更新日:

LINEポケットマネーでお金を借りるには?審査や利用の流れ、返済方法まで詳しく解説

LINEポケットマネーでお金を借りるには?審査や利用の流れ、返済方法まで詳しく解説

来店不要でお金を借りられるローン会社は多くあります。大手消費者金融なら、カードレスで利用できるローン商品を展開している場合もあります。

しかし、「LINEだけで利用できるローン商品がある」と聞けば、驚く方もいらっしゃるのではないでしょうか。それが、申込・契約・借入・返済などをLINE上で完結できる、LINEポケットマネーという新しいローンサービスです。

この記事では、「LINEポケットマネーとはどんなサービスなのか?」という点に始まり、LINEスコアを利用した審査や借入・返済方法について、詳しく解説します。

アコムのバナー 【PR】Sponsored by アコム株式会社
アイフルのバナー 【PR】Sponsored by アイフル株式会社

LINEポケットマネーとは?

LINEポケットマネー(LINE Pocket Money)とは、担保・保証人不要の個人向けローンサービスです

申込から借入・返済までLINE上で完結できるため、店舗やATMに出向く必要がありません。また、1円単位でお金を借りることができるので、必要な金額を必要なだけ借りれば、借入額を最小限に抑えることができるのも特長です。

提供元は貸金業者のLINE Credit株式会社

LINEポケットマネーを提供しているのは、貸金業者のLINE Credit株式会社です。

LINEポケットマネーは貸金業者の無担保ローンですので、総量規制が適用されます。そのため、原則として年収の3分の1を超える金額を借りることはできません。

LINEポケットマネーはLINE Payと連動したサービス

LINEが提供しているサービスの1つに、キャッシュレス決済サービスのLINE Payがあります。

LINEポケットマネーはLINE Payと連動したサービスで、LINEポケットマネーで借入手続きをすると、LINE Payに借入金がチャージされます

キャッシュレス決済ができる場面なら、LINE Payを使ってそのまま決済をすることができます。また、LINE Payからお持ちの銀行口座に送金し、銀行のキャッシュカードを使って対応するATMから現金を引き出すこともできます。

LINE Pay(ラインペイ)とは?使い方やチャージ方法からキャンペーン情報まで徹底解説
LINE Pay(ラインペイ)とは、SNSでおなじみの「LINE」が提供するキャッシュレス決済・送金サービスです。お店やオンラインショッピングでの支払いに利用できるほか、友だち同士での送金・割り勘なども簡単におこなえます。LINEユーザーであれば誰でも利用可能で、審査はなく、わずか数分で登録が完了するので手間もかかりません!

LINEポケットマネーでの借入状況はLINEでお知らせ

LINEポケットマネーの借入状況については、いつでもLINEポケットマネーのアプリで確認できます。また、返済日の3日前にはLINEのメッセージでお知らせが届きますので、忘れずに返済額を入金しておくことができます。

こまめにメールを確認しないという方でも、LINEならメッセージが届くたびに音声が流れるように設定しておけますし、未確認メッセージをポップアップでスマホの画面でチェックすることも可能です。遅れずに返済しやすい点も、LINEポケットマネーの特徴の1つと言えるでしょう。

LINEポケットマネーのサービス概要をご紹介。金利や限度額は?

LINEポケットマネーは、ローン用のカードがなくキャッシュレスで利用できるローンサービスです。

しかも、借入金は自動的にLINE Payにチャージされますので、銀行口座に振り込む手間もかかりません。それでは早速、金利や限度額など、LINEポケットマネーのサービス内容を見ていきましょう。

貸付利率(実質年率)と限度額

LINEポケットマネーの貸付利率(実質年率)は3.0~18.0%です。

審査によって3.0~18.0%(実質年率)の範囲内で適用金利が決まります。返済に遅れると通常の金利ではなく遅延損害金利率が適用されます。遅延損害金利率は年20.0%と高いですので、返済に遅れないように注意しましょう。

