更新日:

レイクALSAでかしこく返済!返済日や返済金額、返済方法とお得に返済するコツをご紹介します

レイクALSAでかしこく返済!返済日や返済金額、返済方法とお得に返済するコツをご紹介します

カードローンを利用し続けるために、もっとも大事なのが月々の返済です。お金を借りるときは最短60分で終わりますが、返済は数ヶ月、数年と続いていきます。

期日に返済を忘れないように、そして少しでもお得な方法で返済にかかる総額を減らすためにも、返済の仕組みをしっかりと理解しておきましょう。

ここでは、レイクALSAの返済について、基本的な決まりごととお得な返済のコツをご紹介します。

レイクALSAのバナー
おすすめポイント
  • 申込から借入、返済まで全てWEBで完結
  • コンビニなどの提携ATMでも手数料無料
  • 選べる2つの無利息サービス!
審査時間 申込み後最短15秒
融資時間 Webで最短60分融資も可
実質年率 4.50〜18.00%
無利息期間 公式サイト参照
借入限度額 最小1万円〜最大500万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円を超える場合提出必要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 非対応
【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社 ※即日振込みをご希望の場合は、21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。 ※審査結果をご確認いただける時間:8時10分~21時50分(毎月第3日曜日は、8時10分~19時) ※上記以外の時間帯は、審査結果をメールなどでお知らせいたします。 ※パート・アルバイト:安定した収入がある方に限る ※収入証明書:レイクALSAのご利用限度額の総額が50万円を超える場合必要 ※収入証明書:レイクALSAのご利用限度額の総額と他社のお借入れ総額の合計が100万円を超える場合必要 ※収入証明書:他社とは、使途自由の類似無担保融資サービスを提供している会社のことを表します ※即日融資:21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能 ※即日融資:初めてのお客さまへの当日ご融資は、8~22時 ※即日融資:ご融資時間は、一部店舗によって異なります

レイクALSAの返済方法は5種類

レイクALSAの返済方法には便利なサービスがそろっています。ご自身のライフサイクルや状況に合わせてもっとも便利な方法を選ぶことができます。

その一方で、返済方法を間違えてしまうと、返済期日に返済がおこなわれず、返済遅延になってしまうことも。ちょっとしたことで、返済遅延の記録が残るのはもったいないことなので、返済方法を間違えないようにすることが重要です。

レイクALSAの返済方法には、「WEB返済」、「新生銀行カードローン レイクATM」、「自動引き落とし」、「提携ATM」、「銀行振込み」の5種類があります。

どの方法も便利かつスムーズに返済できるようになっています。ただし、返済方法によって利用時間や返済場所が異なります。いざ返済日になって慌てることのないよう、返済方法について、事前に理解しておきましょう。

5つの返済方法の特長一覧
深夜返済 一括返済 返済手数料 端数返済
WEB返済
無料
新生銀行カードローンレイクATM
× 無料
自動引き落とし
× × 無料 ×
そのほかの提携ATM × 無料 ×
銀行振込 振込手数料

WEB返済

パソコン・スマホを使って返済する方法です。自分の銀行口座でインターネットバンキングを利用している方なら、レイクALSAでも、会員ページからインターネットバンキング口座を指定して、手数料無料で返済することができます。

インターネットバンキングを利用するので日時や場所を選ばず、利用する金融機関のインターネットバンキングが対応している時間であれば、土日や深夜でも利用できます。仕事が忙しい方や外出ができない方にも安心です。

金融機関の営業時間外であってもレイクALSAへの返済としてすぐに反映されます。

WEB返済サービスは「Pay-easy(ペイジー)」を利用して、利用者の金融機関口座からレイクALSAの指定銀行口座へ振込み返済をおこないます。「Pay-easy(ペイジー)」とは、公共料金などの各種料金をパソコン、携帯電話、ATMなどから支払いができるサービスです。

新生銀行カードローン レイクATM

提携先の新生銀行カードローン レイクATMなら、手数料無料で返済できます。近くに新生銀行カードローン レイクATMがあり、手持ちの現金がある場合は、新生銀行レイクATMでの返済が便利です。

また、WEBに慣れていなかったり、インターネットバンキングを利用していない方にもおススメの返済方法です。

ただし、新生銀行カードローン レイクATMは利用できる時間が決まっています。営業時間は以下の通りです。ただし、ご利用時間は一部店舗によって異なるところもあります。

新生銀行カードローン レイクATMのご利用時間(年中無休)
平日・土曜日
7時30分~24時
日曜日・祝日
7時30分~22時
毎月第3日曜日 7時30分~20時

夜間・休日も手数料が無料!

