更新日:

レイクALSAの会員ページにログインできない!?スムーズな解決策と会員サービスをご紹介

レイクALSAの会員ページにログインできない!?スムーズな解決策と会員サービスをご紹介

レイクALSAの会員にとって、スムーズな取引を支えてくれるのが会員ページですね。24時間利用できるため、仕事で忙しい方でもいつでも気軽に利用できて、たいへん便利です。

しかし、利用の仕方を間違えると、会員ページにログインできなくなってしまうことがあります。急いで手続きしたいのに、会員ページにログインできないとなると、かなり焦りますよね。

そこで、ここでは会員ページにログインできない原因やその解決策、会員ページでできることとできないことを、まとめてご紹介します。

日ごろ会員ページを使う際にぜひ役立ててください。

レイクALSAのバナー
おすすめポイント
  • 申込から借入、返済まで全てWEBで完結
  • コンビニなどの提携ATMでも手数料無料
  • 選べる2つの無利息サービス!
審査時間 申込み後最短15秒
融資時間 Webで最短60分融資も可
実質年率 4.50〜18.00%
無利息期間 公式サイト参照
借入限度額 最小1万円〜最大500万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円を超える場合提出必要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 非対応
【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社 ※即日振込みをご希望の場合は、21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。 ※審査結果をご確認いただける時間:8時10分~21時50分(毎月第3日曜日は、8時10分~19時) ※上記以外の時間帯は、審査結果をメールなどでお知らせいたします。 ※パート・アルバイト:安定した収入がある方に限る ※収入証明書:レイクALSAのご利用限度額の総額が50万円を超える場合必要 ※収入証明書:レイクALSAのご利用限度額の総額と他社のお借入れ総額の合計が100万円を超える場合必要 ※収入証明書:他社とは、使途自由の類似無担保融資サービスを提供している会社のことを表します ※即日融資:21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能 ※即日融資:初めてのお客さまへの当日ご融資は、8~22時 ※即日融資:ご融資時間は、一部店舗によって異なります

レイクALSAの会員ページにログインできないときは?

なんらかの原因でレイクALSAの会員ページにログインできなくなってしまうことがありますよね。

急にログインできなくなると慌ててしまいがちですが、迅速に対処するためにも、まずはログインできなくなった原因を把握して、必要な対応をするようにしましょう。

レイクALSAの会員ページログインに必要なもの

レイクALSAの会員ページにログインするためには、以下の情報が必要です。

  • カード番号(7桁)もしくは会員番号(8桁)
  • カード暗証番号(4桁)
  • 生年月日

カード番号はお手もとのカードに記載されています。会員番号やレイクALSAと契約したときに発行されています。ATM利用時の利用明細に記載されていますので、利用明細がある方はそちらで確認してみてください。

会員ページにログインできない原因と解決策

ログインができない場合、以下のような原因が考えられます。

1日に3回以上ログインに失敗した

会員ページにログインしようと会員番号や暗証番号の入力した時に、入力ミスをしていませんか?

3回以上入力ミスをすると、自動的にロックがかかり、翌日までログインができなくなります。この場合、別の端末から再度ログイン情報を入力しても、ログインはできません。

会員ページで振込融資や返済日・返済方法の指定、返済金額の確認をしたいのに会員ページにログインできない場合は、レイクALSAお客様フリーダイヤルに連絡して、オペレーターに問い合わせるか、自動音声サービスで確認してください。

登録情報の確認や、次回の返済日の確認など、翌日でも間に合うことであれば、翌日まで待ってから再度、会員ページへのログインを試してください。

フリーダイヤル電話番号と受付時間(会員向け)
電話番号 0120-09-09-09
オペレーター対応 平日9時~18時
自動音声サービス対応 24時間受付
自動音声サービスメニュー内容
契約内容の確認 現在の契約内容を確認できます(利用残高/利用可能額/返済日/返済額/お利息)
追加の借入れ 追加の振込融資を申込みできます(1万円以上千円単位)
利用限度額アップの確認・申込み 利用限度額アップ(増額)の申込み・確認ができます
返済の約束 次回の返済日や返済方法の手続きができます
カードの利用停止 現在利用中のカードを紛失・盗難した場合に、カードの利用を停止することができます
その他の問合せ 上記以外の問合せや相談はオペレーターの対応になります(受付:平日9時~18時)

