローンでは年12.0%の金利で100万円を借りる場合の月々の最低返済額は20,000円ですが、年9.0%の金利で200万円を借りる場合の月々の最低返済額も20,000円です。

200万円を毎月20,000円ずつ返済すると毎月の返済負担は少ないですが、アコムよりも総利息額が増えてしまい、結局は損をすることになります
。無理のない範囲で毎月多めに返済できるように工夫していきましょう。


みずほ銀行カードローンで100万円を年12.0%で借りた場合
毎月の返済額 返済回数 総返済額 総利息額
20,000円 73回 1,413,395円 413,395円
30,000円 43回 1,237,586円 237,586円
40,000円 31回 1,169,915円
169,915円
50,000円 25回 1,133,910円 133,910円
みずほ銀行カードローンで200万円を年9.0%で借りた場合
毎月の返済額 返済回数 総返済額 総利息額
20,000円 190回 3,771,250円 1,771,250円
40,000円 65回 2,540,200円 540,200円
50,000円 50回 2,408,262円 408,262円
80,000円 30回 2,241,647円 241,647円
100,000円 24回 2,192,774円 192,774円
(※)みずほ銀行カードローン「返済回数シミュレーション」をもとに試算しました。上記のシミュレーション結果は目安です。参考値としてご活用ください


みずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローンのバナー
おすすめポイント
  • 金利年2.0%~14.0%と納得の金利!
  • 最高ご利用限度額800万円
  • 初心者の方に最適!安心の1枚!
実質年率
2.00〜14.00%
借入限度額
800万円
審査時間
公式サイト参照
融資時間
公式サイト参照
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
公式サイト参照
【PR】Sponsored by 株式会社みずほ銀行

「返済額が少ない」=「お得なカードローン」ではない

月々の返済額が少ないと、カードローンの返済負担が軽減します。しかしながら、なかなかカードローンの借入残高が減らないため、返済期間が長引いてしまいます。

たとえば、みずほ銀行カードローンで最低返済額だけを返済した場合をシミュレーションしてみましょう。

みずほ銀行カードローンで200万円を年9.0%で借りている場合は、返済回数が190回、返済総額は3,771,250円にもなり、実に1,771,250円もの大金を利息として支払うことになるのです。

毎月の返済額が少なく設定されているカードローンや、みずほ銀行カードローンのように借入残高が減ると毎月の返済額も減るカードローンを利用するときは、少しでも利息を減らすためにも任意返済を繰り返して早期完済を目指しましょう

カードローンで100万〜200万円借りたいときの審査は厳しい?

カードローンでお金を借りるためには、カードローン会社の審査に通過しなくてはなりません。

やはり、100万〜200万円ほどのまとまった金額ともなれば、審査も厳しくなってしまうのでしょうか? カードローンで100万〜200万円借りるときの審査難易度について見ていきましょう。

借入金額が高額になるほど審査難易度は高くなる!

カードローンの審査では、借入金額が高額になるほど審査難易度が高くなる傾向にあります

つまり、100万〜200万円の高額をカードローンから借入れるときは、少額をカードローンで借りる場合と比べて慎重な審査がおこなわれる可能性が高いのです。

100万〜200万円を借りたいときの審査に通るコツは?

高額をカードローンから借り入れるときは、少額をカードローンで借りるとき以上に慎重に準備をする必要があります。

すでに別のカードローン会社を利用している方は、少なくとも返済を滞納していないか確認しておきましょう。

また、クレジットカードの支払いや携帯電話の割賦払いも遅れていないかチェックしてください。カードローンの審査におけるそのほかのチェックポイントについては、次の記事で詳しく解説しています。

カードローンの審査基準や審査に落ちる原因、審査通過のコツを徹底解説!

100万〜200万円を借りたいときは収入証明書が必要になる?