提携先の新生銀行カードローン レイクATMなら、営業時間中はいつでもATM利用手数料が無料です。夜間や土日でも手数料がかかりませんので、仕事で帰りが遅くなったときでも安心です。

返済内容の詳細を記載したレシートがその場で発行されるので、そのつど借入れ残高を確認できます。

レイクALSAのローンカードがなくても大丈夫

返済の日にレイクALSAのローンカードを忘れてしまっても大丈夫!新生銀行カードローン レイクATMなら、ローンカードがなくても返済が可能です。

ローンカードを忘れたときは、次の3つの情報を入力することで、新生銀行カードローン レイクATMで返済できます。

  • ご登録のご自宅(携帯)の電話番号
  • 生年月日
  • カード暗証番号

自動引き落とし

利用者が登録した金融機関の口座から、毎月自動引落しすることで返済できるサービスです。ATMへ行かなくても、預金残高があれば勝手に引き落としされ、しかも手数料が無料です。

うっかりの返済忘れも防止できるので、遅延損害金が発生するなどの無駄な支出を抑えられます。確実に引き落としされるためにも、返済予定日の前日までに、指定した口座へ入金をしておくことが必要です。


自動引落しで返済を希望する場合は、契約時に引き落とし口座を指定する手続きをします。引き落とし口座の登録から引き落としが実行されるまで1ヶ月程度の時間がかかることもあります。

初回の返済日に間に合わないこともありますので、引き落とし口座の手続きの際に、初めての返済日と返済方法を確認しておくようにしましょう。

その他の提携ATM

全国のコンビニなどに設置されている提携ATMから、手数料無料で返済ができます。コンビニ設置のATMなら、夜間や土日でも利用でき、家の近くにあるなどたいへん便利です。

セブン銀行ATM

セブン銀行ATMなら深夜でも手数料無料で利用できます。セブン銀行ATMは全国のセブンイレブンのほか、イトーヨーカドーや西武百貨店の店舗内、主要な駅や空港、商業施設に設置されていますので、見つけやすいのが特長です。

セブン銀行ATM ご利用時間
月曜日
5時00分~23時50分
火曜日・水曜日
0時10分~23時50分
木曜日
1時30分~23時50分
金曜日・土曜日・日曜日(※) 0時10分~23時50分
(※)第三日曜日は、ご利用時間が0時10分~20時00分



ローソンATM

全国のローソン店舗に設置されている、ローソンATMでの返済のほか、借入れ、一括返済が利用できます。

ATMの設置店舗が24時間営業でない場合、ATMが利用可能な時間帯であっても、設置店舗の営業時間外には利用できません。

現金によるお振込みはご利用できません。現金による取引きは紙幣のみとなり硬貨の取り扱いはできません。

ご出金(お借入れ)
月曜日 7時~23時45分
火~金曜日※1※2 0時10分~23時45分
土曜日※1 0時10分~23時45分
日曜日※1※3 0時10分~21時00分
祝日※1 曜日通り
ご入金(ご返済)
月曜日 7時00分~23時45分
火~金曜日※1※2 0時10分~23時45分
土曜日※1 0時10分~23時45分
日曜日※1※3 0時10分~21時00分
祝日 曜日通り
※1:システムメンテナンスのため、午前3時~午前4時の間で15分程度ご利用いただけない時間帯があります
※2:木曜日(祝日含む)は1:30からのご利用となります
※3:第3日曜日(祝日含む)の20:00~24:00は利用できません
年末年始・ゴールデンウィークは、上記と異なる場合があります


イーネットATM (E-net)

セブンイレブン、ローソン以外のコンビニでも、イーネットATMを使って返済することが可能です。イーネットATMの設置先のコンビニは、以下になります。

  • イーネットATM設置コンビニ
  • ファミリーマート
  • デイリーヤマザキ
  • ポプラ
  • セイコーマート

イーネットATMでは、借入れ、返済、一括返済が利用できますが、利用時間は店舗により異なります。

銀行のATM

一部の銀行ATMでもレイクALSAの返済をおこなうことができます。利用可能な銀行は以下のとおりです。

借入れ、返済、一括返済
イオン銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、東京スター銀行、西日本シティ銀行
借入れ、返済 セブン銀行、第三銀行
利用時間は各銀行により異なります 



銀行振込

レイクALSAが指定する口座へ振込みすることによって返済をおこないます。銀行振込みでの返済なら、提携先の新生銀行カードローン レイクATMが近くになくても返済できるので便利です。

ただし、利用者の金融機関口座から振込みする際には、各金融機関所定の振込手数料がかかります。

銀行口座振込みでの返済なら、レイクALSAのローンカードは不要です。 レイクALSA指定の口座振込先情報は、会員ページにある「銀行振込みでご返済される場合のお振込み先」で確認できます。

各金融機関の振込時間が拡大!