また、借入限度額は5~100万円です。大手消費者金融銀行カードローンと比べると融資額は少額ですので、少しお金が足りないときに適したサービスです。

返済方式と返済回数

返済方式は残高スライド元利定額リボルビング払いです。借入残高に応じて毎月の返済額が決まります。

また、審査によって決定した極度額が30万円以下の方の返済期間は1ヶ月~36ヶ月、返済回数は1回~36回です。一方、審査によって30万円を超える極度額に決まった場合は、返済期間は1ヶ月~60ヶ月、返済回数は1回~60回になります。

LINEポケットマネーの審査はLINEスコアを活用

LINEポケットマネーの審査は、LINEスコアを活用しておこなわれます。LINEスコアとは信用スコアを診断するサービスの1つで、名前の通りLINEが提供しています。

LINEスコアの規約に同意してライフスタイルに関する15の質問に答えると、質問への回答とLINEサービスの利用状況をもとに100~1,000点の範囲で点数が決まります。

スコアが算出されると、スコアをもとに貸付金利や極度額の仮条件が提示されます。

関連会社の審査ノウハウも活用される

なお、LINEポケットマネーの審査結果は、LINEスコアだけで決まるわけではありません。

LINEポケットマネーの審査では、通常のローン商品のように信用情報や、金融機関が持つ与信審査のノウハウも加味されています。LINEスコアによって算出された金利と限度額の仮条件が、上記の審査結果によって覆ることもあるので注意が必要です。

なお、LINE Credit株式会社は、LINE Financial株式会社と株式会社みずほ銀行、株式会社オリエントコーポレーションによる合弁会社です。

そのため、みずほ銀行やオリエントコーポレーションの与信審査ノウハウが審査に活かされている可能性が高いです。つまり、LINEスコアと金融機関による従来の与信審査の双方によって、LINEポケットマネーの審査結果は決まるということです。

信用情報も審査には影響を及ぼす

信用情報の仕組みを表す画像

LINEスコアでは、申込者が自己申告した内容に基づきスコアリングが実施されます。しかし、なかには少しでもよいスコアを得ようと、虚偽の申告をおこなう方もいるかもしれません。

他社借入などについて虚偽の申告をおこなっても、LINEポケットマネーの審査では信用情報も照会されるので、すぐに嘘がバレてしまいます。情報を申告する際には、かならず正しい情報を申告するようにしましょう。

信用情報機関はどんな情報があるのか?また情報開示についても解説
住宅ローンやカードローンなどお金を借り入れる際には、信用情報機関というあまり馴染みのない言葉を耳にすることがあるかと思います。この記事ではその信用情報機関について、詳しく解説していきます。

審査結果はLINEアカウントに届く

LINEポケットマネーの審査結果と貸付条件は、LINEアカウントに届きます。借入や契約などのすべての手続きもLINEでやり取りしますので、メッセージ確認が容易で、見落としを減らせるというメリットがあります。

また、メールで審査結果が届く場合、ローン会社のアドレスをドメイン登録していないと迷惑メールフォルダに入ってしまったり、ブロックされて届かなかったりすることがあります。

LINEスコアでもLINEポケットマネーでも、連絡事項はLINEアカウントに直接届くため、日頃からLINEを使っている方であれば非常に便利に使えるのではないでしょうか。

LINEポケットマネーの利用の流れは?申込から借入までLINE上で完結!

この章では、LINEポケットマネーに申し込んでから借入までの流れを見ていきましょう。

すべての手続きはLINEを利用しますので、スマートフォンかタブレット、パソコンなどデバイスがインターネットにつながっていることが条件となります。

LINEポケットマネーの利用までの流れ

  1. LINEスコアでスコアリング
  2. LINEポケットマネーに申し込む
  3. 本人確認と審査
  4. 審査結果をLINEで連絡・契約手続き
  5. LINE Payに借入額がチャージされる

1.LINEスコアでスコアリング

まずはLINEスコアでスコアリングをします。LINEアプリをインストールしていない方は、Google PlayかApp Storeでインストールしましょう。

LINEアカウントを作成し、ウォレットのタブを開くとスコアのアイコンが見つかります。アイコンをタップして「スコアを診断する」をクリックし、質問に答えてスコアリングを実施してください。