カードローンは簡単な手続きでお金を借りられることが特徴のローン商品です。

運転免許証などの本人確認書類だけでもカードローンの契約手続きが完了することがあり、外出先でも気軽に申し込めます。

しかしながら、100万円を超える高額を借りるときは、手軽さが特徴のカードローンであっても収入証明書などの提出を求められることがあります。消費者金融カードローンと銀行カードローンのケースに分けて見ていきましょう。

消費者金融カードローンでは100万円の借入には収入証明書類提出は必須

1つの貸金業者から50万円超を借りるときや、複数の貸金業者からの借入総額が100万円超を借りるときには、収入証明書類を提出しなくてはならないと貸金業法で定められています。

そのため、消費者金融のカードローンで100万円超を借りるときは、かならず収入証明書類を提出してください。

なお、提出できる収入証明書類の種類は、カードローン会社によって異なります。カードローン会社の公式サイトやオペレーターから確認し、正しい書類を提出するようにしましょう。

収入証明書はなぜ提出が必要なのか?その種類や取得方法について解説

銀行カードローンも100万円の借入には収入証明書類提出が一般的

銀行カードローンの審査は貸金業法の影響を受けません。そのため、50万円を超える融資額を希望するときやほかのカードローンとの合計借入額が100万円を超えるときでも、収入証明書類不要で申し込めることがあります。

しかしながら、銀行ごとに書類提出基準が定められているため、銀行カードローンでも高額を借り入れるときは収入証明書類の提出を求められることが多いです。

実際に、みずほ銀行カードローンや三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)などのメガバンクカードローンでは、50万円を超える借入限度額を希望するときは収入証明書類の提出を求められます。

「銀行カードローンだから収入証明書類の提出は不要」と思い込まず、もしも提出を求められてもすぐに応じられるよう、事前に収入証明書類を用意しておけるとよいでしょう。

100万〜200万円を借りるためにはどのくらいの年収が必要?

カードローンの審査では、申込者の年収もチェックされます。やはり、100〜200万円という金額を借りるには、高額な年収が必要になるのでしょうか?

マネ会に寄せられた口コミから、カードローンで100万円~300万円未満を借りた方の年収をまとめてみました。

3人に1人は年収200~400万円未満であることからも、100万円をカードローンで借りることはそこまで高いハードルでないことが分かります。

カードローンで100万~300万円未満を借りた方の年収
年収 割合
200~400万円未満 31%
400~600万円未満 50%
600~800万円未満 13%
800~1,000万円未満 4%
1,000万円以上 2%

消費者金融カードローンの借入額は年収の1/3まで!

貸金業者のカードローンは総量規制の影響を受けるため、借入希望額の3倍以上の年収が求められます。

ただし、これは他社のカードローン等からお金を借りていないときの年収です。

他社借入があるとさらに借りられる金額が減りますので、消費者金融カードローンに申し込む前に、借入額が年収の何割程度になるのか計算しておきましょう

100〜200万円を借りるには300〜600万円の年収が必要

総量規制の影響により、100万円を消費者金融カードローンで借りるためには、最低でも300万円以上の年収が必要です。

また、200万円を消費者金融カードローン借りるためには、最低でも600万円以上の年収が必要になります。

消費者金融カードローンや信販会社のカードローン、クレジットカードのキャッシング枠はいずれも総量規制が適用されますので、希望限度額の3倍以上の年収があるのか確認してください。

銀行カードローンも借入額と年収は無関係ではない

銀行カードローンでも総量規制に準じた自主規制をおこなっていることがあるため、年収と契約可能額とは密接な関係があります

消費者金融カードローンのように厳密に年収の1/3以下と決められているわけではありませんが、申込者の年収で無理なく返済できる程度の融資を受けられるようになっています。

そのため、「銀行カードローンなら年収の1/3を超えて借りられる」と決めつけず、十分に余裕を持って返済できる借入額を希望するようにしましょう。

「100万〜200万円を借りるなら銀行カードローンがおすすめ」って本当?