各金融機関を対象にしたモアタイムシステムの導入により、2018年10月から、24時間365日の振込が可能になりました。

モアタイムシステムを導入している金融機関であれば、夜間や土日でも振込み手続きができ、瞬時に反映されます。

メガバンクでは、三井住友銀行や三菱UFJ銀行、ネット銀行でもジャパンネット銀行や楽天銀行、イオン銀行、ソニー銀行などが導入しています。全国でも500以上の金融機関が導入していますので、日ごろ地方銀行や信用金庫を利用している方でも利用が可能です。

自分が日ごろ利用している金融機関が24時間振込みに対応しているかどうかは、インターネット上ですぐに確認することができます。

レイクALSAの返済日は?

返済方法と同じく忘れてはならないのが返済日です。返済が1日でも返済日を過ぎてしまうといくつものペナルティが発生します。

また、返済当日に返済手続きをしようと考えていると、当日になって思わぬアクシデントにより返済時間に間に合わなかった・・・ということもありえます。

返済し忘れがおこらないよう、返済日に確実に返済するためのコツをご紹介します。

レイクALSAの返済日は自分で指定できる!

レイクALSAでは、毎月の返済日を指定できます。利用者の都合にあわせて、毎月の返済日を決められるのでたいへん便利です。

自動引き落としは毎月14日または27日のどちらかを指定できます。金融機関が定休日の場合は翌営業日に引き落としになります。


ここでは、指定した返済日の確認から変更方法までをくわしくご紹介します。

返済日より早く返済することも可能

その月の返済は、返済日以前でも返済可能です。その月のご返済は、返済日当日の14日前からできるので、利用者の都合に合わせて返済することも可能です。

早く返済した場合、返済金額はまず利息に充てられ、残金は元金に充てられます。そのため、早く返済するとそれだけ利息が少なくなります。

自分の返済日の確認方法

レイクALSAの利用者は、会員ページにログインし、最初の画面で返済日を確認することができます。

また、返済日が近くなったら、メールで返済日のお知らせが届きます。自分で登録したメールアドレスに届くので、返済日のうっかり忘れを防ぐことができます。

契約後はじめての返済日

レイクALSAを初めて利用する方にとって、最初の返済日がいつになるのかも気になるところですね。
レイクALSAの最初の返済日は、以下のように決められています。

  1. 借入した日から指定した返済日まで、14日間以上ある場合は、最初に迎える約定返済日が初回返済日です
  2. 借入した日から指定した返済日まで、14日間未満の場合は、2回目の約定返済日です

とくに初回の返済日は見落としがちですが、最初から返済に遅れてしまわないように注意してください。

無利息期間中の返済日は?

無利息期間中も返済日があります。無利息期間中に返済が滞った場合は、その時点で無利息サービスが終了し、返済日の翌日以降、遅延損害金と利息を負担することとなりますので注意してください。

返済日を変更したいときは

レイクALSAでは返済日を変更することが可能です。返済日の3日前までであれば、審査の必要もなく、変更できます。

返済日の変更方法

返済日を変更する場合は、レイクALSAのコールセンターに電話して、返済日を変更したいことを伝えれば、すぐに対応してもらえます。

また、会員ページから自分で変更手続きをすることも可能です。レイクALSAの会員ページ内にある「ご返済予定の確認・登録」で、返済期日を入力するだけで完了です。

レイクALSAでは返済日を自由に指定することができますが、当月の返済日を翌月に繰り越すことはできませんので十分に注意してください。

レイクALSAの返済金額はいくら?