新生銀行カードローンレイクとレイクALSAを間違えている

新生銀行レイクの新規受付は2018年3月で終了しています。これ以前に申込・契約をした方はレイクの会員であり、新生銀行レイクのログインページからログインすることになります。

新生銀行レイクの会員の方は、ふだん使っているカードがレイクALSAのカードとは異なり、新生銀行の文字が入った「新生銀行のエルカード」になっていますので、お手もとのカードを見て、新生銀行レイクの会員でないかを確認してください。

新生銀行レイクの会員ページは以下になります。
https://lake.jp/memb/l/loan0101.asp?id=&aspid=


2018年4月以降に申込・契約をされた方は、新生フィナンシャル レイクALSAの会員です。レイクALSAの会員ログインページは以下になります。

https://shinseifinancial.co.jp/memb/l/loan0101.asp?id=&aspid=


会員ログインページを間違えてしまうと、会員情報を入力してもログインできませんの、注意してください。

メンテナンスやシステム障害(レイクALSA)

レイクALSAの会員ページは、毎日夜間にメンテナンスが行われています。この時間帯は会員ページにログインすることができません。

会員ページにログインできないときは、この時間帯にあたっていないかを確認し、該当するようであれば、メンテナンス時間をずらしてログインするようにしてください。

会員ページのメンテナンス時間
月曜
0:00~1:00
火曜~日曜   0:00~0:15
第3日曜 23:15~3:30

メンテナンス時間ではないのに、会員ページにログインできない場合は、システム障害の可能性もありますので、フリーダイヤルで確認するか、しばらく時間をあけてから、再度会員ページにログインするようにしてください。

取引停止状態になっている

レイクALSAを利用していて、長期間の延滞をしていたり、申告情報に誤りがあることがわかると、一時的に取引が強制停止になる場合があります。強制停止になっている間は、会員ページにログインできないこともあります。

返済が遅れていたり、虚偽の申告をしたなど、思い当たるところがある場合は、まずはそれらに対処することが先決です。返済が遅れている場合は、速やかに返済をするか、返済が難しい場合は、レイクALSAのフリーダイヤルへ連絡して相談しましょう。

虚偽の申告をしたり、契約後に申告した情報が変更になった場合は、正確な情報をレイクALSAへ伝えてください。

そのうえで、引き続き会員ページを利用できるかどうかを確認しましょう。

上記のような思い当たるところがない場合は、会員ページにログインできない原因を把握する必要がありますので、フリーダイヤルへ問い合わせてください。

レイクALSAの会員ページでできる登録情報

レイクALSAの会員ページでは、借入・返済などの取引履歴を確認することができます。また、レイクALSAに申込したときに記載した登録情報を、確認・変更することができます。

レイクALSAの会員ページで確認・変更できることを、以下にまとめてご紹介します。

取引履歴の確認

レイクALSAの会員ページでは、利用状況を確認することができます。WEB明細と呼ばれ、1ヶ月分の取引内容をPDFにまとめてダウンロードできます。

登録情報の確認と変更

レイクALSAの会員ページでは、レイクALSAに申込・契約したときの情報が登録されています。その登録情報が変更になった場合、以下の項目であれば、会員ページから利用者自身で変更することが可能です。

  • 住所
  • 電話番号
  • 勤務先
  • 自分への連絡先
  • メールアドレス
  • カード暗証番号
  • 振込用金融機関

暗証番号の変更

現在の暗証番号を覚えていて、暗証番号を変更したい場合は、会員ページから手続きが可能です。現在の暗証番号を忘れてしまった場合は、会員ページでは手続きができなくなります(この点はあとで詳しく説明します)。

レイクALSAの会員ページでできる返済サービス

レイクALSAには全部で5種類の返済方法が用意されています。利用者が自分の都合に合わせて自由に選ぶことができますが、なかでもWEB返済は24時間受付をしているので、たいへん便利です。

他にも、銀行振込で返済したときの確認など、会員ページでできる返済に関するサービスについて、まとめてご紹介します。

WEB返済

パソコン・スマホを使って返済する方法です。自分の銀行口座でインターネットバンキングを利用している方なら、レイクALSAでも、会員ページからインターネットバンキング口座を指定して、手数料無料で返済することができます。

インターネットバンキングを利用するので日時や場所を選ばず、利用する金融機関のインターネットバンキングが対応している時間であれば、土日や深夜でも利用できます。仕事が忙しい方や外出ができない方にも安心です。