2.LINEポケットマネーに申し込む

LINEスコアでスコアリングが終了すると、LINEポケットマネーの申込タブが表示されます。タブをクリックして、申込へと進みましょう。

なお、この後、本人確認をおこないますが、本人確認の過程でLINE Payに登録していることが必要となります。

まだLINE Payの登録がお済みでない方は、LINEアプリのウォレットタブを開き、「LINE Payをはじめる」と書かれている部分をタップして登録手続きをしてください。

3.本人確認と審査

LINE Payの登録が済んでいる場合は、本人確認へと進みます。

本人確認の方法は3つあり、銀行口座を使うケースとスマホのカメラ機能を使うケース、郵送で本人確認をするケースがあります。

LINE Payに銀行口座を登録している場合は、銀行口座を使って本人確認をおこなうとスムーズです。

LINE Payに銀行口座を登録していない場合は、スマホか郵送で本人確認を実施します。本人確認が完了し、LINEポケットマネーの申込フローと利用規約の確認が終わると、いよいよ審査に進みます。

4.審査結果をLINEで連絡・契約手続き

LINEポケットマネーからLINEアカウントに審査結果の連絡が入ります。

審査に通過していた場合は、規約内容を確認し、返済方法を設定してから契約します。なお、審査結果だけでなく契約手続きも、すべてLINEアカウントに連絡が届きます。

5.LINE Payに借入額がチャージされる

審査によって決まった極度額内でお金を借ります。

LINEポケットマネーの「借入する」タブをクリックし、借り入れたい金額を入力して借入を実行しましょう。1円単位で借りられますので、必要な金額だけを借りるようにしてください。

なお、借入額はLINE Payにチャージされます。チャージ費用は無料ですので、こまめに借入を繰り返しても手数料は一切発生しません。

LINEポケットマネーの返済方法

お金を借りたら返す必要があるのは、LINEポケットマネーでも他社のカードローンでも同じです。LINEポケットマネーには2つの返済方法があります。

返済方法

  1. LINE Payの残高から自動振替
  2. 銀行口座からの振替

1.LINE Payの残高から自動振替

LINEポケットマネーでは、LINE Payの残高から自動振替で返済できます。

LINEポケットマネーの約定返済日は毎月16日か26日(金融機関の休業日にあたるときは翌営業日)ですので、返済日までにLINE Payに入金しておきましょう。

2.銀行口座からの振替

LINE Payの残高が返済額に満たない場合は、LINE Payに紐付けた銀行口座から自動的に不足分がLINE Payに振り替えられ、LINE PayからLINEポケットマネーの返済額が引き落とされます。

そのため、万が一、LINE Payに入金していなかった場合でも、返済遅延とはなりません。しかし、LINE Payに紐付けた銀行口座の残高が不足している場合は、引き落としができず、LINEアカウントに連絡が届くことがあります。

LINEポケットマネーのQ&A

LINEのサービスやLINE Payを普段から利用している方なら、すべてLINEで完結できるLINEポケットマネーは使いやすいと感じるのではないでしょうか。

LINEポケットマネーはAndroidユーザーは2019年8月29日から、iOSユーザーは2019年9月2日から利用できるサービスです。LINEポケットマネーのよくある質問と答えをまとめましたので、LINEポケットマネーに申し込む前に気になる疑問を解消しておきましょう。

Q1:LINE Scoreでスコアリングするメリットは?