返済の期日にいくら返済すればいいのかは、利用者の借入残高や利率によって異なります。そのためにも、自分の返済金額がいくらかをきちんと把握しておくことが大切です。また、月々の返済金額がいくらになるかによって、追加借入の可能性もはかることができます。

レイクALSAの返済金額が決まる仕組みについてご紹介します。

月々の返済金額はどちらの方式をとるかによって決まる

レイクALSAには、2つの返済方式があります。どちらの方式で返済するかは、利用者が自由に選ぶことができます。

自分の状況に合う方式を選べるように、まずは2つの返済方式の概要を確認していきましょう。

残高スライドリボルビング方式

残高スライドリボルビング方式とは、毎月の返済額が、利用時の利用残高に応じて変動する方式です。

リボルビングシステムとは、利用限度額の範囲内であれば、いつでも繰り返し借入れ・返済ができるシステムです。

ご返済例
利用残高
最低返済額
1~100,000円
4,000円
100,001~200,000円
8,000円
200,001~300,000円
12,000円
300,001~400,000円
13,000円
400,001~500,000円 14,000円

元利定額リボルビング方式

元利定額リボルビング方式とは、元金と利息を合わせた毎月のご返済額を、利用残高に関係なく定額で支払っていく返済方式です。

返済初期は利息分が大きくなりますが、残高が減っても返済額が減らないため、後半は一気に借入れ残高が減少していきます。 

残高スライドリボルビング方式に比べて月々の返済負担が大きいですが、返済回数は少なくなります。そのため、返済期間が短くなるのが特長です。

ご返済例
ご契約額 10万円 20万円
毎月の最低ご返済額 4,000円/36回まで 8,000円/36回まで

レイクALSAで一括返済をしたいときは

ボーナスや人に貸していたお金が返ってきたなどの臨時収入があったときに、レイクALSAに少しでも多くのお金を返済したいですよね。

もしも、現時点での借入残高をすべて返済できる資金があるようなら、一括返済をするのも一つの方法です。ここでは、一括返済する場合の手順と注意点をまとめてご紹介します。

まずは返済総額を確認する

一括返済をする場合は、返済する日時点の正確な借入残高を知る必要があります。借入残高は会員ページやATMの利用明細書などに記載されていますが、たんなる借入残高だけでなく、一括返済する日までに発生している利息額を上乗せして返済しなければなりません。

正確な返済額は自分で判断せずに、レイクALSAに確認してから、返済手続きをするようにしましょう。

万が一、返済した金額が少ないと、再度入金が必要になり、手間や手数料が無駄にかかってしまいます。

一括返済をする場合に、返済額を調べる方法は、以下の2種類になります。

 ・会員ページ
 ・フリーコールへ問い合わせ

会員ページであれば、手持ちのスマホからログインするだけで、簡単に返済総額を確認できて便利です。

次に一括返済の方法を選ぶ

残高と利息を一括で返済する方法には、以下の3種類があります。

  • WEB返済
  • 新生銀行カードローン レイクATM
  • 銀行振込

コンビニや銀行の提携ATMでは1,000円以下の返済ができません。利息分まで払うためには、1000円以下の端数が取り扱える、提携先の新生銀行カードローン レイクATMを利用するか、他の方法で返済しましょう。

借入残高よりも多い金額を返済した場合は

1,000円未満の端数が利用できないATMで返済する場合などに、借入残高と利息額を合わせた金額より多く入金することがあります。

きっちり支払えずに端数が出た場合は、過払い分(お預かり金)が発生します。これはあとでレイクALSAから返済してもらうことができます。

通常は、レイクALSAから過払い分が発生しているとの連絡があります。連絡の方法はハガキかあるいは電話です。返金方法と金額を確認し、後日、銀行口座へ振り込まれます。

レイクALSAからの連絡を待っていても問題ないのですが、それだとレイクALSAが返済額をチェックし過払い分があることが判明してからになってしまい、多少時間がかかります。

もし、自分で多く払ったとわかっていて、早く返済してほしい場合は、レイクALSAのコールセンターに連絡をし、過払い分がある点を伝え、どのように返済されるのかを確認しましょう。

レイクALSAでお得に返済する秘訣は?

返済期日に最低返済額を返済していれば、契約上は特に問題ありません。しかし、返済期間が長期化することで利息が増えたり、返済の手数料がかかってきます。これらをうまく省いていくことで、全体的な返済総額を抑えることができます。

ここでは、こういった返済総額を抑える方法について、ご紹介します。

一括返済は無理でも、繰上げ返済・臨時返済でお得に

最低返済額で返済をしていくと、30万円以下の借入残高の場合は最大36回(3年)、30万円超の借入残高なら60回(5年)もの返済期間がかかってしまいます。

返済が長期化すると、支払う利息の総額が大きくなりますので、できれば繰上げ返済や一括返済をできれば、返済総額を抑えることができます。

また、コンビニATMや振込みで返済している場合は、手数料がかかってしまいます。数百円の手数料でも、回数が増えれば手数料の総額も増えてしまうため、負担が大きくなります。