金融機関の営業時間外であってもレイクALSAへの返済としてすぐに反映されます。

WEB返済サービスは「Pay-easy(ペイジー)」を利用して、利用者の金融機関口座からレイクALSAの指定銀行口座へ振込み返済をおこないます。

WEB自動引き落とし

レイクALSAでは、毎月一定の日に利用者の銀行口座から自動的に返済金を引き落とす「自動引き落とし」サービスを利用できます。

このサービスを利用する場合、事前に申込が必要です。この申込を会員ページでおこなうことができます。

Web自動引落しサービスは、「株式会社アプラス」の「Web口座振替受付サービス」を通して、利用者の取引金融機関を登録します。

引落し日は、利用者の都合にあわせて、毎月14日または27日を選べます。

銀行振込の確認と申込み

レイクALSAでは、指定の銀行口座への振込みによって返済できます。

返済額の振込先であるレイクALSAの銀行口座情報を、会員ページにある「銀行振込みでご返済される場合のお振込み先」で確認できます。


また、振込後にきちんと返済されているかも、会員ページで確認することができます。

返済予定の確認と登録

レイクALSAの会員ページでは、次回の返済期日と返済金額を確認することができます。会員ページのTOP画面から「ご返済予定の確認・変更」を押せば、返済期日が記載されたページに移ります。

このページでは返済予定日や返済方法の登録ができます。返済日は返済期日の4日後までの期間であれば、自由に指定することができます。

毎月の返済日を自分で設定できる

レイクALSAでは、最初に契約した時に、毎月の返済日を利用者自身が指定しています。

この返済日を変更する場合は、会員ページから自分で変更手続きをすることも可能です。レイクALSAの会員ページ内にある「ご返済予定の確認・登録」で、返済期日を入力するだけで完了です。

レイクALSAでは返済日を自由に指定することができますが、当月の返済日を翌月に繰り越すことはできませんので十分に注意してください。

返済日を変更する場合は、会員ページから自分で変更手続きをすることが可能です。レイクALSAの会員ページ内にある「ご返済予定の確認・登録」で、返済期日を入力するだけなので簡単におこなえます


レイクALSAの返済について、もっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

レイクALSAでかしこく返済!返済日や返済金額、返済方法とお得に返済するコツをご紹介します
カードローンを利用し続けるために、もっとも大事なのが月々の返済です。お金を借りるときは最短60分で終わりますが、返済は数ヶ月、数年と続いていきます。 期日に返済を忘れないように、そして少しでもお得な方法で返済にかかる総額を減らすためにも、返済の仕組みをしっかりと理解しておきましょう。 ここでは、レイクALSAの返済について、基本的な決まりごととお得な返済のコツをご紹介します。

レイクALSAの会員ページでできる借入サービス

レイクALSAでは、利用者が自由に借入方法を選ぶことができます。いくつかある借入方法のなかでも、利用者の銀行口座へお金を振り込んでもらう振込融資を希望する場合は、会員ページから手続きができます。

その他の借入に関するサービスについて、まとめてご紹介します。

即日振込の手続き

レイクALSAでは、利用者名義の金融機関口座があれば、その日のうちに振込みしてくれます。はじめて申込みする方でも、インターネットによる契約で即日振込みが可能です。

会員ページにログイン後、「即日振込み」メニューから振込み依頼をしてください。

即日振込の受付時間
月曜日  1時~23時50分
火曜日~日曜日 0時15分~23時50分まで
第三日曜日の23時15分~翌日3時30分までは、メンテナンスにより利用できません。

利用限度額の確認

レイクALSAを利用中の方で、さらに追加で借入したい場合は、借入可能額があればすぐに借入が可能です。

利用限度額の確認は会員ページの「お取引状況」でできます。

ご契約額(利用限度額)を増やしたい

現在のお借入れ可能額または契約額(利用限度額)が足りない場合は、契約額(利用限度額)の増額の検討ができるかを、会員ページ上で確認できます。

レイクALSAの増額について、もっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

レイクALSAで増額するには?申請前に押さえておくべき審査ポイントを徹底解説
最初の契約で審査に通ってレイクALSAを利用しているうちに、もっと利用限度額を増やせないかと思うこともありますよね。 「もう少し利用限度額が増やせると、さらに便利になるのに・・・」という方のために、ここではレイクALSAの利用限度額を増やす方法、すなわち「増額の方法」について、くわしくご紹介します。