「100万〜200万円といったまとまった金額を借りたいなら、銀行カードローンのほうがよいのか?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。

それでは、100〜200万円を借りるときの借入先は、どのような基準で選べばよいのでしょうか? この章では、まとまった金額を借りるときにおすすめなカードローンについてご紹介します。

返済期間が長期化しそうな人のおすすめは金利が低めな銀行カードローン

カードローンで高額を借りれば借りるほど、返済期間が長引く傾向にあります。返済期間が長引くと利息も高額になってしまいますので、少しでも低金利なカードローンで借りて利息を減らしたいものです。

消費者金融よりも金利が低い傾向にある銀行カードローンは、やはり高額融資を受けるときにはぜひ検討したいですね。ただし、J.Scoreなど銀行カードローンよりも金利が低めな消費者金融も存在するので、低金利なカードローンを多角的に検討するのがおすすめです。

低金利なカードローン7選を徹底比較!さらにお得に利用するためのポイントもご紹介

また、普段からメガバンクを利用している人なら、利用しているメガバンクのカードローンも利便性が高いのでおすすめです。

3大メガバンクでは100万〜200万円を借りたときの適用金利が公開されていますが、そのなかでももっとも金利が低いのはみずほ銀行カードローンです。

100万円を借りるなら年12.0%、200万円を借りるなら年9.0%が適用されます。住宅ローンも利用するとさらに金利が下がるので、みずほ銀行を頻繁に利用している人にはオススメの商品といえるでしょう。

みずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローンのバナー
おすすめポイント
  • 金利年2.0%~14.0%と納得の金利!
  • 最高ご利用限度額800万円
  • 初心者の方に最適!安心の1枚!
実質年率
2.00〜14.00%
借入限度額
800万円
審査時間
公式サイト参照
融資時間
公式サイト参照
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
公式サイト参照
【PR】Sponsored by 株式会社みずほ銀行

100万円・200万円の短期完済が可能なら無利息サービスに注目

近々まとまったお金が入ってくる予定がある方は、高金利のカードローンで借りても利息が膨れ上がりにくいです。

消費者金融カードローンで借りて、短期間で返済することも検討してみましょう。大手の消費者金融カードローンでは、無利息サービスをおこなっていることがあります。

無利息期間中に完済できれば利息0円! アコム・アイフル・プロミスといった大手消費者金融では無利息サービスが展開されているので、短期返済できそうな方はぜひこちらも検討してみましょう。

⇒無利息サービスがあるおすすめ商品について詳しくはコチラ

100万円・200万円を借りるときは相応の準備と計画が必要!

100万円・200万円をカードローンで借りるときは、ご自身の年収や現在の借入状況、返済状況を一度振り返ってから申し込むようにしましょう

また、カードローンの返済についてもしっかりと吟味する必要があります。無理なく返済できるのかシミュレーションし、借入額をできるだけ減らすようにプランニングしましょう。

高額を借り入れるときのチェックポイント
  • 無理なく返済できる金額かシミュレーションする
  • 収入証明書類を準備する
  • 消費者金融カードローンに申し込むときは希望限度額が年収の1/3以下か確認する

この記事を読んでくれたみなさまが、ご自身に合った商品を選び、お得にカードローンを利用してくださることを祈っています。

<参考記事>
【アコム公式】ご返済シミュレーション
返済回数シミュレーション|みずほ銀行

投資信託・株式の運用歴20年以上。相続問題が発生したことを機に、ファイナンシャルプランナー2級とAFPの資格を取得。 大学や省庁で研究活動をおこないながら、2014年度からはマネーやファイナンス、医学関係の執筆活動を開始。 ライフマネープランニングやIPO投資、金融詐欺の見分け方、ローン・クレジットカードの使い方などを得意テーマとしている。 現在メインで利用しているカードはアメリカンエクスプレスのプラチナ。招待制から申込制に変わって、ちょっと残念に思う毎日。

林 泉の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事