返済回数を減らすことで、返済にかかる手間を減らすこともできます。

返済日の決め方で返済しやすさが変わる

レイクALSAでは自分で返済日を指定できるため、自分が返済しやすい日を指定すると返済がスムーズにでき便利です。反対に、返済しにくい日に指定してしまうと、返済が遅れてしまうことにもなりかねません。

そこで、返済日を決める判断ポイントをご紹介します。

給料日の2~3日後なら返済しやすい

給料日の直後ならお金の心配がなく、返済がしやすいタイミングです。だからといって給料日当日に指定すると、その日に都合がつかなかったり、休日と重なって給料の支給日がずれたりしたときに、返済できない可能性が出てしまいます。

給料日を返済日にするのは、精神的な面で負担が増えますので、できれば給料日の2~3日あとにしましょう。

金融機関が混雑する日は避ける

せっかく返済するお金を用意しても、金融機関が混雑していたために、入金や振込みをする時間がとれなかったというケースも考えらます。

銀行などではいわゆる五十日(ごとおび)と呼ばれる、日付に5と0がつく日は混雑します。とくに給料日が集中する25日や、支払いが集中する27~月末にかけては、ATMに長蛇の列ができるなど、混雑の度合いが高くなります。

会社のお昼休みにATMから返済しようと考えていたら、あまりの混雑具合に、手続きができなかったということもあります。金融機関が混雑する日は極力避けるのが無難です。

他の支払いや引き落としがある日も控えたほうがいい

クレジットカードの引き落としやスマホ利用料金の引き落とし、光熱費やスポーツジムなどの引き落としと重なる日は、レイクALSAの返済日に指定するのは控えたほうがよさそうです。

その理由としては、他の引き落としがあることで、引き落としの合計額が不明確になったり、入金した額が少なく、引き落としができなかったというリスクがあります。

また、返済に充てるお金があると思っていたのに、銀行で残高確認をしたら、なにかの料金が引き落としされていて、残金がなかったというケースも考えられます。

混乱のもとになりますので、他の引き落としや返済日と重なる日は避けるようにしましょう。

返済方法は自分のライフスタイルや周辺の環境を考慮して決める

返済日や返済方法を選ぶときの基準として、自分のライフスタイルやライフサイクルを考えておくことも大切です。

たとえば、仕事で繁忙日がある場合、その日は返済に行く時間が取れないかもしれません。忙しくなるタイミングがわかっているなら、その時期は返済日にしないようにしたほうが安心です。

仕事の繁忙日以外でも、プライベートで忙しくなる時期や約束が増える時期は返済日にしないほうが無難です。他の出費と重なってしまい、返済に充てるはずのお金をつい他のことに使ってしまったという事態にもなりかねないからです。

返済できない&返済日に遅れてしまったときの対処方法は?

「忙しくてつい返済日を忘れてしまった・・・」、「そんな場合どうすればいいの?」

返済日が過ぎてしまった場合、自分から対処方法をとることが重要です。そのまま放置せず、すぐに以下の方法を試してみてください。

返済に遅れるとどうなる?

まずは、返済日に返済しなかった場合に、どうなっていくかを知っておきましょう。

引き落としができなかった場合

月々の返済方法を自動引き落としにしている場合、その日の指定時間までに口座に入金しなければ引き落としができません。

引き落としができなかった場合、引き落とし日の数日後にレイクALSAから連絡があります。引き落としができたかどうかを確認するのに、通常は5営業日ほどかかります。

引き落としができなかったことがレイクALSAのほうで判明すると、郵便や電話で利用者に連絡します。

レイクALSAでは再引き落としはおこなっていませんので、利用者のほうでATMまたは銀行振り込みで返済する必要があります。

引き落としがされず、レイクALSAからの連絡を待っていると、およそ5営業日、日数にして一週間程度、時間があいてしまいます。その間は遅延損害金が発生したり、再度の借入れができないなど、無駄な支出や制限がかかってしまいます。

引き落としされなかったことに気づいている場合は、自分からレイクALSAのコールセンターに連絡をし、すぐに返済することを伝えましょう。

2ヶ月連続で引き落としができなかった場合

2ヶ月連続で自動引き落としができなかった場合、自動引き落とし契約が自動的に解除されてしまいます。

それ以降は引き落としがされませんので、別の返済方法で返済します。自動引き落としは、返済日にわざわざ銀行やATMに行く必要もなく、あらかじめ口座にお金が入っていれば、勝手に返済されるのでとても便利な返済方法です。