レイクALSAの会員ページでできるその他のサービス

レイクALSAの会員ページでできる、確認や変更、借入・返済に関するサービスをご紹介してきましたが、レイクALSAの会員ページには他にも便利なサービスを利用することができます。

その他にレイクALSAの会員ページでできることをご紹介します。

書類提出・確認サービス

レイクALSAの契約が終了すると、会員番号が記載されたレイクカードが付与されます。会員番号と暗証番号がわかれば、契約後すぐに会員ページにログインすることが可能です。

会員ページでは、レイクALSAから追加で書類の提出を求められたときに、会員ページを利用して提出することができます。

たとえば、レイクALSAの利用限度額の増額を希望した場合に、収入証明書の提出を求められることがあります。

また、契約時に作成した契約書をダウンロードすることもできますので、利用方法や約款などを確認したいときに便利です。

サポートサービス

レイクALSAでは、利用者がスムーズにレイクALSAを利用できるように、さまざまなサービスを用意しています。そのサービスを受けるための手続きも、会員ページでおこなうものがあります。

以下のようなサービスが会員ページで実施できます。

・お知らせメール設定 
・クイックログイン設定 
・カード停止申込み 
・お問い合わせフォーム

レイクALSAの会員ページではできないこと

ここまでレイクALSAの会員ページでできることをご紹介してきました。しかし会員ページでは手続きできないこともあります。

とくに、暗証番号やカードに関することは、利用者本人を守るうえでも大事な情報になりますので、会員ページだけではなく、担当者とのやりとりが必要になります。

ここでは、会員ページではできない手続きで、よくある項目をまとめてご紹介します。

暗証番号の再発行

暗証番号を忘れてしまった場合、会員ページでは暗証番号変更の手続きはできません。暗証番号がまったくわからない場合は、フリーダイヤルまたは自動契約機にてカードの再発行手続きを行うことが必要になります。

カード再発行手続きには、本人確認書類が必要です。自動契約機に行く際には忘れないように注意してください。

また利用額によっては、収入証明書の提出を求められることもありますので、あらかじめ用意しておきましょう。

カードを紛失した場合

レイクALSAのカードを扮した場合、カードの利用停止の申込は会員ページから可能ですが、再発行は会員ページではできません。再発行手続きは、オペレーターへ連絡するか、自動契約機に行って手続きをすることが必要です。

カードの再発行の手続き方法は暗証番号を忘れた場合と同じですが、カード紛失の場合は、再発行手続きの前にいくつかやらなければいけないことがあります。

まずは、レイクALSAに連絡して、カードを紛失したことを伝え、利用停止手続きをしてください。利用停止手続きをすることで、他人に勝手に使用されるのを防ぎます。

レイクALSAのお客さま専用フリーダイヤルに電話では、カード紛失については24時間365日受け付けています。


次に、警察に行って、カードの紛失届けを提出しましょう。どのような経緯でカードを紛失したのかを細かく聞かれますので、できるだけ丁寧に返答してください。

場合によっては、盗難にあたるケースもあります。

警察への届け出が終わったあとは、カードの再発行手続きをおこないます。


また、カードの紛失ではなく、破損によりカードが使用できなくなることもあります。この場合も速やかにレイクALSAに連絡をして、再発行手続きをしてください。

レイクALSAの会員サービスまとめ

レイクALSAの会員ページでは、便利なサービスがたくさん用意されています。かしこく使いこなせば、レイクALSAでの借入・返済がさらにスムーズになっていきます。

ただし、ログイン情報など、基本的な管理をしっかりしておかないと、いざという時に使えなくなって慌ててしまうことも。レイクALSAの契約時に記入する情報は、他人に見られない形でメモに残すなどして、大切に保管しておきましょう。

監修者のプロフィール
古関 夢香
資金調達コンサルタント 古関 夢香

大手証券会社をはじめ、都市銀行の融資課、消費者金融の督促など、金融機関に計10年間勤務してきました。証券会社では個人顧客400名の資産運用を担当し、お金にまつわるアドバイスをしていました。 銀行や消費者金融では、審査のための稟議書の作成や期日に返済が困難なお客様の対応をしてきましたので、審査でどのような点がチェックされるか、返済が困難になった場合の対処方法などを熟知しています。