更新日:

レイクALSAのカードを再発行したい!手順や必要なものを徹底解説!

レイクALSAのカードを再発行したい!手順や必要なものを徹底解説!

「レイクALSAのローンカードを紛失してしまった、破損してしまった」という場面では、レイクALSAの自動契約機にてローンカードを再発行する必要があります。

しかし、レイクALSAの自動契約機で再発行の手続きをする機会というのはなかなかありませんよね。「自動契約機で再発行する方法がよく分からない…」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、レイクALSAの自動契約機で再発行の手続きをする手順や、必要になる書類などについて紹介します。「レイクALSAのローンカードを再発行したい」という方はぜひご一読ください。

レイクALSAのローンカードを再発行するときの手順

レイクALSAのローンカードは、レイクALSAの自動契約機に来店することで再発行することができます。来店したあとは、以下の手順に沿って再発行の手続きを進めてください。

自動契約機で再発行をする手順

  1. 自動契約機に来店
  2. 自動契約機を操作して必要な情報を入力
  3. 本人確認書類を提出
  4. ローンカードの再発行

まずはレイクALSAの自動契約機に来店し、画面を操作してローンカードの再発行画面に進みます。

その後、必要な情報を入力し、本人確認書類をスキャンすることで、ローンカードを再発行することができます。

また、「自動契約機をどう操作すればいいのか分からない…」などの不明点については、自動契約機にある備え付けの電話でいつでもオペレーターに聞くことができるので、操作や手続きにつまずいてしまう心配はないでしょう。

ちなみに、ローンカードを再発行する際は、基本的に審査はおこなわれません。上記の手順どおりに手続きを進めれば、そのまま新しいローンカードを手に入れることが可能です。

自動契約機の営業時間に注意しよう

レイクALSAの自動契約機は24時間営業しているわけではありません。

新しいローンカードを手に入れるためには、以下の営業時間内に自動契約機へ来店する必要があります。

レイクALSAの自動契約機の営業時間(利用中のお客さまの各種ご変更手続き)
曜日 営業時間
平日・土曜日 9:00-22:00
日曜日 9:00-19:00
(※)店舗や時期によって、営業時間は一部異なる場合があります


営業時間内に自動契約機へ来店しないと、自動契約機にて再発行の手続きはできないので注意しましょう。

とはいえ、日中は仕事などで忙しく、上記の時間帯に自動契約機に足を運ぶのが難しい方もいるかと思います。

そんな方は、レイクALSAに相談してみてください。レイクALSAに相談することで、郵送での再発行手続きに対応してくれる可能性があります。

破損、紛失や盗難の場合はまず利用停止の手続きを優先しよう

破損紛失盗難の場合は、不正利用などのトラブルを避けるためにも、再発行よりもまず先に利用停止の手続きをしましょう。

利用停止の手続きは、レイクALSAのお客様専用フリーダイヤル(0120-09-09-09)の自動音声ガイダンスに従って電話機の番号を操作する、もしくは会員ページから手続きすることができます。

ちなみに、お客様専用フリーダイヤルの自動音声ガイダンスは24時間対応しています。自分に合った方法で利用停止の手続きを進めてください。

ただし、お客様専用フリーダイヤル、会員ページから利用停止の手続きをする際は、本人確認のためにカード番号や会員番号、暗証番号の入力が求められるので注意しましょう。

カード番号や会員番号、暗証番号を把握できていればいいですが、把握できていない場合は、お客様専用フリーダイヤル、会員ページから手続きを進めることができません。

もしも、カード番号や会員番号、暗証番号が分からない場合は、お客様専用フリーダイヤルに電話してオペレーターに相談しましょう。ただし、オペレーターに繋がるのは平日9:0018:00までの間だけなので注意してください。