うっかり忘れで利用できなくなってしまうのはもったいないので、できる限り前日までに引き落とし口座に入金しておくようにしましょう。

遅延損害金が発生する

返済期日に返済しないと、翌日から遅延損害金が発生します。遅延損害金の計算式は以下のとおりです。

遅延損害金=借入残高×20.0%(遅延損害金利率)÷365×延滞日数

通常の利息に加えて発生し、利息よりもかなり高い利率になります。遅延損害金がかかるとそれだけ無駄な出費になりますので、遅れずに返済するようにしましょう。

返済日が経過してしまうと遅延損害金が発生しますので、返済が困難な場合は、事前に返済日を変更するようにしましょう。

督促の連絡がくる

返済日が過ぎても返済されないと、レイクALSAから返済をうながす連絡がきます。
連絡の方法は返済の遅延日数によって異なります。

①電話 
数日の遅れの場合、まずは電話で連絡があります。その電話を受けて、いつ返済するかを伝えれば、それ以降の電話はストップします。ただし、返済すると決めた期日に返済をしないと、再び連絡がきますので注意してください。


②督促状

電話での連絡がつながらない場合や、電話連絡をしても返済されない場合は、郵送で督促状が届きます。

督促状には、返済の期日とそれまでに返済されない場合の手段が記載されています。

この期日までに返済すれば、それ以降は今までどおりレイクALSAを利用することができますが、その期日を過ぎてしまうと強制的な手段に進んでしまいますので注意してください。

もしも返済が困難な場合は、早めにレイクALSAに連絡し、状況を伝えましょう。


③一括返済の請求

督促状の期日に返済できなかった場合、レイクALSAから一括返済の請求が届きます。この場合、強制的に返済させるために裁判所を仲介しています。

この時点までくると、契約上の分割返済期間や、返済額は取り消され、借入残高を一括して返済する必要があります。

ただし、裁判所から内容に関しての同意や必要な手続き方法が指示されていますので、その指示に従わなければいけません。


④給料の差し押さえ
裁判所の指示に対して返答しない場合や、一括返済ができない場合は、強制執行になります。

強制執行とは、裁判所が財産の差し押さえを認め、差し押さえが実行されることです。裁判所の許可のもと、利用者の給料や銀行預金、その他の資産などを差し押さえることが可能です。

差し押さえの場合、銀行に連絡がいき、銀行口座に残高があれば、自動的に没収されます。また、定期的に給料が振り込まれていることが確認できれば、給料を差し押さえられます。

最悪、給料を支給している会社に連絡がいきますので、カードローンを利用していたことや返済できずに差し押さえになる事実がすべて知られてしまいます。

追加融資ができなくなる

返済日から2か月以上遅れてしまうと、それ以降の追加融資ができなくなります。追加融資ができなくなった場合、借入れ残高があれば、月々の返済のみをおこなっていくことになります。

追加融資を受けて、それまでの借入れ分の返済に充てていた、いわゆる自転車操業の状態だった方は、追加融資を受けられないことで、返済もできなくなってしまうリスクがあります。

契約が強制終了される

借入れ残高を完済すると、レイクALSAとの契約が強制的に終了になります。それ以降はレイクALSAとの契約、借入れはできなくなります。

ブラックリストに記録される

返済遅延や債務整理などの事実は、内容によって、個人の信用情報に記録されます。

たとえば、3ヶ月以上滞納した場合や、弁護士が介入した場合、任意整理や自己破産をした場合などは、一定期間(半年~最大10年)は記録が残ります。

信用情報に滞納や債務整理の記録が残っていると、他のローンの審査に通りにくくなってしまいます。カードローンだけでなく、携帯電話の分割購入や、住居の賃貸契約の際にも影響が出ますので注意してください。

信用情報に関しては、下記の記事も合わせてご覧ください。

信用情報機関はどんな情報があるのか?また情報開示についても解説
住宅ローンやカードローンなどお金を借り入れる際には、信用情報機関というあまり馴染みのない言葉を耳にすることがあるかと思います。この記事ではその信用情報機関について、詳しく解説していきます。

返済日に返済できないことが事前にわかっているなら

返済日が近づいているのに、返済金額を用意できない状況になってしまうことがあるかもしれません。そのようなときは先延ばしにせず、早めに対策を取ることが必要です。とくにレイクALSAに連絡をせず返済遅延になると、さまざまなペナルティが発生します