LINEスコアを診断すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

まず、LINEポケットマネーでは、LINEスコアを利用していなければ審査を受けることができません。そのため、LINEポケットマネーの審査を受けられるようになる、という点はメリットの1つです。

また、LINEスコアでは利用者のスコアに応じて、キャンペーンや特典を紹介してくれることがあります。クーポンのプレゼントや抽選などがおこなわれている場合があるので、気になるかたはLINEスコアを試してみるとよいでしょう。

また、LINEスコアはLINE Payのマイカラープログラムとも連動しています。これは、LINEスコアで一定以上の数値が算出されると、LINE Payの利用金額にかかわらずインセンティブを受けることができるというものです。

つまり、LINEスコアでよい診断結果が出れば、LINE Payをお得に利用できるということですね。LINE Payのマイカラーについては、下記の記事で詳しく解説しています。

LINE Pay(ラインペイ)はマイカラーによって高還元率になる!確認方法や注意点についても解説
LINE Payマイカラーについて説明しています。LINE Payでの決済金額に応じてポイント還元率が変動し、LINE Payでの決済金額が大きくなればなるほど還元率は高くなります。いくらLINE Payを利用すればよいのか、対象となる決済方法は何かなどLINE Payマイカラーについて詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

Q2:LINEポケットマネーの金利は高い?

LINEポケットマネーの金利は3.0~18.0%(実質年率)ですが、これはほかの大手消費者金融と同程度です。

例えば、アイフルアコムの金利は、LINEポケットマネーとまったく同じ3.0~18.0%(実質年率)です。

そのため、LINEポケットマネーは貸金業者としては一般的な金利設定と言えるでしょう。

しかし、大手消費者金融では無利息サービスを実施していることがあるため、借入期間によってはLINEポケットマネーよりもお得に利用できることがあります。

たとえばアコムの金利はLINEポケットマネーと同じですが、初回契約日の翌日から30日間の無利息サービスを実施しています。

アコムのバナー
おすすめポイント
  • 来店不要で審査は最短30分、最短1時間融資可
  • 初めてなら最大30日間金利0円
  • 事前に借入可能か3秒診断
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 3.00〜18.00%
無利息期間 最大30日間
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円まで不要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by アコム株式会社 ※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

大手消費者金融のアイフルも、金利は年3.0~18.0%とLINEポケットマネーと同じです。しかし、初回契約日の翌日から30日間の無利息サービスを実施していますので、同じ金利が適用される場合はお得に借りられることがあります

アイフルのバナー
おすすめポイント
  • 申込から借入までWEB完結!郵送物一切なし!最短1時間でご融資可能!
  • 最短30分で審査完了!
  • 事前にご融資可能か1秒診断
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 3.00〜18.00%
無利息期間 30日間
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 原則不要(※)
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by アイフル株式会社 ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る ※利用限度額が50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)

プロミスの金利も年4.5~17.8%と、LINEポケットマネーの上限金利とほぼ同程度です。しかし、初回借入日の翌日から30日間の無利息サービスを実施していますので、お得に借りられることがあります。

プロミスのバナー
おすすめポイント
  • 事前に借入可能か3秒診断可能!
  • 30日間無利息サービスあり!(※)
  • WEB完結なら郵送物不要カードレス
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 4.50〜17.80%
無利息期間 30日間
借入限度額 1万円〜500万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円まで原則不要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。 ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

まとめると、LINEポケットマネーの金利は貸金業者としては一般的ですが、無利息サービスなどを利用してお得に返済したいなら、大手消費者金融もおすすめできます。

手軽に利用できるLINEポケットマネー!使い過ぎに注意しよう

手軽さが魅力のLINEポケットマネーですが、手軽に利用できる分、使い過ぎのリスクもあります。1円単位で借りられる点を活用して、必要最低限の金額だけを借りるようにしましょう。

また、利用したら忘れずに返済することも大切です。返済日までにLINE PayかLINE Payに連携させた銀行口座に返済額以上のお金を入金しておきましょう。

上記の点に気をつければ、申込から利用までをLINE上で完結できるLINEポケットマネーは、とても便利なサービスといえるでしょう。

プロミスのバナー 【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
アコムのバナー 【PR】Sponsored by アコム株式会社
執筆者のプロフィール
manekai_editorial
マネ会 編集部

気になるけど、なかなか話しづらい。けどとても大事な「お金」のこと。 日々の生活の中の身近な節約術から、ちょっと難しい金融知識まで、知ってて得する、為になるお金の情報を更新していきます。