紛失したカードが見つかったときの対処法

新しいカードを手に入れたあとで、紛失したと思っていたカードを発見したときはどうすればよいのでしょうか。

新しいカードを発行したあとは、古いカードを使用することはできません。はさみなどで裁断し、破棄するようにしましょう。その際は、レイクALSAに連絡を入れる必要はありません。

レイクALSAのローンカードを再発行する際に必要なもの

レイクALSAの自動契約機に来店して新しいローンカードを発行する際は、本人確認書類が必要になります。

ちなみに、有効な本人確認書類は以下のとおりです。いずれか1点でいいので、忘れずに用意しておきましょう。

再発行に必要な本人確認書類(1点)

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証
  • 在留カード/特別永住者証明書(外国籍の方)

運転免許証やパスポートなど、基本的には「顔写真付きの身分証明書」が必要になりますが、持っていない場合は健康保険証でも大丈夫です。

ただし、本人確認書類に記載してある住所と現在の住所が違う場合は、現在の住所を証明するための書類が必要になる可能性があります。その場合は、以下のいずれかの書類をあわせて用意しておきましょう。

現在の住所を証明するための書類

  • 公共料金の領収書
  • 発行6ヶ月以内の公的機関発行の書類(住民票や印鑑登録証明書など)

現在の住所を証明するための書類としては、ガスや電気、固定電話やNHKなどの領収書、または住民票印鑑登録証明書などの公的機関が発行している書類であれば問題ないでしょう。

ただ、公的機関が発行している書類を用意する場合は、発行から6ヶ月以内の書類が必要になる点に注意してください。

上記の書類を持たずに自動契約機を訪れると、手続きができずに改めて訪問する必要が生じる可能性が高いです。二度手間を回避するためにも、きちんと必要書類を準備したうえで来店するとよいでしょう。

レイクALSAを解約済みの方はローンカードの再発行ではなく再審査が必要

「以前レイクALSAを解約したが、またレイクALSAを利用したい」という場合は、ローンカードの再発行をすることはできません。

もう1度レイクALSAを利用するためには、改めてレイクALSAの審査を受ける必要があります。


というのも、レイクALSAを1度解約したのであれば、基本的に再契約が必要になります。そして、再契約するためには新規申込みの際と同様に、審査に通過しなければならないのです。

そのため、再度レイクALSAを利用したい方は、もう1度レイクALSAの審査を受けましょう。なお、再審査を受ける際は、お客様専用フリーダイヤルに連絡をすることで手続きを進めることができます。

ただし、再契約する際は新規での申込みではないため、レイクALSAの無利息サービスを利用することができない点に注意しましょう。

ちなみに、「自分の手元にローンカードはないが解約しているのかよく分からない…」という方は、お客様専用フリーダイヤルに電話をすることで、現在の契約状況を確認することが可能です。

レイクALSAのローンカードを再発行する方法まとめ

今回の記事では、レイクALSAのローンカードが紛失・盗難などのトラブルに遭ったときの対処法や、必要になる書類などについて紹介しました。

レイクALSAのローンカードは自動契約機にて発行することができますが、紛失した、盗難されたなど不正利用の心配がある場合は、まず利用停止の手続きを優先するようにしましょう。

また、レイクALSAではWEB完結のカードレス契約にも対応しています。もしもローンカードの紛失や盗難が心配なら、この機会にカードレス契約に切り替えてみるのもよいかもしれません。

作曲・編曲などの仕事を経て、専業ライターに。音楽系の記事が得意と思われがちですが、金融・ビジネスに関するテーマが一番得意です。自身が経済的に苦労した経験を活かし、誰よりも分かりやすくお金の知識をお届けします。他にもプログラミング、webデザイン、VODなど様々なジャンルの記事を執筆しています。趣味はプログラミング・アニメ・旅行・ギターの演奏・ミルクティーの飲み比べ。投資にも興味があり、お金の上手な使い方を勉強中です。

谷本 健の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事

レイクALSAの返済に関する記事

レイクALSAの増額に関する記事

レイクALSAに関するその他の記事