返済が難しいとわかった時点で、取れる対策をご紹介します。

コールセンターに連絡して返済日や返済金額を相談する

レイクALSAでは、返済日の3日前であれば、返済日を変更することができます。ただし、翌月への繰越しはできないため、遅くてもその月の月末までには返済をしなければなりません。

3日前を経過してしまうと、自分で返済日を指定することができません。その場合はコールセンターに連絡して、返済日を相談しましょう。多少の遅れであれば、認めてもらえることもあります。

返済日を過ぎて返済せずに放置すると、督促の電話や郵送物が続いてしまいます。自分から連絡をして、別の返済日を設定できれば、その日までは督促されません。

また、返済金額を一時的に減らすことも相談によって可能になることがあります。あくまでも一時的な減額ですが、それでピンチを乗り越えることができれば、精神的に多少ラクになります。

あくまでもカードローン会社の判断によりますので、必ず減額してもらえるかはわかりませんが、交渉次第で減額してもらえる可能性は十分にあります。

連絡せず放置すると、カードローン会社からの印象が悪くなる

返済を忘れたうえに、その後も連絡をしないでいたり、連絡を無視すると、カードローン会社の心証が悪くなります。

カードローン会社では、利用者に対して、いつ連絡をしたか、どのような会話をしたのかが、利用者ごとにすべて記録されています。連絡をしたのに電話に出なかったり、折り返しの電話もないことも記録されてしまうため、その後の督促が厳しくなる可能性もあります。

返済を忘れてしまったり、どうしてもすぐに返済できない場合は、自分からカードローン会社に連絡して、事情を説明するなど、誠実な態度を見せるようにしましょう。

どうしてもお金が用意できないときは?

借入れ残高が多くなりすぎて、どうしても月々の返済ができなくなってしまったり、完済の見通しが立たない場合は、債務整理を検討するのも一つの方法です。

債務整理とは、借入れ残高の返済が困難になった場合に利用者を救済するための法的制度です。返済ができないという状況は精神的にも追い詰められてしまうので、できるだけ早くに弁護士や司法書士などの専門家に相談することをおススメします。

債務整理には、以下の3点があります。

任意整理

返済期間や月々の返済額の見直しをカードローン会社に相談し、あらたな返済条件を設定してもらう方法です。

利息を減らしたり、月々の返済金額を減らしたり、返済期間の延長をおこなうことで、返済の負担を軽くします。あくまでも債権者と債務者の話し合いで決まることなので、カードローン会社がどのように判断するかによりますが、債務は残りますので引き続き返済していくことになります。

個人再生

裁判所を通じて債務を減額してもらう手続き方法。債務自体が減額するため、返済がラクになります。ただし、裁判所を通すために、もろもろの書類や手続きが必要になるので、任意整理に比べると手間や時間がかかります。

自己破産

裁判所に破産申立てをして、免責許可をもらう方法です。税金や養育費など一定の債務を除き、返済の義務がなくなりますが、いままで所有していた財産は換金されて返済に充てられるため、住宅や車など主な財産を手放すことになります。

かしこい返済のコツは、ポイントを押さえた返済計画作りにあり!

無駄な出費を避けて、かしこく返済していくためには、借入れ時にしっかりと計画を立てておくことが大切です。計画がなく、無理な借入れをすると、あとあと自分を苦しめてしまうことになってしまいます。

返済期間が長くなるほど、予期せぬことが起こる可能性も高くなります。以下のポイントを押さえた返済計画を作りましょう。

余裕のある計画を立てる

借入残高があると利息が発生するからといって、無理にお金をかき集めて一括返済するのは得策とは言えません。

目先のことに囚われて、つい借りすぎてしまったり、その反動のように一括返済をしてしまうと、あとあとお金のやりくりに困ることになります。

まずはキチンとした返済計画を立てることからはじめましょう。計画なんて面倒くさいと思うかもしれませんが、計画があるのとないのとでは、返済がスムーズに進むかどうかがだいぶ違ってきます。

返済計画があると、いざというときに慌てなくてすむだけでなく、気持ちの上でもゆとりができ、返済期間を苦しまずに過ごすことができます。また、借りすぎを防止することにも役立ちます。

返済計画で考えておくべき3つのこと

返済計画を立てるときは、以下の3つの項目をしっかり把握しておきましょう。

  1. 完済までの期間は何ヶ月かかるか
  2. 毎月最低限必要な返済額はいくらか
  3. 給料から捻出できる金額と返済額を比較して、月々の返済額より多く返済できるタイミングはあるか

予期せぬ事態があることも想定しておこう

返済計画を作るのはよいことですが、無理な計画を立ててしまうと、あとで困ったり、慌てたりする事態になる可能性があります。

返済期間が数年にわたる場合、その途中でどんなことが起こるかわかりません。収入が変化したり、結婚や離婚などで家族構成が変わったり、両親の介護や自分のケガ、病気などで治療費がかかることもあるかもしれません。

そういった事態がおこったときでも、カードローンの返済をし続けなければなりません。借入額が大きくなったり、返済期間が長くなると、ちょっとした変化にも対応することが難しくなってしまいます。

お金に余裕があるうちに一括返済をするのはいいことですが、それが原因でそのあとお金のやりくりに困ることになっては元も子もありません。長期的な視点で考えて、月々の返済額は確実に用意できる金額内に抑えておきましょう。

また、いざというときに慌てないようするためにも、返済が遅れそうな場合や、返済を忘れてしまったときの対処法をしっかりおさえておきましょう。

無事に全額返済した後は、解約手続きを

レイクALSAの借入をすべて完済したあと、契約をそのままにしてしまう人も多いようです。しかし、レイクALSAでは完済後、解約手続きをしないと、契約自体がいつまでも残ってしまい、思わぬところで悪影響を及ぼすことも。

無事に完済まできたので、これ以上面倒なことはイヤだと思うかもしれませんが、あともう一歩、完済後のことも考えておきましょう。

解約しないと他のローンを使うときに影響する

レイクALSAでは、借入れ金額をすべて完済し、その後あらたに借入をしていない状態でも、解約手続きをしていなければ、契約は残ったままになります。

契約が残っているということは、利用限度額が設定されたままになっており、今後、別の会社のカードローンやその他のローンを利用する際に、信用情報がおこなわれ、レイクALSAに契約があることが知られてしまいます。

実際の借入れはなくても、利用限度額内であれば、いつでも再度借入れができる状態であるため、もしも別のローンに申込んで審査を受ける際に、その点も考慮されてしまうのです。

返済が終わり、もうレイクALSAを使う予定がないのであれば、いったん解約することをオススメします。

「今後も、もしかしたら使うかもしれない・・・」という場合は、解約するのがもったいないように感じるかもしれませんが、解約すれば、一定の期間が経過することで、レイクALSAを利用事実も信用情報から削除されます。

そうなれば、別のローンを申し込むときに信用情報をきれいな状態で保つことができ、審査に有利です。

使用するのであれば、そのままにしておく

もし、あとで使う機会があったら、そのときにまた申込み、契約をすれば即日で融資を受けることが可能です。

それでも、まだ経済状態が安定しないために、いざというときのために契約を残しておきたいのであれば、ローンカードや契約時の書類などを紛失しないよう、気をつけて保管してください。

契約を残しておくと、あとでレイクALSAから、「新たに借入れしませんか?」と営業電話がかかってくることがあるかもしれません。これはレイクALSAが売上げ獲得のためにかけているので、借りる必要がなければ、きっぱり断っても問題ありません。

多少わずらわしいかもしれませんが、追加で借入の営業電話がかかってくるのは、レイクALSAで優良顧客として認められた証拠です。契約上のルールをしっかり守ってきた証拠ですので、自信を持って対応してください。

レイクALSAの返済 まとめ

レイクALSAで借入れした後は、しっかりと返済をしていくことで、金利を引き下げてもらったり、増額を認めてもらえるなど優遇されることもあります。月々返済していくのは当たり前のことですが、便利な返済方法を利用することで、手間がかからず、うっかり忘れを防ぐこともできます。

無理な借入れや返済計画を立てると、金銭的なゆとりがなくなるだけでなく、精神的にも追い詰められてしまうので、余裕のある借入れ、返済をおこなうようにしましょう。

執筆者のプロフィール
古関 夢香
資金調達コンサルタント 古関 夢香

証券会社などに勤務後、ライターに。出版している電子書籍は30冊以上、実売数は計1万DLを超え、韓国でも販売中。その他にも小説の連載、WEB記事など多数。東京マラソンに3年連続当選して毎回ギリギリ完走。

関連記事

レイクALSAの審査に関する記事

レイクALSAの借り方に関する記事

レイクALSAの金利に関する記事

レイクALSAの増額に関する記事

レイクALSAの返済に関する記事

レイクALSAに関するその他の記事